ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 神戸新聞杯反省 僕の本命オウケンブルースリ3着だったけれど・・・?

2008年09月30日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回の神戸新聞杯だけれど、的中しなくて申し訳ないけれど、特に反省というのは無いですね
 このメンバーに入ってオウケンブルースリが、どれだけの能力があるかを見るのが、馬券を的中したかったのは、確かでだけれど僕にとっては収穫の多い馬券的中外れ(負け惜しみにしか聞こえないか?)しかし、この馬券が的中しなかったが、菊花賞の時に、どう活かされるかそのためにも菊花賞は絶対に的中させなければならない

 まずは僕の本命のオウケンブルースリだけれど、このペースであの位置取りでは、3着の結果も仕方が無い道中はインの最後方で我慢のレースペース的にはきつい競馬を強いられたけれど、直線に入ってからの伸びはメンバー中1番目立っていた当然、次走は菊花賞だけれど、追い込み馬だから正直買いづらいねあんまり、菊花賞で追い込みが決まるケースは、無いと思う(最近ではソングオブウィンドぐらいか?)しかし、今回は直線だけの競馬だったからね如何にも脚を計ったようなレースだったのも確か本番(菊花賞)でも、恐らく位置取りは後方からだろうしかし、3000Mの菊花賞では、スローペースでもバテて下がってくる馬もいるからね後方から4コーナーまでに外へ出して、好位に取り付けたら勝てるチャンスはあると思うしかし、今回みたいに4コーナーでも最後方にいるとなるとチョッと勝つのは厳しいかな僕的にはもう一度菊花賞で本命にしたいね道中の折り合いは、大丈夫だろう仕掛けるタイミングが遅れないようにするだけだね

 次に勝ったディープスカイだけれど、今回は中団からのレース如何にもトライアル的な乗り方それに調教もそれほど良かったわけではないが、さすがはダービー馬だね確かに最後は2着馬のブラックシェルに抜かされるかと思ったけれど、根性を見せたねあそこで抜かさせないのが、GⅠ馬の底力だね果たして天皇賞(秋)菊花賞のどちらに進むのかな何か天皇賞(秋)にいく可能性が高そうだけれど僕的には菊花賞に向かって行って、予想で人気しそうで斬りたい馬のコーナーに挙げたい馬だけれどねただ、馬体重は休養明けで減っていたけれど、上積みはあると思う叩き良化タイプだと思うけれどね斬りたいけれど、やはり実力のある馬だね

 2着にはブラックシェルが、もう少しで勝つところだった調教は抜群だったからねしかし、3~4コーナーで勝ち馬のディープスカイに差を広げられたのは痛かったねしかし、折り合いが付いてたのは収穫だけれど、あそこまでいって、ディープスカイを差せないとなると、少し頼りない印象も受けた今回は完全に仕上げて来てただけに余計にそう思うね次走の上積みを考えるとあんまり期待出来ないもし、ディープスカイが、天皇賞(秋)へ向かったら、この馬が菊花賞で1番人気になるのかな?これは、やばい1番人気だと思う

 4着にはベンチャーナインが来たけれど、ちょっと4コーナーを回ってからのロスがあった馬の間を割ってきたけれど、実はこの馬の末脚を侮ってはいけない菊花賞に出走出来る賞金は持っているだけに、本番は3着以内に突っ込んで来る可能性はありそうだ勝つのは無理だとおもっているが、2、3着にはマークしておかないといけないと思うただ、この馬に関して心配事が1つある今日記事にした事を、菊花賞の時まで覚えているのかな(笑)いずれにしろ、この馬は気をつけたほうがいいね

 5着にはロードアリエス先行した馬の中では1番頑張ったが、センスはいいけれど、このペースで絶好位にいたけれど、休養明けでプラス22キロ菊花賞に出走出来るかどうか、微妙だがもし出てきたら激変するかもしかし、この馬は強かったんだね僕はどうしても過去を引きづる人間だから、仕方無いけれど京都新聞杯の時に2着におさえなかったことを、また後悔してしまったしかし、この馬も菊花賞に出走できたら、今日の記事を覚えているかな

 他に気になった馬として、スマイルジャックだけれど、見事に人気しそうでいらない馬で斬ることができた僕の予想通り折り合いを欠いたからね今度の菊花賞では、2400Mから3000Mに伸びるだけに、折り合いの心配を更にしてしまう野が、普通だけれど逆に一回使った事で折り合い面のクリアするかもしれない今回は斬ったけれど、実は菊花賞は折り合いさえつければ、勝つチャンスまであると思っている好位からレースできる馬というのは、やはり菊花賞では勝つチャンスが多いからね今回の敗戦で、この馬は3000Mの距離は無理と、決め付けない方がいいね

今年の成績
  的中率 84戦 7勝77敗  8.3パーセント
  回収率 525,300円使用 回収297,310円 56.6パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。


 
コメント

映画関係 僕の1番好きなスター、ポール・ニューマン氏亡くなる(涙)

2008年09月30日 | 映画関係
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 先日、9月26日にポール・ニューマンが死んでしまった
 実は今まで観た俳優の中で1番好きな俳優がポール・ニューマン癌で危篤状態にあったことは知っていたけれど、実際にお亡くなりになられると彼の映画界に対する貢献度の大きさがわかる
 とにかく多くの名作があるとりあえず、並べていくと傷だらけの栄光ハスラー暴力脱獄ハッド、タワーリング・インフェルノ明日に向かって撃てスティング評決等、他にも多数の作品がある
 僕が彼の映画で1番好きな作品を挙げるとすれば、暴力脱獄(ブログに掲載)だね
 あの映画では酔った勢いで、器物損害の罪で刑務所行きしかし、その刑務所内で見せる、反骨精神旺盛なルーク(ニューマン)の姿勢が、一見ブサイクな所もあったけれど、かっこ良かった
 まさに反体制主義を演じた、ポール・ニューマンはまさに、暴力脱獄に、おけるルーク(ニューマン)自身そのものだった
 それと、他の映画でも時折見せるニヤリとした笑い方あの笑い方というか、表情をよく真似してみたけれど、横目でちらりと見せる笑い方というか表情がもう見られないんだね
 でも、ハスラー2では、やっとアカデミー主演男優賞を獲ったけれど、しかし、あの映画ははるかにハスラーには、作品的には叶わない
 ハスラーでの、エディ(ニューマン)は賭博に生きる男の悲しさを、僕は辛いほど身に染みた逆にハスラー2を観た時に、当時のポール・ニューマンがそうだったように、当時若手の大スター的存在だったトム・クルーズが、ハスラー2のように、若手が大ベテランの後ろを追いかけて来る感じがしたのを、流石にポール・ニューマンに老いを感じてしまったのが、悲しかった
 そして、彼は俳優業引退宣言をするもう自分で納得いく演技が出来なくなってしまったこの言葉は忘れられないねそれまでは、俳優というおは終生を全うする仕事だと思ってたからね彼は年老いてもかっこよかった僕の大好きな監督のコーエン兄弟未来は今では、悪役を演じていたけれど悪役をこれほど、力を抜いた感じでユーモアを持って演じられる俳優は彼だけだろうそして、ロード・トウ・バーディションでも、悪役だったけれ、これも単なる悪ではなくて、観ていて悲しくなるような悪役だった悪役に感情移入してしまう演技をするポール・ニューマンは凄いね
 彼の死によって、正直また映画を観る気がなくなったりする昔、ビリー・ワイルダー監督が死んだ時と同じようなショックを感じた
 でも、今はDVDなどで、ポール・ニューマンの映画を観ようと思えばいつでも観られる時代だからね
 暴力脱獄の最後のシーンで、同じルーク(ニューマン)と刑務所仲間だったジョージ・ケネディが言うシーンがあるルーク(ポール・ニューマン)は、いつも笑っていたな
 きっと、ポール・ニューマンは、今頃あの暴力脱獄のルーク(ポール・ニューマン)のように、ニッコリと天国でも笑っているに違いない
暴力脱獄 特別版

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




 
 おじいちゃん、おばあちゃんに何かをプレゼントしたい方は上のバーナーを押してください



コメント

競馬 オールカマー予想 マツリダゴッホは斬る、それは無謀だね

2008年09月28日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今週は西で、神戸新聞杯(予想掲載)、東でオールカマーが行われるこの、オールカマーに去年の有馬記念の勝ち馬のマツリダゴッホ(画像は去年の有馬記念のゴールシーン)が、出走してくる
 流石に前走の札幌記念では、香港遠征の影響で減っていた馬体が戻りきらなかったが今回は10キロは戻っているとの事確かに調教は馬体重を考えてか、馬なりの調教に終始しているが、馬自体の行きっぷりが良く好時計を叩きだしているしかも、大得意の中山コースここは、59キロを背負おうが、まだ本調子ではないにしても、無様な敗戦が許されないだろうしかも、折り合いに不安があるだけに、有馬記念で2500Mを勝ったといっても、2200Mはこの馬にとってベストだろう
 しかし、この馬の勝ちパターンは4コーナーで早め先頭が勝ちパターン不安があるとすれば、恐らくシャドウゲイトが逃げると思うが、あんまり深追いすると差し馬に足元を掬われる可能性も考えられる
 しかし、マツリダゴッホは、2着は外さないか

 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 11 マツリダゴッホ
 ○  6 エアシェイディ
 ▲  4 トウショウシロッコ
 ▲  9 ミストラルクルーズ
 △ 10 キングストレイ
 △ 14 アドマイヤタイトル 
 ×  2 シャドウゲイト
 ×  7 マイネルキッツ
 × 13 ブラックアルタイル

 僕の本命は11番のマツリダゴッホです流石に今回はこの馬の本命は仕方ないだろう4コーナーでは逃げ馬のシャドウゲイトに一気に並びかけていると思うロングスパートで他の馬に格の違いを、見せ付けるか

 対抗には6番のエアシェイディ末脚は東京コース向きかと思いきや、中山コースも得意しかも、休み明けは走る実力もこの年齢にしてGⅠに届きそうな実力を持っていると思うもし、マツリダゴッホがまだ本調子に無く、最後の急坂で止まるような事があれば、本命を逆転するか

 単穴には2頭挙げよう
 ここでも狙いは、差し馬まずは、4番のトウショウシロッコを挙げたい前走の新潟記念では、4コーナーを持ったまま凄い勢いで回ってきたあの4コーナーの勢いを見れば、今回は思い切って狙いたくなるね流石に前走は新潟の長い直線を、踏ん張りきれなかったが今回は中山コースに変る位置取りは後方になると思うが、自分のペースで走れば勝機がある

 次に9番のミストラルクルーズだが、距離は2000M前後が良いだろうこの馬も差し馬マツリダゴッホが、急坂で止まればこの馬にもチャンス前走の新潟記念ではトウショウシロッコとは差の無い勝負だったトウショウシロッコと同じ評価を与えても不思議ではない

 勝つのは厳しいが2着ならあるかもという馬を挙げよう
 まずは10番のキングストレイルだが、中山コースは得意しかし、最近は1200M戦に使われていただけに、距離実績があると言ってもいきなり1000M伸びる2200Mは不安があるね名手横山典弘ジョッキーが、どんな手綱捌きを見せるか折り合いを欠く心配がかなりあって不安だが、中山コースは得意2着に入る事も考えておく

 次に14番のアドマイヤタイトルだが、前走は長期休養明けを好走した反動があったかそれと、距離も長かったかなしかし、今回は得意の中山コースこの馬も名手アンカツの手綱捌きに期待したいところだろう最後方からの追い込みが嵌まるかだけれど、恐らく外を回してきそうだからね内に突っ込んでくれば勝つチャンスもわずかにあると思うが、よく頑張って2着どまりか

 それでは、三連単の端っこ(3着)に引っ掛かりそうな馬を挙げよう
 まずは2番のシャドウゲイトだけれど、マツリダゴッホが、早めに動いてくる展開はこの馬には向かないマツリダゴッホが動けば、当然他の馬も動き出すから2着も死守できないと思うしかし、3着なら能力的に踏ん張れるかも単騎逃げは可能だからね3着ぐらいなら粘り通すかも

 次に7番のマイネルキッツだが、重賞を勝つにはもう一つワンパンチ足りないそれに、中山コースより東京コースの方が実績はある確かに一瞬の切れ味に欠けるところがあるが、堅実に走る馬中山コースだと3着が精一杯かな

 次に13番のブラックアルタイルだけれど、休養明けが走らない本当なら斬ってもいいのだが、短い期間に調教を重ねている事を考えると、今回は休養明けだが、一発狙っているねジョッキーの吉田隼人ジョッキーも、けっこうやる気のあるコメントを出していたからね3着ならヒョットしてあるかも

 買い目 三連単フォーメーション
   1着 11
   2着  4、6、9、10、14
   3着  2、4、6、7、9、10、13、14

 買い目 三連単フォーメーション
   1着  4、6、9
   2着  11
   3着  2、4、6、7、9、10、13、14 合計56点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。


 
 
コメント

競馬 神戸新聞杯予想 ダービー1~3着馬が出走してくるけれど・・・?

2008年09月27日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今週はいよいよ、菊花賞トライアル神戸新聞杯が、行われる
 3歳クラシックの牡馬、牝馬戦線のトライアルを見ていたら春のクラシック組みがそれなりの結果を出しているしかし、夏に力を付けて来た馬も侮れないというのが、正直なところか
 特に今回の神戸新聞杯では、ダービーの1~3着馬が出走する
 しかし、まさかこのダービーで1~3着に入った馬がそのまま、三連単の1~3着を占める事は無いだろう
 今回は逃げないといけない馬はいないし、しかも阪神外回り2400Mコースを考えたらスローペースになりそう今日(土曜日)のレースで、ハイペースを逃げた馬が2頭とも逃げ粘ったレースがあったが、前の方にいける馬は穴馬として注意しておいた方が良いだろう
 それと、やはり夏の昇り馬が何頭か出走してくるが、ここは春のクラシックの実績馬に一目置くとしても、やはり夏の昇り馬に注目したいレース
 それでは、馬印と各馬のコメントを述べよう

 ◎ 12 オウケンブルースリー
 ○ 10 ブラックシェル
 ▲  1 ディープスカイ
 ▲  3 ミッキーチアフル
 △  2 ロードアリエス
 △  7 ヤマニンキングリー
 △  9 ナムラエクセレント
 ×  8 ハンターキリシマ
 × 15 メイショウクオリア
 
 人気しそうで要らない馬
 11 スマイルジャック

 僕の本命は、この夏の最大の昇り馬である12番のオウケンブルースリーを抜擢する今年の3歳馬からジャングルポケットの産駒が活躍しないと思っていたら、この馬がもしかして・・・という走りを見せている特に前走で3着に降したダイワワイルドボアセントライト記念を勝ったが、そのダイワワイルドボアを、全く問題にせずに差し切った脚は、もしかしたら菊花賞の主役に立てる器かもしれないここは、相手がかなり揃ったが春のGⅠ戦線でも存在感を見せ付けている内田博幸(ウチパク)が、前走に引き続き手綱を取るのも心強いここを勝つとなると、菊花賞に向けて楽しみな馬が出てくる事になる

 対抗には10番のブラックシェルを挙げたいね春のGⅠ戦線では、ディープスカイには、完敗だったが今回は調教で抜群の動きを見せた僚馬のモンテクリスエスにいつも稽古では遅れるのに、今回はブッ千切ってしまったここは、春より成長した姿を見せてくれるかもしれない日本ダービー3着以来の出走になるが、ここは休養明けでも走りそうだ

 単穴には2頭挙げる
 まずは1番のディープスカイは、これ以上評価を下げるわけにはいかないだろう札幌でも乗り込んでいるし、調教量は充分に足りているしかし、今週のラストの伸びは意外にも平凡陣営も、日本ダービーの動きには無いが、NHKマイルぐらいの調子で出せると言っていたが、かなり微妙なコメントしかし、春のGⅠ2連勝は、やはり凄みがあったしかし、なかなかクラシック路線に乗れなかったところを見ると、休養明けは割引きかしかし、地力はあるのでペースが遅くなっても、他の馬をまとめてごぼう抜きに出来るか

 もう1頭が3番のミッキーチアフルを挙げるやはり前残りが怖い馬場である事を考えると、この馬に展開が向いて勝つ可能性があると思う最初は、1600Mぐらいの短い距離を使っていたが、2000M以上の距離を使い出してから、成績が安定してきた恐らくこの馬が逃げると思うが、前半はスローペースになると思うが、後半は瞬発力勝負を避けるために早めのレースをするかなしかも有力どころは、差し馬が多いからね

 それでは、勝つのは厳しいかもしれないが2着なら来てもおかしくない馬を
 まずは2番のロードアリエスを挙げる実はこの馬には苦い思い出がある京都新聞杯で、2着に抑えていない痛恨のミス今回は粘りこみも考えられる展開な
だけに、2着の可能性を考えておきたいでも、3着ぐらいにおさえておくのが、本当は正解かな(笑)しかし、休養明けでも先行して京都新聞杯のような、しぶといレースが出来れば、2着に入れるかもそれに2度も同じ失敗をしないように

 次にヤマニンキングリーを挙げたい休養前の白百合Sでは好位から鋭い脚を使ったし、重賞戦線でも善戦している調教は足りているし、動きも良さそうだ不安は2400Mの距離が長いかも勝つのは厳しいと思うが、今まで戦ってきた相手を考えるとここでも侮れない1頭

 次に9番のナムラエクセレントだが、この馬も夏場を2連勝と、勢いに乗っている春シーズンは早々に諦めて、夏から始動開始したのが良かったのかもチョッとレースは荒削りで、恐らく後方からのレースになると思うが、いつも大外を回す強い勝ち方差し馬に有力どころが多いだけに、勝つのは厳しいと思うが、使われている強味で2着ならありえるか

 それでは、3着なら可能性のある馬を
 まずは、ハンターキリシマだが、前走のラジオNIKKEI杯は、内容は悪くなかったスローペースを福島コースで追い込んできたことに価値を求めたいねしかし、良くて3着だと思うそれに、この厩舎には珍しいGⅠホースのエイシンデピュティが、故障したのは厩舎の流れが悪いねでも、前走の追い込みを見たら3着にはおさえたいね

 次に15番のメイショウクオリアだけれど、日本ダービーの惨敗に評価を落としているね特に出遅れが痛かったねしかし、今回は好位でレースを出来るのではないかな京都新聞杯を勝っている重賞馬だし(確かにレベルは低かった)、長距離も向いているような気がする3着ぐらいには抑えておいた方がいいと思う

 それでは人気しそうで要らない馬を
 11番のスマイルジャックだけれど、日本ダービー2着馬だが、日本ダービーの1~3着馬が、そのまま1~3着を占めるとは、思わない脱落するとしたら、スマイルジャックだろう折り合いに問題があるからねしかも、休養明けなだけに余計に力んで走る事が予想されるこの2400Mの距離で折り合いを付けることが、今回は難しいと思う

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 12
  2着 1、2、3、7、9、10
  3着 1、2、3、7、8、9、10、15

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 1、3、10
  2着 12
  3着 1、2、3、7、8、9、10、15 合計 63点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
コメント

競馬 セントライト記念の反省 流石にマイネルチャールズを斬ったのは、無謀でした

2008年09月25日 | 競馬予想結果
上の画像セントライト記念のゴール前での、3頭による争い

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 チョッと(だいぶかな?)遅くなったけれど先週のセントライト記念の反省をします。
 一番にしないといけない反省は、やはりマイネルチャールズを斬ったことです(笑)さすがに、春はGⅠには届かなかったけれど、クラシック戦線で主役を張ったことだけの実力はあるね早めに先頭に立つ積極的なレース運びだけれど、さすがに先頭に立つのが早すぎたしかし、こういうレース運びをする馬が菊花賞では好勝負する。いかにもトライアルらしい乗り方と言っていいだろう本番に繋がりそうな気がするね
 
 それと残念なことに1コーナーで落馬による不利があったね特に僕の本命馬のダイバーシティと対抗馬に挙げていたナリタダイコクが、不利を受けた影響が大きく位置取りが悪くなったのが響いたね
 この2頭の最後のゴール前で、伸びてきたシーンを観ると、もし不利を受けていなかったら、この2頭が1、2着で勝ったダイワワイルドボアが3着で、馬券的中出来たのに(不利が無くてもそんなにうまく、行くわけが無いか)

 とりあえず僕の本命のダイバーシティと対抗のナリタダイコクは、4着、5着だからあの不利は痛かったのは確かしかし、これも競馬だからね諦めるしか仕方がない

 勝ったダイワワイルドボアだけれど、新潟コースでは切れ負けしていただけに、雨の影響の残る馬場は向いたねそれと中山コースのように直線も短くて、急坂のあるコースは良いだろうしかも、位置取りも不利の影響を受けることなく前にマイネルチャールズを見る理想的なレースだったと思うこれで、胸を張って菊花賞と、言いたいところだが、京都の馬場はこの馬に合うかなスタミナ勝負に持ち込みたいところだけれど、自分から動く積極的なレースをしないと、新潟のレースを見ると、勝てるチャンスはないと思う今回は展開等に恵まれた所があったね

 それと、春のクラシックを戦ってきたノットアローンも成長の跡が見られるね春は逃げないとダメな馬かと思ったけれど、別に逃げなくても大丈夫マイネルチャールズが動くのを見て、早めに外を進出開始それでいて、マイネルチャールズを差せなかったのは、残念だけれど菊花賞では注意が必要だね折り合いも大丈夫そうだ

 それにしても、クリスタルウィングはどうしたのかな4コーナーでは完全に脱落ここでも良い勝負を期待していたけれど、チョッと惨い内容いくら久々で馬体重が増加していたとしても、チョッとひどい敗戦だね

 他にタケミカヅチだけれど、これも不満な内容乗っていた柴田善臣ジョッキーが、距離に敗因を求めていたけれど、皐月賞の2000Mで2着だったのに、今回200M距離が伸びただけなのに、チョッとこれで距離が敗因と言われても納得できない叩き良化タイプだと思うし、確かに菊花賞は距離が長いと思うけれど、2400Mぐらいまでならこなせるはずそれと今回は大外枠だったけれど、内枠が欲しかったね

今年の成績
  的中率 83戦 7勝76敗  8.4パーセント
  回収率 519,000円使用 回収297,310円 57.3パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。





コメント

競馬 ローズS反省 僕の予想は大失敗です(泣)

2008年09月23日 | 競馬予想結果
上の画像はローズSのゴール前の3頭による叩き合いです

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 いや~ゴール前の叩き合いは見応えがあったね良いレースを観させてもらった感動したね
 そんな中で、僕の本命馬のダイワスピリットは、14着でした
 レースに感動している場合ではないねこれは、反省が必要だついでに完全に的外れの僕の競馬予想も応急処置が必要かな

 僕の本命馬のダイワスピリットだけれど、もっと遅いペースになると思ったけれど先手をエアパスカルに取られて、重馬場にしては1000M59秒ジャストは早いペースだったねいくら前走まで2000Mを同じようなペースで、行けても今回のローズSは1800Mと距離短縮が良い方に出ると思ったけれど、流石にこのメンバーでは苦しかったし、阪神の外回りの1800Mも、最後の直線の長さに持たなかったねレース展開を読み間違えたのが、最大の敗因だけれど、馬の力も見誤ったかなでも、後方待機組みに展開が恵まれたのは確かだね今後、この馬が重賞に出てくることはあるのかな出てきたら、また買ってみたい1頭だけれどねしかし、良馬場の時にね
 
 勝ったのは、マイネルレーツェルだけれど、スローペースになった時の大外枠がどうかと思ったが、ペースが早かったからねしかも、目の前にレジネッタが居たのも幸運だったねレースはやりやすかったと思うそれに、小柄な馬だけに馬体が増えていたのも良かった今度は秋華賞だけれど、かなりチャンスだと思う直線が長くなるよりは、京都の内回りの2000Mはこの馬に合っていると思うねペースが早くなれば、この馬の差し足が爆発するかも今回よりも大きな上積みは、小柄な牝馬だけにあるとは思わないけれど勝つ可能性のある馬だね

 2着にはムードインディゴが、大外から突っ込んで来た実は予想するときに、休養明けを使われた強味で3着ぐらいには、マークしておいた方が良いかと思ったけれど、福永祐一ジョッキーが、道悪はダメだと言っていたから、斬ったけれどむしろ道悪の方が良い走りをするんじゃないかなと思ったよしかし、今回は馬体が春と同じくらいに戻ってしまった出遅れてペースも向いたからね秋華賞に向けては、これだけ走るとビックリだけれど、今回のローズSで馬体を減らし過ぎた感じもするし、斬っても良い馬だと思っている

 3着のレジネッタだけれど、今回はこの馬にしては正攻法のレースをした正直子のレースに向けては、調教で早い時計を出していなかったから叩き台のレースであった事は見え見えそれでいて、惜しい3着だったから次走のこの馬にとっての本番である秋華賞は、かなり期待できる今のところ秋華賞を勝つのは、この馬のような気もしているしかし、枠順やレース展開など京都2000Mの内回りだけに運も味方しないと勝てないからねしかし、夏にクイーンSも使っているけれど今回も馬体重は、プラスで出て来たから次走も上積みはある

 4着には3頭による叩き合いからは遅れたけれど、オディールが来たどうも、この馬に好位からのレースは向いてないね桜花賞の時は抜群の手応えで好位にいながら、完敗だったしねそういえば、2歳の時になるけれど阪神ジュベナイルフィリーズの時も好位から一踏ん張りが無かったからね秋華賞では、後方から脚を矯めるレースをジョッキーのアンカツ(安藤勝己)も示唆しているコメントを残しているもし、チューリップ賞で魅せた脚を秋華賞で使えたとしたら、突き抜ける可能性はある今回は休養明けで、馬体もパワーアップしている感じだし充分に秋華賞へ向けて怖い1頭だね

 5着にはメイショウベルーガだけれど、道悪の今回はチャンスだと思ったけれど良馬場の方が良いのかな馬場適性を判断するのは難しいねしかし、4コーナーの手応えで、完全にムードインディゴに負けていたからねそれと、最後の最後にやっと伸びてきた内容を見ると、秋華賞の京都内回りコースが向いているとは思わないけれどね秋華賞では斬っても良いと思う

 他に気になった馬としては、オークス馬トールポピーだねスタートの出遅れは、展開を考えればそれほど致命傷になったとは思わないしかし、1番枠は良くなかったね一瞬直線で馬群をこじ開けて来るかと思ったけれど、最後は完全に伸び負け恐らく調教が直前だけ速いタイムを出してきたからね如何にもこの馬もここは叩き台といった感じで、秋華賞を狙った仕上げだったから、今回の結果は度外視しても良いと思うしかし、京都内回りコースは向いていると思わない僕の意見だけれど勝つのは厳しいと思うけれどもし、今回と同じように内枠でも入ったら斬る事まで今のところ考えている

 でも、今回のローズSの結果で秋華賞が面白くなったねそれに紫苑SローズSもパスしたエフティマイアの存在もあるからね
 秋華賞も今回のローズSのようなゴール前の叩き合いを期待したいね抜けた存在はいないだけに、楽しみだ
 それと、今回のローズSでは、展開も恵まれなかったけれどブラックエンブレムも実力があるだけに怖い存在オークス4着馬の巻き返しが、京都の内回り2000Mは合うような気がするだけに、この馬の存在を今回の大敗で忘れてはいけない

今年の成績
  的中率 82戦 7勝75敗  8.5パーセント
  回収率 512,600円使用 回収297,310円 58.0パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。


 
コメント

映画 スウェプト・アウェイ(2002) マドンナ主演映画だけれど・・・?

2008年09月22日 | 映画(さ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 僕が、高校生の時に流されて・・・という映画を観た

流されて…

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る


 その映画の内容は、僕の記憶が確かならば・・・高慢なブルジョワ夫人が、普段は召使いとして雇っている男と、ひょんなことから2人は孤島にながされてしまう
 ところが、孤島に着くと二人の関係は逆転男は獣のように、そのブルジョワ夫人に襲いかかり、やがてそのブルジョワ夫人もその男と快楽に身を委ねるが、やがて2人は救出されると、また2人の関係は元の高慢なブルジョワ夫人と召使いに戻ってしまうという映画だったと思う
 当時の僕には、エロティズムが良かったりしたが、その流されて・・・を監督したのが、リナ・ウェルトミュラーと言う女性の監督だったことに、とても驚いた

 そして、今回紹介するスウェプト・アウェイ流されて・・・のリメイクしかし、悲しい事にやっぱりリメイク作品というのはやっぱりオリジナルを超える事の難しさを改めて感じてしまった

スウェプト・アウェイ

ソニー・ピクチャーズエンタテイメント

このアイテムの詳細を見る

 
 さて内容だけれど、ニューヨークからギリシアにやって来た3組のカップルが、ギリシアからイタリアまで船を貸し切って船旅をする船の中には、船長やコック、そして3組のカップルに対する世話係がいる
 とにかく、その世話係のジュゼッペ(アドリアーノ・ジャンニーニ)に対して、金持ちの夫人であるアンバー(マドンナ)は、何かにつけて世話係のジュゼッペ(ジャンニーニ)に対して、高慢な態度を取るとにかく怒りが爆発しそうなジュゼッペ(ジャンニーニ)は我慢の連続
 ある日、アンバー夫妻以外のカップルが、近くの島へ行ったのだが、アンバー(マドンナ)も小型のボートでジュゼッペ(ジャンニーニ)と一緒に、近くの島へ行こうとするが、小型のボートが壊れてしまうしかも、船は離れていく一方
 やがて、天候がになり、二人は無人島に着いてしまう


 最初こそアンバー(マドンナ)は、ジュゼッペ(アドリアーノ)に対して、高慢な態度を取っているが、しかしこの無人島では力関係が逆になってしまうアンバー(マドンナ)は未開の無人島の文明では、ジュゼッペ(アドリアーノ)のように、海を愛し、非文明的な世界で生きていける男に頼らざるを得なくなる
 やがて、ジュゼッペ(アドリアーノ)はアンバー(マドンナ)にご主人様と呼ばすようになる
 しかし、そんな2人だが、やがて愛が芽生えてきた年の差はかなりある2人だが、そんなものは関係なかった

 アンバー(マドンナ)は島の近くを船が通るのに気付くが、2人だけの生活に今まで味わった事の無い幸福感を失いたくないために、船から見えないように隠れたりする
 しかし、2人はやがて船に助けてもらうようになる元の文明に戻っても、愛を確認し合う2人だったが・・・
 マドンナは、この時既に40歳を超えていたが、ビキニ姿を見せるしかし、なんかお腹のあたりが、シワシワだらけやっぱり年齢には勝てないねむかし、マドンナが写真集を出した時は、体を鍛えているという事がわかったが、今回は、もしかしてダイエットに失敗したのかな
 そしてこの監督は今回がデビュー3作品目に当たるガイ・リッチー名前は聞いた事はあったなぜなら、彼はマドンナの旦那だからね確かに彼も妻の魅力を引き出そうとしたのだろうが、普通の映画になってしまったあんまり見所が無い映画になってしまって残念
 しかし、次の映画のブログで再び(ガイ・リッチーの作品を紹介します実はこのガイ・リッチーという監督は凄い作品をデビュー作で作っているまだ、マドンナと結婚する前だけれどね
 どうやらマドンナは、彼にとっては、下げまんか
 でも、オリジナルの流されて・・・とリメイクのスウェプト・アウェイを見比べるのも面白いかもしれないです

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




 
 おじいちゃん、おばあちゃんに何かをプレゼントしたい方は上のバーナーを押してください




 
 
コメント

映画 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007) ミュージカルとホラーの合体映画

2008年09月21日 | 映画(さ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 僕は映画で嫌いなジャンルが2つあるそれは、ミュージカルホラー
 ミュージカル映画は、どうして嫌いかと言うと、ドラマに歌を歌いながら、歩いたりするのは邪道映画を観ていて歌うシーンばかりだと、こんな時に歌を歌う奴が居るか?と思ってしまう
 ホラー映画はどうして嫌いかと言うと単に怖いからもし、例えばヒッチコックの映画で、サイコという映画があるが、あの有名なナイフで滅多刺しのシーンはキャ~ア~と叫び声をあげてしまいそうになる
 13日の金曜日怖くて観る気が起こらない
 ところが、そんな嫌いなミュージカルホラーを合体させてしまった映画を観てしまったそれが、僕の好きな映画監督の1人であるティム・バートンの作品だから、困ったものだ
 それでは、そんな困ったスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師を紹介しよう

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


 内容はロンドンのフリート街で理髪師を営んでいたベンジャミン・パーカーは美しい妻と娘と幸せに暮らしていたが、ある日、悪徳のタービン判事(アラン・リックマン)の策略で、刑務所に行かされてしまう
 そして、刑務所から脱出したベンジャミン・パーカーは、スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)と名前を変えて、そして容姿も変えて、ロンドンのフリート街に戻ってきた
 昔、住んでいたロンドンで1番マズイと言われるパイ屋さんを営んでいるラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)と再会し、再びパイ屋の2階に住む事になる
 昔、彼はラベット(カーター)が大家であるその2階に妻と娘と住んでいて、そこで理髪店を営業していたのである

 そして、ラベット(カーター)は、スィーニー・トッド(デップ)のために、理髪店用具を、戻って来たこの日のために隠して持っていた

 トッド(デップ)の髭剃りの技術は素晴らしいその髭剃りの技術を見た人々の間で、一躍正体がばれていないトッド(デップ)は有名人になる
 そして、トッド(デップ)はラベット(カーター)から、残された妻と娘のその後の事を聞き、タービン判事(リックマン)に復讐する事を誓い、そして、トッド(デップ)の理髪店とラベット(カーター)のパイ屋が売れるように、理髪店を訪れたお客さんを次々と髭剃りで、首を掻き切っていく(きゃ~あ~)

 そして、その死体は次々とラベット(カーター)のパイ生地となって、ロンドンで1番マズイパイ屋さんが、急に繁盛し大忙しそして、ついにタービン判事(リックマン)に復讐する時がやって来るが・・・

 僕は先にも述べたが、ティム・バートン監督の作品は、好きなのだがこの映画は観ていて嫌になってきた
 やっぱり、彼の作品ならビッグ・フィッシュや、シザーハンズのようなファンタジー作品が良いね
 ホラーでもビートルジュースのような映画なら良いんだけれどね
 僕の趣味の映画では無いのが残念

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




 
 おじいちゃん、おばあちゃんに何かをプレゼントしたい方は上のバーナーを押してください






 
コメント

競馬 セントライト記念予想 マイネルチャールズは斬る

2008年09月21日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回のセントライト記念だが、人気している馬で斬りたい馬がたくさんいるね人気の無い馬に、惹かれる馬が多いと言った方が良いのかな?ここは、ジョッキーの腕を加味しながら、本命馬を選ばないといけないのかなペースは早めかな先週の京成杯オータムHのような暴走気味のペースまでは行かないと思うが、逃げた馬が粘れるほど、遅いペースにならないと思う
 藤澤厩舎の2頭出しは不気味だね両方の馬を警戒しないといけないねそれと、僕は今回横山典弘ジョッキーがどんな乗り方をするか、興味があるダイバーシティのような自在性のある馬でどんな乗り方をするのか、まさか離れた最後方から行く横典スペシャル(こんな呼び方をするのは僕だけか?)だけは、止めてくれ

 それでは馬印と各馬に付いてコメントを
 ◎ 7 ダイバーシティ
 ○ 4 ナリタダイコク
 ▲17 クリスタルウィング
 △ 3 ネオスピリッツ
 △ 6 ダイワワイルドボア
 △15 ノットアローン
 △18 タケミカヅチ
 × 5 コンベンション
 ×10 アイティトップ
 ×11 キングオブカルト

 人気しそうで要らない馬
  2 キングスエンブレム
 12 フサイチアソート
 16 マイネルチャールズ

 僕の本命は7番のダイバーシティけっこう先行したいタイプの馬が多いだけに、差し馬に流れが向くと思うが、こういう時はスローペースになってしまう時もあるそういう時に頼りになるのが横山典弘ジョッキーの手綱捌き前走の福島コースのラジオNIKKEI杯は、ジョッキーの巧さが、仇になって馬場の悪い内を取りに行ってしまった今回は内を狙っても大丈夫だろう馬も前走で強いことは確認出来たし、ジョッキーも信頼できる

 対抗には4番のナリタダイコクを挙げたいねもしかしたら、道悪の競馬になる可能性があるそうなると、この馬にチャンスだねしかも、9戦消化しているが、成績は安定しているそして、佐藤哲三が手放さないということは、この馬の能力を相当ジョッキー自身が勝っていると思う評価は低いが、勝つ可能性まであると思っている
  
 単穴には17番のクリスタルウィングだね中山コースはパーフェクトこの外枠をどう乗るかだが、内田ジョッキーなら心配ないだろうそして、藤澤厩舎だからね休養明けになるが、休養明けは得意な厩舎だけに、勝つ可能性あり

 それでは勝つのは厳しいが2着ならという馬を挙げよう
 3番のネオスピリッツだが、この馬が逃げるかもそれか、他の馬を逃がして2番手の競馬をするかなしかし、先行馬が多いし、しかも4コーナーに入るまでにマクッテくる馬がいるだろうねそうなるとこの馬には厳しい展開だが、北海道で古馬との戦いで力をつけてきた勝つのは厳しいが2着はあるかも

 6番のダイワバルボアは2,200Mの距離経験が多いのがいいね中山コースの2,000Mでは距離不足を感じるが、外回りの2,200Mならこの馬は得意かもしれないしかし、ここ2走は3着が続いているねどこかワンパンチが足りないのだろうだから勝つまでは厳しいと思うが、2着ならあるかも

 15番のノットアローンだが、前走のラジオNIKKEI杯は、トップハンデを背負っての2着と上々の内容ネオスピリッツを制してこの馬が逃げるかもしれないが、恐らくこの馬が2番手かなしかし、逃げ馬のペースが遅いとこの馬が逃げてしまうだろうスローペースはやっぱり考えにくいねしかし、折り合いに問題があるが、それさえクリアすれば2着はあると思うが、マクッテくる馬に対処できるかどうかだねその分、早めスパートとなるとこの馬も展開的に厳しいが、底力はある

 18番のタケミカヅチは、レース運びが上手だが勝ち切れない確かに強豪相手の時が多いから仕方ない部分もあるしかし、この大外枠はあまり良くないねしかし、縦長の展開になりそうなだけにどこかで内に潜り込みたいねしかし、それでも日本ダービーの感じからは距離が2,200Mというのは微妙勝つのは厳しいと思う

 次に三連単の端っこ(3着)に来るかもしれない馬を
 5番のコンペンションを挙げたいね現在連勝中と言っても休養明けもう少し高い評価をしたかったが、チョッと休養明けはマイナス材料それに、あくまで血統的に2,200Mはこなせる限度だろうしかも、今までスローペースの経験しかない本来好位でのレースが得意なだけに、今回は好位を取れるかどうかだねしかし展開的にも3着が精一杯かな

 10番のアイティトップだが、上がりが掛かればこの馬が浮上する可能性はある今回は展開が向きそうだしかし、休養明けを考えると3着が精一杯かな
 11番のキングオブカルトだが、2,200Mで勝っているし、2,400Mでも勝っているねしかし、前走は展開に恵まれすぎ今回は急な流れになると厳しいだろうしかし、前走2,200Mで勝っているだけにここは3着にはマークしておいた方が良いだろう

 それでは人気しそうで要らない馬を
 まずは2番のキングスエンブレムだが、チョッと休養が長いね一回使っておくべきだっただろうどうも、今年の武豊は重賞で乗る馬の巡り合わせが悪いね確かに馬に能力はあるが、斬り頃だね

 12番のフサイチアソートは、中山コースが向かないと思う直線の長い距離向きだねそれと、2200Mはチョッと距離的に持つかどうか、血統的に微妙
 そして1番人気が期待されるマイネルチャールズだが、中山の外回りになる2200Mはどうなのかな札幌記念では、行きっぷりは良かったのにあの負け方確かにここに入れば、一番人気になるのもわかるがチョッと不安だねしかし、完全に斬るのも不安だけれどね
 
 買い目 三連単フォーメーション
  1着 7
  2着 3、4、6、15、17、18
  3着 3、4、5、6、10、11、15、17、18

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 4、17
  2着 7
  3着 3、4、5、6、10、11、15、17、18 合計64点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。




 
 
コメント

競馬 ローズS予想 有力馬は差し馬に多いけれど、先行馬有利かな?

2008年09月20日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 ローズSこの、響き(言葉)を聞くといよいよ、GⅠレースが近づいて来たと思うね僕も毎週が楽しみだね
 さて今回のローズSでは、春のGⅠ戦線で主役を張った、レジネッタ(桜花賞馬)とトールポピー(オークス馬)が出走してくる
 しかし、今回は僕の展開の予想は平均より遅めのスローペース恐らく逃げるのはダイワスピリッツで、離れた2番手にエアパスカルだろう
 そうなると有力どころの馬は差し馬が多いだけに、波乱の結末もあるかもしれないねそれと、スローペースならこの阪神の外回りでは外枠の差し馬は厳しいと思うチョッと距離損がひどいからね

 それでは馬印と各馬のコメントを述べようか
 ◎ 12 ダイワスピリット
 ○  6 エアパスカル
 ▲  1 トールポピー
 ▲  5 メイショウベルーガー
 △  7 ブラックエンブレム
 △  8 オディール
 △ 11 レジネッタ
 ×  2 トラストパープル
 × 17 ハートオブクィーン

 僕の本命は12番のダイワスピリット北海道で未勝利戦と次のレースではかなり、ハイペースの逃げしかし、前走はソローペースで逃げる事が出来たし、気性の成長も伺える今回も恐らくこの馬が逃げるだろう最近GⅠ請負人松田国英調教師だが、今年はGⅠレースどころか重賞も1回しか勝っていない今年は不調だが、もしかしたら、大物かもしれないダイワスピリットだが、母親(ロンドンブリッジ)譲りのスピードと父親譲りの成長力が、このローズSの舞台で良血開花とならないかここを勝って春の勢力図を一変させるだけの能力をここで見せて欲しいね

 対抗には6番のエアパスカルだが、恐らく離れた2番手を進むかなチューリップ賞で、逃げてトールポピーや、オディールの追い込みを際どく凌いだ勝負根性をここでも発揮できるかスローペースの展開になりそうな今回もチューリップ賞の再現が見られるかもしれない小柄な牝馬なだけに休養明けも良い方に向くかもしれない

 単穴には2頭挙げよう

 まずは1番のトールポピーを挙げよう栗東に戻ってから緩い調教ばかりで、どうかなと思ったが今週は池添ジョッキーが乗ってしっかりやって来たただ、休養明けの今回は多少割り引きたいね本当なら本命にしたい所だが、展開も向かないしチューリップ賞のように上がりの競馬に持ち込まれたときが不安だこの馬はハイペースの時の差し馬だと思う瞬発力勝負ではチョッとやばいかも


 次に5番のメイショウベルーガを挙げよう前走のクイーンSでは、着順こそ7着だが、2着のレジネッタとは0.2秒差しか変らなかったしかも、4コーナーでは不利を受けてのものだけに、もしかして不利を受けていなかったらレジネッタより上位に来たかもしれないチョッとここはスローペースになりそうだが、インコースを通れそうな枠番なだけに、ここは末脚を温存して馬群をうまく捌ければ、勝つチャンスあると思うもしも大外を回さないといけないのなら、斬りたい馬だったけれどね

 それでは勝つのは厳しいが2着ならあり得る馬を
 7番のブラックエンブレムだが、桜花賞の時と同じく関東馬なのに早めに栗東に来た桜花賞の時はただ歩くだけの調教だったが、今回はそのときと雲泥の差しっかり調教しているこの馬もオークスでは、前々の積極的なレース運びで4着に来た馬だからねそれにフラワーCでは、折り合いを欠きながら勝ってしまったしかも、今回は重賞ハンター岩田ジョッキーが乗るからねかなり不気味な存在だ

 次に8番のオディールを挙げたいが、走ったり走らなかったり困った馬だ好位からレースを進めると、どうも末脚が甘くなる感じだね恐らく展開は恵まれなくても、後方から直線勝負だろうチューリップ賞の追い込みは凄かったからねしかし、やはり展開的に2着までが精一杯じゃないかな

 次に11番のレジネッタだが、クイーンSの2着が評価されているのだろう現在1番人気しかし、この馬は差し馬になってしまった恐らく今回も後方から大外へ出すのかなしかし、団子状態のレース展開が予想されるだけに差し届かないかもしれないねそれと調教内容も気になるね緩めばかりだからね恐らくここは完全に本番(秋華賞)への叩き台と陣営は考えているだろうしかし、それでも地力で2着には来るかも

 それでは三連単の端っこ(3着)に引っ掛かりそうな馬を挙げよう
 2番のトラストパープルを3着にマークしておきたいね左回りの成績が良いだけに、右回りの阪神コースはどうなのかなと思うけれどまだ3歳だからね勝手にサウスポーと決め付けると痛い目に遭うかもそれに阪神の外回りで穴馬候補としては内枠の差し馬だろう今回は前走のように好位を狙いに行くかなそれで、有力馬に休養明けの馬が多いだけに一回叩いているのは、有利な材料3着にはマークしといた方がいいかな

 もう1頭が17番のハートオブクイーンだが、桜花賞で4着だからね前走のクイーンS を叩いてここに向かうローテーションはやはり怖いねただ、だいぶ外の枠順に入ったが、恐らく先行するだろうそうなると、スローペースを味方にして、3着ということは、ありえると思う

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 12
  2着  1、5、6、7、8、11
  3着  1、2、5、6、7、8、11、17

 買い目 三連単フォーメーション
  1着  1、5、6
  2着  12
  3着  1、2、5、6、7、8、11、17 合計63点

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。



 

 
コメント

映画 マイケル・コリンズ(1996) アイルランドの独立運動家を描く

2008年09月19日 | 映画(ま行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 アイルランドという国は、長い間イギリス国家の支配下におかれていたそして、ようやく独立運動が盛り上がってきた時の今やアイルランドでは、英雄として、名を馳せているマイケル・コリンズ(画像下)を、非常に力強いタッチで描いている


 この映画のマイケル・コリンズを監督したのは、やはりアイルランド人のニール・ジョーダン最近ではスタイリッシュなサスペンス映画であるショディー・フォスター主演のブレイブ・ワン(ブログ掲載)が、記憶に新しいところ他にクライング・ゲームや、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアあたりが、有名かな

マイケル・コリンズ 特別版

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


 内容だけれど、冒頭シーンでマイケル・コリンズ(リーアム・ニーソン(画像下真ん中))が、アイルランド独立のためイーモン・デ・ヴァレラアラン・リックマン(画像下左の眼鏡の人物))の指導の下、武装蜂起(イースター蜂起(1916年))を起こすが、イギリス軍によって簡単に鎮圧されてしまう

 当時、無名だったマイケル・コリンズ(ニーソン)は処刑されずに済んだが、他の有名な武装蜂起に加わった顔の知れ渡った人物は処刑されるデ・ヴァレラ(リックマン)はアメリカ生まれという理由で処刑はまぬがれ、刑務所行き
 しかし、デ・ヴァレラ(リックマン)は、脱獄して、マイケル・コリンズ(ニーソン)らとアイルランド義勇軍(後のIRAを結成し、新たな独立運動を目指す
 デ・ヴァレラ(リック・マン)が、アイルランド独立の手助けを求めに行くアメリカへ行く最中はマイケル・コリンズ(ニーソン)が、リーダーとなる彼はアイルランドに駐在している英国警察内にいる、ネッド・ブロイ警部補(スティーブン・レイ(画像下))をスパイにして、英国警察の情報を得ていたそして、命知らずの青年達を雇い英国幹部の要人を次々殺していく

 そして、ついにマイケル・コリンズ(ニーソン)は英国から停戦をアイルランドに求めるまでにこぎつけるその時、アメリカから何の成果も得られなかったデ・ヴァレラ(リックマン)が帰っていて、彼はマイケル・コリンズ(ニーソン)にイギリスへ使者として行かすこれが、後に言う英愛条約だが、内容はアイルランドを自由国として認めるが、英国の王室に仕え、またアイルランドの分裂(現在のアイルランド共和国と北アイルランド)が条件だった仕方なく英国側の条件をのんで、アイルランドに帰って来たマイケル・コリンズ(ニーソン)だが、デ・ヴァレラ(リックマン)の求めるアイルランドの完全な独立国家の承認を得ることが出来なかった、マイケル・コリンズ(リックマン)に対して不満をぶつける
 そして、デ・ヴァレン(リックマン)率いる英愛条約反対派とマイケル・コリンズ(ニーソン)率いる英愛条約賛成派にアイルランドは別れてしまい、アイルランド内戦状態に入ってしまう
 しかし、デ・ヴァレン(リックマン)から、会議を申し込まれたマイケル・コリンズ(ニーソン)は妻になろうとしている彼女のキティ(ジュリア・ロバーツ)から、デ・ヴァレン(リックマン)と会う事に当初反対されるが、キティ(ロバーツ)の忠告を省みずにデ・ヴァレン(リックマン)と会議に臨もうとするが・・・
 それにしても、アイルランドという国を半独立まで持って行き、やがて彼が死んだ後独立するしかし、その反面でIRAが、イギリスやアイルランドでテロ行為を促してしまった結果にもなっている最近はIRAのテロ行為も落ち着いたように見えるが、まだ余談はならないまだ北アイルランドはまだ、国家として認められて折らず、イギリスの自治区のままだからね
 しかし、祖国独立のためにわずか31年の生涯を終えてしまった彼の実績は、この映画を観てたら、暗殺手段を使っているだけに納得できない部分もあるが、イギリスとの戦いを早く終わらせるために尽力したのも事実だそして、アイルランド分裂という事態を招いてしまったが、イーモン・デ・ヴァレラの無能さにも、アイルランドが混乱してしまった原因はあるだろう
 今後はIRAによるテロが起こらない事を祈るばかりだね
 こういう伝記映画は僕は好きなんだけれど、脚色がひどすぎるね実は、マイケル・コリンズの恋人としてキティと言う女性をジュリア・ロバーツが演じているけれど、実際はそんな女性はいないようだでも、ジュリア・ロバーツが、画面に出てくると、下手したら、くら~い映画になりそうなのを、少しでも華やかな気分にさせる効果はあったね3時間ぐらいある長時間の映画だけれど、ニール・ジョーダンの渾身の力作是非観ていない人にもお勧めしたい映画です
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




 
 おじいちゃん、おばあちゃんに何かをプレゼントしたい方は上のバーナーを押してください






コメント   トラックバック (1)

競馬 朝日CC反省 1~3着馬以外は見所無し、それにしても重賞を勝てない武豊!

2008年09月18日 | 競馬予想結果
 上の画像は朝日CCのゴール前のシーンです

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回の朝日CCだけれど、1~3着馬は見所無しだねその1~3着馬の中に僕の本命馬のニルヴァーナが、その中に入っていないとはニルヴァーナは4着です)
 レースは前半の1000Mが、59.8秒と開幕週の馬場を考えれば、かなりのスローペースだろうそんなレースを引っ張ったのが、武豊騎乗のニルヴァーナやはり、天才ジョッキー武豊らしい、絶妙のペースの逃げだったと思うが・・・

 それでは朝日CCの反省をします
 僕の本命馬のニルヴァーナだけれど、このペースで3着馬のキャプテンベガに離された4着は情けないね距離が微妙に長いのだろう1800Mが前走の勝ちっぷりからベストだねそれにしても、今年の武豊は重賞を勝てないねもう一つ重賞で乗る馬にも、今年は恵まれていないような気もするし、一番人気の馬に乗ったら必ず外を回すレースばかりチョッと、今年の武豊もリズムに乗れないね秋もGⅠレースは苦戦するような気がする

 勝ち馬のドリームジャーニーだが、小倉記念に続いて、重賞2連勝池添ジョッキーもうまく武豊から、ドリームジャーニーを奪った感じだねしかし、2、3着馬とは接戦だったように見えるが、ゴール前はこの1頭だけがまだ手ごたえに余裕があった着差以上の勝利だね今回は馬体が減っていたから次走は恐らく、天皇賞(秋)に行くと思うけれど、東京の長い直線が合っているようで、合っていないと思うもし、あんまり人気するようなら斬るつもりでいるけれどねでも、今回のレースは強かったけれど、他の馬も大した馬が居なかったのも事実GⅠレースでは厳しいと思う

 2着にはトーホウアランが来たけれど、スローペースの2番手と絶好の位置取りしかし、それでも後方のドリームジャーニーに差し切られるとはしかし、この馬は休養明けだからねうまくリフレッシュできた感じだし、次走に期待出来る内容だった次走は期待出来るもしかして次走は京都大賞典かな出走してきたら相手も更に強くなると思うが、ここはまた人気も無いだろうし狙い目かも

 3着にはキャプテンベガが来た心配された折り合いをクリアしたのは収穫だが、意外に最後は弾けなかったちょっと七夕賞も、相手関係を考えると不満の残る内容今回もドリームジャーニーの切れる脚に負けたのは仕方ないが、トーホウアランを、交わせないのは不満だねもっと切れる脚が使えると思ったが、意外にジリッポイねGⅠレベルで戦える能力があると思ったが、チョッと厳しい感じだね

 他に気になった馬は残念ながらいないドリームジャーニーが、天皇賞(秋)で、どれくらいの能力が通用するか僕は好勝負出来るとは思うが、3着までには来ないと思っているけれどね

今年の成績
  的中率 81戦 7勝74敗  8.6パーセント
  回収率 506,300円使用 回収297,310円 58.7パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 それにしても、80回以上馬券を買っているのに、まだ7回しか的中しないとはしかも、回収率も50パーセント台にまで、下がってきた年頭の目標は回収率700パーセントだから、目標どおりいけば既に350万のお金が入っている予定なのだが
 本当に馬鹿な目標を年頭に立てたと後悔するねでも、三連単なら最近も一千万馬券というのが出ているからね
 今週はローズSセントライト記念がある両方ともこの秋のGⅠレースに向けて重要なレースここは、両レースともしっかり的中させないと、いけないのだが・・・
 現在208,990円のマイナス三連単の破壊力を考えたら、大して負けていないねこのくらいの負け分ぐらいなら直ぐに取り返せるよチョッと最近自分の競馬の予想力に自信が無くなってきたけれど、今年が終わった頃にはせめて収支をプラスもって行きたいね
 でも、気分は・・・今週は何か穴馬が閃かないかな



コメント

競馬 京成杯オータムH反省 GⅠホースの復活は嬉しいけれど・・・(泣)

2008年09月18日 | 競馬予想結果
上の画像は京成杯オータムHのゴール前のシーンです

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回のレースは僕の予想通り、ハイペースになったけれど1200Mの通過タイムが1分7秒8と、物凄い速いペースになったねいくら開幕週とはいえ、これだけの速さで競り合ってしまったゴスホークケンダンツキッスイは、スプリント路線に行ったほうが良いんじゃないかな
 しかし、それにしてもキストゥヘヴン桜花賞以来の勝利2年以上経つんだね
 キストゥヘヴンの関係者各位の皆様、おめでとうございます
 オット、他人の事よりも自分の馬券がまるで的中しないそれでは、今回のレースを反省します

 まずは僕の本命にしたサトノプログレスだけれど、この超ハイペースに戸惑ったのかなしかし、まるで見せ場もなし叩き良化タイプなのかなもしれないねしかし、横山典弘ジョッキーでも、まるでダメだったね本来はもう少し前にいけるはずだけれどね次走に期待だね
 それでは、勝ったキストゥヘヴンだけれど、本来不利な大外枠もこれだけハイペースになると逆に良かったかもしれないそれにしても、藤田伸二の手綱捌きも勝因の1つだろうそれにしても、最後の伸びは流石はGⅠ馬だねこの勝利で狙うGⅠレースはマイルCS(1600M)か、それともエリザベス女王杯牡馬を相手にするけれど、マイルCSの方がペースが速くなる分、良いかもしれないね

 2着にはレッツゴーキリシマが来た内枠が良かったね前に馬がいると折り合える馬だからねしかも、このハイペースだから好位でうまく折り合えた最後も馬込みをうまく捌き抜け出して来たけれど、相手を褒め無いと仕方無いだろうこの馬はレースが上手だから、やはり内枠を引くと要注意だね

 3着にはステキシンスケクンが来たやはり、スタートはそんなに早くないだけに、後方からのレースになってしまったしかし、展開が向いたねこのペースなら先行していても、潰れてるね。しかし、思い切って揉まれない位置まで下げた後藤ジョッキーの好判断も忘れてはいけないそれにしても、この馬にとって収穫の多い一戦だったねコーナーリングでは馬の口向きが悪かったけれど、直線の伸びは、良かったねしかし、予想する方にとっては嫌な馬だね今までは1600Mなら逃げ馬のイメージがあったけれど、今回のレースでペースに応じて自在に走れる馬ということがわかったからねハイペースになりそうな展開なら今までは簡単に斬れる馬だったのに、これからはどんなレースでも要注意の馬になってしまった

 4着には僕が対抗に挙げたヤマニンエマイユが来たけれど、最内枠を活かしたレースは出来たと思うけれど、チョッと折り合いを欠いてしまったね使われてきた強味があっただけに、今回のレースは9番人気だったけれど、陣営は自信を持って臨んだと思うしかし、折り合いを欠いて外に出さざるを得なかったのは痛かった今は調子が良さそうだけれど、次走は期待薄だと思うこれから、さらにパワーアップすると思えないしねしかし、前走でローブデコルテを凌いだ能力の片鱗は見せた

 他では1番人気だったリザーブガードだけれど、6着でガッカリした人も多いと思うけれど、こんなものじゃないかな一回使われた強味だけで、一番人気になった感じもするね今後も過大評価は禁物次走も好走はするかもしれないけれど、一番人気になるような馬では無いね

今年の成績
  的中率 80戦 7勝73敗  8.8パーセント
  回収率 501,500円使用 回収297,310円 59.3パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
コメント   トラックバック (1)

競馬 セントウルSの反省 ファイングレインを斬った快心の予想と言いたいけれど(泣)

2008年09月17日 | 競馬予想結果
上の画像はセントウルSのゴール前です

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回のセントウルSは、スプリンターズS(1200M) GⅠに向けての非常に重要なレースしかも、今回のレースにはGⅠ馬が2頭(スズカフェニックス、ファイングレイン)が、出走して来ただけに余計に重要なレースになった
 僕もGⅠ馬のファイングレインを斬る見事な予想と言いたいところだが、実は完全にチンプンカンプンな予想になって、恥ずかしい限りです
 
 僕の本命はコスモベルだったけれど好位か、もしかしたら逃げるかと思ってレースを観戦していたけれど、スタートは良かったけれどすぐに後方に下がってしまったスタートして3秒ぐらいで、僕の馬券は単なる紙屑になってしまった連闘が良くなかったのか、阪神コースが合わないのかどうも、もまれ弱い馬のような気もするね本当にこの馬を本命に挙げた自分の観る目の無さを痛感次走はどうなるのかな

 勝ったカノヤザクラは、出遅れを心配したけれど二の脚が速かったね前走でアイビスサマーダッシュ(1000M)を、使った事が良い方に出ているみたいだね楽に好位を取れたし、終いもしっかりとした脚を使って完勝と言っても良い内容だったこのレースを勝って、サマースプリントシリーズのチャンピオンになって関係者の方々はおめでとうございますこのレースに全力投球だったと思うけれど、馬体がプラス8キロとまだ増えているだけに、次走のスプリンターズSも期待出来るね同厩舎(橋口厩舎)には、もう1頭スリープレスナイトもいるけれど、両方とも期待できるね

 2着にはシンボリグランが突っ込んで来た僕の展開の予想では、スローペースで後方からのレースが多いシンボリグランは、ノーマークで、充分と思っていたが福永祐一ジョッキーの、センスが良かったねペースは思ったより速かったけれど、開幕週の馬場だからね後方からの馬では厳しいそこを見越した福永ジョッキーの好プレーだねしかし、勝ち馬には完敗だっただけにもしスプリンターズSに出走してきた場合は、難しいね凡走もするし、人気が無い時に走ったりするし本命にはしにくい馬だね今回の勝ち馬には、逆転は出来ないと思う

 3着にはこれまたノーマークスプリングソングこの馬は殆ど出遅ればかりで、後方からのレースを余儀なくされると思ったが・・・スタートこそ普通だったが、その後直ぐに逃げたねこの馬が逃げるとは思わなかった逃げるとわかっていれば、単穴▲評価ぐらいはしていたのに(それでもコスモベルが、あの着順では馬券的中出来ないね)それにしても武幸四郎の思い切ったレース運びが光るね1200Mだけではなく、1600Mもこなせそうなだけに今後スプリント路線からマイル路線で楽しめる馬だと思う
 4着にはジョリーズダンスが来たけれど、ちょっと開幕週の馬場がこの馬には不利だったしかし、もうおばさんぐらいの年齢なのに頑張るね今回も、もう少しで3着だったからね去年はマイル(1600M)の距離でも良かったけれど、今は1200~1400Mがベストだねもし、次走でスプリンターズSに出走るようなら、今回よりもペースが速くなると思うので、一発あるかもしれないね

 他の馬でタニノマティーニだけれど、直線の不利が痛かったもし、不利が無かったらどうなっていたかな前走のキーンランドCの最低人気での勝利は吃驚したが、今回不利が無かったら勝つのは難しかったかもしれないけれど、2着争いはしていそうな手ごたえは残っていたね次走は恐らくスプリンターズSに出走すると思うけれど、楽に先行出来るメンバー構成なら、好勝負期待出来ると思う今が一番充実しているね

 さて、GⅠ馬2頭の評価だけれど、まずはスズカフェニックスだけれど、この開幕週の馬場が、やはり向かなかったしかし、それでも勝ち負けに持ってこないといけないが、スタートが悪いねこのスタートの悪さではスプリンターズSは、不安だしかも、休養明けといってもかなりの調教量をこなしているし、早いタイムも出していたので如何にも、GⅠレースへ向けての前哨戦とはいえ、勝ちに来たレースだっただけにチョッと情けないねしかも、スプリンターズS武豊凱旋門賞のために、乗れないのかなこれは、かなりスプリンターズSは不安だね

 もう1頭のGⅠ馬のファイングレインだけれど、今回は休養明けで、調教量はスズカフェニックスとは、逆に少なかったからね次走の上積みは見込めると思うそれと好位でレースをしたけれど、無理矢理好位でレースという感じだからね高松宮記念のように、好スタートから好位で流れに乗れたら次走のスプリンターズSは好勝負出来るだろうしかし、今回勝ったカノヤザクラスリープレスナイトのような新星が現れてきた

 今回のセントウルSで、スプリンターズSに向けてのレースが、殆ど終了したと言っても良いと思うけれど、今のところ僕の本命はスリープレスナイトです

今年の成績
  的中率 79戦 7勝72敗  8.9パーセント
  回収率 495,200円使用 回収297,310円 60.0パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
 
コメント

競馬 エルムS予想 ここは、殆どメイショウトウコンで決まりだね

2008年09月17日 | 競馬予想結果
上の画像は、エルムSのゴール前のシーンです

にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今回のエルムSは、かなり自信があったので、大ショックです
 それにしても、このレースの最後の上がり3ハロンが36.6秒は速過ぎたねメイショウトウコンも36秒ジャストの脚を使っているのだから、展開が向かなかったとしか言いようがないね
 しかし、レース自体のレベルも高かったと思う勝ちタイムもけっこう速かったからね
 それでは、エルムSの反省を

 まずは強い勝ち方をしたフェラーリーピサだけれど、予想の段階でもし僕の馬券が的中しないとしたら、この馬が勝った時だと思っていたが、本当に勝ってしまったねでも、結局はメイショウトウコンも4着では、どっちみちダメだけれどね
 しかし、この馬はようやく本格化してきたと思う位置取りも、2頭が飛ばす離れた3番手を追走そして、4コーナーでメイショウトウコンに並ばれそうになった時に、抜群のタイミングでスパートをかけたそれにしても、抜け出す脚が速かったようやく本格化してきたかな折り合いも岩田ジョッキーが、乗る時は大丈夫だろう今年のJCダートは1800M今回のエルムSが1700Mだから、あと100Mぐらいなら辛抱できそう今日の内容ならチャンスだね

 2着にはトーセンブライトが、突っ込んで来た道中は後方の位置取りだったけれど、勝負所ではうまく4コーナーに取り付いたけれど、ほんの一瞬だけれど直線で外に出すのに、少しもたついたのが痛かったねしかも、その時に勝ち馬のフェラーリーピサが、トップスピードに乗っていただけにそこで、勝ち馬に差を付けられたのが痛かったもう高齢の域に達して来たけれど、しぶとい馬だねしかし、GⅠレースを勝つほどの強さは無いけれど、今後GⅡやGⅢなら怖い存在だね

 3着にはエアアドニスが、踏ん張ったね最初は速いペースになるかと思ったけれど、途中でペースが落ちたときに、折り合いを欠いて一気に3コーナーから2番手に上がってしまったチョッと速めに動いてしまったのが、痛かったがそれでも3着に踏ん張る辺りは、今調子が良いのだろう最後は脚があがってしまったが、今後に期待

 4着に僕の本命馬のメイショウトウコンだけれど、コンゴーリキシオーが、逃げなかったからねこの馬が逃げると、もっとペースも流れたはずだから、負けた原因の一つに、コンゴーリキシオー和田ジョッキーにも原因があるね展開を読み間違えた事が、僕の失敗だね自分から動いて、4コーナーでは勝ち馬(フェラリーピサ)に並び掛ける勢いだったけれど、捲りきれなかった勝ち馬のスパートのタイミングが絶好だったねラスト3ハロンで36秒ジャストの脚を使って負けたんだから仕方ない実力負けではないから、次走は怖いね

 他に気になった馬として、アドマイヤスバルが、札幌ダート3戦3勝だっただけに、かなり期待してたけれど、前に行けなかったね後方の内側を追走していたけれど、後方の馬にはつらい流れそれに、この馬は前の方に行かないと持ち味が出ないねチョッと残念なレース振りだった次走に期待

 それにしても、この日は紫苑Sもそうだけれど、1番人気に本命を選んで固く的中させにいっているのに、ダメだねなんか呪いに掛けられている気がしてきたよ

今年の成績
  的中率 78戦 7勝71敗  9.0パーセント
  回収率 488,200円使用 回収297,310円 60.9パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。



 
コメント