新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

色変えぬ松

2014年10月27日 14時27分19秒 | 処世雑感


 煩悩とは、衆生を悩ませる一切の妄念だそうだ。
 「煩悩の数は百八」であるとか、いやいやさにあらず、「八万四千の煩悩」などという説もある。
 とすれば、およそ煩悩に無縁な人はおるまい。
 「酒を飲めずに困って」いたり、「酒を飲みすぎて困って」いたり……。
 「女にもててに困って」いたり、「まったくもてずに困って」いたり……。
 「金がなくて困って」いたり、「金があり過ぎて困って」いたり……。
 私などは、煩悩に帽子を被せて眼鏡をかけ、布きれを巻き付けているようなもの。
 「酒は飲みたいのに飲めない」
 「女性にもてたいのにもてない」
 「健康でいたいのに、なんと病気の多いこと」
 さらにさらに言えばキリがない。
 絡みついてくる煩悩から逃れようと、毎朝、仏壇の前で、「般若心経」を唱えている。
 しかし、一向に効き目がない。
 言うまでもなく、お経のせいではなく、私の心がけの問題であり、実行力の問題なのだ。
 年がら年中、迷路のなかを彷徨っているうちに、もう晩秋を迎えてしまった。
 あれほど緑盛んだった草木は、紅葉となり黄葉となり、今や葉を落とし始めている。
 ひとり松だけは、さらに鮮やかな緑。
 (俳句では、そのような松の緑を愛でて、「色変えぬ松」という季語がある)


    出口なき迷路や松の色変へず  ひよどり   


 

  
コメント (3)

黄葉

2014年10月26日 20時02分59秒 | 身辺雑記

  
 紅葉が山を下って来ているようです。
 今年はいまだにしかとカメラに収めていません。

 「ふしぎな岬の物語」を観ました。
 評価が高いことには納得できました。
 しかし、私にとっては、強く心を打つ何かが足りない印象でした。
 もちろん、それが制作意図だったのでしょう。
 「人間、捨てたもンじゃないなあ~」
 じわーっと来る感動でした。
 それだけだった。
 芸達者揃いの演技には魅せられました。
 
コメント (2)

海は特効薬

2014年10月22日 19時24分15秒 | 身辺雑記


 
 頑張っているように見せていても、ひどく落ち込むことがある。

 若い頃よりは、気分の起伏は少なくはなったかもしれないが、決して図太くなったわけではない。

 そんなとき、私には特効薬がある。

 一つ目は海を眺めること。昼夜にかかわらず、広い海を眺めることだ。
 悩んでいることや落ち込んでいることが、いかに小さいかを知らされる。

 二つ目は高いところから広く下界を見下ろすこと。
 海を眺めるのと同様、悩んでいることの小ささを知ることとなる。

 三つ目は列車の窓から見る夜景。うしろに走り去る家々の灯りを見送ること。
 うしろへ走り去る家々の小さな灯りがひどく懐かしく思えてほっとさせられる。
コメント (4)

苦戦中

2014年10月21日 11時33分32秒 | 身辺雑記


やっとここまで漕ぎ着けたぞ! 
そのような感懐です。どうぞお笑いください。

今日は小雨。
気象予報では、かなり降そうだったので、行動予定を変更しておりました。
こんなことなら、もとのままのスケジュールのほうがよかったかもしれません。
これが私のいつものパターン。

ブログの引っ越しはやむを得ざるものでした。プロバイダー側の都合だったのです。

 安倍内閣は無惨な出発となりましたね。
 私にはそのような予感がありました。
 「女性が輝く社会」をスローガンにしてよかったのかどうか?
 私は阿倍首相の国家観には共感するのですが、「思い込み過ぎ」が危ういところですね。
 上滑りにならなければいいがと、心底で案じております。

 

 
コメント (2)

引っ越しました

2014年10月21日 11時19分18秒 | 身辺雑記
 こちらのブログ(goo)引っ越しました。

 まだまだ不慣れなので、苦戦しております。

 引き続きよろしくお願いします。
コメント