Hit-Chanのワクワクしてるよ!(Hit-Chan's WakuWaku Life!)

アメリカのミネソタでワクワクした事を綴っています。
Hit-Chan's exciting life in MN!

ブラックフライデー2016 (Black Friday)

2016-11-28 17:40:28 | MN生活(7年目) (MN2016‐17)
どもども。
Hello!




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How's everything going in your life?




さて、今年も素敵な感謝祭を過ごしたHit-chanですが、今日は感謝祭の翌日、ブラックフライデーと呼ばれる金曜日の様子も続けて書いていきたいと思います。
My Thanksgiving was wonderful this year again and on the next day, Black Friday, I also had a great time too. So, I want to write about it today.



ブラックフライデーと言えば、どのお店も大きなセールをする日で有名ですが、我が家はクリスマスツリーを買いに行く日という事で定着しつつあります。
Speaking of Black Friday, every store does a big sale, but my family's black friday is a day for Christmas tree hunt.



なので、感謝祭の日はパパママのお家にお泊りして、翌朝には。。。
So, we slept over at Dad&Mom's on Thanksgiving and in the next morning...










今年も。。。
we headed to...




ハッピーランドファームに来ました。
Happy Land Farm!




靴の中にもホッカイロを入れて準備万端!
I put foot warmers in my shoes and everything's ready!










たくさんあるツリーの中から、これ!という一本を探しに行きます。
We'll find the one in the tons of trees.









メジャー持参で高さを測ります。
We brought a measure to make sure if the tree would fit our house.





Hit-chanが探し始めて5分で見つけたツリー。Andyっちも吟味しています。
Actually, I found a perfect one in 5 mins! So, Andy's checking the tree too.



で、見事にHit-chanの意見が採用されまして。。。
Andy liked the tree too!




Andyっちが地面に寝転んでのこぎりで切ってくれてます。
So, he lied on the snowy ground and cut the tree with a saw.



切ってる途中に上着がめくれて、腰の部分が直に雪に触れて「めっちゃ冷たかった~!」と言ってました。(笑)
He said "So cold!!!!" since his jacket was getting flipped up while he's cutting the tree and his back touched the snow directly.




Andyっちの頑張りのお陰で我が家のツリーは開始10分ほどで無事手に入れることができました。
Thanks to his hardwork, we could get a very nice tree in 10 mins!





ちなみに地面はこんな感じで、結構雪が積もっていたので誰かの歩いた後の足跡の上を歩くと歩きやすかったです。
The ground was like this and there's some snow, so it's easier for me to walk on somebody else's footsteps.




Hit-chanは自分サイズのツリーと戯れたり、Andyっちやブラッド君とミニ雪合戦をしたりして楽しみました。
After we found our tree, I played with this little tree and enjoyed a snowball fight with Andy and Brad a little bit.



この後、パパママも無事に気に入ったツリーが見つかり、Andyっちとママが車を取りに向かいました。
After that, Dad&Mom found a nice tree as well and Andy and Mom walked back to pick up our cars.




母と息子。
Mother and Son




で、ツリーを切った場所から木を積んで、ファームの事務所に行って支払いをしました。
We put our trees in our cars where we cut them and drove to the farm office and finished the payment.



感謝祭が過ぎたらもう国全体がクリスマス一色になっています。
The entire country is now in Christmas color after Thanksgiving.




愛する人たちにプレゼントを選ぶのも本当に楽しい作業で、Hit-chanは大好きです。
It's so fun to find presents for my loves and I really love the time.




という訳で、我が家のブラックフライデーは、こうやって無事にお気に入りのツリーを手に入れて楽しく過ごすことができました。
Okay, this was our family Black Fraiday. We finely found our favorite trees and had a wonderful time together.





↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comment

感謝祭(Thanksgiving 2016)

2016-11-27 23:21:34 | MN生活(7年目) (MN2016‐17)
どもども。
Hi!



皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing?




こちらミネソタ、奇跡的な暖かい秋も終わり、何回か雪も降りました。
Here in MN, the very warm autumn was over and we've already had some snowy days.




と言っても、ミネソタの冬にしては暖かい日が続いておりまして、寒がりなHit-chanにとっては有難い限りです。
Even though, it's still pretty warm as a usual MN winter yet and that makes me happy.




さて、今日は日本帰国の記事はお休みして、もうちょっとタイムリーな話題を書いてみようと思います。
Today, I take a break for my trip diary and want to write about a more seasonal topic.



先日、11月24日はアメリカでは感謝祭でお休みでした。
The 24th of this month here in the US was Thanksgiving day.




Hit-chanは午前中お仕事だったんですが、感謝祭の日は一年で唯一休日手当が付く日だったので、友達のステイシーと立候補して働くことにしました。
I still worked in the morning that day since it's the only day I get paid extra and my friend, Stacy, was willing to work that day as well.



当日は忙しいのは忙しかったんですが、思っていたよりかはマシで良いぐらいの忙しさで張り合いがありました。
It was pretty busy but not as much as we expected, so it's nice.




働いていてもお客さんに「今日、働いてくれて本当にありがとう。」と言ってもらい、いつもよりもチップが多かったです。
A lot of customers also kindly told us "Thank you for working today!" and tipped us more than usual.




で、我が家の感謝祭ですが、Hit-chanが仕事を終えた後にパパママの家に向かい、今年はAndyっちのお兄ちゃん家族も一緒に感謝祭ディナーをいただきました。
Speaking of my family's Thanksgiving, Andy and I headed to Dad&Mom's house after my work and joined the dinner together with Andy's big brother's family too this year.




AndyっちとHit-chanが着いた頃にはディナーはほぼ完成していました。
When we got there, the turkey dinner was almost ready.




パパママがテーブルを綺麗にセッティングしてくれていました。
Dad&Mom nicely set up the table.




甥っ子たちのテーブル
The kids' table










掲載許可を取っていないので顔を隠していますが、義姉と2番目の甥っ子くんです。
I didn't get a permit from them and covered their faces, but it's my sister in law and one of my nephews.




ママがHit-chanの父が作った版画を綺麗に額に入れてくれていました。Hit-chanも額買わないと!(汗)
Mom nicely put my dad's wood prints in the frame. I should do that too!




ディナー完成!
The dinner is ready!!




ターキーは毎年のようにママが担当。
As always, mom cooked the turkey.









クランベリーソースは義姉と義兄が。
My sis and bro in law made the cranberry sauce.












マッシュポテトも義姉と義兄担当
Mashed potato by my sis and bro in law too.




ニンジンはAndyっち担当
Andy's carrots








で、ここまでで分かるように、Hit-chanは一切何も作っておりません。(笑)
As you would know now, I didn't make any thing at all!





朝4時半から起きてたので、Hit-chanはお腹ぺこぺこ!
I was awake since 4:30am that day, so I was starving!



皆が作ってくれた感謝祭ディナー、とっても美味しくてお腹いっぱい食べさせてもらいました。
Every dish was very delicious and made my empty belly super full.



ディナーの後は各々テレビでフットボールを観たり、会話をしたりして過ごして、ちょっと小腹が空いた頃。。。
After the dinner, everyone just enjoyed football or conversations and when we got some space in our bellies...




デザートタイム!(ここでもママが皆の分を取り分けてくれてます。本当、いつも優しい。)
it's a dessert time!(Mom kindly served everyone's plate. She's always so sweet!)




ブラッド君が担当したパンプキンパイ
Brad made the pumpkin pie.




ママが担当したチェリーパイ
Mo made the cherry pie.




義姉と義兄が買ってきてくれたピーカンパイ
My bro&sis in law got this pecan pie too.




Hit-chan、普段はあんまり甘いものをたくさん食べないんですが、この日は食欲旺盛でして。。。
I actually don't eat sweet things so much, but I had a big appetite that day and...





全部の種類をもらっちゃいました。(笑)
I got all the kinds on my plate! Haha.



個人的にパンプキンパイ、あんまり好きじゃないんですが、ブラッド君が作ったのは美味しかったです。
To be honest, I'm not a huge fan of pumpkin pie, but Brad's was pretty good!



ママが作ってくれたチェリーパイも、義姉と義兄が買ってきてくれたピーカンパイも、ブラックコーヒーと一緒に食べると絶品でした。
I also liked mom's cherry pie and the pecan pie and enjoyed them with a cup of black coffee.




という訳で、今年の感謝祭も、大切な家族がいて、こうしてアメリカらしい素敵な行事を経験させてもらい、穏やかで豊かな生活を送らせてもらっている事を再確認することができました。
This is all about my family's Thanksgiving this year. As always, it riminded me how blessing that I have this loving family, traditional event and peaceful&rich life is.




↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comments (2)

一人日本旅 2016 (Japan Trip) その5

2016-11-20 14:24:55 | 旅行日記 (Travel Diaries)
どもども。
Hi!



皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How's your life giong?



さて、今日も日本帰国の続きです。
Okay, I'll keep writing about my Japan trip today.




今回の帰国が決まった時に、やりたい事として頭に浮かんだのが、出雲大社にお礼参りに行くことでした。
When I booked this trip, I came up with a lot of things that I want to do in Japan and one of the big plans was going to Izumo shrine with my mom.




というのも、アメリカ留学をめざしてお金を貯める為に働いて6年目、さぁ、来年だという時に上咽頭がんだと診断されたのです。
I should talk about the story about Izumo shrine and me first here. I was actually diagnosed upper throat cancer just a year before I was going to leave Japan to study in the US. At that time, I'd worked for 5 years just to save up money enough to cover everything for going to school in the US.




で、実は診断された2日後にもともと母と出雲旅行を計画しており、診断された時に真っ先に「出雲旅行どうする?」という事が心配になったんです。
The first concern coming up in my head when I was diagnosed cancer by my doctor was actually about the trip to Izumo shrine with my mom which was planned 2 days after.




命にかかわるかもしれないのに、旅行の方が心配になったのも面白い話なんですが、母とも相談して、出雲旅行は計画通り行く事にしたんです。
It's kind of funny that I worried about the trip, not my life, but mom and I decided to go to Izumo shrine as originally planned anyways.




その後、がんの方の治療も上手くいき、Andyっちと出会いミネソタで結婚した訳ですが、Hit-chanにとってはがんと診断される後からが第二の人生という感じがしていたんです。
As you know, I survived thanks to the great radiation therapy and met my perfect hubby, Andy, after the trip, so I've felt my second life has started since the Izumo trip.




もちろん、アメリカに来るまでにも2度お礼参りをさせてもらったんですが、今回7年ぶりにHit-chanの第二の人生がスタートした出雲大社にお礼参りへ行きたかったんです。
Of course, I visited the shrine to say thank you to the gods a couple of times after I finished the treatment, but I wanted to do it for the first time in 7 years.




前置きが長くなってしまったんですが、そんな訳で出雲に詳しい母に全部頼んでお礼参り旅行を計画してもらいました。
Anyways, this is the story about Izumo shrine and me. So, I asked my mom to book everything for us this time.





母が深夜バスを予約してくれていたので、京都駅を0時前に出発。
She booked our seats on a night bus, so we left Kyoto station around midnight that day.




深夜バス、7年ぶりに利用したんですが、ミネソタからの長旅の疲れなのか、もう年なのか、体力的にきつかったです~!
Speaking of night bus, I haven't used it for 7 years, but it's pretty tough. It might be because I already took a long trip from MN to Japan or I'm just too old, but it was pretty hard.




案外母は慣れているのか大丈夫そうでしたけどね。
Still, my mom seemed doing okay. lol





バスは出雲市駅で終着です。懐かしい~。
The last stop was Izumo-shi station. Oh, I'm back!!





出雲に来るといつも利用しているホテル。今回も後々とってもお世話になってしまいました。
We always use this hotel in Izumo and they're so nice. They actually became my life saver later on this trip too.




早朝、出雲市駅に到着し、出雲市駅の隣にある一畑電車の電鉄出雲市駅に行って、これもいつも利用しているチケットを購入。
We got to Izumo-shi station really early in the morning, so we took a local train, Ichibata-train from there.





This is a 3 day ticket which you can take most of the local trains and buses in Izumo.











映画になった一畑電車。
They actually made a movie about this local train company too.





車内は木がふんだんに使われていて、温かい雰囲気。
We luckily caught their spacial train and the interior is nicely made of wood.













ちなみにHit-chan、妹ツインズと脱出ゲームに出掛けた日あたりから、首回りと手に湿疹が出まして、どうやら紫外線アレルギーを発症したみたいです。
I'd actually started getting allergic to UV since the day I hung out with my twins and my neck & hands got so itchy.




なので、母に借りた首巻き?を付けています。
So, I borrowed mom's scarf to protect my neck.




一畑電車で松江駅まで行きまして、まだ時間が早かったので、朝ご飯を食べる事にしました。
Anyways, we took a train to Matsue station and had a breakfast there.





松江駅にあったパン屋さんで。ちなみにここで食べたパンが日本滞在中で一番美味しかった~!!!!
I got these and they're the best during my Japan stay.




この日は生憎雨だったのと、Hit-chanが疲労に紫外線アレルギーにとフラフラだったので、このパン屋さんでゆっくりさせてもらいました。
It was unfortunately rain, ing that day and I was actually exhausted by the night bus trip and UV allergy, so my mom let me get as much rest as I wanted here.




で、ゆっくりしたら少し体力が戻ってきたので、ここに行く事にしました。
After a while, I slightly got better and we decided to go to this place.




長くなるので続きます。
Okay, I'll stop here today. Stay tuned!




↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comment

一人日本旅 2016 (Japan Trip) その4

2016-11-14 14:27:37 | 旅行日記 (Travel Diaries)
どもども。
Hello!





皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing?




今日も、日本帰国の続きです。
Okay, the Japan trip again.




日本帰国が決まってから、日本のアマゾンでたくさんの中古本を注文していました。
When I booked this trip, I started ordering a lot of used books on Amazon Japan.




日本にいた頃は全然本を読まなかった人なのに、不思議なものでアメリカに来てからは日本語の活字が恋しくて、帰国の度にこうやって本をたくさん買って一気に船便でアメリカに送っています。
It's relly weird, but I didn't read books at all when I was living in Japan, but once I moved to the US, I started missing Japanese books tons. So, I always ship many books to my MN house every time I go back to Japan.




実家に届いていた50冊ほどの本を、母に手伝ってもらって、2つのリュックに詰めて京都駅まで行きました。
I put about 50 books in 2 back packs and I carried one and my mom carried the other and we headed to Kyoto station.

















本を送るときはいつも、特定郵袋という方法で送るようにしています。
I always ship books by a special bag.




自分で箱詰めした書籍をそのままサンタさんが使うような大きな袋に入れて送ってもらう方法で、特定の大きな郵便局で扱っています。
After you pack your books in a box or something, they put the box in a big fabric bag like a Santa Clause bag and it's only available at certain big post offices.




で、今回、50冊ほど送って、船便で6700円くらいやったかな?やっぱり安くつきました。
I shipped about 50 books and it was about $70 for total. It's pretty cheap actually.




一人で50冊運ぶのは大変ですが、母が手伝ってくれたので思ったよりもスムーズに郵送手続きができました。
Yeah, it's kind of hard to carry 50 books to the post office by yourself, but thanks to mom's help, it's not bad at all.




せっかく京都まで出たので、イオンモールで百均やユニクロで買い物しました。
We're already in downtown Kyoto, so we went shopping in the Aeon mall.




今回免税が受けられると知ったので、ユニクロや薬局で手続きしてもらいました。
I got to know that I was eligible to buy things with tax-free, so I purchase some clothes and medicine with no tax.




ただ、免税品は空港で申告しないといけないとあり、その手続きがどれくらい煩雑なのかが分からず、結局免税手続きで買ったのはこの時だけでした。
Though, the lady taught me that I would have to claim about my tax-free purchase and I didn't know how hard the process would be at the airport, so I didn't take the advantage anymore for the rest of the trip.




で、帰りの空港でチェックインする時に、カウンターのお姉さんに免税で買った品の事を申告したら、「レシートがあれば良いですよ~。」と品物を見せる事も必要ありませんでした。
It was actually needless worry in the end. When I checked in the airport to leave Japan, I claimed about my purchase at the ticket counter. Then, the lady just said "It's okay as far as you have the receipts." They even didn't tell me to show the products!



こんなにあっけない手続きやったんなら、もっともっと免税の手続きすれば良かった~!と後の祭り。次回はもっと免税を使って買い物しようと思います!(笑)
Oh my! If I knew that the process would be so easy and quick, I'd have got more expensive things without tax!! Yeah, on the next trip for sure.





買い物中に見つけた熊さん。
By the way, I found this big bear in the mall.





ヘラジカさん。
And moose.




お腹が減ったのでフードコートへ。
We both got hungry, so decieded to eat at the food court.









Hit-chanはビビンバと冷麺のセット。
I got a set of Korean rice bowl, Bibimbup, and the cold noodles.




母はビビンバと豚丼のセット。
My mom got a set of Bibimbup and grilled pork rice.





ビビンバはちょっと期待外れでした~。残念。
The bibimbup was not so good as I expected. Disappointing!










ご飯の後も色々と歩き回って、家に帰る前にちょっとお茶で休憩。
After the lunch, we went back to shopping and before we headed back home, we had a coffee time.





久しぶりに日本のケーキ
Japanese cake.





美味しかったよ。
It was tasty.




文句も言わず、Hit-chanの為に色々と歩き回って付き合ってくれた母のお陰で、無事に本も送れたし、たくさん欲しいものを買うことができました。
My mom patiently walked along with me a lot and thanks to her, I could get a lot of things that I wanted. It was super fun.




↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comment

一人日本旅 2016 (Japan Trip) その3

2016-11-12 21:59:25 | 旅行日記 (Travel Diaries)
どもども。
Hi there!




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing today?




さて、日本旅行の続きです。
Okay, this is the 3rd article about my Japan trip.




今回の帰国、基本、週末は平日働いている妹ツインズと過ごすと決め、平日はフリーで働いていて予定が決めやすい母と過ごすと決めていました。
During this trip, I was planning to spend weekends with my twin and weekdays with my mom since my twins work on weekdays and my mom can work flexibly.




で、日本滞在の最初の日曜日は、妹のスイッチが予約してくれていた、日本で今流行りの「脱出ゲーム」というのに行きました。
On the first Sunday during the trip, my twins and me went to the place where you can play "Escape game".





実家の前にバス停があるから便利だよ。
There's a bus stop right in front of my parents' house which is super convenient.





大阪の恵美須町へ。
Ebisu-cho station in Osaka.









まだゲームまで時間があったので、少しご飯を食べる事にしました。


















Hit-chan、長旅の疲れからか、お腹は空くのに胃があんまり食べ物を受け付けない状態で、食べられるかわからないので妹ツインズが頼んだものをもらう事にしました。
Actually, my stomach wasn't feeling well probabuly due to the long flight. I felt hungry, but my stomach couldn't accept much food, so I just ordered a drink and stole some spaghetti from my twins.
















アメリカでは基本パスタは頼まないんですが(基本、麺は茹ですぎで美味しくない)、やっぱり日本のパスタは美味しかった~。
I usually don't order pasta in the US (because the noodles are always overcooked and not tasty), but these Japanese ones were so good as always!




で、時間になったので。。。
The time got closer, so...










一言に脱出ゲームと言っても、会社によって違ったり、同じ会社でもテーマが違ったりするんですが、スイッチが今回予約してくれたのはこれです。
Even speaking of Escape game, there are many different missions depending on the company or the theme and the one Switch booked for us was this.





画像はこちらからお借りしました。





今回の帰国では予定はあまり入れずに、その日の気分で動きたかったので、スイッチが予約してくれた2日前に空いていたもので、どちらかというと家族向けでレベルは易しい部類だそうです。
Switch booked this one 2 days before since I didn't want to put too many appointments in this trip, so this was the one available at the time Switch booked 2 days before and something family-friendly which means not that difficult so that kids can enjoy as well.




受付をしてから、動物のカチューシャをつけて準備万端!
After we checked in at the front desk, they gave us these animal ear head bands. Haha.




この日、同じ時間に予約していたカップルとおひとりで参加していた男性とHit-chan達3人で一緒に挑戦しました。
You actually play a same mission with some other people as a group, so we played this one with a couple and a young man.




ミッションの内容はネタバレになるのでここには書けないのですが、Hit-chanの感想としては、周りの方が謎を解いていく姿にただただ圧倒されてしまいました。
It's not allowed to write about the specific problems on the mission, but personally, I was just being overwhelmed by others solving the promlems so intensely.



周りの方はもう何度か脱出ゲームを経験されていて、制限時間内に謎を解かないとミッション失敗になるので、次から次へと謎を解くヒントを探していくペースがすごく速かったです。
Everyone except me has played other Escape games before, so they moved very quick to find keys to solve the problems since you need to complete the mission within a certain time.



スイッチ、スカッチも何度か経験しているので慣れている様子で、Hit-chanはただただ邪魔にならないようにそっとお手伝いするのに徹していました。(笑)
My twins also have done other games and seemed to know what to do, so all I could do was standing on the side not to borther others. Haha.




みんなの力でギリギリ時間内にミッションを見事クリアして大成功でした。
Anyways, we barely completed the mission within the time, so it was good!




アメリカに住んでもう6年、文化の違いなのか、ただ単に年代の違いなのか、趣味の違いなのか、ミッション中、ただただ場違い感を醸し出していたHit-chanですが、自分だけではできなかった事を体験できて面白かったです。
I've been living in MN for 6 years now. Maybe, it's the gap of the cultures, generations or just likings...I was totally feeling like the only stranger in the place. Still, it was very interesting to have something that I wouldn't try by myself.




違うテーマのミッションだったら、次はもうちょっと楽しめるかな?
I guess I can enjoy more if it's a different theme next.




妹ツインズとは8才離れていて、日本にいた頃はどちらかというとHit-chanが妹ツインズを引き連れて遊びに行くという事が多かったんですが、彼女たちももう立派な大人になって、こうやってHit-chanを連れて、Hit-chanの知らない世界を見せてくれるようになりました。
My twins are 8 years younger than me, so I used to take them somewhere fun all the time. But now, they're grown up great and take me somewhere I've never stepped in like this.




一緒に出掛けるとご馳走してくれる事も多く、本当に頼りになる存在になりました。
They also treat me a lot when we hang out together and I'm so happy to be spoiled by them.




そんなHit-chanにとって大切な存在とこうやって素敵な時間を過ごせるという事だけで、もう幸せという言葉以外ありません。
I can't describe this just by saying I'm happy, but literally, such a precious time with my precious sisters is priceless. I'm just blessed.




という訳で、妹ツインズとの楽しい夜でした!
Anyways, this is about the fun night with my loving twins!





↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comment