ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 宝塚記念の反省 流石!ウチパク(画像)だね

2008年06月30日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ

 昨日の宝塚記念だけれど、僕の本命のロックドゥカンプだけれど、レース中に故障してしまった最悪の事態(予後不良)は避けられそうだけれど、現役引退の可能性が高くなった恐らく大きな怪我だけに、レースに復帰してもこれまでのような高いパフォーマンスを見せることは無理だろう何とか種牡馬になって頑張ってもらいたい気はあるがしかし、僕にとっても残念なレースだった

 勝ったエイシンデピュティウチパク(内田ジョッキー)が、うまく馬をリードしたね重馬場にしては早めのぺーすだったけれど、それを逃げ切るんだから馬も褒めないといけないね結構今回は4コーナーで迫ってくる馬が多かっただけに、この馬の勝負根性は凄いねでも、よく考えたら大阪杯ダイワスカーレットと良い勝負をしていたからね勝っても本来は不思議でもないけれどねでも、よく頑張ったと思う内田ジョッキーもJRA移籍後初GⅠ勝利おめでとうございます
 2着には1番人気のメイショウサムソンが来たしかし、この内枠でしかもスタートの上手な馬なだけに好位からレースをした方が良かったと思うしかも、この重馬場だからねどうも最近の武豊のGⅠレースはさえないねまず、外を回しすぎるね人気を背負っている馬に乗ることが多いから仕方無いでは済まされないだろうメイショウサムソンに限っては、もう一度石橋守ジョッキーに戻した方が良いと思うけれど

 3着にはインティライミが来た。この馬は道悪はうまいねメイショウサムソンとは逆に、好位のインでレースを進めたのは好判断しかし、アサクサキングスがフラフラだったからね完全に不利を受けてしまったそれでこの着順だから、うまく捌けていれば、この馬が勝ったと思うねやはり地力はある今回は3着だけにマークしたけれど、今後はもう少し高い評価が必要だね

 4着にはサクラメガワンダーが来たけれど、4コーナーで外に出しては駄目だねもう少し我慢して、馬群を突っ込むぐらいの方が良かったと思うそれほど長く良い脚を使えないからねでも、最後はよく追い込んだし道悪も下手では無いね良い勝負をすると思っていたけれど、もう少し福永ジョッキーも勝ち急いだかなしかし、この馬は阪神コースは走るねしかし、秋は阪神でのGⅠレースは無いんだね冗談だけれど、こうなったら今年はJCダートが阪神コースで行われるから、JCダートへダートは無理かな

 5着にはアサクサキングスが来たけれど、道悪は駄目だね最後はフラフラだし、他の馬に迷惑を掛けるとは四位ジョッキーらしくないねまだ、去年の菊花賞のダメージがあるかもここは秋に向けて立て直しだね

 他の馬ではアルナスラインだけれど、道悪は得意だと思っていたが調教の失敗かなそれと、あんまり使い込まない方がこの馬は良いみたいだねどうも、3戦目にして疲れが出たのではないかな秋はぶっつけで天皇賞(秋)に出て欲しいね
 それとアドマイヤオーラは道悪は駄目だし、体調もどうなのかなこれも、立て直しだね

 今年の春のGⅠレースは回収率は大幅にプラスだけれど、考えて見れば回収率がプラスなのは僕にとっては、当たり前何故なら、GⅠレースともなれば、知っている馬ばかり出てくるのだから、馬券が的中して当たり前だとおもっている。しかし、2回しか馬券を的中していないけれどね。もっと的中させないと駄目だねあんまり褒められたものでもないね
 それよりも秋のGⅠレースが苦手秋こそ実力がはっきりしているのにね競馬はエンドレスこれからも頑張らなければ

今年の成績
  的中率 62戦 7勝55敗 11.2パーセント
  回収率 394,000円使用 回収297,310円 75.5パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ
 



 上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
コメント

映画 鳥(1963) 鳥の集団を見ると、ますます気持ち悪いね

2008年06月30日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 実はという映画は、昨日(6/29)の宝塚記念を観て、ショックを受けた後に観た映画です

 監督はアルフレッド・ヒッチコックだけれど、彼の映画はたくさん観ているしかし、彼の代表作と言ってもいい、を観るのは、実は初めてだ僕はホラー映画が、大嫌いその、ヒッチコック作品の中でも一番ホラー映画っぽい感じがして、今まで観る気が起こらなかった
 それにしても、アルフレッド・ヒッチコックの代表作はと聞かれたら
 100人ぐらいに聞いても色々な作品のタイトルが出てくるかもしれないね例えば今回のもそうだし、裏窓をあげる人もいるだろうサイコをあげる人もいるのかなチョッと年をいった人ならレベッカをあげる人もいるかなダイヤルMを廻せを挙げる人もいるかな
 ちなみに僕のヒッチコック作品で一番好きなのは、北北西に進路を取れです。



ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 それでは内容は、カリフォルニアの鳥を売っている店で、弁護士のブレナー(ロッド・テイラー(画像下上))とメラニー(ティッピ・ヘドレン(画像下下)美人だね!)は、知り合いになる。
 メラニー(ヘドレン)は、ブレナー(テイラー)の住んでいるボデガ湾沿いの寒村に彼の妹に愛の鳥(カナリアかな?)を、送ることにした
 そして、彼のいない間にこっそり、愛の鳥を、置いてボートで戻る時に1羽のカモメにメラニー(ヘドレン)は襲われ、額から血を流しているこれが、悪夢の始まりこのシーン以降、いつ鳥が人間を襲ってくるかドキドキするようになるね



 そして、メラニー(ヘドレン)はブレナー(テイラー)から彼の妹の誕生パーティーに呼ばれるが、そこにはブレナー(テイラー)の母親(ジェシカ・ダンディ(画像下))や、妹の担任で教師のアニー(スザンヌ・プレシェット)などもいたが、突然、カモメやカラスが襲ってきたみんな慌てて逃げるそして、その後ブレナーの家にメラニー(ヘドレン)やブレナー(テイラー)そして、母(ダンディ)や妹の四人が集まっている時に、煙突から入ってきたのか、すずめの大群が、部屋中を飛びまくる

 そして、妹が学校に無事でいるか確かめに、メラニー(ヘドレン)が学校へ行くが、学校の運動場は黒いカラスが群れをなしていた気持ちわる~
 そして、教師のアニー(ブレシェット)に、メラニー(ヘドレン)は合図をして、一斉に学校からみんな逃げ出すが、カラスも襲撃してきたここは恐ろしいシーンだねそして、アニー(ブレシェット)はカラスに襲われ死んでしまう

 そして、ついにメラニー(ヘドレン)はブレナー(テイラー)の家でブレナー(テイラー)の母と妹と一緒に居ることになるが、鳥たちが一斉にブレナーの家を襲ってきたそして・・・この後は映画を観てください

 この映画を観るとチョッとカラスは勘弁して欲しいねよく、カラスがゴミ袋を突付くところを見かけるけれど、人間とゴミ袋を一緒に考える馬鹿カラスがいたら・・・
 でも、以前ニュースでカラスが1頭でだけれど、歩いている人や、自転車に乗っている人を襲うシーンをニュースで観た事があるそれにしても、カラスは不気味だね

 でも、この映画はメラニー(ヘドレン)が、カモメに襲われるシーンから、鳥が出てこないシーンでも、緊張してしまうね。僕はそのシーンからいつ、また鳥が襲って来るのだろうかと、考えていたと言うか、緊張してしまったので見終わった後は疲れました
 でも、この映画を観てという映画の評価が高い理由もわかるような気がしますね

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします






 
コメント

映画 アニー・ホール(1977) ウディ・アレン監督の最高傑作の1つかな?

2008年06月29日 | 映画(あ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 昔はよく映画を観ていた頃は、ウディ・アレン監督(画像下)作品をよく観ていた

 上の画像は、アニー・ホールに出演していた頃。だから40歳ぐらいの時。もう今はもっと年を取っています

 しかし、僕が映画を観なかった15年ぐらいの間に、たくさんの映画をエネルギッシュに作っているねその彼も、もう70歳代に突入しているんだねでも、70歳代と言えばクリント・イーストウッドが、監督として70歳代になっても、傑作を世に送り続けている事を考えれば、まだまだウディ・アレン監督の作品を楽しく観る事が出来そうだ

 彼の映画は面白いけれど、映画を観るということについて日本人は損している部分が多い
 日本人というのは、仏教徒が多いからアメリカ映画などの、外国映画にはどうしても宗教的な事が出てくるが、日本人はキリスト教の事はまるで理解出来ていないだろうし、はっきり言って日本人は世界史にもっとも疎い民族だと思うそして、文学についても日本の作家の本はたくさん読んでも、海外の本を読む人はいるのかな
 そういう意味では僕はラッキーかな?ロシア文学ならトルストイや、ドストエフスキーの作品はたくさん読んでいるのが、映画を観るうえで活きているそして、落合信彦の本を高校時代たくさん読んでいるから、世界の関係や、アメリカの問題、世界の諜報活動など、彼はたくさん書いた著書があるから、映画を観るうえで、彼の本を高校時代に読んでいたことは、今思えばラッキーだね

 しかし、実はウディ・アレンは、ユダヤ人であり、彼の映画にはユダヤ人ならではのジョークがよく出てくるみたいだ
 彼の映画が日本ではヒットしない理由が、実は日本という国の世界に目を向けることの出来ない事が欠点になっていると思う世界史や、今の国際情勢、そして宗教に感心のない日本人にとって、ユダヤ人というドイツだけではなく、ローマ帝国の時代から、快く思われていない人種(僕自身はユダヤ人というものに対して特別な思いはありません)と言えば言い方が悪いねしかし、ユダヤ人の歴史は迫害の歴史そのものだ今でも、アラブ人(アラブ諸国)とユダヤ人(イスラエル)の間に平和は来ない
 僕もそれほど今までに上記のことについて詳しい訳ではないから、ウディ・アレンの映画を観て笑えるシーンがあっても、実際のユダヤ人ならではの冗句を全く理解していないだろう

 最近映画を再び観るようになって、夫たち、妻たち(08/04/01に掲載)しか、ウディ・アレン監督作品を観ていない
 そういう理由で、今回はウディ・アレン監督の映画を観ようと思ったわけだが、実は僕は彼の映画を10本以上観ていると思うが、アニー・ホールが一番最初に観た映画ですしかし、もう全くこの映画は覚えていないね。観た後も、改めて全く覚えていたシーンはなかったねしかも、この映画にクリストファー・ウォーケンが出ていたことには、驚いたよ

アニー・ホール

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 それでは、内容はニューヨークが舞台でアルビー(ウディ・アレン)は、漫談家の役でテレビに出たり、舞台に出たりとしているが、結構な有名人だが、売れっ子とまではいってないみたい?そして、友人とテニスを楽しんでいると、明るい性格のアニー・ホール(ダイアン・キートン)と出会う
 明るい性格のアニー(キートン)は、ナイトクラブで歌っているが、特別成功を夢見ているわけではなさそうだ。そんな、二人は次第に仲が良くなり頻繁にデートを重ねるようになる

 上の画像のシーンは、後ろの客が色々と議論しているが、アルビー(アレン)が、ずっと後ろの客の議論を聞いているが、彼はその議論に否定的よくウディ・アレンの作品では台詞の多用が多いのが特徴でも、僕では理解出来ないような哲学的な話まで台詞を入れてくるのが、日本人には苦痛なのかもしれないと思ったねルキノ・ヴィスコンティ監督ベニスに死す(08/01/06のブログに掲載)でも、議論を交わすシーンが、幾つか出てきたがあの議論のシーンなんか全く意味が理解できなかったね
 でも、この作品での台詞のやり取りのシーンは、みんなが笑える部分もあると思う
 しかし、やがてアルビー(アレン)とアニー(キートン)の仲も冷めてくるお互いが何を考えているかわからないみたいで、二人とも精神科に通ってしまう
 そして、ナイトクラブでアニー(キートン)が歌っている所を、カリフォルニアから、やって来た音楽関係者の人々が来て、カリフォルニアに来ないかと誘ってきたアニー(キートン)は大喜びで、アルビー(アレン)と別れてカリフォルニアに行ってしまう。
 その後、アルビー(アレン)は新しい彼女を見つけるが、アニー(キートン)の事が忘れられないアルビー(アレン)はニューヨークからカリフォルニアへアニー(キートン)の後を追うが、アニー(キートン)にとって、今はアルビー(アレン)の事は眼中に無く、歌手としてひたすら成功する事を夢見ているのだった仕方無くニューヨークへ戻るアルビー(アレン)
 しかし、二人は数年後再びニューヨークで、出会うが・・・


 最初の方にも書いたけれど、ウディ・アレン監督作品を観てて、10本くらい観ていると思うけれど、面白くないと思った作品は無いね
 そうかといって、面白いけれど大爆笑という映画もそれほど無い映画を観てて、最初から最後まで大爆笑という映画もそんなにないからね
 アニー・ホールだけれど、これはコメディの部類だけに、笑えるシーンはあるしかし、どこかウディ・アレンの映画は日常的に誰でも起こり得る事を描くので、実は案外考えさせられたりします
 下記に僕のお勧めのウディ・アレン監督作品

カイロの紫のバラ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

 上記の映画はウディ・アレンは、出演しませんが、ミア・ファロー演じる主人公が、何回も同じ映画を主人公が好きになったため、観に行くが、やがてハプニングが・・・
奇想天外な作品で、僕のウディ・アレン監督作品では、一番好きな映画
マンハッタン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

 上記の作品は、ウディ・アレン演じる主人公の妻たちや愛人たちに困惑させられるウディ・アレンのドタバタ振りが笑える。特に最初の方のシーンで元妻のレズであるメリル・ストリープに注目だね

ラジオ・デイズ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

 上記はウディ・アレンは出演しませんが、彼の自伝的作品ラジオが中心だったアメリカの時代をノスタルジックに描いています日本人にもラジオが中心の時代があっただけに、日本人にも共感できる場面もあります。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ


 


 
 

 
コメント

競馬 宝塚記念予想 明日は馬場が悪そう?予想も難しくなったね

2008年06月28日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ

 阪神競馬場は今日から、明日も雨が降りっぱなしこういう時の予想は嫌だねしかし、今回のメンバーを見てたらそれほど荒れないだろうどれだけ荒れても10万円代の配当かな
 ペースも、エイシンデピュティが逃げて、スローペースになりそうだしかし、宝塚記念はスローペースと読んでも、ハイペースになることもあるからね。結構なペースでエイシンデピュティが、馬場も考えるとスローに落とすような事はしないかもしれないね
 そうなると、このメンバーなら4コーナーではエイシンデピュティを捕まえる勢いで、人気馬が先頭に並んで来る展開が見えてくるねあんまり後方から行く馬は要らないと思っているが、中段ぐらいからの差し馬には、注意が必要かな
 それに、人気の無い馬でも道悪歓迎という馬がいるから、道悪得意の馬には気をつけないといけないね
 14頭と宝塚記念にしては、頭数が揃った方だと思ったけれど、やっぱりフルゲートでの戦いが見たかったねそれと、外国馬の参戦をもっとアピールしていかないと駄目だねしかし、日本のこの季節には欧米とも大きなレースが待っているから時期を考えた方が良いのかな仕方無いけれど、オーストラリアの馬や香港の馬なら来てもおかしくないと思うけれどね

 それでは、馬印と各馬についてコメントを述べようか
 ◎ 8 ロックドゥカンプ
 ○ 2 メイショウサムソン
 ▲ 4 アルナスライン
 ▲ 5 サクラメガワンダー
 ▲11 アサクサキングス
 △ 9 エイシンデピュティ
 △12 カンパニー
 × 1 インティライミ
 ×10 ドリームパスポート

 人気しそうで要らない馬
 6 アドマイヤオーラ

 僕の本命は8番のロックドゥカンプ前走の目黒記念では、前半に折り合いを欠いた分の3着だねでも、今回は一叩きした分折り合いは大丈夫そうだし、距離が前走より短縮されるのも好材料しかも、馬場が悪くなりそうだから、他の馬より、背負う斤量が1キロ軽いのも、この馬には恵まれているね
 ただ、どんな感じでレース運びするのかな好位を取りに行くのか、それとも中団からのレース運びかな内のアドマイヤの2頭の馬が追い込み馬なので、前に馬を置いて好位でレースが出来ると思うのだが・・・
 
 対抗は2番のメイショウサムソン調教はバッチリそれにスタートも良い馬だから、この枠ならいつもより前の位置取りかなそれに、道悪もこの馬に向いていると思うしかし、恐らく5歳世代が強敵になりそうだねまたこの5歳世代が、もう一つ本当の実力を掴み切れないところがある天皇賞(春)の感じなら、アサクサキングスには、勝ちそうな気がするが今度は逆に、アサクサキングスが天皇賞(春)とは、逆に後ろから捲ってきそうだ。しかもロックドゥカンプとアルナスラインは、この宝塚記念に狙いをいかにも定めてきた感じ
 しかし、底力はまだ感じるが名手武豊の手綱捌きが、どうもGⅠレースで冴えていない感じもするので、本来は本命にしたかったが、不安もあるのでここは対抗評価で

 単穴にはいつもより多いが3頭挙げようそれだけ勝つチャンスの馬が今回は多いと思う

 まずは4番のアルナスラインだが、今週は水、木と2回も時計を出したタイムは遅いねあんまり使い込むと良くないタイプかも知れないね今回は休み明け3走目だけれど、もしかしたらやばいかもしれないが、休み明け緒戦のメトロポリタンSは、圧巻の内容だったからねしかも、良馬場とはいえ、雨が降っていてあの内容。前走にしてもホクトスルタンのマイペースの逃げが嵌まってしまったね道悪は陣営も自信を持っている恐らく中団からの差しになるだろうが、展開はこの馬に嵌まる可能性もあるね

 次に5番のサクラメガワンダーだ。雨が心配という声も聞くが、僕は大丈夫だと思うけれどねたまたまノメッタリして力を発揮できない時があるが、基本的には道悪でも勝っているし、しかも、阪神コースの内回りは合っていると思うそして、友道調教師松田国調教師のもとで、角居調教師と、同時期を調教助手として、過ごしライバル意識はあるはずだ
 そして、今年ようやくGⅠレースを制した。まだ差を付けられているが、クラシックを意識したサクラメガワンダーだけれど、この阪神の内回りは向いていると思うスタートはだいぶ出る様になったし、昔みたいに差しに徹する必要が無いのも大きいただ、この馬は脚の使いどころが、難しいから福永ジョッキーの手綱捌きも、チョッとの失敗も許されないしかし、阪神内回りはこの馬にとって最も向いているコースチョッと2200Mは心配だが、2000Mであれだけ走れば、200M伸びたぐらいは大した心配ではない勝つ可能性はある

 もう1頭はアサクサキングスだね菊花賞を勝っただけに、天皇賞(春)は、物足りない内容だったが、本来はもう少し短い距離の方が良いと思うちょっと天皇賞(春)が、あっさりメイショウサムソンに抜かされてしまったから、チョッと本命には出来なかったが、今度はこの枠順ならメイショウサムソンの後ろから行くだろうそして、メイショウサムソンを目標とするレースが出来ると思うしかし、菊花賞の2、3着馬が今回は出てくるね。まだ勝負付けは済んでないだけに、今回はどうしても勝ちたいところだねしかし、相手は天皇賞(春)をパスした分、余力がこの馬よりも残っているような気がする特にロックドゥカンプは、強敵になるだろうでも、この馬にも勝つチャンスあり

 次は勝てないまでも、2着ならという馬を挙げよう
 まずは充実の著しい9番のエイシンデピュティいつも、結構なペースで飛ばすわりに、ばてないねこの雨が良い方に向く可能性があるねここは恐らく単騎逃げしかし4コーナーでの有力馬の動きが気になるねしかし逃げれば、しぶとい距離が伸びるのは今の充実振りなら克服できるが、テン乗りの内田(ウッチー)が、下手したら飛ばし過ぎの心配はあるねそれに気性的に怖がりの面があるから、ウッチーも難しいねうまく平均ペースで進める事が出来れば、2着に来る可能性はあるこの雨を味方に出来るかな

 そして12番のカンパニーだけれど、ここに来て重賞連勝しかも追い込み馬だったのに先行策を身に付けてしまったここも先行策だろう内隣にアサクサキングスがいるから、その直後に付けたら良いと思っているかも知れないねしかし、各馬の動きが4コーナーより前で動きが激しくなると思うその時にこの馬はついていけるのかな逆に今回は差しに回った方が良いと思うけれどね名手横山ノリの騎乗に注目だね

 次に3連単の端っこ(3着)にマークする馬を挙げよう
 まずは1番のインティライミだね。去年の秋は怒涛の重賞連勝した時は、勢いでGⅠレースも勝つかと思ったが、どうしたんだろうしかし、陣営はこの馬は道悪はうまいと思っているし、注意だねジョッキーもどんな作戦で来るかわからないね去年の秋は差しに徹したレースだったが、今回も差しに徹するのかなしかし、内枠なだけに最内を突っ込んで来るタイプでも無いからねどこかで外に出すと思うけれど、あんまり後方からのレースになると、勝ち目がないねでも、3着に来る可能性はあるかな

 そしてもう1頭が、ドリームパスポートだけれど、関東へ行ってしまってから、中途半端なレースばかりしているねただ負けたレースでもそれほど、着差は無いから3着ぐらいに食い込む可能性はある道悪も大丈夫そう腹を括って追い込み勝負に出れば3着にくる可能性アリ2着以上の可能性もあると思うでも今回は3着までにしといてね

 次に人気しそうで要らない馬を
 6番のアドマイヤオーラだけれど、この雨は本当に痛いね持ち味の瞬発力が活かせそうに無いねそれと、今年のアンカツさんもまだGⅠ未勝利と運が無いねダイワスカーレットの故障が痛いね今回はこの馬を切らさせていただきます

 買い目 三連単フォーメーション
   1着 8
   2着 2、4、5、9、11、12
   3着 1、2、4、5、9、10、11、12

 買い目 三連単フォーメーション
   1着 2、4、5、11
   2着 8
   3着 1、2、4、5、9、10、11、12  合計70点

にほんブログ村 競馬ブログへ
 



 上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。




 


 
 
コメント

映画 忘れられた人々(1950) ルイス・ブニュエル監督の目は厳しいしね!

2008年06月28日 | 映画(わ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 最近はロクな映画を観ていないと言っていたけれど、今回の忘れられた人々は、素晴らしい作品です
 監督はルイス・ブニュエル(画像上)で、スペインや、フランスなど、色々な国で映画を撮った人ですが、この作品はメキシコ作品です
 そういえばメキシコの映画を観るのは初めてかな彼の映画は2本観ているけれど、何を見たか覚えていない多分カラー作品だったから、フランス時代の時の映画だったと思う。コメディー映画で、今で言えばアンガールズのコントみたいな笑いの映画だったチョッと変な映画だった

 そして、今回はコメディーとは無関係の映画ひたすら、絶望の道へまっしぐらのこの映画は凄い
 さて、内容は
 最初のシーンでニューヨークや、パリ、そしてロンドンの映像が流れる。このような第二次世界大戦で勝利した国にも、不良少年がたくさんいると説明が入るそして、メキシコの貧しい街が舞台となっているこの映画も不良少年の話
 ある日、不良少年のリーダー格であるハイボという少年が、少年感化院を脱走して、仲間のいる元に帰ってきた
 まず、彼等は盲目の老人の音楽士を襲うそして、次に両足が使えないので、台車を足代わりにつかっている紳士を襲い、お金も奪って逃走してしまう。
 そして、ハイボは、自分より年下のペドロを、引き連れて自分を裏切って、密告したと思っているジュリアンに対して復讐するため、ハイボは仕事中のジュリアンを呼び出し、棒で滅多打ちにした後、口封じのためペドロジュリアンから、金を奪ってペドロに半分を渡すのだった
 ペドロの家族は父は5年前に亡くなっているが、兄弟がたくさんいるしかし、ペドロは、母に何故か愛されていないようだしかし、何とか母に愛されようとするペドロが痛々しいしかし、母はまだ綺麗な人だハイボペドロを見張っている内に、彼の母を見て、欲情を感じペドロの母と関係を持ってしまうのだった
 そして、ペドロは、母に好かれようと仕事に就くまだ少年なのにね
 しかし、その仕事にペドロが1人だけの時を狙い、ハイボがやって来た会話は少しでおわったものの、ハイボは銀のナイフを盗むそして、ペドロは、仕事に戻ってきた人に仕事が進んでいないことに対して、怒ってペドロを帰らすそして、その仕事場の主人は銀のナイフが無い事に気付き、ペドロが犯人だと思い、警察に連絡する
 そして、ペドロの家に警察たちがやって来た
 そしてペドロは無罪を主張するが、彼の母は警察にペドロの言い分も聞かずに、警察の手に渡すのだった
 そして、母がペドロは感化院へ送られる事を知り喜んでいる感化院の中で二人は出会うがペドロは、激しく母をなじるのだったそこで、初めて母はペドロに対して愛情を持つが時既に遅しだったこの後は、映画を観てくださいここから、悲劇へまっしぐら実はネタバラシになりますが、ペドロハイボに殺されますそして、ハイボも警察に撃たれて死んでしまいますそれも、最初の老人の音楽士の密告で、警察に居場所を告げます意外にもこの老人も善人かと思いきやそうでもないことがわかります
 そして、ここでは、ばらしませんが、僕にとっては一生忘れる事が出来ないラストシーンへ向かって生きます
 そして、ハイボが、物凄い悪に描かれているように見えますが、実は彼は父も母も知らないのですしかも、本当の名前も実はわからない
 決してハイボだけが、悪に描かれていない所がこの映画の救いといえるかもしれません
 不良が手に負えないほどたくさんいるのは、少年のせいではなくて、社会が悪いのだという台詞が出て来ますが、少年は社会の犠牲になっているのかもしれませんね今はメキシコは、貧しい部落もあると思いますが、社会の犠牲になっている少年達が、いないことを祈りたいですね
 そして、この映画には迷子の少年も出てきますお父さんを探していますが、恐らくこの迷子の少年はお父さんに捨てられたのでしょう今の日本も子供が捨てられたりすることは、よくあります。このような問題は日本だけでなく、他の国にもあるんだということがわかります
 映画を観て、その国のことが少々でもわかるというのは、素晴らしいことであると同時に、逆にその国の宣伝にもなっているような気がします
 今回は久しぶりに、観賞に耐えられる映画を観ました
 これで、やっと宝塚記念の予想に集中する事が出来ます
 明日までには、宝塚記念の予想をしますので、そちらもまた見てください

忘れられた人々 [DVD]

ジュネス企画

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします






コメント (2)   トラックバック (1)

映画 ブロークバック・マウンテン(2005) お勧めとは・・・難しいね?

2008年06月27日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 最近毎日の如く映画を観ている映画を観るのは趣味だから良いのだけれど、今週観た映画はひどい映画ばかりだね
 残酷な映画や、ホラー映画や気が狂いそうだから、ヒューマン映画の傑作と言われるブロークバック・マウンテンを昨日(6/27)に観ました

 この映画の監督はアン・リーで、今ハリウッドで最も成功している東洋人の1人と言っても良いだろう
 そして、主演の1人にヒース・レンジャーが出ている。しかし、最近28歳で、ドラッグなどの薬物使用過多で、死んでしまった若い俳優だけれど、演技派といえる数少ない俳優の1人なだけに、映画界にとっては大きな損失であり、また彼の活躍もこれからなのに

 感じんな映画の方だけれど、今回は暖かいヒューマンドラマかと思いきや、僕にとっては嫌な気分の映画だった。どんな映画か、結論から言うとこれはホモ映画確かにヒューマン映画には、違いないがチョッと観ていて気持ち悪かった
 でも、こんな事を書いたら、もしホモ連盟という所があったら、僕は非難を浴びるねホモの人はごめんなさい
 とことん今週観た映画は外ればかりだね(アポカリプトは、もっと違う時に観ればよかったと思う。この映画は観た方が良いね

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


 話の内容だけれど、夏の羊の放牧シーズンと言う事で、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで羊番のアルバイトとして、イニス(ヒース・レンジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)が、やって来る
 最初の2週間ほどは、お互い無口で全くお互いが喋る事がなかったが、そのうちに仲良くなる
 そして、ある晩テントの中で二人は愛し合ってしまうチョッとこのシーンは、気持ち悪かったそして、二人は山を降りて、再会を誓うのだったしかし、実はこの1960年代は、ホモというものに偏見があり、しかもイニス(レンジャー)は9歳の時にホモが殺される所を父に見せられている彼はこのことが、世間にバレルと殺されていると思っている
  
 イニス(レンジャー)は、このアルバイトが終わったら結婚しようと約束していた、アルマ(ミシェル・ウィリアムズ)と結婚して、3人?の子供を授かる

 一方、ジャック(ギレンホール)の方は、ロデオの大会に出たりして、働きもしていなかったが、ラリーン(アン・ハサウェイ)と出会う。彼女は農耕機材を販売する大金持ちの家柄だった。そしてジャック(ギレンホール)もラリーン(ハサウェイ)と結婚スルのである

 しかし、それから4年後にジャック(ギレンホール)は、イニス(レンジャー)に会いに行くジャック(ギレンホール)にとっては、妻のラリーン(ハサウェイ)と一緒にいるより、ブロークバック・マウンテンでの、イニス(レンジャー)と一緒に過ごした夏の思い出の方が、良いみたいだそして、二人は出会い隠れて、お互いキスする(気持ち悪い)所をイニス(レンジャー)の妻アルマ(ウィリアムズ)に観られてしまっていた

 それから年に何回か、一緒にお互いが妻を騙して、思い出のブロークバック・マウンテンに向かうが、すでに二人の運命は変っていたお金持ちと結婚したジャック(ギレンホール)は、イニス(レンジャー)とず~と一緒に居たいと思っているしかし、小さな牧場で働くイニス(レンジャー)は、家族との生活のことを考えているそして、二人のホモ関係が回りにバレタラとビクビクしている

 やがて、イニス(レンジャー)は離婚してしまうそして、ジャック(ギレンホール)は・・・後半は映画を観てください

 チョッと今回の映画は、ホモ描写がリアルで、そこまで露骨に二人の関係を描かなくても良いのにと思ったけれど、チョッと残念ながらこの映画は、僕には厳しい映画でした。しかし、前半のブロークバック・マウンテンにおける羊の大移動のシーンは凄かったちなみにこの作品で監督のアン・リーアカデミー監督賞を、受賞していますしかし、作品賞では本命と言われながらクラッシュ(08/02//24のブログに掲載))が、アカデミー作品賞を取った
 僕の意見では、やはりホモの映画よりも、アメリカの多民族国家のそれぞれの、民族のぶつかり合い、そして友情を描いたクラッシュの方がお勧めですね
 ホモあるいはゲイの人たちには、勝手な感想を書いてスミマセンでした
 今日はこれから、何か面白い映画を探して観て寝たいと思います

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします


 
コメント

映画 プラネット・テラー(2007) ゾンビ映画だけれど、馬鹿馬鹿しいホラー映画だね?

2008年06月25日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 最近ハードな映画を観る機会が多い。メル・ギブソン監督の2作品を、月、火曜日と、2日連発して観るとあの残酷なシーンには本当に疲れた
 日曜日(6/22)のさらば、ベルリン必死の逃亡者の2作品も内容が重いテーマなだけに、チョッとここに来て映画疲れ?
 
 それで、今日はコメディーか、心温まるヒューマン映画を観ようと思ったが、なぜかわからないけれど、ゾンビ映画を観てしまった
 しかし、監督がロバート・ロドリゲスだからねこの監督は必ずホラー映画といっても、どこかでふざけたシーンが出てくるので、それほど肩を張らずに軽い気分で見られるだろうと思った

プラネット・テラー プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


 僕の思ったとおりだね。内容は米軍隊長のマルドゥーン中尉(ブルース・ウィルス)と科学者のアビー(ナヴィーン・アンドリュース)が、化学兵器の取引中に、アビー(アンドリュース)は化学兵器を破壊してしまう。
 街中に生兵器DC2が、流れてしまい人々は次々にゾンビ化してしまう。ちょうど、その時レストランでゴーゴーダンサーのチェリー・ダーリン(ローズ・マッゴーワン)とエル・レイ(フレディ・ロドリゲス)は、再会して車に乗ってエル・レイ(ロドリゲス)の所にいこうとするが、チェリー(マッゴーワン)は、ゾンビ化した感染者に片足を食い千切られる
 しかし、チェリー(マッゴーワン)は食い千切られた足に・・・(画像下)

 マシンガンを着けて、ゾンビに向かっていく
 ただこの映画のDVDは、一部編集で見られないシーンがあって、急に展開が飛ぶ所がある。恐らく重要なシーンだろう早くその見つからないシーンを見つけて、完全な映画にしてほしいねエル・レイ(ロドリゲス)の名前を聞いてみんなビックリするするシーンがあるが、感じんなシーンがカットされているため、本当は何者かわからないからね。早い復旧をお願いしたいね
 感染者がゾンビになって行くシーンは凄いね顔から、段々とブツブツ見たいなものが、浮き出てくる
 ホラー映画と言っても、監督の遊び心がなんだか言葉は悪いけれど、馬鹿馬鹿しさもミックスされ、ホラー映画なのに笑ってしまったりする。
 それほどお勧めではないけれど、たまにはこんなホラー映画もあることを知るために観てください

 下記に僕のロバート・ロドリゲスのお勧め作品を紹介します
レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード トリプルパック

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


シン・シティ スタンダード・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします






コメント

映画 アポカリプト(2006) マヤ文明の映画だと思ったけれど、アクション映画だね

2008年06月24日 | 映画(あ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 昨日の記事で、メル・ギブソンが監督したパッション(6/23のブログの記事)は、キリストの処刑について、あまりにもの残虐シーンにノックアウトを喰らってしまった
 今回は同じ会社に、一緒に働いているH間君がお勧めしてくれた映画ですが、アポカリプトとは、どういう意味なんだどうやら、ギリシヤ語で「新しい始まり」という意味みたいです?
 実はこの映画も監督は、またもやメル・ギブソン昨日の残虐シーンのオンパレードが、また今日も観ないといけないのかと思うと、気分が悪くなってきました
アポカリプト

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 さて、気になる映画の内容は舞台は今の中南米付近を舞台にしたマヤ文明が、取り入れられていますまあ僕たち日本人にとっては、あんまりなじみの薄いといって良いでしょうこういう得体のわからないことをテーマにするのが、メル・ギブソン監督の特徴かもしれません。
 森の中でジャガー・バウ(ルディ・ヤングブラッド)は、父親、妻、子供、そして仲間と平和に暮らしていたが、マヤ帝国の部隊に攻められ、ジャガーの父親は目の前で殺され、そして妻と子供を井戸に隠して、自らはマヤ帝国の部隊と戦うが、結局は敗北。そして、生き残ったジャガー達は捕虜として、マヤ帝国に連れて行かれる

 そして、捕虜にされた女は情婦として売られ、また男たちはマヤ帝国の近年の農作物の不作など、災難続きみたいだが、太陽を神として奉っている?マヤ帝国は男は生贄として、扱っている。
 実際はどんな生贄の方法をマヤ帝国はしていたのか、わからないがこの映画では、まず生贄にする男を仰向けに寝かし大き目のナイフで心臓をえぐり出し、その心臓を太陽に向けるその後に、首を斬りおとし階段をつたって捨ててしまうその後に首の無い胴体をこれも階段から落としてしまう
 今日もまたグロテスクなシーンを見せられたしかし、その後も逃げる捕虜を槍で投げ殺したり、グロテスクなシーンは続くが、深い傷を負いながらも、ジャガーは脱出する妻と子供を助けるためにそして、息子をジャガーに殺された追っ手の1人は仲間を引き連れジャガーを追いかけるここからは、アクション映画になってしまうね森の中を走りまくるベトナム戦争のランボーみたいだ次々追っ手を殺していくジャガー

 そして、最後は妻と子供を助け、海にスペインの戦艦が何艘もあるのを見て、森に帰るジャガーとその妻子たちアポカリプトのために
 その後マヤ帝国はスペインに滅ぼされます
 それにしても、この映画も残虐なシーンが多かったそういえばメル・ギブソンの初監督作品のブレイブハートも残酷なシーンがあったし、残酷なシーンからメル・ギブソンは何を伝えたいのだろう人間の心臓を取り出すシーンは逆に残虐性の批判を込めているのかもしれないね

ブレイブハート

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る


 残酷な映画を観るのは今は僕の心理的にも厳しいものがあります明日は、心温まるファンタジーかとにかく笑える映画を観たい今は、そんな気持ちです

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

コメント

映画 パッション(2004) チョッと目をそむけたくなるシーンが多すぎるね

2008年06月23日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 僕の会社では、日系ブラジル人が多いのだが、その中でもキリスト教の人が多い
 そんな、イエス・キリストのことを少しでも知ろうと、この映画を観たのだが

パッション

東宝

このアイテムの詳細を見る


 あまりにも、ショッキングなシーンが多過ぎて、つい目をそらせたくなるシーンが多かった実はこの映画の題名のパッションだけれど、僕は情熱という意味だと思っていたけれど、本当は受難という意味が正解映画の題名を調べると結構英語の勉強になるね
 しかし、この映画からイエス・キリストの像が思い浮かばないねあまりにも残酷過ぎて、キリスト本来の姿がサッパリわからなかった
 監督はメル・ギブソンで、期待はさせてくれたけれど、チョッとやり過ぎだね
 でも、最後イエス・キリストジェームズ・カヴィーセル)が、神に対して自分を処刑しようとする人を、助けるように祈るシーンは感動的
 この感動シーンを撮りたい為に、あそこまで残酷なシーンを撮ったのかなでも体中が血だらけのイエス様は観たくないね

 それと、マグダラのマリアモニカ・ベルッチ(画像下)が演じていたけれど、女優魂を感じさせてくれたね本当は物凄く綺麗な人だけれど、やはり女優生命を、この作品に賭けていたね確かに彼女の魅力のセクシーさは無かったけれど、彼女の新しい一面が観られて良かったこの映画の僕にとっての収穫はそれだけ

 でも、メル・ギブソンが、細部にかなりこだわったみたいだね言葉もアラム語、ラテン語、ヘブライ語と実際の言葉にこだわりを魅せ(本来英語で済ます場合が多い)そして、ローマ兵の残虐行為も実際にあれぐらいのようだった
 そういう意味ではメル・ギブソン監督は完璧主義の称号を与えても良いのかな
 でも、僕的にはあんまりお勧めできる映画ではないねしかし、この映画をキリスト教の人はどう感じるのかな
 明日、会社で敬虔なキリスト教のH間君に聞いてみよう

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします







コメント

競馬 マーメイドSの反省 ハンデ戦しかも、道悪で、普通の予想をしてしまった自分が悪いね

2008年06月23日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ

 しかし、ハンデ戦で道悪の競馬の予想は難しいねそんな状況でまともな予想をした自分が馬鹿だねもっとひねった予想をしないといけないね
 それでは、順番に各馬に付いて、コメントを述べながら反省します。
 まずは僕の本命のベッラレイアは、トップハンデ道悪のハンデ戦で、こういう馬を本命にしたらいけないね好位からのレース運びは良かったけれど、やはり上位には軽ハンデの馬たちがきた。最後はもうバタバタだったねそれと、やっぱり良馬場で見直したい馬だし、もう少し馬体重が戻っているかと思ったけれど、増えていなかったねもう少し馬体の成長が欲しいね
 勝った馬のトーホウシャインだけれど、全くのノーマークしかし、今競馬新聞を見ていると、道悪は得意みたいだねでも、いつも後方から出し、最近の成績も強調出来ないし、やはり軽ハンデと道悪に恵まれたねそれと、ラチ沿いを走れたのも良かったねそれにしても高野ジョッキーおめでとうございます今年の初勝利が重賞とはでも、今後買う必要は無いような気がするね

 2着にはピースオブラブが来たこの馬が逃げるとは思わなかったね重馬場にしては、やや早目のぺースだったけれど、誰も付いてこなかったからね最後は完全にバテてたけれど、こういう馬場も得意かもしれないね52キロの斤量も良かったけれど、それにしても後方の馬に差されるとは思わなかったね

 3着にはソリッドプラチナムが来た本当は良馬場でやりたかっただろうね体も小さいし、追い込みタイプだからねでも、よく追い上げたと言っていいのかななんせ、勝ち馬が更に後方から追い上げたからねそれにしても、この馬はこのレースと相性が良いね

 4着にはプリトマルティスが来たけれど、もう少し実力を発揮できるかと思ったけれどねやや重までなら対応出来るが、重馬場までいくと、チョッと厳しいみたいだねそれに、もう少し短い距離の方が良かったかな

 6着のザレマだけれど、調教師が道悪をぼやいていたが、本当に道悪が駄目なんだね京都牝馬Sでは、道悪で2着だったから本当は得意だと思っていたが・・・しかし、もっと前に行った方が良かったと思うけれど、どうしてあそこまで下げたのかなチョッと解せないね
 
 他にレインダンスだけれど、道悪は下手だね雨が降ったら要らないねしかし、本来は実力はあるはずだし、もう少し走っても良いのだがさて、いつ復活するのかな血統的にまだ奥が深そうなだけに、今後どこかで馬券に絡むと思うのだけれど、そのチャンスを逃したくないね

 来週は宝塚記念だね今のところアルナスラインか、ロックドゥザカンプのどちらを本命にしようか悩んでいます

今年の成績
  的中率 61戦 7勝54敗 11.5パーセント
  回収率 387,000円使用 回収297,310円 76.8パーセント

にほんブログ村 競馬ブログへ
 



 上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。
 
コメント

映画 さらば、ベルリン(2007) 第二次世界大戦後もドイツは混乱状態だったんだね!

2008年06月22日 | 映画(さ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 今日の競馬のマーメイドSの、僕の予想はボロボロやっぱり、重馬場でハンデ戦の時は、もっと思い切った予想が必要だねマーメイドSの反省は明日します
 マーメイドSを、観終わった後はいつもの通り今日2本目の映画を観ました監督はスティーブン・ソダーバーグで、主演はジョージ・クルーニー
 このコンビはオーシャンズシリーズと同じコンビなだけに、楽しいコメディタッチが期待されるが、見事に期待を裏切られたね
 カラー映画全盛の今の時代に、白黒映画にテーマはかなり重いこの映画を観てとても笑って観る馬鹿はいないだろう
さらば、ベルリン

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


 内容は第二次世界大戦も終わりそうな時、ドイツのベルリンでポツダム会談の取材のため、アメリカ人記者のジェイク(ジョージ・クルーニー)が、ベルリンにやって来る(でも、記者がどうして軍服姿なんだろう?う~ん、わからん)
 そこで、ジェイク(クルーニー)の運転手としてタリー(トビー・マグワイヤ・・・スパイダーマンの主人公)が、迎えに来ている
 当時のベルリンは、アメリカ、ソ連、イギリス、フランスと四カ国で分割されていて、特にアメリカとソ連はベルリンを巡って今後のヨーロッパをどうするかで、揺れている
 そして、ジェイク(クルーニー)はタリー(マグワイヤ)が酒場で女性と一緒に飲んでいるのを見かけるが、その女性は昔ジェイク(クルーニー)がベルリンに駐在していた頃の恋人だった人妻のレーナ(ケイト・ブランシェット)だった今は、タリー(マグワイヤ)の情婦になっているが、夫は死んでしまったようだ。

 しかし、その翌日タリー(マグワイヤ)の遺体が見つかるタリー(マグワイヤ)はどうやら、アメリカだけでなくソ連にも重要人物であることがわかるそして、ジェイク(クルーニー)がタリー(マグワイヤ)がどうして殺されたのか、自分で調べる
 ジェイク(クルーニー)はタリー(マグワイヤ)の死を、調査しないアメリカに不信を募らせる
 しかし、ジェイク(クルーニー)は、レーナ(ブランシェット)にも何処か不思議な思いを抱くしかも、レーナ(ブランシェット)の所へ行こうとすると何者かに襲われるのである
 そして、レーナ(ブランシェット)はベルリンから脱出したがっているが、実は夫は生きており、その夫はドイツのミサイル開発に関わる重要人物として、アメリカもソ連も必死で探していたのであるが、レーナ(ブランシェット)は夫を隠れさしていたのだった
 そして、さらにジェイク(クルーニー)はユダヤ人であるレーナ(ブランシェット)が、どうしてナチス・ヒットラーのドイツで堂々と生きていくことが出来たのか、不思議だったがついにその理由を彼女の口から聞いてしまう。(理由は映画を観てね

 上記は背中を撃たれたレーナ(ブランシェット)を、助けようとするシーン

 戦争の傷跡は、人間の傷跡にも残ってしまうんだねそして、愛する女を、その夫と一緒に助けようとする所は、名作カサブランカをイメージさせるし、陰謀に立ち向かっていく姿は、これまた名作第三の男を彷彿させる

 上記の画像はカサブランカのラストシーンを意識しているのが、見え見えだね
 
 それにしても、大国の犠牲者になるのはいつの時代も小市民なんだね
 正直言って、観る人にとっては結構難しい映画かもしれないけれど、昔のスティーブン・ソダーバーグ監督らしい作品といえば、そういえるかもしれないね
 でも、スリルがあるし、サスペンス的な楽しみのある映画にはなっているので、面白い映画です

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 
コメント (2)   トラックバック (1)

映画 ヒズ・ガール・フライデー(1939) 昔の映画のコメディーは面白いね!

2008年06月22日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 題名のヒズ・ガール・フライデーは、実は映画に関してよく拝見させていただいている、映画フェイスというブログがあるのですが、その管理人であるロイ・フェイスさんからお勧めされた映画です。非常に映画の説明が素晴らしい映画ファンなら見て欲しいブログです

 監督はハワード・ホークスで、コメディー映画では赤ちゃん教育(08/05/05)のブログの記事に掲載という、名作があります。僕はお勧めのコメディーですね
 そして、実はリオ・ブラボー(08/05/26)のブログに掲載という痛快娯楽アクション西部劇があるけれど、これもお勧め他には赤い河という傑作もある。こちらは昔に観たのですが、また近い内に観たいと思います

ヒズ・ガール・フライデー

ファーストトレーディング

このアイテムの詳細を見る


 それでは映画の内容ですが、題名を聞いた時はフライデーは金曜日の意味だと思っていたので、13日の金曜日が、最初に頭に浮かんでしまいました
 実はフライデーとは、ロイ・フェイスさんのブログの映画フェイスにも書いてあったのですが、ロビンソン・クルーソーの忠実な犬の名前から取っているみたいでした。ロイ・フェイスさんに感謝しないといけませんね大恥をかくところでしたね
 内容は、もちろんホラー映画ではありませんコメディー映画ですね新聞会社の編集長のウォルター(ケイリー・グラント)の元に、以前彼と一緒に働き、また結婚していたが、今は離婚してしまっているヒルディ(ロザリンド・ラッセル)がやって来る
 彼女の目的は、保険会社に勤めるブルース(ラルフ・べラミー)と再婚するので、もう会えないかも知れないという挨拶だった。ヒルディ(ラッセル)は敏腕女性記者であったが、人の秘密を暴露する仕事に嫌気がさしてしまったようだ。
 しかしウォルター(グラント)は、この再婚に嫉妬し、何とかこの再婚を邪魔しようと、悪戦苦闘する。

 明日がブルース(べラミー)とヒルディ(ラッセル)の結婚式で2時間後の電車に乗って、彼の故郷へ行く事になっていた
 しかし、ウォルター(グラント)は、ブルース(ベラミー)の保険会社の顧客になる代わりに、ヒルディ(ラッセル)に最後の仕事として、警官殺しの罪で明朝処刑されることになっているアール・ウィリアムズ(ジョン・クオレン)の記事を書いてくれと頼まれる。
 仕方なく、ブルース(ベラミー)とヒルディ(ラッセル)は電車を遅らせるが、ヒルディ(ラッセル)は記者室へ向かうが、そこで記者達はカード遊びに興じている 
                                
 この時は、新聞記者を辞めて正解だと思ったが、アール(クオレン)の知り合いだという女性、モリー(ヘレン・マック)に出会い彼の人柄を聞くと、どうも彼がそんな悪人に思えなくなるヒルディ(ラッセル)
 その間ブルース(ベラミー)はウォルター(グラント)の策略で、刑務所に入ったりで、ブルース(ベラミー)を助けるのにも必死なヒルディ(ラッセル)は、大忙し
 そして、ヒルディ(ラッセル)はアール(クオレン)に面会するそして、ヒルディ(ラッセル)は仕方なく警官を撃った事を知るのである。

 
 そして、実はこの明朝に処刑が行われる事には、裏があり現市長(クラレンス・コルブ)は、次期市長選で再選のためこのアール(クオレン)という殺人鬼を早く処刑して、市民の票を獲得しようという狙いがあった。
 今やヒルディ(ラッセル)は昔の血が騒いで新聞記者としてアール無罪を証明するため、ブルース(ベラミー)の事はすっかり忘れているそして、ウォルター(グラント)にも助けを求め、記事の編集をたのむのであるそして、モリー(マック)の飛び降り自殺未遂騒ぎ起こったり、アール(クオレン)が、脱走したり、いろんなことが起こる                
 そして真面目な記者?が州知事が発行したアール(クオレン)の死刑執行猶予状を市長に渡そうとするが、市長(コルブ)はこれを賄賂で口止めをしようとする。いつの時代も政治家の賄賂は変りません
 結局、ウォルター(グラント)とヒルディ(ラッセル)は、部屋の机に、警官に追われているアール(クオレン)を隠すのだが、警官にばれてしまう
 アール(クオレン)は警官に連れて行かれ、ウォルター(グラント)とヒルディ(ラッセル)は手錠を繋がれるが、真面目な記者?が死刑執行猶予状を持ってくる。これにより、手錠を繋がれた二人はラッキーにも助かるそして、再びウォルター(グラント)とヒルディ(ラッセル)のコンビが再結成される事になるのである

 この映画の見所は、ケイリー・グラントのマシンガントークですが、これが面白いことを言うねあれだけの早口で面白い事が言えたら・・・羨ましいです

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



 
コメント

競馬予想 マーメイドS チョッとメンバーが物足りないけれど、ハンデ戦だからね

2008年06月21日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ

 今回はマーメイドSがある。メンバー構成を見るとどう見ても、ベッラレイア一強ムードが、漂うね
 しかし、明日ははどうも雨予報で道悪、そしてハンデ戦と難しい材料が出てきたね道悪競馬ならやはりハンデは重要な要素になりそうだちなみにベッラレイアは、トップハンデの56キロ今後はこれぐらいの斤量は背負う事が多くなるだろうから、ここは相手関係を見ても克服してほしいね
 しかし、2、3着はとんでもない馬が突っ込んで来る可能性はあるだろう雨の影響を受けた開幕馬場をどう考えるかだけれど、やはり先行する馬が有利だと思うけれどね
 それと、1600万から勢いに乗って重賞に挑戦という馬は、やっぱり怖いねそういう馬は調子が良くて、ハンでも軽くなりそうだからね

 それでは馬印と各馬に付いてコメントを述べよう
 ◎ 5 ベッラレイア
 ○ 6 プリティマルトス
 ▲ 7 ホウショウループ
 ▲11 ザレマ
 △ 1 ブローオブサンダー
 △ 2 ピースオブラブ
 △ 9 ウインシンシア
 × 3 サンレイジャスパー

 人気しそうで要らない馬
  4 ソリッドプラチナム
 12 レインダンス

 僕の本命は、やっぱり5番のベッラレイア休み明けでいきなりGⅠレースのヴィクトリアマイルに挑戦したが、さすがに距離(1600M)も短いし、いきなりGⅠレースも良くなかった確かに今回は、トップハンデ、道悪とクリアしなければならない問題もあるが、この馬の抵抗できるだけの馬もあんまり見当たらない競馬なので必ず勝つとまで言い切れないが・・・しかし、連を外す事は考えられないね

 対抗は6番のプリトマルティスだ。牝馬限定戦ながら1000万、1600万連勝してきた勢いは無視できないしかも、乗り役は武豊しかも、結構自在性があるので、そんなに大崩れは考えられないしかも、内隣に僕の本命ベッラレイアがいる。どんな作戦を名手武豊は、立てているのかな?その騎乗に注目だねハンデも恵まれたし、道悪もここ2戦を観ると得意かもしれない。ここは念のため勝つ場合も考えた方がいいね

 単穴には2頭挙げよう
 まずは7番のホウショウループジョッキーは先週のCBC賞で10年ぶりに重賞を勝った上村洋行ジョッキー
 勢いのあるジョッキーだし、馬の方も前走の勝ち方は、大外を捲って行く強い勝ち方だった人馬共に勢いがあるだけに、チョッと侮れないね前走の1800Mから200M今回伸びるが、そんなに2000Mが初距離になるが、そんなに心配しなくてもいいだろう。前走の勝ち方なら、このあいてでも、上位争いうまく行けば勝てるかも知れないね
 
 もう1頭の単穴が、11番のザレマだけれど、調教師が道悪が心配と言っているが京都牝馬Sで道悪で2着があるぐらいだから、逆に得意かも距離もこれぐらいあれば、スローペースが濃厚なメンバー構成なだけに、この馬に展開は向くだろう同じ阪神コースの2000Mを3歳時に勝っているが、今はもう少し短い距離にシフトチェンジしているからねしかも、このペースなら上がり勝負の可能性もある距離が長そうと見限ったら、痛い目に遭うかも

 それでは勝てないまでも、2着ならありえる馬を挙げてみよう
 まずは1番のブローオブサンダー前走は牝馬限定の500万クラスの戦いとはいえ、ダートでブッチギリ常識的には今回のメンバーでは苦しいはずだが、この軽ハンデで逃げ馬チョッと完全に無視は出来ないしかも、有力馬に差し馬が多いことを考えると・・・狙い目だね

 次に2番のピースオブラブだけれど、休養明けの2走はボロボロしかし、最近はコース追いに変えてきたし、好時計をマーク休み明け叩き3走目、ここら辺での激変を期待したいね愛知杯で4着のある馬重賞で好戦した馬が少ないメンバーを考えると、怖いね

 次に9番のウインシンシアだけれど、ハンデは恵まれたね今年は急に好調モードに入った浜中ジョッキー何故急にこんなに調子良く勝てるようになったのか?馬も末脚の鋭さを武器に持っているから、意外に上位にくるかも?意外と言ったら実は失礼追い込み馬で展開が向くとは思わないだけに、勝つのは厳しいと思うがハンデの50キロが活きれば、上位争い可能ダートも走るだけに、道悪になっても追い込んでくるかも

 次に3連単の端っこ(3着)に引っ掛かりそうな馬を
 流石に今回は長い休養明けだけに、厳しいねしかし、調教では馬なりで軽くやっているだけだから、チョッと期待しづらいが、地力は牡馬相手の小倉記念を勝っているだけに、地力はあるだけに3着にマークをしかも、トップハンデを課せられたしねしかし、馬にやる気があれば3着にくるかも

 それでは人気しそうで要らない馬を
 まずは4番のソリッドプラチナムだ。3歳の時に後方からの追い込みが決まって勝ち、去年も3着と非常に相性の良いレースだが、今回の天気はそこへ持って来て、追い込み馬なだけに、53キロは数字だけ見れば恵まれているが、他馬との比較からは、恵まれているとはいえないムラのある馬なだけに、今回走られても仕方ないが、今回はきびしいかな?

 次に12番のレインダンスだが、去年の秋華賞では、あのウオッカに先着しての2着と期待されたが、ここに来て歯車が狂ってきたしかも、名前がレインダンスなのに、道悪競馬にならないか、いつも調教師は心配している明日は雨が降り続けるだろう道悪を克服できるか心配だね

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 5 
  2着 1、2、6、7、9、11
  3着 1、2、3、6、7、9、11

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 6、7、11
  2着 5
  3着 1、2、3、6、7、9、11   合計54点

にほんブログ村 競馬ブログへ
 



 上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。




 
コメント (1)   トラックバック (1)

映画 男たちの挽歌Ⅱ(1987) 前作よりパワーアップ、友情、裏切り、兄弟愛凄いね

2008年06月20日 | 映画(あ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 前作の男たちの挽歌の続編だけれど、かなりパワーアップしているね。
 正直、前作でチョウ・ユンファは死んだはずなのに、どうしてまた出て来るのかと、何か嫌な予感がしたが、なんと前作で死んだマイク(ユンファ)の双子の弟ケン(ユンファ)として出て来たそれにしてもそんな、必殺技を出してくるとは、ただ驚き
男たちの挽歌2

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 今回は兄弟愛、そして男同士の友情、卑劣な裏切りなど、前作に比べてかなり残酷に描かれている
 特にこの兄弟愛の描き方は凄いね観たらビックリだから、ここで触れるのはもったいない
 そして、ニューヨークで中国料理店を経営していたケン(ユンファ)が、かつての親分であるルンがニューヨークに逃げてくるが、娘が殺されたと知って、気が狂うシーンから立ち直るまでのケン(ユンファ)とルンの友情には心をうたれるね

 そして、やっぱりこの映画はジョン・ウーの監督作品だけれど流石だね
 ケン(ユンファ)が階段を滑り降りながら、敵に銃弾を打ち込んでいくシーンは観ていて、あり得ないと思ったけれど、こういうあり得ないシーンをありそうに描くション・ウーマッジクに嵌まってしまった
 充分に堪能できるアクション映画だから、アクション好きの人は満足するだろうね詳しいストーリーの説明は他のブログに任しておいて、今回は見所だけを書いたけれど、男なら一度は観ないといけない作品だね
 ハリウッド作品でのジョン・ウー監督チョウ・ユンファが、タッグを組んだ作品を観たいね

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

コメント

映画 ペイ・フォワード(2001) 1人の少年の考えが奇跡を起こす

2008年06月19日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ

 この映画は、会社の最近結婚したO村君からの、お勧め映画として観ましたはっきり、言って最初その映画の題名を聞いたときは、何じゃ、そりゃという感じで、あんまり期待していなかったけれど、見る人によっては感動映画
 ちなみに僕はこのペイ・フォワードの意味を後で教えますが、実は何人もの人に、ペイ・フォワードしている事に気付いたでも、僕にこのペイ・フォワードという考え方を実践していなかったらもっと感動していたと思う

ペイ・フォワード

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


 話の内容は中学1年生のトレヴァー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、アルコール中毒の母アーリン(ヘレン・ハント)と二人暮しアーリン(ハント)はバーで夜は働いている
 ある日トレヴァー(オスメント)は、担任の社会科の先生であるシモネット先生(ケヴィン・スペイシー)から、今から世界を変える方法を考えなさいと、宿題を出すのである
 ここで、トレヴァー(オスメント)は画期的な方法を考え出すのであるそれは、相手から受けた恩をその相手に返すのではなく、相手から受けた恩を別の相手の3人に親切にし、さらにその1人が別の3人の相手に親切にするという考えこれが、ペイ・フォワードという考え方です。
 ちなみに逆に相手から受けた恩をそのまま相手に返すのをペイ・バックと言います

 このペイ・フォワードの考え方を聞いたシモネット先生(スペイシー)は、この少年の考え方におどろくのである。実はシモネット先生(スペイシー)は顔に火傷の跡が残っている実は体中が火傷だらけで、それを今までコンプレックスになっていた。

 早速このペイ・フォワードを実行しようと、3人の人物を選択する。
 まずは麻薬常習犯(彼を立ち直らせる事)、そしてシモネット先生(火傷のコンプレックスに悩んでいる)、友達(いじめられっこ)の3人を助ける事を実行しようとする。
 しかし、麻薬常習犯は自分の家に呼んで、一緒にご飯を食べる仲になるが、母のアーリア(ハント)が見知らぬこの麻薬常習犯の男を見て、外に追い出し一人目は失敗そして、シモネット先生(スペイシー)は母のアーリア(ヘレン)を、愛するように仕向けようとするが、結局シモネット先生(スペイシー)は、火傷で覆われた顔と体にコンプレックスが、消えずこれも失敗、そして3人目の友達は、いじめられていたのを目にするが、結局助けることを、怖くてしなかった
 このペイ・フォワードの計画は失敗に終わったと感じたトレヴァー(オスメント)だったが、母のアーリン(ハント)によって、この計画をシモネット先生(スペイシー)から聞き、アーリン(ハント)が実行する。
 まずアーリン(ハント)は仲違いしていたアーリンの母(トレヴァーのおばあちゃんになるね)(アンジー・ディキンソン)と仲直りして、トレヴァー(オスメント)の誕生日に自宅へ招待するのであった。
 そして、トレヴァー(オスメント)のペイ・フォワード計画に対する3人は、まず麻薬常習犯は、偶然にも橋から落ちて自殺しようと試みた女性を助ける事に成功し、その表情からは麻薬とはおさらばしそうな清々しい顔になっている。相手の女性も自殺をやめるのだった
 そして、シモネット先生(スペンサー)はコンプレックスに打ち克ちアーリン(ハント)と結ばれる

 そして、このペイ・フォワードという運動は、アメリカ全土で行われるようになる。特に冒頭のシーンで自分の車が他の車にぶつけられてしまうが、そこを通りかかったおじいさんにフェラーリを、もらうシーンはこれぞ、ペイ・フォワードまさにこの冒頭のシーンで見せるのがうまいね監督はミミ・レダーです。
 トレヴァー(オスメント)だが、ついに全国向けのインタビューを受けるまでになる彼の考えたことが、奇跡を起こしたのである
 そして、3人目だがトレヴァー(オスメント)は友達がいじめられているのを見て、今度こそ助けようとするが・・・
 ラストでこのペイ・フォワードというのが、アメリカ全土で運動として広がっているのがわかるね

 ちなみに僕の話になるけれど、大学時代だけれど先輩から飯をおごってもらった事がある当然僕はありがとうございますだけれど、その先輩は僕に言ったねお前も後輩が出来たら、そいつらに飯をおごってやれ今でもその言葉は僕の心の中に残っている

 当然大学時代後輩に飯をおごってあげた事もある。そして、JRの大阪駅で加古川までのお金が少し足りないと言って来たおじいさんがいた。その時僕は何も言わずに、大阪駅から加古川駅までのお金をあげたよそのおじいさんは何回も僕にお辞儀をしていたね
 まあ他にも色々、ペイ・フォワードをやったけれど、あんまり書いて自慢たらしくなると自分の価値が低くなるような気がするので、ここら辺で自分のペイ・フォワードを書くのを止めておこう
 
 みんなもこの映画を観て、一緒にペイ・フォワード計画を実行しましょうそしたら、世の中がもっと広い目で観られるような気がするね
 この映画をお勧めしてくれた奥村君には感謝しないといけないねそれと結婚おめでとう

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



コメント