Hit-Chanのワクワクしてるよ!(Hit-Chan's WakuWaku Life!)

アメリカのミネソタでワクワクした事を綴っています。
Hit-Chan's exciting life in MN!

人生の第3章 (Chapter 3 in My Life)

2019-03-08 15:50:08 | Hit-chanとバシャール(Bashar)
どもども。
Hello.



皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How's everything in your life?



さて、昨日悲しいニュースが耳に入りました。
The other day, I heard this sad news.





画像拝借元



ビバリーヒルズ高校白書・青春白書でディラン役を演じていた、ルーク・ペリーさんが脳梗塞で52歳という若さでこの世を去ったというニュースです。
Luke Perry acted Dylan Mckay in the drama, Beverly Hills 90210, just passed away from a stroke at the age of 52.





画像拝借元




Hit-chan中学生の頃から見始めたドラマで、何と言ってもHit-chanが「いつかアメリカに住みたい!」という夢を持つきっかけになったドラマでした。
I was watching the drama from when I was in junior high and it was the biggest trigger to make me have the dream, "I wanna live in the US someday!"



あれからもう20年くらい経ちます。
It's already been over 20 years since then.



実はあのドラマ、主人公のブランドン&ブレンダがミネソタからビバリーヒルズに引っ越してきたところから始まるんですが、そのドラマを観ていた自分自身が今ミネソタに住んでいるというのも何かの縁を感じます。
In the drama, the story started that the main characters, Brandon&Brenda, moved to Beverly Hills from Minnesota. And it makes me feel weird about the coincidence that the young girl who used to be crazy about the drama is now living in MN.




しかもね、ブランドン&ブレンダ、Hit-chanが働いていたカリブーがあるおしゃれタウン出身だという設定だったらしいです。これに関しては、2、3年前に友達のブレンダから教えてもらいました。(そう、主人公の名前と一緒。笑)
Besides that, the town which Brandon&Brenda came from was Wayzata where I used to work and I got to know it a couple of years ago through my friend, Brenda. Yeah, the same name as the character.



このルーク・ペリーさんの訃報を聞いて、そんな事を思い出しながら「日本にいた頃は色々あったけど、それでも日々メリハリがあって楽しかったなぁ。」と懐かしくなりました。
When I heard about Luke Perry's death, I remembered back my old days in Japan, "There were a lot of ups and downs back then, but it was very thrilling everyday."



そしてこのニュースを聞いて、Hit-chanの青春時代を思い出したと同時に、ルークさんが亡くなった52歳という若さに人生の儚さのようなものを感じました。
At the same time that I recalled my young days, I strongly felt the brevity of human life from the age of 52 when Luke ended his life too.




今日のブログのタイトルにあるように、Hit-chan、めいが生まれて自分自身の人生の第3章に突入したと感じています。
Just as the title today, I'm feeling that I've started the chapter 3 in my life since May-chan was born.




日本で生まれ育ててもらい、中学生の頃に「いつかアメリカに住み、幸せな家庭を持ちたい!」という漠然とした夢を持ち、それを叶えるべく努力していた毎日が第1章
In the chapter 1 in my life, I was born and raised in Japan and had the big, but vague dream, "Live in the US and have a happy family there!" when I was 15 or so and I worked hard to get closer to my goal everyday.




そして、Andyっちと出会いミネソタに来て、夢が叶った喜びを感じつつも、初めての海外生活と英語のシャワーを浴びて試行錯誤しながら、たくさんの素晴らしい友人と出会った日々が第2章
In chapter 2, I met Andy and moved to MN and started my brand new life here. I got a great joy from my big accomplishment to make my dream come true. Then, I stepped in the different culture for the first time in my life and tried so hard to learn how to swim in the ocean of English. Through a lot of kicking-my-own-butt days, I could meet wonderful friends.




お陰様で、第1章も第2章も色々なドラマがありましたが、たくさんのワクワクを感じて幸せな日々を送る事ができたと思っています。
Thankfully, I could make both 1 and 2 chapters in my life very meaningful and enjoyable even with a lot of drama.




今現在、また新たな節目を迎えて、この先どういう風に生きていきたいのかを改めて考える時間が増えました。
Now, when I'm standing at another turning point in my life, I'm spending more time to think about how I want to live for the rest of my life.




その中で、第3章が第1章と第2章と比べて違うのは「こうなりたい!こうしたい!」という明確な目標というものが無いという点です。
And what's different in chapter 3 from 1&2 is that I don't have any clear and specific goal like "I wanna be this! I wanna do it!"




Hit-chan、自分の性格上、目標や夢があるといくら時間がかかろうとも、そこに向かって純粋にコツコツと努力する事ができます。
Who I am is able to purely keep trying hard on one thing as far as I know what I want to accomplish even if it'd take forever.




なので、第1章の時は「アメリカに住む!」という目標を目指してどうすれば良いのかを日々考え、一進一退を繰り返しながら、その目標に近づいている事を実感しては幸せを感じていました。
In chapter 1, I used to keep doing something to go forward through the back and forth day by day as thinking how I could get closer to my dream. And it was my happiness every time I could feel that I'd taken a step closer to "Live in the US".




同じように第2章の時は、「アメリカの生活に慣れて、英語で仕事をできるようになる!」という目標を持ち、車を運転できるようになったり、超絶緊張しながらカリブーコーヒーの面接を受けて、その後7年近く働き、その中でたくさんの経験をしました。
Also in chapter 2, I had a lot of thrilling experiences too. I had this goal, "Get used to the new life here and work using English." I still remember how super nervous I was when I had the first interview for the Caribou job and how super scared I was when I first drove a car in the public road too. I ended up working at Caribou almost for 7 years.




ですが、第3章に入った今、心の奥から湧いてくる「これをやりたい!」という強い気持ちが無いのです。
Though, in the beginning of chapter 3, I don't have a strong desire or passion which makes me keep thinking, "I really wanna do this!"




第1章、第2章とも、いつも現状に満足できずに渇望感があったんです。
I always had a big thirst and couldn't stand the situation at the time in the first two chapters.




夢や目標が手の中に無い虚無感を感じたり、なかなか近づけない事にもどかしさに苦しくなったりしていましたが、それが日々努力するモチベーションになっていました。
I always felt it so empty to see my dream still very far from where I was and felt it painful to take forever to make progress to the goal. Though, those bitter days motivated me to keep trying.




でもね、Hit-chanは中学生の頃に夢見た、「アメリカに住み、幸せな家庭」を丸々手に入れてしまい、今は夢の中に生きています。
However, I'm now in the middle of my dream I used to long for. I'm living in the US and I have a perfect family in my hands.




それはとてもとても幸せな事であり、心の底からその事に感謝してその幸せを噛みしめています。
It's extremely lucky and I appreciate it from the bottom of my heart every single day.




ですが、まだ何かが足りないと感じています。
Even though, I still feel something missing in my heart.




さっき言った、状況的にはHit-chanの周りは夢見た事が全て叶ってこれ以上望む事はありません。
Like I said, I can't want anymore for what's around me. I've already got everything I wanted.




でもね、その状況の中に生きているHit-chan自身がなりたい自分になれているかというと、まだまだ足りないんです。
But, what about myself? Even in the ideal situation, I'm not who I want to be yet.




色々な部分で自分が思う理想の自分とまだギャップがあり、それが不甲斐なさや劣等感を生み出しています。
There's still some gaps between who I am and who I want to be and they create helplessness and inferiority complex in me.




なので、第3章の自分の人生、そんなギャップを埋めていく事を努力していきたいと思っています。
So, I really want to start working on filling the gaps in chapter 3.




第1章、第2章と違うのは、明確で大きな目標が1つあって、それに向かって一直線というような道のりでは無いし、その目標に近づいていなくても、昔のような渇望感が湧かず、モチベーションを保つのは難しいと思います。
It'll be probably more difficult to keep myself motivated since it's not going to be like waking on one big road straight to a clear goal and I wouldn't have a big thirst like I did in the first two chapters.





それに、Hit-chanが自分の理想に近づこうが、今のままでいようが、Hit-chan以外の誰にも関係ないし、その違いに気づいてもらえるかも分かりません。
Plus that, nobody else wouldn't even care or notice it even if I get closer to who I want to be or not.




でもね、やっぱり今のままの自分じゃ嫌だから頑張ろうと思います。
Even though, you know, I still don't want to make it okay with staying who I am.




もちろん、Andyっちの妻として、めいの母としてのなりたい自分、そして、自分自身がもっと自信を持てるHit-chanになっていきたいです。
Needless to say, as Andy's wife and May-chan's mother, I want to become who I want to be and plus that, I want to be who I can be confident with who I am.




今日は長々と書いてしまいましたが、このブログに関しても、昔はもっとその時の自分の気持ちを一杯書いていましたが、最近はそれも少なくなりました。
I talked a lot today, but speaking of my blog, I used to write about my feelings more often.




Hit-chanにとって、自分の気持ちをブログに吐き出す事は、自分自身にその言葉を言い聞かせるプロセスであり、自分の気持ちを整理して再確認する方法でもあります。
To me, this blog is a tool to express my honest feelings, a process to make myself listen to my own words and a method to organize my rondom thoughts and remind myself what I really want to do.




なので、読んでくださっている皆さんには詰まらない内容かもしれませんが、この先もこのブログでその時思っている色んな気持ちを吐き出していきたいと思います。
So, it might be boring words, but I'll still want to write my honest thoughts sometimes from now on.




という訳で、今日はこの辺で!
Okay, this is all today. Thank you for reading again.





↓応援クリックお願いします。(Please click these buttons to vote for my blog.)



にほんブログ村
Comment

夢だけど夢じゃなかった!(It was only a dream, but it wasn't!)

2017-01-29 10:52:46 | Hit-chanとバシャール(Bashar)
どもども。
Hello!



皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing today?



Hit-chanは元気にしています。
I'm doing pretty good.




さて、先日、カリブーに新人さんが入ってきたんですが、彼女に会った瞬間に「あっ!」と驚いちゃいました。
So, the other day, a new team member joined the Caribou I work at and in the moment I met her, I couldn't help saying "Oh!"



というのも、彼女の胸元に。。。
Because I saw this one her chest.




中トトロがっ!!!!
Yup, middle Totoro!!!




Hit-chanが嬉しくなって
I was so excited and said




「トトロ!」
"Totoro!!"




と言ったら、彼女は
Then, she was excited too and said




「今まで誰にも気づいてもらった事ないねんけど、そうやねん!」
"Yeah! Nobody's ever noticied it!"



と喜んでくれました。




で、その出来事とは別に、先日Andyっちと伊丹十三監督の「大病人」という映画を観ていたんですが、その最後に般若心経が朗読演奏されるシーンがあったんですね。
And on a different day, Andy and I watched a Japanese movie called "The Last Dance" directed by Juzo Itami and there's a scene that they recited one of the Buddhist scriptures called "Heart Sutra" at the end of the movie.



今まであんまり般若心経の意味なんて考えたことも無かったんですが、Andyっちの為に英語の字幕付きで観ていたので、思いがけずにその意味に触れる事ができたんです。
I've never thought what tells in "Heart Sutra", but we were watching the movie with English subtitles which unexpectedly brought me a chance to touch the meaning.



その映画の英語字幕では"Everything is illusion."とような事が書いてあって、つまりは「この世の全ては幻想である。」という意味になります。
The subtitles in the movie was saying like "Everything is illusion."



それを観ていてHit-chanは、「あ、バシャールが言っていた考え方と一緒だなぁ。」と思ったんです。
When I read it, I thought "Oh, that's same philosophy Bashar was saying."




それから数日後にさっき話した、トトロのタトゥーをした女の子が職場にやってきました。
Some days after we watched the movie, I met the girl with the Totoro tatoo at work.




彼女のトトロを見つけた時に頭に浮かんだのが、「夢だけど、夢じゃなかった!!」というさつきとメイが言っていたセリフでした。
When I saw her Totoro, what crossed my mind was this line in the Totoro movie, "It was only dream, but it wasn't!" which May and Satsuki said.




ずいぶん前にトトロの映画を観ていてこのセリフを聞いた時に、バシャールが言う「現実=幻想」という考え方とリンクしているなぁと思って、印象に残っていたんです。
It was a while ago that I watched the movie last, but when I heard that memorable line, I also thought that it's pretty similar to what Bashar says, "Reality equals Illusion"



で、この伊丹十三さんの「大病人」を観て、「全ては幻想」というセリフが目に入った事、そしてカリブーの新人さんの胸にあったトトロのタトゥーから思い出した、「夢だけど夢じゃなかった!」というセリフ。。。
I watched the Japanese movie and got captured by the Buddhist sutra and the Totoro tatoo reminded me of the line "It was only a dream, but it wasn't!"...



今年に入って起こったこの二つの出来事のお陰で、バシャールからもらった「想像できるものは全て具現化できる。」というHit-chanの根幹になっている考え方を改めて意識する事ができました。
Thanks to these 2 completely different incidents but somehow linked, I could remember my life philosophy, "Any imagination can become reality."



日本にいた頃は、そういう事をもっと意識して毎日を生きていたように思いますが、ミネソタに来てからは、その日の仕事の事などを考えていたらあっという間に一日が終わってしまい、この先の叶えたい夢などをゆっくり考えずに日々が過ぎていってます。
When I was in Japan, I was living everyday more focused on those kind of thoughts and my dreams, but since I moved here, I've been too busy thinking about daily work to picture future dreams in my head.



以前のように夢の事を考える時間が少なくなったのは、やはり今までの人生で一番強く思い描いた夢、「アメリカで幸せな家庭を築く。」がAndyっちのお陰で叶ったというのが大きな理由だと思います。
Obviously, the reason why I don't spend much time to dream a dream anymore is because I made the strongest dream in my life, "Have a happy family in the US", come true thanks to my loving husband.



とはいえ、まだまだ叶えたい夢はたくさんあります。
Even though, I still have dreams for the rest of my life.



何だか今年に入ってすぐに、改めて持っている夢を意識して行動する事の大切さを気づかせてもらった気がします。
Those 2 incidents in the beginning of this year reinspired me to know how important it is to take each action as following your heart and dreams.



そんな訳で、まだまだ自分の人生の可能性を信じて、いっぱい夢を叶えていこうと思ったHit-chanでした!
Anyways, I just thought that I want to believe in infinite potential of my life and make more dreams!




↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comments (2)

自分を疑うという事 (Why We Have Doubt In Our Potential)

2014-09-10 18:37:23 | Hit-chanとバシャール(Bashar)
どもども。
Hello.





皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing today?





今週は今日と明日と2日連続でお休みをいただいたので、のんびり過ごしております。
I'm having yesterday and today off and being lazy and peaceful.





今朝は久しぶりに母とスカイプをして2時間ほどお話をしました。
I had a Skype chat with my mom for 2 hours yesterday.




その中でも話していたんですが、先日、母のブログの過去の記事を読んでいて、過去の自分の中に今の自分に無い部分を見る事ができます。
During that, I talked to mom that I recently read some old articles of her blog and it made me see a part of me which had hidden for a while.




特にガンになった5年前辺りのHit-chanは、眩しいくらいに純粋で「何でもできるぜ!!」という具合に、スーパーマリオがスターを取った時みたいに無敵って感じでした。(笑)
Especially when I just survived cancer about 5 years ago, I was so pure and bright like "I can do anything, yay!" as if Super Mario got a star.




まぁ、その時はアメリカに来て幸せな家族を築くという大きな目標があったのもあって、スターマリオ並のエネルギーが必要だったんだろうなぁと思います。
At that time, I had a huge dream to come to the US and have a happy family, so it required me as much energy to accomplish it as a star Mario.




そんな当時の自分を通して、しばらく忘れていた感覚を思い出させてもらったので、こうやってブログを書くは良い刺激になるんだなぁと改めて感じました。
Through seeing myself in the past, the pure feeling which I hadn't had for a while came back to my heart, which made me remember that writing my blog itself gives me a lot of inspirations.





で、母とのスカイプを通して、「そういえば、最近自分の芯になるような考え方等を書いていないなぁ。」と思ったので、今日は久しぶりにHit-chanがバシャールから教えてもらって大切にしているモノの見方を話してみようと思います。
While I was chatting with my mom, I thought "I haven't written about the philosophies which makes who I am on my blog for a long time." So, I decided to write one here today.





もちろん、全ての物事の意味づけはその人その人が行うものなので、ここでは無限にある物事の見方の中から、Hit-chanが気に入っているものを紹介したいと思います。
First off, the definitions of all the things in the universe are made by each one of you, so I want to introduce mine which is also just one of infinite perspectives.





Hit-chanは、基本的に「全ての人には無限の可能性があって、何でもできる。」と信じています。
I basically believe "Everyone has infinite potential and can do anything."





皆さんも、自分自身や誰かを勇気づける時に「自分を信じて!」と声をかけた事があるかもしれません。
You might have cheer somebody or yourself by saying "Believe in yourself."





Hit-chanはどんな大きな夢であろうとも「自分の可能性を信じていれば大丈夫!」と思って行動するのですが、いざそれに向けて具体的な一歩を踏み出そうとする時に、大小あれど、恐怖や不安に飲まれて怖気づいてしてしまう事があります。
Me, no matter how big the dream is, I always think "If you believe in your infinite potential, you can do it!" and take actions to make it true, but sometimes I get overwhelmed by some fear or worries.





頭では「できる!できる!」と分かっていても、心がビビッてしまうんですよねぇ。
Even though I try to think "I can do it, I can do it!", my heart hesitates to take the next step.





そんな事が何度もあると、「恐怖や不安に飲み込まれるという事は、まだ自分の可能性を疑っているという事なのかなぁ。じゃあ、どうしたら自分を完全に信じる事ができるんやろうか?」と考えるようになりました。
Through I had the experience over and over, I started to think "Why can't I stop having fear or worry? Does it mean that I still doubt in my potential? Then, how can I 100% believe in myself?"





そんなところ、バシャールの本を読んでいる時に、バシャールが「自分の可能性を100%信じている状態」について話をしていました。
One day, when I was reading a Bashar book, I ran into the page where he was taking about "The state when you 100% believe in yourself"





バシャール曰く、それは座っている所からその場に立つようなものらしいのです。
(もちろん、この例は、足腰が健康で立ったり座ったりが自由にできる人というのが前提です。)
He explains when you 100% believe in yourself, it's just like you standing up.
(Of course, this example is supposed to be for someone who can sit and stand up without difficulty.)




というのは、もし皆さんが今座っているとして、「トイレに行こう。」だとか、「冷蔵庫に入ってる牛乳を飲もう。」等の、何かの用事で立とうと思った時、どうするでしょうか?
In other words, if you're sitting at home now and want to get up to do something like "I'll go to the bathroom." or "I'll drink milk in the fridge," would you guys necessarily think about something?





まぁ、おそらく特に何も考えずに立って、その用事を済ませようとするんじゃないでしょうか?
Probably, you wouldn't think about anything special and would just get up and do whatever you want to do.





その状態が「自分の可能性を100%信じている」という状態らしいのです。
That is "The state you 100% believe in yourself".





というのは、用事をしようと思って立つ時に、皆さん「もしかして、立てるやろうか?いや、立てへんかもしれへん。」なんて事をいちいち考えないですよね?
When you get up to do chores or something, you usually wouldn't worry like "Can I stand up? Maybe, can't I?"





だって、自分の立つ能力の可能性を100%信じてますからね。
Yeah, because you believe in yourself 100%.





この話を聞いた時、一瞬、「お~、その感覚が自分を信じ切ってる状態か~。そんな状態でいられたら、不安も心配もなく夢を叶えていけるから、めっちゃ良いやん!」と思いました。
When I read that part in the book, I thought "Oh, that's the state when you completely believe in yourself! Then, it would be awesome if I can stay like that and accomplish dreams without any fear or dream!!!"





でも、その様子を想像してすぐに、「いや、待てよ。。。」と思い直しました。
But at the next moment when I imagined what it would be like accomplishing anything without any fear or worry, I wondered, "Oh wait, is it really that awesome?"





というのも、もし何の不安もなく、ちょっとした用事で立つような感じで、あらゆる事を「自分を100%信じている状態」で行う事ができたら、物事が実現していく過程でワクワクしたり、実現した瞬間に「やったぁ!」と幸せを感じる度合いが極端に少なくなるのではないかと思ったからです。
What if you can stay in the "100% believing in yourself"state and go through the entire process to make your dreams come true? What if you can do anything as if you just get up to do some chores? Would you still be able to feel so excited when you see the dreams happening in front of your eyes? I assume that you wouldn't feel so excited as you can now.





だって、普段の生活で私たち、いちいち「立てるかな、立てないかな。」とドキドキワクワクしたり、立つ度、ハイジに出てくるクララが立った時のように「クララが立った!」と大喜びしたりしませんよねぇ。
Seriously, you don't get excited like when a handicapped person standing up from a wheel chair when you get up in the daily life.




つまりは、私たちは自ら「自分自身の可能性に疑いをかける」事によって、自分の持つ理想のイメージの実現の過程やその達成時によりたくさんのワクワクを感じられるようにしているのではないでしょうか。
So, by having a doubt in your potential, I assume that you can increase the amount of excitement and happiness when you go through the process or accomplish your dreams.





そんな風な物の見方をした時、それまで何かをできないと怖がっていた自分に対して、「あかん、自分を信じて!」と不安を頑張って押し込めるように努めていたのが、「あ、この不安感はワクワクを倍増させる為に、わざと自分の力を疑ってるんやなぁ。」と思うようになりました。
Before I got the perspective, I tried not to see fear or worry in me and defined them just a barrier to block my dream from happening. Though, since when I started thinking like "Oh, this worry is coming to maximize my excitement! That's why I wanted to doubt in myself anyways." and now, I think all the fears and worries as great spices to make my life much more delicious.





そして、Hit-chanは色々なワクワクの瞬間を感じる為に、今この時を生きていると思っているのですが、結局のところ、自分の可能性を100%信じたり、100%疑うよりも、その両方をバランスよく合わせる事によって、より多くて、より大きな、ワクワクを創り出そうとしているんだと思います。
I personally live in every single moment to enjoy all the kinds of excitement I could feel in my life. So, after all, I think neither 100% believing in yourself nor 100% doubting in yourself, but the best combination of both creates more and stronger excitements in your life.





一見、不安や心配を持つ事はワクワクする気持ちとは程遠いように思えますが、こうやって不安や心配も実はワクワクする気持ちをより大きくするためにあるのだと思えば、結構有難いものだと思えてきます。
It sounds way far from being excited to be worried or scared, but if you think that they're for making your life more excited and happier, you can like them.





なので、皆さんも好きな事をしていく上で不安や心配が現れた時、「あっち行って!」と追い払うのもちろんアリですが、逆に「ワクワク倍増の素、ウェルカム!」とその存在をそのまま受け止めるのもアリだと思うので、良かったら試してみてください。
Anyways, if you get scared and hesitate to do what you really want to do sometime, you can push the fear away like "Go away!", but you can also say "Oh, come on great spices!" too. I hope you can choose either you like and make your life more exciting.





という訳で、長くなりましたが、久しぶりにHit-chanの頭の中を少し絞り出して書いてみました。
Okay, it's got so long, but this is a part in my brain. Thanks.





↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)


Comment

より、なりたい自分へ(To Become What I Want To Be)

2014-04-27 22:43:04 | Hit-chanとバシャール(Bashar)
どもども。
Hello.




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing?





こちらミネソタは夏に向けての梅雨シーズンに入ったようで、連日雨が降り続いております。
Here in MN, it's been raining a few days in preparation for summer.





この雨のお蔭で、改めて我が家の修理すべき箇所が浮き彫りになりまして、Andyっちと二人で何とかしなあかんなぁと話しておりました。
Thanks to this rain, Andy and I found out that we needed to repair some things of our house again.





昨年の大雨の時にも地下に浸水しましたが、今回も前回ほどではなくとも浸水が発覚しまして、雨どいを直したり諸々の対策を早急かつ本格的にしていかないといけません。
Last spring, we had a huge water damage in our basement, but we got some water there again though it's not as bad as the last time. So, we're thinking to replace our gutters or something as soon as possible.




さて、家の修理は良いとして、ブログでも何度か書いたりしたんですが、2014年は私にとって何かの節目と言いますか、改めて自分を見つめ直す年のように感じております。
So, I think that I've mentioned about this here a few times before, but I'm feeling that this year is one of the biggest turning points in my life.





まず最初に、5月から少し生活が変わるんですが、それに向けて1年ちょっと続けさせていただいていた日本語の家庭教師を無期限休業させていただくことになりました。
First, I decided to quit the tutoring job that I'd done about 1 year or so since my life is going to start changing in May.





先日、家庭教師をしていた男の子のお母さん、Yさんとゆっくりお話しをさせていただく機会がありまして、
I actually had a meeting with the boy's mom the other day and she kindly told me





「Hitomi先生に教えてもらって、本当に良かったです。直接、ありがとうございますと伝えたくて、こうやって最後に会う機会を作ってもらいました。」
"I really appreciate you for tutoring my son. I wanted to say thank you in person, so I asked you to have time to see me like this."





という、本当に嬉しく、有難いお言葉をいただきまして、Hit-chan、めちゃくちゃ感動しました。
Her words made me so happy and moved.





しかも、お礼にという事で、こんなものまでいただいてしまいました。
Besides the sweet words, she gave me this too.






美味しそうなフルーツタルトでしょ?アメリカのケーキは大概甘すぎるんですが、さすが日本人の方のチョイス、とっても美味しかったです。
It looks so delicious, doesn't it? Basically, cake in the us is too sweet to me, but I really liked this one! I bet it's because she's Japanese. Haha.





Yさんとは、今まであまりしっかり話す機会がなく、話しても男の子の勉強に関する事やちょっとした近況報告だけだったりしたんですが、この時は友達のような感じで、色々とお話ができて楽しい時間を過ごさせてもらいました。
I actually hadn't had a chance to talk with her about things other than tutoring things or small greetings, so it was really nice that we could have a fun time to talk about many other things just as friends that day.





実はYさんとお話する前に、Hit-chanは少し落ち込んでいたんですが、こうやって感謝の言葉をいただいた事で、本当に嬉しい気持ちと感謝の気持ちで心がいっぱいになりました。
In fact, I was a little bit depressed before the meeting with her, but her grateful words made my heart so fulfilled with happiness and appreciation.






この家庭教師の休業については、本当に嬉しいお言葉をいただいて、「あ~、自分のやり方で良かったんだなぁ。」と今までの自分のあり方を肯定してもらえたのですが、今年はそういう事ばかりではなく、「本当に今の自分で良いのだろうか?」という疑問を持つような出来事が多々あります。
Through this tutoring job, I could receive such a wonderful comment and feel like "Oh, I was fine." but everything hasn't being that way and I've had many things which make me wonder "Am I doing okay?" this year.




もちろん、自分らしくいて幸せでいればそれで良いのですが、2014年に入って、自分が起こした行動や発した言葉によって、周りの人の気分を害したり、その事によって物事が上手くいかなかったりする事が頻繁に起こってしまいます。
Of course, if you're being yourself and being happy at that same time, that's totally great, but I've caused a lot of things to hurt others or make things go uncomfortable by my actions or words lately.





相手がある事では、自分と相手の相性というものがあるかもしれませんが、やはり、自分の望まない状況が生まれるのは、原因は自分自身の中にあるのだと思います。
If it's against someone else, it might be a matter of chemistry, but I think that the reason why you get in unwanted situation is in yourself.





ここ何年か、子供の頃の夢が叶い、その夢をリアルタイムに体験して生きてきて幸せこの上ない時間を過ごして来ていた訳ですが、その分、自分自身を見つめる機会が減っていたのかもしれません。
The last some years, my life has been exactly what I dreamed when I was little and I've been having the happiest time in my life. On the other hand, I guess I haven't needed as much time to talk to myself as before.






Hit-chanの好きなバシャールの言葉に、「創造におけるただ一つの法則は、自分の与えるものが、自分に戻ってくるという事です。」というものがあります。
A word from my favorite Bashar says "The only rule in the universe is what you give is what you receive."





その言葉を改めて聞くと、確かにここ最近はあまりその事を気にせずに、周りの人や物に対して言葉を発したり、行動していたかもしれないなぁと思います。
When I hear that word now, I realize that I might have made words and actions without having it in mind these days.






こうやって少し落ち込む事が続くことで、確かに心は疲れたりする訳ですが、逆にそれは「なりたい自分とはズレてるよ!」と教えてくれているので、ちゃんとふて腐れずにより、なりたい時分になれるように自分自身と向き合って見つめ直したいと思います。
Through being in some depression moments, my heart somehow gets tired, but those happenings are telling me "You're not being what you want to be now." So, I want to face to myself to become perfectly what I want to be without getting crabby or pessimistic.





という訳で、久しぶりに色々と考える事が多いHit-chanでした。
Okay, bye for now.







↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comments (6)

自分と向き合うという事。(Facing to yourself)

2013-08-01 18:21:56 | Hit-chanとバシャール(Bashar)
どもども。
Hi there!





皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How are you doing, everybody?





Hii-chanはまぁまぁ、元気にやっておりますよ。
I'm doing okay.





さて、最近はしばらく書いていなかったんですが、今日は久しぶりにHit-chanが思っている事を書いてみたいと思います。
So..., I've not written about this stuff for a while, but I want to do it today. Yeah, I'll talk about another thought of mine.





皆さんは、自分と向き合っているでしょうか?
Do you often face to yourself?






自分がどうありたいか、自分の人生をどう過ごしたいかという事をよく考えたりしますか?
I mean, do you think about what you want to be or how you want to live your life a lot?







Hit-chanは何かしっくりしない状況に陥ると、決まって自分と向き合うようにしています。
Me? Yeah, I always try to face to myself when I get stuck in a uncomfortable or unsatisfactory situation.







物事が自分の思ったようにいかなかったり、他人の言葉に惑わされたり、自分自身の弱さに憤ったりした時です。
Situations like when things don't go as I expected, others' words confuse me or the weakness frustrates me.







日本にいた時はよく、誰かと話をしたり、散歩しながら自分自身に問いかけたり、また、ノートに自分の思いを書き出したりしていました。
When I was in Japan, I used to talk to somebody, talk to myself as walking alone or write my confused thoughts down on a notebook.






そうした中で、冷静に、真正面から自分に問いかけます。
Through those processes, I calmly asked myself face to face.






「何がそんなに怖いのか。」「何故にそんなにイライラするのか。」「今やっている事は本当に自分のやりたい事なのか。」・・・

"What makes me so afraid?" "Why am I so frustrated?" "Am I doing what I really want to do right now?"...






実のところ、自分自身のありのままの心を知るために、今ある状況や、周りの人の事を考える必要はないんです。
Actually, there is no need for you to change the circumstances or others around to know your true heart at all.






出来る限り、自分で創ってしまった物質的制限を取り払う事で、純粋な自分の心というものが見えてきます。
Your true and pure heart is showing up by cutting all the material limits you created off.






そうすると、今ある状況がこうだからできない、誰かがこう言ったからやる気を失ったなんて、自分以外の何かのせいにし、無意味にイライラする事が無くなります。
Then, you don't have to meaninglessly get frustrated or blame on the situation or others. You don't have to say that you lost your motivation just by somebody else's words.






そして、なりたい自分をハッキリ描くことにより、今の自分と理想と自分とのギャップが浮き出て、どこを変えれば理想の自分になれるのかが明確になります。
By drawing an ideal yourself more clear, the gap between the current yourself and the ideal yourself comes up and you can figure out that which piece of yourself to change to complete the puzzle.






バシャールは「他人を変えようと思っても、他の人は変えられない。そして、自分の世界を変える一番簡単な方法は、自分を変えることです。」と言っています。
My favorite book, Bashar, says "Even if you can change others, you can not. The easiest way to change your world is change yourself."






その言葉を聞いて本当にそうだなぁと思います。
When I heard that, I completely agreed.






今、自分自身がその状況にいる事を選択しているのは、他の誰でもなく、自分自身なんです。
Here and now, you're the one who chooses to stay in the situation after all. It's you and nobody else.






なので、Hit-chan自身、壁にぶつかる度に、自分の中のどの部分がその望んでいない状況を創り出しているのか、どう自分を変えれば、周りの状況が自分の望むように変わるのかを考え、それを実行してきました。
So, every time I bumped into a wall, I faced to myself and tried to figure out which part in me created the unsatisfactory situation and how I could change myself to create the satisfactory situation. And I really practiced it.





その中で、怖いなぁと一歩を踏み出すことに恐怖を抱いた事もありましたが、そんな時には、そのステップの向こうにある理想の自分を思い浮かべることで、その恐怖を超える勇気を生み出すことができました。
Even though I sometimes had a fear to take another step forward, I could produce courage enough to get over it as imagining my ideal picture behind the step.





そして何よりも、望んでいない状況いる自分よりも、望む状況にいる自分を選択したいという気持ちが強かったのです。
Above all, I just wanted to choose to be where I want to be rather than where I don't want to be.






そうやって、今まで、理想の自分を求めて、自分を変化させてきた結果、今、何気なく送ってる日常の中に、かつて自分が夢見た理想の自分の姿がいくつも存在しています。
Like that, through I've been changing myself, there exists a lot of what I wanted to be are what I am now.






結局のところ、何が言いたかったのかといいますと、皆さんもこの先、望まない状況、どこかしっくりしない状況に陥る時ってあるかもしれません。
After all, what I wanted to say is you might get stuck in an unsatisfactory or uncomfortable situation from now.





でもね、そんな時に、もし、本当にその状況を抜け出し、望む状態に変えたいと思われるなら、ただ無意味に他の人、物質的状況を言い訳にする前に、まずは自分自身と向き合っていただければと思います。
But, if you really, really, really want to get out of there and make it better, I want you to stop meaninglessly making others or the material limits an excuse and start facing to yourself.




そして、Hit-chan、思うんですけど、皆さんが「自分を変えよう」と思って何かを行動したその瞬間、皆さんはもう既に変われてるんですよ。
And I think, the moment you feel like "I'll change." and take a first action to change yourself, you already changed.





とにかく、今現在、皆さんが望む、幸せな状況にいらっしゃる事を祈っております。
Anyways, I hope you are already in a happy and desired situation here and now.





まぁ、そういう訳で、今日は自分への再確認の為に思った事を書いてみました。
So, I'm glad that I wrote about my thought to remind myself of it today.






↓応援クリックお願いします。(Please click this button to vote for my blog.)

Comment