新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

2012-07-25 20:38:22

2012年07月25日 20時38分22秒 | インポート

Img_07091s

 テレビのテロップで、イチローのヤンキースへの移籍が報じられた。

「?・・・・・?」

 信じがたい話だった。

 しかし、それは事実だった。イチローの記者会見模様が、現実の映像で流れた。

 涙をこらえているらしいイチローを、日本人として、とても誇らしく思った。

 さらに、その後、驚愕の映像を見た。

 シアトルの球場で、ヤンキースのユニホームを着たイチローが、ライト・8番でゲームに出ていて、しかもヒットを打っていたのだ。

 いろいろな事情があったのだろう。

 アメリカ人の神経を垣間見た。よくも悪くもすさまじい。

 そこにまた、イチローの美学をも感じた。

   突然のイチロー移籍はたた神   ひよどり

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

 

コメント

国家解体運動

2012年07月11日 09時32分06秒 | 身辺雑記

Simg_4031t

 「国民の生活が第一」と叫んでいた民主党が分裂した。

 もともと分かっていたような話で、筋書きどおりのことだったのかもしれぬ。

 民主党は国の仕組みを破壊することを目的とした党であったが、国の変える前に、自分が分裂していまった。

 民主政権のお陰で、日本は大いに国益を毀損した。国防、外交、経済等々だ。

 政党政治もメルトダウンした。

 もっとも、根っこにあったのは、自民党政治の行き詰まりだった。

 日本の良いところを残しつつ、改めるべきを大胆に改革するには、日本の良さを認めるところからスタートすべきなのだ。

 真の保守の目覚めを期待したい。

   夏の蝶身裡にありしニヒリズム  鵯 一平

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (1)

元気な老人たち

2012年07月08日 11時36分39秒 | 身辺雑記

3h4a0229ts

 昨日、品川駅の近辺で、昔の仲間たちと年に一度の会合をもった。

 会合の名は「大汐会」。今年は39回であった。

 若き時代のある一時期、同じ職場で仕事をした仲間だ。高度成長期の緊張と多忙と喧噪の中に身を置き、めちゃくちゃに働かされた時代だった。だから戦友たちの集まりめいてしまう。

 集まりはじめた当初は、50名近いメンバー数だったが、昨日の出席者は18名。幾人かは他界し、幾人かは離れていった。

 メンバーのほとんどはすでに職を離れている。つまり年金生活者だ。

 そのせいか、すこぶる元気がいい。大いに呑み食らい、大いに語っていた。

 一人ひとりの近況報告があった。一年間の思いをぶちまけるので、幹事の指示どおりには運べない。みんなおしゃべり好きな老人となってしまうのだ。

 もっとも多くのメンバーは、自分を老人とは思っていない。まだまだ闊達な壮年と思っている。そのせいか、孫の話はまったく出ない。

 酒量が衰えていないことも驚きだった。特に「日本酒派」はよく呑んでいた。昔の仲間と会ったので、昔の酒量に戻ったのだろうか。

 二次会を避ける我が身の衰えが口惜しい。

    青蔦や四五日癒えぬ肩の凝り   鵯 一平

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

 

コメント (2)