タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

香川うどん~うどんバカ一代~

2016年08月17日 | 四国【旅街食】を楽しむ!
超!久々に香川うどんに行ってきました。
僕らは仕事の昼食だったんだけど
世間はまだお盆なんですね~。いっぱい並んでたな~(笑)


お店の外観は派手な感じではないけど並びが
スゴいから遠くからでもすぐに分かりましたね~。
で並ぶ事20分ぐらい・・・


はい、店内です。むっちゃ色紙が飾ってあります。
この写真は一面だけだけどもう一面にもぎっしり
並べられた色紙は壮観です。

で頼んだのはコチラの名物、「釜バターうどん(中)」と
「アジフライ」、「野菜のかき揚げ」です。



 
ここのお店ははっきり言って"アイデア勝ち"だよね。
味は見た目そのままですけど「カルボナーラうどん」です(笑)

正直、アツアツですっげー美味い。バターの風味と
コショウの風味が味覚を刺激するんだよ、これ(笑)

ただね、今の僕に(中)は量が多すぎた。
よくよくメニューを見ると(小 1玉)(中 2玉)(大 3玉)
なんだね。サイドメニューを頼むのなら(小)で十分。
今度来る時は必ず小で食べよう!(笑)←そう誓ったのでした!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【公式HP うどんバカ一代

高松市多賀町1-6-7
TEL.087-862-4705

定休日/元旦のみ休み
営業時間/AM6:00~PM18:00
P:30台

メニューは公式HPでご覧下さい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴジラ(1984)

2016年08月16日 | 映画他レビュー
監督:橋本幸治 出演:田中健、沢口靖子、宅麻伸、夏木陽介、小林桂樹、内藤武敏、鈴木瑞穂、村井国夫、小沢栄太郎、織本順吉、御木本伸介、森幹太、金子信雄、山本清、加藤武、田島義文、武田鉄矢、橋本功、潮哲也、石坂浩二、江本孟紀、かまやつひろし

【解説】
大黒島沖で遭難した漁船の生存者・奥村は荒れ狂う嵐の中で巨大な怪物の姿を目撃していた。奥村を救助した東都日報の牧は生物学者・林田の助言を求めるが、林田は30年前に帝都を襲撃し東京湾で葬られたゴジラが目覚めたと推測。はたしてゴジラは復活していた。ソ連原潜を沈め、静岡井浜原発に現れると放射能を吸収し海へと消えたゴジラ。だがそれは破滅へのプロローグでしかなかった。 (allcinema ONLINEより)


 当時僕は小学5年生。今は無き地元の単館劇場「東宝」にて鑑賞。友人達と初めて観たゴジラ作品だから結構思い入れが強かったんだけど・・・小学生の記憶なんて儚いもんだな~(笑)ストーリーも全く憶えてないし、今観ると・・・つまらなかった。(言っちゃった!)

 まず当時の特撮技術に文句付けても仕方ないんだけど"サイボットゴジラ"と呼ばれる機械仕掛けのゴジラの表情ね。これが当時は(ほえ~)と感心していたもんなんだけど今観ると超不自然。これでよく当時満足したもんだなと(笑)あっでもね、ゴジラが有楽町を進撃するシーンだけは(今観ればショボいけど)多少の興奮と当時の思い入れが蘇ったかな?やっぱり特撮映画の醍醐味はこれだもんね。ミニチュアだって分かってても興奮しちゃう(笑)

 ところで俳優陣は超豪華!田中健、沢口靖子、宅麻伸、夏木陽介、小林桂樹、村井国夫、金子信雄、加藤武、武田鉄矢、石坂浩二、江本孟紀・・・当時の特撮映画ってこんなにスゴかったんだね!あの時小学生の僕が知っていたのは沢口靖子サンと武田鉄矢だけなのに(笑)でもこれも観ながら思いだしたけど沢口サンのダイコンぶりにはびっくりしちゃった。これはハンパなかったね。いやスゴかったわ~(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 4/10(10点中4点!)

ゴジラ(1984年度作品) 東宝DVD名作セレクション
東宝
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

X-MEN:アポカリプス(2D 日本語吹替え版)

2016年08月15日 | 映画他レビュー
監督:ブライアン・シンガー 出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト、ローズ・バーン、オリヴィア・マン、エヴァン・ピーターズ、コディ・スミット=マクフィー、ソフィー・ターナー、タイ・シェリダン、アレクサンドラ・シップ、ルーカス・ティル、ベン・ハーディ、ジョシュ・ヘルマン、トーマス・レマルキス、スタン・リー、ジョン・オットマン、ヒュー・ジャックマン

解説】
ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。監督は、シリーズ第1作、第2作、第5作も手掛けたブライアン・シンガー。『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイを筆頭に、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックと実力派スターが結集する。VFXを駆使した壮絶なバトル描写の数々に加えて、X-MEN結成をめぐるエピソードにも注目。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
1983年。文明が誕生する前から神として君臨していた、ミュータントの始祖でもあるアポカリプス(オスカー・アイザック)が、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートー(マイケル・ファスベンダー)など、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)は、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らと共にその行動の阻止に挑むが……。 (シネマトゥデイより)


本作でプロフェッサーXのあの衝撃の真実が発覚!(笑)

 全然知らなかったんだけど「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の3部作完結編だったんですね。「X-MEN」シリーズは予習をしていないと毎回(あれっ味方だったっけ?敵だったっけ?)的なところでいつも考え込んでしまう。。。本作も例に漏れずでしたね(笑)とは言いながらも各ミュータントの素晴らしい能力を今回でも堪能する事が出来、そこそこ楽しめたかな?というのが正直な印象です。特に学園崩壊のシーンでのクイックシルバーの救出劇はもう芸術的域でしたわ(笑)まあ一番はもちろん容姿端麗ジェニファーのミスティークですが(笑)←能力???

 けれども・・・最後の戦いはなぜか「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」と描写がダブってしまう。最近の流行りなんですかね?とにかく街を破壊し尽くして複数のキャラがドラゴンボール的な戦いを繰り広げるというかなんと言うか・・・もう少し記憶に残るような個性的なバトルシーンを作れないものですかねぇ。アポカリプスのマスクも青いだけで赤いマスクのヴィジョンとカブるもんねえ(笑)

 でもでもラストの戦いで・・・誰もが知るプロフェッサーの容姿の秘密が明かされる!これは必見です(笑)あといつものお約束ですがエンド・クレジットが終わるまで席は立ってはダメです。製作された方々に敬意を払って最後まで鑑賞しましょう(笑)

P.S. 今作でもウルヴァリンのちょい出演有!でもヒュー・ジャックマンのウルヴァリンだけが他のミュータントと違って若くないんだよなあ。。。この3部作では配役変更した方が良かったのでは? 
 
タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)
コメント   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ペット(2D 日本語吹替え版)

2016年08月13日 | 映画他レビュー
監督:クリス・ルノーヤー、ロウ・チェイニー 出演:ルイス・C・K、エリック・ストーンストリート、ケヴィン・ハート、ジェニー・スレイト、エリー・ケンパー、レイク・ベル、ダナ・カーヴィ、ハンニバル・バレス、ボビー・モナハン、スティーヴ・クーガン、アルバート・ブルックス

【解説】
世界中でヒットを記録した『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・ピクチャーズが作り上げた、ペットたちの知られざる世界に迫るアニメ。人間たちの留守中に犬や猫や小鳥といったペットたちが、どのように過ごしているのかをユーモアたっぷりに映す。『ロラックスおじさんの秘密の種』に携ったクリス・ルノーとヤーロウ・チェイニーが監督を担当。飼い主たちが知らないペットたちのキュートな姿に笑いがこみ上げる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
犬のマックスは、ニューヨークで大好きな飼い主のケイティと最高のハッピーライフを送っていた。ところが、ケイティが大型犬デュークを新たに連れてきたことから、マックスの生活環境はガラリと変化する。マックスとデュークが何とか自分が優位に立とうと頑張っていたある日、ひょんなことから彼らは迷子になってしまい・・・。(シネマトゥデイより)


原題は『The Secret Life of pets(ペットの秘密の生活)』
(↑こっちの方がいいと思うんだけど。「テッド」みたく短いロゴを狙ったんかな?)


 「ペット」というタイトルだけでワクワクする人ってのは相当動物好きだと思う。でも僕は(そのタイトル、本当に大丈夫?)の部類の人なんです(笑)けどね、今作は「ミニオンズ」を作ったメンバーって言うんだからそりゃあ期待して観に行くしかないでしょう!というワケでいつものようにチビと二人で鑑賞です。

 主役のワンワンのマックスとデュークはひょんな事から飼い主の部屋を離れ、人間を敵だとみなす動物軍団のスノーボール達に追われるはめに。そんな行方不明となったマックスを探しに近所のペット達も慣れぬ外界の旅に出る事となる。この流れだけ聞けば完全に「トイ・ストーリー」パクリ? でも全然違う見せ方なんですけどね。

 テイストはやっぱり「ミニオンズ」。僕らは次から次へと起こる(可愛らしい事件の)軽快なテンポに身を任せる事となる。一瞬の隠しソングでは「HAPPY!」が!しかも同時上映のミニオンショートムービーに登場するガーデニング人形まで登場。腹ペコのマックスとデュークが忍び込んだソーセージ工場では擬人化されたソーセージ達と絡み合う描写が。これって絶対ミニオンズ的世界だよね(笑)相も変わらずスタッフの遊び心満載である。こんな感じだからずっと笑いっぱなしだったのかも(笑)

 とにかく観ていて"動物達のしぐさが超かわいい" オッサンですら萌え萌え(笑)ホント、ペットを飼いたくなる!でもね、ここで勘違いしちゃあいけない。最後まで面倒を見る事が出来ない人は絶対に動物は飼っちゃいけない。そういう人は映画を観て満足する事。この作品は僕みたいな輩が勘違いする為でなく愛ある人が更に動物を可愛がる為の作品なんだって終わった時に理解しました。うーーん、深い(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

P.S.同時上映は「ミニオンズ:アルバイト大作戦」
やっぱりどこまで行ってもミニオンズはバナ~ナ~!だよねぇ(笑)








このガーデニング人形、「ペット」のあるシーンでも登場します(笑)
コメント (2)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ブリッジ・オブ・スパイ

2016年08月07日 | 映画他レビュー
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティン・ストウェル、ミハイル・ゴアヴォイ、ウィル・ロジャース

【解説】
『ターミナル』以来のタッグとなる、スティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス大作。東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏に迫る。『ノーカントリー』で第80回アカデミー賞監督賞を受賞したジョエル&イーサン・コーエンが脚本を担当。一介の弁護士が挑む実現不可能と思われた作戦で、思いがけないアプローチを試みる姿に意表を突かれる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズ(オースティン・ストウェル)の交換という任務を任され……。(シネマトゥデイより)


 スピルバーグとトム・ハンクス。このゴールデンコンビだったら、まあハズレはないよね(笑)今作では敵国であるソ連のスパイの弁護を引き受ける弁護士をトムが好演。スパイであるアベルとトム演じるドノヴァンに芽生える友情は観ていて「E.T.」の如く。スピルバーグお得意のお家芸だよね。勿論さすがと思わせるのは人物描写だけでない。ベルリンの壁建設描写もすっごくリアルで(このようにしてドイツは東西分離されたのだ。)と強く意識する事となった。ラストではアベルをソ連に引き渡す際、ドノヴァンが彼に聴いた言葉が強烈に印象が残り・・・。(祖国の為に人生を捧げたアベルのその後が分かってしまうそのシーンに)また一人涙して鑑賞したのでありました。

タケヤの絶対的偏見評価 6/10(10点中6点!)

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント (6)   トラックバック (14)
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ゴジラ

2016年08月01日 | 映画他レビュー
監督:庵野秀明、樋口真嗣 出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、嶋田久作、古田新太、前田敦子、松尾スズキ

【解説】
『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明と『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が総監督と監督を務め、日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮。現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写する。内閣官房副長官役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊、アメリカの大統領特使役の石原さとみほか300名を超えるキャストが豪華集結。不気味に赤く発光するゴジラのビジュアルや、自衛隊の全面協力を得て撮影された迫力あるバトルに期待。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。 (シネマトゥデイより)


 予告編でゴジラの尻尾が街の上空をグワァ~ってかすめていくシーンに超期待シタヨ!
 
 開始早々東京湾で爆発が起こり、(いきなりゴジラ出現?)と胸高まる展開。けれども地上に降り立った怪獣はゴジラとは180°かけ離れた風貌の目ん玉グリグリの怪獣が。。。ただ、滞留しているボートを押しのけ川を進んでいくその描写はね、最高にリアルで素敵なんだ。(キモい液体をまき散らす姿は気持ち悪かったけど(笑))どうもこの姿は僕らの見慣れたゴジラの変形前らしい(笑)そうきたか!いい感じだねえ。早くいつものゴジラになって街を破壊しまくってよ(笑)

 と思ったのも束の間、その後は日本政府の対策会議等の描写が異常に長い。(今思えば冒頭シーンもそうだった。)これにはチビともども辟易してしまう。。。いや分かるよ。いきなり巨大生物が現れたらさ、色んな対応に追われるやね、政府も。でもリアル描写長過ぎ。こんなに細かくて長くなくてもいいんじゃないの?ここで大分心が折れてしまったよ。。。

 その後、鎌倉にゴジラが現れ、期待以上に街を破壊し、自衛隊やアメリカ軍とも一戦交えるもまたもや、作戦会議の描写の長さに更に辟易。なんか初フルCGって事でこれまでにない迫力が最高に素晴らしい作品なんだけど、どうも政府の危機管理描写に重点を置きすぎているような気がする。怪獣映画なんだからもう少しエンターテイメントに徹しても良かったんじゃないかなあ?それなら過去作品を観ろって?そう言われると身も蓋もない(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 5/10(10点中5点!)
コメント (8)   トラックバック (31)
この記事をはてなブックマークに追加

マイ・ファニー・レディー

2016年07月18日 | 映画他レビュー
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 出演:オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、ウィル・フォーテ、リス・エヴァンス、ジェニファー・アニストン、オースティン・ペンドルトン、シビル・シェパード、リチャード・ルイス、ジョージ・モーフォゲン、イリアナ・ダグラス、デビ・メイザー、テイタム・オニール、ジェニファー・エスポジート、マイケル・シャノン、ルーシー・パンチ、クエンティン・タランティーノ

【解説】
『ラスト・ショー』などで知られるピーター・ボグダノヴィッチによるロマコメ。コールガールからハリウッドスターとなった女性と、その成功のきっかけを与えた舞台演出家の出会いを追い掛ける。『ミッドナイト・イン・パリ』などのオーウェン・ウィルソン、『ニード・フォー・スピード』などのイモージェン・プーツ、『バウンティー・ハンター』などのジェニファー・アニストンら、実力派が結集。クセありワケありのキャラクターたちにふんした彼らの妙演に加えて、軽妙な語り口にも注目。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ(イモージェン・プーツ)。とあるスタジオで記者からインタビューを受けていた彼女は、かつて高級コールガールだったことをあっけらかんと告白する。やがて、初対面の客であったブロードウェイの人気演出家アーノルド(オーウェン・ウィルソン)から、自分の将来のために3万ドルをプレゼントしたいという不思議な申し出を受けたのを機に歩み始めた、女優への道とそれにまつわる複雑で奇妙な人間模様についても語りだすが……。 (シネマトゥデイより)


 ちょっとHで素敵な女性と一緒に鑑賞でもしたら、二人とも大笑いして"面白い!"なんて言ったかもしれないけど、なぜか今回は自分の心は打たれず。。。(一人で観たから?(笑))偶然、偶然、そしてまた偶然!の度重なるストーリー構成がダメだったのかもね?それでも久々に見たイモージェン・プーツ(だと鑑賞中は気付かなかったが・・・)が可愛かった事だけが救いかな?(『フライトナイト/恐怖の夜(3D 字幕版)』参照)あ、あと最後にいきなり出てきたタランティーノにはびっくりした! 以上です(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 4/10(10点中4点!)
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

母と暮せば

2016年07月17日 | 映画他レビュー
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功

【解説】
「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしの遺志を名匠山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。母親を名女優吉永小百合が演じ、息子を『プラチナデータ』などの二宮和也が好演。ほのぼのとした中にも戦争の爪痕を感じる展開に涙腺が緩む。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)がふらりと姿を見せる。あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいたが……。(シネマトゥデイより)


 前半は少し尺が長いなあと感じた。何度も何度もニノが母の元に現れるからね。(話が前に進まない気がしてね。)そういう点ではこの作品は舞台が合っているのかも?それでもさすがは山田監督。後半は涙なくして観られない。お互いに愛し合っているのに死してしまった者。生きていかなくてはならぬ者。その二人の葛藤をよく描いていると思う。(このまま彼女を前に進ませなくてもいいのか?)(彼以外の人を私は愛してもいいのか?)ただ・・・死してしまった者の心情描写というのはやはり生きている者の想像力だと思う。(けれどたとえそうだとしても)華チャンが演じる町子の揺らいでしまう心は生きていれば仕方のない事なのだ。亡くなってしまった浩二にとっては切なく苦しい"現実"だとは思うけれど。

タケヤの絶対的偏見評価 6/10(10点中6点!)

母と暮せば 豪華版 初回限定生産 [Blu-ray]
松竹
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜかここのところ・・・

2016年07月03日 | ●日々の思いと出来事
すいません、ご無沙汰しております。タケヤです。
結構、バタバタしましたが元気にしております(笑)

1ヵ月も更新をサボッってしまったのは多分・・・
この7年間の間で初めてではないかな?

でもね、なぜか(忙しいという事以上に)
書こうという意欲が湧かないというか、
ネタがないというか・・・そんな感じなんです。

この記事をきっかけに(バーーーン)と意欲が
増せばいいんだけどなぁ。

あっあとね、映画も観てないんです。それも
大きな要因かな?
今日は帰りにレンタルDVDでもしていこうかなあ。。。

以上、ホントの独り言でした!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

映画検索【は~わ】

2016年07月03日 | ■映画 INDEX【は~わ】
※映画のタイトルで記事を1発検索!です。「映画~」「劇場版~」等の文字がタイトル冒頭につく場合は外して検索して下さい。

は~ほ 作品

バーレスク
ハウンター
バクマン。
バケモノの子
パシフィック・リム(2D 日本語吹替え版)
バック・トゥ・ザ・フューチャー
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2
バットマン(1989)
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
バッド・ティーチャー
母と暮らせば
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ハリー・ポッターと死の秘宝 part1(劇場観賞)
ハリー・ポッターと死の秘宝 part2(劇場観賞)
バレンタインデー
ハンガー・ゲーム
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
阪急電車~片道15分の奇跡~
ピース オブ ケイク
HERO(2015)
ビー・バップ・ハイスクール (1985)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌 (1986)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988)
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇(1988)
ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY
美女と野獣(2014)
陽だまりの彼女
P.S.アイラヴユー
ピクセル(3D 日本語吹替え版)
ヒックとドラゴン
ビッグ・フィッシュ
ヒューゴの不思議な発明
ファミリー・ツリー
フィフス・ウェイブ(2D 字幕版)
風俗行ったら人生変わったwww
フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白
42~世界を変えた男~
舟を編む
Beautiful Life ~二人でいた日々~
フライト
フライトナイト/恐怖の夜(3D 字幕版)
フライトプラン
フランケンウィニー(2D 日本語吹替え版)
プラチナデータ
プリズナーズ
ブリッジ・オブ・スパイ
プリティ・ウーマン(1990)
プリズン・ブレイク
プレーンズ(2D 日本語吹替え版)
フロム・ダスク・ティル・ドーン
ベイブ
ベイマックス
ペット
HOME 愛しの座敷わらし
ホビット 思いがけない冒険
ホビット 竜に奪われた王国(2D 字幕版)
ホリデイ
ホワイトハウス・ダウン


ま~も 作品

マイ・インターン
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
マイ・ファニー・レディー
マッドマックス 怒りのデス・ロード
マネーボール
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
まほろ駅前多田便利軒
マリリン 七日間の恋
マレフィセント
マン・オブ・スティール(3D 日本語吹替え版)
ミスターGO
ミッション:インポッシブル
M:i:III(ミッション:インポッシブル3)
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
ミッション8ミニッツ
ミニオンズ(2D 日本語吹替え版)
メン・イン・ブラック3
モテキ
ものすごくうるさくてありえないほど近い
百瀬、こっちを向いて。
MONSTERZ モンスターズ
モンスターズ・ユニバーシティ(2D 日本語吹替え版)


や~よ 作品

ヤング≒アダルト
郵便配達は二度ベルを鳴らす
欲望のバージニア


ら~ろ 作品

LIFE!
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
ライラの冒険~黄金の羅針盤~
ラストスタンド
ラスト・ナイツ
ラブリーボーン
リアル・スティール
リーピング
理想の彼氏
流星ワゴン
リンカーン
リンカーン/秘密の書
ルーシー
LOOPER/ルーパー
るろうに剣心
るろうに剣心 京都大火編
るろうに剣心 伝説の最期編
レイダース/失われたアーク《聖櫃》
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
LEGO(R)ムービー
レヴェナント:蘇えりし者
レ・ミゼラブル
恋愛だけじゃダメかしら?
ローン・レンジャー
ロックアウト
ロボコップ(1987)
ロボコップ2(1990)
ロボコップ(2014)
ロボジー


わ   作品

ワイルド・スピード MEGA MAX
ワイルド・スピード SKY MISSION
私が、生きる肌
わたしだけのハッピー・エンディング
私の男
私の中のあなた
藁の盾 わらのたて
ワン・デイ ~23年のラブストーリー~


【番外編】

勝山・町並み保存地区~男はつらいよ 48作目撮影場所を散策~
仮面ライダー フォーゼMOVIE~公開記念舞台挨拶~
港町 鞆の浦~ウルヴァリン:SAMURAIのロケ地を散策 
西大寺中三丁目~ALWAYS 三丁目の夕日~の撮影場所を訪ねて
仁風閣~「るろうに剣心」の撮影にも使用された由緒ある明治建築
スターウォーズ~コンプリートサーガ~Blu-ray ver.
ついに・・・買ってしまった「R2-D2 懸賞品ラジオ」
西尾劇場~レトロ映画館~20世紀少年撮影場所を訪ねて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グラス・ホッパー

2016年06月05日 | 映画他レビュー
監督:瀧本智行 出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠、菜々緒、金児憲史、佐津川愛美、山崎ハコ、村上淳、宇崎竜童、吉岡秀隆、石橋蓮司、佐藤貢三、崔哲浩、永倉大輔、山中聡、黒石高大、中村織央、クラ、光山文章、前野朋哉、浦野REN

【解説】
人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、『人間失格』などの生田斗真主演で映画化したサスペンス。恋人を殺害した犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える元教師、人の心を操り自殺に追い込む殺し屋、その命を狙うナイフ使いの殺し屋の運命が、それぞれの思惑を抱えながら交錯していくさまが展開。監督は、『脳男』に続き生田とタッグを組む瀧本智行、脚本を『あなたへ』などの青島武が担当。共演には日本のみならず国際的に活躍する浅野忠信、Hey! Say! JUMPの山田涼介が顔をそろえる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。(シネマトゥデイより)


 例によって伊坂センセイの原作は未読。ただね、「脳男」の瀧本監督と生田斗真だから絶対面白いと思ってたんだ。でもその期待は見事に裏切られる事となる。。。

 なんて言うのかな?今の現代ではあまりにミスマッチなストーリーでチープ過ぎるんだ。大体この平成に寺原の組織みたいなの絶対ないっしょ?はっきり言って。例えあったとしてもやる事なす事、目立ち過ぎ。こんな組織、すぐネットで話題になるって(笑)また殺し屋下請の岩西を演じる村上淳。・・・別の意味でヤバいっしょ(笑)全体的にどの俳優のセリフも浮き立っている感があってなんだかなあって・・・。極めつけは麻生さんの最後の丁寧なご説明。もう少し違う角度での種明かしはなかったのかしらん?秘密組織はそんなに簡単に口割らないよ、イヤ、ホント。そして決定打は・・・ストーリー展開が今一歩面白くないという事。観ていて全然ハラハラしない。超期待外れで残念でしたわ。

タケヤの絶対的偏見評価 4/10(10点中4点!)

グラスホッパー スタンダード・エディション [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「2016年春 瀬戸大橋スカイツアー」が当たったよ!

2016年06月04日 | 四国【旅街食】を楽しむ!
5月のGWも「あっ!」と言う間に終わり
早いものでもう6月ですねえ。。。ホント早い。

でもこの季節は週末を色々と楽しませてもらってます。
今回のお話も先週土曜日(5月28日)のお話。

な、なんと・・・「瀬戸大橋ツアー」に当たったのであります。
と言ってもいつものごとくつれあいが応募してたんですけどね(笑)


というワケで瀬戸大橋のSA「与島」まで行ってまいりました!


さあ、受付をしに行こうっと。


こちらは注意書きです。


写真のトコロまで歩いていくみたい。


今回、ガイドをしていただく方です。
すっごく丁寧に色々とご説明いただきました!


この建物(?)からエレベータに乗って・・・


この写真右に見える登頂まで行けるみたいです。

 
建物の中に入りました。そして小さなエレベーターに乗って・・・


さあ道路下まで来たゾ!写真だとわかりにくいね(笑)
瀬戸大橋って車が通る道路の下を電車が走っているのですが
ちょうどその横を歩いていくみたい。

  


車から見る景色もなかなかいいけどこの高さの景色もなかなかいいよね。

  
あっ電車が通っていった。(確かガイドさんの話だと)
一日143本の上下線が通るとの事。だから結構な頻度で横を
走っていくんだよねえ。


また来た(笑)


案外下を見るとコワいよ。。。


さあ地上(?)に出ました。すぐ横が道路だから
自動車やトラックがビュンビュン走っていきます。

ここから少し歩いてまたエレベーターでいよいよ登頂です!


さあ着いた~。
写真的には、もう少し天気がいいと良かったんだけどね。
でも景色は最高。ここの場所、案外壁が高いから思った程
怖くはないんだよね。風もなかったし。







  

  


チビは少し持ち上げないと景色が見られないんだよね。
壁の高さとしては140センチぐらいかな?多分そんなもん。

  
じゃあ絶景を楽しんだら・・・また歩いて帰ります。
この柱の中がメカメカしてて個人的には好き(笑)
ちょっとSW気分。

  




帰りの景色は東側を見ながら。こっちも悪くないね(笑)


足元は相変わらず怖いけど・・・。

  
東側は民家が多い為、防音対策がされています。




最初の場所(コンクリートの建物ね。)に戻ってきました。
このエレベーターってよく見るとむっちゃ簡易タイプ(怖っ)


建物の中は展示物がたくさん。ガイドさんの話を聞いていて
へぇーーースゲエなあ!って思う事ばっかだった。

 

  
でそんな素晴らしいガイドも終わり・・・
いよいよツアーも終わりに近づきました。



今回、このツアーに参加させてもらって僕、ふっと思いました。
今って四国のお客様に本当に助けてもらっている事が多くて・・・
でもそれってこの瀬戸大橋があるからなんだなあって。

橋がなかったら製品商品の納品もできないし、営業に行くのも
大変だしね。橋ができる前は船で行き来してたって聞きましたしね。

そうやって考えるとこの橋の工事に携わった先人の方々に本当に
感謝だなあって思いました。


人って普段は気が付かないけど、
こうやって色んな人達に助けられてるんだね!
最後はマジメに語ってしまいました(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マイ・インターン

2016年05月29日 | 映画他レビュー
監督:ナンシー・マイヤーズ 出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アンダーズ・ホーム、アンドリュー・ラネルズ、アダム・ディヴァイン、セリア・ウェストン、ナット・ウルフ、リンダ・ラヴィン、ザック・パールマン、ジェイソン・オーリー、クリスティーナ・シェラー

【解説】
ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイというオスカー俳優が共演を果たしたヒューマンドラマ。年齢・性別・地位も違う男女が出会い、徐々に友情を育んでいく過程を描く。メガホンを取るのは『ハート・オブ・ウーマン』『恋するベーカリー』などで知られるナンシー・マイヤーズ監督。高級ブランドからカジュアルスタイルまで網羅したファッションはもとより、女性にエールを送る物語に夢中になる (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。 (シネマトゥデイより)


 シニアインターンとして"今時の"会社に"再"就職したベン。女性CEOのジュールズは70代のベンをとても嫌がるのだけど・・・誰にも好かれるその性格から徐々にジュールズの信頼を勝ち得ていく・・・

 ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ。魅力的な組み合わせの二人だよね(笑)でもね、そんな魅惑的な二人でも上手く化学反応を起こせなきゃ・・・と言いたいけど実際に鑑賞したら「すっごく心が満たされる」素晴らしいヒューマンドラマでしたね!
 
1.いくつになっても新しい事にチャレンジしようとするその心
2.年代を超えて愛されるその性格
3.どんな相手に対しても忘れない気遣い


 ベンはこの3つをさらっと出来る人。またデ・ニーロが演る事によってますます真実味が増すんだ(笑)これを現実の人生で実践してみようとすると・・・実行はすっげえ難しい(笑)70歳まであと20数年かぁ。う~ん、頑張ってみるよ、やれるだけ(笑)

 アンの演じるジュールズもこれまたむちゃくちゃ素敵な女性なんだけど・・・残念ながらこんな(中身も外見も)可愛らしいCEOはいない・・・多分ね。旦那に浮気されたら現実の女性CEOなら・・・ねぇ(笑)こんなに可愛くラストはまとまらないよ、きっと(笑)でもそれを差し引いてもね、素敵すぎるドラマだった事には間違いありません。

 やはりどんなに時代が変わっても大切なものは「人と人とのつながり」だよね。(仕事に関しては特にそう思う。)改めてその事を強く感じる事のできた作品でした。

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
コメント (6)   トラックバック (21)
この記事をはてなブックマークに追加

何かが憑りつかれているとしか思えない!(久々のゴルフ編)

2016年05月22日 | ●休日の過ごし方
昨日はお客様のコンペに参加させていただきました。

実に半年振りのゴルフ。まあ自分で言うのもなんですが
さぞかしおぞましいスコアを出すんだろーなーと
予想していましたが・・・

なんと前半ハーフでPARが4つ!!!
初めてのハーフ40台スコア!!!

何かが憑依しているとしか思えない(笑)

まあでも昼には例のごとくベロンベロン・・・
後半はいつも通りの結果と相成りました(爆)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

島と島をつなぐ「黒島ヴィーナスロード」を歩いてきた!

2016年05月18日 | 中国【街旅食】を楽しむ!
今更ながら続きデス。(GW 5/2)

オリーブ園の後、僕らは海沿いのリゾートホテルに
向かいました。ここがびっくりするぐらいバブリーなホテルで(笑)


すごいっしょ?(笑)

  

 

今日はここからね、無人島(細かく言うと住民がお二人)へ船で行くのです。
もちろんこれもつれあいが事前予約をしていたプランでございます(笑)

「黒島」ってところみたい。「黒霧島」じゃないよ!


このオサレーな船で行くのかな~~?と思いきや・・・


これみたい・・・「兄弟船」じゃないかーーーーい!!!

"波の谷間にぃ~命の花ぁが~♪"まあ男らしく行くぜ(笑)←あきらめ。

  


船に乗って5分ぐらい。あっという間に見えてきました。「黒島」
っていうかホテルから見えてましたけどね(笑)


着く直前です。


さあ上陸!


あそこの「中ノ小島」までヴィーナスロードから歩いて行くぞー!




島から見た本土。ちっこいホテルが見えるかな~。




周りの人達は反時計まわりで歩いて行くが僕は時計回りで。


歩きにくい!けど人と一緒はいやじゃない?ねぇ(笑)


で裏側まで歩いてきた!でももうひとつの
最後の島(端ノ小島)までは行けそうにないですねえ。。。時間的に。
(船のお迎えまでの時間40分。間に合わなければ・・・(怖っ))


というワケで・・・海水に浸かって帰ります!


着いたっ!相変わらず楽しい時間はあっと言う間だね。


あばよ~~って言ってる間にもう着きそうだ(笑) 

この日は暑かったけれど、海水に足を浸けて
涼しくなったかな。水遊びってのは暑い日にゃあ
いいもんだね(笑)サイコーだ。

                                      というワケで(?)続く
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加