ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

今回はスパイ映画について述べよう

2007年10月31日 | 映画関係
 上の画像は007シリーズで、ジェムズ・ボンドを演じた若きショーン・コネリーです。

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 昨日のブログでミュンヘンという映画をとりあげたけれど、イスラエルの諜報機関モサドについて、少し述べた。確かにモサドは、あらゆる国でスパイ活動をしているのは、確かだ

 もし、モサドの人がこのブログを読んだら、僕は要注意人物と見なされ、殺されるかもしれない知り合いにCIAの人が居るからその人に助けててもらおうか

 あんまり馬鹿なことを書くのは、ここら辺で止めておこうCIAに知り合いなどいるわけがありません。

 ミュンヘンという映画は、モサドが主になっているが、スパイ映画とは違うね。あの主人公が上からの命令に対して、疑問を持ち、自分そして家族の安全を考え、悩む姿は人間の本質を描いていた

 スパイ映画で有名なのは、やはり007シリーズだろう。初代のボンド役のショーン・コネリーが、歴代のボンド役では一番評価が高いね。僕はボンド役から脱皮して,かつらを取ってからの、渋いショーン・コネリーが好きだけどね。特にアンタッチャブルでの警官役のショーン・コネリーはカッコ良かった
 話を元に戻して、007シリーズは、売りの一つに、ボンドガールというのが、大抵敵側の女として出てくるねまた、映画もほとんどワンパターンで女好きのジェイムズ・ボンドが敵のワナだと知りながら、ボンドガールといわれる女について行くそして、次々と武器や乗り物なども大袈裟になってきた。はっきり言って最初の頃のボンドシリーズの方が面白かったかな

 その他にスパイ映画として、アーノルド・シュワルッツネガーが主演した、トゥルー・ライズ(直訳すれば、真実の嘘直訳した日本語だけ見れば、反対の言葉を並べて何のコッチャという感じだけれど、確かに映画を観れば納得する部分もあるねこれも、スパイ映画としては、娯楽作品としては、楽しかった。スパイ映画といえばあくまで娯楽というイメージがある。
トゥルーライズ

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る



 また、ジーン・ハックマンマット・ディロンが、親子の役で共演したターゲットという映画は、まさにスパイ映画という感じだった。
 母親が何者かに誘拐されるが、それは父(ハックマン)が昔CIAのスパイで、それまで父がスパイだったとは知らなかった息子(マット・ディロン)は、本当の父の正体を知ってガッカリする。実際スパイというのは、家族にも正体を明かせない仕事なのだろう僕の記憶をたどれば、東ドイツへハックマンとマット・ディロンが救出に行って、マット・ディロンの車のハンドル捌きに憧れた記憶がある。そんな憧れは、どうでもいいが、007シリーズトゥルー・ライズよりも、シビアなスパイ映画という感じがした。

 あんまりスパイ映画を紹介出来なかったが、僕が今のところ最も好きなスパイ映画はケビン・コスナー(下に画像)主演の追いつめられてという映画だね


 この映画はCIAの内部が舞台となっているが、内容は話さない方がいいだろう。ラストのきつい大ドンデン返しには、唖然として、一瞬何が何だかわからなくなりそうだったよ
 
追いつめられて

カルチュア・パブリッシャーズ

このアイテムの詳細を見る





 ようやく涼しくなってきました。もう読書の秋ですね。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ。

 ちょっと映画の話が連発してしまった。しかも今日から明日にかけて将棋のタイトル戦である竜王戦第二局が今日から始まっている。渡辺竜王佐藤挑戦者(二冠王)のどちらが勝つか非常に興味があります。明日は将棋の話になるかもしれないけれど、明後日は競馬の話をしないといけないね。今週はGⅠレースはないけれど、東京競馬場でアルゼンチン共和国杯が、京都では女の子(2歳牝馬)のレースファンタジーSがある。女の子のレースはよくわからない部分が多いので、予想しませんが、アルゼンチン共和国杯は予想公開します。はっきり言って、天皇賞(秋)の後だけに、レベルの低い戦いになると思うが、そんな中でも僕の注目馬はカゼノコウテイです



 

 
コメント   トラックバック (1)

天皇賞(秋)の反省  流石は武豊だね

2007年10月29日 | 競馬予想結果
人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今日の朝、テレビでニュースを見てたら黒澤明監督の名作隠し砦の三悪人が、リメイクするらしい。
 僕もブログの記事(9/10)に隠し砦の三悪人の感想を書いたけれど、はっきり言ってリメイクは絶対にしないでくれ過去にも黒澤作品でアメリカやイタリアでリメイクされている作品があるが、ほとんど失敗に終わっている。
 しかも、三船敏郎の役を松本潤が本当にするのそんなの、ムリムリに決まってるだろう
 誰かこんな企画つぶしてくれ

 それでは、本題である天皇賞(秋)の反省をします。
 勝ったメイショウサムソンだけれど、流石は武豊と思わせるシーンがあったそれは、コスモバルクが外によれるのを、わかっていた武豊のファインプレーがあった。
 実は武はコスモバルクが外に寄れる癖があるのを知っていたレースを観ればわかるが、コスモバルクが外に寄れた時に多くの馬が不利を受けた。しかし、武豊は、メイショウサムソンをその瞬間に内にコースを取り、コスモバルクからの不利を回避した。
 武豊TVで、コスモバルクはよく外に寄れるから、そこは注意したと言うことが多い。
 ディープインパクトでよくコスモバルクと対決しているが、去年のジャパンカップの時も、コスモバルクが外に寄れるのは注意したと言っていたからね実際そのジャパンカップの時に、トーセンシャナオーが、モロにコスモバルクが外に寄れたため不利を受けていた
 武豊ディープインパクトの時は、早めにコスモバルクを抜かす作戦が多かったが、今回はメイショウサムソンで、しかも目の前をコスモバルクが走っているのを、どう捌くか注目したが、先程書いた通りコスモバルクが、外に寄れた瞬間に直ぐに進路を内にとって、他の馬が不利を受ける中、巧くメイショウサムソンは内に進路を取って、不利を回避した
 そこがこの馬の第一の勝因だろうそれと内枠も良かったね。内枠であの好スタートで他の馬に対してアドバンテージを取れたからねそして、馬もだいぶ成長したみたいだ。今まで接戦の勝利が多かったが、今回は完勝だった。ジャパンCでも、休み明けを勝ってさらに良くなってくるだろうから、最有力候補にのし上がってきたね

 次にアグネスアークだけれど、馬に挟まれてかなりのダメージを受けたと思うが、いい根性をしているね。不利を受けた馬の中で一番伸びてきたからね重賞2着が多いけれど、この馬の能力もわかったし、いずれどこかで重賞の1つや2つは勝つだろうこの馬は河内厩舎だね。河内は現役のジョッキーの頃から馬を見れば直ぐに何処が悪いかを見分ける目を持っていた。だからアグネスアークも最近は良く走っているが、充分にケアもされることだろう。

 3着のカンパニーだが、鋭い脚を持っている。しかし今回は福永の失敗もあるレース後のコメントにコスモバルクに不利を受けたと言っている。それも、今回だけでなく今まで色々なレースで不利を受けてきたみたいだ。確かに凄い脚で突っ込んできた所を、コスモバルクに邪魔されているしかし、そこに武と福永の差があると見る福永もコスモバルクの癖は知っているのだが、それに対応出来ていない。福永に対して賛否両論の声があるが、僕は彼はいいジョッキーだと思っているしかし、この発言を聞くとやはり武豊には叶わないと感じる。ちょっと超えるのも残念ながら難しいね

 4着にはポップロックが猛然と追い込んできたやはり距離適正が出てしまった。もう少し長い距離の方がいいね。

 そして僕の本命アドマイヤムーンダイワメジャーは不利が全てだねちょっとコスモバルクに対する注意が武豊に比べて、足りなかったね今回は不満の残る一戦だがこれも競馬。そしてこれで馬券が的中出来ないのも、予想する側としては、後味悪く思うだろうが、こういうことは、なかなか予想の要素として考えられないが、これも予想する側の思い通りにならない宿命も背負わないといけないのが馬券士の辛さであり、それを何回も経験しないといけない。

 土曜日の東京競馬場は雨で内側を避けて通る馬が多かったから、日曜日も当然内側を避けて通る馬が多いと思ったが、みんな内側を避けそうな感じが無かったね馬場の内側と外側のどちらがいいかを考えるのはなんか難しくなってきたね。今そこの予想で悩むね

 今回の天皇賞(秋)は確かにGⅠレースとして後味が悪かったが、これも競馬。これからもいいレースを見せて欲しいね

武豊及びメイショウサムソンの関係者の方々には、おめでとうございます




 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

 
 

 

 
コメント   トラックバック (1)

武蔵野S反省 最近反省ばかりだね。いつこの反省が活きるんだろう

2007年10月28日 | 競馬予想結果
 人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今回の武蔵野Sは雨は降るし、不良馬場とジョッキーと馬は大変だね

 馬も人もダートだらけ(泥だらけ?)になって、雨はジョッキーは嫌だろうね。
ダートの不良馬場だからエイシンロンバートから本命に入ればよかったしかし上がり3ハロンを35秒台で上がって来たのは、やはり雨の時はこの馬は気をつけないといけないね。一瞬抜かされるかなとおもったけれどね。ダートの不良馬場は逃げ馬を思い切って狙えなかった僕の根性の無さが招いた、今回のレースを失敗してしましました。

 2着のワイルドワンダーは心配していた蛯名スペシャル(スタートの大出遅れ)が出なかったね。うまくスタートを切っ手、先行争いを見る形で進められる絶好のポジション取だったから、後は直線で弾けるだけと思ったが、最後は逃げ馬と同じ脚色になってしまった。それにしても、このメンバーで単勝1倍台とは驚いたね。他にも強そうな馬がいただけに。でも1400Mから1800Mならいい勝負出来るが、折り合いが難しいからねJCダート(2100M) GⅠは、ちょっと今日の内容では不満だねもっと直線で弾けて欲しかったね

 3着のトーセンブライトはレースの巧い馬だから、僕は期待してたけれど、直線詰まってしまった追い出しが遅れたのが痛かったただもうワンパンチ欲しい馬だねただ距離が伸びるのはいいと思うのでJCダートに出られるのなら、勝ち馬よりは期待出来るし、2着馬よりも期待できそうだ

 4着のフィールドルージュは、ポツンと離れて1頭で最後方を追走何やってんだと僕は思うのだが、他の人はどう思うのかな特にフィールドルージュ関係者は必死になって馬を育成しているのに、あの乗り方をみたら、かなりショックを受けると思うのだが僕があの乗り方を横典スペシャルと名付けようしかしダートで最後の3ハロンを34秒台で上がってきているけれど、あの乗り方でしかも勝ちましたというのなら、34秒台で上がってきた事を評価できるが、実にもったいないねしかしまともにJCダートに出てきたら楽しみだ。1600Mより2100Mに距離が伸びるのはこの馬には良い方向に出るだろう

 その他の馬でロングプライドだけれど、背負う斤量は一番軽いから(55キロ)切れ味を発揮してみんなまとめて差し切るのかなと思ったが道悪が苦手と言うわけではないと思うがやっぱりジョッキーが河北というのが問題だったのかな。陣営は河北に勝たせたいと思って、ちょっと調教をやりすぎたかなちょっと敗因がわからないが、今年のダートの3歳馬は強いと思っていたのだが、JCダートでは、ドラゴンファイアーという馬もいるが、この馬も強いと思うがわからなくなってきたねダート路線は古馬に一日の長があるかもしれないね

 これにて武蔵野Sの反省を終わります。東京ダートならロングプライドだと思っていただけに、あの負け方は想像出来なかった。もしかしたら雨が降っていたら、やる気が失せるのかもしれないね3歳と若いだけにこの一戦だけで、見限るのは早いからね。恐らくJCダートに出てくるだろう今回も4コーナーの反応が悪かったから、ちょっと勝負所で置かれる時があるが、3着には押さえておきます




 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

 
コメント

スワンSの反省 フサイチリシャールは1400M得意だね  

2007年10月28日 | 競馬予想結果
 人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今日のスワンSは、本命にキングストレイルスーパーホーネットで悩んでけれど、結局はいつも的中しない方を、本命に選んでしまうね

 僕の本命キングストレイル、道中いい感じで、アストンマーチャンの後方にいるなあと思ったけれど、最後の直線で見た目にもわかる馬場の悪い内側に入ってしまったね外へ出せなかったかなでも、次ぎはマイルCS(1600M) GⅠに挑戦するかな京都は今回が初めてだったけれど、今度はもう少し頑張るだろう。

 2着馬のフサイチリシャール(画像)はまさかと思ったが、1400Mぐらいの方がズムーズに走っていたね。外の枠も良かったね。でも、惜しかった今度はマイルCS GⅠではなくて、去年勝った阪神Cにいくみたいだね。阪神Cは1400Mだからそちらの方が勝ちやすいか。でも1400MのGⅠレースがないのはこの馬にとって不運だね1200Mは明らかにスピード負けするからね。ここは外国のGⅠレースで1400Mのレースでも探しましょうか関口会長様(クリックすればフサイチ軍団の総帥である、関口会長のブログ記事(下が画像)を見ることが出来ます)

 僕の対抗というか、勝ち馬のスーパーホーネットはよく最後方から差し込んできたねてっきり、オープン特別しか勝てない馬だと思ったけれど、ついに重賞制覇したね。この馬は1400Mも結果的に合っていたという感じだね。良くあの最後方からハナ差で差しきったよこの馬は、マイルCS(1600M) GⅠに向かうね運があれば、GⅠレースでもいい勝負するかも今回の勝利おめでとう

 3着のドラゴンウェルズも外枠が良かった。直線もいい伸びをしていたけれどなスーパーホーネットには、叶わなかったと言う事かな前走の1200Mの準オープンでは1分7秒台をたたき出しているし、良馬場の方がいいのは確かだね。それならまたどうなっていたかわかないよマイルCSに出られるか、どうかわからないけれど、1200Mから1600Mの重賞レースなら頑張れるだろう

 4着にはスイープトウショウが来たけれど、珍しく好スタートを切って位置取りも文句なかったけれど、内枠の分最後は伸び切れなかったのかなでも、馬体重がかなり増えていただけに、調教すれば、次走はかなりの上積みを見込める。もう6歳だけれどエリザベス女王杯(2200M) GⅠでは、期待出来そうなだけに楽しみだ。しかも相手は、ダイワスカーレットウォッカも出てくる今からエリザベス女王杯の事を考えるとワクワクするね

 後は僕が単穴に押してペールギュントだけれど、あまり雨は良くないね。最近1200Mを使われるようになったけれど、1400Mが長いとは思わないけれどね。しかし一瞬の差し足に賭ける馬だから京都の外回りコースは合わないかな中京コースのような直線の短い平坦コースが向いているかな

 他にはアストンマーチャンだが、このメンバーでは1400Mはきついねしかも途中でハナに立ったからね出来れば押さえる事も出来たと思うけれどねやはりベストは1200Mかなただ外枠で折り合いが付けられたら1400Mでも充分にこなせるだろう

 ちょっと差し馬の中には、馬場がこたえた馬もいただろうし、逃げ馬の中にも良馬場の方が良かったという馬もいるだろうそういう意味では競馬は実力だけでなく、運も必要だね

 とりあえずスワンSの反省を終わります。それにしても、本当はもっと反省するべき点もあるのですが、ここまででスワンSの反省を終わります




 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ








 

 
コメント

天皇賞大予想(秋) 2強と言われるけれど高配当狙います

2007年10月27日 | 競馬予想
人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 それにしても、今日の二つの重賞レースの予想は最低だったね
特に武蔵野Sは馬場が悪くなるのをわかっていながら、逃げ馬を本命に出来なかった自分が情けないね
 スワンSは京都コースの内側はかなり荒れているねその荒れた馬場に僕の本命馬が突っ込んだ瞬間になりました

 そして最近なりたい職業がみつかりました。それは気象予報士です。今日も京都はが降らないと、昨日は名前は出さないけれどある媒体は曇りマークだった。そしたら、京都は午前中は雨だし、午後も最初の方は降っていたんじゃないの

 こんな事ならスワンSペールギュントに重い印をつけることは無かったのに

 この前のスプリンターズSの時もそうだ。馬券は的中したが、これもペールギュントに重い印を付けたら、雨は降っているし、しかも不良馬場じゃないか。もったいないお金を使ってしまった

 明日の天気をある媒体で調べたけれど、東京は0時くらいから雨は降らないようだ本当かなんか競馬をしている時間帯は晴れマークばっかりだったぞ恐らく良馬場予想でいいと思うが、今日の東京競馬場のレースは芝もダートも不良で行われていたからねしかもがジャンジャン降りそんなに時計の早い決着にはならないと思う。ちょっと、雨の影響も残りそうだし、やや重の可能性もあるねでも、とりあえずは時計の掛かる馬場だと思って予想しないと仕方ないね

 今回の天皇賞(秋)を予想するに要因として、天気があんまり悪くなるようだったらシャドウゲイトに本命を打つ予定だったが、晴れるんだったら、そんな事をすれば的中しそうな気がしないねただ去年のような早いペースにはならないだろうシャドウゲイトが逃げて、2番手にダイワメジャーが付けそうだねしかしメイショウサムソンダイワメジャーの近くにいそうだねこの有力馬2頭が、早めに動くが東京コースの長い直線を早めに動いて大丈夫かなという心配はあるねそれと、馬体が合えば渋とい競馬をする両者だけに、この2頭の争いを、大外から差してくる馬が最終的に勝つんでは無いかな展開もこの2頭が早めに動けば、やはり差し馬有利だろう

 それでは天皇賞(秋)のしるし打ちをしようか

 ◎12 アドマイヤムーン
 ○ 1 メイショウサムソン
 ▲ 6 カンパニー
 ▲15 ポップロック
 △10 ブライトゥモロー
 △13 チョウサン
 △14 ダイワメジャー
 × 2 エイシンデピュティ
 ×16 マツリダゴッホ

 僕の本命は12番だが、40億円でダーレージャパンファームに売ったが、とにかく無事に走ってほしいね。今年で引退が決まっているから無事を願うよでも、レースになれば、恐らくスローに近いペースになると思うが、4コーナー過ぎたあたり、あるいはもっと早く有力馬が(メイショウサムソンとダイワメジャー)が、動きそうだからねこの馬が宝塚記念でのやや重の馬場でありながら、あれだけの切れ味を見せれば、今日の雨の影響を心配しなくていいだろう。早めに動きそうな有力馬を見ながら、レースを運べるこの馬に展開も向きそうだし、最後の直線で馬場のいい外に出しやすそうだ心配は今週の調教が物足りないぐらいか本番はやってくれるだろう。岩田(画像)頑張れ

 対抗は1番の馬だが、この主戦交代劇には、がっかりした。去年の夏、武豊TVという番組があるのだけれど、そのとき、司会とホストが見栄晴武豊ゲストで石橋守、川田将雅、渡辺薫彦(ナベちゃん)が確かゲストで呼ばれていた番組があった。その時にみんなに、一度乗ってみたい馬はという質問があった。
 ゲスト組みは、みんなディープインパクトに乗ってみたいと言っていた。特にナベちゃんディープインパクトのファンで、よく厩舎へ観に行っていたと言っていた。
 武豊は、石橋さんを見ながらメイショウサムソンに乗りたいと言っていたのを思い出す。その時石橋さんが、すでにほろ酔い状態だったが、俺の馬なんだから、取らないでくれよ!!と言っていたのを思い出す
 その時は武豊も、もう石橋さんがこんなにも乗ってたら、もう僕が乗るのは無理ですよと言っていたが、武豊と言う男は競馬に関しては、望みが全部叶うんだね
 この馬は、スタートが上手な馬だけに1番枠もいいだろう。ただそれほど切れがないだけに、何処で動き出せるか本当に動けるのかという懸念はある前に行きそうな11番やもしかしたら3番が逃げる可能性もあるかなこの2頭が2000Mなら、ある程度は持ちこたえてくれるので、前が詰まってしまうというシーンは考えずらいむしろ、武豊にとっては、14番の馬よりも後方にいる12番が馬場の何処に出してくるか気になる所だろうね。今の東京は最内はあまり伸びないから、なるべく外に出して、僕の本命の12番と馬体を合わせて、宝塚記念の再現のようなレースを本当はしたいだろう

 単穴は2頭いるね。まずは6番からだが、恐らく1番の馬も含めて馬場の外の方へ殆どの馬がいくだろう。しかし福永の騎乗を観てたら、みんな馬場の内が悪いのに福永だけが馬場の内に突っ込んで勝ってしまうケースがよくある特に雨が降った日にそういうレースが多いのだが、もし1頭分だけ馬場のいい所が内側にあれば、そこを突っ込むかもしれない。あくまでも僕の展開推理だが、他の馬が外に行くのに、6番の馬だけが経済コースを狙って内側を通って来たら勝つかもしれない。追い込み馬だけに、展開はこの馬に向くが、展開の利だけでは勝てないここは福永祐一も勝つにはどうしたらいいか?を考えて乗るだろうそれを考えるとこの馬はちょっとジョッキーも含めて怖さがあるね

 もう1頭は、ペリエ騎乗というだけで、単穴にしました。もちろんそれだけが理由ではないが、ちょっと距離が短い気がするが、長い直線がそれをカバーするだろう。外枠は本来天皇賞(秋)では不利とされるが、16頭立てだからね。逆に馬場のいい外を通れるからいいかもしれない。そして、未だGⅠレースを勝っていないとは言え、去年の有馬記念ではディープインパクトに次ぐ2着だったことを忘れてはいけない。ちょっと4コーナーで置かれるときがあるが、そこら辺もペリエもこの馬に乗るのは3回目だかなり怖い1頭だね。

 次ぎは勝つのは無理だが、2着なら充分にある馬を挙げよう
 まずは10番だけれど、前走は14番とまともに勝負したね14番と馬体を合わせてしまった今度は14番だけが相手ではないが、後藤浩輝も考えて乗ってくるだろうこの馬は切れ味はあるから、展開は有利だしかも新潟の外回りの長い直線を克服しているだけに、東京コースもこの馬には向いているだろうただ、できれば前走の反省から他の馬と馬体を合わせず、他の馬と離れた所から差したいね前半は12番よりも後ろから行って、直線勝負だろうね。それも有力馬と離れた所から末脚勝負に後藤は勝機を見出せるかなでも、メンバーが厳しいね。同タイプの12番より先にゴールに入るシーンは考えにくいからね

 次ぎは13番だけれど、前走の毎日王冠を勝っているだけに無視は出来ない。このレースには10番も出ていたが、10番のおかげで14番と馬体を合わさずに済んだのも良かったそして、レコードが出るほどのハイペースになったのも恵まれた。しかし、今回はそんなに早いペースにはならないが、有力馬が早めに動くので、この馬も10番と同じ直線勝負だろうもしかしたら、中団くらいからレースを進めるかもしれないね。12番と同じような位置で勝負かなこれも12番より先にゴールに入るシーンは考えずらいね前走もハイペースに恵まれた所もあるしね勝つのは厳しいね

 そして最後に14番を挙げよう。去年の有馬記念3着は正直に驚いた距離が長すぎると思ったからね。そして今年は連覇がかかっている。だが、1番との叩き合いになると勝てるのかな去年は1番は秋以降のGⅠ戦線は調子が良くなかったのか、期待通りの結果を残せなかったが、今年は秋以降も調子が良さそうだどちらかと言えば、年齢的にも1番は上り調子14番は悲しいかな現状維持が精一杯だろうそれと、自ら逃げそうな3番や11番を早めに捕まえに行かないと勝ち目が無いのが辛いねもしかしたら1番はそれを見て動く態勢にもっていくかな展開的にも厳しいし、1番の存在が去年より厳しいレースになるだろう。残念ながら天皇賞(秋)連覇を見ることは出来ないようだ

 次からは三連単の端っこ(3着)に来ても驚けない馬を2頭挙げよう
 まずは2番だが、前走は馬体増がこたえたようだ。休み明けは得意だと思ったが、期待はずれだったしかし、一叩きした今回は前走より期待出来る。スタートの巧い馬だから好位からになると思うが、そこで有力馬についていけるかだね。もしも有力馬が動けずに直線でヨーイドンの競馬になれば、この馬にもチャンス有るかなでも、3着が精一杯だと思う

 そして最後に16番だが、もうちょっと内の方の枠が良かったね。それと、東京コースは向いているのかな中山なら期待も出来たが、ちょっとよくわからないねそれと、前半はスローペースになると思うけれど、そこで折り合いを欠かないか心配だね。馬込みなら折り合いが付きそうだけれど、この大外はそういった面でも痛いね。でも、実力は有るのは確かだ。今年に入って重賞を2勝するのは並の馬ではない。実は2000Mならこの馬が勝っても、別に驚けないからね。2000M位の距離なら強かったんだと思っても後の祭りということも有りえそうなだけに怖い一頭かなでも、レースを見た感じでは中山競馬場の方が合っていると思う

 買い目 三連単フォーメーション
    1着 12
    2着 1、6、10、13、14、15
    3着 1、2、6、10、13、14、15、16

     三連単フォーメーション
    1着 1、6、15
    2着 12
    3着 1、2、6、10、13、14、15、16  合計63点

シンボリクリスエス 歴史を紡いだ勇者

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

アグネスデジタル 異能の名馬

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

 過去外国産馬は天皇賞に出られませんでした今年は外国産馬の参戦は有りませんが、門が閉ざされた日本の競馬に対して、少しでも日本の競馬を外国に開いた功労馬と言ってもいい、上記の2頭の名馬のDVDを紹介します
にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。







 





 

 
コメント

武蔵野S どうやら重馬場にはなりそうだね

2007年10月26日 | 競馬予想
上の画像はクロフネがJCダートを圧勝した時の画像です。今回行われる武蔵野Sも良馬場なのに、1分33秒3という芝でも好タイムのブッチ切り勝ちをしました

   人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 僕が衝撃を受けたレースにクロフネ武蔵野Sを挙げるね上記にも書いたけれど、芝でも早い勝ちタイムだけれど、それ以上に勝ち方が凄かった
 結局脚の故障で(JCダート GⅠもボロ勝ち)引退が早かったけれど、間違いなく世界に通用するダートホースだったと思うもしドバイWCに出ていたらもしBCクラシックに出ていたらと、そんな事を考えてしまうね。でもダートに関してはそれくらい強かった
クロフネ 開放の使者

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 さて今回武蔵野Sが行われるが、東京競馬場は雨が降るみたいだ。どうやら重馬場は避けられそうに無いね。穴馬に先行馬を探したいね。ただ有力馬に差し馬が多いだけに、重馬場だと先行が有利になるから、大荒れの可能性充分。あとダートレースは斤量が大事だと僕自身が勝手に思っている。軽い斤量の馬は狙い目だと思うねしかも雨が降ると余計に斤量の軽い馬を狙いたいね

 それでは武蔵野Sの馬に印を付けて買い目を公開しようか

 ◎ 8 ロングプライド
 ○ 5 フィールドルージュ
 ▲ 3 トーセンブライト
 ▲10 ワイルドワンダー
 △ 4 イブロン
 △ 6 エイシンロンバート
 × 1 ビッググラス
 ×11 シーキングザベスト
 ×13 アルドラゴン
 ×14 カフェオリンポス

 僕の本命は8番だが、前走の札幌競馬場で行われた、エルムSはこの馬には合っていなかった。前走でも良く追い込んだが、エンジンの掛かりが遅かったねしかし東京ならユニコーンSでも勝っているし、東京コースの適正もバッチリしかもこのメンバーの中で一番斤量の軽い55キロ。3歳馬だが、ダート路線の3歳馬は今年は強いと思っている。心配なのはジョッキーが河北というのが、気になるが、この馬に乗り慣れたジョッキーだし武豊からの乗り代わりになるが、良い方に考えよう

 対抗は今年の函館競馬場では、大活躍の5番。でも今回の休み明けはどうかな東京の長い直線は合っていると思うが、休み明けにしては1600Mというのがちょっと距離が短い気もする。函館では早めに先頭に並び掛けるレースが多かったが、今回は4コーナーまでジックリ構えるかなそうなると本命の8番との追い比べになりそうだね。そうなると斤量面から厳しいと思うけれど、ジョッキーが横山典弘だからねジョッキーの差で5番が本命を逆転するかも

 単穴には2頭挙げよう
 まず3番だが、どういうわけかかなり藤田が気に入っているみたいだ
1600Mは勝ったことが無いが、1400Mと1800Mに勝っているから心配することはないだろうそして今回のこのメンバーなら内枠だし、思い切って逃げる可能性もあるね。有力馬に休み明けが多いから勝つ可能性まであるよ
 
 もう1頭の単穴は重賞(アンタレスSとプロキオンS)を連勝した10番。前走も地方の交流GⅠである南部杯で2着だったしかし、その時に勝った馬がブルーコンコルドだから、悲観する事は全く無い本当は本命にしたかったんだが、ジョッキーが蛯名正義だからねこれが岩田なら本命にしていたけれどとにかく蛯名さ~んスタートには気をつけて

 そして2着なら来ても不思議でない馬を挙げよう
 まずは前走で休み明けをエルムSで叩いた4番だね。ただ今回の僕の本命8番の馬には完全に伸び負けしていたねそれを考えると8番を逆転するのは難しいのかなただ好位で流れに乗る脚質だからね。雨が降りそうな今回は8番の本命を逆転する可能性は多分勝つのは無理だろう

 もう1頭は6番だが、この馬が逃げると思う。もしかしたら9番が絡んでくるかもしれないが、恐らくこの馬が逃げる事になるだろうそうなると非常に怖い一頭だねこれぐらいの評価は必要かなしかし勝つまではきびしいか

 三連単の端っこ(3着)にひっかかりそうな馬を挙げよう

 まずは1番だが、今年の冬は良かったけれどね。結構調教はこなしてるけれど、ダートの差し馬で最内枠というのは、あんまり良くないと思うないつも外から来る馬だけに、多分どこかで外に出すと思うけれど、簡単に外に出させてもらえるかなしかし3着には押さえないと

 次に11番だがこのレースが引退レースになるみたいだこのあとはアメリカ(?)で種牡馬になるらしい。最近ではハットトリックも南アフリカとオーストラリアで種牡馬になっているし、日本で活躍した馬が外国で種牡馬として活躍する時代が来てしまったね。だいたいタヤスツヨシの子供なんか日本では活躍する馬はいないが、オーストラリアではタヤスツヨシの子供がオーストラリアのGⅠレースを勝ったりしているからね。でも11番の馬もついに引退か去年の勝ち馬だよねそういう馬はツイ情けで本命にしてしまう事が昔は遭ったが、最近はそういう情だけでは馬券を買うのを止めた。しかし3着には押さえさせてもらいます

 13番だが東海Sでボロ負けしたね距離が長かったのかな1600Mはこの馬に合っているし、東京コースも向いている3着には抑えといた方がいい前走は休み明けがこたえた調教師は強気だったのが気になるけれど、2着はないだろう。でも3着はちょっと怖いね

 大外の14番だけれど、別に不利でもないだろう。問題は58キロはどうかなしかもが降ると余計にこたえる。でもここ最近そんなにボロ負けはないし、人気の無い時に勝ったりするからね良くわからない馬だしかし14頭立てで、東京なら実力がはっきり出やすいだけに、うまくごまかせる事が出来ればいいのだが来ても3着ならもしかしてという感じかな

 買い目 三連単フォーメーション
    1着 8
    2着 3、4、5、6,10
    3着 1、3、4、5、6、10、11、13、14

     三連単フォーメーション
    1着 3、5、10
    2着 8
    3着 1、3、4、5、6、10、11、13、14 合計64点
 



 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

 今、武蔵野Sの予想が終わった所です。ヤッパリ日が変ってしまいました金曜日は仕事があるだけに、土曜日に重賞レースが2つあると、きついですねまだ、日曜日に重賞レースが2つある方が,土曜日が会社が休みだったら時間が取れて楽なんですが馬券士も大変ですとりあえず今日は頭痛も治まりましたが、寝ます

 明日は天皇賞(秋)を気合いを入れて頑張ります。皆さんの役に立つ予想が出来ますように




 
コメント

スワンSの予想 恐らく良馬場かな? アストンマーチャンの収拾は?

2007年10月26日 | 競馬予想
   人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 明日はどうも京都競馬場はが降らないみたいだよって今回は良馬場予想でいこうか。しかし今週から外国人がやってくるね特にペリエがまたやって来る。良く言えば競馬の秋から冬にかけての風物詩。しかし予想する側にとって、なんとも厄介な男がフランスからやって来た。
 ペリエがその馬に載るだけで、本来簡単に斬れる馬が、押さえる事をかんがえてしまうからね。これからスボリッチは来るし、ルメールも来る。それだけで予想が難しくなるよ。しかもスワンSに、いきなりペリエが参戦しているからね。
 とにかく明日のスワンSを予想のポイントを挙げようか
 
 メンバーを見たところ、逃げたい馬が多くハイペース確実だろうしかも、京都の外回りと差し馬に展開が向きそうだねここは差し馬を中心に本命も穴も差し馬で狙っていきます。

 それでは、馬に印をつけて、買い目を公開することにします。
 ◎ 8 キングストレイル
 ○12 スーパーホーネット
 ▲16 ペールギュント
 △ 4 ジョリーズダンス
 △ 5 タマモホットプレイ
 △12 ドラゴンウェルズ
 △17 オートセレブ
 × 1 マイネルスケルツィ
 × 6 アストンマーチャン
 ×10 ブラックバースピン

 人気しそうで要らない馬
  2 スイープトウショウ
 14 フサイチリシャール

 まずは本命の8番だけれど、関東の藤澤和雄(画像)の刺客といって好いだろう最近パワーアップが著しい休み明けの京成杯AHは圧倒的な強さを見せたし、前走のスプリンターズS(GⅠ)は1200Mは短いのではないかと思ったが、大外から伸びて4着と意外にも1200Mにも対応出来ることを示した今回は前走の中山競馬場と違い最後の直線は長くなるし、かなりのハイペースになりそうなここは、重賞ゲットのチャンス。ここを勝ってマイルCSの有力候補に名乗り出るか

対抗には本命と悩んだが、12番を対抗に下げた。前走の休み明けの勝ちっぷりは、いつ重賞を勝ってもおかしくないんだが、今ひとつ重賞になると勝てない面が気になる。今かなりの充実期に入っている気もするが、前走のオープンのレースに毎度の如く勝つが、何となく毎度の如く重賞になると、勝ち切れないようなところを感じる。結構引っ掛かる馬だから1400Mの距離はあまり走っていないが、逆に良い方に出るかもそうなると本命を逆転しても不思議でない

 単穴には、明日雨が降らない事を願ってと思ったが、意外に道悪をこなせるんだねでも良馬場の方がいいだろう。もうそろそろ馬場の内側も荒れだしている事だし、外差しが決まる流れにもなりそうだ。前走スプリンターズSで、減っていた馬体も戻っているみたいだし、しかもぶっつけでGⅠだからね。今回は上積みを見込めるんじゃないかな

 次に勝てないまでも、2着ぐらいならあり得る馬を挙げよう

 まずは4番だが、春は大活躍。阪神牝馬Sを勝って、ヴィクトリアマイルはスローの展開に泣かされたが、それでも5着。この時の脚色は完全に今回出走する有力馬スイープトウショウの脚を凌いでいたそして安田記念では、牡馬相手のGⅠ安田記念に3着とこの馬の実力を知らしめた既に6歳なだけに、春以上の走りを期待出来るか、どうかわからないが当然この馬の差し足に要注意もう少し外枠の方が良かったが、どう馬群を捌くかだね

 次に5番だが京都だけは走るから、これぐらいの評価は必要かな。雨が降ればいらないと思ったけどねでも雨が降っても前走のスプリンターズSは不良馬場だっただけに、もし雨が降っても簡単には無視できないね内枠だが、最近は馬群を割って出てくる根性もみせるようになったからね。ここでも注意が要るね

 次に12番だけれどペリエが載ってくるね。いきなり微妙な馬に乗ってくるから、僕も予想に悩むな。でも来日早々に重賞制覇は無いとみて、これぐらいの評価にしておこうかしかし前走で準オープンを楽勝しているだけにここでも通用する力があるだけに、非常に怖い存在

 そして、勢いを買うならこの17番の馬だろう現在三連勝中だが、切れる脚を持っているだけに、展開的にもチャンスだしかし、この馬にしては外枠過ぎたね馬込みで我慢をして折り合いを付けるレース運びが、いいだけにちょっとこの外枠から内に入っていくのかな距離が短いだけにそれも難しいと思うが、勢いがあるからねそんなつまらない心配を吹き飛ばすだけの実力をつけているかもしれない

 次は3連単の端っこ(3着)に引っ掛かりそうな馬を挙げよう
 まずは1番の馬だが、右回りは得意。前走では12番の馬にブッ千切られたが、3着と休み明けにしては、そんなに悲観しなくていいだろう。内側の馬場が荒れてきたのは気になるが、本来は好位でセンス良く立ち回る馬。この馬は内枠の方がいいと思う。ただハイペースに巻き込まれる可能性があるのが不安だ

 次に前走スピード全快でスプリンターズS GⅠ(1200M)を、逃げ切り勝ちをした、6番がやっとここに出てきた。ちょっと評価が低いかもと思ったが、今回は前走以上に逃げたい馬がいる。3番、7番、11番、18番とこの4頭は何が何でも逃げたい馬たちだろう。6番の馬も控える競馬も出来るが、この内枠だけに揉まれる心配がある。そうなると2走前の北九州記念を思い出すね。しかもスタートは抜群にいい馬だからね。逃げるだけならジョッキーは中館のままでいいが、恐らく今回は控えざるを得ないだろうそうなると、ジョッキーはやっぱり武豊が好いんだけれど仕方ないねいずれにしろ、前走より条件は悪くなるだけに、今回は思い切って評価を下げた。本当なら斬りたかったな

 次に10番だが前走でダートでも走れる事を示した。初ダートだっただけに、ここに向けての叩き台の匂いがするが、この馬もどっちかといえば先行するタイプの馬外回りなだけに、抜け出してから粘れるかというところだが、かなり早いペースになりそうなだけに、やはり差し馬に比べて評価を落とさざるを得ないだろう。しかも1400Mだからねこれが1200Mのレースならもう少し高い評価が必要かもしれない。

 それでは、人気しそうでいらない馬についても述べよう
 まず2番だが、実績的に当然人気するだろう。ただあんまりハイペースのレースだと久々の1400Mなだけに、付いていけない恐れがある最後は追い込んでくるとは思うがせいぜい5着ぐらいまでだろうそれと本当は先週の京都大賞典を使う予定が、調教を嫌がったために出られなかったという初めて聞くようなアクシデントがあった。ちょっと予定変更なだけに不安があるからここは思い切って斬る

 そして、実はあんまり人気が無いのだが、少し気になる14番だが、このハイペースをどういったレース運びを福永祐一はするのかなあんまり後方からのレースはしたことがないだけに、思い切って前にいくかなただそれでも好位でもハイペースなだけに、しんどいレース運びになるだろう。今回は見送った方がいいかな

 でも明日は本当に雨は降らないのかなこういう所が前日予想の難しいところだね頼むから天気は晴れなくてもいいからで、いいからね
 
 スワンSの買い目
 三連単フォーメーション8
 1着 8
 2着 4、5、12、13、16、17
 3着 1、4、5、6、10、12、13、16、17

 三連単フォーメーション
 1着 12、16
 2着  8
 3着  1、4、5、6、10、12、13、16、17 合計64点 

  これから、武蔵野Sの予想を考えます。大体考えているけれどね武蔵野Sも頑張って今から予想しますので観て下さいちょっと日は変るかもしれないけれど




 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ

 

 
コメント

早めの競馬予想 土日は天気悪いかな

2007年10月25日 | 競馬関係
  人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 土曜日に重賞が2つ組まれています。京都競馬場でスワンSが東京競馬場では、武蔵野Sが行われます。日曜日は天皇賞(秋) GⅠが、あります。

 今日は天皇賞(秋)は枠順も決まりましたが、他の土曜日のレースはまだ枠順も決まっていません。しかも、天気も土日はどうなるんだろう今のところ、土日ともにの可能性があるだけに、余計に早めの予想は難しい

 特に土曜日に重賞が2つもあるのはしんどいんだ。僕は競馬ブックを買って、過去のレースを観ながら予想するのだけれど、全馬のデビュー戦から過去のレースを観ていたら、時間がまるで足りませんできれば、1レースあたり3時間かけて、予想とブログ公開をしますので、明日は夜中を超える事は絶対です。でも、馬券士の僕は何時間かけても予想するつもりですので、土曜日の午前中にはスワンS武蔵野Sのブログ公開出来ていると思うので観て下さい。そして参考にして下さい

 土曜日の2つの重賞に関して最終結論は土曜日の朝に見て頂くということで、ここでは、土曜日の2つの重賞レースと日曜日の天皇賞(秋)の早目予想をしたいとおもいます。天気も一応と思って予想します。枠順が決まっていないのが僕にとって不満ですが、あくまでも早め予想ということでお願いします

 天皇賞(秋)
 ◎ アドマイヤムーン
 ○ メイショウサムソン
 ▲ シャドウゲイト

 武蔵野S
 ◎ トーセンブライト
 ○ ワイルドワンダー
 ▲ ロングプライド

 スワンS
 ◎ キングストレイル
 ○ スーパーホーネット
 ▲ ジョリーズダンス

 天皇賞(秋)は不良馬場にまで、なるならシャドウゲイトが面白い。少し馬場が悪くなるくらいなら、やっぱりアドマイヤムーンが強いかな

 武蔵野Sは馬場が悪いと差し馬や追い込み馬では、勝つには苦しい。今回差し馬や追い込み馬に有力馬が多いから、前に行く穴馬を探します

 スワンSだけれど、アストンマーチャンの収拾だけれど、今回は前走のスプリンターズS GⅠより、先行激化が激しそうだし、200M伸びるのもこのメンバーでは、良く無さそうに思う。それよりも◎○の2頭に魅力を感じるね

 実は今頭痛です。昨日も頭痛でDVDで地下鉄のザジという映画を観て思いっきり笑おうと思ったのですが、あまり面白く感じませんでした。最初観た時は面白かったのになこれも頭痛のせいかな
 今日も頭痛が治らず、朝からしんどかったです。今もブログも記事を書いていますが頭痛状態です。時間も21時を過ぎた所ですが、もう寝ようと思いますその前に恒例の腕立て伏せ100回スクワット200回。そして最後に腹筋を頑張って0回して、寝ようと思います




 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 
  



 
コメント   トラックバック (3)

映画 地下鉄のザジ(1960) これに勝るドタバタコメディーは無いね

2007年10月24日 | 映画(た行)
  人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 フランス映画は、1970年代辺りから今までの映画っていうのを、殆ど観たことがないね。
 まあ考えてみれば、1930年代のフランス映画というのは、黄金期だったのかな。その頃は有名な監督としてジャン・ルノワール(大いなる幻影など)ジャック・フェデー(外人部隊など)、ルネ・クレール(巴里祭など)、ジュリアン・デュビイビエ(望郷など)僕が知っている監督だけでもこれだけいて、その監督たちが他にも名作と言われる映画を作ってきた。実際僕も1930年代のフランス映画には、素晴らしい感動を与えてもらった

 しかし、やがてこの監督たちも1940年代から1950年代に駆けて、才能の低下をかくせなかったのか、1940代以降名作と呼ばれるような作品を作れなかったと思う

 そんな監督たちと代わるように、現れたのがジャン・リュック・ゴタール(勝手にしやがれ)、フランソワーズ・トリュフォ(突然炎の如く)そして今回の地下鉄のザジの監督であるルイ・マルのような、今までの映画の既成を破ったヌーヴェルヴァーグ(フランス語で新しい波という意味)と呼ばれた監督たちだ。

 そして今回、観たのが地下鉄のザジという映画なんだけれども、実はこの映画を観るのは二回目で大笑いした記憶がある。(多分15年前に観ている)
 それで、今回も大笑いをしたいなあと思ったのだが、あんまり笑えなかった。どうしてかな、ちょっとわからないけれど。

 実はルイ・マル監督(下の画像)の作品は5本くらい観ているのだが、この監督の作品で一番最初の作品は死刑台のエレベーターという息づまるサスペンスが最初だ。

 既に最初から、才能を見せていたね。そして二作目がj恋人たちという、恋愛映画だけれど、白黒映画でもこんな綺麗な恋愛映画を撮れるんだと思った。

地下鉄のザジ [DVD]

カルチュア・パブリッシャーズ

このアイテムの詳細を見る


 そして三作目が今回の地下鉄のザジだけれど、内容は地下鉄に憧れている10歳の女の子ザジとその母親が田舎からパリにやって来る。母親の目的は愛人と会うこと。そして、10歳のザジは地下鉄に乗るのが夢だが、あいにく地下鉄はストでストップ。仕方なくパリに住んでいる叔父さんに預けられる事になるが、大人たちは10歳のザジの言動に翻弄される。この映画の編集の仕方はかなり当時としては驚きだったのかもしれない。そして最後の方はあんまり僕にとっては意味の無いドタバタコメディー最初観た時(15年くらい前)は物凄く笑った映画だったのになあ。今回は何となく観ていて、カット割りとか、編集のスタイルは1960年の映画にも関わらず凄いとは思ったけれど、あんまり面白くなかった僕も年齢を重ねて映画もそうだけれど、他の事に関してもだいぶ考え方とか、物に対する感じ方が変って来ているのかもしれないね。

 でも、まだ観た事のない人は観てください。面白いと感じると思う。そしてこの監督の作品で鬼火というのがあるのだけれど、自殺を決意した男が最後に知り合いを尋ねる話。鬼火も最近観てないけれど、また観たい映画の一つだね。

 しかし、この監督のジャンルの広さは驚くばかり。地下鉄のザジみたいなドタバタコメディーはこの作品だけだと思う。ルイ・マル自身もう死んでしまったけれど、一番実験精神にあふれた作品じゃないかな
 僕が観た作品はだいたいがおとなしめの作品が多いからね。まあドタバタコメディーの類は2回目を観てもあんまり笑えない事がわかった



 ようやく涼しくなってきました。もう読書の秋ですね。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ。














コメント

菊花賞の反省 四位洋文おめでとう

2007年10月23日 | 競馬予想結果
 人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 誰かに教えて欲しいのだが、菊花賞の3000Mは、人間で例えるとどの距離に値するのか

 多分人間のフルマラソンの42.195キロよりは短いとは思うのだが、どれくらいかな1000Mぐらいかな。

 そんな疑問を持ちつつちょっと(だいぶかな?)菊花賞の反省をします。

 僕の本命だったデュオトーンは、スタートが悪かったね。いつもスタートは悪いのだけれど、いつもだと二の脚を活かして中団くらいには、付けられるのだが今回はずっと後方のレースをしてました。この時点でこの馬は終わりだね

 勝ち馬のアサクサキングスだけれど、レース自体の上がり3ハロンが36.2秒だからね。完全なスタミナ勝負にもって行けたのが勝因の一つだね。それと逃げ馬と引っ掛かった馬の先頭集団を見る形でレースを進められたのも良かったね。でも今回は四位洋文の好騎乗といえるだろ。それと馬も最後は根性をだしたね次走はジャパンCということだけれども、頑張って欲しいね

 2着にはアルナスラインが来たね前走で京都大賞典で、古馬の強敵相手にいい勝負したからね今年の3歳のレベルは低いから僕はこの馬の評価を対抗に推したけれど、やはり実力があったね。でも最後は惜しかった。ただ春のシーズンを骨折で棒に振ったことを考えると、これからが楽しみな馬だ。今後注目だね

 
 3着には一番人気だったロックトゥザカンプだった。いつもスタートのいい馬なのに今回は後方からの競馬になってしまったしかも周りを囲まれていたから、最後の直線でバラけた時は内側の馬場の荒れたところを通らざるを得なかったのは痛かった良く追い込んだけれど、3000Mが合うという馬ではないような気がするねそれとセンスのある馬だから中山とか阪神の内回りコースは向いてそうだねローカルの競馬場も向いてそうだ。でもスタートが悔やまれるね。ジョッキーの柴山もGⅠを取る数少ないチャンスだったのに次走頑張れ

 4着はエーシンダードマンが来たねまるで人気は無かったけれど、僕の菊花賞の予想コーナーのブログの記事を見てもらえればわかるけれど、僕的にはこの馬を高く評価しているんだ。今回の3000Mという距離は合うと思っていたからね。今後2400M以上の距離を走ってきたら要注意


 5着にドリームジャーニーが来たけれど、実はちょっと厚かましいと思うが、武豊の騎乗にかなり疑問を持っているんだ。どうして、3コーナー過ぎからスパートしたのかな?この馬はあんまりいい脚が長く続かないからね。最後は完全に止まっていた。それにレース自体の上がりが36秒も掛かる流れなのに、4コーナーまでどうして我慢できなかったのかな?もし4コーナーまで我慢できればこの馬なら34秒前半もしくは勝ちタイムの遅さを考えたら33秒後半で上がって来た可能性もある。もしかして、最後は上がりの早い競馬になると思ったのかなそれなら武豊の判断ミスということになるね

 6着のホクトスルタンは残り100Mぐらいまで、トップだったんじゃないかな最後は力尽きた感じだけれど、残り少ないメジロマックイーンの子供としては今後も頑張ってほしいね出来たら来年の天皇賞(春)を勝たないかな父系にすると天皇賞(春)を4世代に渡って制覇することになる。まあこれは競馬ならではの、ロマンとして楽しみに取っておこう

 後は気になった所ではフサイチホウオーヴィクトリーだね。両馬共に完全に折り合いを欠いたね。ちょっと3000M以上の距離を走らすのは無理がある。2000Mまでなら、強そうだけどね。これは気性的な問題が多分にあるから、ちょっと放牧に出して、気性の成長を促す必要があると思う。

 でも、四位洋文が先週の秋華賞ウォッカでの敗戦の無念を忘れさせる勝利だったねとにかく四位洋文(画像)おめでとう



 まだ暑さの続く今日この頃ですが、読書の秋までもう直ぐです。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください


















人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ








 
コメント   トラックバック (1)

富士Sの反省 3歳牡馬が勝ったね

2007年10月22日 | 競馬予想結果
人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 僕の渾身の予想もまるで、見当外れもいいところだね。今年の3歳牡馬の収拾に少し悩んだけれど、1600M位の距離ならいい勝負するかなと思ったけれど勝つとはね

 それでは、大反省会と行こうか
 勝ち馬のマイネルシーガルだけれど、前走の京成杯AHでは追い上げての3着とよく頑張った。しかしあれが限界かなと思ったけれど、今回は積極策に活路を見出したね。
 スローペースになると思ったけれど、やはりオレハマッテルゼが逃げたねそして、人気の一角シンボリグランが、折り合いを欠いたため意外に、平均より早めのレースになった。そんな流れを3番手につけて、堂々と勝ったね。東京は得意みたいだね。それと54キロで走れたのも良かったかな。それと逃げたオレハマッテルゼの外隣の内枠は良かったね。次はマイルCS GⅠ 1600Mだけれど、今日の内容ならいい勝負すると思うしかし、相手関係はどうなるのかな今度はもっと強い相手も出てくるからさらにパワーアップが必要だね後藤(上の画像)ナイスプレー

 2着のマイケルバローズは僕が単穴に押しただけあって、これぐらいは走れると思った。ただ位置取りが、もうちょっと後ろになると思ったけれど。その分いつもより切れなかった気はするが、まあ結果論だねそれよりもこの馬は自在性が意外にあるのは、新しい発見。これなら中山や阪神の内回りの重賞でも戦えるね
 
 3着にはトウショウカレッジが中から突っ込んできたね。ジョッキーの松田も今まで恵まれなかったけれど、最近思い切った騎乗が目立つようになってきた。今回も内で我慢して、仕掛けを少し我慢した辺りは負けたけれどよかったと思う。馬も頑張ったけれど、松田に今後注目しといた方がいいね

 4着のエアシェイディは、後方過ぎたね。この上がりの早さでは、ちょっと厳しい位置だったね。しかしこの馬はアンカツや横山が乗るようになってから、後方のレースばかりだね本来は好位からでも競馬が出来るのにもったいないね。最近後ろからばかりだから馬もスタートを出なくなったのかもしれない。相手が弱ければそれでもいいけれど、GⅠを狙うならこれでは厳しいね。もうアンカツは乗せない方がいいだろう

 5着のグレイトジャーニーはこんなものです。良くて今回のように5着の馬です。今後も馬券の対象からは、外して大丈夫。ちょっと5着以内に来ると次は3着以内にくると思ってしまう人もいるけれど、この馬はもう上がり目はありません

 しかし6着のアンブロワーズはまだ期待できる牝馬相手の重賞ならまだがんばれるだろう。6着といっても勝ち馬から0.1秒差しか変らない。牝馬の1400から1800Mの重賞ならいつ勝ってもおかしくない。この馬を見限るのはまだ早計すぎるよようやく良くなってきたところだからね

 僕の本命のスウィフトカレントだけれど、これも後方過ぎるし、調子も戻ってないね休み明けは走る馬だけれど、今年は馬インフルエンザの影響があるのか、あんまり休み明けの得意な馬でも、休み明けで走らない馬が多い気がするね。今後のレースではそこに注意する必要があるかなだからこの馬は次走に注意した方がいいネ。去年は夏にあれだけ走って天皇賞(秋)2着に来たからね。叩き良化タイプの面もあるから、次走は注意した方がいい

 シンボリグランは折り合いを完全に欠いたね休み明けということもあるだろうが、やっと折り合いが付くようになったと思って陣営も喜んだ矢先だったのにね。次の二走目が折り合いが付くとは限らないね去年はマイルCS GⅠで3着に来たけれど今度は出られたとしても、ちょっとやばいかもね

 GⅠのヴィクトリアマイルを制覇したコイウタだけれど、一応GⅠ馬という面子はたもったんじゃないかな牡馬相手は普通は苦しいからね良く走ったと思うよ

 後はローレルゲレイロは心配だね。外枠も良くなかったけれど、ここに来て春先の安定感が無くなってきたのは、残念だね。NHKマイル GⅠでの2着馬だから、もっと頑張らないと春は絶対に今回勝ったマイネルシーガルより強かったはずだからね難とか立ち直ってほしいね

 マイルCSに向けて期待出来る馬はやはり勝ち馬のマイネルシーガルは楽しみが持てる内容だった。でも勝つのは難しいけれど、馬券の対象から外せないね。後はスウィフトカレントだね。今回はスタートが悪くて後方からになったけれど、スタートを決めて、二走目の上積みを考えると、出てきたら押さえたい1頭だね。




 ようやく涼しくなってきました。もう読書の秋ですね。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。




















 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ。

次は菊花賞の反省をします。僕の反省文を読んでください







 
 
コメント   トラックバック (1)

映画 ショウタイム(2002) ロバート・デ・ニーロとエディー・マーフィが競演 大丈夫か

2007年10月21日 | 映画(さ行)
人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今日の生活はこんな感じ。朝7時に起きて、直ぐに近くの散髪店に行く。家に帰ったら朝食をして、8時半頃に寝る。家に居ると決まって8時半に眠くなる。薬の影響か、ただ僕がズボラナだけなのかいつもなら、10時から将棋のテレビを観るのだが、結局起きたのは11時40分頃でした。将棋ですが、渡辺竜王島八段の対決でした。渡辺竜王のファンとしては、これは大失敗ですね。いつも渡辺明ブログを見ている自分としては残念な事でした。しかし結果は渡辺竜王の勝ち。良かったです。次のNHK杯戦は絶対観ます
 
 昼頃に妹夫婦が来ました。でも昼食は一緒に食べたのですが、1時半頃にまた睡魔が来た。今日は菊花賞があるので、一応15時に起きられるように、目覚ましをセットしたのですが、起きた時にテレビを直ぐつけたら、四位洋文が歩いているシーンが撮られていたので、アサクサキングスが勝ったんだと気付きましたデュオトーンは4コーナーで不利があったのかな後で菊花賞のレースをしっかりと観ました

 今週は富士S菊花賞を的中出来ませんでした。反省はまた明後日にしたいと思いますので、反省記事も読んでください

 菊花賞をパソコンで3回ほど観て、そしてタイトルのショウタイムを観ました(一番上の画像はショウタイムのワンシーンです。

ショウタイム 特別版

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

 DVDをレンタルする時に結構どれを借りようかと、悩みながらウロウロしていたのだが、ロバート・デ・ニーロエディー・マーフィが共演しているパッケージを見て吃驚したので、思わず手に取りました
 この二人が共演と言うよりも競演すると、まるでカレーライスに味噌汁をぶっかけて食うような映画が出来そうに思って物凄く心配しました。ところが・・・

 内容は(ロバート・デ・ニーロをデ・ニーロ、エディ・マーフィをエディと敬称して書かさせてもらいます)デ・ニーロ演じるベテラン刑事が麻薬取引の現場を押さえようとするが、そこを俳優志望の刑事のマーフィが邪魔をしてしまう。
 マーフィーが俳優として刑事を演じてしまって、犯人を取り逃してしまったデ・ニーロは怒りが治まらず、マーフィが俳優用に使っていたカメラマンのカメラに発砲してしまう。しかもその発砲した事が新聞の一面に載ってしまう。一旦は謹慎処分を喰らうデ・ニーロだが、その裏で最近視聴率に伸び悩むテレビ会社のプロデューサーのレネ・ルッソ(下の画像がレネ・ルッソです。10年以上見ない間に老けてしまったけれど、この映画ではいい味を出しています)が、そこへ目を付け、デ・ニーロとマーフィが組んだ警察の現場を報道した番組を制作しようとする。

 そして、デ・ニーロは謹慎処分の代わりに警察番組のコンビ相手としてエディをつけられるは、車に乗り込もうとしたら小型カメラが勝手に付けられているし、カメラマンは常にいる。
 またこれは、僕が大笑いするシーンがあるのだが、デ・ニーロが演技指導をエディ達から受けるのは面白いしかもデ・ニーロがその場を去った時大根役者みたいに言われるシーンもある

 そして、ある日家ごと最新兵器で襲われる事件が起こり、それもテレビ番組(ショウタイムと名づけられることになる)として利用されるのだが、二人の刑事、特にエディの方はお茶の間の人気者になる。

 そして、珍しくもデ・ニーロがカーチェイスシーンに挑戦するのが、物凄く新鮮に思った。最近のデ・ニーロにはこのようなアクションシーンは珍しいと思う。エディがやるのならわかるけれどね。

 結構この映画の意見を聞いていたら、エディの良さが活きないとかもうエディは駄目だとか、つまらない映画だとか言う意見もあるが、僕にとってはデ・ニーロが出ている映画では5本の指に入る面白さ。エディにとっても、ビバリーヒルズ・コップに出ているより、この映画でデ・ニーロと競演出来て楽しそうに見えた最近活躍中の黒人俳優の名前を言うシーンなんかはアドリブかもしれないね

 もし観てない人がいれば観てください。名作とは言わないけれど、物凄くテンポのいい展開で進むから、観ている方も席を外せないね。DVDで観ているから、重要なシーンを見逃すということは無いけれどね
 それでは、今日はレネ・ルッソの出演作を紹介して終わります。明日は富士Sの反省をします。時間が許せば菊花賞の反省もします。

 今日は映画を主題にしたタイトルで申し訳ないですが、これだけは言わせて下さい。先週秋華賞牝馬ながらダービー馬として挑戦したウォッカですが、3着という結果にガッカリした人もいると思います。しかしウォッカ騎乗の四位洋文が一番悔しい思いをしていると思いますでも、今日彼はアサクサキングスで見事な騎乗を見せ先週の雪辱を果たしたかのように菊花賞を制覇しました。日本ダービーとは違った喜びがあったかと思います。
 四位洋文おめでとう


アウトブレイク

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

ザ・シークレット・サービス  [SUPERBIT(TM)]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

身代金 特別版

ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る

リーサル・ウェポン 3

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

 上記にレネ・ルッソの作品を紹介したけれど、綺麗な人なんだけれどアクションをこなす貴重な女優さんでした。綺麗な人のアクションシーンはカッコいいねまだ観てない人は観て下さい



 ようやく涼しくなってきました。もう読書の秋ですね。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ。








 
 
コメント

菊花賞予想 今年は乱菊模様 

2007年10月20日 | 競馬予想
 今日は富士Sありましたが、僕の入魂の予想も空回り。1600Mぐらいまでなら今年の3歳牡馬でも、太刀打ちできる事が、わかっただけでも今後へ向けて収穫ですしかし、菊花賞は3歳牡馬同士の最強馬決定戦の意味合いが強く、菊花賞の時は強いと気付かなくても、後々の菊花賞馬の成績を見れば、結局は強かったと気付くことが多々あります。
 例を挙げるとマンハッタンカフェ6番人気ヒシミラクル10番人気デルタブルース8番人気などです。

 今年の菊花賞(3000M)の予想のポイントを挙げましょう。去年は武豊が乗ったアドマイヤメインが1000Mを58秒.7という3000Mのレースにしては、超ハイペースで飛ばしましたしかし、ここでみんな忘れているかも知れませんが、去年の馬場は異常なくらい速いタイムの決着が出ていたので、実は超がつくほどの、ハイペースでは無かったと思います。それでも、後にメイショウサムソンを意識してペースを上げたと言っていました
 しかし、実にやっぱり武豊が凄いと感じさせたのが、それから1000Mから2000Mの間を1分3秒台の超スローに落としたことです
しかも、この時ペースをを落としているのに、後方から馬群が来ませんでした。明らかに好位組に居た馬は完全に武豊にだまされた格好ですね。(特にメイショウサムソン)結局は3着にアドマイヤメインは粘りました

 なぜ、去年の菊花賞話をしたかというと、実は今年もハイペースが予想されるメンバーだからです。ただ去年はアドマイヤメインの一人旅でしたが、今年は前半かなり早いペースになると思います。3番、8番、9番、17番は逃げようとする可能性大です。そして10番もその集団に来る可能性があり、11番と18番が本当に折り合えるのか疑問に感じますね
 特に大外の18番ヴィクトリーは陣営が特に音無調教師が前に馬を置いて折り合いをつけさせて、難とか我慢と言っていたのに岩田ジョッキーは、以前は馬の後ろに付けると、音無調教師と同じニュアンスのことを言っていたのに、今は大外18番大歓迎と、岩田ジョッキーは言っています。岩田ジョッキーは競馬に関しては天才ですが、アホキャラで有名ですからね2歳の時のラジオNIKKEI賞大外枠だったが武豊でも折り合えなかった。完全に行きたがっていたからね
 なぜこんな事を書くかと言うと、僕はヴィクトリーが、折り合いを欠いて逃げると思う。岩田のアホキャラに騙されてはいけない。前に馬がいると抜かしたがるだろう。そうなると1000Mは去年に近いペースになると思う。そこから去年は何度も書くが武豊の絶妙のペースダウンがあったが、岩田ではなく、ヴィクトリーがペースダウン出来ないだろうしかも、後ろも結構迫ってくるだろうしね。

 そう考えると差し馬有利だと思う。あるいは好位でも血統的にスタミナの裏付けのある馬はいいだろう。それと京都が得意な馬がいるね。こういう馬たちは、押さえとけば高配当確実だね。

 後は春の実績馬はあまり信頼しない方がいいかな。むしろ春が、あまりよくなかった馬の方がどう成長しているかに、期待したい。そして夏に力を上げてきた馬にも注意だ
 
 それでは印をつけようか
◎ 14 デュオトーン
○ 12 アルナスライン
▲  7 タスカータソルテ
△  1 ヒラボクロイヤル
△  5 エーシンダードマン
△ 13 ローズプレステージ
△ 17 ホクトスルタン
×  4 ロックヅザカンプ
×  8 マンハッタンスカイ
× 10 アサクサキングス

 人気しそうで要らない馬
 
 9  サンツェッペリン
11  フサイチホウオー
16  ドリームジャーニー
18  ヴィクトリー

 まず本命は14番だけれど、未知の魅力に賭けた折り合いも38秒台を経験しているから大丈夫。藤田伸二も4番に乗る権利を持っていたのに14番を選んだ。最後は必ず伸びるからね。展開も向きそうだ。

 対抗は12番だが春のクラシック路線は骨折で棒に振ったけれど、前走古馬相手の京都大賞典では、3着と強敵相手に頑張ったと思う。中一週のローテーションは気になるが、調教でもどうやら前走より上積みがありそうだ。春の無念をここで晴らすか

 単穴に京都で走ると強いと思わせる7番だが、前走の阪神での敗戦は気にしなくてもいい。折り合いに不安はないし、これが3000Mを走るのに一番重要だからね。本命と対抗馬も折り合いに不安がないからね

 次に2着なら来そうな馬

 1番だが日本ダービーは敗戦の理由がわからない。前走の神戸新聞杯での伸びも不満だでも叩き良化タイプのところもあるだろう。まだ見限るのは早計だ

 5番だが前走は相手(僕の本命馬)が悪かったしかしこの馬は鋭い差し足をもっている。父はダンスインザダーク血統からもこの距離は向きそうだ

 13番も京都はよく走るね。しかもこれも父がダンスインザダーク母は重賞勝ち馬ロゼカラーと出走馬の中では一番の血統馬だろう。牧場のノーザンファームもダービー馬が生まれますようにとお願いをして、種付けをしたんじゃないかな今のところ全く期待にこたえていないが、京都は走るからね。距離もいいだろう。この馬を舐めてかからないように

 17番はメジロマックイーンの子供だね。この馬も長距離が向くだろうただ、逃げるか、2番手かという馬なだけに、展開が厳しくなる恐れもある。しかし前走の神戸新聞杯で2番手からの競馬で早いペースだったわりに4着に踏ん張った。これは評価できるだろう。横山典弘がどう乗るか楽しみだね

 次からは3連単の端っこ(3着)に来るかもしれない馬をあげます

 まずは4番だけれど、一番人気だね。4戦4勝と成績はパーフェクト。しかもレース振りも後ろから馬が来るともう一伸びするといるセンスの良さただレース振りが好位で流れに乗るタイプなだけにハイペースに巻き込まれないか心配。今までそんなに長い距離も走っていないから折り合いの心配もある。柴山も京都の3000Mをどうやって乗ったらいいかわからないかもしれない
それほど信頼を置ける一番人気ではない

 8番は前走の神戸新聞杯はスタートの失敗。実はこの馬も2600Mを勝っているんだね。ジョッキーの小牧太も今度はロケットスタートを決めるといっているから、好位に取り付くかなただ好位のレースだとスタミナがあるからね。4コーナー先頭のレースをすればチャンスあるかな。しかし展開はきびしい

 10番はスタミナはあるだろう。一時期2000Mは長いとか言われていたが、3000Mは望むところだしかし切れる脚が無いだけにこの馬も4コーナー先頭のレースをするだろう。この馬も展開が厳しいね。でも日本ダービー2着だからね。斬るのは少し怖いかな

 次からは人気しそうで要らない馬を

 まずは9番だが前哨戦を大敗して、本番で頑張るこの馬は今回は距離が長いと思う。日本ダービーは距離適正の差が出たと思っている。それに展開も厳しいかな

 次は11番だが、春はことごとく一番人気だったのに、流石に前走の神戸新聞杯を見るとちょっときついね。折り合いが難しいから3000Mはどうかな。復活して欲しい1頭だけれど、ここは距離的にも難しい

 次は前走の神戸新聞杯で素晴らしい追い込みを決めた16番。しかし追い込み馬はあんまり菊花賞では来ないからね。でも斬った馬で一番怖い馬はこれかな。ハイペースで展開も向きそうだしねしかし3000Mであの脚を使えるかな。そこがちょっと問題。たまに折り合いを欠く時もあるしね怖いけれど斬る

 最後に大外の18番の馬。この馬は逃げたら折り合えるだろう。しかし途中でラップを落とす事はこの馬には無理だろうもし逃げなかったら、まず折り合いが付かないね。ひょっとすると17番と逃げ争いをしてしまう危険性もあるねちょっと3000Mでは買いにくい馬だね

 買い目 三連単フォーメーション
    1着 14
    2着 1、5、7、12、13、17
    3着 1、4、5、7、8、10、12、13、17

     三連単フォーメーション
    1着 7、12 
    2着 14
    3着 1、4、5、7、8、10、12、13、17 合計64点

最強の名馬 メジロマックイーン

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


ライスシャワー 天に駆けた最強のステイヤー

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

ビワハヤヒデ 無敵の兄貴

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

マヤノトップガン

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

上記のDVDに挙げさせて頂いた馬たちは、菊花賞を勝ち、そしてその後天皇賞(春)も勝った名馬たちです。この機会にこの名馬たちのレースを見てください




     

 
 

 


 

 

 
コメント

富士S予想 今年の3歳牡馬はどうかな?

2007年10月19日 | 競馬予想
人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

 今日で、仕事を辞める偉いさんがいる。もしかしたら、今の僕にとっては、一番残念なことだ。結構楽しい人で優しい人だったから、僕は好きだったんだが、僕からは特にお礼の挨拶はあえてしなかった。そして、来週送別会があるけれども、欠席する事にした。

 自称馬券士の僕にとって、情けは最大の敵だここで感傷に浸っている暇があるのだったら、とにかく競馬の予想に集中しなければ、馬券的中なんて無理だ

 でも朝礼でその偉いさんが最後の挨拶で言った言葉で私は常に人との出会いを大切にして来たと言っておられた。
 僕の人生を振り返るとその偉いさんが言った言葉とは逆の生き方をしている気がするこういうことを書くと僕という人間は冷酷な人間だと思われるが、僕は自ら友達や親しかった人たちを、自分から遠ざけた

 僕は友達より競馬を取った。こういうことを書くことは、いけないことかもしれないが僕にとって仕事より競馬の方が大事だもちろん仕事中は仕事に集中するが、どこかで競馬のことが頭に浮かんでしまう。家に帰れば競馬のことを考える事が殆どだ

 その今日が最後の偉いさんと今度会うのは、前もブログの記事で書いたが会社の人の結婚式の時だろう。今までよく僕の病院帰りに昼食を僕から誘って一緒に食べていたが、もう僕から誘う事は無いだろう。そんなに頻繁に会うと、やはり僕は馬券士だ馬券士は孤独でなければならないだろう。一緒に昼食を食べる時間があるならば、競馬の予想に時間を費やさなければ。

 明日は富士Sがある。僕の馬券士としての渾身の予想を公開しよう

 富士Sの印及び予想不安なのは明日は天気はどうなのかなとりあえず、東京の方は今晩から明日の朝にかけて雨が降るみたいだが、それほど気にしなくていいみたいだ難しいのが展開だけれど、逃げ馬がいないだけに折り合いを欠く馬が続出しそうだ。オレハマッテルゼが逃げそうな気もするし、もしかしたらミスティックエイジ辺りがにげるかもどうもここは瞬発力勝負が濃厚だね。あるいは東京向きの長くいい脚を遣える馬を本命級、あるいは穴馬に狙いたいね。それと今年の3歳の牡馬の扱いも難しいね。レベルがいつもより落ちそうだが、マイルまでの距離に関してはちょっとわからない部分があるね

 ◎11 スィフトカレント
 ○ 7 エアシェイディ
 ▲15 マイケルバローズ
 △ 8 カマタチボタン
 △14 トウショウボイス
 △18 シンボリグラン
 × 4 マイネルシーガル 
 × 9 アンブロワーズ
 ×13 コイウタ
 ×16 ローレルゲレイロ

 僕の本命は11番だが、休み明けは得意だし、最近引退を発表した安田記念の勝ち馬、アサクサデンエンの半弟、それならば今までマイル以下の距離を使ったことがないが、弾ける可能性は充分だ。去年天皇賞(秋)、2着馬ここでは、実力的にも一番強いと思う。横山典弘(上の画像)もここは、意地を見せるだろう

 対抗は7番だが、これも休み明けが得意。しかしオープン特別は、やたら強いが重賞になると、やたら2着が多い。ここはあくまで重賞といってもGⅢのメンバーが相手。このメンバーなら重賞初制覇もありえる

 単穴に、15番を挙げたが、前走の中山でも惜しかったが、この馬は直線の長い東京コースは合うだろう。新潟外回りの関屋記念でも、大外から12番人気だったにも関わらず、3着に突っ込んできた。しかも、外目の枠を引いたからね。あんまり外を回って欲しくは無いが、馬場のいい所を選んで最後伸びてくるかな

 それでは、勝つのは厳しいが2着なら来ても不思議でない馬を3頭挙げよう
 まずは8番だが、今年の3歳牡馬は弱い感じだが、3歳牝馬は空前のハイレベルその桜花賞で3着に来たこの馬を忘れてはいけない。しかも52キロで出てもいいのかただ休み明けは減点材料だと思う。しかし、レースセンスがあるからねスローペースの好位で流れに乗れるなら一発があってもいい。

 14番は新潟記念を2着に大外から迫った脚は見所充分。前走の毎日王冠はレベルも高かったが、思い切って内側を突いたのが、失敗だったね。馬群を捌くのに苦労していた。今度は外枠だから、追い込みやすい。確かに斤量は心配だが今なら克服可能と観た

 そして大外の18番だが、最近はマイルがベストの距離になってきたね。ただ心配なのはスローペースになりそうだから、ずっと外を回され無いか心配だ。馬群が固まりそうなだけになおさらだ。本来持っている力を考えれば、本命級なのだがしかし、雨の影響で馬場の内側が逆に悪化する可能性もある。そうなるとこの馬にもチャンス。

 それでは三連単の端っこ(3着)ならあり得る馬を四頭挙げよう
 まずは4番の馬だが、レベルが低いと言われている3歳牡馬だが、前走京成杯AHでは、3着に追い上げた。マイルの距離なら今年の3歳牡馬でもやれると言う事を証明したと思う。この馬にとっては今の馬場状態を考えたら外枠の方がいいのかなちょっと他の馬の出方もわからないだけに、後藤もこの枠ではどう乗ったらいいか難しいね3番が逃げたらいいけれど控えた時がちょっと下げるレースをするのかなそれと前走よりメンバーが揃ったので、これくらいの評価になってしまう

 次に9番の馬だが、2歳の時は阪神ジュベナイルフィリーズで2着に来た馬だ。期待の大きな馬だったがようやくここに来て成績が安定した来た。しかし2走前の関屋記念を見てわかるように、牡馬相手の重賞はきついと思う。でも今調子良さそうだから、3着には記入しておいた方がいいかな

 次は思わぬところでGⅠ馬になった13番だが、前走は道悪がだめだったのかな。今回のレースも道悪の可能性もあるが、やや重までなら大丈夫。前走は不良馬場だったからね。それとヴィクトリアマイルを勝ったまるっきり同じ舞台。もう少し評価を上げたかった所だが、今回は牡馬相手の重賞だからね今までも充分に牡馬相手に好成績を収めて来たが、今回はちょっと強い馬もいるからね。その分割り引いてこの評価にした。

 そして最後にこの距離なら安定感抜群の16番を。ちょっと外枠過ぎたかな。器用なレース運びをするだけにもう少し内枠の方が良かったね。でも、今の3歳牡馬ののマイラーの中ではトップクラスだろう。しかし、この世代でトップクラスでも、7番や11番より上の順位に来るとは思えないだけに、本当は△ぐらいの評価を付けたかったが、冷静にメンバー表を眺めると×ぐらいの評価になってしまう

 本当は大穴で1番なんかも挙げたかったが、少し無謀かな13番はもう少し評価が高くても良かったかなとりあえず買い目を

 買い目 三連単フォーメーション
    1着 11
    2着 7、8、14、15、18
    3着 4、7、8、9、13、14、15、16、18

     三連単フォーメーション
    1着 7、15、18
    2着 11
    3着 4,7、8,9、13、14、15、16、18 合計 64点
 
 どうも展開が読みにくいレースだ。逃げにこだわった馬が勝てないまでも、2着か3着に粘りそうだね。でもオレハマッテルゼが逃げるのならば、他の馬もレースがしやすそうだね。乗り役が松岡なら本当に行くかもこの馬が逃げるのなら2着や3着に粘れないだろう。
 明日はレース展開も含めてマイルCSに向けて、有力馬が出てくるのか楽しみな一戦だね 
 とりあえず、横山典弘頑張れ




 ようやく涼しくなってきました。もう読書の秋ですね。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ。



コメント (2)   トラックバック (1)

今週の重賞の早め予想

2007年10月18日 | 競馬関係
人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。


 今日は、会社へ母親に車で送ってもらった。どうも、社会不安障害に対する薬を毎日飲んでいるのだが、今日は朝起きた時から、ずっと眠気が止まらなかった。精神安定剤は眠気がきついから車に乗るときは、気を付けてくださいそして気のせいか手足がだるい。

 手足がだるいのは薬は関係なくこの頃、毎日腕立て伏せ30回、そしてスクワットを40回、さらに腹筋を0回(実は私は腹筋が出来ません。以前はひどく首が動くだけで、お腹に力が入っている感触がまるでなかったのですが、最近お腹に力が入る感触がわかるところまで来ました。今年中に腹筋1回でも出来る事を目標にやっているので、早く達成せねば)やっているからかな
 今後腕立てを伏せを40回ぐらいに増やそうかなと思っております。スクワットは50回やろうとしたことが、あったのですが40回を過ぎたあたりで、前のめりに倒れてしまいました。40回を軽くこなせるようになってから、50回に挑戦するつもりです。
 まあ、実は僕はメタポ体型なので、ちょっと今肉体改造に励んでおりますしかし、この前二日続けてコンビニで菓子パンを食べてしまいました。トレーニングと同時に食事制限というか、コンビニでパンを買うのを止めないといけませんねしかし、最近のコンビニが出している菓子パンが非常に美味しいので困りますね

 そんな私の体力作りの話はどうでもいいので、今週の競馬のちょっと早目の予想をします。

 今週は菊花賞富士Sがありますね。
 富士Sは土曜日にあるので、明日には真剣に予想しますが、今日はちょっとだけ真剣に予想したのを公開します。なんせ眠気が未だにしますので、もしかしたら今日はとんでもない馬を予想の上位に入れてしまうかもしれません。

 富士Sの予想

 ◎ スウィフトカレント 
   休み明け強い。安田記念を勝ったアサクサデンエンの半弟。マイルの距離ならさらに弾けるかな
 
 ○ マイケルバローズ
   関屋記念では、勝ち馬に離された3着もなかなかの追い込み。前走京王杯AHも中山開幕週に大外枠と条件が悪いながらも、僅差の4着に来た。東京なら一転して条件が好転

 ▲ トウショウボイス 
   前走毎日王冠は相手も強かったが、前が開かず不利が重なった相手関係の落ちるここはチャンス

 菊花賞の予想

 ◎ ホクトスルタン
   上の画像に載せているメジロマックイーンの子供。父がメジロマックイーンなら、京都3000Mの長距離戦は望むところ

 ○ デュオーン
   藤田伸二が4戦4勝のロックドゥザカンプの騎乗依頼を蹴ってまで、この馬の素質に惚れている非常に不気味

 ▲ アサクサキングス
   これも長距離血統。乗り役の四位洋文も先週のウォッカの敗戦の悔しさをここで晴らすか

 以上が今週の重賞レースの早目予想でした。明日の富士Sの予想公開はかなり遅くなると思いますが、参考にしてください。または、軽い気持ちで読んでもらってもいいですよ




 ようやく涼しくなってきました。もう読書の秋ですね。この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

人気blogランキングへ    
     
人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
こちらもクリックお願いします。

 



                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ。






             



  
コメント   トラックバック (1)