ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 パンチドランク・ラブ(2002) P・T・アンダーソン監督で期待して観たけれど・・・

2008年11月30日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(ブログに掲載)を観て以来、ポール・トーマス・アンダーソン監督の名前は僕の頭の中から離れないね彼の監督作品のマグノリア(ブログに掲載)は傑作だと思う
 さてそんな僕が注目する監督が、日本では殆ど知られていないがアメリカでは大変有名なコメディアンで、映画に出演すれば大ヒット(日本では全くと言ってEほどヒットしないが)を連発しているアダム・サンドラーを主演に迎えて、ラブ・コメディーを撮った評判は高いけれど、僕は・・・
 アダム・サンドラー主演の映画なら50回目のファースト・キス(ブログに掲載)はお勧め

パンチドランク・ラブ DTSコレクターズ・エディション [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 内容は自動車工場内にて、ホテルのトイレ用の吸盤棒を販売している真面目な販売員バリー(アダム・サンドラー)だが、しかし女の姉妹の中で育ったせいか、女性に対して積極的になれないし、精神的にもうっ憤がたまりやすく、怒りが始まると窓ガラスを叩き割ったり、物に当たってしまう
 そんなある日、姉のエリザベス(メアリー・リン・ライスカブ)が、同じ職場の同僚のリナ(エミリー・ワトソン)を、バリー(サンドラー)の元に連れて来た
 実はリナ(ワトソン)が、バリー(サンドラー)の写真を見て一目惚れ(パンチドランク)した
 しかし、バリー(サンドラー)はなかなか積極的になれない悲しい事に新聞の切り抜きから、テレフォンセックスの電話を掛けてしまうと、お金のゆすりにあったり、また彼のささやかな夢はプリンをたくさん買いマイレージを貯めて、海外に旅行すること

 しかし、リナ(ワトソン)からバリー(サンドラー)に食事の誘いが来た二人は意気投合する

 そして、リナ(ワトソン)はバリー(サンドラー)を自宅に誘うが、バリー(サンドラー)は、するだけ
 しかし、やがてリナ(ワトソン)とバリー(サンドラー)はキスをする
 しかし、テレフォンセックスに電話したことから、バリー(サンドラー)はクレジットカードの件でゆすり屋(フィリップ・シーモア・ホフマン)の部下からリナ(ワトソン)の家から帰る途中に拉致され小額のお金を渡すが、殴られ蹴られの暴行を受け、再びリナ(ワトソン)の元に戻ってしまう
 そんな時リナ(ワトソン)はハワイ旅行に行くが、バリー(サンドラー)も貯めたマイレージでリナ(ワトソン)のいるハワイに行こうとするが、マイレージでのポイントの準備が遅くハワイに行くことが出来ない
 しかし、今はリナ(ワトソン)を愛しているバリー(サンドラー)はゆすり屋の元締め(ホフマン)を探し出し、不当な借金の請求を却下させることに成功しハワイへ行く
 ハワイでリナ(ワトソン)と出会い、出張でハワイに来たと言うバリー(サンドラー)だったが・・・
 正直、期待が大きかったせいか僕はあんまり面白く無かったマグノリアの方が感動したけれどね
 しかし、今回紹介したパンチドランク・ラブだけれど、カンヌ映画祭で監督賞を受賞している評価は高い作品だけれど、観る人によって好き嫌いが、わかれるのかも知れないね
 正直エミリー・ワトソン(あんまり綺麗では無いね)だけれど、パンチドランク・ラブ(一目ぼれ)されても、僕は迷惑だし(タイプの女の人ではないし、年齢も僕よりかなり上じゃないのかな?)

 僕には、チョッと考えられない恋愛映画だねでもラブコメディーが好きな人にはお勧めかな
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



 
コメント   トラックバック (1)

映画 コンフェッション(2002) ジョージ・クルーニーの監督デビュー作

2008年11月30日 | 映画(か行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 この世の中を二重生活をするのは、大変だ昼は警官として働き、夜は泥棒として生きていくそんな馬鹿な二重生活はないか
 今回のコンフェッションは、アメリカでは有名なチャック・バリスというテレビプロデューサーのストーリー映画は彼の手記や、ドキュメンタリーを入れ込みながら彼のテレビプロデューサーとしての仕事以外にも、行なってきたことを映画化している
 監督はこれが映画監督デビュー作にあたる、ジョージ・クルーニー
 彼の監督した作品でグッドナイト&グッドラックという映画を観たが、彼の映画は大スターが監督したわりに、結構地味な感じの映画だったしかし、ジャーナリズムの勇気を称えたこの作品はお勧めです
 そして今回は監督デビュー作品ですが、その出来栄えは

コンフェッション [DVD]

東宝

このアイテムの詳細を見る


 チャック・バリス(サム・ロックウェル)は女たらしの生活を続けてきたが、彼にはテレビ業界のトップを目指すという野望があったしかし、なかなか番組のアイデアが浮かんでこない
 しかし、ある日、彼はペニー(ドリュー・バリモア)と出会ってから、視聴者参加型の恋人選びの番組を制作するが、この視聴者参加型の番組は局の偉いサン達から却下されてしまう
 ところが、ある日チャック・バリス(ロックウェル)に怪しい男(ジョージ・クルーニー)が近づいてきた

 その怪しい男が言うにはアメリカのために仕事をしないか?どうせ今の仕事は見込みが無いんだろう
 チャック・バリー(ロックウェル)は謎の男(クルーニー)の言うとおり、アメリカのために仕事をしようとし、様々な訓練を受けるが実はCIAとしての暗殺を専門とする仕事だった
 チャック・バリー(ロックウェル)はペニー(バリモア)に内緒でメキシコで要人を暗殺することに成功するが、自分の視聴者参加型の番組が採用になり、視聴率も上々ついに彼はCIAとテレビプロデューサーとしての二重生活を強いられることになる
 謎の男(クルーニー)の指令で東ヨーロッパへ行くことになった、チャック・バリー(ロックウェル)は、そこで同じスパイとして働くパトリシア(ジュリア・ロバーツ)やキラー(ルトガー・ハウアー)と出会うことになり、色々な情報をもらう
 毎日テレビプロデューサーとCIAの工作員としての二重生活を送るチャック・バリス(ロックウェル)だが、次第に彼はパトリシア(ロバーツ)にも惹かれ、彼はペニー(バリモア)とパトリシア(ロバーツ)との間で悩むことになり、精神も異常がきたして来た

 しかも、自分のプロデュースした番組は、低俗化を指摘され視聴率が下がる一方そして、キラー(ハウアー)が何者かに殺されるその時、また謎の男(クルーニー)がやって来てキラー(ハウアー)を殺した人物を探し出せと指令を受けるが・・・後は映画を観てください
 最後に実物のチャック・バリーが自分の人生を回顧するシーンがある私は低俗な番組を何本も制作し、しかもCIAとして7,000人(だったかな?)の人物を殺した
 昔の僕は、将来の夢として007シリーズの見過ぎかもしれないが、将来はスパイになりたいと思ったこともあるが、生活は普通が一番だね日本のような平和ボケした国にいてては、スパイになりようがないけれどね
 それにしても、ジョージ・クルーニー監督デビュー作としては、面白い映画だったチョッと違う方向に行くと、恐ろしい映画になりそうな所をチャック・バリーを演じるサム・ロックウェルのキャラクターがユーモアがあり、そしてジュリア・ロバーツドリュー・バリモアも華があって良かったけれど、チョッとアメリカの怖い部分も見てしまった気もする恐らく実際の話であるのは確かだと思うけれど、脚色も多いと思うねジョージ・クルーニーの監督デビュー作を皆さん見てください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



コメント

競馬 ジャパンカップ予想 日本馬が意地を見せそうだけれど・・・?

2008年11月29日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 いよいよ、ジャパンカップが行われるね日本馬は良いメンバーが揃ったけれど、外国馬の参戦が少ないのが残念
 しかも、アメリカの馬であるマーシュサイドが取り消し実は僕は1番この馬を外国馬の中では、期待していたんだけれどねしかし、わざわざアメリカから来日して、出走取り消しとは本当に関係者の人たちは残念だね無念さが伝わってくるねでも、他の外国馬は今年は侮れないねイギリスの馬もなかなか強い馬が来てくれたと思っている
 そして今回のジャパンカップの展開だけれど、スローペースの瞬発力勝負を嫌う馬が多いだけに道中は平均ペースだろうが、最後はスタミナ勝負になるのかなしかし、今の東京コースの勝ち時計は速いね
 切れ味の鋭い馬もいるけれど、ここはスタミナ勝負の可能性もあると思うそうなると長い東京の直線コースなだけに、末脚勝負の馬の台頭もありそうだけれど、東京の勝ち時計の速いタイムが気になる速めに前に行った馬の粘りこみに注意したいね
 それでは馬印と各馬のコメントについて
 ◎ 15 アサクサキングス
 ○  9 ディープスカイ
 ▲  2 メイショウサムソン
 ▲ 14 ペイパルブル
 △  1 オウケンブルース
 △  4 ウオッカ
 △  8 トーホウアラン
 △ 13 マツリダゴッホ
 ×  6 パープルムーン

 僕の本命は15番のアサクサキングスを挙げるローテーション的にはこの馬が1番良いねいきなりの天皇賞(秋)はぶっつけ本番だったけれど、今回は一叩きしたローテーションはかなり期待出来るし、距離が2000Mから2400Mに伸びるのも良いねルメールジョッキーも今回は積極的な競馬をするそうだし、去年の菊花賞馬なだけに、長い東京の直線コースを粘りきるスタミナもある外枠もこの馬にとっては、自由自在に動けそうなのも良さそうここは、展開も瞬発力勝負になりそうにないここは本命

 対抗には9番のディープスカイだね天皇賞(秋)は、ダイワスカーレットの存在が、どうしてもスタートから出して好位でのレースを余儀なくされたと思うしかも、折り合いも欠いたからねしかし、今回はこの馬の最大の武器である末脚勝負に徹するだろう前走の天皇賞(秋)で、遅れを取ってしまったウオッカも参戦するが、レース運び、今回が最大の目標であるディープスカイにとって、目一杯の勝負を懸けて来ることを思うと、ウオッカに今回は先着すると思うしかし、今回は恐らく差しに徹したレースをすると思うが、今の高速馬場が果たしてこの馬にとってどうなのか平均ペースの流れで、しかも各馬が速めに勝負を掛けて動きそうなだけに直線勝負で勝てるか不安はあるしかし、僕の本命馬を打ち負かすだけの実力はある

 単穴には2頭挙げよう
 まずは2番のメイショウサムソンは、どうやらフランス帰りのダメージは無さそうだね調教は動いたね日本の期待を背負った凱旋門賞では、後方の内目でのレースに戸惑ったのか、残念な結果に終わってしまったしかし、目の前に勝ったサルガヴァが居たのに、最後の直線では一瞬の内に置き去りにされた内容はショックな結果でもあった武豊から石橋ジョッキーの乗り替わりに不安は無いどころか、僕は逆にいいと思う確かに武豊が、この馬に乗ることによって、脚質に幅が出たのは確かだが、この馬の持ち味は先行しての粘り込みその点は2番という内枠もスタートは上手な馬なので得意パターンに持っていけるだろうしかし、この高速馬場に不安があるねしかし、勝つチャンスは充分にある

 もう1頭の単穴には14番のペイパルブルを挙げたい今年のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSでの大激闘は相手が当時最強といわれたデュークオブマーマレードなだけに、価値があるそして、今回シックスティーズアイコンが乗るムルタ騎手が、ペイパルブルは強いと言っていた凱旋門賞の12着敗戦というのも良いねフランスの競馬場で強い馬は日本ではコロコロ負けるしね逆にそういう馬は、日本ではチャンスかもちなみに去年もジャパンカップに着て7着に負けたが、スタートの出遅れが痛かったしかし、最後は追い込んできているし、去年よりもパワーアップしているのは証明されている外国馬が勝つとしたらこの馬だ

 それでは勝つのは厳しいが、2着なら充分にある馬を
 まずは1番のオウケンブルースリを挙げたいねしかし、スタートはそれほど良くないから後方からの追い込みに賭けるレースをするだろうね前走の菊花賞では、速めに大外を捲るレースで他の馬を捻じ伏せたしかし、僕はメンバー的に菊花賞の他の相手は弱い馬ばかりだったと思っているしかし、今回は今までの相手とは比べ物にならないくらい相手が強いこの馬の能力もまだ底を見せてないだけに、勝ってしまうかもしれないが、ここは勝つのは厳しいと思う

 次に歴史的名勝負を演じた4番のウオッカだけれど、どんなレースをするのだろう最初のコーナーまでの主導権争いが激しくなる東京2400Mコースなだけに、他の馬と接触して折り合いを欠く恐れがあるここは後方待機策の方が良いと思うが、一気に他の馬を交わさないと駄目な馬だと思うゴール前接戦を前走の天皇賞(秋)では、凌ぎ切ったが内から差し返られそうになっていたからねヴィクトリアマイルが良い例だろう最後は完全に脚が甘くなって、やっと2着を確保したレースだったからね今回の相手を一気に抜き去ってしまうパフォーマンスは流石に期待出来ないだろうここは2着が精一杯だと思う
 次に8番のトーホウアランを挙げたいね恐らく好位からのレース運びそしてこの馬も速めに動いて勝負するだろう前走の京都大賞典では、うまく最内を突いてきたが、今回は早めに動いて来るだろう父がダンスインザダークなだけに、スタミナは豊富距離の2400Mは良いだろうもしかしたら、逃げる可能性もあるねしかし、この馬が勝つイメージまで僕には湧かないけれどね

 そして13番のマツリダゴッホを2着なら可能性を感じるね1週間前追い切りでは、チョッと不満がありそうな蛯名ジョッキーだったけれど、今週の追い切りでは、本人も納得の追い切りだったようだ左回りには問題なさそうな感じだねしかし、この馬は東京コースのような直線の長いコースがあんまり良くないのかな中山コースみたいに4コーナー先頭という得意パターンのレースは、今回はやりにくいだろうね差すレースになるかもそれに、陣営も有馬記念へ向けてのステップレースと公言しているだけに、とりあえずは2着には馬の能力で来るかもしれないが、勝つのは厳しいだろう

 それでは三連単の端っこ(3着)に来ても不思議でない馬を
 6番のパープルムーンだが、この馬はスタミナタイプだね今回スタミナ勝負で浮上して来そうな1頭だが、ジョッキーのスペンサーが追い込みの策戦を考えているようだ前の方へ行ってもレースの出来る馬なだけに、スタミナを活かして前で勝負して欲しいと言うのが僕の本音でも好位からのレースをしたらと思うとやはりこの馬は3着に押さえたいねしかし、メルボルンCという大レースで2着に来たようにスタミナはあるが、53.5キロを背負ってのものだけに、あんまり過信もしない方が良い3着にマークで良いだろう

 今回はスタミナ勝負を強調している僕だけれど、やはりスピードもある程度必要なレースなのは確かスタミナがあるからと言って、16番のスクリーンヒーローや、17番のアドマイヤモナークを押さえる必要は無いと思う

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 15
  2着  1、2、4、8、9、13、14
  3着  1、2、4、6、8、9、13、14 
 
 買い目 三連単フォーメーション
  1着 2、9、14
  2着  15
  3着  1、2、4、6、8、9、13、14 合計70点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。



 
コメント (2)

競馬 京阪杯予想 ここはハイペースを願って若武者に期待

2008年11月28日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今、競馬界の第一人者と言えば武豊だが、現在落馬骨折中彼の場合、デビューした時から天才と言われ続けてきたが、長い間JRAのジョッキーとして、トップに君臨し続けてきた
 しかし、今年三浦皇成という新人ジョッキーが、武豊の新人年間最多勝記録を抜いたそして、今年デビューのジョッキーだけでなく、2年目のジョッキーにも大躍進し、今後が更に期待出来るジョッキーが現れた
 それが浜中俊ジョッキー(画像)新人の三浦皇成の活躍の陰に隠れて目立ってはいないが、今年は重賞も勝ち、勝ち鞍も新人の去年よりだいぶ増えた
 恐らく今回の京阪杯は、ハイペースになると思う前半3ハロンが33秒前半、もしくはダンツキッスイが、逃げ宣言していることを考えるとここは、もしかしたら32秒台に突入の可能性もあるかな
 そうなると北九州記念で、流石に後のGⅠ馬のスリープレスナイトには、負けたが末脚の鋭さは目を引いた浜中俊騎乗マルカフェニックスの差し足に期待したい
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 12 マルカフェニックス
 ○  6 スプリングソング
 ▲  4 ファリダット
 ▲ 15 ビービーガルダン
 △ 10 ペールギュント
 △ 11 ルミナスポイント
 △ 17 アイルラヴァゲイン
 ×  7 タマモホットプレイ
 ×  8 レッドバトラー
 × 16 リキアイタイカン

 まずは僕の本命馬は先述したけれど、12番のマルカフェニックスここは内に速い馬が揃ったし、外枠にもスピードのある馬がいる展開はハイペース必至だと思うが、京都コース内回りだが差し馬のこの馬に対する期待は大きい前走はポートアイランドSでは、阪神コースの外回りでずっと大外を通させられるロスが大きい競馬2走前のセントウルSは開幕週の馬場で1200Mにしては、遅い流れこれではあの着順も仕方無いここ2走は目をつぶって、前述した北九州記念のレースを参考にした方が良いだろう内側の馬場もそんなに悪い状態では無さそうだが、ハイペースを利してこの馬の末脚に期待したい実は今からが充実期に入ってきそうな馬であることから将来性もあるからね

 対抗には6番のスプリングソングを挙げたい前走の好位の外から伸びてきた脚は、3歳ながら非常に楽しみな馬だ今回もチョッと内の枠に入ったが、馬群をうまく捌ければ、僕の本命馬を逆転可能か最近は心配している出遅れも無く、立ち回りがうまくなったしかし、今回は前走とメンバーは似ているとはいえ、流石にここはこの馬の試金石前走も2着馬に差を詰められているだけに、現在のところ本命にはしにくいねしかし、能力の違いで押し切るかも

 単穴には2頭挙げよう
 まずは4番のファリダット母が短距離GⅠレースを2勝しているビリーブこれは、超良血馬だね当初はクラシックを意識して長めの距離を使われていたが、やはりこの母なら短距離の走りを見せて欲しいね内目の枠に入ったが、幸い内枠の馬が飛ばす展開になるだろう内で脚を矯めるレースになりそうだが、あんまりハイペースで前の馬がばててくると、不利が怖いねしかし、前走は重賞のスワンSを使って強敵に揉まれた経験がここで活きるかこの馬にもチャンスあるね1400Mのレースより1200Mのレースを見たいね

 もう1頭が15番のビービーガルダンを挙げておきたいね前走はスプリンターズS(GⅠレース)で、3着と本命級の扱いをしても良いだろうしかし、前走のスプリンターズSは1200MのGⅠレースにも関わらず前半3ハロンが33秒6の遅いペース前で行くこの馬にとって展開に恵まれた感もある今回は重賞といってもGⅢレースだが、ペースは不思議だがGⅠレースよりもハイペースが期待できるそうなると、前でレースするこの馬が何処まで粘れるかかなり不安だが、GⅠレース3着の実績はこのメンバーなら無視出来ない当然、このメンバーなら1番強かったという結果も考えられる当然余裕で勝ってしまうかもしれないが、不安要素はかなりある

 それでは勝つのは厳しいが2着ならあるかもしれない馬を挙げよう
 まずは10番のペールギュントだが、もう昔の力は無いのかもしれないそれに加えて1番重い斤量の58キロを課せられる2着も厳しいかもしれないが、ここは差し馬に期待するとすれば、当然この馬が2着に突っ込んで来るシーンは考えられると思うあんまり長い脚を使えないだけに、実は京都の直線の長い外回りより、内回りの直線の短いコースの方が合っている2着ならあるかな

 次に11番のルミナスポイントを挙げておこう確かに近走はダートを使っているが、スピードはあるしかし、出遅れの心配もあるが差すレースも出来るから、逆にハイペースの展開を活かして差し込んでくるかもダートから芝に代わっての大変身は無いかな芝の1000Mで勝っているだけに、スピードの違いに戸惑うことは無いだろう

 そして17番のアイルラヴァゲインだが、もっと内の方の枠が欲しかったねレースは上手に走るから、内枠なら勝つチャンスまで考えたけれどこの枠だと外を通って勝負するしかないねしかし、前走では相手のレベルが落ちると実力が一枚違うことを証明したこの外枠でもスピードがあるから、対応出来ると思うが、勝つのは厳しいかな
 
 それでは三連単の端っこ(3着)に来そうな馬を3頭挙げたいが、実は3頭とも展開に恵まれての3着狙い正直実力的には、厳しいがもしかしたら・・・3着になら突っ込んで来るかな

 まずは7番のタマモホットプレイだけれど、京都コースしか走らない馬で、まずは良馬場が走る絶対条件幸いにも明日は京都競馬場の天気はみたいだがここで走らなかったら、何時走るんだここで走らなかったらもう終わった馬と考えてもよさそう3着ならありえるか

 次に8番のレッドバトラーを、挙げたいねもしかしたら、先行するかもしれないけれど恐らく中団の位置からのレース運びになるかなこの兄妹には、兄にダイワメジャー、妹にダイワスカーレットというファリダットを上回る超良血馬しかし、今のところは愚弟にして、愚兄とこんな立場だったら人間だったら恥ずかしいねここは、とりあえず存在感を見せておきたいねしかし、京都コースは得意な方なだけに、3着にはマーク

 もう1頭が16番のリキアイタイカンもう10歳だけれど、今の日本の女子テニス界ではクルム伊達が、20歳下の選手に勝ったりしているそう考えれば馬の10歳なんて若い、若い今回は恐らく最後方待機のレースだろう展開に恵まれて3着に突っ込んで来るそんなシーンが見られるかな

買い目 三連単フォーメーション
  1着 12
  2着 4、6、10、11、15、17
  3着 4、6、7、8、10、11、15、16、17

買い目 三連単フォーメーション
  1着 4、6、15
  2着 12
  3着 4、6、7、8、10、11、15、16、17 合計 72点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。





 
    
コメント   トラックバック (2)

競馬 福島記念反省 僕の本命馬が逃げてしまったよ(泣)

2008年11月27日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回の福島記念だけれど、僕が予想した福島記念予想と全然違う展開になってしまったねしかも、例年通り福島競馬場は内側が芝がはげてしまって、ダートみたいになっていてけれど、今回の福島記念のレースをみたいたら、内側の馬が伸びていたねでも、1番ショックだったのが僕の本命馬のレオマイスターが、スタートが悪い馬だから後方の位置取りで差す競馬をすると思っていたら、好スタートを切ったねそれ自体は別に問題は無いけれど、驚いたことに逃げるとは思わなかった
 結構前の日に、頭痛や吐き気を我慢して長時間を掛けて予想をしたのに、わずか20秒くらいで、僕が苦しみながら予想した時間がまったくの無駄に終わってしまった
 それでは、福島記念の反省をします

 まずは僕の本命馬のレオマイスターだけれど、福島コースの相性の良さ、菊花賞に出走しようと思えば、出走できたのにあえて、この福島記念を狙ったようなローテーション展開も向きそうな気がしたけれど、前述したようにまさか逃げるレースをするとは思わなかった好スタートを切った事に、ジョッキーの田中勝春ジョッキーも、ビックリしたのかなしかし、みんなスタートは良かったから、押さえようと思えば、押さえられたはずなんだけれど、どうして控えなかったのか理解出来ないねしかも、前半の3ハロンを34秒台で逃げているし、こうなったらどうしようもないねまさか内が伸びる馬場だと思わなかったけれど、この2番の馬番だから、もし控えていたらと思うと・・・次はジョッキーの乗り替わりだね

 勝った馬のマンハッタンカフェだけれど、かなり使いこまれていたけれどレオマイスターが、少し早めの平均ペースで逃げてくれたのが、良かったね時々大ぼけを食らわす、芹沢ジョッキーだけれど、今開催の福島競馬場の内が伸びるコースを把握していたのが、良かったねそれにしても、タフな馬だけれど小回りコースならしぶといね今回はペースも向いたし、ジョッキーも好騎乗小回りコースは今後も要注意

 2着には差しに徹したマイネルキッツが来たこの馬もよく頑張るねもう少しという所で重賞を勝てないね流れは向いたけれど、勝った馬を今回は褒めるべきかなしかし、この馬は直線の長いコースの方が本来は向いているしかし、最近は福島コースでもそれなりに対応しているねでも惜しかったね次走に期待かな

 3着にはグラスボンバーが、突っ込んで来た確かに福島コースは走る馬だけれど、今開催の福島コースは例年より見た目以上に芝が良い状態と聞いていただけに、今回は厳しいと思っていたけれど、道中は最内を追い上げてきたのには驚いたねやっぱり、福島コースでは押さえないといけない1頭だね

 4着にはフサイチアソートが来たけれど、東京コースの方が良いかと思ったけれど、充分に小回りに対応出来る走りを見せた4コーナーで先行集団に取り付いた脚はなかなか良かったこれで、小回りコースでも良いレースが出来そうだね今後は注意が必要かな今回は蛯名ジョッキーも外を回さずに良い騎乗だったと思う

 5着にはシャドウゲイトだけれど、最初のコーナーまで外を走らさせられていたからね最初のコーナーワークで外を走らせられたのが痛かった前で勝負する馬なだけにそこでのロスが響いたかな4コーナーでは大外を捲ってきたけれど、今回は捲るようね馬場では無かったねしかも、外にもたれ気味だったからねもっと逃げを主張した方が良かったかなでも、勝ち馬からそれほど、差は無かったし次走が楽しみだね

 他に気になった馬ではフィールドベアだけれど、レースが上手な馬だから今回のように内が伸びる馬場で、好位でレースを進める事が出来るこの馬にとっては、願ってもない舞台だったけれど、折り合いを欠いてしまった残念だね

 札幌記念を制したタスカータソルテはどうしたのかな58キロがこたえたのかなしかし、それにしても走らなさ過ぎだね長距離輸送が駄目なのかな札幌記念の走りをまた見せてくれると思うのだが、前走の天皇賞(秋)といい、連続して走らなかった次走に期待したいけれど、チョッと本命には今後推しづらいね
 
 僕が対抗に挙げたマイネカンナは、牡馬が相手だと厳しいかな牝馬限定のレースなら頑張れると思うそれに、もっと脚を矯めるレースをした方が良かったね2000Mはチョッと長い距離に思えるし、1800Mに良績が多いだけに、もっと末脚に賭けるレースをして欲しかったねでも、来年の福島牝馬Sは期待出来るかな(まだ、先過ぎる話だけれど

今年の成績
 的中率 102戦 12勝90敗 11.8パーセント
 回収率 641,600円使用 回収936,720円 146.0パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。




 
コメント (2)

競馬 マイルCS三連単的中 僕の本命は2着だったけれど、それの方が良かったね(笑)

2008年11月26日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ


 いや~万馬券的中証明書(上記)を貼り付けるのは気持ち良いねしかも僕の単穴▲のブルーメンブラットが、本命◎に挙げたスーパーホーネットを差してくれて、配当的には美味しかったよしかし、どうせならもう1頭単穴▲に挙げたファイングレインが1着で、3着にブルーメンブラットなら、もっと配当が高くついたんだろうなあ~
 いやいや、人間の欲望というのは怖いね滅多に馬券が的中しないのに、的中したとたんに欲望丸出しの人間になってしまったやっぱりもっと人間は謙虚にならないといけないね
 それでは、的中しても謙虚に反省をしようか (僕のマイルCSの予想も読んでください)

 まずは勝ったブルーメンブラットだけれど、実は昔からよく買っていた馬なんだある程度素質は評価していたからね3歳の時にはオークス秋華賞で本命にしていたからねしかし、この馬にとってラッキーだったのは石坂厩舎に移籍してからだねお陰で、この馬に乗るジョッキーも一流のジョッキーが乗れるようになったのも良かったねしかし、前走の府中牝馬Sの予想では、いつもは本命ぐらいの評価をするのに人気しそうで要らない馬で斬ってしまった本当に馬鹿な予想をしたもんだねしかし、あの時の末脚の鋭さはやはりGⅠ級だったからね結果的には府中牝馬Sの反省が活きたねそれにしても、道中はインコースでじっと我慢をするレースわずかに開いたスペースを前走の府中牝馬Sで見せた末脚の鋭さをまざまざと見せ付けたねしかも、内側は馬場が少し荒れていたけれど、パワータイプの馬でもあるこの馬には荒れた馬場でも平気だったね次走は僕の気持ちとしては、引退して繁殖牝馬として頑張って欲しいね今が競走馬として充実期を迎えた気もするけれど、さらに重要な仕事(繁殖)が待っているもし、ブルーメンブラットの子供がデビューしたら、きっと応援するだろうなだから競馬は辞められない

 2着にはスーパーホーネットが来た正直この馬が勝つと確信していたけれど、唯一不安だった大外の枠がこれほど響くとは思わなかった1000M57.9秒という平均ペースというか、逃げ馬には厳しい流れしかし、おもったよりも団子状態になったのが、この馬には痛かったしかし、3コーナー過ぎてから、堂々と大外を回る横綱競馬を実践して魅せた一旦は先頭に踊り出たが最後に勝ち馬に出し抜けを食らわせられたね1番人気の馬で馬群に突っ込むのも勇気がいるし、矢作調教師が言っていた横綱競馬は出来た次走は香港マイルだけれど、ちょっと輸送や、レースを連続で使うと不安な馬だけに香港マイルでどんなレース結果を出してくれるかわからないけれど、頑張って欲しいねそして、来年もマイル(1600M)戦線をわかす主役の1頭として頑張ってほしいね

 3着にはファイングレインが突っ込んでくれたカンパニーの追撃を振り切って有難う1600Mに不安があったみたいで、人気がなかったけれど僕は1600Mは、NHKマイルで2着と好走しているし、不安は無かったそれよりも、好材料がこの馬には揃っていたからねこの秋は59キロを背負わされることが多かったけれど、57キロの2キロ減の斤量は少しはアドバンテージだと思ったし、しかも調教は抜群の動きそして、陣営は2番という内枠を不安視していたようだが、僕にとっては買う完全な好材料だったね1番のローレルゲレイロは、前の方に行くのがわかっていたし、3番の外隣のズズカフェニックスは出遅れると思ったし(結果的には出遅れなかったが)自然に好位のしかも絶好のインで脚を矯められると思ったからねでも、これでこの馬も1200Mだけでなく1600Mも使えることがわかったから、陣営も選択肢が増えたねしかし、この馬はGⅠ馬だからね今後もレースで59キロを背負わされるだろうそうなると今後は重い印はつけられないね

 4着にはカンパニーが来たけれど、正直4着で有難うだね天皇賞(秋)の追い込みを見たら、この馬の方がスーパーホーネットよりも強いかもと正直思うところもあったしかし、この馬は使い込んで良くなる馬でもないし休養明け3走目がこの馬には厳しいと思ったその点スーパーホーネットは、今回2着に負けはしたがいい状態をキープできたと思うこの馬は来年も現役を続行するのかな年齢的に今が7歳なだけに、しんどいと思うけれどねでも、休養明けでぶっつけでGⅠレースに使った方が良い馬かも知れないね

 5着にはローレルゲレイロが来た正直今回の流れなら逃げた方が良かったかもしれないねでもこれは結果論だねコンゴーリキシオーが、控えたからね正直もっと上がりの3ハロンが35秒台になるレースを予想していたけれど、34秒台の切れ味の鋭い末脚を持った馬が上位を占めたからね前走が2、3番手に控えて好結果を残し、今回は更に休養明けを叩いて絶好調だったからねしかし、GⅠレースになるともうワンパンチ何かが足りないねこの馬は次走は香港のスプリント(1200M)に出走するけれど、香港のスプリンターの馬たちはは正直恐ろしいほど強いからねこの馬でもスピード負けすると思うしかし、頑張って欲しいね

 後はスズカフェニックスだけれど、まったく伸びなかったねこの秋は去年のインフルエンザの影響も無く期待されたけれど、ついに引退の文字が出てしまったね今後は種牡馬として頑張って欲しいね

 それと3歳馬のスマイルジャックショウナンアルバだけれど、チョッと両方とも期待外れスマイルジャックはこの距離でも折り合いを欠いていたねそれと1600Mをこなすスピードがないだけに、距離はもうチョッと長い方が良いと思う折り合いを欠くのはいつものことだからね差し馬に転向しても、それほど切れる脚は使えないと思う1800~2200Mまでのレースでしぶとく先行するレースが合っていると思うけれどね

 最悪の予想をしてしまった福島記念の反省は明日に更新しますよろしければ、そちらも見てください

今年の成績
 的中率 101戦 12勝89敗 11.9パーセント
 回収率 634,800円使用 回収936,720円 147.6パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今週の2つの重賞で今年の回収金額を百万円にできるかな今週も特にジャパンカップは的中させたいね



 
コメント (2)   トラックバック (1)

競馬 東京スポーツ杯2歳S反省 やっぱり2歳の重賞は難しいね

2008年11月26日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 2歳の重賞だけれど、やっぱり難しいねやっぱりキャリアの浅い2歳戦ともなると、重賞といえども難しい
 僕の本命馬のブレイクランアウトだけれど、前走は不利が大きかったけれどかなりの能力は感じたけれど、2着に終わってしまったでも、今回のレースを観て自分なりに収穫があったのも確か
 正直なところ今年の牡馬も牝馬も2歳の馬がよくわからなかったけれど、チョッと自分なりに見えてきた部分もあった
 それではレースの反省をしようか
 勝ったのはナカヤマフェスタだけれど、レースセンスは抜群だね新馬戦も内で揉まれながらも、外へ出した時の瞬発力は確かに目を見張る物があった今回も好位につけて、直線は蛯名ジョッキーブレイクランアウトが、相手だと思っていたのだろう追い出しのタイミングがバッチリだったそれにしても、この馬のお父さんはステイゴールドステイゴールド自体は、遅咲きの馬で7歳まで走って、最後のレースで香港ヴァーズで勝って、やっとGⅠホースになった馬しかし、子供は2歳の早い時期から走るねしかし、このナカヤマフェスタは、新馬戦で瞬発力のあるところを見せたし、今回のレースでは勝負根性も備えているしかし、この馬はセレクトセールで1000万円で競り落とされたんだねそれにしても、随分と安い買い物だったね今後もこの調子なら活躍も充分見込める後は気性的に燃える面があるみたいだけれど、それが良い方に出れば来年のクラシックを沸かす存在になるだろう
ステイゴールド 旅路の果てに [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 2着に僕の本命馬のブレイクランアウトが来たこのスローペースを後方で折り合いに専念したのか、前走のラストの追い込みを見て後方からの位置取りを選択したのかわからないけれど、展開は向かなかったけれど最後は勝ち馬とマッチレースに持ち込んだけれど、最後は勝ち馬が追い出すと差が詰まらなかったね勝った馬が強かったねしかし、この馬もこれからどう成長するかわからないね今後が楽しみな馬だ厩舎も今は関東の若手の新進気鋭の戸田厩舎なだけに、今後に期待が持てるまだ、話は早過ぎるけれど来年のNHKマイルを目標にすれば良いと個人的には思う父が短距離血統のミスタープロスペクターの子供だからね今回は1800Mだったけれど、1600Mの方が今後は合うんじゃないかなこの馬も今後が楽しみ

 3着にはサンカルロが、来たチョッと折り合いの難しいタイプだねしかし、スローペースなだけに、これぐらい引っ掛かる馬の方が逆に相手のレベルが上がり、ペースが速くなった方が能力を発揮できそう道中は馬込みの中で我慢をさせ、勝ち馬と2着馬が直線では近くにいたが、並びかけそうな所まで行ったが、最後は折り合いを欠いた分の負けと言えると思うしかし、今回は折り合いを欠いたけれど距離はもっと伸びてもこなせると思う新馬戦で出遅れて、好位に取りに行ったレースが今回響いたかもしれないねしかし、今回は馬が行きたがるのを我慢させるレースをしたから、そのことが次走以降に行きたくるかもしれないね

 4着にはダノンカモンが来たけれど、スタートが悪くて最後方に近い位置取りから前走は今回の2着馬のブレイクランアウトに勝ったけれど、今回はブレイクランアウトには勝てないと思ったけれど、やっぱり負けてしまったね途中伸びそうな勢いもあったけれど、最後は止まってしまったところを見ると距離も長いのかな距離適正については、まだ2歳だからねもうチョッと見てみたい馬だね

 まだこれから、強い2歳馬もデビューしてくると思うし、今年のダービー馬のディープスカイみたいな、3歳になってから強くなってくる馬も出てくるかもしれない今年の2歳馬が3歳になった時、どんなレースをクラシック戦線で魅せてくれるのか、今から楽しみにしている僕は本当に競馬好きだね

今年の成績
 的中率 100戦 11勝89敗 11.0パーセント
 回収率 627,600円使用 回収882,740円 140.7パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今年100戦目を的中出来なかったのは残念ですが、しかし回収率が100パーセントを超えているので、結果としては良いのかな




 
コメント

競馬 福島記念予想 大荒れ必死のメンバーだね

2008年11月23日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今日のマイルCSは、うまく三連単を・・・おっと明日も競馬があるんだ僕は夜の0時半から仕事だけれど、レースは生で観られるわけだ
 とりあえず福島記念を、全力で予想しよう正直に言って、ローカル重賞は苦手何がやって来るかわからないし、しかもハンデ戦となると予想するのが無駄になることが多いからね
 チョッとブログの更新が自分でも多いと思うけれど決して僕は暇な人間ではないからねこれでも、仕事も生活も忙しいしかし、福島記念も的中させて、この三日間はがっぽり稼ぎたいね
 展開は結構はそんなに早くなると思わないけれど、平均ペースかなしかし、1000M通過が59秒ぐらいだと思うねマンハッタンカフェが逃げるか、それともシャドウゲイトが外から逃げるかももしかして、最内枠のキャッチータイトルが、最軽量を活かして逃げるかもしかし、3コーナーから捲って来るのが、福島コースの特徴恐らく最もハンデを課されたタスカータソルテが、大外をまくって来そうだねそのタスカータソルテの捲りに、付いて来た馬が勝つと思うねそれと、結構僕の目には土曜日の芝のレースを観ていると、外からの差し馬もチャンスありそうだけれどねそれと、ギリギリ馬場の良い真ん中から伸びてくる馬はいるのかな
 それでは、馬印と各馬のコメントを
 ◎ 2 レオマイスター
 ○ 6 マイネカンナ
 ▲ 9 タスカータソルテ
 ▲11 ブレーブハート
 △ 1 キャッチータイトル
 △ 3 フィールドベア
 △ 7 スウィフトカレント
 × 8 サクラオリオン
 × マイネルキッツ

 人気しそうで要らない馬
  4 マンハッタンスカイ
 12 シャドウゲイト
 
 僕の本命は2番のレオマイスターだが、3歳牡馬なのに菊花賞には目もくれず確かにこのローカルに向かってきたのは、良い方向い進むかもしれない福島コースは3戦して2勝2着1回というパーフェクト連対それに、NZランドTで、僅差の5着があるだけに、小回りコースは得意なのかも知れないねしかも、斤量の53キロは恵まれたハンデスタートがそれほど良い馬ではないから恐らく後方からのレースになると思うけれどタスカータソルテを見ながらのレースになるだろうから、レースはしやすい大外から他の馬を捻じ伏せるか、馬群の間を突っ込むかこの馬の差し切り勝ちに期待したいね

 対抗は6番のマイネカンナを挙げたい牝馬限定とはいえ、福島牝馬Sを勝っている休養明けを叩いて福島記念というのも良いローテーションただ、1800Mは得意だけれど2000Mになってどうかだけれどあの差し足を見た感じでは折り合いさえ付ければ、かえって距離が200M伸びただけならこなせるだろう恐らくこの馬は馬群に突っ込むだろうね開いたスペースを見つけて、そこに飛び込んで来れるかな

 単穴は2頭挙げよう
 まずは9番のタスカータソルテを挙げたいね前走の天皇賞(秋)は坂が駄目なのか、長距離輸送が駄目なのかもしも、長距離輸送が駄目だったら今回のレースは心配だね本当は実力はこの中なら一番だと思うけれど、色々心配はあるからねそれに、トップハンデの58キロはチョッと気になるしかし、大外から他の馬を捻じ伏せる力を持っている可能性もあるけれど、ジョッキーの松田ジョッキーが、まだ重賞を勝っていないからねそれなのに凄い馬に乗せてもらえるんだねだから、あんまり勝つイメージがわいてこないけれど、馬の力を信じてここは、勝つかも知れないね

 もう1頭が11番のブレーブハートジョッキーも勢いに乗っているしねしかもこの馬は良血馬なだけに、引退するまでに重賞を1つぐらい取らせてあげたいねしかし、3走前の同じ福島コース2000Mで、ココナッツパンチを降した追い込みは展開にも恵まれたけれど、凄い脚だったね今回もその再現を狙っているかな

 それでは勝つのは厳しいが、2着に来ても不思議でない馬を挙げよう
 まずは1番のキャッチータイトルだけれでど、51キロの最軽量馬しかも、先行しそうだし、怖い1頭だと思う福島コースも得意部類だし、大穴を開けるならこの馬かも

 次に3番のフィールドルージュだけれど、本命馬にするには頼りない馬だからねGⅠ戦線では厳しいということで、ローカル重賞に狙いを定めてきたけれど、ここに入っても力上位で、レース運びはうまいから福島コースは合うだろうしかし、馬場の悪い内に4コーナーでタスカータソルテの、捲りしだいでは内に閉じ込められる可能性もある勝つとなると厳しいと思うけれどね本当はこの馬の2着固定のフォーメーションで買うのが良いかもしれないね

 次に7番のスウィフトカレントを挙げたいね最近はダートを使われることが多いけれど、この馬は芝向きだと思う流石に年齢的に上積みは厳しいかもしれないが、もしかしたろこの馬が3コーナーから捲りをうって来るかも知れないねそれとも、タスカータソルテの後を追いかけるか展開には恵まれそうだねしかし、昔はGⅠレースで2着に来た事のある実力馬だがその頃の能力が無くても、この相手なら期待を抱かせる

 次に三着なら来ても不思議でない馬を挙げよう
 8番のサクラリオンだけれど、ジョッキーの北村友が、最近はよく勝つシーンを目にする今年は重賞も勝てたしねしかし、この馬は条件戦を勝ってオープン入りした所で、しかも休養明け常識的には狙いづらいが、ハンデも手頃一応三着にマークしておく

 そして最後に13番のマイネルキッツだが、チョッと枠が外過ぎるのが残念この枠だと外を回らせられるかなしかも、捲ってくる馬に対して怯む可能性もあるレースが上手なだけに内の枠が欲しかったと思うしかし、実力はGⅢぐらいの重賞なら通用するのは証明済み3着にはマークしておかないといけないね

 人気しそうで要らない馬
 4番のマンハッタンカフェだが、先行力があって小回りの福島コースは合っていそうだけれど、最近は粘りがないねスローペースよりは平均のラップを刻んだ方が良い馬だから、今回は逃げると思うしかし、3コーナーから流れが急に早くなると、最近の粘りの無さでは不安を隠せないここは斬らさせていだだきます

 もう1頭のシャドウゲイトだけれど、この馬も最近はダートを使われたりしているけれど、やはり芝の馬しかし、この馬は恐らく2番手でレース運びすると思うけれど、やはり3コーナーから捲りを他の馬にうたれたら、厳しいねチョッと展開的に無視の出来ない馬なだけに、この馬をみんな早めに捕らえに来ると思うここは斬ってしまう

買い目 三連単フォーメーション
 1着 2
 2着 1、3、6、7、9、11
 3着 1、3、6、7、8、9、11、13

買い目 三連単フォーメーション
 1着 6、9、11
 2着 2
 3着 1、3、6、7、8、9、11、13

買い目 三連単フォーメーション
 1着 6
 2着 1、3、7、9、11
 3着 2                       合計68点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。


 

 
 
コメント

競馬 マイルCS予想  面白いメンバーが揃ったね

2008年11月22日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 マイルCSだけれど、面白いメンバーが揃った実績馬に新興勢力そして、実力のある牝馬、また3歳馬はどれだけやれるか興味は尽きないね
 そういえば、先週矢作調教師が通算100勝を達成したこの現役調教師の中で、最速の100勝達成これは本当に素晴らしい記録です
 さて、マイルCSだけれど、コンゴウリキシオー陣営の逃げ宣言そして、マイネルレーニアも、逃げたいとなると、ここはハイペース必至だろう恐らく前半3ハロンを34秒台前半、もしかしたら33秒台に突入か1000M通過もも57秒台に突入するかもしれないいずれにしろ、前の馬には厳しい展開になりそうなだけに、差し馬に勝つチャンスだねしかし、先行馬にも調子の良さそうな馬が多いだけに注意しないと
 それでは、馬印と各馬のコメントを述べよう

 ◎ 17 スーパーホーネット
 ○ 16 カンパニー
 ▲  2 ファイングレイン
 ▲  7 ブルーメンブラット
 △  1 ローレルゲレロ
 △  6 ショウナンアルバ
 △ 10 ラーイズアトーニー
 ×  4 マイネルレーニア
 × 11 リザーブガード
 × 12 キストゥへブン

 人気しそうで要らない馬
  3 スズカフェニックス
 13 サイレントプライド

 僕の本命は17番のスーパーホーネットやはり、天皇賞(秋)を勝つウオッカを差し切った前走の脚は去年よりも更にパワーアップしている確かにGⅡのレースは勝つけれど、GⅠレースになると脆い面を見せる時もあるが、今回は天皇賞(秋)を見送って毎日王冠からマイルCSに向かうローテーションは大歓迎そして、先述したようにこの馬の調教師は今は勢いに乗っている矢作調教師ジョッキーも年々存在感を見せ付けている藤岡佑介ここは、馬、調教師、ジョッキーと初GⅠレース制覇のチャンス恐らく位置取りは中団くらいだろう17番は外過ぎるが、京都の1600M外回りコースで、しかもペースも速くなりそうでこの馬向きここは、最大のGⅠレース初制覇のチャンスが巡ってきた

 対抗には16番のカンパニーを挙げざるを得ないかな前走の天皇賞(秋)は、惜しい4着だった後方からの末脚は切れたあの末脚が、今回も使えるのなら本命馬と互角の扱いだしかし、やはり天皇賞(秋)の劇走は気になるねしかも、お年寄りの部類に入ってきた7歳馬どちらかと言うと叩き良化タイプとはいえないだけに、このローテーションは不安だねしかし、今年に入って脚質に幅が出てきたでも、今回は直線一気のレースをジョッキーの横山典弘は示唆しているこの馬もGⅠレース初制覇のチャンスが訪れてきた

 単穴には2頭挙げよう
 まずは、2番のファイングレインを挙げたいね去年の高松宮記念までは、1200Mで破竹の3連勝でGⅠレースを制覇したそのお陰で59キロを背負わされることの多かったこの秋のレースは不振続きしかし、前走のスワンSでは少しながら復活の兆しが見えた今回は調教の動きは良かったそして陣営はこの内枠を嫌う発言をしていたが、僕はこの馬にとって絶好枠だと思う内隣のローレルゲレイロはスピードがあるから、前に行くそして、外隣のズズカフェニックッスは出遅れるだろうそうなると簡単に好位を取ることが出来るし、最内から伸びて来るシーンも僕には想像出来るのだが1600Mも元々不安が無い距離人気が下がってくれて僕にはありがたいね

 もう1頭が前走の府中牝馬Sを豪快に馬群を突き抜けてきた7番のブルーメンブラットだねあの末脚は、牡馬を相手にしてもGⅠ級だ元々休養無しで走り続けている頑張り屋さん前走は休養明けを叩いて、更に調子を上げているだろうしかし、末脚勝負をジョッキーの吉田豊は考えているだろうそうなると、スーパーホーネットの後方からのレース運びで差せると思えないし、カンパニーが調子の良さを維持していたら、チョッと厳しいかなしかし、もしかしたら、この馬が強かったという結果を考えて勝つチャンスあるだろう

 それでは勝つのは厳しいが、2着ならありえる馬を
 まずは1番のローレルゲレイロだけれど、逃げないと駄目な馬だと思っていたのが、前走はのスワンSでは、2、3番手で2着と好結果を残した調教の動きは抜群だね前走の骨折による休養明けを叩いて、今回は上積みを見込める位置取りはコンゴウリキシオーマイネルレーニアの逃げ争いの離れた3番手を進むのかな展開はこの馬が1番向く可能性があるが、流石に今回は差し馬に切れ味のある馬が多い何かに差される可能性が高いだろうねそれと人気しそうに無い馬が早めに並びかけてきそうだサイレントプライド、スマイルジャックあたり)ここら辺の馬をどう捌くかも難しい所だね

 次に6番のショウナンアルバだけれど、3歳馬ではスマイルジャックよりも、こっちの馬の方が期待が持てそうだ前走は直線で不利もあったので、残念だったが折り合いは合格点だろうこの馬は春は皐月賞(2000M)、日本ダービー(2400M)は距離が長かったねやはり、1600Mの今回のレースは能力を最大限に発揮できる距離だと思うしかし、勝つまでは厳しいと思うけれどねスパーホーネットを差し切るとは考えづらいからねでも、ある意味今後のGⅠ路線で活躍できるかどうか、試金石の一戦になるね

 最後にカナダからの刺客である10番のラーイズアトーニーを挙げようチョッと人気が低すぎるかもしれないね2走前のカナダのGⅠレースでアメリカの強豪馬を破っているしかも、1600Mのタイムで1分33秒9の持ち時計があるヨーロッパの馬なら印を付ける気が起こらないが、カナダの馬場は日本の馬場と似ている所があるだろうレースは好位から進めるだけに、後はスピードが付いていけるかどうかだねその点で勝つのは厳しいと思うが、実力馬であるのは確かしかも、今回のレースに勝つと一億円のボーナスが入ってくる権利を持っている当然勝ちを狙っているだろうチョッと不気味な1頭だね調教は僕がVTRで見た限りは動きはそれほど悪くなかったでも、馬体重のわりに小柄な馬に見えたけれどねでも、ここは実績馬なだけに注意が必要だと思う

 それでは三連単の端っこ(三着)に来ても不思議では無い馬を
 まずは4番のマイネルレーニアを挙げたいね最近の充実振りは調教にも表れているしかし、逃げがベストな馬なだけにコンゴウリキシオーの存在が気になるね距離も1400Mがベストなだけに、最後何処まで踏ん張れるかだけれど、今の充実振りなら少々ハイペースでも3着に粘る可能性は充分たとえ、2番手に控えたとしても、折り合いを欠いたりするような惨敗は考えられないと思うしかし、1600Mの外回りを粘るのは大変だが三着にはおさえないとね

 次に11番のリザーブガードを挙げておきたい前走の富士Sでは、追えたのが正味1ハロンだけもう少しスムーズにレースを進められたら、勝っていたのではないかここは、三着には押さえたいね

 最後に12番のキストゥへブンを挙げる前走は東京の1800Mはこの馬には長かったかなチョッと伸びが物足りなかった今回はハイペースになる可能性が高いと思う展開の恩恵を受けそうだここは3着なら充分可能性あるだろう

 次に人気しそうで要らない馬について
 まずは3番のスズカフェニックスだけれど、恐らくスタートで遅れるだろうそして、最近はダッシュもつかないみたいだ逆に今なら1600Mの距離が合っていると思うが、やはりもう少し鋭い脚を去年は使えた今年はもう一つ鋭い脚に欠けるねそこそこは来ても3着までには来ないだろう

 もう1頭13番のサイレントプライドが穴人気しているけれど、前走は他の馬に不利を負わせての勝利前走の勝利を鵜呑みにしてはいけないここは斬ってもいいだろう

買い目 三連単フォーメーション
 1着 17
 2着 1、2、6、7、10、16
 3着 1、2、4、6、7、10、11、12、16

買い目 三連単フォーメーション
 1着 2、7、16
 2着 17
 3着 1、2、4、6、7、10、11、12、16   合計72点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 

  


 
 
コメント (2)

競馬 東京スポーツ杯2歳S予想  チョッと軽く予想します

2008年11月21日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今週はマイルCSがある
 しかし、その前に軍資金というわけでは、ないけれど2歳の重賞東京スポーツ杯2歳Sがあるチョッとこのレースを予想しよう
それでは、いきなり馬印と各馬のコメントを
◎ 2 ブレイクランアウト
▲ 3 メイショウドンタク
▲ 4 スズカワグナー
△ 5 ナカヤマフェスタ
△ 6 サンカクロ
△ 9 ダノンカモン
△11 ピサノシンボル
× 7 バックハウス
×13 ヒラボクエクセル

 僕の本命は2番のブレイクランアウト前走は好スタートから好位をキープしながら、直線で詰まる不利で、一旦は最後方まで下がるロスしかし、そこからの脚は、その時の勝ち馬のダノンカモンを上回っていた今回はダノンカモンより、上位にくるしかも、前走まで乗っていた岩田ジョッキーが、東京で乗れるのに、武豊を乗り役に変えたところにこのレースに対する意気込みを感じるここは、本命だ

 単穴に2頭挙げよう
 まずは3番のメイショウドンタクだが、小倉デビュー組ではナンバーワンの評価前走の萩Sでは、焦れ込みがきつくレース前に終わってしまったが、今回は焦れ込み対策は充分とのことここは、僕の本命を逆転するかも

 もう1頭が2戦2勝で、すでに1800Mを経験している、4番のスズカワグナーもしかしたら、この馬が逃げるかも内枠有利の東京1800Mで、自然に逃げる形になってもおかしくないしかも今週からCコース使用だ荒れた内の馬場をカバーしているだけに、前々でレースをすれば、実はこの馬が1番強かったという結果になったりするかも

買い目 三連単フォーメーション
  1着 2
  2着 3、4、5、6、9、11
  3着 3、4、5、6、7、9、11、13

買い目 三連単フォーメーション
  1着 3、4
  2着 2
  3着 3、4、5、6、7、9、11、13  合計56点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 実は明日は土曜日で普段は休みだけれど、いきなり仕事が入ってしまいました残念ながらレース中は仕事をしていそうです
コメント   トラックバック (1)

映画 マグノリア(1999) 10人以上による群集劇、嘘!と思った瞬間・・・

2008年11月20日 | 映画(ま行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 大昔の映画でグランドホテル(ブログに掲載)という、映画があった内容は偽者の金持ち、会社の社長、残りわずかな命の老人たちが、世界一高級ホテルのグランドホテルを舞台に多くの登場人物の姿を描いた名作があったそれ以来、多数の人物が出演して誰もが主役の映画をグランドホテル形式と呼ばれるようになった
 そして、今回紹介する映画はマグノリアは、まさにグランドホテル形式と呼ぶにふさわしい、10人以上による群集劇簡単に内容を説明しよう
 1人1人を紹介していたら、恐ろしく長い文章になるからね

マグノリア コレクターズ・エディション

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 場所はロサンゼルス郊外、雨の日であるが、大人子供のクイズ番組をしている
 実はここに出てくる10人以上の人物が、一見まったく無関係のように見えるが・・・今、まさに死に瀬戸際にあるテレビプロデューサーのアール(ジェイソン・ロバーツ(画像下右))が、看護士のフィル(フィリップ・シーモア・ホフマン)に長い間会っていない息子に電話してくれと頼んでいるアールのの後妻であるリンダ(ジュリアン・ムーア(画像下左))は、財産目当てで、アール(ロバーツ)と結婚したのだが、彼が死に瀕している今は、愛情に変わっていた彼女は彼の薬を大量に飲み、自殺を図る

 その時、フランク(トム・クルーズ(画像下)は、世の中のモテない男性に対して女性と付き合う方法を、伝授していた実はフランク(クルーズ)は、アール(ロバーツ)の息子であり、フランク(クルーズ)は父親に対して確執があり長い間出会っていないしかし、フランク(クルーズ)は父のアール(ロバーツ)が死に瀕していることを聞き、仕方なく会いに行く

 また、アール(ロバーツ)が手がけた、大人子供のクイズ番組の司会者のジミー(フィリップ・ベイカー・ホール(画像下)は、癌で命が短いことを知っているが、疎遠になってしまっている娘のクローディア(メローラ・ウォルターズ)に会いにいくが、門前払いしかも、クローディア(ウォルターズ)は、麻薬に嵌っている

 そんな所へ怒鳴り声が聞こえたとの通報を聞いた警察官のジム(ジョン・C・ライリー)は、クローディア(ウォルターズ)の部屋を訪ねるが、ジム(ライリー)とクローディア(ウォルターズ)は仲良くなるが、クローディア(ウォルターズ)に、自分が麻薬中毒であることを言い出せないために、真面目な警察官であるジム(ライリー)と付き合うことが出来なかった
 そして、ついに大人子供のクイズ番組みが始まった昔、この番組に子供チームで出場していた天才的な子供で、今はバーのマスターを好いているゲイであり、会社をクビにされたドニー(ウィリアム・H・メイシー)が、この番組を観ている/ee_2/}
 しかし、番組は子供チームの天才少年であるスタンリー(ジェレミー・ブラックマン)はオシッコをもらし、司会者のジミー(ベイカー・ホール)が、癌の影響で倒れてしまう
 そんな、多人数の不幸さを浮き彫りにしていたが、大雨が降ってきたと思ったら、嘘みたいな出来事が起こる
 その出来事は映画を観てくださいしかし、この驚くような出来事により、不幸な人々たちはやがて満ち足りたひと時を迎える
 この大人数のキャストをうまく捌いた監督は、ポール・トーマス・アンダーソンで、僕が絶賛したゼア・ウィル・ビー・ブラッド(ブログの記事に掲載)の監督だそれにしても、ゼア・ウィル・ビー・ブラッドは人間の欲望を描いた作品で、面白いか?と聞かれれば面白くは無いと答えてしまいそうだ(良い映画だけれどね
 しかしマグノリアは、3時間を越える長い時間の映画だが、面白さは充分だ特に大スターであるトム・クルーズの怪演が、笑わせるねしかし、群衆劇の欠点だけれど、出演者がゴチャゴチャにならないように、3時間気合いを入れて見ないと駄目だよ僕はこの映画は観て欲しい映画で、お勧めだけれどね

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



 
 
 
コメント (2)

競馬 エリザベス女王杯反省 僕の予想はまったく駄目だった(泣)

2008年11月18日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 それにしても、今回の僕のエイリザベス女王杯の予想は、全然駄目だったねしかし、もう少し雨が降ると思っていたけれど、前日に予想するのは天気が難しいね
 ちなみに僕の本命馬のドイツの馬である、フェアブリーズだけれど、本命にするほどの実力が無かったせめて、もっとが降ってくれれば、もう少しだけ良いレースが出来たかもしれないでも、この馬を本命にしてしまったのは、反省しないといけないね

 それでは、勝ったリトルアマポーラだけれど、今回出走する3歳牝馬の中では1番上位に来るかなと思ったけれど、まさか勝つとわね正直、今年の3歳牝馬はレベルが低いと思っていただけに、チョッと意外だったねしかし、いつもスタートが悪い馬が今回は好スタートを切るし、いつも勝負所の4コーナーでは、反応が悪いのに今回はどういうわけか、4コーナーから直後にいたカワカミプリンセスを、引き離したからねこれも、ルメール騎手の腕がそれまでの主戦ジョッキーだった武幸四郎よりもうまかったということかな前走の秋華賞が、休養明けにしては内容は良かったからね馬自体も調子が良かったんだろう

 2着のカワカミプリンセスは前過ぎず、後ろ過ぎず良い位置取りだったと思うしかし、以前のカワカミプリンセスなら、勝っていたと思うけれど、勝負所の4コーナーでつけられた差がそのまま出てしまったねそれにしても、横山典弘ジョッキーは、どんな馬を乗っても2着が多いね穴馬を乗っても2着本命馬でも2着今週のマイルCSも2着の可能性が高いかな

 3着にはベッラレイアが来た去年よりも切れ味が悪い気がしたねやはり、ちょっと湿った馬場のせいもあるかなしかし、位置取りはちょうどカワカミプリンセスをマークする形の絶好の位置取りだったけれど、追い比べで差を詰めてきたのは流石だねしかし、追い出してからの反応が少し鈍いかな差を詰め田と言っても、最後の最後にだからねしかし、今回はうまくスタートを切れたのは収穫だね

 4着にはマイネレーツェルが来たけれど、いつもより前でのレース運びには驚いた小柄な馬だけに馬体減は痛いけれど、前走の秋華賞が負け過ぎしかし、4着といっても、3着の馬からはだいぶ離されているからねしかし、この馬は放牧に出して、もうチョッと馬体を大きくする必要があると思うねそうすれば、更に成長すると思うけれどね来年、再来年と無事に行けば期待の持てる馬だと思う

 5着にはレインダンスが来たけれど、ようやく復調の気配が見えたところだね去年の秋華賞では、ウオッカや、ベッラレイアを押さえて2着に入っているだけにこの結果に物足りなさもあるしかし、血統的にまだまだ活躍が見込める馬恐らく夏場から調子を上げてくる馬かもしれない春は駄目な馬かもしれないね来年もエリザベス女王杯に出走してくるようなら、伏兵扱いかも知れないけれど、今年より良い状態で迎えられたらチャンスあるかもしれない

 他に気になった馬は、桜花賞馬レジネッタだね秋華賞もそうだったけれど、最後の桜花賞の時の末脚がすっかり消えてしまったチョッと疲れがあるかも知れないねでも、来年はまずはヴィクトリアマイルだと思うけれど、そこまでには立て直して欲しいね

 それと、ポルトフィーノだけれど、確かに予想の段階で人気しそうで要らない馬に選んだけれど、このような形で終わるとはしかし、滞在能力はかなりあるはずもう少し気性的に大人になれば、今後成長が見込めるだろう

 今週はマイルCSだけれど、外国馬も出てくるし、3歳牡馬も出てくる楽しみな戦いになりそうだけれど、レベルの低いと思われた3歳牝馬が今回は勝っただけに、マイルCSも3歳牡馬が頑張るかもしれないねしかし、マイルCSは、古馬の層が厚いと思うけれどね

今年の成績
 的中率 99戦 11勝88敗 11.1パーセント
 回収率 622,100円使用 回収882,740円 141.9パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
コメント (2)   トラックバック (2)

競馬関係 武豊TVを観る(面白いよ!)

2008年11月17日 | 競馬関係
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今日は、パソコンで武豊TVを観ていた
 番組は見栄晴のナビゲートで、武豊が、レース回顧する番組です
 スカパーなら簡単にみられるけれど、僕はスカパーに入っていないのでパソコンで見るしか仕方ない
 結構競馬のヒントになることをたくさん得られるし(自分は活かしきってませんが・・・)、競馬の裏話も聞けるたまにジョッキーが、ゲストで来るしね
 パソコンで見たい人はhttp://www.showtime.jp/とりあえず、こちらのアドレスからしかし、有料なのがチョッと残念
 しかし、昨日のエリザベス女王杯は、後味が悪かったいきなりのゲートで、ポルトフィーノに騎乗の武豊が落馬するアクシデントどうやら武豊自体は、大した怪我も無かったようだが、ポルトフィーノで、どういう競馬を魅せるか楽しみだっただけに残念
 ちなみに僕はエリザベス女王杯の予想で、ポルトフィーノ人気しそうで要らない馬で、斬っているから直接僕の馬券には関係なかったけれど、僕の本命馬のドイツの馬は、全然ダメだった明日にエリザベス女王杯の反省をします
 恐らく明日のエリザベス女王杯の反省の記事は反省ばかりの記事になりそうです
 ちなみに今週はマイルCSが行われますが、外国馬がカナダから参戦してくるカナダの馬場は日本の馬場と似ているみたいで、フランスの競馬場より速いタイムが出るしかも、2走前にGⅠレースを勝っているが、アメリカの強豪を相手に勝っていることから、今度の外国馬は軽視は禁物良馬場でも対応出来そうな馬だと思う
 競馬は、エンドレス今週は駄目でも、来週があるエリザベス女王杯の予想は非常に恥ずかしい予想をしてしまったけれど、マイルCSはしっかり予想しますので、また観に来てください
 今週は2歳戦の重賞を含めて、3つも重賞があるしかも、3日連続の変則開催競馬ファンにとっては、たまらないね今週は頑張って3つの重賞を的中させたいですね

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。




コメント (2)   トラックバック (1)

競馬 エリザベス女王杯予想 今年は天気や外国馬の参戦で予想が・・・?

2008年11月15日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今年のエリザベス女王杯だけれど、天気はかなり微妙しかし、恐らく午前中は雨が続くと思うので、エイリザベス女王杯の出走時間の馬場は、渋っていると思う良馬場だったとしても雨の影響は多少残るかなしかし、道悪が不得意な馬は減点した方がいいが、道悪が得意な馬にとってプラス材料になるほどの馬場にはならないと思う
 後は展開だけれど、恐らく逃げるのはコスモプラチナだろう1000M通過は59秒台に突入か2番手にビエンナーレか、今年の2戦だけ見たらカワカミプリンセスが2番手に付けるかも
 それと、ポルトフィーノの折り合いの付き方次第では、この馬が逃げるのかなこの馬が逃げたら、差し馬にチャンスが出てくるしかし、中団もしくは最後方近くからのレースも考えれれるただ、言えることはスローペースにはならないと思う今日の京都の芝のレースを観ていたら、先行する馬は内を通っているね明日(11/16)になれば、芝の状態がどうなるかわからないけれど、好位からレースを進める馬がやはり有利だね4コーナーまで我慢しての大外を直線一気のレースは決まらないだろう
 それと、今年の3歳馬牝馬のレベルは低いね3歳牝馬は殆ど斬って良いだろうしかし、3歳牝馬でも、チョッと底の見えない馬もいるそういう馬は2、3着に押さえといた方が良いね
 後は外国馬の収拾だけれど、今回の牝馬の日本馬のレベルを考えると、外国馬は2頭ともチャンスあるだろう今年のフランスの3歳牝馬戦線はレベルが高かった凱旋門賞では、無敗の3歳牝馬(サルガヴァ)が誕生したし、アメリカのブリダーズCでも、BCマイルでフランス3歳牝馬のコルディコヴァがアメリカの牡馬たちを蹴散らしてしまった今回そのレベルの高いフランスの3歳牝馬が来るねそして、ドイツからもフェアブリーズという馬がやって来る前走のフランスでのオペラ賞は、最下位だけれどそれまでは、崩れていないからねそして実はヨーロッパから来る馬では、ドイツの馬には注意が必要だJCターフでも、昔ランドという馬が勝ったし、しかもヨーロッパで何処の国の馬がJCターフで、健闘しているかといえばドイツの馬だね
 それでは、馬印と各馬のコメントを述べよう
 ◎ 4 フェアブリーズ
 ○13 ベッラレイア
 ▲ 1 レインダンス
 ▲15 カワカミプリンセス
 △ 3 ビエンナーレ
 △ 8 エフティマイア
 △16 リトルアマポーラ
 × 6 トレラビット
 ×11 ムードインディゴ

 人気しそうで要らない馬
 5 ポルトフィーノ

 僕の本命は4番のフェアブリーズヨーロッパから日本で走ってくる馬で、好成績のドイツの馬これで、僕が画像にサッカー選手のローター・マテウスを、使用した理由がわかるでしょう(著作権で訴えられないように)この馬は先行タイプの馬だね恐らく内隣のビエンナーレが、結構前に行くと思うからその直後あたりの位置で流れに乗れるかなこの馬は雨は歓迎のタイプだろう恐らくカワカミプリンセスを視界に入れながらの競馬になるかな前走はフランスのオペラ賞で最下位に負けたが、その時は乗りなれていないジョッキーが乗っていてたし、逆にフランスの軟弱な馬場が合わない可能性もあるそうなると逆に今回雨の影響でチョッと渋りそうな日本の馬場がこの馬に合う可能性があるちなみに父はシルヴァノ実はこの馬はステイゴールドが勝ったドバイシーマクラシックで3着に負けている今回そのステイゴールドの娘たちが4頭も出走してくるね時を経て、父(シルヴァノ)の仇を、アウェイの日本で討つこういうロマンを競馬の予想中につい考えてしまう別にそんなロマンに浸っている余裕などないのだが、ここは調教の動きでも終いをダートコースで1ハロン11.4秒でまとめてきたかなりの実力をこの馬は持っているとみた
  対抗には13番のベッラレイアを挙げたいというか、本当はが降らないのなら本命にしたかった馬なだけに、評価を下げた末脚の破壊力はナンバーワンだろうしかも、去年は今や現役最強馬のダイワスカーレットウオッカを相手に去年は善戦していた日本の最強牝馬世代の代表前走の府中牝馬Sの東京1800Mは距離が短いし、チョッと馬群を捌くのに手間取ってしまったそして、今回の京都外回りコースはこの馬の末脚をフルに活かせる舞台しかも、一回使った上積みは大きいしかし、雨で渋った馬場はマイナスだね今回は外側の馬が前に行きそうだが、内側の馬は控えそうなだけに、スタートさえ五分に出れば、馬ナリで好位にいけるかな勝つ可能性は充分にある

 単穴には2頭挙げよう
 まずは1番のレインダンスだが、名前から想像できないが実はが苦手しかし、ちょっとぐらいの雨なら辛抱できるだろう今回は久々に武幸四郎に乗り役が戻ってきたが、彼にとってカワカミプリンセスリトルアマポーラを降ろされたのは屈辱のはずだここは、ジョッキーとして意地を見せたいところだろうそして、馬自体も前走の府中牝馬Sで4着と復活したといってもいい内容去年は秋華賞ウオッカには先着したここはある程度先行することを、ジョッキーが示唆している勝つチャンスある
 もう1頭は15番のカワカミプリンセスを挙げておこう断然一番人気が予想されるが、最近のレースを見ているとスタートがうまくなって、好位からのレース運びが出来るようになった前走の府中牝馬Sでは、抜群のスタートを決めて逃げそうな気配すらあった2番手でのレース運びで最後は2着になったが、そのレース振りを横山ジョッキーはどう思っているのだろうもし、前走のレースの内容が良かったと思っているとしたら、今回はやばいねこの馬は3歳時の時のように後方から差しに徹した方が良いと思う追えば追うほど伸びる馬だったのに、最近はスタートが良くなってしまって、2番手、3番手でのかなり前の位置でのレースをするようになってしまった前の方でレースを進めると、前走のように前を行く馬は捕らえても、差してくる馬にやられる可能性大特にベッラレイアにとっては、完全な目標とする馬になってしまうだろうしかし、幸いにもレースは馬場が雨で渋りそうなのはこの馬にとってはラッキーだねベッラレイアが、もしかしたら力を発揮出来ないかもしれないからねしかし、どういった位置取りになるかわからないけれど、直後にに僕の本命のフェアブリーズが、居たら他の後方の馬に差される可能性もあるここは、名手横山の手腕が大きい断然一番人気になるほど差は無い恐らく前の方でレースをするだろうな
 それでは勝つのは厳しいが、2着なら来てもおかしくない馬を挙げよう
 まずは3番のビエンナーレだね前走は逃げた勝ったが、その降した相手が先週のアルゼンチン共和国杯で勝ったスクリーンヒーロー恐らく先行するだろう2番手か、3番手あたりで積極的なレース運びをするだろう恐らくこの馬はスタミナがありそうだから、4コーナーでは先頭に立つレースをして欲しいねしかし、今回はカワカミプリンセスが、位置取り的に近くに居そうだし、僕の本命馬のフェアブリーズも近くに居るだろうしかし、今が充実期を迎えている可能性もあるそれに馬場が渋りそうなのもこの馬には良いここは勝つのは厳しいと思うが、2着に粘る可能性はあるねしかし、前走よりパワーアップしてたらの条件付ででも、3着なら充分可能
 次に8番のエフティマイアを挙げたいね春は桜花賞オークスと連続2着前走は蛯名ジョッキーが乗れなかったのが痛かったたまにGⅠレースになると燃える馬がいて、いつもGⅠレースでは勝てないけれど2着によく来るという馬がいるそういう馬はGⅡレースや、GⅢレースでは負けるのに何故かGⅠレースになったら走る気が出てくる馬もしかしたら、この馬はそういう馬かもしれないとりあえず底は見えた気がするが、2着の可能性に突っ込んで来る可能性あり
 そして、16番のリトルアマポーラだが、前走は休養明けをぶっつけで秋華賞だったが、外を回った馬の中では1番内容は良かった休養明け2走目の今回は前回より上積みがあるだろうちょっとレベルに疑問の付く3歳牝馬だけれど、上積みに加えて、京都外回りはこの馬には絶好の舞台この馬はまだ底を見せていない今回が正念場だね
 
 それでは、三連単の端っこ(三着)に来ても不思議ではない馬を
 まずは11番のムードインディゴを挙げるこの馬もレベルが低いと思われる3歳牝馬しかし、この馬の場合は春より実力をつけてきたという利点がある前走の秋華賞が目一杯の仕上げしかし、今回は2着も厳しいだろう
 そして6番のトレラビットを挙げる本当は2着に来る可能性もあると思っているが、外国馬の1、2着独占は無いそれに、小さな馬なのに二日連続の追いきりチョッとやりすぎだねしかも、ローテーションもかなり厳しそうだいくらレベルの高い3歳牝馬といっても、追い込みタイプということを考えると、3着が精一杯だと思う
 
 人気しそうで要らない馬
 5番のポルトフィーノだけれど、いきなりの古馬や経験豊富な馬を相手に1600Mから2,200Mの一気の距離延長はどうだろうか折り合いも不安ここは斬ってしまうのに、不安は無い

買い目 三連単フォーメーション
  1着 4
  2着 1、3、8、13、15、16
  3着 1、3、6、8、11、13、15、16

買い目 三連単フォーメーション
  1着 1、13、15
  2着 4
  3着 1、3、6、8、11、13、15、16

買い目 三連単フォーメーション
  1着 13
  2着  1、3、8、15、16
  3着  4                合計68点




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください







 
 

 

  

 
コメント

映画 ヴェロニカ・ゲリン(2003) ジャーナリストの勇気に感動

2008年11月15日 | 映画(あ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 今日の朝に新聞を見ていたら、パキスタンで、朝日新聞の支局長が撃たれたみたいだね新聞記者も大変だけれど、映画でも海外のジャーナリストというのは、大変だそんな、ジャーナリストを描いた映画には古くは、ウォーターゲート事件の真相を究明しようとする、ロバート・レッドフォードダスティン・ホフマンの二人が主演した大統領の陰謀、最近では未だに未解決事件である連続殺人事件を独自の解釈で描いた、ジャーナリストが殺人犯を難とか見つけ出そうとするゾディアック(ブログに掲載)など、ジャーナリストを主人公にした映画はたくさんある
 海外のジャーナリストを主人公にした映画を観ていると、警察がしていることと殆ど変らないね事件解決に対してアメリカも日本も動き出すのが遅いのは一緒だねしかも、アメリカの警察の賄賂に対しての弱い事
 その点ジャーナリストに賄賂を渡そうとしようものなら、直ぐに新聞に載ってしまう本当にジャーナリスト達の信念には感動すらするのは、僕だけかなしかし、今回紹介するヴェロニカ・ゲリンは、実話脚色は極力少なくしているみたいだ
 実はヴェロニカ・ゲリンは、実在したジャーナリストで、彼女の勇気ある行動を描いた感動作品です

ヴェロニカ・ゲリン 特別版

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る


 それではこの映画の内容だけれど、1994年アイルランドの首都ダブリンが舞台になっているダブリンの裏町を歩いているヴェロニカ(ケイト・ブランシェット(画像下)だが、麻薬に使われた注射器が大量に落ちているし、また青少年が麻薬漬けになっている姿を見てしまう

 彼女はサンデー・インディペンデント紙の記者である彼女はこの裏組織に詳しいトレイナー(キーラン・ハインズ)から情報を仕入れ、またダブリン警察署の友人にも資料を提供してもらっていた

 しかし、彼女のやり方は麻薬組織の重要人物と出会ったりして、非常に危険極まりない方法彼女の夫や母親バーニー(ブレンド・フリッカー)達は、そんな彼女のやり方に危険を感じ、ダブリンの麻薬の記事中止を求める
 そんなヴェロニカ(ブランシェット)の家に麻薬組織からの警告の銃弾を受けるしかし、彼女はそんな脅しに屈しない
 やがて、麻薬組織の王に君臨するジョン・ギリガンが帰ってきた彼は部下のトレイナー(ハインズ)に彼女と会うことを禁じ、さらに彼女に対して刺客を向けるそして、ついに二人の刺客はヴェロニカ(ブランシェット)の脚を撃つ
 彼女は、夫にもらす私(ヴェロニカ)が怯えている事をみんなに知らせないでと頼む流石に間近で脚を撃たれては流石に、ヴェロニカ(ブランシェット)も恐怖を感じざるを得なかった
 しかし、ヴェロニカ(ブランシェット)は銃弾には屈しなかった彼女は麻薬王のジョン・ギリガンの家に直接取材を申し込むしかし、彼女はギリガンからひどい暴力を受けるのだった彼女は母(フリッカー)の元へ逃げ込むように去る
 そして、ヴェロニカ(ブランシェット)がスピード違反の件で裁判所での終了後、信号待ちの最中にギリガンの刺客から6発の銃弾を受けて死亡
 しかし、ヴェロニカ(ブランシェット)の死は決して無駄ではなかった彼女の死によって、アイルランドの法律が変り、ギリガンの財産は没収、そして麻薬に絡む人間150人以上の逮捕、そして最初ヴェロニカ(ブランシェット)が麻薬反対のデモに参加した時は、ごくわずかな少人数だったのが彼女の死後、大多数に膨れあがっていた
 この映画はジャーナリストを目指す人には是非観た欲しい映画ですねそして、僕はヴェロニカ・ゲリンという名前をこれからも忘れないでしょう
 しかし、彼女が1986年に凶弾に倒れてから、この映画が公開される1992までの6年間に約160人のジャーナリストが殉死していますジャーナリスト魂は何もヴェロニカ・ゲリンに限った事ではなく、世界中で勇気あるジャーナリストが健在である事が証明されていると思います
 それにしても、ケイト・ブランシェットという女優は素晴らしいですね彼女の演技力は今の女優の中では、最も素晴らしい女優さんの1人だと思います
 それと、この映画を劇場で観た事のある人はDVDでもう一回観る事をおすすめしますDVDでは、劇場でカットされたシーンであるヴェロニカ(ブランシェット)が、脚を撃たれて一年後に復帰する時に、受賞されるシーンがあります。更にヴェロニカ本人が受賞されるシーンも観る事が出来ますもう一度DVDで観てください

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



コメント (2)