goo

僅差の勝負はミスとの戦い

新4年生の保護者のみなさまへ 
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

過去問や演習の問題をやり直している子どもたちは、良く奇声をあげます。

「あ、ここだ!!」

「なぜ、引いてるんだ!」

「筆算のケタが一桁違う」

まあ、ミスというのはそういうものです。

で、ミスが多くなれば、当然のことながら点数がまとまらない。したがって合格点には到達しません。

逆に正解になっているのは、ミスなく解き上げることができたからで、その差はやはり注意深く解くか、本当にわかって解いているか、の2点になる。

本当にわかっていないと、足すか引くか不安になって、つい間違えるから、やはりここはしっかり復習をしないといけない。

なぜそうなるのか、曖昧に復習してくると、できるようにはならないのです。残りの時間をかけても、その曖昧さを克服することはできます。良く考えて、次は絶対にできる、ということになればできる問題は広がる。似たような問題が出る可能性は十分あるのだから、入試本番ではできる可能性が高くなります。

そしてあとは注意深さ。

筆算のケタが1ケタ違う、なんて信じられないミスと思うかもしれませんが、慌てて書けばすぐそうなる。自分の字だって5か6かわからない、ということは多々あるわけで、その注意深さが僅差の勝負の決め手になります。

東京・神奈川まであと2週間あまり。最後までこの2つの作業をしっかりやりきれるかにかかっています。

がんばって本番ではミスなく解けるように練習を積み重ねましょう。



Newフリーダム進学教室からのお知らせ
【無料】春の合格手帳、差し上げます。

今日の田中貴.com
範囲がない試験で点数がとれない5年生

5年生の教室から
プロを目指す子どもたち

算数オンライン塾
1月17日の問題












にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 5年生の摸擬試験 お試し受験で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。