ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 京成杯予想(2019) 固い決着になりそうです

2019年01月13日 | 競馬予想
 3歳クラシックにむけて賞金を加算したいレース。中山2000Ⅿコースで行われるが、なぜかクラシックに直結しないレース。しかし、時には大物が出てきたりするので注意してみる必要はあるだろう。個人的なイメージで実績がそのまま信頼できるレース。今の中山コースは外差しが決まっている傾向なので、ここは前走で鮮やかな差しを決めたシークレットランの1着固定で狙える。

 ◎ 9 シークレットラン
 △ 2 ヒドゥンタイム
 △ 5 ランフォザローゼス
 △ 6 カテドラル
 △ 7 ラストドラフト
 △ 8 カフジジュピター
 △11 リーガルメイン
 × 1 カイザースクルーン
 × 4 マードレヴォイス
 ×10 ナイママ
 ×12 ダノンラスター

 買い目 三連単フォーメーション1着固定
 1着 9
 2着 2、5、6、7、8、11
 3着 1、2、4、5、6、7、8、10、11、12          合計 54点
コメント

競馬 日経新春杯の予想(2019) 本命は簡単に決まりましたが。

2019年01月13日 | 競馬予想
日経新春杯の予想
 伝統の一戦である重賞のハンデ戦。京都外回りコースの2400Ⅿ戦。古豪と勢いのある4歳になったばかり勢いのある若手の戦いだ。毎年勢いのある4歳馬が活躍するレース。昨年は4歳馬が出走していなかったが、今年はデーター的に、そして強い4歳馬の世代だと考えれば、ここは4歳馬を本命にするしかないだろう。そんな中でも4歳馬の大将格はグローリーヴェイズ。この馬についてアレコレと弱点を探してみたが、本命評価から下げる要因が全く見つからなかった。

 ◎ 2 グローリーヴェイズ
 ▲ 4 アフリカンゴールド
 ▲16 ムイトオブリガード
 △ 5 シュペルミエール
 △ 6 サラス
 △10 ルックトゥワイス
 △11 ノーブルマーズ
 △12 メイショウテッコン
 × 7 ガンコ
 ×15 ロードヴァンドール

 本命は2番のグローリーヴェイズ。前走の菊花賞は5着とはいえ、後に有馬記念を勝つブラストワンピースとは半馬身差。ラストの脚は勢いで優っていたぐらいだ。その菊花賞は大外枠、超スローペースなど並みの馬なら惨敗確実の要素ばかり。むしろ菊花賞のレースでこの馬の能力の高さを見せつけたと考えた方が良いだろう。その菊花賞に比較して明らかに今回は条件が好転している。距離の2400Ⅿはよりレースがしやすいだろうし、この内枠は良い。しかもジョッキーのM・デムーロとの相性はぴったりだし、ハンデにも他馬との比較でも恵まれた感すらある。展開もこのメンバーなら平均ペースで流れそうなのでこの馬には絶好だろう。菊花賞から少し間隔があるが、それとて昨年のこの馬の使われ方ならきっちりローテーション通りと言える。能力はあるし、枠順、展開、そしてハンデなどによる不安要素が全くない。ここは不動の本命。

 単穴には2頭挙げる
 まずは4番のアフリカンゴールド。前走の菊花賞では惨敗したが非常にちぐはぐなレース振り。あの大敗で評価を下げる必要はないし、むしろここは昨年の未勝利を勝ってからの成績と内容に評価するべきだろう。勝ったレース内容は本当に素晴らしい。好位にサッとつけて、直線で抜け出す時に軽く仕掛けただけで他馬を引き離してしまうレース振りに相当な能力を感じさせる。菊花賞はジョッキーが3000Ⅿの距離を意識しすぎて本来のレースが出来なかったが、今回の2400Ⅿならこの馬の得意のレースパターンに持っていける。しかもハンデの52キロはこの馬の能力からは相当恵まれた。ドイツのトップジョッキーであるミナリクが乗るのも非常に心強い。ハイレベルの4歳世代のこの馬もこれぐらいの評価は必要だ。

次に16番のムイトオブリガードを挙げる。今年は例年の如く強い4歳馬が4頭出走してくるが、そんな勢いのある若手を迎え撃つ古馬の代表がこの馬だろう。しかし、大外枠は大きなマイナス。しかし、前走のアルゼンチン養和国杯では超スローペースを最後の3ハロンを32.5秒で追い込んできた末脚は侮れない。本来はスタートが良い馬だから前走のレース内容は不完全燃焼と言えるだけに能力をフルに発揮できるようだと4歳馬もまとめて負かしてしまう可能性はある。この大外枠が響いて馬群が固まる外々を回る展開になってしまうと辛いが、縦長の隊列になりそうなメンバーの組み合わせなだけに距離ロスを最小限に止めることができれば、この馬の充実度、前走の内容から古馬の貫録を見せるか。

 △評価では6番のサラス。確実な末脚は京都外回りコース向き。ハンデの49キロはかなり不気味なので2着に突っ込んで来ても驚けない。11番のノーブルマーズはもっと内枠が欲しかったが、宝塚記念で3着に突っ込んできた実力は警戒が必要だろう。

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 2
 2着 4、5、6、10、11、12、16
 3着 4、5、6、7、10、11、12、15、16

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 4、16
 2着 2
 3着 4、5、6、7、10、11、12、15、16            合計 72点


    
コメント

競馬 フェアリーS予想(2019) スピードで押し切れそうです

2019年01月12日 | 競馬予想
フェアリーS予想
 3歳牝馬限定重賞レースの今年の一発目。まだキャリアの浅い馬たちばかりなので重賞レースといえども1勝馬クラスの馬が殆どというメンバー構成。しかも、中山1600Mコースというトリッキーな形態なので予想は難しい。能力のある馬を本命にすれば良いというレースでもなさそうだ。
 キャリアの浅い馬ばかりで、まだ脚質が固まっていないだけに難しいが、とりあえず展開を読む。恐らく逃げるのはデビューからの2戦を1200M戦を使ってきている5番のサンタンデールが枠順的にも逃げるか。しかし、この馬が前走のようにそれほど逃げる気を見せなければ8番のホウオウカトリーヌが逃げる可能性がある。いずれにしろ逃げ争いになることはないだろうし、1000Ⅿ通過が1分を切るか切らないかの平均かそれより遅いペースの可能性もある。ここは先行馬が展開の恩恵を受けそうだ。何かと不安要素が多い3歳牝馬のレースで自信をもって頼れる馬が見当たらないのが現状だが、この時期にしては比較的レース経験が豊富で安定感のある馬を見つけることができたので、その馬を本命に推しておく。

 ◎ 8 ホウオウカトリーヌ
 ▲ 2 アゴベイ
 ▲11 アクアミラビリス
 ▲12 チビラーサン
 △ 3 エフティイーリス
 △ 6 レーヴドカナロア
 △ 9 プリミエラムール
 × 1 フィリアプーラ
 ×13 グレイスアン
 ×16 アマーティ

 本命は8番のホウオウカトリーヌを挙げる。スタートが良く、楽に好位に付けられるスピードはこのメンバーなら一番だろう。それにある程度キャリアを積んでいるのがこの時期のレースでは大きなアドバンテージになりそうだし、成績的に安定感があるのも良い。1200Ⅿ戦を2勝しているように1600Ⅿの距離がどうなのかという不安はあるが、東京の1400Ⅿ戦で2着に負けたが、その時に最速の三ハロンの上りを繰り出しているし折り合いは付くので1600Ⅿがこなせないと思えない。しかも、中山1600Ⅿコースならこの馬のスピードが東京コースよりも活かせそうだ。4コーナーでは余力充分にラストの直線に向いてゴール板まで粘り切る、何回レースのシミュレーションをしてもそんなシーンばかり思い浮かぶ。

 単穴には3頭挙げる
 まずは2番のアゴベイを挙げる。追い込みタイプの馬だが、前走は相当な距離ロスが響いて2着。4コーナーであそこまでスピードを落とす必要があったのか?と思わせるレースだった。その点で今回は北村宏司ジョッキーに乗り替わるのは大きなプラス材料。外を回るレースばかりしているが、そんなレースをしていては勝てそうにないが、この枠順を活かして距離ロスの無いレースをすれば最後の直線で俺の本命馬を抜き去ることができるか。

 次に11番のアクアミラビリスを挙げる。お姉さんはエリザベス女王杯を勝ったり、有馬記念でも2着に食い込んだクイーンズリング。注目の良血馬だ。前走のデビュー戦は素質の高さを感じせる圧巻の走り。もしこれが東京1600Mのコースのような紛れの少ないコースだったら本命にしていた。能力はこのメンバーでは一番だと思うが、デビュー戦で見せたスタートの出遅れは心配。新馬戦だったから二の足を効かせて好位に取り付けたが、今回は前走とは相手もスタートからペースも違うので位置取りが後方になりそうで心配だ。しかし、そんな心配をぶっ飛ばす快走を見せてくれるだけのポテンシャルも感じられるのでこれ以上は評価は下げられない。

 次に12番のチビラーサンを挙げる。ちなみに馬名の由来は沖縄の方言で『きびきびとした、かっこいい』という意味。これからは『チビラーサンですね!』と言われたら大いに喜べばいい。デビュー戦こそスタートはしっかり決めたが、前走は出遅れて後方からのレースを余儀なくされてしまった。しかし、終わってみれば最後は着差をつける余裕の勝利。今回は枠番も偶数の最後の方なので、出遅れずに普通にスタートが切れる可能性が高いと思う。スタートを決めて好位からレースを運び、前走で見せた決め脚を発揮すればここも勝てる可能性はある。

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 8
 2着 2、3、6、9、11、12
 3着 1、2、3、6、9、11、12、13、16

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 2、11、12
 2着 8
 3着 1、2、3、6、9、11、12、13、16             合計 72点

 
 

 
コメント

映画 にがい米(1949) ネオリアリズモの傑作です

2019年01月12日 | 映画(な行)
 戦後のイタリアはナチズム、ファシズムの恐怖から必死で抜け出そうとしていた頃。そんなイタリア庶民の哀歓を現実的な描写で描いた1940年代半ばから1950年代の後半にかけてのイタリア映画の様式をネオリアリズモと呼ぶ。確かにこの時期のイタリア映画は傑作ぞろい。ロベルト・ロッセリーニ、フェデリコ・フェリーニ、ルキノ・ヴィスコンティ、ヴィットリオ・デ・シーカといったイタリアが生み出した世界的名監督達はネオリアリズモから出発した。そんなネオリアリズモの代表的な作品なのが今回紹介するにがい米。イタリアの食い物といえばパスタが真っ先に思い浮かぶが、本作はタイトル名から想像できるように水田の農村を舞台にした映画。イタリアの戦後の映画らしく、貧しさから抜け出そうと苦しみもがく人々の様子が描かれている。そこにはセンチメンタルな感情をいっさい廃しただけでなく、夢も希望も感じられない。
 確かに内容は暗いが、画面を通して目立っているのは当時18歳のピチピチギャルのシルヴァーナ・マンガーノ。服の上からでも爆乳だとわかるド迫力ボディは、日本の巨乳ギャルを見慣れている俺でもビックリするぐらい。自慢のオッパイを揺らしながら踊っている様子は大昔の映画なのに今観てもエロい。

 貧困から安易に抜け出そうとするバカップルから労働の有難さがわかる?ストーリーの紹介を。
 北イタリアのポー川流域において。この地域には毎年出稼ぎに多くの女性がやってくる。その中に紛れて、首飾りを盗んで警官に追われているウォルター(ヴィットリオ・ガスマン)の彼女であるフランチェスカ(ドリス・ダウリング)の姿もあった。フランチェスカはウォルターから首飾りを預かっていたのだが、その高級そうな首飾りに目がくらんで彼女に近づいてきたのが爆乳娘のシルヴァーナ(シルヴァーナ・マンガーノ)。後からウォルターがやって来たのだが、なんとシルヴァーナはウォルターを好きになってしまい更には彼の米盗みの計画に加担してしまうのだが・・・

 いつの間にか三角関係、四角関係になっているように見えたが、盗むことばかり考えている奴がモテる理由がわからなかった。そんなことで悩んでしまったらこの映画の凄さに全く気がつかない。いつも胸のデカさに目が行ってしまって、女性の内面の美しさに気が付かないことが多い俺だが、本作には大いに感動させられた。それはきっと労働で得たお米の大切さがよくわかったからだろう。
 それにしてもイタリアのネオリアリズモの作品には日本人にも大いに共感できる内容が込められていることが多い。まさかイタリアの映画からお米の大切さを教えられるとは夢にも思わなかったが。
 力を合わせて目的に向かって働く姿には感動できるし、明日からは御飯を食べる時は一粒も残さないぞ!と思えるし、最後の方はちょっとした激しいアクション映画を観た気分になれる映画にがい米を今回はお勧め映画として挙げておこう


にがい米 [DVD]
ヴィットリオ・ガスマン,ドリス・ダウリング,シルヴァーノ・マンガーノ,ラフ・ヴァローネ
ジュネス企画


 爆乳が素敵なシルヴィア・マンガーノ。もう少し年齢を重ねた頃の映画ではルキノ・ヴィスコンティ監督のベニスに死す家族の肖像でも印象的です。


 

 

 

 

 


 

 
コメント

競馬 シンザン記念予想(2019) ここは牝馬がねらい目です

2019年01月06日 | 競馬予想
 まだ3歳の若駒が出走するマイル戦。過去には多くの名馬を輩出したレースであり、昨年はアーモンドアイが規格外の強さを見せつけたようにクラシックにもつながるレースとして注目だ。昨年のアーモンドアイを始め、シーキングザパール、ジェンティルドンナなど名牝と呼ばれた馬たちが勝っているように牝馬の活躍が目立つレース。まだキャリアの浅い3歳馬たちのレースなだけにわからない部分もあるが、このメンバー構成をみたところ頼りになりそうな牡馬が見当たらない。ここは昨年の例からも牝馬を狙いたくなる。
 展開がけっこう難しいのだが、ニホンピロヘソンが前走のようなイレ込みがなければ逃げるか。この馬が逃げれば確かに怖いが、昨日のレースを観たところ京都開幕週にしては、かなり時計が掛かっているし外を回った差し馬も勝っているように、逃げた馬が馬場の恩恵を受けることはなさそうだ。頭数もそれほど多くないし、馬場も時計が掛かるので差し馬の台頭があり得るか。
 さて、改めて出走メンバーを見渡せば俺の願いにかなった馬がいた。未知の能力を秘めていそうな牝馬が本命だ。

 ◎ 9 パッシングスルー
 ▲ 3 ハッピーアワー
 ▲10 ミッキーブリランテ
 △ 2 ヴァルディーゼル
 △ 4 ゴータイミング
 △ 5 アントリューズ
 △ 6 ドナウデルタ
 △ 7 ニホンピロヘソン
 × 1 マイネルフラッグ
 ×11 ショドウスケイプ


 俺の本命は9番のパッシングスルーだ。まだ1戦1勝の経験の浅い牝馬だが、そのデビュー戦は能力を示した1戦だった。超スローペースを大外を回って勝った内容は大物感があるし、その時に同じく出走した馬たちの2~3着馬がその後に勝ち上がってるようにレベルの高いレースだった。関東からの遠征、経験の浅さなど脆さを出してしまう可能性があるが、むしろジェンティルドンナ、アーモンドアイのような歴史的三冠牝馬の強さをこの馬から期待したい。

 単穴候補には2頭挙げる
 まずは3番のハッピーアワーを挙げる。もう5戦も消化しており色々な距離、コース、重賞を経験しているだけに安定感はある。前走のデイリー杯2歳Sでは直線だけの前残りのレースを最後方から3着に追い込んできた内容は評価はできる。その時に勝たれた馬が後のGⅠホースになるアドマイヤマースだから、このメンバーの中でもレベルの高い相手とレースをしているのは大きな強みだ。その前走は初の1600Ⅿの距離を考えて、ジョッキーが慎重に乗り過ぎた感じもあるが、今回は距離も2回目で1600Mもこなせることがわかった。今回持っている能力をフルに発揮できれば本命を逆転できる。

 次に10番のミッキーブリランテを挙げる。ちなみにこの馬のお父さんはダービー馬であるディープブリランテ。本馬を管理する矢作調教師をダービートレーナーにした馬だけに、その子供の馬ならば調子も気合が入っているだろう。デビュー戦は2着に敗れたとはいえ一頭だけ違う脚で追い込んできた。そして前走では好位追走から楽に抜け出したように成長ぶりを見せつけた。好位からレースを運べるのは強みだし、さらに成長していればこのメンバら勝てるチャンスがある。

 △はパンチ力は無さそうだが2着ぐらいなら来てもおかしくない馬を選びました。

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 9
 2着 2、3、4、5、6、7、10
 3着 1、2、3、4、5、6、7、10、11

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 3、10
 2着 9
 3着 1、2、3、4、5、6、7、10、11             合計 72点

コメント

映画 フロスト×ニクソン(2008) 世紀の対決です?

2019年01月05日 | 映画(は行)
 歴史に残る世紀の戦いと聞いて、パッと頭に浮かんだのがアントニオ猪木VSモハメッド・アリの異種格闘技戦。凡戦だったと評価されることが多い戦いだったが、現在に至る格闘技戦の方向を示した歴史的な戦いだったことに異議はないだろう。さて、今回紹介する映画フロスト×ニクソンも世紀の対決と呼ぶに相応しいバトルを見せてくれる。ちなみにニクソンとはアメリカの歴代の大統領のひとりとして有名だが、フロストとは一体誰なのか?
 とりあえずリチャード・ニクソンのことを全く知らない人のために少々説明をしておくとウォーターゲート事件によって、アメリカ史で唯一任期途中で失職した大統領。
 そして、もう一つ有名なのが現在においても最も人気のある元アメリカ大統領ジョン・F・ケネディと繰り広げた大統領選挙戦。彼らの討論会の様子をラジオで聴いていた人は明らかにニクソンの勝利を確信していたようだが、一方でテレビを観ていた人には、ニクソンのテレビ映りの悪さに愕然とさせられ、結局そのことが原因で僅差でニクソンはケネディの後塵を拝することになってしまう。
 そんなわけで何かと負のイメージが強く、歴代の中でも最も不人気な大統領として有名。しかし、泥沼にはまってしまったベトナム戦争からの完全撤退、ソ連や中国といった共産主義国家との外交、変動為替相場制を取り入れる等、非常に歴史的意義の高い政策を実行した大統領として評価されている面もある。そのような知識を予め得ておければ、本作はより一層面白く観ることができる。
 一方、フロスト(デービット・フロスト)って誰?と思う人が殆どだと思うが、イギリスやオーストラリアで主にバラエティ番組の司会をしていたイギリス人タレント。そんな彼がアメリカ進出の野望を叶えるため、ニクソン元大統領から失言を引き出そうと果敢にテレビ番組用のインタビューを行ったストーリー。前半はチャラいだけのテレビタレントが思い付き同然でニクソン元大統領に戦いを臨むのだが、これが身の程知らずも良いところで無謀という二文字が直ぐに俺の頭の中をよぎった。フロストVSニクソンを世紀の対決と煽ってしまった自分が恥ずかしい。
 
 元アメリカ大統領とテレビタレントが対決する歴史的インタビューの様子を描いたストーリーの紹介を。
 1974年、リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)はウォーターゲート事件において、法廷に立つことも無く疑惑を国民に残したままでアメリカ大統領を辞職する。その時、イギリスのテレビ番組の司会者であるデービット・フロスト(マイケル・シーン)は、これはチャンスとばかりにニクソン元大統領へインタビューを試みようとする。ニクソン元大統領をテレビ番組でインタビューして、アメリカ国民にニクソン大統領の嘘っぱちを見せつけて、フロスト自身はアメリカ進出への野望を果たそうとしていたのだ。
 一方、ニクソンも政界復帰への意欲を失っておらず、このインタビュー番組をチャンスと捉えてフロストの申し込みに応える。ハッキリ言って百戦錬磨のニクソンにとってはフロストなんかはショボすぎる相手。実際にインタビューの第一ラウンドではニクソンはフロストをいとも簡単に軽くあしらい、フロストも目の前の相手がとんでもない大物だということに気付くのだが・・・

 本作は実話。1977年のテレビ番組でインタビュー番組が放映されている。フロストがニクソン元大統領にインタビューして、それをアメリカの三大ネットワークに売り込もうとするのだが、アメリカ人にとって全く誰だかわからないようなイギリス人司会者の番組にカネを出そうとする奴なんかいるわけがない。本作の中でもニクソンの情報を探しながら、資金集めに奔走する場面が描かれているが、結局は自腹を切ってニクソン陣営にギャラを払い、自主制作番組になってしまう。
 しかし、本作を観ていても大統領として君臨した男の凄さを感じることができる。彼にすれば、どこの馬の骨かわからないような人物からのインタビューを利用した論戦に対し、堂々と受けて立つあたりは政治家としてのプライドを感じさせる。俺の知っている政治家の中には議論から逃げてばかりで、しかも反論できないとわかれば何故かキレてしまう政治家としてのプライドが全くない奴がいる。どれだけギャラを積まれたからと言っても、この映画のニクソンからは政治家としてのあるべき姿を見せてくれる。
 しかし、ニクソンに訪れる運命は今回もメディアによって負けてしまうという皮肉な結果。相手をフラフラになるまで追い込んだのに最後の最後に、しくじって負けてしまうあたりは、まるでケネディとの大統領選挙の再現を思わせ、ニクソン大統領も普通の人間だということを感じられる。インタビューを舞台にした論戦ではあるが、そこそこ緊迫感のある戦いを観ることができるし、戦いの後に訪れる爽やかな感動が非常に心地良い。
 ニクソン大統領に全く興味がないという人以外に今回はフロスト×ニクソンをお勧め映画として挙げておこう

フロスト×ニクソン [DVD]
マイケル・シーン,フランク・ランジェラ,ケビン・ベーコン
ジェネオン・ユニバーサル


 監督は最近はトム・ハンクスを主演にしたダヴィンチ・コード等のロバート・ラングドン教授が活躍するシリーズでヒットを飛ばしているロン・ハワード。彼のお勧め映画としてトム・ハンクスがまだコメディ路線を突っ走っていた頃のスプラッシュを挙げておこう。

 

 

 
 
 
 
 
 

 
コメント (3)   トラックバック (1)

映画 ミスティック・リバー(2003) 悲劇の連鎖反応です

2018年12月31日 | 映画(ま行)
 毎日を何の悩みもなく、ノー天気に過ごしている俺でさえ、衝撃を受けた映画が今回紹介するミスティック・リバー。表面上では人殺しの犯人は誰だ?というサスペンス映画のように見えるが、実際は多岐に渡るテーマが内包されている。特に我々の善悪に対する常識的な考えを嘲笑うかのような展開は、観ている者を大いに混乱させ、更なる深い悩みに陥れる。
 それにしても本作の登場人物たちは、どいつもこいつも、やることなすことが全て空回りで、悪い方へ向かって突っ走る。それは、まるでワザと不幸になるために行動しているのかよ、なんて思えたりしたのは俺だけか。にわかには理解しがたいような行動をする奴ばかり出てくるために、夢の中の出来事のように思えたりするが、よく考えたら極めてリアルな世界が描かれている。そして、この世の中はなぜ理不尽な事が次々に起きてしまうのか、そんな疑問が少々理解できるような映画でもある。

 ある忌まわしい出来事によって友情が引き裂かれてしまった3人の少年達。そんな彼らの25年後を描いたストーリーの紹介を簡単にしよう。
 アメリカのボストンの郊外において。道端で遊んでいたジミー、ショーン、ベイブの少年3人は、舗装している歩道の乾きかけているセメントに自分の名前を書き込んでいた。そこへ現れたのが警察らしき2人の人物。彼らは他の2人を残して、ベイブだけ連れ去ってしまう。実は彼らは警察ではなくて、連続少年誘拐犯。4日間監禁されたベイブは自力で脱出するのだが、それ以来ジミー、ショーン、ベイブたち3人の関係は疎遠になっていた。
 そして25年の時を経て、ヤクザ稼業をしていたジミー(ショーン・ペン)は堅気になって小売店で店長をして働いている。しかし、ある日のことジミーの愛娘ケイティ(エミー・ロッサム)の惨殺された死体が発見される。よりによってこの殺人事件を捜査することになったのが、今は殺人課の刑事になっているショーン(ケビン・ベーコン)。そして、あろうことか殺人の容疑者として捜査線上に浮かび上がってきたのがベイブ(ティム・ロビンス)。殺人事件を切っ掛けにして再会した幼馴染みの3人だったのだが、とんでもない運命に導かれてしまい・・・

 25年ぶりに旧友に出会うことを楽しみにしていたプチ同窓会のような気分になる映画、と言うのは嘘。過去のトラウマ、後悔に責められて前進できない大人達がいる。時々、いつまでも過去に囚われてないで前に進め!なんてアドバイスしている人を見かけたりするが、俺に言わせれば余計なアドバイス。一度背負った重い十字架は決して一生消すことができないということを本作を観てたらよく理解できる。この仲良く遊んでいた3人も、子供の頃の起きた忌まわしい過去が消えない限り、再び友情が戻ることはないのと一緒。決してあの頃には戻れないし、一度失敗したら取り返せない人生の厳しさを思い知らされるし、甘い言葉をかけたぐらいでは過去に受けた傷は決して消せない。
 しかし、この映画を観ていたらなぜ犯罪が起きてしまうのかが少しわかった気になる。本作で描かれているのが嘘、疑惑、コミニュケーション不足が招く世界。それは、映画の世界だけではなく、この現実の世界も一緒のこと。俺の身近でも嘘をつきすぎて、自己保身のために更に見苦しい嘘を重ねたり、自分の飲み代を浮かすためにピンハネ、横領をしているために何処からかイカさまをしてカネをパクっているんじゃないかとソイツに対して更に疑惑が深まったり、他人の親切なアドバイスをシャットアウトして自己中で独裁者のごときやりたい放題の馬鹿がいる。こんな人間が偉そうにモラルを語るんだから、そりゃ~犯罪が起きてしまう。住みやすい場所の町づくりを始めるためには、こんな奴を生み出さない環境整備をすることが条件の一つに挙げられるだろう。
 しかし、この映画が凄いのは人間描写が優れていること。あり得ないような偶然の積み重ねは、リアリティゼロの内容に思えたりするが、主要の3人の登場人物は勿論のこと、それ以外の脇役に至るまでキャラクター設定がしっかりしているおかげで重厚な人間ドラマを見ることができる。
 25年前の出来事、25年間に起こっている最中、そして25年後の現在を通して、贖罪、十字架、家族愛、復讐、後悔、怒り、憎悪、裏切り、嘘、時間の経過、犯罪社会を描き切ってしまうクリント・イーストウッド監督の凄さを感じ、そして最も彼の特徴が色濃く出ている映画だろう。そして、後味の悪さがずっと残るがほんの少しの小さな希望が描かれているのが良い。これだから理不尽な出来事に遭っても強く前を向いて行こうと思える。
 単純明快な映画に飽きた人、いつまでも余韻が残る映画が観たい人、しばらく深~い悩みに陥りたい人、人生の厳しさを知りたい人、自分は世界で一番不幸だと思っている人等に、今回はミスティック・リバーをお勧め映画として挙げておこう。

ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 [DVD]
ショーン・ペン,ティム・ロビンス,ケビン・ベーコン,ローレンス・フィッシュバーン
ワーナー・ホーム・ビデオ


ミスティック・リバー [Blu-ray]
ショーン・ペン,ティム・ロビンス,ケビン・ベーコン,ローレンス・フィッシュバーン
ワーナー・ホーム・ビデオ


 監督は名匠中の名匠であり今でも積極的映画を撮っているクリント・イーストウッド。お勧め映画が多数。今回は彼にしては余裕綽々のミュージカル映画ジャージー・ボーイズ、比較的最近の作品で今まで何の役に立っていない人生を送ってきたと嘆いている人には勇気づけられる15時17分、パリ行きをお勧め映画として挙げておこう。

 

 
 


 
 

  
 

 

 



 





  
 

 

 

 

 


 

 
  
コメント (2)

映画 サンドラの週末(2014) 労働者の悲劇です 

2018年12月24日 | 映画(さ行)
 社会の底辺に生きる人々を描くベルギーの映画監督であるダルデンヌ兄弟。今回もそのテーマから外れることはないが、彼らにしては珍しく大スターを主演に起用した映画が今回紹介するサンドラの週末。この監督の作風からして美女が登場する内容は似合わないが、なんと今回は世界で最も美しい顔ランキングのトップにも選ばれたことのあるフランス人女優のマリオン・コティヤールを主演に迎えた。今やハリウッドでも引っ張りだこの女優が出演している映画となると華やかな内容の映画かと思いきや、流石は社会派映画の名監督。労働者のクビ切りが本作のテーマだ。きわめてリアルに労働者の現実が描かれているのを見ていると、まるで我がことのように思わせる。しかもこの映画が描かれている国はベルギーなのかフランスなのか説明はないのだが、すっかりアジアのどこかの国の企業に押されて経営状態が苦しい会社の設定。まるでグローバル社会の成れの果てを見ているような気分にもなってしまうような話だ。

 早速だが、まるで他人事とは思えないようなストーリーの紹介を。
 サンドラ(マリオン・コティヤール)は精神的な疾患で会社を休職していたのだが、ようやく仕事に復帰しようと思っていた矢先の金曜日のこと。突然、働いていた会社の上司から解雇の通告を受ける。彼女が解雇を免れる方法はただ一つ。週末の土日を使って同僚たちにボーナスの破棄を認めさせて、彼女の復帰の是非をめぐる月曜日の投票で同僚16人の内の過半数を獲得すること。サンドラは夫の助けを得て、同僚たちを説得するために駆けずり回るのだが・・・

 まずは世界一の美人を解雇しようとする会社があることに、驚かさせられる。しかし、単なる美人であるだけでなくアカデミー主演女優賞に輝いたこともある実力派女優であるマリオン・コティヤールの役作りは流石だ。ノーメークに、ダサいヘアスタイルの出で立ちは、完全に女優オーラを消すことに成功している。これなら、いくら深刻なお願いであり、胸の谷間を見せられたぐらいでは、二つ返事で引き受けたりする男性は居ないのも納得だ。そもそも、彼女だけでなく世の中の労働者たちにとってはボーナスが出る出ないは死活問題にもなってくるし、本作を観ていてもそのことがよくわかる。だいたい『私を復帰させるために、ボーナスを諦めて!』なんて独りよがりのお願いをするようなことは俺にはできない。
 しかし、相変わらずダルデンヌ兄弟監督の弱者に対する視点には感心させられる。本作においても凄い我儘を言っているような主人公であるサンドラだが、実は彼女にもそのようなことを言わざるを得ないほど過酷な状況であることに次第に気付かされる。そして彼女が得られる感動は観ている者にもきっと通じる。人間は決して独りぼっちではないし、無謀な戦いだとわかっていても決して諦めないことの大切さを思い知るだろう。そういう意味では、あのボクシング映画の名作ロッキーと通じる部分があることに我ながら驚いた。
 社会派映画が好きな人、ハリウッド映画のような派手さは無いが渋い映画を観たい人、ジャルデンヌ兄弟監督と聞いて心が震える人、マリオン・コティヤールという美人女優に興味がある人、じわじわと感動する映画を観たい人等に今回はサンドラの週末をお勧め映画として挙げておこう

サンドラの週末 [DVD]
マリオン・コティヤール,ファブリツィオ・ロンジォーネ,オリヴィエ・グルメ
KADOKAWA / 角川書店


 監督は前述したジャルデンヌ兄弟。個人的なお気に入りとして息子のまなざしを今回は挙げておきます。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

 

 

 
 
 
 
コメント

競馬 有馬記念予想(2018) 平成最後の有馬記念

2018年12月23日 | 競馬予想
 平成最後の有馬記念。有銘記念の大舞台で数多の名勝負が繰り広げられてきたが、果たして今年はどのようなドラマが待ち受けているのか。今年のこのメンバーを観ると流石に強い馬たちが揃ったのに加えて、障害競走で無敵の強さを見せつけたオジュウチョウサンの出走。まさに夢のドリームレースの趣を感じさせる。
 調教を見た感じではどの馬もさすがは強豪ばかりなのでどの馬も良く見える。このぐらいのレベルになると当然か。例によって展開を考えると、ここはGⅠレースで逃げ戦法で3、2着と好走したキセキが間違いなく行きそうだ。ここ数走の逃げっぷりを見ていると早めの平均ペースで逃げ粘る戦法。自ら流れを作って差の無い2着に粘り込むのだからこれは相当強い。この馬の逃げならスローペースの瞬発力勝負になることはない。スピードの持続力が問われるレースになるだろう。去年のように足を矯めることができた馬が馬群の中から抜け出てくるレースにはならないと思う。特に枠順も気にしなくて良いレースになるだろうし、内枠を引いた穴馬がせこく立ち回って勝つような甘いレースにならないと思う。昨日の中山の芝レースを見ていても外からの差し馬が飛んでくるケースもあった。
 そうなると狙いたいのが、スタミナがあり早めに好位に取り付ける馬。後方からの展開がハマれば一発というような馬は3着ぐらいに印をつけておくか、人気がありそうならノーマークでも良いだろう。しかし、この秋から続くGⅠ戦線は外国人ジョッキーばかりが勝ってしまう。そりゃ~、これだけ外国人ジョッキーがいて、強い馬に乗せてもらっていれば外国人ジョッキーが勝ちまくってしまうのも仕方がないが、今回は日本人ジョッキーの意地を見せて欲しいという俺の願望を込めた予想をしてみた。

◎ 8 ブラストワンピース
〇14 キセキ
▲12 レイデオロ
△ 2 クリンチャー
△ 5 パフォーマープロミス
△10 ミッキースワロー
△11 ミッキーロケット
△15 シュヴァルグラン
× 4 マカヒキ

 俺の本命は8番のブラストワンピース。とにかくレベルが高い今年の3歳の馬たち。この馬も今年のクラシック戦線は上位人気の支持を集めながら結果を出せなかったが、レベルの高い3歳馬の一頭だろう。日本ダービーでは肝心の場面で外から被せられてスムーズなレースが出来なかったし、菊花賞ではスローペースのレースだったが一番人気馬らしく外を回るレース。しかしながら、内で脚を矯めた決め脚のある馬に負けてしまった。しかしながら、両方とも差のないレースであり、乗り方一つで逆転も可能だったレース。そして、今回はキセキのハイラップの逃げなら、菊花賞のような瞬発力勝負は避けられそうだし、底力を求められるレースになればこの馬の能力が発揮できるだろう。そして、今回は菊花賞は一番人気で大事に乗り過ぎたが、今回はそこまで人気が無いのでジョッキーも攻める騎乗が出来そうだ。好位を取りに行くレースをしたり、最後の直線も大外に持ち出してコースロスのをするようなレースをしなくて良いだろう。
 今週は池添騎手の渾身の騎乗で外国人ジョッキーのGⅠレースの連続勝利をストップさせる。

 対抗は14番のキセキ。昨年の菊花賞馬が勝ちきれないが能力を発揮してきた。この秋は4戦目になるが前走ぐらいの調子を維持できれば充分に勝ち負け。天皇賞(秋)3着、ジャパンカップ2着と惜しいレースぶり。決して展開に恵まれての粘り込みではなく、自らハイラップを刻んでの逃げ。それでいて最後は止まらないのだから、非常に内容の濃いレースだ。激戦続きなので流石に上積みはないかもしれないが、東京コースよりも中山コースの方が絶対に良いし、距離延長も良いだろう。舞台設定が変われば天皇賞(秋)で後塵を拝してしまったレイデオロに逆転は可能だ…

 単穴には12番のレイデオロ。前走の天皇賞(秋)で勝った内容は古馬の最強馬だと言って良いし、昨年の強さを見せつけた。能力には疑いが全くないし、東京コースから中山コースへのコース替わりは不安がない。しかし、スタートがそれほど良くないので前半での位置取りが問題。できればレースの道中はキセキを射程圏にとらえて進めたいところだろう。この馬にとってはスタートが非常に重要になりそうだ。ハイラップのスピードの持続力勝負はこの馬の得意とするところ。しかし、あんまり強気に乗り過ぎてキセキだけを目標にレースを進めてしまうと他馬に足元をすくわれる可能性がある。しかし、馬もジョッキーも超一流。予想としてこれ以上は評価は下げられない。

 
△評価の馬については持続力勝負なら望むところの馬。5番のパフォーマープロミスは休養明けの前走であるアルゼンチン共和国杯を圧勝。叩いて更に良化している可能性があるだけに、これぐらいの評価は必要だろう。2番のクリンチャーも枠順は絶好だし、スタミナは豊富なので積極的なレースが出来れば上位争いはできる。

買い目 三連単フォーメーション
 1着 8
 2着 2、5、10、11、12、14、15
 3着 2、4、5、10、11、12、14、15

買い目 三連単フォーメーション
 1着 12、14
 2着 8
 3着 2、4、5、10、11、12、14、15

買い目 三連単フォーメーション
 1着 14
 2着 2、5、10、11、12、15
 3着 8                                  合計 69点

的中です



 
 

 
コメント (2)

映画 フレンチ・コネクション(1971) 刑事映画の最高傑作

2018年12月20日 | 映画(は行)
  仲間を誤って射殺してしまう少々おっちょこちょいの刑事を主人公とする映画が今回紹介するフレンチ・コネクション。ちなみにタイトル名の意味は、フランスを経由してアメリカに密輸される麻薬ルートのことだ。今ではすっかりメキシコ経由で麻薬が大量にアメリカに入ってきていることを思うと、なんだか懐かしい気分にさせてくれる映画。しかし、俺の中では未だに刑事映画の最高峰に君臨しているだけに面白さは抜群だ。
 ジーン・ハックマン演じるドイル刑事こと通称ポパイのキャラクターが良い。ものすごい熱血漢であり、カンに頼って捜査するようなあわてんぼうの刑事だが、仕事ぶりは至って真面目。とにかく麻薬絡みの犯罪者を見つけたら、徹夜も厭わずにあらゆる手段を使ってでもとことん追いかける。この刑事の悪人を追いかける鬼のような形相だけ見れば、どっちが悪役なのかわからないぐらい。しかし、この世の中をのうのうと生きているヤクザまがいの連中を見ていると、このような刑事も絶対に必要だと思わせる。
 この映画のユニークなところがフランス人の悪役。こいつが金持ち風情をしており、ちょっとお洒落なオジサン。傘を小粋に杖の代わりにして歩くなど貴族的雰囲気を漂わせていて、見た目だけなら刑事の方が悪そうに見える。しかし、コイツが麻薬を大量に売りさばくだけでなく、ヒットマンを抱えているのだ。
 そしてこの映画の凄さが、ドキュメンタリータッチのようなロケ撮影。登場人物たちの会話が全く聞こえない場面を多用しているのだが、これが退屈かと思いきや不思議とドキドキさせる。そして普通の刑事映画以上に追跡、見張り、走る場面が多いが、その迫力が画面から伝わってくる。1970年代の映画は大した特撮が使われなくても、リアルに感じさせるスリルを味わえる映画が多い。

 それではニューヨーク市警と麻薬組織の対決を描いたストーリーの紹介を。
 ひと仕事を終えたドイル刑事こと通称ポパイ(ジーン・ハックマン)とクラウディ(ロイ・シャイダー)は二人でナイトクラブに出かける。そこで彼らが見たのはマフィアの大物たち。しかし、その中に見たことのない若夫婦に違和感を持つ。
 さっそく二人は、この若者夫婦が何者かを知るために尾行する。やがて、夫の方はマフィアの大物ワインストックの部下であることがわかり、近々ニューヨークでフランス人と麻薬の取引が行われることを知る。そして捜査線上に黒幕としてフランスのマルセイユからニューヨークにやって来ているシャルニエ(フェルナンド・レイ)の存在が浮かび上がる。
 ポパイとクラウディは麻薬取引の現場を押さえて、フレンチコネクションを一気に叩き潰そうとするのだが・・・
 
 本作は色々と楽しい尾行や追跡のシーンがあるが、ポパイとシャルニエの追跡シーンが挙げられるだろう。この二人の全く会話はないが、駆け引きが面白い。地下鉄のシーンでのお互いに白々し過ぎる様子は笑えるし、シャルニエのポパイを小馬鹿にしたような仕草が、短気なポパイだけでなく俺もムカつかせる。
 そしてポパイ達が外からシャルニエを見張っている場面が印象的。安月給で働かさせられている刑事と麻薬で大儲けしている密売人の経済的格差が描かれているが、刑事の仕事の大変さが理解できるシーンだ。そりゃ~くそ寒い中で熱いコーヒーを飲めても、悪事を働いて儲けた金で優雅に昼飯を食っているところを見せつけられたら俺だって腹が立つ。
 この映画が大いに盛り上がるのが、シャルニエがポパイに対して差し向けたヒットマンを返り討ちにすべく、ポパイがヒットマンを逆に追いかけるシーン。この時のポパイの執念が凄すぎる。高架列車をハイジャックして逃げるヒットマンを、ポパイは高架の下を車で追いかける前代未聞のカーチェイスシーンを見ることができる。
 単なる刑事アクション映画と違って結末は色々な感情を抱かせるし、この映画は脇役も良い。特にポパイの相棒であるクラウディ(ロイ・シャイダー)が良いアクセントになっていたり、ヒットマンや財務省の役人も嫌な奴を演じていたりで、ストーリーに深みを与えている。
 熱血漢が主役の映画を観たい人、面白い刑事映画を観たい人、悪役が面白い映画を観たい人、アメ車が好きな人・・・等に今回はフレンチ・コネクションをお勧め映画として挙げておこう

フレンチ・コネクション(2枚組) [DVD]
ジーン・ハックマン,ロイ・シャイダー,フェルナンド・レイ,マルセル・ボズフィ,フレデリック・ド・パスカル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


 監督はウィリアム・フリードキン。ホラー映画の傑作エクソシストが有名。最近は1977年に公開された恐怖の報酬のオリジナル完全版が日本で公開されています。


 
 


 
 
 
 

 
 
 


 

  
 



 

 

 
 



 
コメント (2)   トラックバック (1)

映画 わが命つきるとも(1966) トマス・モアの生き方に感動です

2018年12月14日 | 映画(わ行)
 最近は人の言うことを聞きすぎて、すっかり自分の信念がブレブレ。自分の情けなさが嫌になる今日この頃。しかし、俺がもっと許せないのがブレまくっている政治家の存在。コロコロと権力のある人の方にばかり引っ付いている政治家を見ていると、どん底まで自分自身を貶めることができる人間性を疑わざるを得ないし、昨日と言っていることが変わるような政治家なんか信用できるはずがない。何の信念も無く、目立ちたいだけで政治家をやっている奴が居るが、本当に税金の無駄。そんな政治家は議員を今すぐ辞めろ。せめて政治家を目指すならば、決して曲げることのない信念を持って欲しいし、いざとなれば自分の命を投げ捨てる覚悟で臨め。
 日本に住んでいると私利私欲、自己保身のために政党をコロコロ変えるような政治家のダメっぷりを見せられる機会が多いが、そんなデタラメな政治家に俺からのアドバイスとして絶対に観ておけ!という映画が今回紹介するわが命つきるともヘンリー八世が英国王だった時に、大法官まで上り詰めたトマス・モアの伝記映画。彼は政治家としてだけでなく、弁護士でもあり、そしてユートピアの著述家としても有名だ。

 決して国王の我儘にも屈せず、滅私奉公に徹し、自らの信念を貫いたがために、断頭台の露となって消えってしまった男の中の男であるトマス・モアの生き様を描いたストーリーの紹介を。
 イングランド国王であるヘンリー八世(ロバート・ショウ)は王妃キャサリンが世継ぎの男子を産まないことを理由に離婚して、愛人であるアン・ブーリンヴァネッサ・レッドグレイヴ)との再婚を望んでいた。しかし、カトリックを国教としているために離婚は許されることではなかった。
 そこでヘンリー八世は、ローマ法王に顔が利く大法官であるトマス・モア(ポール・スコフィールド)に離婚調停のためのお願いをする。しかし、敬虔なカトリック信者であり、高潔な人として知られているトマス・モアは国王の要求を断固として拒否。そのことによってトマス・モアは大法官を辞職し、宮廷内での謀略に巻き込まれてしまい・・・

 この映画を観た人は宮廷の内部事情に驚くだろう。賄賂の横行、自らの出世のために人を裏切り、嘘をつく。金ピカの衣装を身にまとった華やかなヨーロッパの宮廷のイメージがぶっ飛んでしまうが、実のところ現在の日本の政治も大して変わらない。俺は自分の地域に住んでいる政治家の私利私欲にまみれている現場を目にしているので、この映画を観ている最中は、デジャヴの感覚に陥ってしまった。
 しかし、トマス・モアの生き様は格好良い。今の時代に置き換えて観ると、確かに信仰の自由の観点からは少し疑問もある。しかしながら、自らの信念を貫き、決して権力にすり寄らず、私利私欲に興味を示さず、嘘をつく人間には激昂して正しき道を示す。まさに政治家の本来のあるべき姿を観ることができる。そして、俺自身が人間として見習うべき点が多々ある。
 とにかくアッチやコッチにウロウロする節操のない政治家は必見だし、これから政治家を志す人、人間の尊厳とは何かを知りたい人、なぜ現在のイギリスの国王はカトリックではないのか知りたい人、時には命よりも守るべき大切なことがあることを知りたい人・・・等に今回はわが命つきるともをお勧め映画として挙げておこう

わが命つきるとも [DVD]
ポール・スコフィールド,ウェンディ・ヒラー,ナイジェル・ダベンポート,ロバート・ショウ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


 監督はフレッド・ジンネマン。本作のように信念ある人間を描く作品が多い。ゲイリー・クーパー主演の西部劇真昼の決闘、反戦映画の傑作地上(ここ)より永遠に、オードリー・ヘプバーンが真面目に演技をしている尼僧物語、見栄えのしない刑事と暗殺者の戦いを描いたジャッカルの日、女同士の友情が切ないジェーン・フォンだ主演のジュリア等、お勧め映画が多数です。 

 
 
 
   
 
コメント

映画 天使と悪魔(2009) 宗教VS科学の戦いが現代に蘇る

2018年12月12日 | 映画(た行)
  やたらマニアックな知識が豊富なハーバード大学の教授であるロバート・ラングドンが名探偵さながらの大活躍する映画ダ・ヴィンチ・コードの続編が今回紹介する天使と悪魔。ちなみに小説の方はこちらの方が時系列的には先になっている。
 前作のダ・ヴィンチ・コードでは最大のミステリーの謎解きとの謳い文句に期待を煽られ過ぎた感もあるが、ルーヴル美術館を上手く活かせなかったことにもガッカリさせられた人も居ると思う。そんな前作の悪かった点を反省したのか、本作はバチカンやローマの遺跡を上手く活かした風光明媚なサスペンス映画になっている。
 しかも、今回は世界で10億の人が居るとされるカトリック最大の儀式であるコンクラーベが描かれている。コンクラーベとはバチカン市国の宮殿で行われるローマ教皇を決める選挙のこと。世界で最も信者の多いカトリックのトップを決める選挙であり、世界中で注目されているので日本人にも馴染みがある。しかし、初めてこの言葉を聞いた時、日本語だと思った自分の馬鹿さを思い出して笑える。
 さて、本作で描かれているメインテーマは宗教と科学の対立。本作も宗教や科学の専門用語が飛び交うが、ロバート・ラングドン教授が懇切丁寧に説明してくれるのでそれほど難解には感じない。しかも、サスペンスを盛り上げるためのタイムリミットが設けられているので、否が応でも盛り上がる。タイムリミットが過ぎてしまうとバチカン市国全部が吹っ飛んでしまうので、さあ大変だ。

 それではバチカン、ローマをちょっと旅行した気分になれるストーリーの紹介を。
 ローマ教皇が死んでしまい、バチカン市国ではコンクラーベが行われようとしている。そんな時にロバート・ラングドン(トム・ハンクス)をバチカンの警察が訪ねてきた。その理由は次期ローマ教皇の有力者である枢機卿である4人が誘拐されて、殺害予告の犯行声明がバチカン警察に届けられたのだ。すっかり困ってしまったバチカン側は前作のダヴィンチ・コードでキリストの謎を解いたラングドンを頼ってやってきたのだ。
 時差ボケの疲れも全く感じさせずにバチカンにやって来たラングドンを更に驚かせる犯行声明を聞かされる。『コンクラーベが行われる今晩の20時から1時間ごとに4人の枢機卿が殺害し、その後にバチカンを吹っ飛ばす』。犯人はスイスの研究所からバチカンを丸ごと吹っ飛ばせる反物質を盗み出し、バチカンの何処かに隠しているのだ。爆発する時間は枢機卿の4人が殺されてから、約1時間後。
 ラングドンは枢機卿たち及びバチカン、そしてコンクラーベでバチカンに集まってきた多くの命を救うために、女性科学者であるヴィットリア・ヴェトラ(アイェレット・ゾラー)、バチカンを守るスイス衛兵隊の隊長であるリヒター(ステラン・スカルスガルド)、バチカン警察のヴィットリア・ヴェトラ(アイェレット・ゾラー)達の協力を得て、限られた時間の中で解決しようとするのだが、・・・

 バチカンに来たらとんでもない破壊力を持つ発明品が仕掛けられてビックリ。そんなことを聞かされたら俺なんかは、さっさと逃げることを考える。しかし、何事にも好奇心旺盛なラングドンは決して逃げない。ラングドンだけでなくキリストに仕える枢機卿たちもコンクラーベを放り出して逃げてしまうような無責任なことはしない。とんでもない発明品を作ってしまった科学者も自分の命をかえりみずに必死で捜索する。その他の人間も同様で命を懸けて責任感を見せつける。超適当に生きている俺なんかは本作の登場人物たちを見て大いに考えさせられた。
 ラングドン教授が枢機卿の処刑現場に犯人より先回りするために、秘密科学組織がどうのこうの言ったり、ベルニーニの彫刻がどこそこにあるだの、あの彫刻の指があっちを指している等と言ったりで、理解力の足りない者にもわかり易い説明が非常に有難い気分にさせてくれる。そして時々突っ込みどころ満載のシーンがあったりするが、ラングドンの登場シーンが水泳しているところから始まることを思い出せば納得できる?
 バチカンやローマの美術品を見たい人、宗教も科学も大切であることを理解したい人、コンクラーベの現場を味わいたい人、このシリーズの作家である原作者ダン・ブラウンのファンの人等に今回は天使と悪魔をお勧めに挙げておこう。

天使と悪魔 [AmazonDVDコレクション]
トム・ハンクス,ユアン・マクレガー,アイェレット・ゾラー,ステラン・スカルスガルド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


 監督は前作のダ・ヴィンチ・コードと同じくロン・ハワード。お勧めは前の記事を見てください。

 
 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

  

 
  
 
  

コメント (3)   トラックバック (2)

映画 ダ・ヴィンチ・コード(2006) 名画の謎を解く? 

2018年12月09日 | 映画(た行)
 ダン・ブラウン原作の世界的ベストセラー小説の映画化作品が今回紹介するダ・ヴィンチ・コード。大学教授であり、宗教、美術にやたら詳しく、幼い頃のトラウマで閉所恐怖症になっているロバート・ラングドンが命からがら名探偵ぶりを発揮して大活躍するシリーズ物の一遍だ。考古学者が大活躍するインディ・ジョーンズシリーズと似ている気もするが、こちらはアクション控え目だが、よりアカデミックに思わせられる作風。
 実は今回は本作の続編の続編にあたる映画インフェルノを観る機会があったのだが、その前に復習の意味で本作を観なおした。よく本作のように小説を原作とする映画を観ると、先に小説を読むか、映画を観るかで悩む時があるが果たして、どっちが良いのか?ちなみに俺の場合は本作を初めて観たのはだいぶ前のことになるが、小説を読んでから映画を観たパターン。
 ちなみに原作はメチャクチャ面白い。謎解きの醍醐味を味わえるし、文庫本で上・中・下とかなりページ数が多いのだが次の展開がどうなるんだろう?と惹きつけられてしまうので寝る間を惜しんで読めてしまう。

 さて、原作の面白さを映画は超えることが出来たのか、否か。それではストーリーの紹介を。
 たまたま講演のためにパリを訪れていたハーバード大学の教授であるロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、フランス警察のファーシュ(ジャン・レノ)に呼ばれてルーヴル美術館に向かう。そこで目にしたのは、奇妙な格好をした館長のソニエールの死体。実はラングドンはソニエールと会う約束をしていたのだが、その場所にソニエールが現れなかったのだ。ソニエールは死ぬ間際に何かを伝えたくてダイイングメッセージを残したようなのだが、彼と大して面識のないラングドンは困惑するばかり。
 そこへ現れたのが暗号解読を専門とする女性捜査官のソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)。彼女はラングドンに驚くことを告げる。それはラングドン自身がソニエール殺しの犯人だと疑われており、ファーシュはラングドン逮捕に異常なまでに執念を燃やしていること。更にソニエールはソフィーのお祖父さんであることを知らされる。
 危機一髪でルーヴル美術館を脱出した2人は、ソニエールが伝えたかったメッセージを探りながら、警察とカトリックの過激派から追われる羽目になってしまい・・・

 ストーリー全体のメインは、運命で巡り合わされたかのように出会った男女の逃亡劇、キリスト教に伝わる聖杯は何処に存在するのか?の二本柱。そして、なかなか姿を見せないヒットマンを操る導師の正体は何者なのか?ということにも興味を抱かせる。
 実は映画の方は2時間半もある長丁場なのだが、これが回りくどく猛スピードで謎々を出してくるし、またそれに対する解答が早口で説明されている気分になるので観ている側はジックリと考える余裕が全くない。原作の部分を多く詰めて映画化した割に、謎解きの面白さを映画では表現できてないような気がする。そもそも本当にキリストは存在したのかも怪しいのだが、この映画の話題性が大いに盛り上がったのが更なるデッチ上げ。しかし、大してキリスト教に興味が無い人にはデッチ上げの効果も半減。どんでん返しにしても何回も起きると驚けないし、謎が明らかになっても大して感動できないのが非常に残念。
 そして西洋美術に興味が無い人にとってはレオナルド・ダ・ヴィンチ作のあの名画の説明をされても面倒なだけ。そうかと言って興味がある人にとっても初めて許可が下りたルーヴル美術館のロケ撮影だが、その素材が活かされていないことにがっかりするだろう。だいたいタイトル名からレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画が凄い役割を果たしているのかと想像するかもしれないが、多くの人が観ている途中からレオナルド・ダ・ヴィンチのことなんか忘れてしまった人が殆どだろう。
 本作の出来が良いか、悪いかは各自で判断して頂くとして個人的にはストーリーよりも登場人物のキャラクター設定に惹かれた。ドエムのヒットマンと神父様の師弟愛、キリストおたくのお年寄りは説明上手だし、胡散臭い刑事の馬鹿さには失笑する。そして一緒に逃げてくれる女性がとても可愛い。
 映画は果たして原作を超えることが出来たのか?の問いかけだが、ここまで読んでくれた人には答えはわかるだろう。しかし、どんな映画でも再見すると一度観ただけでは理解できなかったり、気づかなかった点が明確になってスッキリした気分になるのも事実。しっかり原作を読み込んでる人が本作を観たら、製作者のチャレンジ精神に拍手を送りたくなる。
 映画の記事を書くときは、とにかく褒めて褒めて褒めまくり、お勧めの映画しか載せないことをコンセプトにしているのだが今回はその趣旨から少し外れた。まあ、過大な期待をしないで観れば楽しめるか。そして本作を観る気が無くなってしまっても原作である小説は面白いから、ぜひ読んで欲しい。ロバート・ラングドンが活躍する映画化シリーズとして本作は一発目の作品でもあるし、その、続編に当たる天使と悪魔インフェルノの映画化作品は面白いので、とりあえず今回はお勧め小説としてダ・ヴィンチ・コードを挙げておこう。

 今回は原作である小説を載せておきます
ダ・ヴィンチ・コード(上中下合本版) (角川文庫)
ダン・ブラウン,越前 敏弥
KADOKAWA / 角川書店


 監督はヒットメーカーとして知られるロン・ハワード。すっかりトム・ハンクス主演にした映画が多くなりましたが、その中でもスプラッシュがお勧め。他ではメル・ギブソン主演のサスペンス映画身代金、実話を基にした大物と小物の対決が楽しいフロスト×ニクソンをお勧めに挙げておきます。 
 
 
 
 

 
 

 

コメント

映画 息子のまなざし(2002) オッサンと少年の微妙な交流を描く 

2018年12月04日 | 映画(ま行)
 社会のド底辺で暮らす人々を描き続けるベルギーの至宝ダルデンヌ兄弟監督。その作風は台詞は少ない、画面がブレる、ドキュメンタリータッチ、いっさい音楽がない(最近はそうでもないが)等。ハリウッドの超大作を見慣れている人には全く面白くないような映画を撮り続けているが、今や世界を代表する名匠として注目されている存在だ。
 そんな彼らの個性が特に出ている作品が今回紹介する息子のまなざし。ストーリーは静かに進み、殆どのシーンが不細工なオッサンのドアップばかりなので観ていて苦痛に感じる人が多いだろう。前半はオッサンが部屋を出入りしたり、階段を上ったり下りたりするシーンばかりで、しかも説明なんか全く無いので観ていて何が何だかわからない。しかし、このオッサンの一言を切っ掛けにがぜん盛り上がる。それでもストーリーのテンポは変わらないのだが。

 早速だがまるで冴えないオッサンと、訳ありの少年の静かだが奥の深い交流を描いたストーリーの紹介を。
 表情は暗く、ユーモアの欠片も感じさせないオリヴィエ(オリヴィエ・グルメ)は職業訓練学校で大工仕事を教えている。ある日のこと、フランシスという少年が大工仕事を希望して入ってきたのだが、彼の履歴を見たオリヴィエは手一杯であることを理由に断る。
 フランシスは溶接の方に回されるのだが、注意深く彼を見ていたオリヴィエは急に心変わりをしてフランシスを大工仕事の方で引き受けることにした。実はオリヴィエとフランシスの間には驚く因縁があったのだ・・・

 それにしても何でこのオッサンはこんなに暗いのか!その理由を明快に知らされた時に観ている我々をショックのどん底に叩き落とす。そりゃ~、誰だってこんなオッサンの状況になったらニコニコなんかしてられない。そしてこのオッサンと少年が二人きりで車を走らせながら、オッサンが少年に短い会話をしかけるが、大して盛り上がらないのにチョットばかりスリルを感じたのは何故だろう。
 そして観終わった後は、色々なテーマが隠されていることに気づく。人間は他人をどこまで許せるのか、復讐の是非を我々は問いかけられる。更に、大して明るい未来が見えなさそうな社会的な弱者に対して優しさを感じさせるのが良い。この先も大きな悲しみを背負って生きる人間、そしてこの先も罪を背負って生きる人間に少しの希望を感じさせる。
 そして、ダルデンヌ兄弟監督の作品の特徴でもあるのだが、中途半端で終わるようなエンディング。いきなり終わってしまう印象があるが、観ている人に色々な感情を思い起こさせるエンディングだ。そして、何だかド素人が撮ったような映像に見えたりするが、実は大工道具が非常に色々な役割、メタファーを感じさせる映画だったことに気付いたときに、この映画の凄みが多くの人に理解されるだろう。
 ダルデンヌ兄弟監督作品と聞いて心が躍る人、ド派手に感動する映画よりもシミジミと後から感動がくる映画を観たい人、音楽が全く流れない静かな映画を観たい人等に今回は映画息子のまなざしをお勧めとして挙げておこう。

息子のまなざし [DVD]
オリヴィエ・グルメ,モルガン・マリンヌ,イザベラ・スパール,レミー・ルノー
角川書店


 監督は前述したように今や世界的に名匠として知られるジャルデンヌ兄弟。個人的に非常にお気に入りの監督さんで、社会派作品の映画が好きは人はハマる人もいるだろう。父親の駄目っぷりが描かれているある子供、国籍売買が描かれているロルナの祈り、どうしようもなさそうな少年を描いた少年と自転車がお勧めです。

 
 

 
 
コメント

競馬 チャンピオンズC(2018)の予想

2018年12月02日 | 競馬予想
 今年のダートのチャンピオンホースを決めるレースであるチャンピオンズⅭ。今年の秋のGⅠレースを振り返ると外国人ジョッキーばかりが勝っている。短期免許で来ている外国人ジョッキーにもあっさり勝たれている始末。今回も外国人ジョッキーが有力馬に騎乗している。そしてゴールドドリームが出走を回避してⅯ・デムーロ騎乗のルヴァンスレーヴの1強ムードが漂っているが、ここは日本人ジョッキーに意地を見せて欲しい。
 メンバー構成から見ると有力馬は殆どが差し馬。ここはスローペース濃厚で先行タイプの馬が有利。しかし、一番人気を背負うルヴァンスレーヴが3コーナー過ぎから早めに動き出す展開になると差し馬の台頭もあり得るか。しかし、ルヴァンスレーヴは内枠に入ったしまった。この馬はそれほどスタートが良くないし、当然ながらマークも厳しくなりそうなので揉まれて力を発揮できない可能性があると思う。この秋から続くM・デムーロのGⅠレースでの勝負強さが見られないのも不安だ。
 そんなわけで先行馬でそして日本人ジョッキーの馬を本命にしたいのだが、お~良い馬がいた。

 ◎ 8 ケイティブレイブ
 ▲ 2 ルヴァンスレーヴ
 ▲11 オメガパフューム
 △ 3 パヴェル
 △ 7 サンライズノヴァ
 △ 9 サンライズソア
 △12 ウェスタールンド
 × 1 アンジュデジール
 × 5 ノンコノユメ

 本命は8番のケイティブレイブ。毎週外国人ジョッキーばかり勝つGⅠレースを終止符を打つのは、やはり今年のダービージョッキーである福永祐一だろう。そしてケイティブレイブの充実ぶりも凄い。以前は逃げるか追い込むかの極端なレース振りに本命にはしにくい馬だが、ここに来てどんなレースでもできるレース巧者として安定感のある戦いぶりを見せている。前走の京都コースで行われたJBCクラシックレースでの勝ちっぷりも非常にレースセンスを感じさせる勝ちっぷり。4コーナーを回って来た時に後ろにいたオメガパフュームがもたついていたのと大違い。今回はよりカーブがきつくなる中京の4コーナーを考えるとこの馬のレースセンスが更に活きるだろう。内隣の枠にスタートが悪いサンライズノヴァがいる枠順も良い。労せずして良いポジションが取れそうだ。三連複の軸として一番信頼できるし、展開が向きそうなこのメンバー構成なら本命。

 この馬を逆転できるとすれば▲の2頭の馬を挙げておこう
 まずは2番のルヴァンスレーヴ。前走のマイルⅭhS南部杯でゴールドドリームをアッサリ突きっ放した内容は、今やダート界のナンバーワンと言える凄みを感じさせる。しかし、そうは言ってもショボい地方馬も多く出走していた楽な面々のレース。流石に今回は歴戦の雄がそろうだけに、あんなに楽なレースはできない。しかも内枠というのが非常に不安。それほどスタートが良い馬では無いので馬群に包まれたり、砂を被るのを嫌がると能力が発揮できるか心配だ。特に両隣の枠の馬(アメリカのパヴェルもスタートが良いらしい。)がスタートが良いので中団の揉まれる位置でレースをするとなると、脆さが出てしまう可能性がある。好スタートを決めて絶好のポジションでレースができるか、それとも道中で外の位置にスムーズに出すことが出来れば圧倒的なパフォーマンスを見せることが出来そうだが。しかし、このレース自体が3歳には厳しいレース。歴戦の古馬の強さに過去の名馬が苦戦している。アッサリ勝ってしまう可能性はあるが、本命にはしにくいのも事実だ。

 次に11番のオメガパフュームを挙げる。3歳馬のナンバーワンがルヴァンスレーヴなら2番手はこの馬。シリウスSでの早めスパートから押し切った破壊力はGⅠ級のレベルを感じさせるし、実際に前走のJBCクラシックで最後に詰め寄って2着の内容は能力を感じさせる。その前走は4コーナーで勝ち馬のケイティブレイブにコーナーワークで差を付けられたのが痛すぎる。今回はCデムーロが騎乗するので、このジョッキー交代でその弱点を補えることが出来れば、前走からの逆転はあり得る。しかし、ルヴァンスレーヴのところでも述べたが3歳馬には厳しいレースだが、前走の経験が活きれば今回はチャンスがある。

 △、×は能力を重視。外国馬の3番のパヴェルはダート競馬の本場であるアメリカからやって来た。当然勝つ可能性があると思っているからの来日。ここはマークは外せない。

 買い目 三連複フォーメーション
 1行目 8
 2行目 2、3、7、9、11、12
 3行目 1、2、3、5、7、9、11、12           合計 27点
コメント