「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青き眼の乙女のこと・3

2013-10-30 23:32:44 | 自分の動画のこと
朝起きて台所の乙女人形を見ると、「…なんか、ちょっと反ってるような」って感じになってました。
そりゃ、明らかに頭重いしね…。マジパン嫁だって、撮影時以外は頭外しておかないと重さで曲がりまくってたし。
シュガーペーストはマジパンよりかは強度はあるけど…補強もしたけど…
仕事中は結構気になってました。
家帰ったら折れて後ろに転がってる可能性も考えてました。昨日一度組み立ててるし、時間さえかければやり直しはできる、けど…シュガーペーストは足りるかなあ…。

帰宅したらすぐ台所へ。よかった、折れてない!でも、朝より反ってる…ような…。
後ろ髪は昨日カットした時点では土台より上にあったはず…よね…。
重さで反るってことはまだ胴の部分は固まりきってないってことで…それなら戻す方向に力を入れれば直せるんだろうけど、髪の毛が…。こちらは1本1本がほぼ完全に固まってしまっているので、ちょっと触っただけで折れたり、外れたりしてしまう。

「反ってるのは気のせいかも…」とか現実逃避しながらご飯を食べてたりしたんですけど、
改めて…台所に置きっぱのデジカメ一眼レフのデータを見てみたら、ちっちゃい画面だけどはっきりわかりました…。昨日はまっすぐ座ってたって…。明らかに、めっちゃ反ってるって。
早くしないと後ろ向きに転げてしまう!!

でも、すぐできるわけもなく。慌てつつも黙々と作業しておりました。
アイシングで服の模様を描くために、粉砂糖と卵白を混ぜてアイシングを作り、少しずつ分けて色をつけて…オーブンペーパーで作ったコルネ(小さい絞り袋みたいなの)で絞ります。
焦っていたせいか、ここらへんの過程は全く写真を撮っていません…。ここだけは動画と同じで、前の写真の次はもうこれでした。

顔は水で溶いた食用色素で直接描きました。つまようじで。アイシングでは細かいところまで描けないと思ったので。
写真のように必死で手で手を支えないと震えちゃって描けなかった…。

首、どこいった。

服の模様は青眼がモチーフになっているために、どうしても省略できない部分だったんですが…でも描くと描かないではだいぶ印象が変わったので、やってよかった!試作の段階では服と同じシュガーペーストで作る、って案もあったんですが…いや、アイシングでやって正解だったな!うん。
ちなみに上の写真、手前側の長い前髪…実は、肩の辺りで折れてます。触ってる間に折れました。でも青のアイシングでくっつけました!アイシング便利!同じお砂糖だからあんま目立たないし!

乙女がひっくり返る前に森のステージ作り。
ご飯の間に「菓子の細工」の本を見て、考えてました。5人の妖精さんがケーキに飾られてて、そこには小さい動物がいたり、妖精さんがそれぞれお花とか持ってたりしてるんですよね…。
貼るの忘れてたけど、こういう本です。
菓子の細工―工芸菓子とデコレーションの技術 (柴田書店MOOK)
クリエーター情報なし
柴田書店

これ、いつ買ったんやっけ?親友のウェディングケーキやる前やっけ…?それともいつかの誕生祭に備えて…?
めっちゃ高かった…(すぐ金の話する!!)。
柴田書店の本はどうしてこんなに高いんだろう。しくしく。その分クオリティは高いけど…いっぱい買えないやん…。

…で、なんだっけ?あ、ステージね。
乙女がいつひっくり返るかわからないので、もうそんなに時間はかけられない。25日にもなってしまうし。
だから、「余ったパーツを使って」作ろうと思った。
まずはフルーツケーキの土台のカバーに使った緑のペーストの余りを全て薄く薄く伸ばして…
ちょっとでも華やかに!と思ってそれをガラスのケーキスタンドに乗せて、

つかこのスタンドって、確か去年の誕生祭のために買ったんだよな…。ようやるね…うち…。
高低差をつけるために、これまた余ってたマジパンを適当にまるめて、ペーストの下に入れました。これはその場の思いつきだったけど、なかなかいい感じだった!

白いペーストは余っていたので、黄色とかで着色することもできたんですけど…「青い鳥」ってちょうどいいやん!と思って、青の余ったペーストを使って、小鳥を。

この、小鳥がなかなか上手いことできなくて…「あれ!?鳥ってこういう時どんな風に作られてるっけ…」とか焦ってました。でもふと、手元のペーストを手でちぎった時に偶然!それっぽい形になって!!あれはホントにラッキーだった…。神様ありがとう!2匹目を同じ形にするのちょっと大変だったけど…でもよかった…。

「動物を作ろう」って思った時に、最初に浮かんだのはもちろん青眼でした。

たとえ4年ぶりであろうと、一度形にしたことある社長の嫁ですから、迷わず形にできましたね!
あの時だって事前にめっちゃ粘土こねて練習したんだしね…(ほんまにようやるわ…)。
5分クオリティ!でもこんなにかわいい!ハネのつまようじ透けちゃってるのは見ないで下さい!(……)

草とお花は本の、妖精さんのを見本に。

草を描いて、お花は点々で描くだけでそれっぽく見える、ってのには感動しました。勉強になるなあ!
でもつまようじで描けとはどこにも書いてないんですけどね…!だってー!もうコルネ作るの面倒で…!時間もないし!!
…今更ですが私、春香さんのクッキー動画でも、

しれっと竹串でやってますからね…!普通は!コルネで絞ります!!めんどくさがりすぎだろ!!

途中までは「やっぱりシュガークラフトのお人形なんて、初挑戦ではハードル高すぎる…」とかも思ってたんですが、もうなんかここまでできたら、「うちって結構もう、なんでもできるんじゃない…?」って気分になってました(めっちゃポジティブやな!)

だってこの人!この、手の人!!この手で、ろくに折り鶴もキレイに折れないんですよ!?(……)
ほんとに、ほんとに、ようやるわ……!たった一人、社長のために……!自分でも感心するわ!!
ほっぺたの赤みは、入れるとだいぶ印象が変わるってのは法子の時にも痛感したけど…まあ実際のお化粧でもチークで印象変わりますからね!私、チーク下手なんであんまやらないんですけど(……)。

最後に、曲のこと。
パソコンに入れてたCDの中からBGMを選ぼうと思って色々聴き比べて、「ANGEL」にしてみました。
映画「人のセックスを笑うな」オリジナルサウンドトラック
クリエーター情報なし
スザクミュージック

この曲大好きで、使えるもんなら春香さんの動画に使いたかったくらいなんですけど…声のイメージが違いすぎて…。
それに、この映画の曲では他に候補が……って、まだ影も形もない動画案の話をしてどうする!
映画はねー、特に、めっちゃ好き!ってほどでもなかったんですけどねー(おい…)、
いや、ああいう、こう…空気感を味わう?みたいな映画、眠くなっちゃうんですよ…(おい…おい…)。
あ、永作さんは怖いほどかわいかったです。どちらかというと蒼井優ちゃんの役の方に感情移入して「こういう人とライバルになりたくない」とか思いましたけど(そろそろ黙ろうか)。

某演奏会の影響でMOTHER熱が高まってて、最初は「Wisdom of the world」にしようかなとか思ってたんですけど…ちょっと壮大すぎるかなと…。
なのでオシャレで、サラリとした感じのあの曲を選びました。全体的にもサラッと進めていこうって、写真を削りまくって組んでいきました。
何度も繰り返される歌詞を、最後だけは書いてみようって思いついたのは結構後半でした。
「反り」を「空を見上げて社長を想ってる」ってことにしようって決めたのも写真撮る時だし、行き当たりばったり過ぎるんですけど…でも、結果的にはよかった!

手前の青眼が超かわいい。

毎年、社長のためにケーキを作ってきましたが…「社長のキャラケーキ」を作ってこなかったのは「社長に贈るものだから、社長の喜びそうなものを作ろう」というコンセプトがあるからです(よく考えてみると、春香さんのケーキはそういうことを考えて作っては…いないなあ。今気づいたけど)(ちなみに春香さんというのはアイドルマスターの…って説明遅っ!!)。
もし社長が「青き眼の乙女」のカードを手にしたら、絶対大事にして、絶対大活躍させてくれますよね…!
だから、今年はこれ。だけどこの彼女は、結果的に私の想いもそのまんま表現してくれてました。
…全然違う世界に立っていて、その世界を超えることはできない。天使のようには飛べないから。
だけど、ずっと大事に想ってる。    …みたいな?

…恥ずかしくなってきた(←超今更)。
でもほんとに、ずっと好きですね、社長って。これからもまだまだずっと好きでいるでしょうね。
自分がアニメを見返したり、原作を見返したりしてその想いを確認する…だけじゃなくて、
超かっこいいフィギュアが出たり、ストラクチャーデッキのCMで声を聴けたり、という現実の動きの度に、どれほど好きかを実感できるなんて…本当に幸せなことだと思います。
社長を愛している人が、…社長を忘れないでいてくれる人が、私以外にもたくさん、たくさんいるんだってことが、本当に…嬉しい。

来年も頑張ろう!ていうか、来年は遅刻しない…絶対!
…そろそろ何年温めてんだっていう紙芝居のネタをやりたい……でもあれ、リアルっぽい絵が描けないとできないし!うううう……。
Comments (2)

青き眼の乙女のこと・2

2013-10-28 23:42:49 | 自分の動画のこと
乙女人形ですが、実際にシュガーペーストで作る前にねんどで何度も試しに作ってました。色はつけないまま(そこまで行けなかった…)。
頭身のバランスとか、髪の毛はどうするのかとか、服をくっつける順番とか、何度もやり直しつつ考えてました。
途中からは真っ白のシュガーペーストに変えてやってました。もう、こね直ししすぎてカチカチです。最後の方とかもはや伸びなかった…。
そういうのを…大体1週間前からひたすらやってたけ?
普段から作り慣れてる人ならこんな準備しなくてもできるんだろうけど…私、10月しかやんないですからね…こういうの…(絵も描かないし…ある意味、すっごい「芸術の秋」を堪能してるな…)。

頭・胴体・手足は、最後の試作の時の大きさを紙に描いておいたので、それを参考につくりました。
ちなみに体部分が真っ白なのは、肌色をつくるのがめんどかったのではなく、参考にした妖精さんも体は真っ白で、服と髪にしか色がついてなかった、っていうのと…遊戯王本編でキサラさんが「我々とは違う白い肌・青い瞳…!(※この時の舞台は古代エジプトで、他の登場人物は皆褐色の肌だった)」って言われてたのでちょうどいいやと思ってそうしました。

上の写真は足を切断してるのではなく、膝のとこで曲げるためにスジを入れてるところです。

土台の上に組み立て。

写真には写してませんが、補強のためにもつまようじを中に入れて各パーツをくっつけています。
短く折った1本で足の左右をつなげて、さらに土台のケーキの方にも固定するように2本、深めに刺したりもしてます。首は、頭と胴をつなげたつまようじに少し生地を巻いてます。
…試作の時はこね直す度にこれらが手に刺さったりして大変でした(抜けよ)。

私、小・中学校ではずぅ~~っと美術の授業が苦手でして。
嫌い、ってわけじゃないんだけど…、どうしても上手いこといかないからだんだんムカついてくるんですよね(つまり根性がない…)。
で、これ作ってる時に一つ気づいた。そういや私、絵の具でも「欲しい色」を作るのが苦手だったんだなって。
二度と同じ色が作れなくて、海や空の色が途中から違っちゃってたりしてたよな…って。
だから美術、嫌いになったんだよなーって。
……黄色を入れすぎて、すごいレモンイエローになってしまったペーストをこねつつ、そんなことを思い出してました(……)。
食用色素は水に溶いて使うので、色をつけたらその分、粉砂糖で固さを戻さなきゃいけないんですよね。
なんとか固さは落ち着いたのですが、次に黒も結構入れなきゃなので…また足す粉砂糖も増えました…。
黄色と黒しか入れてないのにこんな…なんか、きちゃない色に仕上がるのはなんでやねんと頭をかかえつつ…
でも青き眼の乙女は実際、渋い色の衣装なので、まあいいかと。

できるかぎり薄く伸ばして、スカートっぽいフレアができるようにしました。
横からマジパンスティックで足に押し込んで、ちゃんとスカートに見えるように…。本当は実際に足に巻きつければよかったんだけど、土台に固定されまくりだったので無理でした。もう足も固まり始めてたから持ち上げられないし。

髪の毛。ほんっとに、大変でしたこれ…。

「シュガークラフトガン」という髪の毛を作る専用の道具があるらしくて…でも理屈はところてんと同じはずだ、って思って。
ザルに通してみたりして(それ、きんとん)(いやきんとんもザルでこしてるわけちゃうやろ…)たんですけど…、そうだ!モンブランの口金があるじゃん!と思い出して。
でもシュガーペーストはモンブランクリームの何倍も固いので…ほんと大変でした…。めっちゃ力いった。
手前の1つを絞り出すだけで10分くらいかかってますからね…。途中で置けないし(曲がるか、固まり始めてると折れる。手前のは最初に絞ったので途中で曲がってる)。
試作の段階では髪の毛も、服くらい薄く伸ばしたペーストに筋を入れてできないかなーと思ってたんですけど、どうしてもぺとーってして「おもしろい」感じになっちゃうなーって…。おもしろさは求めてないので!今回は!!

髪の毛は後ろから接着するとバランス良く仕上がる、って本に書いてあった。

接着には洋酒のコアントローを使ってます。髪の毛、細いからすぐ固まってきちゃうんだけど、それでもコアントローをちょっとだけ塗ってそこにぎゅっと押さえるようにすると、意外にも素直にくっついてくれました。

短く切った分で前髪を作り、縄模様みたいなのを入れた分を左右に1本ずつ入れて(三つ編みの表現のつもり…)、

余分な分ははさみでカットして終了。
…今、元の写真のデータを見て、自分でも若干引いちゃったんですが、
この写真の撮影時間、「10/24 3:04」とかなってました………。
ちなみに最初の、焼いておいたフルーツケーキを撮った写真は「10/23 20:31」。
…もちろんぶっ続けで作業してたわけじゃないけど…ものすごい集中力いるから休憩しつつやってたけど…
それにしたって……よ、ようやるわ……。

疲労で前向きにぶっ倒れそうになりつつも、簡単に片づけをして…
ラップだけふわっとかけて、就寝。
翌日に続きます…。
Comment

青き眼の乙女のこと・1

2013-10-27 00:38:10 | 自分の動画のこと
ほら、燃え尽き症候群になってないで!さっさと書く!!
記事を書き終わるまでが誕生祭でしょ!>自分


昨日は本当に大変でしたね。
23時47分、動画編集完了。そのまんまavi出力(うちのはそんないいパソコンじゃないので、動画出力する時は先に動画だけ何分割かにして出して、それを改めて音と合わせて、ってやるんだけど、そんな時間なかった)(大体それも意味あるんかわからんのやけど…)。
多分50分くらいに出力完了。時間を気にしつつ、でもミスがあったら意味ないので一度は通してチェック。動画は3分半あるのでこれで54分。
つんでれんこ起動さして、いつもは選ばない「かんたんモード」で即エンコード開始。エンコードしてる間に「あ、サムネ位置メモってなかった!!」って思い出してavi動画を再生して、あらかじめ考えてた場所の時間を確認。
23時57分エンコード完了。もう、これを確認してる時間はない。そのまま開いてたニコの投稿ページにファイル名入れて、クリック!
ここで数分待たされたりもするんだけど、運よく待ち人数は0だったし、いつもの動画よりかずっとサイズも軽かったから?すぐにタイトル入れたりするページに切り替わった。
メモからコピペでタイトル入れて…んがっ!?文字数オーバー!?「社長の誕生日なので、」をサクッと削って、説明文は最初の一行だけ大急ぎで書いて、そのまま投稿!自分のマイリスとか、コミュとか、タグとか何にも入れずに投稿!!
自分の「投稿動画」のページに切り替わって、「ただいま登録を行っています…」の表示が現れた時は、我が家の…目の前のでっかいデジタルの電波時計の時間は59分45秒を超えていました。でも、ここからもすぐ登録されるわけじゃないし、やっぱ無理だったかな~。って思いながら再読み込みしたらやはり、日付は26日で登録されてた。
でも!気持ち的には!セーフだから!!終わった瞬間はまだ25日だったから…!(めっちゃアウトです)

動画の解説なのに、しょっぱなから一段落使って言い訳とは!
こういう話を始めると「投稿後のカテゴリタグの登録はできないの!?」とかめちゃ焦ってググったりしてた、とか、どんどん続いてしまいそうなので、そろそろやめましょう…(ロックしたら自動で入りました。よかった…)。

さて、今回の「青き眼の乙女」ですが…選んだ理由は、これです。
遊戯王OCG ストラクチャーデッキ 青眼龍轟臨 CM

もう、本当に、初めて見た時はびっくりしたし、感動したよね…!その場で10回見直したよね…!
まさか、今、また「社長」の声が聴けるなんて。どれだけ嬉しかったか…!
だからテーマとしては迷いはありませんでした。6年目の誕生祭。今年は、このデッキの発売と、このCMの放映にちなんだものにしようってことはだいぶ前から決めていました。(去年のテーマは「祝・社長フィギュア発売」だったしね!)

で、このデッキの中で、お菓子で表現できて、一番わかりやすいものと言えば、それは「青き眼の乙女」しかいないだろうと!
ドラゴンはとっても難しいですからね……。

ってか、今気づいたけど!!この、デッキの方に入ってる青眼のカード!!
「青眼龍轟臨」のやつじゃないwwwwwwww うわあ……笑ってる場合ちゃうけども!!
これはあれだ、Vジャンの付録だったやつですよね!高橋和希神の描き下ろしの新しい青眼!
あの袋とじのままじゃなくしそうだったから、こっちのケースに入れてたんだ!!うわ、ホントに忘れてた…!
まあ多分誰も気づかないよね!あとふつくしいからいいや(えー)。

えー、気を取り直して……。
では、どんなお菓子で「青き眼の乙女」を作るか?
これは結構悩んでました。でも、ある時「菓子の細工」の本を眺めてて…シュガークラフトで作った「妖精」が目に留まったんですよね。
なんというか、はかなげなんだけど、しっかりかわいくて…ああ、こんなのできたら素敵だな、って思った。
シュガークラフトは去年のですごい大変ってわかってたし…こういうややリアルなタイプのお人形は、初挑戦でできるものじゃないだろう、とはすごく思ったんですけども…「やってみよう!」って。

↑去年の。バリバリにひび割れてしまったし、飾り付けで気が狂いそうになった(……)。

お菓子で「お人形」というと、普通は「マジパン」(アーモンドパウダーと砂糖、卵白などを混ぜたもの)を使います。
マジパン細工っていうのは製菓技術としてちゃんと確立されてて、お人形の作り方とかもその本で紹介されてたりするんですけど。
…うちはこれは、製菓学校行ってた時から思ってたんですけど…あんまり、かわいくないんだよねえ…。
「マジパン 人形」で画像検索すると一目瞭然。目とか…皆、同じ作り方をするから、これはずっとこういう「伝統」ってのもあるんでしょう。そういう同じやり方をベースに、個性を出すのが腕の見せ所!っていうのもあるんでしょう。
でもねえ。なんかねえ。もうちょっとかわいくてもいいんじゃないかって、思うんですよ!
…あれかなあ、うち、ちっちゃいフィギュアとかよく(画像とかで)見てるからそう思うだけなのかなあ…。

その伝統のマジパン細工のスタイルなら、うちが上手く作れるのかって言うと全然そうではないんですが(マジパンで青眼作ったこともあるけどまあそれは貼らなくてもいいか…)。
だけど、とりあえずそのタイプで「青き眼の乙女」を作るのは嫌だった。
じゃあどうしよう、って悩んでた時に見つけたその妖精さんは、かなり衝撃でしたね…。
でも「顔型」とかあるってことは、シュガークラフトではこういうお人形が普通、ってことなんだろうなあ…。あんまりシュガークラフトの本とか見てこなかったからなあ。
あれ?でもこっちはググっても、マジパン細工とあんま変わらないのしか出てこない…。この本の、紹介してる人の独特の技術なのかな?ううむ…。
まあでもその画像とかは貼りません!絶対「え、これが見本…!?」ってなるからね!!(……)

いいんだ。ちょっとしもぶくれになってるけど…うちはすっごいかわいいって思ってるから!

まあ順番に行きましょう。
シュガーケーキの土台は去年と同じだし、まあホントに「土台」なので、動画内ではかなり説明も簡単に済ませてしまいました。
せっかくなのでここで写真を貼ってみます。

フルーツケーキは6cmのセルクル4つで焼成。
直前に100均でセルクルを発見してラッキーでした(また百均か)。
上の膨れた部分は切り落とします。シャッターの直後に食べました(右のうちの手はそのまま口へ)(……)。

マジパンでカバーします。

去年「市販のマジパンペーストを買って使えばよかった」って思ったのに、また買うの忘れててここから手作り。
いいんだ。簡単っぽい作り方載ってたから…。そこまで手間じゃなかったし…。

シュガーペーストに水を加えて練っていきます。

水、1gでもだいぶ状態が変わるので、いい感じになるまで粉砂糖を足したり水を足したり…結構大変です。
(しかもこれから何回もこれをやる…)

この表面は、去年よりかはだいぶキレイに仕上がってたので、よかったです!

去年のはほんと、「これは青眼のウロコを表現しています」って嘘つこうかと思ったくらいめっちゃひび割れてたしね…(だから青眼はウロコないってば)。
成長!成長している!!

続きます。
Comments (2)

社長、お誕生日おめでとうございます!!

2013-10-26 00:33:03 | 自分の動画のこと
で、できた……(ガクッ)

「青き眼の乙女」をシュガークラフトで作ってみた。


10秒ほど間に合わず、日付が変わってしまいました…。6年目にして初めての遅刻!
…悔しい…。
けど、23時45分過ぎてもまだ動画の編集が終わってなかったのに(さすがに手が震えた…)、そこまでこぎつけたことがすごいと思いました。
あれだね、リツコさんのセリフを思い出しといてよかったね!(←エヴァの)
「1秒近くも余裕があるわ」ってやつね。
これのおかげで最後の1秒まで諦めないでおこうってがんばれたからね。
いやまあ、結局間に合わなかったんだけど…。
社長、申し訳ありません。

ああ……終わった……。
絶賛脱力中です。いや、長かったね…10月…。いやあっという間…?もうわからん。
誕生祭2つはきっついわあ…。

動画の解説もまた書いていきます。
写真、めちゃくちゃ削ったんでそれを載せたりしよう。そうしよう。うん。
Comment

法子のスイートマジックのこと・5

2013-10-19 23:54:35 | 自分の動画のこと
では、完全にオマケになってるドーナツの話。
あまりにオマケっぽくて、最後の最後に「タイトルこれでいいんかな…」って悩んでしまった…。でも去年との合わせもあるし、まさか「スイートマジック」だけにするわけにはいかないし。そのままいきました。

「スイートマジック」で動画を作る、って決めた時には、法子のどのドーナツを作るかはまだ未定でした。
でも「アイプロ」がテーマだし、まああれっきゃないよねってことで。

いやー……もうちょいキレイにできるかなって思ってたんですけどね!!(えー)
ていうか何より土台のピンクだよ!もうちょい美しくコーティングできると思ったのに…!今年は製菓用のいちごチョコを探して、見つけて、買ってきたというのに…!(去年のピンクはチョコペンを5,6本開いて使いました)(……)。
ていうか、溶かすとこから普通のチョコと様子が全然違ったんだよねえ…。かなり長い事湯せんにつけてみても全然、流れるほどにはならなくて…。クーベルチュールではあっても、味がついてるとああなるのかな?それともうちがなんかいらんことしたんやろうか。っていっても、ボウルにあけて溶かしただけ…。お湯も蒸気も絶対入れてないんだけどなあ??

まあ…今頃ブチブチ文句言ってないで、ドーナツの話をしましょう(チョコのせいにするとかひでえ…)。
ドーナツに穴が開いている理由って、ご存知ですか?
諸説ありますが、「その方が火の通りがずっといいから」という一番現実的で夢のない感じの説が多分有力です。
…私は今回、ますますその説が正しいのだろうという確信を強めました…!
だってハート型、めっちゃ揚げにくい!!!!

真ん中に穴が開いてないだけでこんなに揚げにくいなんて…!
揚げあがるまでにどうしても時間がかかるから、かなり油の温度には気を遣ってなあかんし、キレイにいけたかなと思ってても最終的に真ん中がボコッて割れたりするしね…。見ながら、これってパウンドケーキと同じなんやなーって思った。一番火が通りにくい部分が、火が通った部分に押し上げられて表面が割れるんだよね。そこが最後に火が通る部分なわけで、そこを見れば「できてるかできてないか」が判断できるんだけど…。
揚げあがりがわかりやすいのはいいけれど、今回は表面にチョコでコーティングをしなきゃいけないから、あんまりハデに割れてもらっては困る。せっかく型抜きしたハートの形が崩れるのも困るし(ちなみにこのサイズのハート型は持っていなかったために、買いました!これから使う機会があるのかどうか不安です!でかいハートのクッキーとか…今後焼くのか私ィ!?)。
めっちゃ慎重に揚げました。最後まで、一つずつしか揚げれなかった…めちゃ時間かかったよ……。

ピンクのチョコを表面につけて、チョコペンでラインを引いて…
これまたチョコペンの各色を使い、あらかじめOPPシートに絞り出しておいたパーツをピンセットでのせていきます。

見えますかね?後ろの方に、パーツを絞って固めたものがあります。
もちろん文字などは直接ドーナツに絞ってもいいのですが、失敗した時に修正が難しいし、イラストを見る限りちょっとぷくっとしてたし…立体的に見せるためにもこういうやり方にしてみました。
でも文字とかは細いので、壊したりしないようにつまんでのせるのは大変でした…。もー!こういう細かい作業苦手なんだってば!!終わった後目と頭がすごい痛かった……。
静止画だから見えてませんが、手、めっちゃ震えてます…。
私、もしビデオとか今後ゲットしても、絶対お菓子作る様子は動画で撮ったりしないんだ…。もし撮ってもめっちゃ早送りとかにするんだ(……)。
まあ、パーフェクトとは言い難いけど、「法子の持ってるドーナツです!」とは言えるくらいにはできたから、いいってことにしよう!
次はもうちょい作りやすい感じのをお願いします!…え、かき氷?


最後に背景の話。

この背景も元動画のトレスなのですが、実は終盤までトレスするかどうか迷ってました。
背景までは手が回らないかもしれないと思ってたので…、普通にかわいい感じの背景画像を使おうかな、とか思ってたんですが、……例えチェック模様とかにしても背景があっさりしてると、それだけ前面の法子の絵が際立ってしまう!!やっぱり私の絵は拙いし(毎年10月しかまともに描かないしね…)、ギリギリまでは修正し続けるとしても、荒まで際立つのは避けたい……。
というめっちゃ消極的な理由で、「やっぱり背景もトレスしよう。んで、ぱらっぱのとこ以外はずっと映し続けよう」ってことに決めました。
でもこれまためっちゃ大変だったんですけどね…!一番法子がでっかく表示されちゃうから気合入れなあかんのに、ポーズがわからん!服をどんな風に描いていいかわからん!…頭、抱えまくりでした。
で、左側はですね…最初は元動画の通りに、レース?みたいなのもトレスしようと思ってたんです。で、その後ろに見えてるお菓子とかを全部ドーナツにしちゃおうかなとか考えてた。でも…このあたりで、「背景の法子も『変身』させちゃおう!」とかまたいらんこと思いついてしまってて、その手間もプラスだし、スカートの部分が短くなるから…ええっと…このレースも右側まで描かなきゃいけないのか…?あと、また(しかも今度は自力で)ドーナツを描くのか…?とか考えてたらもう頭がパニックになりそうだったので、「もう背景は法子の関連グッズで埋める感じでいこう!」ってことにしました。

もう時間がなかったのでそのままカード絵をトレスすることに。なんちゅう雑な重ね方だ…!
でもこの判断は、正しかったです…。もう模写とかしてる場合じゃなかった…!確かこの時点でまだぱらっぱアニメは全く色もついてなかった!口の調整とかに四苦八苦してる段階でしたからね…!
でもまあ、今ではこの無理矢理感ある背景すらお気に入りです。なんか、今回出せなかった法子達の息吹も感じられるっていうかね…!(いつもながらおおげさ)
それにしても水鉄砲、浮いてるな~……。

いやあ、本当に、本当に、大変やったなあ…。

好きでなきゃ動画作るとかできない、と言いますが、ほんとそうだなと思いました。
血ィ吐きそうになりつつも(つか気持ち的にはもういっぱい吐いてた)(……)、何故か、同時にかわいい法子の事が愛しくてたまらなくなってました。
ドーナツも作ったし、動画も誕生祭に間に合ったし!
私もこれで、法子Pって胸張って言えるかな!……あっ、ガチャSR+がまだなんやったわ…。SRと肩書きとローディングでちょっと満足してたわ…。スタドリ…スタドリ…。

法子、ほんとにおめでとうね!大好きだよ!!

そしてここまで読んで下さった方、ありがとうございました!
Comment

法子のスイートマジックのこと・4

2013-10-18 23:54:22 | 自分の動画のこと
歌の…一番の部分はとんとん決まったんだけど、それで間奏のとこでドーナツ作るってのも決めてたんだけど…
間奏後がなかなかパチッと決まらなかった。
「意地っ張りでワガママ」って歌詞と、法子のイメージがかけ離れすぎてたから、かも。
メモに残してたアイプロでのセリフとか全部読み返して、すっごい考えた。

「完璧に作るもん 一人でも、でも、でも、でも!」って歌詞と、
元動画にあるボウルを持ったままハデに転んじゃうシーンからの連想で、「ドーナツ作りを一人で失敗してしまう法子(でもできる!って意地を張る)」ってことにしようと思った。いくらドーナツ作りが得意だと言っても、アイプロ本番では失敗もしてたしね。

(つーかこれ、めっちゃ普段のうちやん…。こないだもモンブランで絞り袋破れちゃってたし…)
クリーム絞ろうとして出ない、というコミュでのノーマルのセリフが「あああっ、大爆発!でも出たからいいかー!」なんですよね。(前向き!)
…どうでもいいけどあのコミュ、なぜかパフェが「Pに助けを求めてたのに、通りかかった中野有香ちゃんに助けを求めなおす」というもので、非常に納得がいかない…。いやいいけどさ。ちょっと寂しい…。
で、それと、直前はドーナツ揚げすぎて真っ黒にしちゃって涙目のとこ(これも普段のうちや…)。
この2カ所、元動画の、全く違うシーンをトレスしてます。表情とかだけ変えて。
うちがゼロから絵を描くのはとにかく時間がかかりすぎるってのもあるんだけど、1のとこで貼ったオンナスキーPのトレス講座で言ってはったのを思い出したんですよね。「目の前に最大のお手本があるんだから有効活用しましょう」って。これはホントは色の話で、もちろん色もお手本にしてたんですけど、ポーズとかせっかく色々あるんだし、ってことで!

ここはそのままなんですけどね。あ、でもボウルをドーナツに変えて、ハデに顔面からいっちゃってますがドーナツは死守してもらいました。
ちょっとだけ、春香さんをゲスト出演させたいとか思っちゃったのは内緒です(そんな余裕全くなかった…)。

2回目(3回目)のぱらっぱの後の、ラスサビ。

思い切ってここから割烹着。そして初心に戻って(?)、法子本人のオリジナルのポーズをしてもらいました(右手はちゃうけど)。
「苦味とか酸味とか」の歌詞の部分には、ドーナツを合わせるっきゃないだろうとは思っていたので、アップにしてつなぐのは自分でも「おお、いいやん!!」って思った!何かちょうど音?もいい感じのが鳴ってるし(ぎゅーん、みたいな)。その後にタワードーナツのとこのちっこい法子を再登場させれたし!そこでチョコ絞ってる法子が、トレスせずに描いた中では一番かわいく描けてる気がする…(体、ほとんどチョコペンで隠れてるんですけど…)。
前述の、「体本体じゃなく一部を動かすだけで動いてる感じ」を自分なりに応用してみて、髪とリボンを揺らしてみました。
ドーナツから戻ってきた後は動いてないけど、その代わりに表情が変わってます。アイプロならではの!表情差分で!一番かわいくてクラクラした法子の照れ顔を!再現してます!!(この動画のテーマは「アイプロ・フォーエバー」です)

「意地っ張りで ワガママな」

この後ろのリボンってどこを結んでるんでしょう……。私にもわかりませんこれ…。(その前に首とかすごいおかしいのかもだけどもうわかりません…)
法子はまだ13歳ってこともあるのか、全部のセリフを見返してみてもPに対してはひたすら無邪気で、素直で…。どうしても「意地っ張り」とか「ワガママ」なところは見つけられなかったんですよね。
で、色々考えてるうちに一つだけ思い出した。アイプロの後、ずっと小さくひっかかってること…。
「タワードーナツ」は、アイテム欄でも「法子が作った」ってはっきり書いてありますが、「タワーフレンチクルーラー」の方の気になる記述…。「Pのために実家から取りよせた」って…。
つまり、実家がドーナツ屋さんってこと?
でも、それなら何故、それを言わないんだろう。あれだけドーナツの話をしているのなら、どこかで話の端に出てきても全くおかしくないはず(大原みちるちゃんみたいに)。というか「言わない」のは変じゃないか…?「あえて黙ってる」ってことになるんだし…。
年齢の事もあるし、実家と絶縁状態とかは考えられないけれど…。
いや、そもそも実家がドーナツ屋さんとは限らないんですけどね!法子のママもドーナツ大好きで、タワードーナツは椎名家では家庭の味で、今回作って送ってもらったのかもしれないし!
でも、もしそうならって思うと…気になるんですよ…!心配なんですよ…!なんか、あったんじゃないのかなって…。
未所持のガチャSR+のセリフで、実家がドーナツ屋なんですとかサラリと言ってたらどうしようかと思って、ネタバレなのは覚悟の上でセリフを探してしまったんですが、なーにも言ってない。やっぱり考えすぎなのかなとか思ってたら誕生日メッセージの一つが意味深で!!
「○○Pは、あたしのポカーンと空いてたトコを埋めてくれた人なんだよね!」
ちょっと……法子ぉ……。
これじゃドーナツっぽくないかも、とかおどけてるけど…、な、なんだよう、何かあったのかよう……!

…今、ちょっと何の記事なのか完全に忘れてました。動画の解説でしたね。
「意地っ張り」のとこに割烹着の法子を合わせるのは、アイドルでない状態の彼女が一人で立っている、というイメージが先にあったんですけど…そういう複雑な事情は私の想像だけかもしれないし、何より突然すぎてこの動画の中ですごく浮く、って思ったので、ただ恥ずかしがってる感じでいてもらうことになりました。
じゃあなんで上の段落書いたんかって?法子が心配だからです!!(……)(動画は関係ないと……)
いや、でもほんと…気になりますよ…。法子…。なんでもないならそれでいいんだけどさ…。

一生懸命描いたのに一瞬でほとんど見えない変身途中。

うち、もうあの伝説の200話のいのうえ社長を笑えないわ…(←遊戯王DMの話)。
直前に水着なのは…元動画でもすごい軽装になってるからいいかなって!むしろちょうどよかった!
本当はステッキ?っぽく泡立て器を持っているんですが、水着の法子が振るっているのはかき氷です!(上のスクショでは見えないけど)
落ちるやろそれ!!っていうツッコミ待ちです!!(……)

「絶対に入れたい」と思ってた、ガチャSR+の衣装ですが…
どういう風にディフォルメしたらいいかわからず、すごい何度も描きなおしました…。肌出てる範囲が急に広くなるからなー…。
でもラストのとっておきのシーンだからって、頑張りました!最初よりだいぶ寸胴にされました、法子!(実際はくびれもあるほどスマートっていうイメージが強くありすぎたからか、最初はものすごいバランスがおかしかったんですけど…いや、今でも本当はおかしいのかもだけど…)

続く。って、いつまで書くねん!社長誕大丈夫なんか!?(ギクッ…)
でも後は背景のことと、ドーナツのことだけだから、次で終わるはず…!
Comment

見てた夏アニメの感想ざらっと

2013-10-17 23:42:31 | きょうのできごと
まだ法子誕生祭の解説が終わってませんが、……それこそ法子の動画のためにブログがずーっと書けなくて、でもまあちょっとずつ書き残しておこうってたまにちょこちょこ書いてた夏アニメの感想文を、今ここで上げてみます。もう秋のアニメ始まりまくりだしね…。
こうして見ると、夏アニメはよく見てたなー。春から続いてたやつもあるけども。
ちょっと多すぎて、「視聴に追われる」って感じまであったのは否めない。だから秋はシビアに、「絶対見逃せないって思ったアニメだけ見ようかな」と考えて事前の情報とか、気になるのは1話確認とかやってたんですけど、結果として「ラブライブの再放送を毎週見て都度DVDに移す」ってのだけになってしまった。アニマスはまあ、時間が合えばって感じ?(こないだDVDに移して全話ざらっと見て泣きまくってたとこだし)。
いいんだ…。うち、そもそもそんな新しいアニメたくさん見なくても…それが普通やし…。それで好きなアニメ見返せへんとかイヤやし!
「TARI TARI」とかゆっくり見返したいってずっと思ってるんだよね。
あと秋からは相棒もあるしね!
……相棒ね……うん……うっ…うう……(昨日の1話のショックからまだ全然抜け出せない…ほんとに…)。


全作品最終話までの話とか平気でしてるので、ネタバレ注意です!(終わってるけど!)



【銀の匙】
最初から熱心に見てたし、途中でちらっとその「熱心に見てる」ってことだけでもここに書きたいと思ったほどだったけど、これほど感想を言葉にしにくいアニメもないなーって…。そんなことやってるうちに最終回。…結局最後まで無理でしたね。
何か…、あらゆる面で、そうなんだよね。
豚丼のことはもちろん。生き物の、いのちを奪ってうちらは生きてるってこと…。
あと主人公の八軒くんの、そもそもこの学校に来た理由とかさ…。
毎回、見終わった後に「簡単に『おもしろかった』って言えないな」って思ってた。笑える、楽しいシーンも多いのにね。
あんなに特殊な環境なのに(そもそもああいうことを習う学校があるということを見るまであんまり意識したことすらなかった)、八軒くんが「普通」の視点を持って物語に臨んでるから、すごい…考えとか、行動とか、わかる気がして。だから苦しむシーンとかすごいしんどかったりもするんだけど…見るのやめようとは一度も思わなかった。
2クール目、あるんですね!また絶対見る!原作も読んでみたいなあ。
OPもEDも歌が素敵でまたそれもよかった。
…色々書いてますが、一番印象的だったのはピザの回かも。あれ、めっちゃおいしそうやった…。

【プリズマ☆イリヤ】
琥珀さん…じゃないや、マジカルルビーちゃん見たさに見てたんですが。
少々はっちゃけ過ぎで……(いやアレ琥珀さんじゃないんだからいいんだけどさ)
まあ凛ちゃんもかわいいからいいかなって見てたんですが、…うーん、途中で見るのやめようかなって思ったなあ。
そもそも苦手な系統であるのはわかってたけど…、それよりなにより、AパートとBパートの落差が激しすぎる回が何回かあって…それがきつかった。急にシリアスになるんだよね。いやシリアス展開自体はいいんだけど、さっきまでのあの能天気さはなんだったの?って思うんだよねえ…。
まあ、結局最後まで見ちゃったんだけど。これは次はもういいかな~。

【ローゼンメイデン】
原作は一通り読んでたはず(つか持ってたはず…)なんだけど、どうにもアニメ一期(一期っていうか…なんて言ったらいいんだろう。前のん)の印象が強くて。あれ、すっごい好きだったんですよねえ。今思うと。
前のアニメとは違った「原作」の流れを汲んでる今期のアニメ。でもその流れをなかなか思い出せないし、前半は何が起こってるのか、何が起こるのか全然わからなくてイマイチ乗れなかったんだけど、
……いや。ちゃうな。大好きな「翠星石」が出てこないので乗れへんかっただけやな(……)。
何話だっけ?もう、かなり終盤、「スイドリーム」(翠星石の人工精霊)の光が見えた瞬間に嬉しくて泣いたもんな…。
ようやく出てきたよ翠ちゃん!って思ったら割とすぐに蒼星石のために自分の命を投げ出してて、まためちゃくちゃ泣きましたよ…。勘弁してくれよホント…。
キレイに終わったな~と思ってたけど、今度はまいたジュンがピンチ!ってことで、まだ続きそうですね。多分次も見ます。

【げんしけん 二代目】
げんしけんも、前のアニメも好きだったし、原作も今でもたま~に見返したりするんだけど。二代目は全然触れたことがなくて。「斑目とか既存メンバーも出るらしい」ってそういう超ざっくりしたことしか知らずに気になったまま、アニメ化を迎えてしまったんですが。
最初はかなり…波戸くんの存在に戸惑ってしまった。男の娘ってことはともかく、「腐男子」というものがどういうものかわからなくて。…ていうかうちよりも、一緒に見てた弟の方がそれは顕著でしたね。でもある時にうちがふと思いついて、「波戸くんの嗜好ってつまり、あの『俺妹』の主人公の性別逆バージョンってことよな。そう考えるとちょっと理解できる気がしーひん?」って言ったら、なんかしっくりきたみたいです。…いや、うちはあの女の子のことも詳しくは知らないんですけどね。
初代メンバーの声優さんが変わってることは最初は正直残念だったんですが(特に一番好きな斑目)、すぐ慣れちゃいましたね、それは。
波戸くんのことを少しずつ理解していき、前のメンバーが登場するたびに喜んだりしながら比較的平和に見てたんですけど、…たまにサクッと刺してくるなあとは思ってて、一度見たら「んじゃ、もういいよね?」って即消す感じでしたね。録画容量のためというのが大きいので嫌いとか気に食わないとかじゃないんですけど、見返すことはほぼ、なかったなー…。
一番ヒィィィとなったのは、9話のラストですね。波戸くんの女装時そっくりの人が振り向いた瞬間、もう腕じゅう鳥肌がざざーって立った!何何何どういうこと何これ!ていうかこの人のクマ怖ェ!!みたいな。
そいでその次の10話もその流れでヒイイとなりつつも、まあおさまるとこおさまってヨカッタ…っておもってたらまたラストでまさかの咲ちゃん!!ギャーって思ったら咲ちゃんはその場で何かノリのいい反応してたから、9話と同じ感じにはならんかったのがさすがやと思いました。
で、その次だね。11話。「いい最終回だった」ね。
いやあ……驚いた……。あれ、何巻だっけ?斑目は卒業してからさ、一度咲ちゃんに告ろうとする機会があるんだよね。でも自分でやめてさ、「(ああ、いらんこと言わんでよかった…)」って考えててさ、それで、終わりだと思ってたから……。そのまま、やっぱり想いは秘めたまま、大事にしていくのかと思ってたから…。で、うちはあの話すごい好きだったから…。
まさか、決着をつけるなんて想像もしてなかった。
あの、周りがもう無理矢理そういう状況へ持ってく(しかもフラれるって確信した上で)、っていうのはとても「らしい」けど…。
………うん、とりあえず、驚いたわあ……。咲ちゃん、絶対気づいてないと思ってた……。
よく考えたらそんなわけないんだよね。あんだけ人と関わるのが、人を見るのが上手な人が、わかんないわけは、ないんだよね…。分かった上で、ずっと、ずーっと、気づかないフリをしてたのか。あのシーン↑でも……。
とにかくそれが衝撃すぎて、正直斑目がどんな風に告ったのかよく覚えてないです(おい)。いいシーンではあった。でも見返す勇気はなかった…。見終わった時、弟と共にめちゃHP削られた感じで脱力してました…。
高坂くんのセリフが何気に刺さったな。もう少しどうにかなってほしかったって。
あのまま、想いを秘めて、抱えたまま生きていくのは「良くない」って、斑目本人以外は全員がそう思ってたんだな…。
本人だってフラれて、ようやく卒業できたって言ってたし……って、うちずっと同じ話してないかこれ。今期のアニメの総括の話じゃないのかこの記事。
まとめ。重たいとこも、刺さるとこもあったけど、今思えばそれでこそ「げんしけん」って感じだった。
うん、おもしろかったです。二代目のあたりも原作読んでみたいなあ。
あ、OPもEDも好きでした。歌も好きだけど、あのOPのサビで青空の下、くるくる回る波戸くんが、アップになった時すごい顔するとこが一番好きでした(よだれ…)。「は、はじけてんなあ~」って感じで。

【進撃の巨人】
前半は見てたけど、2クール目は見てない話もあるかなー。
最初は絶対見れないと思ってたんですよ。怖くて(実際1話はめちゃキツかった)。でも、なんとなく…怖がらせるための怖さじゃないんだなって感じて…、弟が見てる時は一緒に見てました。一人では絶対再生しないけど。
うーん、これも感想書きにくいなあ。動きがすごかった!とか…くらいしか…。
ああ、キャラが魅力的で、それに惹かれて見てたってとこはあるかも。ミカサ好きです(怖いけど)。アルミン好きです。サシャ好きです。兵長めっちゃ好きです。あとハンジさんも好きです。
巨人と戦ってるだけかと思いきや、色んな事が起こるので(←当たり前)、2話くらい見逃すと全然展開がわかんなかったりして驚きです。女型の巨人とか気がついたら出てたしね。経緯とか気になるんだけど、怖くて一人じゃ見れない…。
ちなみに最終回あたりはちゃんと見ました。ミカサと兵長がかっこよかったです。まだ続くんだよね?俺たちの戦いは終わらない!なんだよね?

【とある科学の超電磁砲S】
2クール楽しませていただきました!
いやあ…「妹達」の話ってことで、楽しみにはしてたけども!ほんとよかったな…!
Wikipediaとかでその存在を知ってから「なんかうち、そういう子めっちゃ好きになりそう…」って予感はしてたんですが、あのねー!実際出てきたらねー!予想を遥かに上回るかわいさで!!もうどうしようってなっちゃったね!!
………だからこそ、最初に出てきた「妹」の、「最期」が、本当にショックで、ショックで。
初見の時は泣くとかはなかったんだけど、…その日、夜中にそれ見た後、結局朝まで眠れなかったんだよね。その時はなんでかあんまり深く考えたりしてなかったんだけど、「ああ、あのシーンがショックすぎたんだ」って。それ弟に言ったら鼻で笑われたけど…(確かに、我ながら「そんな繊細キャラちゃうやろ!?」って感じはある)。
だって、本当にかわいかったんだよ……。本当に…。表情変わんないけど、楽しそうだなって思ったんだよ…ううっ…。
で、そこからね、結構悲惨な展開で…。「妹達」は次々倒れてくし、美琴はどんどん追いつめられていくし…。美琴の一人でやらなきゃ、って決意が悲壮で痛々しくて(実際負傷もしてたし)、うちの大好きな黒子も、「お姉様」の気持ちを最優先にしようって想いから、自分自身の心配な気持ちまで抑えて抑えてってやってて…。もう、どっち見ても辛くて辛くて…。
1クール目は、最後の最後ギリギリまで辛い感じが続いてて、見るのしんどかったけど…最終的に美琴も妹達も救われたので本当によかったです。ありがとう上条さん。すっかり主人公でしたね…。
あー、そうそう、うちはレールガンしか見たことなくて「美琴ってかわいいけどキャラ的に主人公としてはちょっと不思議な感じするな」って思ってたんですが、上条さん(初見)が出てきてその隣にいる美琴さんを見てると、「ああこれならしっくり来る」って感じがしました。そう、「ヒロイン」なんだよねえ…。本編全然知らんけど、元々この子はこの立ち位置が正しいんだよね。…いや、超電磁砲っていうスピンオフ作品を全否定したいわけじゃ決してないんですけど。
そんで2クール目。始まってすぐに「妹達のその後」がサラッと語られたことで「ああもう出ないのか…。まああれで十分っちゃ十分か」って内心残念に思ってたんですけど、終盤に出てくれて超うれしかったです!!!!しかもめちゃオイシイよアンタ達…!もう!大好き!!
2クール目の話はアニメオリジナルだそうですね。GJだわ…!布束さんのその後はめちゃ気になってたんで、姿だけが出た時は「何やっとんじゃー!!」って驚いたけど、…いやあ、よかった。ほんとよかった。妹達には何もできなかった(と本人は思っている)彼女の想いが、あの「サイレントパーティー編」で報われたことが、本当に嬉しい…。
布束さんの「一人でやらなきゃ」「刺し違えてでも」みたいな追いつめられた想いを、理解して、「それは間違ってる」ってほどく美琴の姿がとてもよかったなあ。胃をキリキリさせながら見てた1クールの全てが昇華する感じで。
最終回の全員集合っぷりも、見ててすごい爽快でよかった。特に黒子めちゃかっこいいし。よかったねえ…って泣きながら見守ってたわ、うん。ラストのラストに明かされる、リモコンの人(名前読めないし覚えられない)の活躍にはめちゃ驚いたなあ!初回で印象最悪だったのに、最終回で株上げ!すげえ!!
そういやうちの弟はすごく婚后さんが好きみたいで、口上とか巻き戻ししたりして喜んで聴いてました。うーん…、普段からうちほど好きキャラに騒いだりしないから、弟の趣味がよくわからない…(いやこれ婚后さんをバカにしてるとかじゃないんですが。かわいいですよね確かに。口上を全部きっちり言えて恥ずかしそうにしてたとこが一番好き)。
立ち位置的にどうしても「かませ」っぽくなってしまいがちなので、2クール目でえらい登場シーンが多い事に喜びつつも「大丈夫か!?大怪我とかするフラグじゃないのか!?」って最後までうちら姉弟に心配されてましたが、杞憂でよかったです!

【ダンガンロンパ】
今期、最も「楽しんで見てた」のはこれかもしれない。自分でも意外だけど。
でもそれって、最終回まで幸運にも全くネタバレにブチ当たることなくいれたこともすごく大きいと思うので、ほんと、まだ見てない方はこれ読まないほうがいいです!今後、なんかの機会にゲームすることになるとか!アニメ2期があるとか!ほら、ありえますので!!
…「推理するゲーム」をアニメにするなんて難しすぎるやん??と、期待しつつもめっちゃ心配はしていて。
でも主人公緒方さんだし…なんかドラえもんの人も出るみたいやし…見てました。殺し合い、とか怖そうだけど、見てました。緒方さんだし(二回目)(緒方恵美さんは「蔵馬」と「天王はるか」役で私の人生を大きく変えた方。こっち側に引きこんでくれた方)。
明るくてかわいい、アイドルなヒロインを見て「こういう子はダークサイドに寄った時に特にやばそうよな…」と弟と言い合ってたら、いきなり殺されちゃってて驚きましたね…。ほんと…。
で、その最初の事件の「捜査」の時間がめちゃ短くて、「ああ、アニメでは推理するのはほとんど省略する感じでいくのかな?」って思いました。まあそりゃそうだよね、って思ってたんだけど。二つ目の事件では意外とヒントがいっぱい提示されて、こっちも考えることができた。弟も、学級裁判の場で犯人が口を滑らしてバレる、という展開の時に「これは推理するアニメじゃないってわかった」とか若干呆れた感じのコメントをしてたのに(まあ「論破」しなあかんしね…)、その後も新しい話が放映される度に何回も録画分を再生してああでもないこうでもないってうちと推理してたので、結局楽しんでたんだと思います。
ていうか、ジェノサイダー翔が好きすぎてですね!私が!いや、ほんとに別に記事書きたいくらい!
最初出てきた時は「ああ、だから沢城さんだったのか」って……いやそうじゃなくて、「殺人鬼」って、どうすんのこの後!?ってすごい思ってました。だって殺し合いする高校生達の中に殺人鬼が混じってるとか、有利すぎるっつーか疑われる確率高すぎるっつーか…。なにかバランス的にすごい悪い影響がありそうな気がしてたん、だけど!!
まさかの癒しキャラ化でしたね……。もう、なにあの子!!カワイイ!!
あのすごい状況下やからこそそう思うのかもだけど、アクションやセリフにどれだけ癒されてたことか!アニメを見ながらジェノちゃんのポーズを真似るのがうちの中で流行ってました(……)。いや、かわいいんだってば!白夜がしゃべってる時とか、無言でもポーズはすっごいかわいくなってたりするんだってば!あとほら、なんだっけ、ジャスティスロボ?あのあたりの話でロッカー開ける瞬間、皆が「ヒイイ!!」って顔してるのに、一人だけエレベーターガールみたいな笑顔で手を出してたりw何やってんのwww ああ~ジェノちゃんの好きなシーン全部書き出して覚えておきたい!!
…ねえ。うちは一途な子が好きなんですよね…(えー)。
ヤンデレはちょっと、特に最近は惹かれたりしないけど、ジェノちゃんはヤンデレちゃうしな。意外と家庭的な殺人鬼って言ってたし!

…あ、そうそう、これだけは書いておこう。
このアニメ、最初はそんなに夢中になると思わなかったし、1話はキャラ紹介の部分が多かったし、ってことで早い段階で録画分を消しちゃってたんですよね…(すごい後悔中。ちなみに2話からは全部残してます)。
で、何話か進んだ頃に、弟が試しにアイフォン?でゲームの体験版をやってみた、という話をしてて。どんなんか聞いてる時に冗談ぽく「舞園さんはエスパーやと思った」とか言ってて。それ聞くまで、すっかり忘れてたんですよね。1話では確かに何回か聞いた舞園さんの口ぐせを。
だから、3話のラストの苗木くんのセリフの意味がその時初めてわかった(エスパーなのかと思ってた…すいません…。「幸運」ってちょっと嘘くさいから、本当はエスパーなのかと…。でも推理するゲームの主人公にしてはチートすぎないかとは思ってた)。
あれは、…舞園さんを悼むセリフだったのね。
あのものすごい特殊な状況の中で、それでも、少しの時間でも、亡くなった女の子の事を思い出して言ったセリフだったのね。
…それに気づいた瞬間に、このアニメはちょっとうちの中で特別になりました。ありがとう、苗木くん。
Comment

ゲーム音楽の演奏会・3

2013-10-16 23:58:16 | きょうのできごと
二部終了で、15分休憩!今度の休憩時間は団員さんとの「すれ違い通信」を楽しめる人気の企画が……
ってまただよ!!休憩しなくて大丈夫なんかホント…!皆さんタフでいらっしゃいます…!
ちなみに私は3DS持ってないので参加できなかったのですが、小さなお子さんとかが楽しげに参加してるのを見てるとこれまた幸せな気持ちになれました。アドバンスでもできたらいいのにな~(いまどき…アドバンス…)

そして三部です。メインです!マザ2です!
曲が始まる前に再び団長さんのご挨拶。
「最初の時、名乗るの忘れてました。」あっ!気づきはった!!www そう、うちのメモにも失礼ながら残ってます…「誰…?w」ってwww(ホントに失礼だ!!)いや去年も挨拶してはったから、多分団長さんだろうとは思ってたけど!
緊張してらしたそうです…。

祝電の紹介とかがあって、団長さんもご自分の、トランペットの席に戻られて。
…チューニングの瞬間って、客席にいてても未だに「さあ始まるぞ」って感じで緊張しちゃいます…。
メモ用紙も新しいのにして(だからチラシだっつの!失礼の上塗り!!)、さあ、全曲名前書いちゃうよ!って気合を入れる私。…でもそこでふと考える。出だしは一体何の曲だろうと。サントラだとあの「UFO襲来」みたいなのから始まるけど、さすがにあれは…つーかあれ曲じゃないし…
指揮者さんが構える。
…でも、あれっ?誰も楽器を構えてない??
ソロでスタートの場合はもちろん舞台上の一人しか構えないので、必死に視線を動かして、構えてる人を探しました。でも見つけられない…。けんばんの人でもないっぽい(パーカスは構えてもわかりにくい楽器が結構あるので…)。あれ?あれ?と思ってたら、

「まーーざーーつーー……」

!?

まさかの開幕CMソングwwwwwwww
しかも、当たり前ですがノリノリで歌うとかじゃないので、皆が綺麗な…演奏会用の服で、楽器を持ったまま、通常通りの視線(for指揮者さん)のまま、座って歌ってるわけなので…すごく見た目がシュールwwww
あのCM懐かしいですよね…。でもなんであんなCMだったんだろうwすごいインパクトではあったけどw

気を取り直して(※私が)、曲スタート!
最初は、おお、「MOTHER2」のタイトルが出るとこの曲ですね!そのままオープニングデモ!
あああ…!MOTHER2だ!!デモ映像が目に浮かぶ…!!
そして「夜明け」からの「オネットのテーマ」!ゲーム中一度しか聴けない夜明けの瞬間に流れる曲は、前作「MOTHER」のフィールド曲のメロディーだって、知った時はめっちゃびっくりしましたね!ああ、聴けてうれしい…!
さいしょのまちだからONETTO、のオネットのくちばし岬には、トランペットの練習をしている人がいてですね、話しかけると楽しそうに吹いてくれるんですよね。オネットのテーマにはトランペットの印象的なフレーズがあって、うちはその岬の人が吹いてるイメージがずっとあったんですよね。
まさか、本物のトランペットのソロで聴ける日が来るとは思わなかったなあぁ……!

次は「ツーソンのテーマ」!2ばんめのまちだからTWOSON!そしてお店の曲があって…次が自転車の曲!しかもベル鳴ってる!どこ!?誰!?(めっちゃ探したけどわかんなかった…まあ小さいものだろうし、ってほんまにチャリのベルやったんかな!?)
ホテルの曲、カスタネットがすごい楽しそうだった…!続いて、ホテルに泊まった時に流れる「朝」の曲も!あれ、すごい幸せな気持ちになれるんだよねえ…!うちはゲームでもめっちゃケチで(……)、ツーソンあたり進んでる時もまだ回復のために家まで歩いて帰ったりしてた気がするけど、ホテルにお金払って泊まるの、できる限り少なくしてたけど…泊まって、朝起きてあの曲聴きつつ「しんぶんよみあげサービス」受けてると、ああ、お金払ってよかったって気持ちになるんだよねえ…(えー)。
次がトンズラブラザーズの…確か、劇場で聴けるやつ!うんうん、ここまではさすがに、わかんない曲なんてないね!

でも次の曲は…わからんかった!いや、戦闘曲、ってことはわかるんだけど、誰のだっけ??って…。「陽気なおにいさん」?いや…うーん…。
その次はどせいさんの曲。サターンバレーの曲!アゴゴ!かわいすぎた!なんかでも、自分でやるとあの不思議な調子につられて外しそう…w
そして……一瞬、なんだっけなんだっけってなったけど、バスだーーーーー!!バスの曲!!めっちゃ渋くてかっこいくて、自由に乗れるようになったら何度も無意味に乗って曲を聴いてた、バス!!(後半はテレポートあるのにね…)この曲も低音がすごかった…!

…うん、そうやねえ、バスのとこで勢いが急についたような感じがして、「MOTHER2は演奏の難易度が高い」ってパンフとかに書いてあったのを思い出した。ああ…って、わかる気がした。
なんていうか、マザ2の曲って、ゲーム音楽としてかなり異質なんやねえ…。うちは初めてやったRPGがマザ2やったから、曲はもちろん、武器がバットとかであることも何にも違和感なかったけど…、街の曲も、なぜかバトルも、妙に軽快な音楽が揃ってるのね。しかもその軽快さにもいろんな種類があって……確かにこれは、演奏はしにくいだろうなあって…痛感した。勢いで押せないっていうか。
「妖星乱舞」は…うーん、ちょっと特殊な曲だから……そうそう、「ゴルペーザ四天王」とかね。大人数でやってカッコイイ曲は、比較的やりやすいだろうなあって思った。「勢いで押す」って言葉は悪いかもだけど、その迫力ってのは聴いてる人には一番伝わりやすいものだし…インパクトもあるし、速かったりする曲ならなおさら「すげえええええええ!かっけえええええええ!」ってなるよねえ。…その全てが、マザ2の曲では通用しないってのは、しんどいやろなあ、とは思いました。「だからアラが目立ってた」とかそういうことを言いたいんじゃないですが(私の耳はそれほどいい耳じゃないので、そういう良し悪しの判断はできない…)。

メドレーは続いております。次は「平和スリークのテーマ」ですね。いい曲だよねえ…。スリークってゾンビ徘徊してる間は恐ろしすぎて郊外とか本気で行けなかったから、平和になってからえっらい歩き回った気がするな…。
鈴の音!!ということは…キター!「ウィンターズ」!!この曲も大好き!!
そして「フォーサイド」!街の曲どれも素晴らしいよなあ…!ここ、曲まで何か都会的だし!(でもこの街色々ありすぎてあと一歩でトラウマ…。停電デパート…ムーンサイド……うっ…)
うちは、ゲーム音楽の何が好きかっていうと、「それを聞けばゲームのシーンが思い出せる」ってとこなんですよね!(たとえトラウマでもな!!)だからメドレーとしてこんなにたくさん次々と、しかも生の!演奏を!聴きながら、大好きなゲームの思い出に浸れるっていうのは本当に幸せな時間でした…!(そう考えると「FFももっとやっときたかった」とか思うんだけど…もう時間が…)
ところでフォーサイドの曲名の横に、こんな走り書きメモが。「おお、なんだっけ、与作の…」
♪与作が木~を切る~ ヘイヘイホー(ガーッ) の、ガーッって鳴ってる楽器が鳴ってたんですよね!……「ビブラスラップ」な!!本当に元パーカッショニストか!?楽器名忘れすぎ!!

続いて戦闘曲が2曲。もう戦闘の曲は曲名とか当てるの諦めました。足でダンダン!ってやるのがかっこいかった!
そして次が……「え、もう?」って思ってしまったけど、ここまででももうかなり長い事メドレー繋がってますからね…!
「ギーグ」戦の曲でした。
初めてギーグと対峙した時もこの曲にはめちゃ驚きました。当時のうちはマザ2の曲を「異質」だとまでは思わなかったけど、漠然と「ゲームっぽくない曲だな」とは思っていたので、唐突に「ゲームっぽい」ピコピコしたサウンドが流れ始めて本当にびっくりしたものでした。
…今、その、「ピコピコしてた部分」を吹いているのは、木管の方々のみ…。パーカスも動いてるのはドラムのみ。
これは、…来る!「あの部分」で、今休憩中の金管も、低音も、他の打楽器さんも、一気に入ってくる!!
…十分すぎるほどに心の準備はしていたのですが、実際にそのポイントに来たら、もうその音圧に圧倒されてホントにのけぞりそうでした!!(全然関係ないけど、あのホールの椅子めっちゃ座り心地よかったです)(ホントに関係ない!!)
か、かっこえええええ……!そして、怖えええええええ……!!ギーグ、怖ええええええ……!!!!

……なんと次の曲がわからなくて自分でも「やべっ」て思いました!
「いのちのひかり」……あのシーンの曲、ですね!わかる、もうわかるから、大丈夫!!

そしてエンディング曲。「グッドフレンズ/バッドフレンズ」です!
大好きな曲です!キャストロールが目に浮かびます…!しかも、フル!!(多分)わああああい……!!
あーいいメドレーだった!でも、でも何か足りないような……とまためっちゃ拍手しながら思ってたんですが、アンコールとして始まったのが「スマイルズ アンド ティアーズ」で…。始まった瞬間、ああそうそうこれこれ!って思うと同時に、もう泣いてました。早いよ!でも泣くだろうこれは…!!
マザ2大好きだった…いや、大好きだ!!
心からそう思えて、本当にうれしかった。

頭の中に、あのサントラにあった「歌詞」が浮かんでて、
ふと、あれはどうするのかな、と思った。

"I miss you."

声。
…鳥肌ぶわーってなって、泣いた。
出だしの「まーざーつー」ではめちゃ笑かされて、最後に"I miss you."で泣かされる。
もう、編曲者の方の手の平で踊らされまくりですね…!!バッチコイ!こういうのだったらどんどん踊っちゃうよ!!

それにしても、世界を危機から救ったゲームのエンディングの曲が"I miss you."で終わるなんて。…今まであんま考えたことなかったけど、なんかじっくり考えてみたいことのような気がする…。またいっそうマザ2を好きになれるような気がする…!
あああ、めっちゃやりたくなってきたあ~!アドバンスー!アドバンスどこー!?

曲が終わり、団長さんが前に出てきて最後の挨拶。
次の演奏会の場所は未定だそうだけど…次回メインはパンフの裏表紙にヒントが!(どんだけ情報詰まってるんだよこのパンフ!)(好きなセリフ集はニヤニヤしちゃいました!あといちごとうふの作り方とか載ってて衝撃でした…)
電車で始まるゲーム…!?電車でGO!か!?(違います)

そして、次が本当に最後の曲です。
ATBステージで聴けなかった方メドレー、っていう冗談を一瞬真に受け、「おお千年祭…!!」って色めき立っちゃいましたが(引きずりすぎ)(まだ引きずってますよ!!)(……)、そんなことしたらまさに演奏者の皆さんは死んじゃいますよね!
だから、「エンディング」の曲で、選ばれなかった方をここで演奏。FF8の「Melodies of Life」!
これも、すごいいいアイデアやと思った…!

でも……でも……こんな綺麗ですごそうな曲を最後の最後にって、めっちゃしんどいんちゃうんーーー!?
(高校とかの吹奏楽部のアンコール二曲目はいつも勢いでつっぱしれる系と決まっていた…。スパニッシュとか…)
本ッ当に、皆様、お疲れ様でした!!
拍手、なかなか鳴りやみませんでしたね…!当然だよ!!すごい、楽しかったもの……!!

本当に、行ってよかったです…!ちょっとだけ遠かったけど…!
来年も是非、聴きに行きたいですね!もう今からすでに楽しみだ……!
Comments (2)

ゲーム音楽の演奏会・2

2013-10-15 23:20:59 | きょうのできごと
続き。
第二部ATBステージの…ええっと…そうそう、ボス戦に敗北して→「目が覚めた」とこですね。

目覚めた場所がお城だったんだっけ?次のチョイスはお城の曲!
ガルディア城~勇気と誇り vs FF6 エドガー、マッシュのテーマ
今更ですけどガルディア城の金髪お嬢さんが私は大好きでしてね…。「好きなゲームキャラ」で考えたら絶対名前が出てくるくらい好きでしてね…。そもそも「オペラ」って名前も、お菓子の本を見ながらその子につけたのがきっかけでHNとして使うように…ってまあそれはいいか。そのオペラディア…じゃないや、マールディア様のご実家のBGMは、…敗北。ううううう…。
でもエドガー、マッシュのテーマもすごい好きだから嬉しかった!!「運命のコイン」の方が印象としては強烈で、聴きながらあの、コインのシーンを思い出して泣きそうになりました…。エドガーもめっちゃ好きやったなあ。なにか…なんだっけ、ゴリゴリ動くノコギリ…チェーンソー?みたいなの振り回してたよねえ…。
そうそう、私、「やったことあるFF」は6と10です。6と10…だけです…。でもほら、ドラクエは3しかやってなから、ドラクエよりかはやってる率は…高いかなーって!(←?)
だから選択肢に出てくるFF側の曲、そもそも知らないのも多いんだけど…。それとは関係なく、トリガー&クロスは自分の中でめちゃ特別なゲームなんですよね!決してFFが嫌いとかじゃないんです。
あ、マリオは…ワールドと、マリカー(SFCの)だけかな。ファミコンの最初のもちょっっとだけならやったことあるけど、開幕クリボーでリアルにやられちゃうからな…!わざとじゃなく…!

次は「ミニゲーム」!
愉快なスペッキオ vs FF7 フィドル・デ・チョコボ
「クロノシリーズは特別なゲーム」と言ったその舌の根も乾かないうちにあれなんですけども、
スペッキオだけは「…なんだっけ…」って考えてしまった…。ちゃうねん!トリガーでミニゲームっつったら、あの千年祭の演歌歌うロボットしか出てこなくて…!
今調べてみたら、曲は確かに知ってる曲でした。で、スペッキオね。…記憶が薄れまくりなのも当然というか…私、スペッキオ、めちゃ避けて通ってました!!ごめん!!いや…別に嫌いとかじゃないんだけど、あんまりバトル系で頑張ってアイテムもらうとかのミニゲームは熱心にやらないんだ…わたし…。
会場の皆様はちゃんとスペッキオとバトルしてらっしゃったかと思われますが、投票結果はチョコボの勝利でした。チョコボのテーマはいいよねえ…!

「乗り物」!!
シルバード vs FF9 飛空艇ヒルダガルデ
きたああああシルバード!!大好き!!……よっしゃ通ったあああああああ!!
皆もシルバードの曲が好きで、うれしい!!
というか乗り物の曲っていいですよね…。FF6でもさ、飛空艇の曲めちゃ好きだったし!
そうそう、そう!!去年の第4回コンサートでは、「RPG乗り物メドレー」っていうのがあってですね!!もー、すっごいワクワクした!!確かその…FFとかクロノとかそういう新しい…いや…新しくないか…、今でもファンがめちゃいてめちゃ有名系なゲームのみじゃなくて、結構レトロなゲームからも選ばれてた(ような気がする)から、うちはやっぱりわからんのも多かったんだけど、……「バンガード発進!!」が始まった時は嬉しいわ可笑しいわですごいニヤニヤしちゃったもんなあ~www乗り物って、いやそうだけど!みたいな…!

いよいよ「ラスボス」ですよ、ラスボス!
世界変革の時 vs FF6 妖星乱舞
ぐおおおおおおおおおおおおおおおお……(苦悩)
どっちもめっちゃ好き!!めちゃ悩んだ…!司会の方は悩んだ時やどっちも知らない曲の時は好きな色をあげてもいいって言ってはったけど(やや曲解)、でも…!「同じくらい好き」なら、「特別」贔屓のクロノ側に投票するべきなんだろけど……!
妖星乱舞が好きなんだあー!!聴きたいんだあーーーー!!……よし!!通ったぁ!!!!
これがまた、すごかった…。迫力、ありすぎでした(脳内で春香さんが一瞬歌いかけてすごい焦ったのは内緒)。
フルだと長すぎるので、出だしやってから第4楽章にジャンプした…んだったかな?最初から第4楽章だっけ?興奮しすぎてよう覚えてません。
笑い声も、した気がするけど…。とにかくかっこよくて意識飛びかけでした。ここ、メモも少ないです。かろうじて「シロフォンがメロディやってる!!」くらいしか書き残してない。

今思えば、世界変革もパーカス絶対おもしろそうだから見たかったなあ…!うう、でも妖星乱舞が聴けてよかった…!
帰宅してから弟に「ラスボス曲が妖星乱舞でさあ~」ってウキウキで報告したら「ようせいらんぶって何?」って聞かれて驚愕でした。そ、そうだった、弟はFF6クリアしてないんだった!(「崩壊」後に挫折したらしい)それにしたって有名な曲なのにと思って「『せーーーーーがーーーー』の曲やで!?ほんとに知らん!?」って言っても通じず「…セガ?」って失笑されました!(別にSEGAをディスってるわけじゃないです)別にうちが思いついたネタとかじゃないのに、なんかうちがスベったみたいやんか!!なんでやこれ!!
とりあえず動画を探して聴かせて「せーーーがーーーー」の弾幕を見せてみたり、「ほら、こことかな、ケフカの曲が再現されてるねんで」とか「ほら今の!笑い声!」とか解説してみたんですけど、最終的な感想が、「ラスボスってケフカなんや…。」でしたので、姉はなんだかとってもいたたまれなくなりました!!
ていうか、ネタバレしてしまったんやん…すいません…。

そして「エンディング」。(いらん話をするからこんな長くなるんちゃうんか…)
遥かなる時の彼方へ vs FF9 Melodies of Life
エンディング対決は、トリガー側が優勢だったようです。かなり接戦だったみたいで、指揮者さんが客席側を見て悩む時間も若干長かったような。
うん…でもホント、どの選択肢の時も「めっちゃ偏ってる」って時はほとんどなくて(マリオ除くw)、だから最後までハラハラドキドキできたんだよなあ。うちはクロノシリーズよりFFのがずっと有名で人気あるんやと信じ切ってたから、それだけでかなり不利なんじゃって序盤は思ってたけど、投票結果はそんなことなくて…最後まで変な卑屈感とか(どうせ通らへんわ、とか…)、変な安心感(絶対勝つやろ!)もどっちもなくて…。
これって、なんでだったのかな。決してお客さんが「空気を読んで」そんな風にしたって感じではなかった。FFばっかに入れるのもどうかと思うしクロノにも入れてやるか…とか、そんなんまずできひんし、そんな空気は全くなかった。だから、すごい良かった。参加するのが、楽しかった。…なんでだろうね。そもそもの選曲のバランスがすごくよかった、ってことなのかなあ…。
でも、…もちろん選曲とか、ルール設定した団員さん、そしてもちろん演奏した皆さんを軽んじてるわけじゃないけど、あれはかなり「幸運」な結果だったんじゃないかって思うんだよね。かなりラッキーな、奇跡だったんじゃないかって。
うちはあの会場で、お客さんとしてその奇跡に立ち会えた。
…そう考えると、とても幸せな気持ちになれるのです。
ちょっとでもその幸せな気持ちを、あの会場にいなかった方にも伝えられたらと思って、こうして何千文字と書いてるわけです。
あと、自分が忘れないように!

「遥かなる時の彼方へ」は、前から大好きな曲だったから、「聴けて嬉しい」ってのはもちろんなんだけど、
もう…なんかうわーってなっちゃって…、涙でよく前が見えなくて…、あれ、うちこんなにこの曲好きやったんかな、って思うほどで。
エンディングそのもののイメージが強いんだろうけど、こう、まだ前に進んでいく!って感じの曲調が、すごい好き。
しかもハッて気づいたら、「クロノ・トリガー(メインテーマ)」に繋がってて!!(だよね…?もうこの辺の自分のメモ、全くあてにならない)
もうどうすんだこれ…!泣いちゃうやん!!

拍手、めっちゃしました。ほんとお疲れ様ですって気持ちと、楽しい時間をありがとうって気持ちは、その場では拍手でしか伝えられないと思ったから。
拍手は長い事続いてるように感じました。こう思ってるのはうちだけじゃないんだなって、感じました。

おかしいな、終わらない…!続く!!
Comment

ゲーム音楽の演奏会・1

2013-10-14 23:12:21 | きょうのできごと
ゲーム音楽の吹奏楽団「ラストエリクサーウィンドオーケストラ」さんの演奏会に行ってきました。

去年のちょうど今頃にも演奏会に行きました(ブログに書こう書こうと思いながら一年…)。
今思うと、あれは本当に偶然でした。幸運でした。
演奏会の数日前にたまたまニュースサイト?か何かに取り上げられているのを目にしたんですよね。
見出しの「ゲーム音楽」で「吹奏楽」って言葉に「へえ…」って思って何気なくクリックしたら、関西で活動されている楽団さんってわかって、しかもその時の演奏会の会場がものすごく行きやすい場所だった。まず、それにびっくりした。その日はちょうど予定もなく、腰の重いうちが、ごく自然に「行ってみよう」って思えた。
それが、すごく良くって。
次回の演奏会(※つまり、今回のこと)の会場は「八幡」だとその場で発表があって、「ああ…八幡はちょっと行きづらいなあ。残念だけどまあ今年来れただけでも良かったって思おう」って思ってたんだけど、その後、メインが「MOTHER2」に決まってて。
……そんなん、這ってでも行かなあかんやんか……!!
そういう感じで、前々から楽しみにしておりました。「八幡ってどうやって行くんや…」って念入りに路線検索とかしつつ。

ていうか、まずパンフにびっくりですよ。
最初、パンフって気づかなかった。いい意味で!
吹奏楽とかの演奏会だといつもそうなんですけど(お金出して行くコンサートとかは…どうなんだろ、わかんない…)、まず受付でパンフがもらえますよね。演奏曲目とか書いてあるやつ。それの間に、何枚かチラシが挟んであるんです。近くとか…関連ある吹奏楽団の演奏会の。それで日程とかを知れるから、何枚も挟まっててもあんま気にならないんですけど。
一瞬ね、チラシかと思ったもん!!演奏会のチラシとはもちろん間違えなかったんだけど、何か別の…だって!

こんな、なんかすごいパンフがあるなんて思わないやん!?

…私、会場到着がかなりギリギリで(迷ったんじゃないです!仕事だったんです!運良く早上がりだった…)、あんまパンフ読めないまま開演のブザーが鳴っちゃったんですよね。
でも、演奏中も客席側のライトが真っ暗になることはなかったので、チラチラ読んでました。ていうかその度に「(え?これパンフなん?ほんまに団員の方が作ったん?)」とか思わず二度見、三度見、ってのを繰り返してました。信じられなかった。表紙だけじゃなく、中身もすごい凝ってるし。ダンチョーインタビューのとこの似顔絵のイラストなんて、ほんとにこういうの、雑誌に載ってそうで…。私、ファミ通知らないんであれなんですけど、構成とかも似せて作ってあったみたいで、ほんとすごいなって思ってしまいました!
す、すごいなあ。うちも高校の吹奏楽部でパンフ委員とかやってたけど、…いやそりゃ当時はこういう発想も技術もないから比べれないけど、こんな風にパンフで遊べて、凝れたらすごく喜んでもらえるだろうなあ、作る本人達だってすごい楽しいだろうなあ、ってめっちゃ思った…!

一曲目は「ファイアーエムブレムのテーマ」。
なんか、音が厚い!人数が増えたのか、ホールがいいのか…!(まあ私の耳は目と同じで節穴なのであてになりませんが!)
実は、私…この曲、知りません。…いいんだよ!うちなんて有名でもやってないゲームのが多いなんちゃってゲーマーだし!!ほとんど知らない曲だって楽しいんだよ!
…もちろん、知ってる曲のが楽しいですよね。やったことあるゲームだとなおさら嬉しいですよね。
いいの、メインのマザ2があるから…。
とかスネたフリをしてみたりしてますが、実際聴いてるとそんなんは思わないんですよね。いやほんとに。知らなくても、楽しい。

曲が終わって、拍手があって、ステージの明かりが落ちて…、始まる「きゅっきゅっきゅっニャー」の曲w
去年の演奏会でもそうだったんですが、挨拶とか、次の曲の紹介?の時に後ろで小さく演奏を続けて下さってて、それも楽しいです!もちろん、ゲームの曲ですし!(演奏してる人休憩なしでしんどいんじゃ…とは思うけどw)
団長さん(?)の挨拶があって、次の曲の「発表」。公式サイトでやってた「Webアンケート上位の曲」の発表です。
この時も後ろでスネアの方がロールして発表を盛り上げてはりました(1位の発表時はシンバル付き)。
楽器、めっちゃ有効活用!

で、その1位の曲が二曲目。「ゼルダの伝説」の曲でした。
……すいませんゼルダも知りません…!でもかっこいかったです!
それにしても低音の音量がすごい。特に、んん、トロンボーン…?でも6人なのに…。

次が一部最後の曲。(こう書くとすぐみたいだけど、一曲一曲がメドレーみたくなってるので結構長いのです)
「星のカービィ スーパーデラックス」です。
……どうしようこれもやったことない!でもこのタイトル、確か…ほら、MADでよく…(←どうなのそれも)。
いきなり木管が大変そうでした!速い!楽譜真っ黒なんじゃ…とか思ってたら、知ってる曲キタ!!グルメレース!!
めっちゃうれしくなりました!
元々速いのに加速とかしたりして、大変そうだった…!でも楽しそうだった!クラベス楽しそうだった!音も綺麗だったし!シロフォンも…!

15分休憩。
…ですが、舞台上にてミニコンサートがありました(大丈夫なのか…!?休憩しなくて…!皆全曲舞台乗ってるぽいのに…!)。
オーボエ、クラリネット、フルート、ホルン、ファゴットの、木管五重…奏…
ん??あれ…??ホルン??ホルンて金管だよね…!?
…と、思って調べたら、「木管五重奏」というのはそういうものだそうです。ホルンは金管だけど、この組み合わせだそうです。
うちって本当に物を知らんよな…。でも一つ賢くなれた。よかった。一瞬「うちの目、本当に節穴やんけ!」と思った。
…ちなみに、ブログに感想を書こうと思っていたので(ブログに書かないとしても、覚えておきたいと思ったので)、演奏会の間中聴きながらメモをしてました。すぐ忘れちゃうからね!裏が無地のチラシが、…結局5枚、うちの走り書きメモで埋まっちゃいました。机とかもちろんないから膝の上で書くんだけど、目はほぼ舞台に向けてるから、キレイに詰めて書くとか不可能なんですよね!
な、なんか…す、すみません…。あの、表側にも一通り目は通しました…!
休憩中、と実は開演前にもあったらしいミニコンサートの詳細は、パンフには載っていません。
だから、メモしてたんですよね。「クラ、ボエ…」とか。やってはった楽器を。
曲は「アクトレイザー」だったそうです(また知らない…でも聴いたこと、ある気がした)。
これも特に演奏中に紹介とかはないんですが、閉演後に「演奏曲目の詳細リスト」がもらえたので!
てか、メモってるの、「曲名の答え合わせがしたい!!」ってのも大きな理由なんだよねえ…!その詳細リストには、やはりパンフには載っていない、メドレー使用曲の名前が全部書いてありますからね!去年のメインの「クロノ・クロス」も、今年のメインの「MOTHER2」も、全曲当ててやんよ!って一人で意気込んでましたからね…!(当てるも何も、隠す気は全然ないやろけど…!いいの!聴いて、「名前が出て来るかどうか」が大事なの!!)

そして、2部です。メインは3部のMOTHER2だけど、これは「再演」ってこともあって(?)、パンフのダンチョーさんも「今回の目玉」とおっしゃっている、企画ステージ、「Active Time Battle」……。
HPとかではもちろん、パンフにもその名前だけで、詳細は全く分からなかったんですが…どうやら、「観客も参加するステージ」らしい??
でもそれが判明した時は、正直、私は引き気味でした(すみません!!)。いや、参加とかいいんだけど…聴けたらいいんだけどなあ…って思っちゃってました。誰か一緒にいるならともかく、私は思いっきしおひとりさまで来てたしね。
でも!!これが!!楽しかった…!!
説明するの難しいけど…えーと…「ファイナルトリガー6(6だっけ?)」という、ATBシステム搭載のゲームが、始まるんですよ!
ナレーションが…王道RPGのオープニングっぽいナレーションがあって、
舞台の両袖にですね、あの、なんだっけ、落語とかのテーマ書いてるようなやつ(もうちょっと書きようないんか)が2つあって、それが同時にぱらりとめくられるんです。向かって左には「クロノ・トリガー」の、右には「FFシリーズ」からの曲名が一つずつ書いてあるんです。最初が「オープニング」、次が「街・村」って、…で、その2曲の曲名をその場で見たお客さんが!その場で「聴きたい!」って思った方の曲を「投票」するんですね。
投票方法は、あの凝りまくってるパンフでした。真ん中に、これまたそれっぽいRPGのマップ?が唐突に見開きで描かれてて、それが半分ずつ青と、黄色で塗られているんですね。お客さんはパンフをこう…反対向けに折り返して、指揮者さんの合図が出たらどちらかの色を掲げるのです!それを見て、どちらが多いか指揮者さんが判断し、「次」の曲がそれになるという…。
これがねー!思ってた以上にワクワクした!!シンキングタイムも少しもらえるんですが、ほんとにその場になるまで曲名がわからないので、好きな曲名が現れた時のテンションの上がり具合がすごいんです…!「なんとか通ってくれ!」って祈るように掲げるてる間はハラハラだし、通った時の嬉しさは格別で…!その分、通らなかった時の悔しさもすごいんですがw
これ、思いついた人、すごいと思った!!しかも思いつくだけじゃなくて、やっちゃうなんて!!
…普通に練習量が2倍になるから、団員さん方への負担がすごいんじゃないかって心配にはなりますが…(しかも半分の曲は演奏されないというシビアさ)。
客席の方も皆、楽しんで参加してる感じでした…!

いやこれほんと楽しかったから、全部書いていいですか?せっかくスゲー必死でメモったしw(でも数字とか間違ってたらすみません)

オープニングはその、「投票」のチュートリアルも兼ねていて…(司会のお姉さんが「ATBといえば皆さんはどんなゲームを思い浮かべますか?」って客席にふったのに、割とすぐに「…はい、そうですね、FFとかクロノトリガーですよね!」って自ら回収してたので笑ってしまいましたwプロっぽい!!)、
クロノ・トリガー(メインテーマ)vs FF5 メインテーマ
OPはトリガー優勢。私も大好きなあの曲で、物語が華麗にスタートです!
…えーと、OPは全部やったんだっけ?以降の、街の曲とかはそもそもループ仕様になってるから、「次」の投票結果が出るとフェードで終わったりしてたんだけど。で、ナレーションが入ったり、そのまま次行ったり。ここはナレーションも入ったっけ?(さすがにそこまでメモってなかった)
次の曲は「街・村」ですね。あのね…左側に出たタイトル見た瞬間立ち上がりそうになった!!
ガルディア王国千年祭 vs FF6 街角の子供たち
千年祭!!!!!めっちゃ好きだよ!!!!
でもこの投票はFF側の勝利で、ちょっと泣きそうになりました…。いや、そっちも綺麗な曲なんだけど…千年祭…(曲名が知れたからなおさら無念…。)
千年祭は、アレンジの「星の祝祭」が死ぬほど好きなんですよね。耳コピなんて全然できないうちが、それでもこれをシロフォンで演奏したい!!って必死に楽譜に起こそうとトライした曲…!(でも耳コピが出来ないから無理でした…)
もし星の祝祭が候補にあったら、投票で立ち上がってアピールしちゃったかもしれない…!(迷惑!!)(候補になくてよかったじゃないか…)

勇者が冒険に出ます!「フィールド」!
風の憧憬 vs FF7 メインテーマ
千年祭に続いてうおおおおおおおっってなった!!風の憧憬て!!!!あんなに印象的なフィールド曲はうちの中で他にな……あああああああ負けたあああああああああ;;(メモも実際こんななってるので、FF側の曲名これじゃないかもしれない…)
うっ…やはりFFの人気には勝てないのか…!?っていじけそうになりましたが、次が!「通常戦闘」!
始まる前に「隠し要素もあります」って言ってはったから、これはクロスも来るで、と思ってたけど、ここでほんとに来たー!
疾風(クロノ・クロス) vs FF8 …の英語のタイトルの曲(おい!!)(だってメモる時間なくて…!)
ここでようやくトリガー側優勢のしるしの、ヌゥぬいぐるみが掲げられて感激!!
ちなみに私、1階席の、まあ後方の席にいたのですが…見えてる範囲では青も黄色も同じくらい上がってるように見えてて、指揮者さんも判断大変やろうな…って思いました。
ていうか、こんな、変拍子!いや、よーく知ってるけどさ、改めて…目が覚めるような変拍子の通常戦闘曲!
タンバリンが楽しそうで注目してたんですけど、もし自分がこのパートやったら、こんな変拍子の曲やるかやらんか直前までわからんとか勘弁してほしいなって思うわ~って思ってました!w めっちゃ心の準備してたいわ…!
ちなみにその「疾風」の後、続けて「勝利のファンファーレ」まで流れて笑っちゃいました!勝った!
クロスのこの勝利のテーマ好きなんだよねえ…ってしみじみしてたら(元気な方だから、夏の呼び声、とかそういう名前だっけ?)、次の投票開始。次は「ダンジョン」。
………!?
(土管の中にマリオっぽい頭がちょっと見えてるドット絵) vs FF1 マトーヤの洞窟
また隠し要素キターーー!!客席にも笑いが。そして今までの中で一番、うちの席から見ても「圧倒的な差」でマリオ勝利w
投票後にナレーション。曲聴くのとメモと投票とその結果に泣き笑い、と非常に忙しくてきちんと聞いてなかったけど(ごめんなさい)、なにやら本格的なRPGのストーリーが展開されている…ようだ…。手に紋章がどうとか…
と、思ったらナレーションに「そこには、色とりどりのキノコが」とか入っててまた笑いがw
ストーリーも選択肢で変わってるやん!!www

次、ボス戦!
ボスバトル2 vs FF4 ゴルペーザ四天王とのバトル
ここまでずっとクロノ側(含むマリオ)に投票してきた私ですが、ここではFF側に投票!だって好きなんだこの曲!ヒャダインさんので知ったけど…。
これが、さすがの迫力!!人気ある曲やし、定番なのかな?めっちゃかっこいい!ペットかっこいい!!

で…。ん?次はパンフのマップにある順番で言えば「お城」のハズなんだけど…
(マリオがクリボーと衝突してやられてるドット絵) vs FF5 レクイエム
ドット絵が出現するたびに笑いが起こり、そして圧倒的支持を受けます。マリオ大人気。
そして流れる短い曲。
……これって、ゲームオーバーの曲!?死んじゃった!?www
指揮者さんが、指揮を振り終わった後にがくーんってうなだれてて、客席に笑いが(ボス戦で→負けた、ってことなのね)。
そのまま舞台の照明が暗くなって……

ナレーション「目が覚めた。」

多分ここは、そんなにウケ狙いとかじゃなかったんだろうけど、あまりにシュールでめっちゃ笑いが出てた。www
その後も面白かった。なんだっけ、世の中には目覚めた時に所持金の半分を奪われるところもあるけどこの教会はそうじゃなくてよかった、とか…w 所持金の半分取られるって何のゲームやっけ?と思って弟に聞いたら、そもそもマザ2もそうだということに気づいた!そうだ、だからATMがあるんだったよねえ…!

だめだ、書き終わらない…!続く!!
Comment