ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 ファイトクラブ(1999) カルト的な傑作

2016年12月30日 | 映画(は行)
 映画というのは公開された時は、ボロボロの評価であったり、お客さんが全くの不入りだったとしても、後にこれは大傑作だと評価が一変したり、カルト的な人気を博す映画なんて多々ある。そんな映画の一つが今回紹介する映画ファイトクラブ
 公開当時は殴りあう描写が暴力的過ぎると批判を受けたり、前半は何をやってんだか1回観ただけではワケがわからなかったりで、確かに万人に受けるタイプの映画ではないだろうし、「私は幸せで一杯です」という人にはこの映画を観ても楽しめないかもしれない。
 しかし、この映画には平凡に何不自由なく暮らしていながらも、どこかにやるせない不満と怒りを抱えて生きる人間の心の闇をえぐり出すパワーがあり、その表現の仕方がなかなか面白い。

 
 さて、今や名作とすら誉れ高いそのストリートは、どのようなものなのか。
 不眠症に悩まされていたジャック(エドワード・ノートン)は一時は改善の兆しが見られたが、謎の女マーラ(ヘレナ・ボナム=カーター)と出会って再び不眠症が悪化してしまう。
 ある日のこと、ジャックは出張中に飛行機の中で、少しばかりワイルドな雰囲気を持つタイラー(ブラッド・ピット)と出会う。俺を殴れとケンカを求めるタイラーに戸惑いつつも彼の持つカリスマ性に惹かれていき、2人はやがて殴り合える仲間を集めて秘密結社「ファイトクラブ」を作り上げ、次第にメンバーも増えていく。
 やがてジャックはタイラーの思惑と衝撃的な事実を知り驚愕に陥ってしまうのだが・・・

 この世の中において金持ちと貧乏人の差が広がっている格差社会に不満を持っているだけでなく、物質に満たされていても精神的に満たされていない人は想像以上に多い。確かに俺もこの世の中に対して、何となく時間の制約があり不自由に感じることが多くある。そんな俺みたいな多くの男性が憧れるのが本作の主人公タイラーを演じるブラッド・ピットのような男。外見はチョッと悪そうな雰囲気が危険な香りがして格好良く、自由に生きていて、時々哲学的な事を言いながら笑わせることができて、ケンカが強くて、激しいセックスで女を悦ばす。男ならば誰だってこのような男に憧れ、女性だって平凡な男よりもちょっと危険な香りのする男に惹かれるとしたものだ。
 これは公開当時は観ていて意味不明だったとしても、後々に俺もブラッド・ピットのような男になりたいなんて思う奴が多く出てきても不思議ではないし、それぐらいのカリスマ性のある魅力に富んでいるキャラクター。ラストの衝撃度は実はそれほど新鮮さは無いが、このような描き方があったのかと思わせる結末は良い。
 何だか平凡な日常に飽きた人、特に不満は無いのだが何となく刺激を欲している人、不平等な世の中に怒りを感じている人、そしてケンカが好きな人にはカルト的傑作であるファイトクラブを今回はお勧めしておこう

ファイト・クラブ [DVD]
エドワード・ノートン,ブラッド・ピット,ヘレナ・ボナム・カーター
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


 監督は鬼才デヴィッド・フィンチャー。この人のオープニングって本作に限らず格好良いですね。彼のお勧め作は出世作となったセブン、夫婦ってこんな感じなのかなと思わせるゴーン・ガールあたりが良いです。

 

 

 

 

 



コメント

映画 西部戦線異常なし(1930) 反戦映画の傑作

2016年12月28日 | 映画(さ行)
 1930年制作というメチャクチャ古い映画だが反戦映画の傑作として未だに色あせない映画がコレ。しかし、本作はアメリカ映画だが第一次世界大戦中におけるドイツ側からの視点で描いた珍しいタイプの作品だ。最近の俺は反戦映画と言われる映画を観ても、どこか偽善的な匂いしか感じられず大して感動しなくなってしまっていることが多いのだが、今回紹介する西部戦線異状なしは久々に戦争の悲惨さを感じることが出来た映画だった。ちなみにタイトルにある西部戦線とはドイツとイギリス・フランスをはじめとする連合国の戦いのことである。
 戦争と言っても悲惨なのは何も戦場だけの出来事ではない。次々と人の命が失われていくことの恐ろしさは当たり前だが、本作は更になぜ戦争が起きてしまうのか、なぜ戦争をしてはいけないのか等、戦争についてのダメ出しを次々と述べてくれる。
 しかし、本作が制作された1930年だが、この時期といえばちょうど第一次世界大戦の終了と第二次世界大戦が始まりの間。同名タイトルの原作は世界的ベストセラーになり、映画も大ヒットして多くの人の心を掴んだはずなのに、それでも第二次世界大戦が起きてしまった。今、この古い映画を観ると人間の馬鹿さが更に浮き彫りになってくる。

 本作が制作されて85年以上の年月が流れながらも、未だに世界大戦が起きることのリスクを背負い続ける世界情勢を重ねてみると更に考えさせられるストーリーの紹介を!
 第一次世界大戦中のドイツの学校において。授業中にも関わらず教師は学業はそっちのけで、生徒に必要以上に愛国心を扇動し、軍隊に入ることを促す。さっそく5人の生徒が教師の言葉に感化され入隊を志願。しかし、彼らは本物の戦場で過酷な現実を目の当たりにし、体験することによって、人間同士が争うことの戦争の意義に疑問を感じ始めるのだが・・・

 戦争が始まってしまう理由に扇動者の存在がある。変に強硬なナショナリズムを訴え、戦争を起こして来た人物が多く居ることは、我々も歴史の勉強を通じて、よく知っている。そうやって血気盛んな若者を次々に戦争へ送り込むわけだ。
 そして戦場と本国における人間の感覚の温度差の違い。戦場を知ってしまった主人公の若者が故郷に帰ってきた時の絶望的な様子は観ている我々に戦争の愚かさを問い質すシーンだ。そして、本作のラストシーンが非常に印象的。実はこの映画を観るのは2回目なのだが、このラストシーンしか俺は覚えていなかった。俺の記憶力の悪さもあるが、ラストシーンの印象的な映画としてこれからも後世に伝わるだろう。
 古い映画なので少々撮影技術的に危なっかしい場面も見られるが、銃撃戦の見せ方なんかはよく出来ている。こんな古い時代にもこれだけ戦争の愚かさを的確に突いている映画として名作中の名作である西部戦線異状なしをお勧めとして挙げておこう

西部戦線異状なし [DVD] FRT-003
リューエアーズ,レイモンド・グリフィス,ジョン・レイ,リュー・エアーズ,ルイス・ウォルハイム
ファーストトレーディング


 監督はルイス・マイルストン。この人のお勧めはオールスターキャストで話題になったオーシャンズ11のリメイク基であるオーシャンと十一人の仲間がお勧めです。


 
 
コメント

映画 素晴らしき哉、人生!(1946) ひたすら生きる気力が湧いてきます

2016年12月24日 | 映画(さ行)
 日本において一時は自殺者数が年間で三万人を超え、近年は二万五千人台に減ってきているとはいえ、未だに自殺大国であるニッポン。毎日60人以上が自殺し、今日も自殺しようかと悩んでいる人は果たして何人居るのだろうか?そんな深き悩みに陥っている人たちにぜひお勧めしたい映画が今回紹介する素晴らしき哉、人生!。名作中の名作なだけに多くのことを我々に教えてくれる映画だが、とりわけ人間の善意、本当の幸せとは何か、生きることの意味を改めて問い質す。

 
 さて、クリスマスの日に起きる奇跡に全ての人が感動するストーリーとはいかなるものか。
 世界を飛び回ることを夢みながらも、父親の急死で小さな町で家業を継ぐことになってしまったジョージ(ジェームズ・スチュアート)。彼の善意ある行動、真摯な態度は町の住人からも愛され、町一番の大富豪であるポッター(ライオネル・バリモア)の圧力にも屈せず何とかやって来た。ところがジョージはポッターの計略にはまってしまい不運な出来事に襲われる。
 ニッチモサッチモいかなくなったジョージはクリスマスの夜に自殺をしようとするのだが、そんな時に翼のない年寄りの天使が現われて・・・

 正義感に溢れ、横暴な権力者の嫌がらせに屈せず、弱気を助け、町のために利益の損得勘定を抜きに働く私欲の無いジョージのキャラクターは、俺と重なるところが多くあるので、個人的に共感を得やすい。さて、ジョージの困っている人たちに施す善意は本当の幸せを見失いがちになっている現代の我々に非常に大切なことを教えてくれる。ここでいう善意とは何か
 時々『俺がお前のために世話をしてやったんだから、お前も俺のために何かしろよ!』と言うような見返りを求める奴がこの世の中には多い。しかし、本来善意とはそのようなものでは無いはず。困っている人間を見かけたら助けるだけのことであり、そこに自らの利益の計算など入る余地など無いし、見返りを求めるなんてもってのほか!
 よって善意にあふれるジョージはおかげで金持ちでは無い。しかし、彼にはお金よりも、もっと大切な事を得た。本作を観れば、幸せとは決して大金持ちになることではないことがよくわかるし、本当の幸せとは何かがよくわかる。
 そりゃ~善意を見せたとしても、逆に裏切りとして返ってくることがあるだろう。むしろその方が多いかもしれない。しかし、見返りのない本物の善意が自分の知らない所で少しでも、この世に役立っていることを知った時に大きな喜びを味わい、この上ない幸せを感じるはずだ。
 今、この時期に大きなトラブルに巻き込まれて自殺しようかと悩んでいる人、自分から勝手に不幸だと思い込んでいる人、なんだか最近はメンタルが弱っていると感じている人・・・等には、ひたすら生きる気力が湧いてくる映画として素晴らしき哉、人生!は超お勧め映画だ

素晴らしき哉、人生! [DVD] FRT-075
ジェームズ・スチュアート,ドナ・リード,ライオネル・バリモア,ヘンリー・トラヴァース,トーマス・ミッチェル
ファーストトレーディング


 監督はハリウッド黄金期を代表する名匠フランク・キャプラ。彼の映画は正義感、笑い、希望を与えてくれるのが良い。彼にしては異色サスペンスの毒薬と老嬢、俺から言わせればローマの休日ってこの映画をパクってるんじゃないかと思わせる或る夜の出来事、これぞ善人の見本だと感じさせるオペラハット、こんな生活をしてみたいという理想を感じさせる我が家の楽園がお勧めです。

 
 


 


 





 
コメント (2)   トラックバック (1)

映画 フィラデルフィア(1993) 有名な都市ですが・・・

2016年12月15日 | 映画(は行)
 日本人でも知っているアメリカ有数の都市であるフィラデルフィア。歴史的にはアメリカ独立宣言が行われた場所として知られている。もちろん本作はタイトル名どおりにフィラデルフィアを舞台とした映画であり、エイズゲイに対する偏見が真っ向から描かれている。
 本作の公開当時はエイズに対する認識が不足しており、手が触れたり、一緒の風呂に入ったりするだけで感染してしまうというような寒いギャグ同然の噂が流れたりしたが、本作もそのよう一端を示すようなシーンが見られる。
 さて、偏見、差別、不正から正義を取り戻そうとする内容はハリウッド映画が十八番とするド定番。しかし、本作でそれとは別に興味が惹かれるのは、先ほどから何回も繰り返しているフィラデルフィアという題名。実はこの都市名の語源はギリシャ語からきており、その意味するところは兄弟愛。題名に秘められた想いを知ったときに、更に感動が大きくなる仕組みだ。
 さて、兄弟愛の都市で繰り広げられる偏見、差別、不正から正義を取り戻すための戦いを描いたストーリーを簡単に紹介しよう。

 フィラデルフィアの一流法律事務所で働くベケット弁護士(トム・ハンクス)は昇進をかけて、重要な訴訟問題に取り組む。ところが思いもしない訴訟資料の紛失に、突然のエイズ宣告。次々にトラブルに見まわれたベケットは社長のウィラー(ジェイソン・ロバーズ)からクビにされてしまう。
 ベケットは元の職場に不当解雇の訴訟を起こすために行く先々で弁護士を訪れるが、断わられるばかり。かつて法廷で争ったミラー弁護士(デンゼル・ワシントン)の元にも訪れるが、気乗りしないミラー弁護士からも断わられる。
 それから数ヵ月後、ミラー弁護士は図書館で周囲から冷たい目で見られながらも、前よりもやせ細った姿で黙々と資料を漁り続けるベケットを見かける。言われ無き偏見に晒されながらも正義を取り戻そうと戦うベケットの姿に心を撃たれたミラーは、ベケットと一緒に戦うことを決意するのだが・・・

 本作はトム・ハンクスに2年連続でアカデミー主演男優賞をもたらした作品としても有名だが、ちまたでよく言われるのが、痩せゆくエイズ患者を熱演していること。本作を切っ掛けに名優として地位を築き上げたのだが、しかし俺から見れば特別彼の演技が凄いとも思わず、むしろメイク技術をもっと褒めるべきだと思うのだが。
 本作の監督であるジョナサン・デミが前作の羊たちの沈黙の大成功に気を良くしたからなのか、今回も俳優のドアップの顔を写しまくる演出を見せるが、この辺りの評価は判断の別れるところ。個人的には美人女優の顔だったら大いに納得していたと思うが、いかんせん個性派俳優達の顔のドアップを見せられるのはチョッときつかった。
 現在において、エイズやゲイに対する偏見、差別の映画を見ても大してのめり込めない人が多いと思うが、あの国は未だにあらゆる差別が存在している。これからあの国の大統領になろうとしている人物は人種差別主義者なのか単にレッテルを貼られているだけなのか、よくわからない部分があるが、そんな時にタイムリー(?)な映画として本作はお勧めできる。
 更に、音楽は中々いけるし、ナンダカンダ言っても豪華脇役の俳優達の演技は注目に値するし、確かに兄弟愛を感じさせる。本作は法廷劇を用いた社会派映画のカテゴリーに入ると思うが、家族の優しさが身に沁みる映画でもある。いわゆる正統派な内容で安定感のある作りなので決して退屈することはないし、多くの人が感動できる映画として今回は映画フィラデルフィアをお勧めしておこう

フィラデルフィア (1枚組) [DVD]
トム・ハンクス,デンゼル・ワシントン,アントニオ・バンデラス,ジェーソン・ロバーツ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


 監督は前述したジョナサン・デミ。この人のお勧めとするやっぱりサイコサスペンスの傑作羊たちの沈黙は外せない。そしてアン・ハサウェイが少々捻くれた役を演じているレイチェルの結婚もお勧め。


 
 

 

 


  


 



 
 
 
 
コメント (1)   トラックバック (1)