Hit-Chanのワクワクしてるよ!(Hit-Chan's WakuWaku Life!)

アメリカのミネソタでワクワクした事を綴っています。
Hit-Chan's exciting life in MN!

ママへのプレゼントができるまで。。。(How The Present Was Made vol.2)

2015-01-30 17:23:29 | MN生活(5年目) (MN 2014-15)
どもども。
Hello!




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How's your day going today?





先日、いつものカリブーのお店ではなく、違うお店のヘルプで働いてきました。
The other day, I worked at a different caribou store as a help.





そのお店はドライブスルーがあって、一応、ドライブスルーの接客はしなくても良かったんですが、ヘッドセットはさせてもらってお客さんとメンバーの会話を聞かせてもらいました。
The store has drive through (my store doesn't) and I didn't have to do the drive-through service there, but I still wore a headset and could listen to the conversations between customers and staff.




いやぁ、もともと日本語でも電話が嫌いなHit-chanなので、ドライブスルーの接客はちょっと嫌だなぁという意識があったんですが、今回の経験でちょっとだけその苦手意識が薄くなりました。
Basically, I don't like talking on the phone even in Japanese and that's why I didn't want to do drive-through service so much, but the new experience was made me feel that I could do it easy too.




ヘッドセットから聞こえてくるお客さんの言ってる事もちゃんと分かって、慣れてしまえばHit-chanにも出来るだろうなと少し自信がつきました。
I could understand what people were talking even through the headset, so I would be able to do it without any problem when I'm used to it.





まだまだ、新しい経験をしながら、マイペースで成長している毎日でございます。
I've been still having new experiences here and somehow making progress in my independence.





さて、昨日のお話の続き、ママへのプレゼントですが、やっとの思いでビンテージアルバムを使えるアルバムした後のお話です。
So, I want to show the rest of the process to make the present for Mary.





アルバムに一番必要なもの、そう、写真の選定をしなくちゃいけませんでした。
To complete the project, we had to get the most important thing for a photo album is, yes, pictures.





ママの60年の人生、まぁ、Hit-chanが知っているのはAndyっちと結婚してからの約5年弱だけ。
I only know about 5 years of Mary's 60 year life since I got married to Andy.





どんな写真が家族にとって、そして何よりママにとって思い出に残っているものなのか、新参者のHit-chanだけではどうしても分かりません。
So, I didn't have any clue which picture is more memorable to them at all.





なので、アルバムの再生が完成した後、Hit-chanのボーイズに召集をかけました。(笑)
Then, I arranged a meeting with my boys when I finished remaking the album.





Andyっちとブラッド君。折角なので、BBQする事に。(笑)
Yeah, my boys mean Andy and Brad. They did BBQ that night again.




食事の後、早速作業に取り掛かりました。
After the dinner, we started sorting out nice pictures.





写真好きのパパが取りためた写真の一部。
A part of pictures that Ray had taken for years.






ざっと、5千枚はあるかと思われた写真の中から、皆で数を絞っていきます。
We picked up nice ones out of approximately 5,000 pictures.













後から分かるように、ブラッド君が選んだ写真の裏とそのネガが入っている袋に番号を付けていきます。
Brad is writing down numbers on the back of the pictures and the bag of the negatives so that we can figure out which ones we picked up.






3人がかりで3、4時間かけて第一回目の選定作業を終えました。
We took about 3-4 hours just to narrow down the number of the pictures.




で、数日後に第二回目の選定作業を終えて、無事、アルバムに貼る写真が決まりました。
Some days after, we gathered again to narrow down more and decided which pictures would go to the album.




で、その後はまたHit-chan一人だけでの作業。
After that, I started putting everything together by myself again.





写真のネガが残っていないものは、家のプリンターでスキャンして、そのデータで改めてプリントアウト。
For the original pictures without the negatives, I scanned them and ordered to print out.





時系列やテーマごと、そして色々な大きさを考えて一人で黙々と貼っていく作業。
By time or event, I decided the order of the pictures and put them on each page.





ほんまねぇ、この作業もかなり時間がかかって、10時間くらいかかったんじゃないでしょうか。
Seriously, I took about 10 hours just to tape the pictures in the book.





で、やっとのこと完成したのが、こちら。
And finally, the present got ready.








題名のようなものも皆で考えました。
We also put a title on the present.





実は、写真は撮り忘れたんですが、日本の母に頼んで曼荼羅も描いてもらったので、それも2ページ目に貼ってあります。
Actually, I forgot to take a picture of it, but I asked my mom in Japan to draw a picture for Mary and I put it on the 2nd page too.






パパママの若い頃から。。。
When Ray&Mary were so young and...






Andyっちやブラッド君の小さい頃の写真も。。。
Andy and Brad were so little too.






プロジェクト自体は9月くらいから始めていたのに、実際に写真を貼って完成させたのは、サプライズパーティーの前々日くらいでございました。
I started the project since last September, but I could make everything done only 2 days before the surprise party.





本当、色々と大変でしたが、言葉通り世界に一つだけのプレゼントになったので、まぁ、良かったかなぁと思います。
Oh my oh, that was such a energy-consuming project to me, but I'm so glad that it literally became one of a kind.





という訳で、ママへのプレゼントが出来る様子でございました!
So, this is how the special present was made!





↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comment

ママへのプレゼントができるまで。。。(How The Present Was Made vol.1)

2015-01-29 15:50:12 | MN生活(5年目) (MN 2014-15)
どもども。
Hi!




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing today?




今日のミネソタ、そこまで寒くはないんですが、結構風がきつくて、飛ばされそうになりました。(嘘です。笑)

Here in MN, it's not that cold, but so windy and I almost got blown away today. (Just kidding.)




さて、今日はママの還暦パーティー話のおまけとして、ママにあげたプレゼントを紹介したいと思います。
So, as a bonus story in addition to the surprise party for Mary, I want to talk about the present we gave her then.




この還暦パーティーの話が出てきたくらいに、「プレゼントをどうしようかなぁ。」と考え始めていたんですが、ママはいつも「カードだけくれれば嬉しいよ。」と言うので、お金をかけたプレゼントよりも何か手をかけたものをあげたいなぁと思っていました。
When Andy started talking about the surprise plan around last September, I also started thinking like "What should we get for her 60th birthday?" Mary always tells us "Just give me a card. I'm totally happy with that." So, I wanted to give her something priceless.




で、思いついたのが、日本では還暦のお祝いには何か赤いものをあげたりするので、赤い色のフォトアルバムに家族写真を貼って贈るというものでした。
What I first came up with was something red because we give a red thing as a 60th birthday gift. And next, I thought that it's a great idea to give her a red photo book with many family pictures on it.




結構気軽な感じで、「これやったら、簡単やし、お手頃価格でできるし~。」と呑気でいたんですが、いざやってみたら、結構労力が要るプロジェクトになってしまいましたよ。(汗)
I was thinking "It'll be easy and reasonable!" Though, one I started putting it together, it became a very long and effortful project.




さて、まず、赤い表紙のフォトアルバムを探したんですが、意外に「これっ!」と思うようなものが無くて、やっとのことでEbayで見つけたのがこのビンテージのやつ。
At first, I tried to find a photo book with a red cover online, but I couldn't meet something like "This is it!!!" for a while, but I finally found this on Ebay.






で、注文した時は全然気づかなかったんですが、偶然にもこれ、日本製。1969年に作られたものでした。
I didn't know this when I placed the order, but it's made in Japan,1969. What a coincidence!





で、これも、手元に届いてから知ったんですが。。。
I didn't know this either, but...






ビンテージ過ぎて、フィルムの部分がページの紙部分に引っ付いてしまって、全然使い物にならなかったんですよ。(がびーん!)
the magnetic sheets stuck on the paper pages and the book was totally useless!!! (OH NOOOO!!)





しかもね、ご覧になって分かるように、リングの部分がコイル綴みになっており、ページ交換が不可能なものだったんです。(がびーん!)
What's worse was, as you can see it, the ring part was coil-shaped and not detachable. (OH NOOO!!)





という事で、ここからHit-chanの長い長いプロジェクトが始まった訳ですよ。
That is why my long long project started from there.






まず、コイルを切る為に、Andyっちにこんな大きなはさみを貸してもらいました。
First off, I borrowed the big scissors to cut the coil from Andy.






で、中のページも新たなパーツとして再利用しました。
I reused the old pages as a part too.






表紙の内側部分はこうやって紙をはり直して。。。
I put a new paper on the inside hard papers for the cover...






取り寄せた製本用の糊を、全く使ってなかったアパホテルのポイントカードを使って伸ばして。。。
I put special glue for bookbinding on the hard papers and..






表紙の内側と外側部分を接着。重しを載せて、一日。
I put the hard papers and the red cover together and leave it with some heavy books on top.






で、専用ねじ用の穴を6つ開けて、表紙部分完成。
For special bookbinding screws, I made 6 holes in the middle part. Finally, the red cover was finished.





ちょっと遊び心で折り紙も貼っつけて、
I also put some cute decoration inside the book.





アルバムのサイズに合うページを取り寄せて、やっと完成。
At last, I installed the new pages and made everything done!





さて、ここまでですが、1日か2日でやったように見えますが、実際は色々と試行錯誤を繰り返し、実質作業期間としては3か月くらいかかりました。(涙)
It sounds like I finished all the process in 1-2 days, but I actually took about 3 months to make it finished though many trials and errors.






参考で今持っているアルバムの構造を真似て作ったんですが、まぁ、売り物と同じクオリティには及びませんでしたが、何とか形になってホッとしましたよ。
I actually worked on this project as looking at a photo album that I already had and I know my job was not as nice as it, but I got so relieved that I could make it look fine enough.





という訳で、長くなるので、ここまでが前半です。
Okay, it'll be a little bit long, so let me end this here today.





後半をお楽しみに~。
Stay tuned!!






↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comment

ママへのビッグサプライズ(A Surprise Party At Glensheen Vol.3)

2015-01-25 07:19:37 | MN生活(5年目) (MN 2014-15)
どもども。
Hello.




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing today?




さて、サプライズパーティー、締めくくりです。
Okay, this is the ending of the surprise party.




見事、ママへのサプライズを成功させた後、Glensheenでの時間を楽しみます。
After the big surprise meeting, we just enjoyed time at the Glensheen tour.






サプライズの興奮を収めつつ、ウェルカムドリンクとエビのベーコン巻を楽しみました。
As we were getting ourselves calm down, we had the welcome drink and bacon wrapped shrimp.





その後、2人の可愛い女の子がGlensheenの中を私たちだけの為に案内してくれました。
After that. 2 cute young girls guided us around the mansion.





このガイドさん二人、数ある部屋ごとに色々な説明をしてくれる上、どんな質問にも必ず答えてくれる程、Glensheenに関する知識は豊富ですごく感心&尊敬しちゃいました。
The girls explain well about each room and answered any question from us without a problem, so I was so impressed by their knowledge about the mansion.




ツアーの最後にダイニングルームにたどり着き、ここでスペシャルディナーをいただくことに。。。
In the end of the tour, we got to the dining room and had a special dinner there.






サラダから始まり。。。
From salad...





メインはロブスターとステーキ。(ステーキが苦手なジーンさんはチキン、ベジタリアンのブラッド君はグラタンでした。)
The entree was lobster tail and steak. (Jean had chicken and Brad had vegetarian gratin.)












ディナーの後はプレゼントタイム。
After the dinner, it's time to open presents.






妹キャロルさんからのカードにい涙ぐむママ。
Mary got weepy again for the card from Carol.






素敵な姉妹ですねぇ。
They're such nice sisters.






Andyっち&Hit-chanとブラッド君からは、ママの人生60年を振り返る家族アルバムを。(このプレゼントの詳細は次回で。)
From Andy&me and Brad, we send her a family album. (I'll show you more on the next article.)







パパ、サプライズ大成功だったね!!
Ray, you made it a big success!!





最後に、皆で記念写真。
At last, we took a picture of all of us.














という訳で、ママの還暦誕生日サプライズパーティー、大成功で終わりました。
This is how Mary's 60th surprise birthday party went. We're glad that she really loved it.






↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comment

ママへのビッグサプライズ(A Surprise Party At Glensheen Vol.2)

2015-01-23 19:15:05 | MN生活(5年目) (MN 2014-15)
どもども。
Hi!





皆様、いかがお過ごしでしょうか。
How's your day going today?




一昨日、久しぶりに結構雪が降って、仕事からの帰り道結構滑って怖い思いをしました。
The day before yesterday, we got much snow after a while and I got scared of the slippy roads on the way back home.




とはいえ、素晴らしい除雪システムを持つミネソタ、除雪してくださる皆さんのお陰で、道路はすぐに走りやすい状態になります。
Even though, MN has a very sophisticated plowing system and thanks to the hard workers, we got the roads back to clear and less slippery so quick.




さて、今日もサプライズパーティーのお話です。
Okay, now I want to write about the surprise party.




ママに遭遇せずに無事チェックインを終えた後は、少しだけ部屋でゆっくりし、ホテルから5分ほどの所にあるGlennsheenに向かいました。
After we succeeded to get in the room without running into Mary and took a small break, we headed to Glensheen which's located only 5 mins away from the hotel.





この日は結構というか、かなり寒い上、風がきつく、Glensheenに向かった午後5時前には周りは暗くなっておりました。
It was pretty cold and windy that day and already dark out when we arrived at Glensheen around 5 pm.





本当なら、Glensheenの外観でも写真が撮れれば良かったんですが、そんな余裕がないくらい寒かったんですねぇ。
Yeah, it would be really nice if I could have taken some pictures of the mansion from outside, but it's just too cold for me to do that.





で、Glensheenの着くと、今回のサプライズパーティーをお手伝いしてくださった、Glensheenのマネージャーさんと挨拶をしました。
We first greeted the manager of Glensheen who supported to make our surprise party happen.





Andyっち曰く、打ち合わせの時から、このマネージャーさんは本当に親切で、このサプライズの為に色々アイデアを下さったり、要望を聞いてくださったそうです。
Andy was saying she was such a kind person and gave him some good ideas and tried hard to manage things for our plan.





で、ここでキャロル&ハワードとも合流し、後はレイがメアリーを連れてくるのみになりました。
We met Carol&Howard here and all we needed to do is just wait for Ray to bring Mary in.






ファミリールームにウェルカムドリンクとスナックを用意してもらいました。
In the family room, they set up a table for welcome drink and snack.






こうやって、「メアリー。60回目のお誕生日おめでとう。」というサインも作ってくださってました。
They also nicely made the sign saying "Happy 60th Birthday, Mary"





フラッシュは禁止だったので上手く撮れませんでしたが、ファミリールームの一部です。
Since flash light was not allowed, I couldn't take pictures well, but this is a part of the family room.





これもファミリールームの一部。
This is also another part of the family room.





Andyっちもオシャレしてスーツ着てます。
Andy nicely got dressed up in suits.





ママパパが来るまで、皆、暖炉の後ろに隠れて、ソワソワしておりました。
Until Ray&Mary arrived, we were nervously hiding behind the fireplace.





で、親切なマネージャーさんが
The kind manager said,





「私が入り口で待ってて、二人が来たら上手くこっちに連れてくるようにするね。大きい声で話すから、声が聞こえてきたら準備してね。」
"I'm going to greet them and try to guide them here in any way. I'll try to talk loud, so if you hear me talking, get ready."






と言ってくださったので、心強かったですねぇ。
So, it was so helpful.






5時からの予定でしたが、中々二人が現れず、待ちくたびれかけた時に、マネージャーさんが話す声が近づいてきました。
We scheduled to start it at 5 pm but Ray&Mary didn't show up right away. When we started to get tired of waiting, we heard the manager's voice getting closer.





で、Hit-chanは感動的な一瞬をカメラで抑えようと頑張り。。。
I was trying to capture the memorable moments with my camera and...





何とか、このブレブレ写真を撮りました。皆がママの前に現れた瞬間。
I could barely take this blurry one. This is the moment that Mary showed up.





フラッシュ無しなのでブレブレですが、一応雰囲気は伝わってくるのでは。。。皆が現れて、驚いて泣き出すママ。
The flash is not allowed and the pictures got blurry, but I hope you can see the atmosphere at least. This is when everyone showed up in front of Mary. She got shocked and weepy.





キャロルとハグ。
Hug with Carol.





ジーンさんとハグ。
Hug with Jean.





いやぁ、このサプライズめちゃくちゃ成功しました。
Oh my, this surprise became a big success.





ママの驚いた顔、そして、何が起こっているのか理解して感動して泣き出しちゃった所、驚かせる側のこっちもママの反応を見て、感動しちゃいましたよ。
I was so touched to see that Mary got so surprised and started crying as understanding what's going on.





という訳で、まだまだ続きます。
Anyways, the story will be still continued.






↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comment

ママへのビッグサプライズ(A Surprise Party At Glensheen Vol.1)

2015-01-21 21:23:31 | MN生活(5年目) (MN 2014-15)
どもども。
Hello!




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing today?




さて、前回の記事、序章に続き、今日からお話の本題をちゃんと書いていきたいと思います。
Following the last article, the Prologue, I want to write about the main story of the surprise party from today.




さて前回は、Andyっちのママ、メアリーの還暦の誕生日祝いの様子を書いたんですが、実は数か月も前から、Andyっちを中心として、ビッグサプライズを考えていたんです。
I wrote what we did on Mary's 60th birthday on the last article, but we were actually planning of a big surprise party for her with Andy's leadership since some month before.




ミネソタ北部のダルースという町に、Glensheenという、歴史的な豪邸があるんです。
There is a famous historic mansion called Glensheen in Duluth which is a town up north in MN.





Glensheen HP



Glensheen Wikipedia





1905年に建てられた、コングドン家の邸宅で、現在はミネソタ大学が所有しており、一般に開放されています。
It was built in 1905 and owned by the Congdon family and now University of Minnesota owns it and opens it to the public.




また、クリスマスの時期になると、この家中にクリスマスデコレーションが飾られるのです。
Around Christmas season, they put Christmas decorations on all over the house.





で、メアリー、前からこのクリスマスデコレーションを見たいと言っていたのもあって、この場所をサプライズの舞台に選んだんです。
Since Mary actually had wanted to see the decorations for a long time, we picked up the place for the big surprise this time.





サプライズの内容は、このGlensheenを貸切り、ママには内緒でママの妹さん夫婦、キャロル&ハワード、パパのお姉さんジーンさん、そしてAndyっち&Hit-chan、ブラッド君がダルースに入り、Glensheenの中で急に現れて驚かすというのが一つ。
We asked Mary's sister, Carol and her husband, Howard, Ray's sister, Jean to join this plan and would try to surprise her by all of us showing up in Glensheen mansion.





そして、その後、プライベートツアーをしてもらい、Glensheenのダイニングルームにケータリングを呼んで、皆で食事をするというのがもう一つのサプライズでございました。
And after that, we planned to take a private tour and have a catering dinner in the dining room at last.





さて、パパはママを連れて前日からダルースに入っており、Hit-chan達はジーンさんをピックアップして当日の昼頃に家を出ました。
Ray took Mary to Duluth from the day before, so we picked up Jean and headed to Duluth around 1 pm on the day.






約2時間のドライブでございます。
It's about 2 hour drive.






曇り空で、途中少し雪が降りました。
It was cloudy and a little bit snowy.





ダルースでは皆同じホテルに泊まるので、パパママとニアミスしないように、ダルースに近づくとパパに携帯メールで現在位置を知らせます。
We were going to stay at a same hotel, so we tried to tell Ray where we were at to make sure not to run into Mary at the lobby as we're getting closer to Duluth.





予定では、3時くらいに皆到着してホテルにチェックインするつもりだったんですが、パパから携帯メールで、
We're planning to get to the hotel and check in around 3 pm, but we got a text from Ray and





「ママがホテルのショップを見たいって言ってるから、気を付けて。」
"Mom wants to look at the hotel shops, so keep heads up."






との連絡が入りました。
it said.






泊まる予定のホテルは小さいので、ショップとフロントデスクがすごく近く、ママが買物をしている間にチェックインをするのはとってもリスキーでした。
The hotel is pretty small and the shops and the front desk are so close, so it's very risky that we would check in while Mary's still shopping.





なので、完全にママがホテルのカウンターから離れている事を確認するまで、一旦ホテルの駐車場で待機する事になりました。
So, we decided to kill time in the hotel's parking lot until Ray tells us the good timing.






別の車で来ていたキャロル&ハワードにも、
Carol&Howard were on the way separately, so we texted them






「今はまだ買物してるみたやから、ちょっとまだチェックインできない。」
"Mom is still shopping. We shouldn't check in yet."






と逐一連絡を入れ、皆サプライズの為に細心の注意を払って行動しました。
and we all really carefully behaved for the big surprise.





で、パパから、「ホテルの部屋に戻った。」と連絡が入り、皆急いで車を出てチェックインをしました。
After about 20 mins, Ray texted us "We're back in the hotel room." so we rushed into the front desk from the parking lot and checked in.






無事、ママに見つからず、ホテルの部屋に入り、一息ついている所。
We safely avoided from running into Mary and finally could take a breath in the hotel room.






今回のサプライズプランナーのAndyっち、かなりハラハラしておりました。
This surprise planner, Andy got so nervous about this thrilling moment.





という訳で、サプライズパーティーの始まり、始まり~。
Okay, this is the beginning of the surprise party.





続きます。
To be continued.





↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comment