新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

国会論議

2011年09月27日 18時16分05秒 | 身辺雑記

 朝の9時から夕方5時まで、衆院予算委員会の審議を眺めていた。

 やはり審議の多くは、震災や原発事故であった。

 新しいテーマではないので、さほどの紛糾はなかった。

 ただ幾人かは、首をかしげたくなる大臣もいた。

 筆頭は法務大臣。内閣の方針と異なる見解を披瀝し、周囲を困らせていた。

 その一つは「死刑の執行について」であった。どうやら死刑制度に反対らしく、死刑執行の命令はしないような口ぶりであった。明らかに「現行法」に対する不服従であり、もしそうであれば、そのような大臣を任命した野田総理の任命責任となる。

 米軍再編成による岩国基地の使用方法についても反対の様子で、その点では、普天間基地の解決案にも異論がありそうである。

 質疑の中で興奮して答弁し、議長にたしなめられる場面もあった。

 私にとっては、「今後が楽しめる大臣」を得た感じである。

 

 

コメント (3)

有為な高齢者として

2011年09月26日 10時27分19秒 | 身辺雑記

 台風15号、16号が、かなりの災禍を残して去って行った。

 あれほどの暑気も衰えを見せ、今、秋気が急速に進んでいる。

 寒がりの私にとっては、ブルゾンを着込まざるをえない状況だ。

 涼しくなってくると、思考が萎縮しがちになり、すべてを後ろ向きに考えてしまいがちだ。毎年のことなので驚くにはあたらないが、今年はそれが顕著に表れているように思う。

 なんと言っても、大震災と福島原発の災禍があった。

 その後、台風や豪雨による大きな災禍も続いた。

 神は我々に、何を示そうとなされたのだろうか?

 私自身、多くのことを考えさせられた。

 しかし情けないことに、まだ確固たる考えを得ているわけではいない。

 答えがないまま、行動が萎縮気味になっている。困ったものだ。

 その上、老化が加わっている。

 早く打開し、有為な高齢者として生きたいものだ。

 

 

コメント (2)

2011-09-22 20:01:26

2011年09月22日 20時01分26秒 | インポート

Img_3671s_3

 いっときの勢いで、パソコンを取り替えてしまいました。

 不慣れなため、四苦八苦しています。

    生きてあれば陰翳多し曼珠沙華   鵯 一平

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (2)

喜寿

2011年09月07日 14時18分54秒 | 身辺雑記

Simg_3471t_2

 私のまわりには、九月生まれが3人いる。

 孫娘と私たち夫婦だ。

 当然のことながら、孫の誕生日には大騒ぎ。息子や娘の子供たちが集まって、「おめでとう!!」の合唱となる。

 誰かが思い出せば、ついでに、「お祖父ちゃんもお祖母ちゃんも、おめでとう!」と、とってつけたような声がかかる。

 今年も声がかかった。その上、喜寿だったこともあって、プレゼントをもらってしまった。

 77歳にもなって、まことに面映ゆい。

 かつての仕事場からも、幾つかの祝の品が届けられた。嬉しいような申し訳ないような気分だ。

  いぼむしり好きで老いたるわけでなし 鵯 一平

   (いぼむしりとはカマキリのこと。秋の季語)

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

 

 

コメント (8)

お手並みに期待

2011年09月03日 07時15分33秒 | 身辺雑記

 昨日の午後、野田内閣がスタートした。

 閣僚の中に趣味の合わない顔もあったが、まあ仕方があるまい。

 しかし、防災服を着用したときぐらいは、襟を立ててほしくないな。

 そんな時にでも、ファッションを考えるのが女なのだろうが、閣僚となったのだから、それをウリにしては困る。もっとも、内閣のムードが異なるので、やらないとは思うが。

 わけの分からない防衛大臣。「安保は素人だから文民統制なんだ」とは驚きだ。何を言っているのだか。そんな素人に、國の防衛は任せられないぞ。

 この大臣は、きっとトラブルを起こしそうだ。

 と、まあ、小さいこと愚痴を言ったが、今回は総じて足に地が着いていそうだ。

 期待したいと思う。

 それにしても、あの前総理には困ったものだ。

 内閣総辞職するドサクサ紛れに、「朝鮮学校の高校無償化」について、審査開始を指示したのだ。彼の「北朝鮮好き」は、立派な思想です。

 辞めて貰ってよかった、よかった!!

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (4)