Hit-Chanのワクワクしてるよ!(Hit-Chan's WakuWaku Life!)

アメリカのミネソタでワクワクした事を綴っています。
Hit-Chan's exciting life in MN!

新たな挑戦☆

2009-01-25 14:49:33 | Hit-chanとバシャール(Bashar)
 いやぁ、志望校への願書も送り終わって、日々英語を勉強すれば良いのですが、そんな気にもなれない怠惰なひとみさんであって、でも、何かをしたくて・・・




 ってな感じで、最近過ごしておりました。





 特に昨日なんかは朝から晩までやりたい事が見つからず、ただ、適当にテレビを見てお菓子をつまんで、夕方になったら重い腰を上げて夕飯をとりあえずは作って・・・





 こんな生活、一見御気楽で何よりなんですが、当の本人にとっては、あまりの情けなさに精神状態に悪影響を及ぼしております。





 で、昨日の夜、お風呂に入り音楽を聴きながら、改めて、今何をやりたくて、今何を不満に思っているのかを考え直しました。




 で、見つけました。





 今やりたいこと。






 今までやった事ないことなので、できるかどうかもわかりませんが、とにかくこれが今1番ワクワク出来そうなので、とりあえず頑張って取り掛かってみることにしました。





 肝心の内容なんですが、今はまだちょっと何の形にもなっていないので、もう少し先が見えてきたらお知らせしたいと思います。





 なんか、中途半端なお知らせですみません。





 とりあえず、今日から動き始めてみます。





 ということなんで、





 ↓応援クリックお願いします。

 

Comment

もう一つの願いが現実に!!

2009-01-18 17:31:57 | C型肝炎、上咽頭ガンの話 (Cancer survivor)
 え~っと、昨日、土曜日に病院に行ってきました。




 今回の病院は家の近くにある病院で、ガンが見つかる前にC型肝炎の治療で一度入院し、インターフェロン治療をお世話になっていたところです。





 でも、インターフェロン治療のちょうど半分に差し掛かったところでガンが発見され、治療を急遽中止し京大病院に入院しました。





 で、ガンの治療が終わった後も肝機能の状態を診てもらうために、血液検査をしてもらったり問診をしてもらったりで、2ヶ月に1度くらい通っていました。





 そんでもって、退院後肝機能の数値も至って正常で、この前の診察の時に主治医の原田先生に





 「今度の血液検査で、ウイルスが有るか無いか見てみよっか。」





 と言われ、今月の5日(ひとみさんの誕生日♪)に血液検査の採血をしていました。





 で、昨日の土曜日にその検査結果が出るとの事だったので、行って来たという訳です。





 そしてその結果というのが・・・




 C型肝炎ウイルス 検出されず





 インターフェロンの治療を開始後約1年。。。





 体の中からウイルスは発見されず。。。





 という事で、原田先生の口から





 「C型肝炎は治癒という事やね。」





 というお言葉が





 来ましたよ!!





 イメージしていた事がまたひとつ現実になりました!!





 いや、正確に言えば、C型肝炎はもはやひとみさんの頭の中に描かれている未来には存在していませんでした。





 で、ガンくんの方も5年後に再発しなければ完治と言われています。






 この先、留学はOKしてもらったものの、向こうに行ってからも数ヶ月に1度の血液検査や問診は続ける予定です。で、万が一何かあればすぐに帰国して治療に専念するつもりです。





 でも、そういった最低限の事柄以外は、今現在ひとみさんの頭の中にはガンくんとの未来は存在しません。






 起こって欲しくないなんてものは頭の中から極力排除して、楽しくて幸せに満ちたイメージに置き換えてしまいます。




 
 常にワクワクすること




 それがひとみさんのモットーです。





 ガンくんとの日々は本当楽しくって、今までに無い強さを手に入れられ、今まで以上に周りの方の愛情をひしひしと感じました。




 
 私が単純に幸せに生きる事





 それだけで、治療後生存率のパーセンテージを上げていることになる。





 こうやって、楽しそうにしているだけで・・・





 同じ病気の人への希望にもなる





 そうやって、宇宙は上手く動いているんだね





 という事で、健康な体を再び手に入れて嬉しいひとみさんでした!





 ↓応援クリックお願いします。

 

Comment

渡米前、最後だよ!米旅行☆? 完結編

2009-01-17 15:39:49 | 旅行日記 (Travel Diaries)
 さて、2泊3日のグランドキャニオン&セドナツアーを満喫し、このアメリカ旅行も残すところあと2日。最終日は空港に向かって帰るだけなので、実質アメリカで遊ぶのはこの日が最後・・・




 2泊3日のツアーから戻ってきて次の日。




 この日はディズニーランドで1日遊ぶ事にしていました




 まず、ホテルのロビーでディズニーのチケットとディズニーまでのシャトルバスのチケットが買えるか聞きに行きました。




 「ディズニーランドのチケットと、シャトルのチケットが欲しいのですが・・・。」




 するとフロントの女性は・・・




 「シャトルバスのチケットはホテル前のバス停で買えるわよ。ディズニーは何日分のチケット?」




 と言ったので、




 「1日だけです。」




 と答えると・・・




 「今、チケット保管場所の鍵を他の人が持っていて、もう少し待っていてくれる?」





 としばらく待っていたのですが・・・





 なかなか帰ってきそうになかったので、ディズニーランドに行ってから買うことにしました。





 そしてディズニー行きのバスを待っている間にもちょっとした出来事が・・・。スーツ姿に革のジャケットを着たおじさんが近づいてきて・・・




 「どこから来られたのですか?」





 と話しかけてきたので、




 「日本です。」




 と答えると、




 「日本ですか。私も一度行った事があります。」





 で、この日は朝から雨がパラついていたのですが、




 「雨、9時になったら止むみたいですよ。天気予報によれば。」





 と教えてくれ、どうみても観光客ではない格好に、「何か用かなぁ。」と思った時に、





 「リムジンでディズニーまで送りますよ。$10で。」




 と言われました。もちろん、シャトルバスで行ける場所にリムジンで行く必要も無く、




 「もうシャトルのチケット買ってますし。。。」




 と言うと、




 「チケットは返せますよ。」



 

 と粘ってきました。でも、リムジンに乗る気は無かったのでもう一度お断りすると、「わかりました。」という事で笑顔で帰っていきました。




 で、シャトルバスに乗ってディズニーランドに行くと、チケットブースの前には結構な列があったのですが、根気強く並んで無事チケットを買いました。




 早速アトラクションを回る事にして、まずは待ち時間なんと10分カリブの海賊に乗りました。





 その後はビッグサンダーマウンテン、ホーンテッドマンション、インディアナジョーンズ、Fさん親子はスプラッシュマウンテン、バズライトイヤー、あとはおばけ屋敷にも入りました。





 この時期クリスマスはとっくに過ぎて、日本ではお正月だったのですが、やっぱりアメリカだからか、、まだクリスマスホリデーの余韻が色濃く残っていました。





 感動したのはホーンテッドマンションがクリスマスバージョンになっていて、ナイトメアビフォアクリスマスのジャックがホストのパーティーを覗くといった内容でした。




 そんでもって、この日はアメリカ最後のディナーを贅沢にしようということで、朝、昼とあんまり食べないで、アトラクションを一通り楽しんで午後2時過ぎくらいになったら、ディズニーランド横にあるダウンタウン・ディズニーという所に行って、ご飯を食べる事にしました。





 で、今回選んだ店はHOUSE OF BLUESという所です。





 私達が今回のアメリカ旅行で最後のディナーに選んだのは・・・





 




 そう、ステーキ




 写真ではわかりにくいかもしれませんが、このステーキ、かなり大きいです。





 写真を撮るのは忘れたのですが、この他にサラダを2つ、アメリカの南部料理ジャンバラやも注文しました。




 で、この日はデザートにキーライムパイを一つだけ注文して4人で分けたのですが、アメリカのスイーツには珍しく、それ程甘くなくとても美味しかったです。それに、パイと一緒に注文したコーヒーが思いのほか美味しくて感動しました。





 食事が終わると、お土産探しにしばらくダウンタウンディズニーを歩き回り、もう十分満喫できたのと、寒さ&疲れが出てきたそのままホテルに帰ることにしました。




 で、ここに来て、結構人が多かったのもあって、ディズニーでの写真をあまり撮れていない事に気付き、慌てて出た所にあったチケットブースの前で記念撮影しときました。




 
 上にミッキーのシルエットあるの、わかります?




 で、この日はシャトルバスでホテルに帰って、次の日の朝の帰国に向けて眠りにつきました。








 そして次の朝、荷物を持って無事チェックアウトし、フロントの男の人に





 「空港まで行きたいので、タクシー呼んでもらえますか?」




 と言うと、その男の人は私の後ろを通り過ぎようとした人に、




 「Hey, John!!この人たち、空港まで行きたいんだ。」
 




 と声をかけたので振り返ると、そこには昨日のリムジンのおじさんが!!





 で、おじさんに連れられて行った先にはやっぱりリムジンが





 いくらするのかちょっと心配になったので尋ねてみると、$120+チップということでした。ちょっと高めだとは思いますが、アメリカに着いた日に空港からユニバ近くのホテルまでがチップコミで$100弱だったので、こんなモノかなぁと思います。





 飛行機に乗り遅れても困るし、こんな機会でも無かったら一生乗ることも無いだろうし、旅の最後の思い出として乗ることにしました。




 で、せっかくなんで、記念撮影。


 
 運転手ジョンさんと♪




                   
                   中にはお酒やジュースも





 で、40分程の快適なドライブの後、無事、LAXに到着しチェックインも済ませる事ができました。




 この後は、空港で朝ごはんを食べ、無事に成田行きの便に乗ることも出来たのですが、この便の成田到着が遅れ、その後の羽田行きのバス、関空行きのフライトがめちゃくちゃギリギリになり、最後の最後で走る羽目になってしまいました。




 旅の最後は冷や汗ものでしたが、本当に充実した楽しい旅になりました。




 留学前の海外旅行ということではこれが最後になると思いますが、これからは今までより格段とアメリカという国が近くなる事でしょうし、私が向こうに行ってからは、大好きな友達、家族に来てもらって、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。




 ということで、渡米前、最後だよ!米旅行☆はこれにて完とします!




 ↓応援クリックお願いします!

 

Comment

渡米前、最後だよ!米旅行☆?

2009-01-15 08:44:52 | 旅行日記 (Travel Diaries)
 さて、2泊3日、グランドキャニオン&セドナツアーの最終日です。




 この日は母の要望で、ネイティブアメリカンのアクセサリーをもっと見てみたいとの事だったので、オクダさんに頼んで、LAの帰りの道までにどこかで時間を作ってもらうことにしました。




 というのも、この日の予定の選択肢には、




 1.もう少しセドナのボルテックスやアートギャラリーを観光する。




 2.温泉に入る。




 3.アウトレットに行って買い物をする。




 4.何もせずLAに戻る。




 の4つあったのですが、サキちゃんが希望していたので、最初からアウトレットに行く事が決まっていましたので、もしできれば・・・という形で、急遽母の希望を入れてもらうことになりました。




  

 出発の時間が8時くらいだったので、セドナにあるお土産屋さんはみんなまだ閉まっていて、もう無理かなぁという感じだったのですが、オクダさんの機転で、LAに帰る途中にあるグランドキャニオン鉄道の駅に寄ってくださり、そこのギフトショップでゆっくりお土産を吟味&購入する事が出来ました。
 



 で、お土産もしっかり買い込んで、またまた車で疾走し、この日のお昼をどうするかという話になり、途中にタイ料理屋さんがあるから行ってみようと行ってみたのですが、この日は元日。。。




 お店は閉まっていました。




 アジア系のお店はやっぱりお正月はお休みが多いみたいです。




 で、結局、行きと同じルート66沿いのカフェに行きました。



 




                    



 で、今回は前回より学習して、本日のスープを2つ、ハーフのターキーサンドイッチ&スープを2つ注文しました。




 



 スープが思いのほか大きかったので、本当これくらいで十分でした。




 久しぶりに完食できた気がします。




 で、ご飯を食べた後はまたまたひたすらドライブで疾走し、ひたすら砂漠が続きます。




 




 順調に思われていたドライブですが、ここで




 問題発生!!




 わたくし、ひとみさんのお腹が急激に痛み出し、目の前が真っ白に。。。




 シートベルトを外し横になりながら、隣に座っていた母に




 「お腹が痛いし、次のトイレで止まってもらって。。。」




 とだけ伝えて、お腹の痛みと1人静かに向き合うことにしました。




 で、しばらくして、母がオクダさんに伝えてくれて、そのまたしばらくしたらトイレのある場所で止まってくれました。




 一時は動けるか・・・というくらい大変だったのですが、運よくこの時は最悪を脱していたので、普通に1人で歩いてトイレに行く事ができました。



 
 トイレの中も特に混んでいるわけではなかったので、何とか窮地を抜け出す事ができ、体調も回復し、無事車に戻り、再びLAに向けてのドライブが始まりました。




 お腹痛の悲劇を無事に脱した後も、かなりの距離を走り、オクダさんが最初以降としていたアウトレットの所で高速を降りそびれるというハプニングもありつつ、その後無事次のアウトレットに5時くらいに到着しました!




 で、アウトレットには45分くらいか、それぐらいの時間滞在することになったのですが、1月2日のアウトレット、




 めっちゃ人多いんですけど!!




 たぶん普通は半日くらいかけてゆっくり見るんだと思いますが、何せ時間が無かったので、とりあえず妹ツインズへのお土産の服を慌てて探して購入し、ギリギリで待ち合わせに戻る事ができました。




 Fさん親子も一応端から端までのお店を見たらしいですが、結局ほとんど見るだけで時間が過ぎたらしいです。




 で、アウトレットを慌しく出ると外はもう暗くなっており、とうとうこのツアーも終着点、今夜泊まるホテルに送ってもらうだけとなりました。




 オクダさんに私が予約しているホテルの名前を伝え、無事にホテルの前まで送ってもらえました。




 本当、長い距離を移動するツアーでしたが、私達だけでは見られなかった場所もいっぱい見せてもらえて、すごくすごく充実したものとなりました。




 オクダさんにお礼を言って別れた後、無事ホテルにもチェックインし、この日もあまりお腹が空いていなかったので、ホテルの近くにあるスーパーで、日系の優しいおじさんにレジを打ってもらいながら、楽しく買い物をしてその日の晩御飯にしました。




 ということで、アメリカ旅行は残すところあと2日!!




 ↓応援クリックよろしくお願いします。

 

Comment

渡米前、最後だよ!米旅行☆?

2009-01-14 08:45:59 | 旅行日記 (Travel Diaries)
 ツアー2日目。。。




 さて、この日も早朝から、めっちゃくちゃ寒い中、外に出て。。。




 




 今度はグランドキャニオンの朝日、ご来光を見に行きました。 




 結構人が来ていたのですが、日本人が多いみたいで、オクダさんが、「日本人はご来光が好きだからか、本当にここに来る日本人は多いですねぇ。」と言っておられました。




 で、ご来光を拝んだ後は、一旦ホテルに戻って、これまた軽い朝食を取り、この日の目的地、スピリチュアルスポット、セドナに向かいました。




 セドナに向かう途中、もう1箇所のグランドキャニオンのビューポイントに連れて行ってもらいました。




              
 原住民が作った見張り塔?だったと思います。




 で、中にはギフトショップもあり、塔に登る階段もあって行ってみると・・・



 
 




                 
                 途中にこんな空間があり・・・




 
 天井にも絵が描かれていました。            




 塔の横はテラス状になっており、塔の中から出る事ができ・・・
                  


 




                  
                  ここからも、壮大なグランドキャニオンを望む事ができます。




 塔の中のギフトショップでお土産を購入した後は、再び車に乗って走ります。





 で、途中のタコス屋さんで昼ごはんを食べ、今日の目的地セドナに到着しました。周りの風景もグランドキャニオンとは異なり・・・



 
  
 赤土が印象的な景色が広がります。




 まずは、ボルテックスと呼ばれる場所のひとつに登る事にしました。




 このボルテックスというのは・・・



 もともとはラテン語で「渦巻き」を意味するが、それから発して大地から強いエネルギーが渦巻きのように放出されている場所をさす。「地球のツボ」ともいわれる。その一つとして最近注目を集めているのが、アメリカ・アリゾナ州にあるセドナという小さな町。レッドロックと呼ばれる赤い岸壁のような山に囲まれ、ネイティブ・アメリカンの聖地とされてきた。1980年代にセドナ在住の女性ペイジ・ブライアントがボルテックスの神秘的なパワーを紹介してから、人々に「癒し」を与える場所として注目されるようになった。セドナにはボルテックスとよばれる場所が20か所以上もあるといわれ、精神世界に興味をもつ人たちから注目されている。不思議な力がその土地から生み出されるパワースポット、癒しの地として、単なる観光地、高級リゾートとは一線を画した特別な場所として意識されるようになった。 (Yahoo辞書参照)



 で、登るというのはこれっ!!




 
 
 



 この頂上がボルテックスなのですが、とりあえず登れるところまで登ってみることにしました。




 



 特に道という道はなく、所々に置いてあるポイントを目印に・・・




 

 いざ出発!!




 
 青い○くらいの所までくらい登れたと思います。




 もう少し上まで登る事はできたのですが、母もいたし、登れても降りられなかったら困るのでムリをしない程度でやめておきました。




 それでも、上から見る景色は綺麗でした。


 
 




 ボルテックスに登ったあとは、オクダさんの提案で、近くの教会に行って見ることにしました。




 で、行ってみたのですが、ちょうどクリスマスの準備でこの日は3時に扉が閉められていました。





 でも、もともとあった岩を基に建てられたという教会の写真は撮っておきました。




 




 教会での滞在時間がなくなったので、これまたオクダさんの提案で、もう一つのボルテックスに行く事になりました。




 




 再び、いざ出発!!




 




 今回も道なき岩を登っていきました。





 写真をたくさん撮っていたので、登っている途中にデジカメのSDカードが容量いっぱいなってしまい、いらない写真を消しつつ登っていたら、他の3人より遅れてしまい、気付いたら3人はかなり高くまで登っていました。





 その時撮った写真がこれ!



 




 慌てて私も登って追いついて、てっぺんまで辿り着き・・・




                   



                   綺麗な景色を堪能したら・・・





 はい、





 




  じゃ~んぷ!!





 結構すごいところでジャンプしてるでしょ!母との共同作品です。




 で、2つ目のボルテックスも制覇し、その後アーティストの町でもあるセドナのギャラリーが集まる場所を少し見て、この日はホテルにチェックインしました。




 ちなみにこの日は12月31日。大晦日で、ホテルの部屋で新年を迎えたのですが、周りも特に何も無く、とても静かな2009年の幕開けでした。




 

 ↓応援クリックお願いします。

 





 

Comment