「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MOTHER3日記 その8

2006-04-30 22:33:02 | MOTHER3日記

もう、月姫のセリフ思いつかないんでやめます(誰も待ってねえ)

でも、脳内では「マザーつきひめ劇場」とか展開しててあほらしいです!つーかなんててきとうなタイトルだ!しかもマザー3どころか月姫までネタバレ?みたいな…だって最後とか…(すいませんもう言いません)

コハッキーが、槙久様にヤバイもん入ってるりんごをプレゼントしてくれただけで大満足です、ええ。

 

というわけでー

ネタバレですよ!今日は4章スタートのとこ。

 

 

 

**********************************

 

 

こはくと…ひすい。泣きながらも、こはくを止めることができないひすい…。(曲が…「愛のテーマ」だ。)

お墓の前で、おじいさんにこはくを止めなかったことを責められ、泣いて走り出したひすい…。

あの時、ドラゴ親子と共に、サルたちを助けた、いさましいひすい…。

 

お墓の前、お父さんが立ち上がって声をかけても、立ち上がることのできなかった、泣き虫のひすい。ちいさいひすい。

そして、今、立ち上がり、ふりかえったのは…大きくなった、ひすいだった。

 

第4章 チチブーの劇場

 

 

えっ、3年後!?で、電車が!!駅が!ええーっそんなーっ!!3年ですっかりオネットみたいになってる!(いやオネットもイナカだったが)あれっ??ヨクバ、健在!?

 

目覚めるひすい。頭ボサボサ&パジャマ。そのまま出ようとして、あの…最初に、お母さんにとめられたシーンの回想。

「パジャマのままで あそびにいくつもり?」

…そこにまるでお母さんがいて、そうやってとめられたかのようにきびすをかえす。鏡の前に立つと、また、幼い自分を鏡の中に見る。ぼさぼさの頭を、ていねいにとかしてくれたおかあさん。

おかあさん……  おかあさん。

3年の間、こうやっていつもお母さんのことを思い出していたんだろうな。それでもまっすぐに前を向いてきたんだよね、ひすい。引き出しには、おかあさんの服のきれはしと、おにいちゃんのくつ……。

 

外へ出る。あれ…なにこの黒い…えっ ひつじごやがカミナリにうたれた!?あとかたもないし!!カミナリ、落ちまくってるらしい……。シキを連れて、えらく様変わりした町へ行ってみる。

あ、ちっちゃかった子達もちゃんと大きくなって…ショップの店番とかしてるよ。YADOも大きくなっちゃって…。

2階の真ん中の部屋から声がする。??

「(ヒソヒソ…)きゃっ びっくりマーク かいぎょう すてきなかた スペース。」

「(ヒソヒソ…)かいぎょう いらないんじゃないですか?」

「(ヒソヒソ…)いるんじゃない?」

ギャーーー(笑)!合宿でご利用の方って…おとうさまですか!!おもろい……。

ちょうどほぼ日のインタビューで、合宿のとこ読んだばっかりだったからめちゃおもろいよ!

「(ヒソヒソ…)じかんとか かんけいなくさ つかれたら やめよう

でも つかれてるよな?」いといさんだーーーーーー!!

 

「(ヒソヒソ…)こんなとこのセリフ こんなに いっしょうけんめい やってるばあいじゃないよ。」

「(ヒソヒソ…)そうですね やめましょう。」

「(ヒソヒソ…)やめます。」

こっからは何度話しかけても「(ヒソヒソ…)」のみ。あー、おもしろかった!いやしかし、このゲームの全てのセリフはさあ、こうやって作ってたんだ…って思うと、すごい…すごいってか、驚異?うん、驚異。

ところでここをうろうろしてるおにいさんが、ここの看板娘がかわいいって言ってるけど…テッシーさんのことやんね?(まさかおかみさん!?)テッシー、どこにいるの??

あれ?そういえば「おにいさん」って…。昔は、みんなに名前がついてたのに。それだけ人が増えたってことだね。同じ町に暮らしてても、名前すら知らない、っていうのは普通だもんね、今は。

 

広場に行くと…ヨクバがしゃべってて、何人かがその話を聞いてる。そのうちのひとりのおばさんから聞いた事実に衝撃。お父さんが、まだこはくを探して毎日山に登ってるって…さ、3年 も……。あたりまえか。大事な大事な、息子やねんもんな。

ヨクバには無視された。チッ!さっきからブタマスクもフツーに町にいるしなあ…。どういう事態で、こんなことになったんだ。

「レジーのテントに カミナリが おちてたよ。

シアワセのハコを おいていないやつは ああいうめに あうんだねー…。」

なっ… まさか こいつら!?カミナリ落としてるの!!ハコを置かないから、だと!?だからうちにも…!?ムカ~!!なんでこんなやつらが堂々と町にいるの~!?誰か気づけよ!!

…違うか。気づいた人もいるけど、それすら力で抑え込まれたのね。で、残りの人はヨクバの巧みな話術にだまされて色々そろえちゃってるわけね。すごい。各家庭にテレビが。

 

海のそばの家のボブにイヤミを言われる。今は子供だってコーバで働いてる時代なのに、さんぽか、と。…コーバ?コーバって、工場?なんかだれかもそこに行ってるって言ってたなあ…。

 

おじいちゃんはシルバーハウスに入ったって。3年たつと…そういうこともあるのか。とりあえず顔を見に行こう…って…なにここ!!どこが新築ピカピカ!?あの市長…最悪やな。ボロボロやし、雨もりしてるし、あまりにもヒドイ。ウエスがいた。ヨクバにしてやられたって。村をどうするつもりなんだろうって…。隣の部屋にはアレックおじいちゃん。あの山小屋に100万回もカミナリが落ちたらしい…気づこうよ!!そんな普通に落ちるわけないやん!

ここにいるカエルはおじいちゃんやからシェーブにも気を使ってしまうなあ。

南の牧場だったところは、ブタマスクの訓練場になってる…。

 

北へ行くと…オオ、駅だ。あれ?誰か降りてきた…。ジャッキーと、ブロンソン。え、ありひこの話、してる!い、いまだに行方不明なのか。…3年…こはくもやけど。長い…よなあ。

え!クラブ・チチブーのライブハウスで、よく似た男がベースを弾いてる!?ありひこ!?なぜそんなところに…??

あれれ、リダがいない…。

Comment

MOTHER3日記 その7

2006-04-29 23:14:49 | MOTHER3日記

「私にネタバレした責任、ちゃんと取ってもらうんだから。」(byアルクェイド)

 

順番的に次は有彦なんですが…どうしても!思い出せない…。「短い友情だったな、遠野。」くらいしか…。これをどうひねれと!?というわけであきらめて、月姫を代表するあのセリフをさくっと使うことに。いえい!(←?)

アルクって名前もつけたいんだけど…しかしさすがにもう名前付けるキャラは出ないかしら??あー、ドキドキする。いや、出ないんでしょうけどさ、それがどうか予想できないって点に、ドキドキします!

しかしさー、最初は本当に有彦のセリフで探しまくってて、おかげでノートに書けたぶんもこっちに書き出せないまま…「真月譚月姫」のマンガとか久々に引っ張り出してきて、有彦有彦!みたいな。で、うちあのゲームしてからはマンガを読み返してなかったのでなんか色々新鮮でした。あとでちゃんと読もうと思います……(ちょっと待て)

↓こんな状態

すすめろよマザー3!ノートに書きまくれよ!そんでアップしろよ!全部中途半端なんだよ!(しかもかなりどうでもいいことのために…)

っつーかアンタ今日は休みだから久々にクッキーとか作ろうってバター買ってきたくせに作ってねーじゃん!!

 

はい、マザー3のために今、人生の目標ほったらかし、さらに対人関係までないがしろです(やめーや…)。唯一がんばってるのがこのブログですね。ではいきます。今日は3章終了まで…書けると、いいなあ。(ここまででもう3時間くらいかかってるしね…)←マンガ読んでた時間入ってます

 

*******************************************

 

お城へ到着。ブタマスクが乗り込んできた後やね。「例のアレ」は見つかってないわ、侵入者がまだ始末できてないわでマジギレのヨクバ。奥へ進むと、ありひこのときのようにブタマスクがウロウロしているが、襲ってこない(あたり前やが)。それどころか、話ができる。つーか、話せるんや!!話しててわかったんやけどアホが多い。大変やね…ヨクバ。

 

こいつらはヒモヘビを持ってないから、あの途切れた廊下を奥へ進むことができない。しかたなく戻ろうとすると、ヨクバのケータイが鳴った。ちょうどありひこたちが、ウエスの罠にひっかかって落ちたとこらしい。自分らも地下に向かうって。地下に通じる入り口…もう、あっこしか、ないよね!

地下の顔の石の前へ。なんとかして開けろとかムチャを言われる。踊れば…いいんだよね?この壁画の通りにキーを入力するとか??しかし画面がちっちゃすぎて、わからんよー。

なにをしてもビリビリされるんだけど、右にキーを入れたときだけ「おどりかたが まちがってるんじゃないのか?」とか言われる。そんなこと言われてもこの絵から何を読み取れと!?

あれ?チェックしたら… オソヘのおどり Cパートをおぼえた! って。なるほろ。これで踊れる!踊りも音楽も、おサルバージョンになっててカワイイ♪開いたあー!!さすがのヨクバも、よくやった、って!ごほうび!?

ウギャアアアアアアアアアア(ビリビリビリビリ) おっ…… 鬼……

 

地下を進むと…なにやらレバーが。命令にしたがってレバーを下ろすと、水がすごい勢いで流れ出し…!あ!いちこ!ウエス!ありひこ!!ヨクバは、今しがた目の前を流れていったそいつらが、「例のアレ」を持っていってしまったとわかって部下達に向かって大声をあげる。苦労してるね。こちらはいったんYADOに戻ることに。しかし跳ね橋のところで戦車が2台立ち往生していて、結局出るときには日が暮れてしまったらしい。(ホントにアホな部下が多いね…)

そしてそのタイムラグの成果?町へ戻るとみんなが集まっている。ブッチが騒いで、まきひさが落ち着けと皆に言った後らしい。いきなりその輪の中に入っていって、この村は呪われはじめているとか言い出すヨクバ。みんながしっかりとシアワセを追求するようにしないとヤバイと。それだけ言って、去る。

セブンは、いちこの前へ。 !! なにか、光って… なんだろ。しかし、そのアイコンタクトをヨクバは見逃さず、後にオシオキされまくり。恋人をひどい目にあわせる、とかさらに脅迫される。言うだけ言ってぐーすか寝だすヨクバ。サルはひとり、肩を震わせて泣くのであった…  ワーン!!

 

夜中。ノック…?え、いちこ?? そのたたき方はポーキーなんですけど……。

ドアからだと思って、何回かビリビリされた後、窓だと気づいた。窓からいちこが…え、助けに?ウエスもいる。早く!って言われて、いそいで外へ。広場へ。ヨクバと仲間だとは思えなかった、といちこ。

「なにか じじょうが あるんだろ? かわいそうだったな。」

だ~~~~(←号泣の音)。身にしみる、優しいお言葉…。さらに、自由にしてやる、と。いちこがウエスに、あのスイッチを盗んでくるように頼む。

「サル。もうすこしで らくになるぞ。 つらかったろう。」

う……う…うわーーーん!!お姉ちゃーん!!って

ウギャアアアアアアアアアア(ビリビリビリビリ)

なっ…なんで…まさかウエス、ヨクバにやられ…って、帰ってきたよ。「とちゅうで ちょっとさわってしまったが」ってじーーーいさーーーーん!!!でも…ありがとう……。

いちこが言う。自分でぶっこわしちまえ、と。勢いよく壊すセブン!(途中ビリビリしつつ。)これで自由になったけれど…逃げられない。彼女が人質になってる……って、いちこに伝わってるけど、これ、テレパシーかな。

あのインチキ野郎!っていちこが怒ったところでヨクバ登場。セブンに向かって、逃げられると思ったか!とか言うんだけどそれに対していちこが即、言い返す!

「にげられるさ!

にがしてやるとも!」

かっこいいよいちこ姫……。しかし、その本人が逃げ遅れ…というか、置いていかれてるのがかわいかった(笑)。走り出すときのポーズも良い!

 

3人して、森へ逃げ込む。が、戦車が先回りしてて…とうとうかこまれた!!ってえええええ!?戦車とバトルー!?ムリーーー!!戦車と戦うのは…でかいロボットとかさあ!(1のあいつ)ぐえええ、強いしぃぃ!

はあ…な、なんとか、勝った。いちこがサンダー連発で。サルは完全に補助やった(笑)。

戦車すら倒した3人に、残ったブタマスク達はびびるが(そりゃー、怖いよね)そこへヨクバが、また兵士と戦車を率いて現れた!!大ピン……え、 ひ、ひすい??何して……ってか、あぶな…

ひすいがピイッと口笛を吹くと、ドラゴの子供が来て…そして次は大きな足音が!え、ド、ドラゴ!?なん…なんで!?とにかく助かった!次々にブタマスクを蹴散らすドラゴ。すごいぞー!

そして、残ったのはヨクバ1人。そこでセブンがひすいの「サルまね」とばかりに口笛を鳴らす!オー、スゲー!!ドラゴ、おもいっきり体当たり!!飛んでっちゃった。やったねー!ざまあみろー!!

 

ドラゴは親子で山へ帰っていった。そしてウエスがひすいに話しかける。泣いてばかりじゃなくて、立派にやっていたんだなって。ありがとうって。いちこも、事情がわからないのに助けてくれたことにありがとうと。そして、今までのことをウエスがひすいに説明する。しかし、その上でひすいには村にいてほしいと…ウエスは言う。こはくも戻ってくるだろうし、お父さんと力を合わせてこの村を守ってほしいと…。確実に何かが起ころうと、何かが変わろうとしているこの村を。

そしていちこには、サルの事と、ありひこ探しを託すウエス。いちこは、ひすいにまた会える気がする、と言って、短い出会いにいったんの別れを告げる。そして、元気よく駆けていくのだった…。サルと一緒に。

 

弱虫だったひすいが今 悲しみの物語を明るい色に

塗り変えようとしている…

 

(3章終了)

 

 

最後に流れるナレーション(でいいのか?)、止めれないからメモが間に合わない…。というわけでどの章の分も、ちょっとうろ覚えで書いてます…。普通のセリフはおそらく…正確だとは思うけど(太字にしてる分は)

Comment

MOTHER3日記 その6

2006-04-29 11:14:07 | MOTHER3日記

「……教えてやる。これが、ネタバレを見るっていうことだ。」(by志貴)

 

なんかどんどん意味がわからなくなってきましたね↑。

あー 耳が痛いー。ピアスのせいか?

 

 

 

***************************************

 

砂漠に、でっかいブタの乗り物が降りてくる。そして出てきたのは、ブタマスクと…

サ……サル!!

 

第3章 あやしい行商人

 

うわっ、いきなりうわさの行商人が!ブタマスクの仲間かよ!(仲間ってか、上司?)ヨクバっていうらしい。恋人を人質に取り、サルを脅すヨクバ。すでに首にはスイッチひとつで電流が流れるくびわをつけられていて、状況は最悪。したがうしかない。ヨクバの言うことに…。ここでおサルの名前付け画面へ。

……サルかあ…。んー…ななこ、と思ったけどおもっきし女の名前やし(ヒスコハもやが)、じゃあ「セブン」

なんかセブン、いきなり超かわいそうなんだけど…。え…カーソル… こ、こっちか?あ、踊った。あードキドキ。ヨクバのいう方向にキーを入れればいいのね。最初、ななめ上!?とか思ってがんばったけど、普通に横でいいみたい。

恋人は再びあの乗り物に乗せられ、あわれ、2匹ははなればなれ…。泣いてたらまたオシオキ。かわいそうすぎる…。

「ひょい。みてましたよ ずっとね。

がまんしなさい こらえなさい

きっといつか いいことがあるから…」

セーブのカエルにはげまされた。うん…がんばる…。

 

 

ヨ、ヨクバ、強!!サルが弱いのか。うーん…。フンころがしを倒しまくって地道に経験値をもらいつつ(50が2回出た!)、進む。途中、プレゼントボックスの高級バナナを没収されて涙。

白い、丸い建物の前にサボテンウルフが!砂漠一、凶暴!?ムリー!ムリムリー!

…なんつーか、このパーティーの戦略って、「いかにサルが死なないか」が重要?殺されないように耐えながら、ヨクバが攻撃してくれるのを待つ、みたいな。消極的や…。でも余裕のあるときには「サルげい」をしかけて、効いたらよっしゃーってかんじ!…なのに、バナナの皮で滑ったり、隠れたりしないで下さいよご主人様…。あと、ボムとか持ってるんならさっさと投げてください…。僕がこのみパンを何個食べたと思ってんですか!

…というのは全く言えずに、サボテンウルフに勝利した後も、セブンは黙ってついていくのでした。しかも蹴られたし。うう…。

 

テントっぽく見えたのに、中はハイテクな基地だった。わ、敵が…あー!「あれ」や!!なつかしい~。そんなに強くないわりに、経験値が高めっていうのも一緒やな~。

わ、なんかかわいい乗り物が。ポークビーンやって。これに乗って、タツマイリへ?

びゅーんと進んで(何匹かムシをひきつつ)、ハシゴから地上に出ると、なんとまあ!ミソシレ墓場の新しいタイプの墓が出入り口でした!YADOへ向かえって。

 

あっ、ブッチだ。そうか、あの夜なのか。あれ…?すでにカネは渡してたのね。そうか、数えてたんだ…。で、ありひことぶつかる、と。この時は…全然知らなかったなあ…。「サルちゃん」がこんなひどいめにあってるだなんて(涙)。

そしてありひこの章で見た、ブッチとの会話が繰り返され、…あっ!!井戸のところにヨクバが隠れてる!ヨクバが取ったんか…あ、あれ?取らない??

 

YADOに着く。やっ、宿賃もなかったのかこの村!!どうやって成り立ってんだ!!で、ここでもヨクバはカネの袋を強引に渡すのだった。でもおかみさんはドアストッパーにしようとしてますが(笑)。

真ん中の部屋で眠る二人。もちろんセブンは床(ゆか)ですよ!

 

夜中、ヨクバが起きて外へ出て行ったので後を追うと… ピリリッ ピリリッ !?ケータイあるんや!!おそらくブタマスクからの連絡。オソヘ城に着いたとのことで、夜明けを待って突入しろと指示するヨクバ。今ごろ城では、ありひこが一人でタンツボを…くっ(涙)

そして、やっぱり井戸の中のカネを回収してた!!ちくしょーヨクバめ!!

 

セブン…ビリビリされまくりでかわいそう…。恋人の夢を見て…起こされるときにもビリビリやし。ツライ。でも今は、言うとおりにしなきゃ…。今日は、村人の心をなごませろとのご命令。…え?

ヨクバが村の広場に皆を集めて…演説?開始。しあわせについて。立ち去る村人も何人もいたけど、しあわせがほしい人!の言葉に手を挙げる人も。ビフ、アビー、アボット、イサクの4人。ちなみにその場にいたレジーさんに話しかけると「シアワセは ほしがると にげる。」って…。うん…そうかも。

 

あー…つかれた。ヨクバ、しゃべりながらいつ指示出すかわかんないんだもん!YADOに戻ると、またヨクバのケータイが鳴る。どうやらありひこ達に苦戦している、との報告らしい。ふふふ、ざまーみろ。で、ヨクバの次の命令は、さっき手を挙げた4人の家に箱を配れって…。えー…。でも言われたとおり墓場へ。あ、マップソンが家の場所にしるしつけてくれた。ありがたい。

イサクの家を目指して森を抜ける途中に殺されたりもしつつ(……)、無事に配り終えた。ところで、しあわせのハコって…ま、まさか、テレビ?

がんばったのに、もらったのはビリビリだけ…。くうう。泣ける。次はオソヘ城へ行くらしい。

Comment

MOTHER3日記 その5

2006-04-28 23:56:42 | MOTHER3日記

「プレイ日記なので、この先はネタバレだらけです。

それでも、それでも貴方は先を読むって言うんですか!?」(by秋葉)

 

 

 

すいません。あんな名セリフをこんなんに使って…(まあ原形とどめてないっちゃないが)

だんだん苦しくなってきた!次、誰?有彦?有彦はまだいいが、一子なんてどーしよ…。

あ、志貴がいた。志貴が。

 

今日のは2章ラストまで。

 

 

*********************************

 

 

!?戦車…と、ブタの仮面がいっぱい!お城に乗り込んでる!?ニッポリートじいさんもやられてる!畑も荒らされてる!なにしとんねん!!(なぜか焼肉の苗は無事)

入るといきなりブタたちがいたけど、ネンドじんをけしかけてきた!あっ、ウエスじいさん、強い!…勝った。倒れたネンドじんを憎々しげにけとばして、逃げていくブタたち…

 

ブタが多い~。でもじいさんがいるからか、比較的楽にさっきの部屋に着く。地下にもあった、顔の石と踊りの壁画。この奥に宝があるらしい。そして最近、誰かがこの扉を開けた形跡が。おそらくそれは、あのヒメだと。

え?あっちむいてろって…あはは!!踊ってる!めっちゃ踊ってる!!ありひこもしっかり見てるし(笑)。ははは!

「おまえが おさないとき このおどりは おしえておいた はずじゃ。

こまったときは おどれと 100まんかいくらい おしえておいた はずなのに…」

無理だよ!おじいさん!!(笑)

 

隣の部屋にカエルがいて、セーブすると「ゴミばこべや」って。??うん、なんかゴミばこはあるけど。

!!な… あっ!さっきの子だ!「ウエスじい!?」って…知り合い?

罠に足をはさまれているらしい。「こんなところで しぬわけには いかないから あしのほうを きっちまおうか まよっていたところだ。」ギャーー(笑)。ゾロ?ゾロなの?(ONE PIECE)すごいヒメだよ。しかも一人称「オレ」。ありひこ、口臭があるって言われたし…がーん。あ、名前入力!?

どーしよ…お姫様なら、アルク…と思ったけどオレとか言ってほしくないし。…あ、あ!!すごいピッタリのんある!!「いちこ」!よっしゃ乾姉弟!(また月姫ネタです)

一緒に行くことになりました。わーい。やっぱさ、パーティーに女の子がいると違うよね。いいかんじ…え?「ヒュルヒュルル~ どうもです~。」なに!?かぜのうわさを運ぶ、うわさのかぜ?ややこしっ!あ、いちこはPSIを使えるらしい。やったー!オー、強いぞ!

「このさき ホウキちゅうい」?…ホウキ…あ、あ…。あー…戻された。なるほどー!そんでゴミ箱かあ!!ムカ~。

あれ…いちこが「じわ~っとねつっぽく」?あ、またかぜだ。うわさの。何かが目覚めようとしているって?

……あ、PSI覚えた!!へー…。こんな風に、覚えるんやね。

 

3回ホウキに飛ばされて(やられすぎ)、やっと着きました。もう疲れたよー。

タマゴだ。これに秘密がつまってる?だから悪者に取られるわけにはいかないらしい。

「ハミングバード…。ちいさな ハチドリのタマゴが せかいのひみつの すべてだとは

こっけいな はなしだな。」

そんな話をしていたら、すごい音が!ブタマスクたちが扉を破ろうとしてる。で、ヒメはすぐ行こう!ってタマゴを取るんだけど、それにはウエスが罠をしかけてたそうで…落ちたーーーー!!

「ヒーーーーメーーーっ!!」「ゆるせ。」かわいい。いちこ。

落ちた先は…とりあえず、水でよかった。タマゴも無事みたいだし…って、なんか、カゲが!!ギャー!オソヘビ!?うげーっ!強!!……負けた(あっさり)。

 

はーいレベル上げでーっす。お城ぐるぐる。ブタマスク相手に戦いまくって(とんかつチップで荷物がいっぱいになるくらい戦って)、PSIも覚えて…やっと勝てた!勝てたけど…あー 流されるー!!

 

…そして。フエルとライタが倒れている彼らを発見したんだけど…ありひこがいない。ライタは休んでろと二人に言ったが、ヒメはすぐに探しに行こうとい言う。で、町のほうへ行くと、なにやらみんなが集まってる。え?ブッチがなんかすごい剣幕でありひこはどこだ!って…。え、あのカネが、なくなった!?

今までは盗まなかったとしても、ウエスもありひこもドロボーなんだから、カネを見たらやっぱり盗むんじゃないの?と言われてキレたのはいちこ姫だった。ええ子やな…。

そこへやってきたまきひさが、みんなに落ち着けって言う。信じてるって。ありひこが帰ってくるのを待とうって。ありがと~~(涙)。

 

ナレーション。……あやしい行商人の行動??あ、そうか。そもそもブッチに金をあげたのがあの人やっけ?…でも、さるとか連れてて、かわいかったのに。

 

運命は 正しく力を使う者達を

互いに結びつけようとしている

弱虫だったひすいは…はたして

いまは?

 

(2章終了)

Comment

MOTHER3日記 その4

2006-04-27 00:45:53 | MOTHER3日記

「4月27日 ネタバレ注意と明記」 (by槙久)

 

 

…槙久様はしゃべらないからキャラがわかんないんだよ。だから手記風。

ノッてきましたプレイ日記。書くの、楽しい!

そういえば今日も電車の中でマザー3やりつつ、ふと、東京クレイジートリップ2がおもっきしほったらかしになってることを思い出しました…が、マザー3優先で。最優先で。(お前は何のサイトをやってるんだ)

 

 

 

*******************************

 

 

…あれ、留置所から出て、ありひこと話すシーンだ。あれ?まきひさ、しゃべったよ?

ありがとう、って……。あ、それで次は、ありひこの話やのね!!

 

第2章 泥棒アドベンチャー

 

夜。ウエスじいさんになにか重大な話をされる。

時が来た、と。今から生き方を変えると。…え、ドロボーを、やめるってこと?

「オソヘの城に しのびこむのだ」

変わってねぇーーーー!!ああ…きっとなんつうか、こころざしを変えるってことだったのね、たぶん。(あれ?それとも今までは全くやってないけど、今からドロボーになる ってことだったのかしら??)

ある重要なものを発見し、持って帰ってこいと。何か、っていうのは教えてくれなかった。

 

地下室でドロボーの七つ道具をゲットして、出発。街から出るときに、行商人?の人にぶつかってしまった。あ、さるだ!かわいー!…なんだろ?見てた?…仲間やと、思われた??

そんでもう少し進むと、プッチがいてて、カネのふくろを…え?カネが何か、知らんのや。ないんや!そういえばないね…。え、旅の男に、ブタと交換でもらった?ふーん… 井戸に隠してる。いいのか…井戸で。

チェックしたら「手に入れた!」ってなってめっちゃあせったけど、ありひこは戻してくれた。ホッ。

 

!?ブタの飛行船…!オソヘ城に…なんか落とした?爆弾!?いそげ!!

えーとまずは、墓場もりの…うっ、ゾンビ!しかも4匹!こわいー!!あ、カベホチとか戦闘で使えるんや…。勝ち。ニッポリートじいさん見つけた。けど何も教えてくれへん。跳ね橋はあがったままやし…え、アリ?アリに怒られた。戦いはリズムなんだって…グサッ(←元Perc.)。敵の鼓動をつかむ…。うーん。

あ、ニッポリートじいさんに動きが!家に入った。追いかけ…ギャッ 墓石が動いた…!!ギャーー!!こんなところで殺されたーーー!!やりなおし…。

墓石ムシでダッシュで家にかけこむと、地下室への階段が。そしてタンスを動かすと、入り口発見!ゴー!…あー、ちょっと成功率上がってきたかなあ…リズム。

地下水路を抜けると城に出た。じいさんが畑を耕してる。…やきにくの苗??

正門にはカギがかかってるから、壁をよじ登る!OK!レッツゴー!

ん?またアリがいた。え…敵を眠らせると心臓の鼓動が聴ける!?し、知らんかった!ありがとー!!

 

城内侵入。ギャッ…絵の、目がうごいとるー!こわいよー!!…つか、このお城って…なんなの?完全に廃墟やけど…王はどうしたの?

「おもいでー」にたいあたりして穴あけて、降りた先のプレゼントボックス開けたらオバケが入ってて、…え、ステータス異常?てめえー。でも隣の部屋に「すっきりミント」が。よしよし。

オバケ、めっちゃ多い…。もー…エクレア、ほしにくと交換してギリギリやっていけてるってかんじ。でもタルマンがかなり「このみパン」を落としてくれるのでひたすら集めたり。

オバケ、仲間呼びまくるからやっかいだなあ。何回か殺されたし。でもオバケの曲は叩きやすい。スパイダー!の曲、眠らせてリズム聴いてもまだわからんわ!むずい~~。

 

地下の部屋に、おどりの壁画があって…顔みたいな石があって…そこから風の音が聞こえる…けど、どうしたらいいんだ??すぐ前のフィールドには何もないしー…。

 

あ、2階へ行ける道あった。うわ!!プレゼント取ろうとしたら絵が襲ってきた!!(よみがえるムーンサイドの恐怖)げいじゅつなオバケ?すごい曲だし、強いし…。あーもう、ボロボロだよー。でもネズミが教えてくれただんろの通り道を通ったら温泉があった!ラッキー。

ギャッ 甲冑がうごいた!!ダッシュですり抜けて部屋に入ると今度はオバケ!!ギ… あ、あれ?あ、よいオバケらしい。パーティーやってる…。ヒントにしたがってカベホチで登るとまたよいオバケが。あ!エクレアとほしにく交換してくれた!しかも1個で!…入り口のあいつ、ほんまムカつくなー!!

とりあえずパーティー会場に戻り、7個ほどエクレアをほしにくに変えてから(せこい)、ヒモヘビを使って先へ進む。カーペットモンスター、ボスかと思ってはしりだま投げちゃったよ。転ばしてくるからいやや。眠らしてリズム聴いたら、ありえへん音がするし。聴いててもできねーよ!!(へた)その先の強いヨロイは、当然スルー。…いえ、正確には、アイテムだけ取ってダッシュで逃げた。こわかったあ…。もう少しで追いつかれるところだった(どうなのそれ)。

え!?誰か……女の子?なんか落としてったみたい。ペンダント?

 

ギャー、ドアが敵!!しかも隣もかよ!さらに隣のドアを、今度こそ、開けると…指揮者っぽいオバケが。ラップ現象起きとるよ!(1だ)

「わたしが パッションさん。 かなでる おんがくは かていのじじょう だい2がくしょう」

ボスです!音楽がいきなり「運命」です!でもこの人のゆっくりリズムは叩きやすくて16hitが出ること出ること…。勝ったー!

ソファでひとやすみして(となりの時計は、おじいさんらしい)、次の部屋に…見つけた!!なんかぴかぴかのツボ!はあああ~~。本気で疲れたよ。これでやっと帰れる…。「けだかいタンつぼ」らしい。タンつぼ?

外へ出ると、朝だった。じいさんに跳ね橋のカギをもらって橋を下ろす。一目散に家にダッシュ!ただいまお父さん!

えっ…バカもの…?割られた!!ええー!?ちがうの!?あほって呼ばれてます…。すいません。他に手に入れたものったって…ヒモヘビとか?あれ?あ、ペンダントを見せたらしい。

え、お姫様?オソヘ城の?もう一度、今度はウエスと一緒にお城へ……ってええええ!?いやだあああ!!

Comment

MOTHER3日記 その3

2006-04-26 23:54:01 | MOTHER3日記

「ネタバレありですよ~

どのへんを書いてるかと言うと、1章の後半です。

そこまではやった!っていう方はどうぞ、見ちゃってください。」(by琥珀)

 

 

 

 

***********************************

 

 

やっとついた…。お義父さん、よくこんな森を抜けてきましたね……。ああ、トビマウスの内訳(内訳って…)は、昆虫+ネズミなのか。え?かまれたん?大丈夫??

こはくは、アレックの友人の…マジプシー?の所にいるらしい。で、そこへはトカゲが道を示すと。

「わたしはトカゲ。あなたの ゆくべきほうこうを さししめす。まわれ わたし!」

やじるしトカゲ…かわいい。2のあなぬけネズミを思い出すなあ。

 

マジプシーは、人でも魔物でも、男でも女でもない?年齢もない?

「とにかく ヘン。まとめて ヘン。ぜんいん ヘン。そういうやつ。だけどきだては いいんだよ。」

……ふーん。まあ、想像つかないけど。会ったらわかるでしょ。早く会いたいな~。トカゲを回し、カエルを踏み、すすむ。

…そういえばお母さん、オケラ踏んでたなあ…遠い思い出。

 

エオリアの家についた。この貝の家って…1のマジカン………ギャ――――――ッ!?

なっ…どすきいろいこえって…そのせいか。めっちゃ こわい。逃げたい。

こはくが世話になったって…大丈夫だったんかな、こはく。え、PSIを教えた??ドラゴ大地に向かった……!!いそいで後を追おう!!っつか、いそいで、出よう!ここ!!

ヤバイ家(←ひでえ)の裏の洞窟を通る。まっくらだ…。ここではアレックが道を示してくれるんだけど…いらんこともたっぷり話しかけてくる。おのれ!お前、きんば(2の)と同類やな!?おもろいけど(笑)

やっと暗闇から脱出して…また次の洞窟へ。あっ!!ブタ野郎!!…逃げちゃった。ていうかエナジーマシーン…じゃなくて…なんだっけこれ?2で出てた、回復マシーンがある!なっつかしー!

あ、またあのブタの銀色の乗り物で逃げられた。…アンドーナッツが、あやしい(えー)。

 

道なりに登っていって…!あ、あれは…ドラゴの赤ちゃん?なに?なんかで…遊んでる?…行ってしまった。

遊んでいたものは こはくの おきにいりのくつ……  !!ちょっ……!!いやだ!!もう、いややで!?そ そんな…

 

もう一方のくつも見つけ…そして…目の前に現れる、改造されたドラゴ。…こいつが、あきはを…

そして、こはくをいったいどうしたんだ!?返して!!これ以上……奪わないで……

 

vsメカドラゴ。つ…強っ… ああ…負け…  「とくせいのやくそう」!?すごい!アレック!!

あっ 切らしたって…… そりゃそーよね…  全滅。

 

~しばらくお待ちください(レベル上げ中)~

 

っつーか、「き」!!強いし、攻撃インケンやし、最後大爆発やしもう最悪や!!むかつく!!…で、「き」ではなく、前のフィールドで地道に戦っていたわけですが、途中で「あたらしいカクザイ」を見つけてショックを受けました…。でもそれ装備した後も何回も負けたし、やっぱりレベル低いんだなあ…(あとリズム感が…)。

それでもなんとか、タイタニーからゲットしたはしりだま使いまくり、鳥からゲットしたほしにく使いまくりで、やっと、勝てました!メカドラゴ撃破!!ばんざい!!

時間かかりすぎてちょっと目的忘れてたけど……倒れたメカドラゴに、とどめをさすべくキバをかまえたまきひさを見て、全てを思い出した。立ちはだかるように間に入るドラゴの赤ちゃん。それを見て、アレックがまきひさを止める。そのこどもに、ひすいとこはくのような辛い思いを味わわせることはないだろうって…。その言葉に、心から納得したわけではないだろうけど…まきひさはキバをしまった。

 

こここここ こはっ……

 

悲しみというものを知らずにいたタツマイリ村の人々。

しかし、今では悲しみの全てを知らされているようだ。

あらゆるものごとが 悪い方へ悪い方へと変化している

 

物語は まずは 悲劇として

……はじまった。

 

「行方の知れないこはく」って…そ、そこにおるやん!!…でも、こういう言い方をされるってことは、今の時点で、まきひさは見つけられなかったけど、生きてはいるって…ことですか?おねがいそうであってくれーー!!もう泣くの、いややーーー!!

 

ここで、1章終了。悲劇として…始まる物語。

これからどんなふうに進むんだろう…? 

Comment

MOTHER3日記 番外編

2006-04-26 10:49:17 | MOTHER3日記

電車の中でもやってます。あんまり進まないけど…

というか、1つ目のセーブを進める用、2つめのセーブを「ノートに書いた分を見直しながらやる用」にしてますのでよけいに進まない。だって、電車の中でさすがにあのノートは開かれへんしな!!

 

自意識過剰だとはおもいますが、私がゲームをかばんから出すと目立ちます。

OLコスプレしてるしなあ…。髪だって巻いてるし。(いつものかっこだったら別に注目されへんやろう)

しかも朝やしなあ…。

しかもDS全盛の今、アドバンスやし。SPですらない!!

いえ…これもそもそも弟君のものですし、文句が言いたいわけではないのですけども。

 

自分も電車のなかでやるようになるとは思っていなかったので、こんなことなら限定版のミクロを買っときゃよかったかなーなんて思ってみたりして。えっ、まだ買えるの!?(byアマゾン)…………あか…あかんってば!!お金ないんやってば!だめよわたしーーーー!!

Comment

MOTHER3日記 その2

2006-04-25 23:00:33 | MOTHER3日記

ネタバレが、注意です!(by翡翠)

 

あと、名前がうちバージョンなんで読みにくくてすみません…

サイトに載せるときには戻すつもりですが

デフォルトの名前覚えられない……

 

****************************************

 

第1章 とむらいの夜

 

森が、なんか変な奴らに爆撃されてる!?大パニックの村。森が大火事だと大慌てで伝えにきたやつ(トマス)は、うちのドアノブを取りました。オイ!!

というわけで、ふたごのお父さん「まきひさ」の章らしい。むこうみずなナイスガイらしい。トマスと一緒に行くことになりました。

犬小屋でぼうっきれをみつけて装備する。犬よ、ドアノブをさがしておいておくれ…帰ってきたら、なおすから……

え!今燃えてる森って、かあさんたちが通る森かよ!!なにしてくれとんじゃー!!ダッシュダッシュ!

 

地図もらった(ひとさしゆびに ねがいとか ちからをこめれば…っておもろい)。見てみる。なんかごっつ遠そうやねんけど……まあ、行くしか、ないわな。

え!?な、なに、この人!?でかいだけ?リダ?むくちらしい。

 

なんか、建物に入ると…お祈りした方がいいって?火事やもんなあ…。

「れいせいに おこたえください」!?

「このゲームの プレイヤーである あなたの なまえを おしえてください」

早ッ!!

でもマザー的にお約束なので、冷静に入力。オ ペ ラ…っと。

「わたしが3つかぞえたら いましつもんされたことは

あなたのきおくから きえるでしょう」

怖ッ!!

 

スズメがヒントくれる…つーか、オヤジもしゃべれるんかい、動物と……。

うわっ…けむりすごい…。思ったより大変な事態…?怖い。あ、こうもりさんだ。?…なに?これ、なんの歌??

っていうか、なんでたたくのアイコンが♪なのか…どうして時々♪♪ 2hit!とか出るのかふと不思議に思った。説明書…ごそごそ。ぱらぱら。サ サウンドバトルー!?(←おせーよ)す、すごい!もともと、最初のマザー3のインタビューで糸井さんが、ボタンを楽器みたいにたたいて…っていうのを言ってたけど、こんなふうに残ってるなんて!!

それで、このこうもりさん(ある意味固定敵キャラ)で、もう絶対に気になるような曲を使って、うちみたいな説明書読まない人でもここらへんで気づけるようにしてくれたのねー!!ありがとー!!(違うんじゃ…)

 

…そういえば、その記事って、友達がファミ通とかのページを切り取ってマザ2好きの私にくれたものだったんだけど…「マザー3、出るんだ!すごい!!」って感激して、それを何度も何度も読み返して(今でも覚えてるほどに…)、さらに重要なプリントとかを入れるために毎日持ち歩いてたクリアファイルに大事にしまって、大切に大切にしてたなあ…(当時中学生)。なんか、我が事ながら、いじらしいですね。もう…さすがに捨てちゃったんだと思うけど…。内容は、マザー3はこんな感じに…なるかも!?みたいな(絶妙)。でも3Dの画面とか、開発中の画面も載ってた(3Dどせいさんも載ってた)。あとは糸井さんと…任天堂のえらい…なんだっけ、岩井さん?とのインタビュー記事。ああなつかしい。

 

しかし、トマスはやっぱり戦わんのね…いーけどさ。

もう森はかなりヤバイくらい燃えている。そんな中、火をつけて回ってたやつらの1人がいた!!こっちには気づかず…なにか 虫?みたいなのを放して…逃げてった。……??

あれ、なんかザシュって…あ、火ふんだら、HP減るみたい(←バカ)

 

だれか倒れてる…ライタ!!逃げ遅れたっていう…。あの、さっきの、虫がいる。やっつけてもやっつけてもでてくる…?こいつらが森に火をつけてる?カクザイをいただいて、1人、奥へ。トマス…後で覚えてろよ。

!!…いきなり囲まれ、戦闘に!ひつけむし3匹。…な、なんとか勝ち。(リズム乗るの、たまにしかうまくいかない…)

 

小屋に着いた。フエルは2階に!たいあたりでドア破って中へ。なっ…トビマウス!?変!!急いで倒して、フエルを保護。しかし小屋が…くずれる!!ああ!!まっくろや!!でも助かった…よかった。

…で?帰るのかー…歩いて。まっくろのままセーブしつつ、このカエルの水を奪ってすすを落としたいとか思ったなんてナイショです。

でも温泉があったから、そこで落とせるよね…ふー……ギャーーーー!!顔だけまっくろのままやーーーー!!こまけえーーーー!!(笑)

あ、やっと人がいた。人里まで戻ってこれたよ…よろよろ。え、そらとぶネズミに かまれた?大丈夫なん?

あっ、トマスだ!このやろう!殴りたい気持ちを抑えて、寝ているライタの元へ。フエルは無事だよ!!

お礼を言われた。ライタとまきひさは昔からの友達らしい。親方(ライタ)がありがとうって言うのをはじめてきいた、雨でも降るんじゃないか、とかまわりの人たちが言ってたら、本当に雨が…。やっと顔のすすが落ちた。

「このあめで ひが きえてくれれば いいね…」byトマス。…ちょっとかわいいじゃねえか。

手当てをしてもらったまきひさ。メイド?メイドなの?テッシー。かわいーなこの人。

ライタと話す。…ブタみたいな仮面かぶったやつら……。ブタ?ブタって……

 

 

宿から出ると、イサクが話しかけてきた。…え?あきはと子供らに会ったかって?…いや?え、森であきはを見かけた?

ものすごい叫び声をきいた?…あ、ドラゴの、か。奥さんかと。

「そのあとで ひめいが… きこえたような きがしたんだ…」それ最初に言わんかいいい!!えええええええっ!?

 

雨の中を、走って帰る。家に…帰ってるはず、だよな?しかし、ドアの前にいたのは伝書バトだけ。そして、あの手紙を、読む。

こはくも ひすいも わたしも あなたのこと いつも 思い出していたんですよ

夕方、うちに帰ったら さっそく腕によりをかけて おいしいやきにくをつくるわね。

                 あなたとこどもたちの あきはより

村のみんなも探してくれてる。この雨の中、どうしているんだろう、3人は…。犬のシキとともに、自分も森へ向かう。

 

小屋への道は、何者かによって折れた大木でふさがれていた。大ケガ人のはずやのに、ライタがやってきて、ここは任せろと言う。ありがとう…。あと、子分まんざい、おもろいです。ちょっとなごみます。

ガケに、ものすごいツメあとがついている。ヨーネルによると、ここをドラゴがのぼったと。でもドラゴっておとなしいから、ツメあとを残すなんて普通ありえないらしい。

「もりと ひとと どうぶつと わしに なにか とてもよくないことが おきているような きがする…。」

シキが突然!ガケに何かあると言いたげにツメでひっかきはじめた。見上げると…痛々しいようなツメあとが上まで続いてて、てっぺんの木に、赤い、ぬのきれが……

 

ヨーネルに、役立たずと言われまくりのウエスじいさんが、ガケを登るなら息子が役に立つかもって。え、名前入力…「かわりものだが ナイスガイ」…?「ありひこ」にしよう。おおっ!迎えに行くシキがかっこいーぞ!寝てるありひこをそのまんまひきずってるし(笑)

え、ドロボーじゅつ!?いやっでも、かっこいい!ガケ登れるようになったし!ありがとー!!

雨があがった。ありひこを仲間にして、進む。ぬのきれは…あきはの服の色。あきは……。

 

すぐそこの洞窟にはアイテムしかなかったけど、地面の日本地図が気になった。

 

な…あ、あいつらだ!!ブタの仮面の!なにして……えっ…なんか、シカ?スイッチ入れて…わー襲ってきた!!「かいぞうカリブー」?

か、勝った…なんとか。やつらは逃げてった。落としたノートを読むと…え?動物と動物をくっつけて、わるく?つよく?なに…?あ!トビマウス、とか?(でもなにと、マウス?)っていうかあいつら、言葉は発しなかったけど文字はあやつるのね。

さらに奥へ行くと…なーんか、思い出すなあー。この銀色の乗り物。あ!飛んでった。

!!あの曲…お母さんが聴いた、あの曲や!!あいつらっ…

 

下へ降りると、ヨーネルが。え!子供達が、見つかった!?川を流されてきた!?桃太郎!?大物だな!!(←錯乱中)

でも、火の前で毛布にくるまっている2人を見たときは涙が出そうになった。よく…無事でいてくれた……。

 

子供達は、よほど恐ろしい目にあったのだろう。あんなにふるえて…。そこへ、大慌てでやってきたブロンソン。「いいしらせと それから わるいしらせがある」って…。いい知らせは、ドラゴのキバを見つけたこと。最高の武器になるって。悪い知らせは…発見した場所。……え?

…………え?え?

 

あまりといえばあまりの知らせ。ショックでひざをつき、こぶしで地面を殴るまきひさ。心配して近寄ったテッシーも乱暴に振り払い、燃えるたき火のたきぎを1本つかんで悔しさを爆発させるまきひさ。暴れる彼をやっと止めたのは、ライタだった…。

「そいつは…あんたの… あんたのかみさんの しんぞうに

つきささっていた…。」

命をかけて、子供達を守った。だから2人はここにいる。だけど…。

 

 

回想。一気に遠いものとなってしまった幸せな4人家族の姿。…山へ出かけるところだろうか。これが、最後の別れになるなんて、誰が考えただろう?

あきはは、遠いところへいってしまった。一人で。自分を、おいて…。

 

留置所で目覚めるまきひさ。ブロンソンが、優しくもきびしい言葉を残して去っていく。あのキバは預かっているから、忘れずに取りにこいと…。

こはくがやってきた。ひすいはずっとお墓の前で泣いてるらしい。お墓…本当に、あきはは、いないのだ。

りんごを置いて、駆け出していくこはく。自分はもっと強くなる……ドラゴを倒せるくらいに、と言って。

こはくも、深く、傷ついているんだ……

りんごを食べる。ムシャムシャ…ガリッ !!カギ、とかかな!?

「リンゴのなかには ヤスリがはいっていた!」

あぶねーよ!!さすがコハッキー!!(←違う人です)

まあ、出れたからいいけど…。つーか思いっきり脱獄なんだけど、これ。

 

外へ出たらありひこがいた。あきはの埋葬は無事にすんだって…。また力になれることがあれば、声をかけてって…ありがとう…。

子供達は、墓場にいるって…行こう。

「うれしいことも わすれるし かなしいことも きっとわすれられます。

にんげんには わすれるちからが そなわっている。」

レジーさん…ありがとう。

 

あのとき暴れたまきひさのことをあからさまに非難する人がいるのはびっくりしたけど、でも実際そうかもしれない。「ひどい目にあったからっていうのはわかるけど、だからって何をしても許されるってわけじゃない」っていうのは、ニュースとか見てるとうちだって日常的に思うことだ。当事者じゃないから、自分を失った人の気持ちに同情するときも、しないときもある。身近な人なら強く同情して、遠い人になるほど目線は冷静に…冷たくなる。それはあたり前のようで、実はものすごくおかしいことなのかもしれない。自分に関わるか関わらないかの線引き。

それとも、非難する人に反発心を覚えた私がおかしいのか?いい人ぶってるの?でも誰のためにだ。

 

お墓には、村のみんなが集まってくれていて… あきはの大好きだった、ひまわりがいっぱいで…

お墓の前に、ひすいと、あきはのお父さんアレック。突然のことに、お互い言葉にならない。

そして姿が見えないこはくは、…予想はしていたけど、1人でかたきうちに山へ向かったらしい!追わなくちゃ!

 

ブロンソンに、あきはをつらぬいたキバを、ライタにバンダナをもらう。そしてアレックの家へ。

…遠いよ!敵、強いし…(うちが下手なだけか、トホホ)。

しかもどんどんひどくなる、地面のツメあと。……。

Comment

MOTHER3日記 その1

2006-04-24 22:58:32 | MOTHER3日記

はっ……すみません

夢中でやってました、マザー3。

ていうか今これを書いてる瞬間も、先へ進みたくてしょうがないんです!!(誰に叫んでんだ)

だけど気になるからといってぐんぐん進むのは

お父様の意思に反すること…(←ローゼンメイデン風に)

 

だからちょっと書いてみますよ。

巷ではもうクリアしてる方もいるとか!?

サイトめぐりが怖くてできません。ネタバレこわいこわい…

 

とりあえず届いた記念に撮影!

後ろのノートはもちろん、プレイ日記用ノートです。書いてます。がしがしと。

ちなみにこの写真撮るとき、早くやりたいと気ばかりあせってなかなか上手く撮れませんでした。つーか↑あれも全く上手く撮れてませんが……。まあ、しょうがない!それだけ楽しみにしてたんだから!!

 

 

それではマザー3日記、開始です。

(未プレイの方は読まないように ご注意!)

 

*************************************

 

待ちに待った…本当に、待ってた時間は長かった。

一度は涙とともに捨てた 夢のゲーム。

MOTHER3。

ありがとう。かえってきてくれて。

 

 

電源、オン!

!?こ…こんな曲ではじまるのかマザー3!!すごく、意外。なんか、ものすごく、不穏というか…(でも2も最初の最初の曲はかなり不穏やったっけ?なにしろ「逆襲」やったしな)。タイトル文字もメタルっぽいから、怖いゲームなのかな、と心配になってしまう。でも、マザーやねんからそれはない!「ある意味こわい」っていうのはめっちゃ出るのがマザーやけど大丈夫!

SOUND PLAYERが気になるけど…… NEW GAME!!

 

名前つけ。私はどんなゲームも必ず一周目の主人公の名前は変えます。今回はそのことをすっかり忘れてて、あわてて電源入れる前に考えました。

ふたご…ふたごってなんか最近うちの中でブームだったなあ…なんでだっけ?

あ、そうや!あのふたごや!!…よし。

で、お父さん…は、あの人で。お母さん……んー、じゃあ、彼女で。

犬……いぬ…… あ。

というわけで決定です。

双子の弟:ひすい 双子の兄:こはく お父さん:まきひさ お母さん:あきは 犬:シキ

 

名づけて!「遠野家ルート」家族!!(オペラサンみんなにわかるゲームからつけてください)

おにいちゃんが元気!ってヒスコハやん?そこのお父さんって言ったら槙久さまやん?

お母さん迷ったけど、秋葉さまやん?ところで…我ながら、犬がシキってひでえな!!

 

はいっ。「月姫」に興味がある方は本屋さんで漫画買いましょうね~。それかツタヤでレンタルだ!決してオークションで月箱を落とそうとか思ってはいけません。元値2千円よ!?(だからもういいって)(ちなみにオペラサンは月箱がのどから手が出るほど欲しいです)

 

名前付け、みんながチョコチョコ動きまくってて、しかもめっちゃかわいい!!ふたごー!ふたごー!!あと、「OKすか?」がなつかしくて涙出そう。

すきなこんだて…「やきにく」。カッコイイと思うもの…「タイプムーン」(しつこいぞ)

 

Welcome to MOTHER3 world

その言葉とともに、なんかやけにロックな曲が流れる!!曲にさっきからびっくりしまくりだ。

ああでも、マザー!マザーぽい!!

 

ノーウェア島 タツマイリ村 テリの森を越えた先 あきはの父 アレックの家

 

ノックではじまった(号泣)。←早

兄ちゃんがたたいてた。早く起きろって…弟に。あ、パジャマで、目覚めた(泣)。

しかも頭ボサボサ(涙)←もーえーって。

ああ!極めつけにおかあさんに着替えを命じられた!!

2だよ~ 思い出すなあ。初めてやったときの感動…

 

小屋から出る……ああ、夜明けのテーマまであるのか。マザ2では、最初の朝になるときしか流れないファンファーレ?みたいなのがあって、そのあとに通常の町の曲になる(それ以降、ゲーム中では流れない…というか、夜明けのシーンがそこしかないのか)。そしてそのファンファーレは、1のメイン・フィールド曲なのです!うちはだいぶあと(1+2が出たとき)にこれを知ったんだけど、1からやってて、2でいきなりあの曲を聴いた感動ってどんなものだったのかなあ、と思う。

しかし、それ、わかった。

いきなりかーーーーーー!!曲が、曲が!!フィールドの曲が1のエイトメロディー!!もう、ここまでの(泣)とかって冗談とか雰囲気やけど、ここではほんとに泣いた!!いきなり泣かされた!!大好きよ!!マザーーー!!

 

この子、歩き方がふしぎやなあ…。子供っぽいと言えばそうなのかも?やはりフツーに動物としゃべれるんだねえ。

「モー

〔あらゆる ウシは なにを かんがえていても 『モー』だ。

おぼえておくと べんりだぞ〕」

意味わからんし(笑)。

あっ、ダッシュした!おもろいー。ところで、兄ちゃん、どこ?

 

あ、ダッシュって、ぶつかるまでは方向変えれるんや。テレポート思い出すなあ。なんかカエルがいた…え…

「ものがたりとは おもいでの つらなりです。

おもいでと おもいでが おもいだしあって

おもいでに なっていくのです。

おもいでを のこしておかなかれば わすれてしまうのです。

だから

カエルに それまでの おもいでを かたりかけてください…。

それを ひとは セーブといいます。」

セーブかよ!!まあかわいいから許す。

下に行ったら、アリがいて「ふんで しまいそうなので そちらには すすまないでください」

えー!?飛べよ!!(オペラサン大人げないです)

 

 

やっと兄ちゃん発見。え!?て、てき!?きょうりゅう!?1人で挑んでる…  ケンカごっこ??

ドラゴって…これか。いや、これとは失礼やね。いっしょにやろーぜって言われて、体当たりしようとしたら、さっき小屋の前にいたおじいちゃんがやってきた。

「ひすい!Bボタンというようなことを イメージしてみろ!」

え――――!?(笑)おもろい……

 

ええと、たいあたりは、さっき発見したダッシュをすればよいらしい。できた…。でもなんんか苦しげなんですけどドラゴ…。でも兄ちゃんは「つよく ぶつかるほど ドラゴは よろこぶんだ」えええ!?本当なの兄ちゃ……

え?なんか来た?オケラ?オケラって…あのオケラ?なんか、戦闘に。おお、戦闘システムはそう変わりはないぽい。大好きなドラム式HPゲージもそのままやし(ちなみに私、説明書全く読まずにはじめてます…)。

さくっと倒すと、オケラは去っていった。しかしドスッというかブチッという音がして、ママが現れた。え、さっきのオケラ、ママに激突したんかなと思ったら

「オケラふんじゃったけど だいじょうぶだったかしら…。」

こわいよママ…。

ごはんらしい。喜んで走っていくふたご。そのあとを行くママ。そして……?おじいさんが妙な動きをしている。

!こっち向い…

「みなさん…『セーブ』のやりかたです。」

え――――!?(笑)さっきからBボタンとかこの人は!!パパか!?(1と2の)←そういやパパ出演って初めてや…。

 

もう、今日帰るらしい。ん?お母さんが一人、外へ出て…てがみ?おとうさんへのてがみ?

ええ!?ハトでとばすの!?ああ、だから今日帰るとか書いてたのか…。

そこで音楽が、なんか変な風にゆがんで……い、いやな予感。

なに!?UFO?そんなような影が見えたから、ここであきはが連れ去られるのかと思ったけど(←ピーチ姫や、それ)そんなことはなく…。なんか、超、変な曲が聴こえて…行ってもーた。

そして、そこで、タイトルが出る。ファンファーレ。

壮大な物語の、はじまり……。

Comment

MOTHER3日記 第0日目(その2)

2006-04-21 21:19:29 | MOTHER3日記

タイトルからして矛盾してます。

時間指定ラストの8時~9時でも我が家には誰もいない可能性が高いので(8時半以降ならいると思うけど…それまでにこられたらまた不在…ってことになっちゃうし)、指定はできなかった昨日。

それでもあきらめきれない。私が、家に帰る前に、駅前の営業所に直接出向いて受け取るのはどうだろう!8時までなら、間に合うかもしれない!

 

無理でした。(という絵です)

 

あ、でも明日は母が家にいるそうなので今から時間指定の申し込みをしようと思います!ああ…かなり出遅れてるってかんじ。みんな、きっともうガンガンやってるんだー。感想とかも、書いてるんだー。今RSSリーダーでキーワード登録したら、もうめっちゃひっかかるんだろーなー。

いつもはネタバレなんて全然気にしないでよそさんをまわる私ですが、今回だけは!マザーだけは!!なるべくなにも知らないままはじめたい。「おとうさん」の意思でもあるし。そしてすごく色々感じながら、遊びたい。プレイ日記、書いてる場合じゃなくなったらすみません(えー こんな準備号で終わんのー

Comment