goo

応用力は平面図形から

算数の応用力を鍛えるにあたって、まず最初にやるテーマは平面図形が良いのです。

最後に回すのは速さか、規則性でしょうか。

これは問題文の理解のしやすさの違いによります。

平面図形は、ほとんどの問題でちゃんと図形が描いている。で、どこを求めるのか、図の中で把握しやすい。だから、試行錯誤もしやすい。

なので、平面図形でまずじっくり考える。また御三家をはじめトップ校は、まず間違いなく平面図形は出題されるので、じっくり考える姿勢を身につける。

また記述式で解答を説明しなければならない学校が多いので、図形を見ながら解答を書きやすい。

逆に速さは、まず問題文の内容を捉えるのが一番大変です。

なので、まずグラフを描くなどして問題文の条件を確認する。速さが変わったり、向きが変わったりするので、本当に紛らわしいことが多い。

しかも多くの問題では、ただ文章で説明されていることが多いから、グラフを描いてみないとヒントを見つけにくいところもあるのです。

で、このとき、平面図形の相似がグラフ上で利用できることがある。しかし平面図形の応用力がないと、それに気がつかないでしょう。

だからまず平面図形の応用問題をしっかり解いてみてください。過去問で練習してもいいし、各校の入試問題を集めた問題集からピックアップしても良いかもしれない。フリーダムでは学校別バインダーを使って練習させますが、最初のうちはなかなか難しくて解き上げることができないことも多い。

しかし、少しずつヒントを与えながら、考え方を教えていくと、やがてコツをつかんでいきます。

ただ、応用力をつけるのには時間がかかりますから、その分、こなせる問題数はそう多くはならないでしょうが、その数を気にせず、十分に時間をかけてほしいと思います。


New
フリーダム進学教室 無料体験登録はこちらから

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園

今日の田中貴.com
第336回 学習管理を誰がやるか

6年生の教室から
夏休みの勉強で最も重要なこと

慶應進学特別から
願書配布

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 上位クラスへ... 自分の力を信... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。