ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 リアリズムの宿(2003) 二人の男と一人の女のロード・ムービー

2009年08月31日 | 映画(ら行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 僕の会社に映画好きなA君がいるそんな彼から紹介されたのが、日本映画のリアリズムの宿
 正直、この映画を観るように勧められた時かなり不安があったしかし、僕も日本映画といえば黒澤明小津安二郎の映画しか浮かばない僕も、日本の映画はつまらないという偏見があるからね
 やっぱり面白くないのかな~と思っていたリアリズムの宿の僕が観た感想は
 とりあえず軽くストーリーを紹介します

リアリズムの宿 [DVD]

バップ

このアイテムの詳細を見る


 冒頭、国英駅(くにふさえき)で二人の男が待っているこの二人の男は駆け出しの脚本家の坪井(長塚圭史)と映画監督の木下(山本浩二
 お互いに共通の知人の舟木を待っているが、舟木は寝坊で待ち合わせ場所の国英駅に大幅に遅刻してしまう
 坪井(長塚)と木下(山本)は、知り合い程度だったが二人は宿を探しながら旅に出る
 そんな二人が冬の海辺にいると、裸になった女の子が走ってきた彼女の名前は川島(尾野真千子
 そして男が二人、女が一人の奇妙にもおかしな旅が続く
 
 実はロード・ムービー、殆どワンカット・ワンシーン、そして男二人と女一人の組み合わせ、途中から女が居なくなったり、そして何と言ってもワンシーンで笑いを入れてくる
 実は観ているときに気づいたけれど、まさにこの映画はジム・ジャームッシュ監督ストレンジャー・ザン・パラダイスとよく似ている
 ストーリーも大変な事が起こっているようで、淡々と感じさせるあたりもストレンジャー・ザン・パラダイスと同じ
 音楽にもこだわりがあるようなところもよく似ている

 唯一はっきり違うところと言えば、ストレンジャー・ザン・パラダイスはモノクロ映画だが、リアリズムの宿はカラー作品
 実際はストーリー展開は両作品は全然違うけれど、淡々とした流れの中に笑いを入れて来るあたりは両作品に共通している
 また、そのような映画が大変面白く僕なんかは感じたりする
 
 ストレンジャー・ザン・パラダイスを観て面白くなかった人には、このリアリズムの世界も面白く無いかもしれない
 しかし、どちらが笑える映画かというとリアリズムの宿の方が笑える

 監督は山下敦弘と言う人だけれど、正直あんまり知らない人です
 だけど、リアリズムの宿を見る限りは独自の世界観を持っていそうな感じがする
 ちょっと変わった映画だけれど、流石はA君だね
 それにしてもこの映画は有名な作品だったのかなよく、こんな作品を知っていたなあと思ったよ
 この映画を観て面白いと思ったら、ストレンジャー・ザン・パラダイスも観てください

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください








 
コメント

競馬 新潟記念予想 外からの差し馬狙いでどうかな?

2009年08月30日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 新潟コースだけれど、昨日のレースを見た感じでは逃げ切りもあったし、外差し一気のレースもあった
 基本的にはペース次第で逃げ切りや差し切りが決まると思うけれど、今回の新潟記念のメンバーを見れば、スローペースに近い流れになりそうそうなると狙いは逃げ馬、あるいは好位で立ち回れる馬を狙いたいところだけれど、重賞レースとなれば、どうも後方待機組みの馬が突っ込んでくるイメージがある
 流石に重賞レベルともなれば、この新潟外回りの最後の直線659Mの長い直線を制するには、持続力のある脚が問われるのだろう
 そして、大外からの直線一気の馬も台頭してきても不思議ではない
 しかし、このレースはハンデ戦というのが難解にしているねどの馬にもチャンスはありそうだ今回のレースはまさに予想のしがいがあるレース。それでは馬印と各馬のコメントを

 ◎17 トウショウシロッコ
 ▲ 2 マルカシェンク
 ▲16 エアシェイディ
 ▲18 エリモハリアー
 △11 アルコセニョーラ
 △12 デストラメンテ
 △15 ハギノジョイフル
 × 4 イケトップガン
 × 5 ホッコーパドゥシャ

 僕の本命は17番のトウショウシロッコを挙げる前走の七夕賞が休養明け緒戦で4着上々の滑り出し馬体減のマイナス20キロは気になるが、470キロ台がベスト体重だろうそして乗り替わりになるがこの馬のことをよくわかっている木幡ジョッキーなら大丈夫
 ここは外枠にも入ったことだし、最後の直線まで脚を矯めて直線大外一気が見られそうだ比較的新潟コースの成績はいいのも好材料

 単穴に3頭挙げよう
 まずは2番のマルカシェンクを挙げる前走の関屋記念は出遅れが・・・今回はその点は心配はあるが、スローペースの2000Mならスタートを出遅れても、うまく対処できると思う
 それに天気が心配だが、どうやら良馬場で行われそう瞬発力勝負になりそうなこのメンバーなら、ここで豪脚が復活するかも

 次に16番のエアシェイディを挙げる58キロのトップハンデを背負わされたが、特に問題は無いと思う休養明けは滅法走るし、この大外枠なら直線一気も可能もしこれがハンデ戦でなければ1番人気かもという実力馬普通ならこの馬が勝ってしまうしかし、トウショウシロッコの方が、本気度がありそうなので、こちらの評価を下げた

 もう1頭が18番のエリモハリアーを挙げる正直、函館競馬場のようなパワーの要る馬場向きの馬であるが、前走の小倉記念の内容をみると、ちょっと新潟の長い直線に変わって更に持ち味が出そう
 もはや年齢も9歳とすっかり峠は過ぎてしまった年齢だが、ちょっとこの馬はいつ走るかわからない
 今回の最外の枠順なら、最も良い大外の馬場状態の部分から追い込みたいこの馬には運もあるここは勝ってしまう可能性まで考える

 勝つのは厳しいが2着ならありそうな馬を
 まずは11番のアルコセニョーラの末脚には警戒が必要だやっぱり去年の勝ち馬だからねしかもハンデの54キロも良いね今回も勝つチャンスは充分にあると思うが、有力馬に差し馬が多いメンバーで勝つまではどうかな?というのが僕の感想

 次に12番のデストラメンテだけれど、展開的に好位に付けられそうなこの馬には向くそれに新潟コースの実績は凄いね1着3回、2着1回という文句の付けようのない成績
 この馬を本命にするのだったかな
 しかし、実績は殆ど新潟内回りでの成績なだけにちょっと外回りに変わってどうなるのかな最後の長い直線の叩きあいを制するだけの、粘り強さはどうかなしかし、2着にはマークしておいた方が良いだろう

 次に15番のハギノジョイフルを挙げる前走の小倉記念は休養明けみたいな感じだし11着の大敗も仕方ないが、勝ち馬のダンスアジョイから0.3秒しか差が無いしかも、最後の直線は前が窮屈でジョッキーが追うシーンが全く無かった
 しかし、今回は外枠だ当然前走より上積みはあるだろうし、52キロの斤量はねらい目充分新潟の長い直線は向きそうだし、前走のように前が窮屈にならなければ、2着ぐらいに飛び込んできても驚けない

 三連単の端っこ(3着)なら来ても驚けない馬を挙げよう
 4番のイケトップガンを挙げたいね前走の関屋記念は1600Mの距離がこの馬には向かなかったと思う最後は33.2秒の上がり3ハロンを記録しての大敗なら仕方ない部分もある
 そういう意味では今回の2000Mへの距離延長は、この馬の望むところハンデの53キロも良い材料だ
 しかし、内枠に入ったのがどうかなもう少し外枠ならもう少し高い評価をしたかったけれど・・・
 しかし、3着に突っ込んでくるだけの条件は揃っていると思う

 もう1頭が5番のホッコーパドゥシャを挙げるもしここを勝てばサマーシリーズの王者になるだけに、本気度はこのメンバーでは1番だろう
 しかも、前走の小倉記念は不利があっての僅差の2着
 実力は認めるが、サマーシリーズを3戦も使っているのは馬にとって疲労がたまっていると思うちょっとベストコンディションで今回のレースに臨めるような状態ではないと思う
 しかし、陣営も坂路で馬は動かなかったが一杯にやって来た3着には押さえておいた方がいいかな

買い目 三連単フォーメーション
  1着 17
  2着  2、11、12、15、16、18
  3着  2、4、5、11、12、15、16、18

買い目 三連単フォーメーション
  1着 2、16、18
  2着 17
  3着  2、4、5、11、12、15、16、18  合計 63点




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。


 


 
コメント

競馬 キーンランドC予想  内枠が有利かな・・・?

2009年08月29日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今年の札幌競馬場は、函館競馬場のレースが無かった分かなり使い込まれているがそれでも、外差しが決まらない
 今回のキーンランドCも外枠に入った差し馬は厳しいレース展開になりそう
 差し馬でも内枠の馬を狙いたいねしかし、好位でレースできる馬がチャンスだと思う
 今回はゲットフルマークスウェスタンビーナスの逃げ争いそれにビービーガルダンも絡みそうだね
 ハイペースは確実だけれど、それでも外差しは決まらないと見ていいだろう
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 1 トレノジュビリー
 ○ 4 グランプリエンゼル
 ▲ 2 エーシンエフダンズ
 △ 5 アポロドルチェ
 △ 8 タニノマティーニ
 △11 ビービーガルダン
 △16 ピサノパティック
 × 7 モルトグランデ
 ×13 シンボリグラン

 僕の本命は1番のトレノジュビリーを挙げたいね前走のUHB賞のメンバーが多数、今回出走しているけれどその前走が7着
 前走の敗因はCBC賞の取り消しの影響があったと思う行きっぷりが悪かったしかし、今回はその前走を叩いた効果を見込んでも良いと思う前走が7着といっても内容は悪くないからね大外を回らせられて直線は伸びていたそれに勝ち馬から着差が0.2秒しかかわらない。今回は岩田ジョッキー(画像)も最内枠を活かす乗り方をするだろうここは迷わず本命

 対抗には、4番の3歳牝馬のグランプリエンゼル前走の函館スプリントSが、好位追走から外を回って他の馬を圧倒した
 着差以上の完勝だったねここも内枠を取れたし、しかも51キロで出走できるのはかなりのプラス材料
 僕の本命馬を逆転する可能性はあるしかし、内枠を引いた時の岩田ジョッキーは頼もしいここはジョッキーの差が出るかも

 単穴には2番のエーシンエフダンスを挙げたいね前走のUHB賞は1番人気を裏切る結果となってしまったが、出遅れが痛かった
 前走の結果は度外視してもいいだろうしかも、前走の敗戦が人気を下げているみたいだしなおさら狙ってみたいね
 2走前の函館Sは3着入線の降着札幌の芝もこの馬に合わないわけではない特に出遅れ癖があるわけでもないので、スタートを五分にきれば、この馬にも充分チャンスある人気は無くても実力はあるから

 勝つのは厳しいが2着ならありそうな馬を挙げよう
 まずは5番のアポロドルチェを挙げる逃げ争いを繰り広げそうなレースになりそうなだけに、追い込み馬のこの馬に展開は向くこの枠なら最内を突っ込んでくるだろう
 うまく馬群を捌ければ2着に来ても驚けない

 次に8番のタニノマティーニは怖いね去年の勝ち馬なだけに今年も頑張れるか年齢だけ見れば、すぐにノーマークにしてしまいそうになるけれど、札幌の芝はこの馬には合う2走前の函館スプリントSで2着に入ったようにまだ頑張れる
 しかし、上積みがあんまり感じられないので勝つのは厳しいと思う2着には押さえる必要があるかな

 次に11番のビービーガルダンを挙げる休養明けで、中間に一頓挫があっただけに心配はあるが、調教からは本来の走りが出来そうしかも、札幌の芝は得意でGⅠレースでも3着に入った実力を考えると、このメンバーでも本命級の能力はあると思っていいだろう
 本来ならベストの舞台だが、やはり一頓挫のしたことを考えると少し割引が必要勝つのは厳しいかな

 次に16番のピサノパティックを挙げる今回のキーンランドCは前走でUHB賞に出走したメンバーがたくさんいるが、そのレースを勝ったのがこの馬
 それだけにこのメンバーなら勝つ可能性はあると考えがちだが、その前走は出遅れてうまく最内を抜けるレース振り
 しかし、今回は大外枠はきついねしかし、本来は好位でうまく立ち回れる馬この大外からでも楽に先行できるだろうしかし、3走前にトレノジュビリーに完敗している今回はトレノジュビリーより上位に来るのは難しいと思う

 それでは三連単の端っこ(3着)に来ても不思議ではない馬を挙げよう
 まずは7番のモルトグランデを挙げる前走の3着に来ているのなら今回も3着ならありえるだろうしかも、今回はコースロスなく立ち回れば最内から馬券圏内に突入するかも能力的にも3着に来ても不思議ではないと思う

 次に13番のシンボリグランを挙げる前走を叩いて調子が上向いて来たと思う今週の調教は新聞ではもう一つみたいな事が書いてあったが、実際にみると結構良い動きをしていたそれに今回はある程度好位に行きそうな気がする今は後方から行っても切れないしね去年のセントウルSのような乗り方がベストだと思うし、藤田ジョッキーならそういう乗り方をするかもしれない実力馬なだけに3着には押さえる必要があると思う

買い目 三連単フォーメーション
  1着 1
  2着 2、4、5、8、11、16
  3着 2、4、5、7、8、11、13、16

買い目 三連単フォーメーション
  1着 2、4
  2着 1
  3着 2、4、5、7、8、11、13、16

買い目 三連単フォーメーション
  1着 4
  2着 2、5、8、11、16
  3着 1                      合計61点




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。


コメント

映画 パットン大戦車軍団(1970) 軍人ジョージ・パットンの半生を描く

2009年08月29日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 最近ブルー・レイで映画が観られるようになったけれど、今回のパットン大戦車軍団はブルー・レイで観ました
 やっぱり、DVDで観るより画像が綺麗だね
 そんなパットン大戦車軍団だけれど、ジョージ・パットンの半生を描いた作品しかし、この映画は脚本としてフランシス・フォード・コッポラが参加している
 実は僕の借りたブルー・レイの中には、コッポラがインタビューを受けているシーンがあるけれど、このジョージ・パットンは奇人変人扱いされていた事を語っている
 でも映画化においては、ジョージ・パットンをそれほど悪者に描かれていない少しジョージ・パットンの人物像の毒が薄められているようだ
 その点が残念な気もするけれど、しかしこの映画はそんな事を加味してもやっぱり面白い
 なかなか魅力ある人物としてジョージ・パットンが描かれていた監督はフランクリン・J・シャフナー
 彼の作品では有名なのが猿の惑星だろうそして、スティーヴ・マックウィーンダスティン・ホフマン共演のパピヨンも彼の監督作品
 猿の惑星パピヨンも僕のお勧め
 それでは、パットン大戦車軍団を紹介します

パットン大戦車軍団 <特別編> [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 第二次世界大戦における北アフリカ戦線において、アメリカ軍はドイツ軍の知将ロンメル将軍により、大打撃を受けた
 そのアメリカ軍の建て直しに着任したのがパットン将軍ジョージ・C・スコット

 彼はブラッドリーカール・マルデン)を副官につけて、徹底的にアメリカ軍を鍛え直す
 そしてパットン(スコット)は待ち望んでいたドイツのロンメル将軍との対決の時が来た
 パットン(スコット)は軍人気質でありながら、意外にも外見と違い戦争においては勉強家彼は、ロンメルの書いた本を読んでいて彼の戦い方を研究していた
 パットン(スコット)はロンメルを撃破して、イギリス軍のモンゴメリーマイケル・ベイツ)軍と歩調を合わすことが出来た
 北アフリカ戦線での戦いも終わり、次はシチリア上陸作戦において速攻を唱えるパットン(スコット)と慎重派のモンゴメリー(ベイツ)との間で意見が食い違うしかし、強行手段に出たパットン(スコット)はシチリア上陸作戦に成功
 しかし、パットン(スコット)は野戦病院において、戦争ノイローゼにかかっている兵隊を殴ってしまい、欧州上陸作戦の指揮官を降ろされ、イギリスへ行く事になる
 パットン(スコット)は、怪我をしていない兵隊が野戦病院にいることが、我慢ならないらしい
 そして、イギリスにおいて婦人会の公演を行うが、その公演内容がソ連を侮辱した内容に思われてしまい、またまた上層部の怒りをかうことになる
 ノルマンディー上陸作戦が成功するが、その作戦に参加できない事に寂しさを覚えるパットン(スコット)
 しかし、今や欧州戦線の指揮官のブラッドリー(マルデン)からパットン(スコット)はドイツとの戦いに参加するように頼まれる
 戦争大好き人間のパットン(スコット)は大喜び
 まさにパットン(スコット)率いる軍団は次々にドイツ軍を倒していくしかも彼の軍隊はまさに不眠不休の如く行進して行くそして、パットン(スコット)の名を一躍有名にしたバルジの戦いによって、ドイツ軍を降伏まで追い込むが・・・
 続きは映画を観てください

 ジョージ・パットンというアメリカの名将を描いた映画だけれど、たびたび過激な発言によって失敗を繰り返してしまうパットンだが、この映画はパットンという男を非常にユーモアあふれる人物として描かれている
 しかし、この映画はパットンの人物像を描くだけでなく戦争シーンの迫力も凄いスケールの大きい戦争スペクタル映画でもあり、娯楽作品としても一級品3時間近くある大作ですが、笑わせ、吃驚させるパットンの言動は面白いお勧めの映画です

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください





 
 
コメント

競馬 札幌記念反省 ブエナビスタは凱旋門賞出走取り消し(残念)

2009年08月28日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回の札幌記念だけれど、ブエナビスタに注目が集まったけれど、当然僕も期待して見てた(僕の予想の本命ではないけれどね)
 しかし、今回の敗戦で凱旋門賞に出走しないとは、僕は驚いたね実は僕の目には負けて強しの内容だったと思ったけれど・・・
 それでは、今回の札幌記念の反省をします

 前述したブエナビスタに勝ったのはヤマニンキングリー
 休養明けだったけれど、調教量は充分だったからねこのレースに照準を合わせていた気配があったけれど、馬体重のマイナス20キロには正直驚いたけれど、もしかしたら今までが太かったのかもしれない
 しかし、今回はスタートがうまく行った元々スタートは良かった馬だけれど、今回はうまく好位のインに付けることが出来た
 しかも、4コーナーで何のロスも無く馬群を捌けたからね本当に勝つときは全てがうまく行くね
 札幌競馬場のような小回りコースの勝ち方の見本みたいな上手な勝ち方
 これで天皇賞(秋)は有力候補の1頭になったけれど、枠順とか運が左右する面もあるから、まだ何とも言えないけれど、今回のような小回りコースの方が良い馬なのかもしれないねそして、内枠を引いたらこの馬は狙い目だね

 2着のブエナビスタだけれど、流石に今回のレースは厳しいレースになると思ったしかも、団子状態の外を回らせられる展開になっては厳しい
 それにあの札幌競馬場の短い直線はこの馬には合わない競馬場だからねしかし、今回のレース振りは負けはしたが、強さはアピールできたと思うそれにしても、この敗戦で凱旋門賞を見送るのはもったいない
 逆にパワーのいる北海道の洋芝でも大丈夫だとわかったから、フランスのパワーの要る芝もこなせそうなだけに、今回の凱旋門賞挑戦を見送ったのは、残念

 3着にはサクラオリオンが来たけれど、札幌の馬場はこの馬には合うねしかし、窮屈そうになりながらも突っ込んで来た内容は評価できる精神面での問題も無さそうそれにしても7歳なのに、パワーアップしている印象がある

 4着のマンハッタンスカイだけれど、3着に来たと思ったけれどねしかし、ちょっと勝ち味に乏しい馬瞬発力のある馬にはやられるね直線の短い競馬場で平均ペース向きの馬GⅠレースでは要らない馬だけれど、GⅢレースでは今後は注目しないといけない馬
 今回は相手関係も考えてノーマークにしたけれど、今回のレースは本当は印を付けないといけない馬だったと思う

 他に気になった馬として僕の本命◎のマツリダゴッホだけれど、スタートが遅かったのが意外だったそれにあんまり長く良い脚が使えない馬だね3コーナーから捲くり気味に進出開始したけれど、直線でダウン馬体重もベストでないのも影響していると思う
 次走はオールカマーかな改めてそこで注目したいね

 他にミヤビランベリだけれど、今回の敗戦はスタートに尽きるねもう少しレースの流れに乗らないと力が発揮できないね今回は参考外のレース

今年の成績
 的中率 68戦 6勝62敗 8.8パーセント
 回収率 447,900円使用 回収717,530円 160.2パーセント

 どうも夏競馬は苦手だちょっと最近の僕の予想はどこか狂っている今週は久しぶりに重賞が2レースある(基本的に2歳戦の重賞はしないので)今週は映画を観る時間を減らして競馬の予想に集中しますので、また参考にしてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。

 それにしても夏競馬は的中しないはっきり言って、僕の予想もトンチンカン
 その苦手な夏競馬の重賞予想も恐らく今週が最後(来週は2歳重賞があるけれど、基本的には2歳重賞は予想しないので)
 しかし新潟記念キーンランドCがあるけれど、実は的中させる自信がある
 今年の新潟競馬場も札幌競馬場も大体特性及びどのような馬を狙ったら良いかを把握したからね
 今週は両重賞とも的中させるぞ



コメント

競馬 レパードS反省 トランセントは強いけれど・・・?

2009年08月27日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 3歳馬限定の新設ダート重賞レパードSは好メンバーが揃ったけれど、勝った馬のトランセンドが、圧倒的に強かった
 この馬名のトランセンドの意味は超越するという意味
 僕が想像していた実力よりはるかに超越した強さでした

 レース全体の流れは1,000M通過が59.7秒のハイペースしかし、この早い流れを楽に2番手に付けて最後は余裕で抜け出したトランセンドの能力は高い前走の古馬相手にぶっちぎりで勝った能力は本物
 しかし、今後も注目したい馬の1頭だけれどスピード任せのレース振りに今後ダート界の強豪相手に通用するかは疑問だ
 GⅠレースにもなるとさらにスピードのある馬が出てくるし、揉まれるレースをした時どうかという問題がある
 しかしGⅢメンバーならこのスピード能力は素晴らしい

 2着のスーニーだけれど、僕のレパードS予想人気しそうで要らない馬で斬った馬
 折り合いが難しい馬だからね前走のジャパンダートダービーでも、完全に折り合いを欠いていた
 今回も折り合いを欠いたけれど、よくこの早いペースを折り合いを欠きながら2着に踏ん張った
 しかし、もう少し短い距離の方がもっと持ち味を出せそうな気がする

 3着にはスタッドジェルランが来たけれど、これぐらいは走れる馬いや、もっと走れる馬だと思う
 今回も勝負どころの4コーナーで反応が悪いし、その分差を付けれれてしまった今回のレース振りならスーニーは交わさないと・・・
 ちょっと気性的に問題があるような気がするその分、まだこの馬には上昇の気配を感じる

 4着のアドバンスウェイは、逃げたら強いね
 この1,000Mを1分を切るペースで逃げて、しかもトランセンドにピッタリマークされる形だった今回のレースは厳しかった
 それでも、ばったり止まっていないからね人気を落とした時の穴馬としては狙い目だね

 5着の僕の本命馬◎のシルクメビウスだけれど
 あれれ~、10着に降着になっていた
 4コーナーで外に膨らみ過ぎて、グロリアスノアの邪魔をしてしまった
 ちょっとジョッキーの乗り代わりが痛かったね初騎乗だったから折り合いに気を付けすぎたね最後はジリジリと伸びてきたけれど、この早い勝ちタイムを考えれば、この内容は悪くない
 次走以降も楽しめる馬だと思う

 このレパードSだけれど、重賞の格付けがされていないんだね
 どうせなら3歳のダートレースで中央競馬にはGⅠレースが無いから、もっと賞金額を高くしてGⅠレースにしたらどうだ

今年の成績
 的中率 67戦 6勝61敗 9.0パーセント
 回収率 441,100円使用 回収717,530円 162.7パーセント

 どうも夏競馬は苦手だちょっと最近の僕の予想はどこか狂っている今週は久しぶりに重賞が2レースある(基本的に2歳戦の重賞はしないので)今週は映画を観る時間を減らして競馬の予想に集中しますので、また参考にしてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。

 夏競馬は難しいね先週の勝ち馬を予想するだけでも大変だね今週は新設された3歳ダートの重賞レパードS札幌記念がある
 特に注目は札幌記念ブエナビスタの走りだろう
 どんなレースをするのか楽しみだね
 一方では、ディープスカイの引退という悲しいニュースも飛んできたしかし、これも競走馬の運命とりあえず種牡馬として、頑張って欲しいね




 
 
 
コメント

映画 ベルリン・天使の詩(1987) 人間か天使、どっちになりたいかな?

2009年08月25日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 ベルリン世界陸上選手権だけれど、ウサイン・ボルトの100Mと200Mの走りは凄かった
 また日本人の女子マラソンの尾崎好美選手銀メダルも改めて日本人女子のマラソンが世界レベルであることを教えてくれた
 槍投げで日本人が銅メダル獲得には驚いた
 おっと!ベルリン陸上世界選手権の話をするコーナーではなかった
 今回紹介したい映画がベルリン・天使の詩という映画だついベルリンつながりで世界陸上の事を書いたけれど、スポーツは世界平和につながると考えているのは僕だけかな
 オリンピックの開会式では国の代表選手たちがアイウエオ順で登場するけれど、例えばイスラエル→イラク→イランの順番で登場してくるけれど、この事を考えるだけでスポーツが世界に平和をもたらしてくれそうな希望がする
 世界陸上選手権もオリンピックより規模は小さいとはいえ、今回東西冷戦の象徴だったベルリンで行われた事は世界平和を考える意味でも良かったと思う
 ちょっと今回紹介する映画ベルリン・天使の詩とは関係の無い?前置きになってしまったが、本題に入ります

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

東北新社

このアイテムの詳細を見る


 ベルリンの古い建物から、天使のダミエル(ブルーノ・ガンツ・・・ヒトラー/最後の12日間でのヒトラーを演じた人です)は、地上に居る人間たちを眺めている

 天使のダミエル(ガンツ)は人間の内心を聞くことが出来るそして、天使のダミエル(ガンツ)の姿は大人には見えないしかし、子供たちには天使たちの姿が見える

 天使のダミエル(ガンツ)には、友達の天使のカシエル(オットー・サンダー)がいるダミエル(ガンツ)とカシエル(サンダー)はたびたび出会い、お互いに今日あったことの情報を交換している
 そして天使のダミエル(ガンツ)とカシエル(サンダー)は今日までのドイツの歴史を見てきたのであるいかに、人間というものが愚かであるか知っている

 ある日、刑事コロンボで有名なピーター・フォーク(本人自身の役で出演)が、撮影のためドイツにやって来た
 その撮影を眺めるダミエル(ガンツ)そして、サーカスの練習場に紛れ込んだダミエル(ガンツ)は、空中ブランコの練習をしている美女マリオン(ソルヴェーグ・マルタン)に惹かれるマリオン(マルタン)の所属するサーカス団が、今日を最後に解散する
 天使のダミエル(ガンツ)はマリオン(マルタン)の心の中を読み取り、彼女に安らぎの心を与える

 ある日、撮影中のピーター・フォークがコーヒーを飲んでいた彼の後を追いかけていたダミエル(ガンツ)は、人間であるはずのピーター・フォークから話しかけられる
 ピーター・フォークには、天使のダミエル(ガンツ)の姿は見えないが、気配を感じるそして、ピーター・フォークは見えないダミエル(ガンツ)に向かってそちらの世界(天使の世界)も良いかもしれないが、こっちの世界(人間の世界)に来いよと言う
 そして、ピーター・フォークが手をだすと、ダミエル(ガンツ)はピーター・フォークと握手する

 そして、ダミエル(ガンツ)はライブに行ったそこではマリオン(マルタン)が居たマリオン(マルタン)はノリノリだそんなマリオン(マルタン)の手をそっと触る
 天使のダミエル(ガンツ)は、人間のマリオン(マルタン)に恋をしてしまった
 ダミエル(ガンツ)は、親友の自分と同じ天使のカシエル(サンダー)にマリオン(マルタン)という人間の女性に恋をしてしまったことを告白する
 そしてダミエル(ガンツ)は永遠の命を持つ天使から、人間になる事を望むと・・・
 ダミエル(ガンツ)は人間の姿でベルリンの壁の近くに落ちてきたそして、自分が着ていた甲冑も落ちてきた
 ダミエル(ガンツ)には天使の頃、自分の目には全てがセピア調の色にしか見えなかった世界が、人間になってみれば全てがカラーに見える

 人間になったダミエル(ガンツ)は甲冑を売って身なりをただし、撮影中のピーター・フォークに会いに行くダミエル(ガンツ)から声をかける前に、ピーター・フォークから声をかけてきた
 実はピーター・フォークも昔は天使だったのだ
 そしてダミエル(ガンツ)には、もう一つの目的があったそれは恋をしてしまったマリオン(マルタン)に会うこと
 果たしてダミエル(ガンツ)はマリオン(マルタン)をあのライブで見かけるが・・・続きは映画を観てください

 この映画の監督はパリ・テキサスで有名な名匠ヴィム・ヴェンダース
 ヴェンダースが描くこのベルリン・天使の詩は、実はよく意味のわからない詩みたいな台詞があったり(アンドレイ・タルコフスキーの影響かな?)、セピア調からカラーへの場面変換などがあって前衛的な映画になっている事も注目の一つ
 しかし、天使がおっさんというのが少し違和感がある(それに天使と言っても、頭の上に丸い輪がない)

 しかし、映画監督としてのヴィム・ヴェンダースの映画にたいする思いが伝わってくる映画
 そして映画というのは、やっぱり芸術だということを今回のベルリン・天使の詩から感じることが出来る
 確かに派手なドンパチ系の映画が好きな人には、お勧めとは言い難いが優しさがあふれてる映画です
 僕は大好きな映画です

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください






 
 
コメント   トラックバック (2)

映画 チョコレート(2001) 人種偏見を乗り越える恋愛映画だけど・・・?

2009年08月24日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 アメリカ映画(他の国映画もそうだが)が日本で公開される時、日本語のタイトルがアメリカでの原題と大きく違うことがある
 例を挙げると
 ランボー・・・ファースト・ブラッド(最初の血)
 愛と青春の旅立ち・・・アン・オフィサー・アンド・ア・ジェントルマン(士官と紳士)
 愛は静けさの中に・・・ア・チルドレン・オブ・レッサー・ゴッド(小さき神の子供たち)
 ワールド・オブ・ライズ・・・ボディ・オブ・ライズ(嘘の体・・・CIA用語みたい)
 他にもたくさんあるけれど外国の映画を観る時に、日本語のタイトルだけでなく原題の英語にも注目すると、もっと広い目で映画を見ることが出来る
 大体、日本語のタイトルが最初にという言葉がついていれば、まず英語の原題とは全く違う意味の日本語の題名が付けられている事が多い
 これはいかに日本人がという言葉が好きな民族である事がわかる
 そして今回紹介するチョコレートだけれど、原題はモンスターズ・ボール
 意味は怪物の玉?では無く、直訳は怪物の大舞踏会、実は刑務所用語で死刑執行前の看守たちのパーティーという意味です
 他にもビッグ・フィッシュという映画があったけれど直訳すれば大きな魚だけれど、実は大ほら吹きの意味です
 それでは今回紹介する映画モンスター・・・じゃなくて、チョコレートを紹介します

チョコレート [DVD]

日活

このアイテムの詳細を見る


 舞台はアメリカ南部のジョージア州で黒人に対する人種差別が激しい場所(アメリカ南部の地方が映画になる時は大体黒人差別問題のテーマが多い)そして時代
 ジョージア州に警察一家である祖父のバック(ピーター・ボイル)父のハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)そしてハンク(ソーントン)の息子ソニー(ヒース・レジャー)の3人家族の一家があり、実はバック(ボイル)は定年をとっくに超えて引退しているがハンク(ソーントン)とソニー(レジャー)は地元の刑務所の看守という一家
 しかしバック(ボイル)とハンク(ソーントン)は筋金入りの黒人嫌い
 顔見知りの黒人の少年が自宅の庭に入ってきたら銃で脅す
しかし、ソニー(レジャー)は心優しき青年で近所の黒人の少年とも仲が良い
 そんなハンク(ソーントン)とソニー(レジャー)親子に死刑執行の日が近づいて来る
 死刑囚のローレンス(ショーン・コムズ)は黒人だそんな、ローレンス(コムズ)は死刑執行前にハンク(ソーントン)とソニー(レジャー)の似顔絵を描く
 ついに死刑執行の日が来たローレンス(コムズ)を死刑執行するのにソニー(レジャー)は吐いてしまう
 息子の軟弱さにハンク(ソーントン)は激怒ハンク(ソーントン)はソニー(レジャー)をトイレで殴り飛ばす

 ローレンス(コムズ)の妻のレティシア(ハル・ベリー)も黒人だそして、彼女の息子のタイレル(コロンジ・カルフーン)は11歳にしてデブデブ過食症になってしまいチョコレートを食いまくる
 レティシア(ベリー)はそんな過食症の息子にたびたび暴力を振るう

 その頃ソニー(レジャー)は自分を殴った父のハンク(ソーントン)に対して、銃を向けるソニー(レジャー)はハンク(ソーントン)が自分の事を嫌っていると思っているしかし、次の瞬間ソニー(レジャー)は自らに銃を向けて自殺する

 ハンク(ソーントン)は刑務所の看守の仕事を辞めたある夜、1人で車を運転していると、黒人の女性が雨の中立っていた
 ハンク(ソーントン)は一瞬、そのまま見逃して通り過ごそうとしたが、心変わりして、黒人の女性の所へ引き戻った
 その黒人の女性はレティシア(ベリー)であり息子のタイレル(カルフーン)が、車に引かれて重傷
 ハンク(ソーントン)は二人を乗せ、病院へ急ぐがタイレル(カルフーン)は死んでしまう
 それにしても、運命のいたずらは凄いハンク(ソーントン)とレティシア(ベリー)はお互いに息子を亡くしてしまっているしかも、ハンク(ソーントン)は黒人嫌いであるのに、レティシア(ベリー)から肉体関係を求められ、あっさりハンク(ソーントン)はレティシア(ベリー)の求めに応じるそれにしても、この二人のセックスシーンが凄いもう一度書くけれど、この二人のセックスシーンは凄い
 忘れていたけれど、この映画はR-18の指定がされていたんだった
 しかも、レティシア(ベリー)の夫のローレンス(コムズ)は、ハンク(ソーントン)に死刑執行されている
 そんなレティシア(ベリー)とハンク(ソーントン)が出会うはずが無い運命なのにお互い出会い、そして愛し合ってしまった

 ハンク(ソーントン)はレティシア(ベリー)と結婚する事を考え、黒人に対する偏見が直らないであろう父のバック(ボイル)を老人ホームへ入れさしてしまう
 そしてハンク(ソーントン)はレティシア(ベリー)を自分の家に迎えるが、果たして二人は人種偏見の壁を越える事には成功したが・・・
 悲劇を予感させるラストシーン・・・続きは映画を観てください

 今回紹介したチョコレートという映画だけれど、題名から想像するともっとあま~い話だと思われるが、内容は重い
 元々黒人嫌いの白人である男が、黒人の女性と自分の心の中にある人種偏見の壁を乗り越えて愛し合うストーリーだが、それだけで終わらないのがこの映画の良さ
 白人の男(ソーントン)が愛したその黒人の女性(ベリー)の夫を自分の手で死刑執行しているところに、この映画を単なる恋愛映画と捉えられない重たい気分にさせられる
 しかも、黒人の女性(ベリー)にとっては自分の夫を死刑執行した男と交わしたセックスは・・・
 そして、二人とも実は愛していた息子を失っているという共通点があり、二人とも息子を失った悲しみを忘れるために激しく愛し合う姿に人生の皮肉さを感じる
 しかし、暗い映画だけれど二人の恋愛を厳しい目で描いたこの映画は心に残る映画になると思います
 それとやっぱりこの映画でアカデミー主演女優賞を取ったハル・ベリー熱演?にも注目です

 ちなみにこの映画の監督はマーク・フォースター
 この監督の作品でジョニー・デップケイト・ウィンスレット主演のネバーランドもお勧めの映画です

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください







 
 


 
 

 
コメント

競馬 札幌記念予想  いよいよブエナビスタの登場

2009年08月23日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今年の札幌記念は盛り上がるね
 いよいよブエナビスタが登場する
 どうも、みんなブエナビスタの1強ムードだけれど、果たして3歳牝馬が歴戦の古馬の勇者たちにどんな競馬を見せるのか
 ブエナビスタだけれど、今回も最後方からいって大外ぶん回しのレースをすると、馬圏内から外れる可能性もあると思う
 この一戦でスタートを出して好位を取りにいくというレースをするとは思えないし、やっぱり後方から大外へ回す競馬だと思う
 しかも、8時現在が降っているみたいだもしかして重馬場になった時かなり不安

 それでは馬印と各馬のコメントを述べよう
 ◎ 14 マツリダゴッホ
 ○  4 サクラオリオン
 ▲ 11 ブエナビスタ
 ▲ 13 ミヤビランベリ
 △  3 ヤマニンキングリー
 △  7 シャドウゲイト
 △  9 タスカータソルテ
 ×  1 シェーンヴァルト
 × 12 トーセンキャプテン

 僕の本命は14番のマツリダゴッホ(画像)前走の大阪杯は大敗したが、馬場の悪い内を通ったのがどうだったのかなそれに関西までの輸送競馬もよくなかった
 今回は早めに札幌に入厩して調教の数をこなしているから、強いマツリダゴッホを見られると思う逃げて引っ張ってくれそうな馬もいるは、好都合ここはグランプリホースの貫禄を見せる

 対抗には4番のサクラオリオンを挙げる前走の函館記念は馬場の最内を通って突き抜けた成績が示すとおり、札幌巧者だ
 恐らく今回人気を集めているブエナビスタが大外に持ち出す展開になりそうだから、今回も馬場の最内を狙って突っ込んできそう馬群をスムーズに捌けたら勝つチャンスある目下の充実ぶり、そして雨の天気を味方につけられそう

 単穴には2頭挙げよう
 11番のブエナビスタだけれど、斬るのは無謀3歳牝馬同士の戦いで見せたパフォーマンスはまさに女ディープインパクト
 斤量の52キロは恵まれているが、このメンバーを相手に大外を回って勝てるのか4コーナーでまだ最後方のレース運びだと勝てないので、3コーナー過ぎからスパートをかけてくると思うけれどしかし、3コーナー過ぎから動けることが出来るかそれとも馬群に突っ込んでいくレースをするかもアンカツの手綱捌きが見物だね

 もう1頭が、父がオペラハウスという晩成の血統が騒ぎ出した13番のミヤビランベリ去年は逃げ馬だと思っていたけれど、目黒記念の好位に控えてのレース振りにこの馬の成長を感じるね
 今ならこの相手でも通用しそうな強さをここ2戦で見せているこの馬も道悪は得意なのでは歓迎道悪までいくと、俄然チャンス拡大

 それでは勝つのは厳しいが2着ならという馬を挙げよう
 まずは3番のヤマニンキングリーを挙げたいね休養前の重賞3戦連続2着という成績が示すように堅実な馬休養明け緒戦でいきなりこのメンバーが相手というのは気になるが、調教量は充分だしいかにも今回狙ってきているレース気配を感じる2着に押さえる必要はある

 次に7番のシャドウゲイトを挙げるが更に降れば、チャンスだねもう7歳だがここに来てまた復活してきたようだ前走の七夕賞では勝ち馬のミヤビランベリの後塵を喫してしまったが、7着とはいえ勝ち馬から0.3秒差しか変わらないしかも4コーナーで外に振られるロス
 前走の7着で人気を落とす今回は狙いたい馬だね

 次に去年の勝ち馬の9番のタスカータソルテがやはり不気味調教量は豊富、内容も良いねしかし、やはり去年は函館記念をステップに勝つことが出来たが、今回は前走から3ヶ月の間隔が開いているのが気になる
 今年は勝つのは厳しいと思うが、2着ぐらいなら着てしまうかも

 それでは三連単の端っこ(3着)に来ても驚けない馬を挙げよう
 まずは1番のシェーンヴァルトに注目したいね3歳牝馬のブエナビスタばかりに注目が行っているが、3歳牡馬で皐月賞を4着と善戦しているこの馬も注目されてもいいだろう最後はいい末脚を持っている作戦はただ一つ
 最内で脚を矯めて、最後の直線もイチかバチかの最内を通って馬群を捌けるかある意味では今年の3歳牡馬のレベルの指針となるレースになるかも

 もう1頭が休養明けが気になる12番のトーセンキャプテンを挙げる流石に去年のGⅠ戦線では通用しなかったが、去年の函館記念を勝っているように洋芝適正は充分休養明けは大きな不安材料だが、今回はしっかり調教量をこなしているここは3着に来ても驚けない

買い目 三連単フォーメーション
  1着 14
  2着  3、4、7、9、11、13
  3着  1、3、4、7、9、11、12、13

買い目 三連単フォーメーション
  1着 4、11、13
  2着 14
  3着  1、3、4、7、9、11、12、13

買い目 三連単フォーメーション
  1着 4
  2着 3、7、9、11、13
  3着 14                     合計68点




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。

コメント

競馬 レパードステークス予想 3歳馬のダート新設重賞

2009年08月22日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今年新設重賞としてレパードSが行われる
 3歳のダート路線の充実を考えたら、この夏の時期にあるというのは良い事だと思う日本競馬は芝は世界に通じるレベルを備えているけれど、ダートは世界に行っても全然駄目
 もっとダート路線の充実を中央競馬が考えないと駄目だろう
 今回のレパードSだけれど、メンバー的には面白いレースが期待出来ると思っている新潟競馬場で行われるというのが良いね新潟競馬場のダートの最後の直線距離は長いからね激しい追い比べが見られるんじゃないかな
 しかも、今回結構逃げたい馬がいるし、そしてスピードのある馬が多いスローペースは考えずらいねここは人気薄の差し馬の馬圏内の突っ込みに要注意
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 2 シルクメビウス
 ○10 トランセンド
 ▲ 1 アドバンスウェイ
 ▲11 ディアジーナ
 △ 6 スタッドジェルラン
 △ 7 モエレエキスパート
 △ 9 グロリアスノア
 ×12 コスモフォース
 ×13 ワンダーアキュート

 人気しそうで要らない馬
 4 スーニ

 僕の本命は2番のシルクメビウス(画像)少し折り合いに不安のある馬だけれど、今回のメンバーを見渡すとかなりペースは早いと思うそうなるとこの馬がユニコーンSで見せた末脚が活きる展開になりそう
 そして、前走のジャパンダートダービーは負けはしたが、勝った馬のテスタマッタとは、通ったコースの差が出たと思うここは本命で仕方無いだろう

 対抗にはダートでは底が見えない10番のトランセンドを挙げる
 ダートでの勝ちっぷりは驚異的特に前走は古馬が相手だっただけに非常に価値がある
 今回も恐らく外めの好位に付けると思うが、ダートで底を見せていないのは確かだが現在(23時)圧倒的1番人気だが、シルクメビウスの方が強いと思うけれどしかし、この馬がスピードで圧倒する可能性もある

 単穴には2頭挙げる
 まずは1番のアドバンスウェイだが、逃げるのに絶好の枠を引いた前走の勝ち方を見るとまず逃げるのは確実だが、問題はペースがどうなるか3番のドリームハッチが逃げを譲らなければ、展開は厳しくなるね
 もし後藤ジョッキーの気合いを見せつけて単騎の逃げを打てれば・・・勝つチャンスあり

 もう1頭が11番のディアジーナを挙げたいね
 今回はダート初挑戦になるが、芝では重賞2勝しているし実績馬レースを見ていると、ある程度先行して粘りこむタイプだから結構ダートは合っていると思う
 しかも外の方の枠というのも、砂を被る心配もしなくて良いだけにちょっと怖い存在もしダート適正があれば・・・勝つかも

 それでは勝つチャンスは無いが2着ならありそうな馬を
 6番のスタッドジェルランを挙げる
 気性の難しい馬だけに取りこぼしが多い馬本来ならもう1つ勝っていてもおかしくない馬
 しかし、取りこぼしが多いけれど相手なりに走れる馬ここは5回も2着があることを考えると・・・2着には押さえたくなるね

 次に7番のモエレエキスパートを挙げたいね芝でも弥生賞を3着など善戦しているが、元々地方馬でダートを走っていた(1,000Mの短距離だけれど
 実はこの芝からダートへ矛先を変えてきたのはプラスに出る可能性があるもし2着に来られても不思議でもないね

 次に9番のグロシアスノアを挙げるが、この馬はシルクメビウスには2戦2敗と対決は終わっているような気がする今回もシルクメビウスより上位に来る事は考えづらいが・・・しかし、前走のジャパンダートダービーでは、馬体重の増加と逃げ馬を深追いし過ぎた
 今回は前走よりも上積みを見込めそうだ2着ならあり得るか

 それでは三連単の端っこ(3着)に来そうな馬を挙げよう
 まずは12番のコスモフォースを挙げる差し馬で展開頼みの馬だが、今回はもしかしたら展開に恵まれるかも
 展開的に3着に押さえたいね

 次に13番のワンダーアキュートだが、好位でレースの流れに乗れそうだがシルクメビウスには勝てないと思う他に何か1頭に負けると思うしね
 それにもう少し内の枠が欲しかったね

 人気しそうで要らない馬について
 4番のスーニだけれど、前走のジャパンダートダービーでは、完全に折り合いを欠いてしまった今回はジョッキーが川田ジョッキーだけれど、彼もそれほど折り合いを付けるのがうまいジョッキーだと思わないけれどね
 馬に対する当たりが硬いと思うねそれに、1,800Mという距離も微妙だね特に直線の長い新潟コースを考えると・・・ここは斬ってしまう

買い目 三連単フォーメーション
 1着 2
 2着 1、6、7、9、10、11
 3着 1、6、7、9、10、11、12、13

買い目 三連単フォーメーション
 1着 1、10、11
 2着 2
 3着 1、6、7、9、10、11、12、13

買い目 三連単フォーメーション
 1着 10
 2着 1、6、7、9、11
 3着 2                         合計 68点




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。



 
 
コメント

映画 太陽の帝国(1987) 1人の少年の成長期を戦争を通して描く

2009年08月21日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 日本人がアメリカ映画に出てくるときおかしな映画表現がされていることがある例えばバベルは、アカデミー助演女優賞菊地凛子さんがノミネートされた事でも有名だが、僕は好きな映画だけれどあの日本人女性の描き方には、少し違和感を覚える
 他にもブラック・レインというアメリカ人にとっては、得たいの知れないやくざが描かれた映画もあったが、あの神聖なる神社が・・・もっと日本の神主さんたちはあの映画を非難しないといけない
 極めつけの最悪の日本人の描かれ方をしているのが、パール・ハーバーあんな池に船を浮かべて作戦会議なんかするか
 そして、今回紹介する太陽の帝国だが、日本人が重要なテーマだ
 第二次世界大戦で、日本兵は中国で残虐な限りを尽くしていると思っている僕にとっては、少し美化されているような気もするが戦争を体験していない僕にとっては日本人の描き方に違和感は無かった(特攻隊をイメージするシーンがあるが、あれは中国に派遣された兵隊にもあるのか疑問だけれどね
 しかし、この映画は第二次世界大戦におけるイギリス人少年の成長期がテーマ日本人の残虐行為をテーマにした映画は、中国映画か日本映画に任しておけばいい
 ちなみに監督はスティーヴン・スピルバーグ僕は彼の映画では黒人社会の男尊女卑を描いたカラーパープルの花畑のシーンの美しさが印象的
 実は今回紹介する太陽の帝国も、美しい場面がたくさんある彼の映画はスリル、SFシーンに一般の人々は惹かれると思うが、実はヒューマン映画においても素晴らしい作品が多い
 それでは、スピルバーグ監督のヒューマン映画の傑作太陽の帝国を紹介しよう

太陽の帝国 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


 時代は第二次世界大戦において、日本軍が中国の上海に迫って来ている寸前
 上海にイギリス人の豪邸がある召し使いに中国人を使っているが、そこの家庭の息子にジム少年(クリスチャン・ベール)がいる
 このジム少年(ベール)が日本軍の零戦に興味を持っており、将来は日本軍の零戦のパイロットになるのが夢
 彼はパーティーよりもとにかく日本の零戦が好きで、たくさんの模型を持っている(前半はジム少年が零戦馬鹿に見えてしまうけれど・・・)
 しかし、やがて上海にも日本軍が攻め込んできた 
 ジム少年(ベール)一家は上海を脱出しようとするが、この時両親と離ればなれになったジム少年(ベール)は、飢えと渇きに苦しむ(ジム少年の零戦馬鹿ぶりに笑ってしまった僕は人間失格かな
 
 そんな飢えで苦しんでいるジム少年(ベール)をアメリカ人のベイジー(ジョン・マルコビッチ・・・この映画に出演していた事に驚いた)に助けられる
 しかし、ジム少年(ベール)の言う事を聞いたためにジム少年(ベール)とベイジー(マルコビッチ)は日本軍の捕虜となり、さらには蘇州の収容所へ送られる

 やがて蘇州の収容所へ送られてきたジム少年(ベール)は肉体的にも精神的にも成長し、自分と同じように零戦に憧れる日本人少年(片岡孝太郎)との間に友情が芽生え、また収容所でのボス的存在になってしまっているベイジー(マルコビッチ)の手足となり収容所内を激しく走り回る
 そして、この収容所内をしきっているナガタ軍曹(伊武雅刀に対しても、うまく付き合い、収容所内でうまく生きる術を得る

 そして、蘇州の主要所をアメリカ軍が空襲を仕掛けてきたみんな逃げているのにジム少年(ベール)は逃げるどころか、アメリカの航空機ムスタングが飛んでいるのを見て大喜び(このシーンのジム少年(ベール)の大喜びする姿は零戦馬鹿のイメージを僕に忘れさせてくれるどころか非常に感動的)



 やがて戦争は終結するがジム少年(ベール)はベイジー(マルコビッチ)から見捨てられ、他の収容所の人々と南島に向かい歩いていく
 そこで疲れ切ったジム少年(ベール)は遠くで光を見るが・・・続きは映画を観てください

 前半の日本軍の零戦を、こよなく愛するジム少年(ベール)には笑ってしまうが、戦争の悲惨さを通して成長していく姿は感動的
 でも、僕も少年時代は考えてみれば戦闘機のプラモデルを作ったりしていた
 そしてジム少年(ベール)のように、パイロットに対する憧れを持っていたと思う
 実は僕はこの映画の何処に感動したのかわからなかったそれは僕が失っていた少年の心を、この映画によってよみがえった事なのかも

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください







 
 
 
コメント

競馬 クイーンS反省 今回の勝ち馬はちょっと予想出来ないね

2009年08月20日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回のクイーンSの予想にも書いたけれど、レッドアゲートが逃げると思ったけれど、藤田ジョッキーも全く逃げる気が無かったね
 それに馬も連闘が良い方に出なかったようだいずれにしろ、僕のクイーンSスタートで終わりました

 勝った馬はピエナビーナスだけれど、僕の予想力ではこの馬を勝ち馬に挙げるのは無理だ休み明けで、しかも牝馬限定の条件戦でも勝ち負けにならない馬が重賞を勝つとはしかし、内々でロス無くレースを古川ジョッキーの騎乗も見事しかも、脚を骨折しながらの騎乗まだ治療中なのにね僕も骨折して、現在はリハビリ中だけれど僕と根性の入り具合が違うね僕自身の生活に反省をしないといけないね

 2着にはザレマが来たけれど、今回はベストの舞台なのに大接戦の2着争い今回のような展開ならこの馬が勝たないと駄目なのにねでも、これがこの馬の特徴と言えるかな勝てそうで勝てないねしかし1600から1800Mのレースでは注意が必要だね

 3着にはアメジストリングが来たけれど、札幌は走るねしかし、レース振りは歯がゆいねスタートからジョッキーが押しているのに全然前に進んでいかないもっと距離があったほうが良い馬最後もふらつきながら大外へ出したけれど、よく3着まで追い上げたねそれも惜しい3着このレースに関しては1番強く見えたね

 他に気になった馬としてレジネッタだけれど、いつも通り後方から大外へ回すレース皮肉な事に内よりも外の方がゴチャついてしまうとは今回も不利を受けてしまったけれど、不利を受けなかったとしても勝てたとは思わないけれどもう少し馬に器用さが欲しいね

今年の成績
 的中率 66戦 6勝60敗 9.1パーセント
 回収率 434,300円使用 回収717,530円 165.2パーセント

 どうも夏競馬は苦手だちょっと最近の僕の予想はどこか狂っている今週は久しぶりに重賞が2レースある(基本的に2歳戦の重賞はしないので)今週は映画を観る時間を減らして競馬の予想に集中しますので、また参考にしてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。

 夏競馬は難しいね先週の勝ち馬を予想するだけでも大変だね今週は新設された3歳ダートの重賞レパードS札幌記念がある
 特に注目は札幌記念ブエナビスタの走りだろう
 どんなレースをするのか楽しみだね
 一方では、ディープスカイの引退という悲しいニュースも飛んできたしかし、これも競走馬の運命とりあえず種牡馬として、頑張って欲しいね

コメント (1)

競馬 北九州記念反省 勝った馬は確かに強い馬だけれど

2009年08月20日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 僕の期待していたサイキョウワールドが出走回避
 この時点で、今回のレースは的中しないと思ったでも、仮に出走していたとしても的中出来たと思わないけれど

 それにしても・・・レースの反省をします
 コウエイハートが逃げて、前半3ハロンラップが32.7秒僕はハイペースに思うんだけれどねしかし、ジョッキーたちはペースが遅かったように感じたようだ確かに逃げ争いがあったわけではなく、楽にコウエイハートが逃げていたからね

 しかしレースはやってみないとわからない勝った馬のサンダルフォンだけれど、いつもはスタートで後手を踏んで出遅れるのがこの馬のパターンなのに、今回に限って抜群のスタートから流れに乗るレースが出来た 
 元々は安定して末脚を発揮する馬だけに大崩れはないけれど、勝てない馬と言う印象があったけれどしかも、小倉の1,200Mのレースだからね今回は自然に好位に付けられたし、4コーナーではきれいに前が開いたからね最後の直線も後ろから迫ってくる馬も居なかった。内容的にも完勝だった
 これで次走以降も注意が必要になったけれど、今回のレースはたまたま流れに乗れたけれど、次走以降も今回みたいにうまくいくかな
 でも今回のレースは恐れ入りました

 僕の本命馬のコスモベルだけれど、レースが始まるまでは外枠が良いと思ったけれど実際は良くなかったねだいぶ外を回らさせられたし、過去のレース内容から馬群に包まれたほうが、やる気の出る馬なのかな
 今回この馬を本命にしたのは結果論ではなく最初から大失敗僕の予想の甘いところだね

 2着のレディルージュだけれど、確かにハンデの50キロは良かったけれどやっぱりこの馬は強いねこのメンバーでも楽に好位を取れるスピードがあるし、追ってからもしっかりしている勝った馬とは通ったコースロスの差も最後は響いたと思う
 まだ3歳だし、今後も期待できる血統これからの活躍に目が離せない存在

 3着のカノヤザクラは、好スタートを切れたけれど馬場の悪い内をずっと通らせられたのが少し不利だったかな勝負どころで手応えが悪そうだったから、やばいと思ったけれど流石は実力馬よく最後は盛り返してきた次走はセントウルSだけれど、ちょっと夏場に使い込まれているだけに不安もある調教でどれくらい動くか確認は必要だと思う

 4着にはウィントリガーがきたけれど、これはマグレではない前走は休養明けを勝っているし、今回もラストの伸びは目立っていた今回は僕も3着にだけマークしたけれど、次走以降はもう少し高い評価をしてもいいかな

 5着のメリッサは、実力どおりだろう

 それよりもマルカフェニックスは意外だねちょっと前走の安田記念から間隔が開いていたのが敗因にある今回の敗戦でこの馬の評価を下げるのは早急すぎるねもし、今回の大敗で人気が落ちるようなら逆に狙い目

今年の成績
 的中率 65戦 6勝59敗 9.2パーセント
 回収率 427,400円使用 回収717,530円 167.9パーセント

 どうも夏競馬は苦手だちょっと最近の僕の予想はどこか狂っている今週は久しぶりに重賞が2レースある(基本的に2歳戦の重賞はしないので)今週は映画を観る時間を減らして競馬の予想に集中しますので、また参考にしてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。

 
コメント

映画 ブルジョワジーの密かな愉しみ(1972) ブラック・コメディの傑作

2009年08月16日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 日本という国はヨーロッパの国々と違い上流階級というものに、あまりなじみがない上流階級の人々を僕なんかは、ブルジョワと思ってしまうがどうやら、違うみたいだ
 しかし、少なからずは当たっている部分もある
 そんな上流階級の人々を小馬鹿にした映画に皆殺しの天使という映画がある
 弁護士、医者、建築家と言った社会的に位の高い人々が、豪邸に招かれて食事をするが何故かその豪邸から出られなくなり、そこには社会的にプライドのある人々ばかりなのに、醜態をさらす姿が非常に面白かった
 ところがもっとブルジョワを馬鹿にした映画があったそれが今回紹介する映画ブルジャワジーの密かな愉しみである
 皆殺しの天使ブルジャワジーの密かな愉しみも監督はルイス・ブニュエル
 数々の名作が彼にはあるが、彼の映画の特徴は一言では形容し難いしかし、今回の紹介するブルジャワジーの密かな愉しみほど、ブルジョワを馬鹿にしているだけでなく観ている側をも混乱させる映画は無いだろう
 そういう意味では物凄くルイス・ブニュエルは逆に肩の力を抜き過ぎるくらいに抜いた作品だといえるだろうそれでは、こんな映画もあったかと思わせるブルジョワジーの密かな愉しみを紹介しよう

ブルジョワジーの密かな愉しみ [DVD]

東北新社

このアイテムの詳細を見る



 実はこの映画のストーリーを、説明できませんせっかく読んでくれる人に対していきなり、ブニュエル風になってしまった
 とにかく、この映画にあった出来事をエピソード式で説明しょう
 冒頭、セネシャル(ジャン=ピエール・カッセル)家に食事に呼ばれたミランダ共和国(南米の国?)の大使(フェルナンド・レイ)とデブノ夫妻(ポール・フランクールデルフィーヌ・セイリグ)はセネシャル家に行くが、出迎えたセネシャル夫人(ステファーヌ・オードラン)が食事会は明日です仕方なくデブノ氏の行きつけのレストランへ行く事になったが、何故か今日に限ってお客さんが全く居ない
 注文する食事はどれも品切れしかも、その店のオーナーは実は今朝死んでしまい葬式の最中結局、みんな何も食べずに出て行った

 そして、後日大使(レイ)とセネシャル(カッセル)とデブノ(フランクール)は、大使の部屋でやばい取引をしている各自で麻薬を分け合っている
 ある日、昼食会でセネシャル家に大使(レイ)とデブノ夫妻(フランクール、セイリグ)と独身女性のフローレンス(ビュル・オジェ)は、今度こそ食事にありつけると思って席につくが、肝心のセネシャル夫妻(カッセル、オードラン)の二人がいつまで待っても現れないしかも、召し使いがセネシャル夫妻は窓から外へ出て行きましたと聞かされる
 大使(レイ)達は麻薬の事を密告されたと思い、みんな帰ってしまう
 しかし、ちょうどその頃セネシャル夫妻はセックスしていただけのことだった
 セックスが終わったセネシャル夫妻(カッセル、オードラン)が、大使(レイ)達が待っていると思って戻ってみると、既に帰ってしまったあとその頃神父がやって来たその神父は庭師としてセネシャル家に雇って欲しいということ
 神父は語りだす私の両親は何者かに殺されましたが、犯人はわかりません 
 
 ある日神父は、死期の近い男の懺悔に祈りを捧げていたその男が神父にかつての行いを懺悔しようと神父に写真を見せる私はこの写真の人たちを殺しましたその写真を見た神父は銃を取ってこの死期の迫った男を撃ち殺す(なぜ殺したかは御想像に任せます)

 ある日大使(レイ)やセネシャル夫妻(カッセル、オードラン)、デブノ夫妻(フランクール、セイリグ)達ははセネシャル家の近くで迷惑にも銃声の響く軍事演習をしていた大佐からお詫びに食事に誘われた
 そして、その食事場所へ行きみんな席につくが大佐が来ない・・・突然幕が開いたなんとそこは舞台の上しかも、舞台を観に来たお客さんが観客席を埋め尽くすやがて、観客たちはブーイングの嵐

 時には食事中にテロリストが入ってきて、みんな撃ち殺されたり(夢だったりして)、また大使(レイ)がデブノ(フランクール)に銃殺されたり(これも夢の中)また大使(レイ)がデブノの妻(セイリグ)にセックスを求めたり(これは現実かな)、突如刑事が食事をしようとした時に入ってきて麻薬所持で、三人がいやその場に居た全員が逮捕されたり(夢の中かな?)

 ただこのブルジョワ達は食事にありつけないし、性欲に溺れ、現実と夢の中での出来事が混乱してくる
 しかし、炎天下の中ひたすら真っ直ぐな道をハンカチで汗を拭きながら歩くシーンはブルジョワたちの現実であることは確かなのかな

 本当にこの映画は観ている側をも混乱させるなんだ!夢だったのかと言うようなことが、繰り広げられている
 ここに出てくるブルジョワ達の食欲の強欲さは笑ってしまうしかし食欲に対する強欲さは、別にブルジョワに限った事ではない
 僕たち貧乏人も食欲は凄いよ
 タダ飯が食えると聞けば、飛びついて行くからね
 とにかくやっぱり映画は面白いねこのようなストーリーは絶対にテレビで毎週決まった時間にみせらるドラマでは味わえない楽しさがある
 このような映画を作ってしまうルイス・ブニュエルの才能にも驚く
 観れば観るほど面白い映画です僕にとってはお勧め映画です

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください





 

 
 
 
 
 
コメント

競馬 クイーンS予想 逃げ馬が怖いね

2009年08月16日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 僕が思うクイーンSのイメージは逃げ馬が活躍するイメージがある
 だいたいクイーンSは、札幌競馬場の開幕週でやるから逃げ馬有利なのは当然
 しかし今年は札幌競馬場は連続開催だからもうそろそろ内が荒れて外差しが決まりやすい馬場になるかと思いきややっぱり内を通る逃げ馬が頑張るケースが目立っている
 しかもメンバー的にスローペース濃厚ここは逃げそうな馬を軸に馬券を組み立てる
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 9 レッドアゲート
 ○ 6 ザレマ
 ▲ 2 レジネッタ
 △ 4 ヤマニンメルベイユ
 △ 5 フミノサチヒメ
 △ 8 アメジストリング
 △11 スペルバインド
 △14 ムードインディゴ
 × 7 レインダンス

 僕の本命は9番のレッドアゲートジョッキーが藤田だし、このメンバーなら逃げる事を考えていると思う2走前のマーメイドSが5着だったが、先行して内容は良かった
 連闘が気になるが馬体重が増加していた事を考えると、逆に連闘が良い方向に出るかも
 頼むから藤田ジョッキー逃げてくれ

 対抗には6番のザレマを挙げるこの馬のベスト距離は1600~1800Mだろう今回は前走から200Mの距離短縮は間違いなくプラス
 楽に好位に付けられるレースセンスは、小回りの札幌コースでは間違いなくプラス手堅くいくならこの馬を本命にするほうが良いかも

 単穴には2番のレジネッタ前走の函館記念は最後の直線で前が開かなかった実力を出し切っての敗戦では無い
 今回も後方からのレースになりそうなだけに展開は厳しいが、14頭の頭数ならば不利を受ける可能性も少ないし、早めに外へ出して4コーナーで射程圏内に付けられたらこの馬が勝つ可能性はある

 勝つのは厳しいが2着ならありそうな馬を
 まずは4番のヤマニンメルベイユを挙げる多方の予想ではこの馬が逃げると思われているみたいだしかし、この馬は逃げにこだわる馬でもないし、それほどスピードがあるわけでもないし、レッドアゲートが逃げを主張したら控えると思うそれでも、2番手には付けられそうだが同じような位置にザレマがいるとなると勝つのは厳しいかなしかし、去年の勝ち馬なだけにここは2着には押さえる

 次に5番のフミノサチヒメを挙げる札幌コースの成績は良いし、函館コースでも1戦1勝この馬には北海道の洋芝が向いているのだろう近走の成績はボロボロだが、今回は大きな変わりを見込めるチャンスどうせなら2着に押さえる

 次に8番のアメジストリング札幌は2戦2勝しかも、最近は成績も安定しているここは飛びつきたくなるね
 しかし完全な差し馬だけにこのメンバーで展開利も見込めないだけに、2着まで突っ込んでくるか難しいがしかし最近の調子の良さは侮れない

 次に11番のスペルバインドを挙げる前走は休養明けだったが、一瞬は内から抜け出す好内容しかも、馬体重がかなり増加していた事を思うと今回は上積みは充分にある
 2着には押さえる必要がある

 そして14番のムードインディゴだが、最近の成績は奮わないが夏場から調子を上げてくる馬実力は去年の秋華賞で証明している大外枠も14頭の頭数ならそれほど気にならないしかし、前残りの展開が濃厚なだけに勝つまではどうか

 三連単の端っこ(3着)に突っ込んできても不思議では無い馬を挙げよう
 7番のレインダンスだが、能力はあるはず夏を迎えて調子を上げて来ないかしかし、展開、洋芝などクリアすべき問題が多い
 とりあえず3着には押さえる

買い目 三連単フォーメーション
  1着 9
  2着 2、4、5、6、8、11、14
  3着 2、4、5、6、7、8、11、14

買い目 三連単フォーメーション
  1着 2、6
  2着 9
  3着 2、4、5、6、7、8、11、14

買い目 三連単フォーメーション
  1着 6
  2着 2、4、5、8、11、14
  3着 9                      合計69点




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。




 

コメント