「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

どん兵衛を買った(ケムリクサにハマってる話)。

2019-03-08 19:01:21 | きょうのできごと
今、びっくりしたんやけど、今年初ブログじゃん!!やばいじゃん。
あけましておめ……ちゃうわ、喪中やったわ。

スーパーの売り場で5分ほど真剣に悩んでしまった。

私はそもそもおそばはそんなに好きじゃない。うどんのが好きだし、もっと言うなら焼きそばのが好き。しかもこのインスタント麺コーナーには98円とかセールになってるのもあるのに、どん兵衛は160円だ。大好きな焼きそばUFOは138円なのに(これも98円とかになってる時しか買わないのに!)。
1回か2回のツイートのために自分があんまり好きじゃないのを買うのは、どうなんだ??
……いや、でもケムリクサの場合は「公式」のコラボなんだ。ファンが勝手に盛り上がってるとかじゃない。
どん兵衛 × ケムリクサ 「月見そば」

こういうコラボをメーカーが真面目にしてくれて、それで実際に売り上げが上がるのなら、こういう機会も増えてくれるかもしれない。そういう動きは、ゆくゆくは、うちの椎名法子がどこかのドーナツ屋さんとコラボ!とかにつながるものなのかもしれない……。
というわけで買いました。いや160円にどんだけ悩んでるんだよ!一応仕事してるのに!そして100円くらいのお菓子ならポイポイっと買うくせに!

今期のアニメ「ケムリクサ」、めっっっちゃハマってます。
こんなにハマれるアニメとまた出会えるなんて、信じられない。感動してます。ていうか今、もう、9話です。多分あと3話?で終了です。
つらい!!!!!
そんな風に思えるほど好きです。暇があるとリピートしてるので旦那さんが引いて……いや引いてはないけど、驚いてます。そんな見る??って。見るよ!!好きなアニメなら何周しても足りない!!でもこういうのはマジで久々。けもフレ1期も遅ればせながらめっちゃリピートしてたけど、もうその時は再放送だったから…リアルタイムで、ってなると、まさかデュラララ1期以来かな!?何年ぶりだよ!!怖い!時間の流れ怖い!!

そもそも最初は見ようと思ってなかったんだよね。だってうち、自分でたつき信者やと思ってなかったから。けもフレ大好きやったのはけもフレやからであって、監督の別作品も追わなきゃ!とかは全然思わなかった(今思えば、やっぱりあの降板騒動が自分なりに大ショックやったんやと思う)。
でも旦那さんが録画予約してくれてて(旦那さんはざっくり興味のありそうなアニメはとりあえず予約して、実際に見てから予約し続けるか決める。事前情報で切り捨てまくりのうちとは大違い)、ちょっと見てみようってなったら……なんだか、めっちゃ、めっちゃ惹かれてた。雰囲気は暗いし、一体どういう世界なのか全然わからない。だけどすごく気になった。
一番ちっちゃい、かわいい子がいきなり死んじゃった…!?って驚いてたら、直後におんなじ顔の子たちがわらわら出てきてすんごいびっくりした。減らされた(=無限にいるわけではない)のに、まだ戦うってお姉さんたちを励ましてる。フライングマンかよ!ってなった。フライングマンっていうのはMOTHER2に出てくるやつで、物語の終盤に出てくる、主人公が一人きりで行動しなきゃいけなくなるダンジョンで仲間と同じように連れていけるキャラ。バトルに参加してくれるので助かるんやけど、仲間のように回復とかはできないので一定ダメージで死んでしまう。全部で5人いて、減らされただけ家の前にお墓が立ってしまうんだけど、次のフライングマンも別に恨み言を言うわけではなくまた助けてくれる。何人フライングマンを減らそうがストーリーには全く影響はないんだけど(誰も殺さなくても別に何もない。今だったら称号くらいはもらえそうだけど)、それだけ罪悪感というか、後ろめたさみたいのが残る。それを思い出した。

あと印象的だったのが、「敵が怖い」こと。なんていうか、機械っぽいのに「ムシ」って姉妹たちは呼んでて、動きとかに本能的な恐怖を覚える。私は怖いものとか全然好きじゃないけど、なんというか…こういう脅威と戦ってる姉妹、っていうのがぐっときた。みんなあんなにかわいいのに、なんだか暗い、怖い世界で、冗談じゃなく命の危機にさらされている。名前は全然覚えられない(みんな「り」で始まる)けど……なんだ、なんだこれ。気になる……。めっさ気になる。

ツイッターのTLでは誰も話をしてなかったので(というか最近はアニメの話をそもそも見かけない…)、話題になってないんかな!?って不安になってたら「ケムリクサ考察班」のタグでみんな楽しく考察してて、あっ、なるほど、けもフレ1期と同じなんだ!って嬉しくなった。そもそも私はけもフレ1期、めちゃくちゃ話題になってたしTLでもめっちゃ見かけてたのに見てなくて……でもなんだか「考察班」の人たちの熱心なツイートが興味深くて「じゃあ見てみるか」ってなったんだよね。もうその時10話だったんだけど(遅っ!!)、一挙放送とかもあったから、それでハマれて……。
なんか、謎がちりばめられてるのを、「こうかな?こうかな?」って考えれる、っていうこと自体が楽しいみたい。自分が想像できる範囲には限界がすぐきちゃうけど、世の中には色んなことにびっくりするほど詳しい人がいるもので、ツイッターだとそういう、いろんな人が持ってる知識から「こうじゃないか」みたいなのが一か所に集まって見れるから、すごい、楽しい……。
てか、ほんまにけもフレと全く同じ感じでハマってるので、うちはめっちゃたつき信者なんやって気づけた…嬉しい…。たつき監督マジすごいよ…!

出てくる女の子、みんなかわいいしねー!うちは、旦那さんに「苦手な女キャラの傾向」説明してたら自分でも嫌になってくるくらい、…この言葉あんま好きじゃないけど、いわゆる「地雷」が多い。これは前ブログにも延々書いた気がするし、自分でも自覚してることやねんけど、そのわっがままな私がぐうの音も出ないほど、苦手な子が出ない!!だから安心して見れる。一番好きなのはりなちゃんズ。本当に皆かわいい(さすがにりなむちゃん以外見分けはつかない…わかば君スゲーよ…)。でもりつ姉も大好きだし、りんちゃんもかっこよくて、姉妹想いで好き!
そしてわかば君も好きだ。優しいし、かっこいい。EDで出てくるシーンでいつも泣きそうになる。

どういう風に終わるのか、全然想像がつかない。でもあの姉妹が幸せに、安心して、自分の「好き」を大事にして生きられるようになったら最高だと思う。
もっともっともっと書きたいけど、1話とか見返しながらこれ書いてたらもう夜になってるので、いったんここで……。ごはん作らなきゃやばい。

お昼ご飯に食べた「きいろそば」、とてもおいしかった。「悪くない」!

Comment

年越し

2018-12-31 23:58:55 | きょうのできごと
旦那さんが後ろでがきつか?を見ております。
うちはそもそもバラエティを見ない家で長年過ごしていたので、毎年やってるこの、笑っちゃいけないやつも初めて見ました。
なんかお正月あけてもツイッターでネタ?みたいのはめっちゃ見るから、なんとなくは知ってるつもりやったけど、見てみたら全然知らんかった。おもしろいんやろうけど、ちょっと、痛そうなシーンが多いねえ…。
紅白に米津玄師さんが出るということだったので、そこまでは見せてほしいって言ってたから常に二画面にしてくれて、出るときにはちゃんと音声も変えてくれました(優しい)。米津さんほんとすごかったな。なんか、若い人に絶大な人気があるから、微妙に好きとか言いにくい気がしてるんやけど、やっぱ好きだ。

今日も私は仕事だったんで、デレステのカウントダウンイベントも夜になってやっと参加できたくらいで……
あ、でも法子のおねシンソロは聴いた!めでたいねー。かわいいね!
2018年はとうとう誕生祭に動画も作れなくなってしまったけれど、諦めたわけではないので…来年はちゃんと作れるようにしたい。
あとブログも!あまりにも書けてないんで今、あわてて書いてるけど!もっとちゃんと書きたい!書きたいことはいっぱいあるんだよマジで……写真が死ぬほど貯まっていく……。

いやあでも、信じられないほど幸せな年でしたね。
来年もいい年になればいいなあ……っていうか、なるわ。さっきまで後ろで爆笑してたはずの旦那さん、うちが食べたままほったらかしにしてた年越しそばのどんぶりとか洗ってくれてます。まだ終わってないよがきつか!(年越えるんですねえ、知らんかった)


Comment

結婚しました。

2018-08-25 23:52:18 | きょうのできごと
なんか「入籍しました。」のまま何か月もブログ放置してると、ダメになっちゃったみたいですよね。
……シャレにならない冗談はやめよう。

ダメになってません!結婚しました!
同時に新生活が始まり、私はすぐに新しい職場で働き始めたこともあり、ブログを書く余裕が全くありませんでした!ご飯もやけど、お弁当も頑張って作ってるし……!(作れと言われたわけではなく、私が勝手に作ると主張しました)

写真とかいっぱいあるんだけど、整理もできてないです…。新婚旅行のこととかもここに書きたいけどいつになるやら。
とりあえず結婚式関連の写真が、あの最低なリングピローの途中経過だけっていうのはどうかと思うので、完成図を。

「リングピロー 和風」とかでググって出てきた画像を参考に作りました。枡、めっちゃ探したなあ…(結局ネットで注文した。オシャレ雑貨屋さんで見つけた「枡風お米の計量カップ」を買って使ってやろうかと思ったんやけど)。
最初は紅白の布で作ろうと思ってて実際買ってもいたんだけど(百均で…)、お祝いに頂いたのしに巻いてあった飾りがゴージャスでいい感じだなと思ったのでそれを使った!すごいリサイクル!(……)(今っていろんなのし袋があるんですねえ。もう水引とか全然なしでお花の飾りついてるのとかもあってめっちゃかわいかった)
リングを止めるところのひもは「飾り結びのやり方」みたいな本を借りてきて一生懸命トライしたんですけど、全っっ然できなくて、見かねた母が代わりにやってくださいました…。ほんと手先が不器用な娘ですいません……。

そのリングピローにのっける結婚指輪。

結局かなりギリギリに……。全体的に準備期間が短かったんよねえ。
選びに行ったのも式まであと数週間ってとこだったから、もう名前入れるのとか無理やんなと思ってたけど、ギリギリ大丈夫でした!わーい!
自分では完全に忘れてたってか意識してなかったんやけど、飲食で働いている期間が長く、アクセサリーとしても指輪を全くしなかった私には「常につけ続けている指輪」っていうのに強い憧れがあったんですよね。なので式からはずっとつけっぱなしです。そのまま洗いものとかするからすでに傷がいっぱいついております。いいのか。でも外すと100パーなくすし!うち!!

そういやネイルもしてもらいました。

せっかくなので!人生初ネイルサロン!
「ジェルネイル」というやつらしくて、紫外線?かなんかですぐ固まるのがすごかった。ぷっくりしててめっちゃかわいい。

あと手作りしたものといえば、招待状。

後ろのノートパソコンにキーボードが乗っかってるのは気にしないでください。Zのキーが壊れたんです(……)。
結婚式といえば、招待状やらメッセージカードやら席次表やらを手作りする花嫁さんも多いかと思いますが、私たちの場合はごくごく身内だけ・式の後は会食だけ、という超シンプルなものだったので、なんなら招待状もいらないくらいでした(出欠も確認する必要ないし…)。だけど招待状くらいは作らせてほしい!って私が勝手に主張して作りました。ロフトに紙とか探しに行ったら、ちゃんと招待状用の紙がいろんな種類で用意されててめっちゃ感動した。中に貼る白い紙はもう外紙より一回り小さく切られていて、印刷したら貼るだけでいいんです!すごい。しかも紙の種類もいっぱいあって、雰囲気もいろいろにできるっぽかった。「和風」で探してた私にはそこもとてもよかった~。
ロフトの売り場には席次表の用紙もあったし、返信用のはがきに使える用紙もあった。見本も素敵に並んでて「普通に披露宴する花嫁さんは大変だ~」って思った!まあこういうのが好きな人は楽しいんやろうけどねえ。招待状の文面だけでめちゃくちゃ悩んだもんなあ、うち。

うちは式の前月末で仕事は辞めて、そこからは色々と準備をしてたんだけど…いや披露宴もしないし、準備っていっても知れてるんやけど、

デレマスでまさかの法子上位報酬。
ひっくり返った。
式と担当イベントがかぶるとか、ある…?さすが法子やで…。つーか今回もめっちゃKawaii…。
さすがの私も式中にイベント走るとかはできなかったので、2000位入賞はなりませんでした。無念(ていうか今は課金厳禁なんだよ!)。

前日夜の写真。

会食の後に出席者の皆に配るクッキーを焼きました。うさぎのビニール袋は百均だけどめっちゃかわいい!
割と直前まで、引菓子も別になしでいいやと思ってたんだけど、私は幼馴染の親友の結婚式の二次会では3段のウエディングケーキを作り、さらに引き菓子も今まで3度の結婚式で作らせてもらってきたのに、自分の結婚式で何にも作らないっていうのはマジでどうなんだ?元パティシエって肩書が泣かないか?と思いなおして、急遽作ることにしました。主に、出席してくれる旦那さんの姪っ子さんのために(うさぎラッピングも姪っ子さんに合わせてのものです!)。喜んで下さったようで、作って良かった~。前日夜はこの後まだ両親への手紙も書かなきゃだったから夜遅くなったけど。

当日はすごくいいお天気で本当によかったです(次の日はものすごい大雨だった)。

神社での式だったんですが、普通に参拝の方がいるところを通っていくので、めっちゃ目立って楽しかった。外国の観光客の方とかめっちゃ写真撮ってくれるしw
新婦が移動するときは、常に母が手を引いてくれるのですが、私は無意識にサクサク歩こうとしてしまうらしく、「早すぎる!」って叱る代わりに何度も手をギュウウって握られてました。散歩ではしゃぎすぎる犬のようでしたね…。

式自体はそんなにたくさんすることはなく、滞りなく淡々と進んでいくのですが、一か所滞りがあったのが指輪交換でした。

前々日?くらいに一度練習はしてたんですけど、なんか全然入んなくて……
第二関節でもう諦めていい~?って聞きたかった。でも神社の本殿で、ついでに白無垢でそんなふざけたこと言えなかったのですごい焦りながら頑張りました。後ろで待ってる親族にとっても長い時間だったようです。すみません。

巫女さんの舞がすごい綺麗でした。

雅楽も生演奏だし!贅沢やわ~。
後ろでお賽銭の音とか、柏手の音とか聞こえるのもすごい良かったw(当たり前ですが神社は通常営業中なので)


これくらいかなあ、載せれるのは…。
まだ数か月前のことなんですが、写真を選んでたりすると色々懐かしくなりますね。

いやあ…、でもまだなんだか信じられない!
結婚ですって!この、私が!!
またブログとかもちょいちょい書けるようにしていきたい…。
Comment

入籍しました。

2018-04-17 23:57:36 | きょうのできごと
417の日。

この日なら生涯忘れることはないと思ったので(うちが)。
母に「仏滅やん。」と言われました。せやね……。

式も来月に迫り、毎日バタバタですが
幸せです。


そしてこちらは、私が出費を抑えるために無謀にも手作りのリングピローに挑戦しているもの。

奥のがそれです。まだ紐?とかつけなきゃいけないんだけど、本の通りにやってるつもりが全然できなくて困ってるとこです。
で、手前は何かというと、最初に適当に中身のクッション的なものを縫ったやつ。
……我ながらひどすぎて笑けるので一緒に撮ってみました。

私の恐ろしいところは、決して「見えないから雑でもいいや」という気持ちでやってこうなってるわけじゃないとこです。
真面目にやってこれです。そして案の定枡に入りませんでした。当たり前だよバカ!!!!
Comment

HAPPY BIRTHDAY TO ME!!

2018-03-28 23:56:18 | きょうのできごと
あかん、ブログが全然書けへん……。
そんな今日この頃ですが、さすがに自分の誕生日くらいは書こうと思って来ました!そういう人は少数派じゃないか!?まあいいねん!!
おめでとうわたし!!(…………)

私は元パティシエなので、誕生日のケーキは自分で作るのが結構当たり前でした(一昨年まではずっと春香さんの誕生日ケーキが自分の誕生日ケーキになってただけなんだけど)。
でも今年は作ってもらった!!

ホットケーキ!!
ホテルニューオータニのだからすごくおいしかった……、いやいやメーカーとか値段でなく、「作ってもらった」って事実がよりおいしく感じさせてくれたんでしょうね。
あ、せっかくやからロウソク立てればよかったかな?いやもう挿しきれな(しゃべんな)

お花ももらっちゃったよー。わーい!

家に帰ってから母に名前を聞いたところ、「デンファレ」らしい。
花言葉は「お似合いのふたり」だって。まあー!(まあー!じゃないんやけども)(いや知らんで選んでくれたんやったら逆にすごないこれ?)

指輪ももらっちゃったよー。わーい!

人生ではめたことがなさすぎて、選ぶときも毎度「抜けない!」って焦ってました。情けない。

家に帰ったら、父も焼き菓子を買ってきてくれていた。

め、めずらしい。ありがたや!

あと母もプレゼントを預かってきてくれていた。

めっちゃかわいい~~!!


というわけで、写真ばっかりですが、幸せな誕生日だった!!という記録を残しておきます。
自分のために!!(このブログはずっと自分のために存在してます!!)
おめでとう、わたし!!生きててよかったねーーーーーーー!!
Comment

うちと法子の2017年。

2018-01-02 22:25:07 | きょうのできごと
あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年早々去年の話をする、年中ふざけたブログでどうもすみません!!(……)

さて、2017年は、私の担当アイドル「椎名法子」にとって、大・大躍進の年でした。
何回かここにも書いてますが、gooブログというのは、「一年前のあなたが書いた記事」をメールで送ってくるという、多分喜ぶ人は少ないサービスをやってらっしゃいます。常に自分の文章大好きな私には大変嬉しいサービスで、メール来るたびに嬉々として記事を読みに行っちゃうんですが。
んで去年の…じゃない、一昨年の大晦日に書いた「うちと法子の2016年。」が来たから、「お、どんなもんだったかな?」って読みに行ったんです(なんかわけわかんない動画も上げてるけど…何故大晦日にあれなんだ、うち)。

2016年大晦日の私、「ハロウィンアイチャレ」上位報酬に死ぬほど喜んでました。確かに、読み返しながらあのアイチャレを思い出して涙が出てくるくらい、本当に素晴らしいイベントだった。今でも運営様には非常に感謝しています。
でもそれだけで。
うちも、えっ?ってなった。あれ……?ちょっと待てよ?Kawaiiのイベントとか、もちろんちよちーのライブ初参戦とかが「2017年」だったのは明確に意識してるけど、あれ?SSRは?あれも2017年やった…?Sweetchesも?2017年……?

そうなんですよ。
全部2017年だったんです。
調べたらデレステでのSweetchesイベント開始が1月末。イベント終了直後、2月に法子SSR登場。4月、総選挙でどったんばったん大騒ぎの最中、なんと月末ガチャに初登場!しかもまさかのツインテ!!(大爆死しました…)
ちよちー初舞台の大阪ライブが6月。メロイエイベントが7月。SSAが8月。
それでしばらくは落ち着いてたんだっけ?(抜けてたら教えてください…って、あ!しんげきアニメが抜けてるな。まさかのキービジュ&オリジナル回登場!)でもデレマスの方は順番自体は等しく回ってくるから、来るぞ来るぞ…ってなってたんよね。んで、ついこないだ来たのがなんと、またガチャだった!!目玉ガチャ!!

衣装超カワイイしロゴもまた最高にかわいいし!ありがとう……!
でもずっと貯めつづけてたジュエルもガチャチケも全部使ったけど出なかった…、ごめん法子…。しかも今の状態じゃ二人お迎えできないから、もうちょい待つ…。課金できないのごめん……。

初の恒常入りということで、今後ふとゲット出来る方もいるかもだから、お迎え出来たらかわいがってあげてくださいね。うちの天使、最高にかわいいでしょ?
劇場も、ツインテの時に続いて今回も最高だった…!

無言でもカワイイ。法子かわいい。

それで、ああ本当に素晴らしい年だった……ありがとう法子……ってしみじみしてた年末。
12月31日。デレステの一日限りのイベント「オールスターカウントダウンライブ」の、VTR一番手として法子が登場!!


この衝撃が伝わるでしょうか……。
担当アイドル本人が、怒涛の2017年を振り返る発言をしてくれたんです……。ボイスつきで……(イベントは一日限りだけど、コミュは後からでも見れるから是非!え、見れるよな!?)

しかも来年の抱負まで言ってくれる……!!ありがとう……!こんな、こんな嬉しいことが、最後の最後に起きて、2017年は法子Pとしても最高の年だった……!!
そして年が明けたらこれだよ。

ああ……!!最高にkawaiiメロイエ法子が!たーっくさんの仲間に囲まれて、大きな舞台に立って……新しい年を迎えてるんだ!!
ありがとう法子!!来年も、最高の年にしようね!!


元旦。
年賀状は自分が出さないのでもう今や数枚しか来ないのですが(来た人には返します…)、その中の一枚が、なんと、なんと……「都丸ちよ」さんからでした。驚きすぎて呆然としました。法子に魂を吹き込んでくれた方です。私が「(外でこんなにむちゃくちゃ泣いたの人生初だな)」って思った大阪ライブ、その涙の原因になった方です。
ツイッターで探すと、お手紙を送っていた方の元に複数着弾してる模様…!いや、そんな、嘘でしょう、ちよちー……。こんな、手書きで一枚一枚……、一人一人に違うメッセージちゃんと書いて……(うちは確かお誕生日の時?のお手紙に「ドーナツの木」の写真を同封してたんですが、それを「すごかったです」って……)。
嬉しすぎました。いや、ファンレターなんて、ほんと勝手にこっちが送ってるだけなんだから、お礼とかお返事とか期待するのは間違ってると思うのに……こんな……。
大阪ライブでちよちーは、泣きながら言ってくれましたね。Pさん達のお手紙で、法子がどんな子か教えてもらったって。それで法子になれたって。やっと今「椎名法子役の都丸ちよです」って自信を持って言える、って。
ちよちーがそんな風に言ってくれたからこそ、私たちも本当に「プロデューサー」に、ちょっとでも、なれてたんだって思えて……それだけでも本当に嬉しかったのに!!
も~~~~~!!ちよちーーーーーーーー!!
大好きです!!ずっと応援します!!当然です!!


本当に、2018年も最高の年にできそう!こんなにも愛おしい私のシンデレラ…!(中の人まで最高!)
全力でプロデュース、していくからね!!
Comment

村上春樹さんの本を三冊借りて読んだ話

2017-12-11 23:28:18 | きょうのできごと
すいません……村上春樹さん大好きなのに新刊で買わないで図書館で借りててすいません……。だって毎度買ってる余裕はないんです……。文庫版が発売されるとかなり気持ちがぐらつくけど、なんかハードカバーの方が好きなんです……。読んで、気に入ったら、古本屋さんでハードカバー探して買うようなファンですみません……。

これだけは新刊で買ったんよね。
職業としての小説家 (Switch library)
クリエーター情報なし
スイッチパブリッシング

何故なら、発売当時、紀伊國屋書店が買い切りでこれを仕入れたってニュースを聞いたから。怖いことするなあ~と思いながら、元書店員として、その挑戦にYES!って言ってあげたい気持ちで、買いに行ったんだよね。
……てことは毎回書店さんが村上作品を買い切りにしたらうちは毎度新刊を買わざるを得なくなる……のか……?

今回借りたのはこの三冊。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
クリエーター情報なし
文藝春秋


女のいない男たち
クリエーター情報なし
文藝春秋


ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集
クリエーター情報なし
文藝春秋


「多崎つくる」を今頃読む村上ファンがいていいのか……いやよくない……ほんとすみません……。

村上さんの本は図書館でも大人気で、発売から少し経ったくらいでは「予約人数」がものすごいです。ここでも「並んで待つ」ということが好きではない私は、「ほとぼりが冷めた頃に借りよう」って考えて、普段は忘れてます。それでふと思い出したのがこないだで、試しに検索してみたらどの本も予約で待っている人はいなかったので、そのまま予約処理をしました。
してから思い出す。
「村上さんの本を一気に三冊も借りたら、さすがのうちでも返却期間内に読み切れなくない……!?」
ほんと、予約する前に思い出してほしいです(お前だよ)。でもそうやって危機感を持っていたために、予約した三冊を引き取った後は早めに手をつけることが出来ました。

最初に読んでみたのは短編集である「女のいない男たち」。
これが……すごい読みやすかった。私、村上さん大好きなんですけど、短編集はちょっと苦手意識があったんよね。長編小説だって、何度読んでも意味わかんないのいっぱいあるけど(「羊をめぐる冒険」とか)(それ初めて読んだやつちゃうんかい、わかんないのに好きになったんかい!)、それでも全体の空気というか、雰囲気が好きで……わかんないながらも「触れてたい」気持ちになるんだけど、短編集だとすごく、突き放されてるような感じがしてしまって…、それがすごく悲しくなるから苦手で。
でもこれ読んでる間、そんな気持ちには一度もならなかった。私が成長して理解度が高くなったのか、村上さんの変化なのか…わかんないけど、短編集が楽しく読めたことは本当に嬉しいことだった!
好きなセリフを一つ。
「でもどれだけ理解しあっているはずの相手であれ、どれだけ愛している相手であれ、他人の心をそっくり覗き込むなんて、それはできない相談です。そんなことを求めても、自分が辛くなるだけです。しかしそれが自分自身の心であれば、努力さえすれば、努力しただけしっかり覗き込むことはできるはずです。ですから結局のところ僕らがやらなくちゃならないのは、自分の心と正直に折り合いをつけていくことじゃないでしょうか。本当に他人を見たいと望むのなら、自分自身を深くまっすぐ見つめるしかないんです。」
あと表紙が超素敵。柳と、猫と、BAR。裏表紙には黄色い車。

次に読んだのは「ラオス」。紀行文集ということだし、タイトルも帯の言葉が気になりすぎて、本屋さんで何度も何度も手に取って迷って、結局今まで我慢し続けてた本です。
村上さんのエッセイは元々大大大好きで、めっちゃ期待はしてたけど、やっぱり超おもしろかった~~!!
真面目に、おもしろく、旅した時の様子を書いてる途中にいきなりおもしろいこと書いてくるから、バスの中なのに吹き出しそうになって困ったwww
アイスランド名物のパフィン(別名エトピリカ)という鳥の説明のとこ、
(略)秋冬は海の上を飛んで、魚を食べて暮らしている。野菜サラダとか焼肉なんかは食べない。魚だけを食べている。」とかwww いやうちが今ここだけ抜粋したらスベッてるみたいに読んじゃうかもだけど!いきなりだからほんと吹き出すよ!
同じ章でまたこんなのもあるw
「僕の読んだ本によると、アイスランドでは羊は家族同様に大事にされているらしい。もちろん最後には食べられてしまうんだけど、生きているあいだは、ということです。」 www
読んでて新鮮だな、と思ったのは、村上さんの体験とか、その感想だけじゃなく、読んでる人に向けて「ここに行ったらこういうことをするといいよ」みたいに語りかける部分がちょいちょいあることです。まあ元の文章の載ってる媒体が機内誌だったりするから、読んだ人が旅行に行きたくなるようなことを書くのはプロとして当然なのかもだけど。うちも旅行やお出かけの事ブログに書きまくってるけど、こういうのがあれば読んだ人も行きたくなるかもしれないし、知識も増えて「お得感」が感じられたりするのかもしれない……ってちょっと思った。

そんで最後に「多崎つくる」。一応長編小説だし、さすがにこれは時間かかるかもな~と思ってたんだけど、面白すぎて一日で一気に読み切ってしまった……。いやなにこれめっちゃ好き……なんでうち今頃読んでんの!?(ケチだからさ…)
これもいつか必ずハードカバーを手元に置こうと思いました。……なんやろ、村上さんの小説、どんどんわかりやすくなってない?え、うちが成長しただけちゃうよね?だって「羊」、いま読み返しても1ミリもわかんないのに!!(あの…さっきからヒデエですが、もちろん大好きです…)主人公「つくる」くんの思いとかが理解しやすかったのかなあ。いやうちにはああいう経験は…ないわけだけど……。
ドキッとしたセリフ。「沙羅」さんのセリフ。
「記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても、それがもたらした歴史を消すことはできない。」沙羅は彼の目をまっすぐ見て言った。「それだけは覚えていた方がいいわ。歴史は消すことも、作りかえることもできないの。それはあなたという存在を殺すのと同じだから。」
あとすごい好きな描写。いつもと変わらない灰田さんの様子のとこ。
しかしつくるが顔を見せるとすぐに本を閉じ、明るい笑みを浮かべ、台所でコーヒーとオムレツとトーストを用意した。新鮮なコーヒーの香りがした。夜と昼とを隔てる香りだ。
夜と昼とを隔てる香り……!!なんて素敵な表現なんだ。うちもいつかコーヒーの香りにこれくらい言えるようになりたい(無理だろうよ)。

他にも好きなセリフはいーっぱいあるんだけど、全部書いてたらえらいことになるからやめとこう。ネタバレやしね(今更…)。
そうそう、この小説読んでる間に、うちの日本語の誤用に気づいた。「こぢんまり」……!!そうやわ、「ちんまり」の展開形やもんね!うちずーっとずーっと「こじんまり」って書いてる…!!気をつけよう……(まあ他にも誤用めっちゃあると思うけど…)。
Comment

久々に、載せそびれてた写真たち

2017-11-20 22:47:07 | きょうのできごと
ライブツアーの写真とか、北海道の写真とか、このブログに載せるための写真が増えてごちゃごちゃしてたので、「載せそびれ写真」ってフォルダが作ってあったんですが、撮ったのが前すぎてなんだかわかんない写真は削除しました……(削除してもこれかい)。

本屋さんで見つけて、3秒で手に取ったしおり。

ビブラフォン!!(ペダルがあるのでビブラフォンです)
同じシリーズで他にも色々楽器があって最高でした。鍵盤打楽器もラインナップに入れてくれてありがとー!!

コーヒーゼリーが好きです。

喫茶店やとついついプリンとかケーキとかに目がいってしまうので、実際注文する機会は少ないんだけど、好きです。
四角くカットしてあるのが新鮮でかわいかった。

ひえー!「相棒コンサート」の時のおみやげや!!

結局うち、相棒コンサートのこと……(ブログ内検索)……書いてないやんけ!!バカーーーー!!
最高でした(おい!!!!)(ちなみに去年の10月…)。
先行抽選でゲットした席は結構前の方で、よく見えるからそれだけでも嬉しかったのに、フィナーレでドーン!と金のテープが降ってきて感動でした……。なんかコンサートとかでは定番?なんよね。うちは初めて見た!ちゃんと「相棒コンサート 響」って書いてあるし。
そして調子乗っていっぱい買ったお菓子の数々……。やっぱり相棒ファンなら、木札クッキーは買っちゃうよね。紅茶も!
あー、相棒コンサート、またやって欲しいな~。

何か、「ローストビーフ丼」にハマってたらしい。


この二枚の写真、10日くらいしか空いてなかったw
まあそりゃこんなお肉!アンド、ご飯!!なんて、うち、絶対好きよね……おいしかったです……。あー食べたくなってきた。

あんみつ。

私の「おいしいみつ豆の豆をいっぱい食べたい」って願いはずっと続いてます。今も続いてます。
これはどこで買ったんだっけ?何か、ちょっと(うちには)リッチな「あんみつ」が売ってたから、こういうとこの豆はどうなのかな??って思って買って、食べたんよね。……おいしかったです。うちの好きな「豆」でした。やっぱりこういうあんみつとかみつまめを求めていればいいみたいだ……。お店とかに行くと逆にダメなんだ……(安い舌だね……)。

親子丼。

梅田ってもう死ぬほど行ってるのに、まだ知らない通りがいっぱいある(いつも迷ってるからそらアンタにはそうだろね…)。
この時は母と梅田に用事があって出たんだけど、阪急とかじゃあまりにも昼食としてリッチすぎるからってウロウロと周辺を歩いてたら「こんなところに?」ってとこにお店が並んでたんよね。
てか私は本当に丼ものが好きやな……(そもそも「ご飯」が好きやしね)

ホットケーキ。

一気にたくさん焼いたから積んでみた。
冷凍して、ちょっとずつ食べました。しばらくはおやつの時間がしあわせでした。

大好きジャックインザドーナツ!

行ったら必ず食べるオリーボーレン。マジ好き…。大阪にも出来てくれないかな~。
あーでも大阪に出たらクリスピークリーム食べたくなるしな。

枚方T-SITE!!

T-SITEが枚方にできたって聞いた時「なんで!?なんで枚方に…!?梅田や難波でなくなんで枚方!?」って心底驚いたんですけど、今調べて知ったんだけど…TSUTAYAの「本店」って枚方にあったんですね!それの関係もあるのかな?
まあ、めっちゃ枚方の人うらやましいです…!こんな素敵な商業施設ができて!
ビルまるごと本屋さん&雑貨屋さん!うちの好きなものの極致!血液沸騰しまくりです!普通に一日ここで過ごせる!!!!
写真は、初めて見た「夜の姿」。もう見た瞬間叫びそうになったよ…!なんって、なんて素敵なの……!!見えますか、めっちゃ壁一面の本棚……!ああああ、うらやましい~~枚方の人~~~!!

お芋の天ぷら。

居酒屋さんの大量のメニューの中、最初に目が行ったのはこれでしたw
おいしかった……。なんでこんなにおいしくできるんだろう……。いつかの鹿児島帰省以来、「おいしいお芋の天ぷら」に真剣に取り組んでおりますが、未だ納得できるものは揚げれておりません……。

「せせり」。

初めて食べたけどめっちゃおいしかった!コリコリした食感なのに、すぐほどけていくようなやらかさ…!
せせり!覚えた。また、好きな食べ物が増えて嬉しい。

なんと、「キール・ロワイヤル」があった。

いやそりゃバー?とかならあるのかもだけど…!めっちゃ「居酒屋さん」やのに、キール・ロワイヤルがあって本当にびっくり!
カシスのリキュールとシャンパン(orスパークリングワイン)のカクテル。多分うちが初めて存在を知った「キール」(バイトしてたフレンチのお店に唯一置いてたカクテル)のゴージャス版!
……めっっっちゃ、おいしかったです。
そしてこのたった一杯でめちゃくちゃ酔った!すごい。特効だ、うちに。デュンヌ会の時に「なんだかワインは『酔う』っぽい」(※うちはカクテルとか酎ハイとか何杯飲んでもなんともならない)って気づいたけど、もうこれで確実やね。飲む場所は気をつけなければ……!w
Comment

服の買い物は難しい

2017-11-05 23:55:34 | きょうのできごと
私は昔から、服を買うのがド下手です。

いや、なんか……書いたことあると思うけど、お店では「変な服」にばっかり目が行くんよね。ツッコミどころがあるっていうか。「なにこれ!?」って思うと目が離せなくなって買っちゃうんだけど、そういう服って着回し難しいし、ちゃんとしたとこに行けないから結局お出かけで着れなくて、タンスの肥やしになるという…。
変な服って、デザインが奇抜ってだけじゃなくて、……アシンメトリーになってるスカートとか、肩の所がジッパーで開けれるカットソーとか、やったら薄い生地で下にペチコート履かなきゃ着れないような輸入物のスカートとか(色鉛筆で描かれたみたいな柄がカワイイ)、それ自体はすっごくかわいかったりするんだよね。でも、レベル高い。オシャレ上級者じゃなきゃ着こなせないやつなんだよね。
母と買い物に行って、「これがいいんじゃない?」って薦められる服は、いつもうちには「つまんなく」見えてた。だけど結局のところ、長く着れてる服、お出かけに着ていける服は、母が勝手に買ってきた服、ってことが多かった(それらもうちは最初「(えー…)」とか思ってたので、重症だった)。
何度も失敗(タンスの肥やしに)して、うち自身の「お店では変な服にしか目がいかない」って悪癖を自覚して、それからは素直に母の意見を聞くようにしてみた。もちろん頼りっぱなしじゃアカンと思ったから、本とかも読んでみたりして勉強して……。
最近はようやく、自分だけで選んで買った服を母に見せても「いいんじゃない」って言われることが増えてきて、うちもようやく成長できたかな!って思ってた、んだけど。

こないだ、「スカートを買おう」って思って服屋さんに出かけた。いつも通勤で通るところでもチラチラ見て探していたんだけど、どうにもうちが探してる感じのが見つからないから、ちょっと歩いてあんまり行かないショッピングモールに行ってみた。
そこでぐるぐる見て回って、結構探して、スカートを買った。秋物が早くもセールになってて、しかも2点買うともう10%オフ、ってことで(こういうの危険ってわかってるんだけど)、それならってまた色々見て、ずっと欲しいと思ってたスキニーパンツを試着してみたらギリギリ入ったので(うちは全体的には痩せてるんだけど、太ももが太くてスキニータイプはそこでひっかかるからよく試着室で絶望していた)(ねえ…そんなん書く必要、あるの…?うち…)うれしくて一緒にそれも買った。

その数日前に冬物を出したときに、収納ケースの中に一緒にしまったはずの手袋が見つからなかった。すごく気に入ってるやつだったから、まさかうち、あれ処分した!?嘘でしょ!?って慌てたけど、もう数年使っててさすがにちょっと手のとこのファーがへたってた気がするし、断捨離しちゃったかも…って思った。で、寒くなってきたから、手袋も買おうと思ってて……それも別のお店でなかなかかわいいのを発見して、ウキウキ帰宅(ついでに超カワイイピアスもなんと300円で)(安い自慢をするのは大阪のオバチャンやねんで……)。

で、さっそく母に見てもらったんだけど。イマイチな反応。
え!?ってなった。最近はこういうのなかったのに…。試着もちゃんとしたのにな、と思いつつも、でもうちのセンスが壊滅的ってのはよくよく自覚してるので「ど、どこがあかんかな?」って聞いてみたら「丈が、ちょっと短すぎるかな」って。
「タイツ履くよ!?さすがに素足では着ない(※その場では素足だった)。それでもおかしい??」
「膝が完全に見えちゃってるやろ?女学生みたいに見えるねん。」
確かに。チェックでかわいいと思ったけど、それもまた学生っぽいかもしれない……。
それにうちはかなりO脚で(太ももといい、難が多い足だな!)その丈やとそれが余計に目立ってしまう。ほんとだ……。もう意識しちゃうと、鏡に映るのも恥ずかしくてすぐ脱ぎたくなってしまった(買った日なのに…)。
「もうほんの、5cm、丈が長ければそれもいいんやけど…」
そう言いながら母は、自分がもうあんまり着れないというスカートを3着くらい持ってきてくれた(母はうちと違って服を結構持ってる。そして身長も体型も同じくらいなので服の共有ができるのだ!)。履いて、鏡を見ると、さっきと全然違って自分でも落ち着いて見れた。O脚もぐっと気にならなくなる。……ちょっとの差なのに、難しいもんだなあ……。

……久々に買い物で失敗してしまった。でも次からはそこを気をつけて確認するから、同じ失敗だけはしないと思う!
それにそうやって色々母としゃべりながら試して、結局その3着もらえたのでよかった!
断捨離、するのはいいんだけど、捨てすぎて着るものがないの困るね…w

ちなみに手袋の方も、ひょっこり別の所から出てきてこけそうになりました……。
い、いいのこれは……新しく買ったやつ、ちょっと仕事にしていくのはもったいかな?って思ってたから……お出かけ用にするから……。

黒で、ビジューがついてるのもあったんだけど、グレーの方がかわいいかなーと。
あと水色のお花が超かわいかったので!
Comment

「関ヶ原」見てきた!

2017-09-23 22:58:41 | きょうのできごと
話題の映画、「関ヶ原」見てきました!
私のブログにしては珍しい旬な話題です!(それでもワンテンポ遅いような…)これから見に行く予定の方は、こんなん読む前に見てきてくださいね!!
いやネタバレとかは……大丈夫かもだけど……。関ヶ原の勝敗は多分ほとんどの人が知ってるやろし……。

予告編(ロングバージョン)貼りますよ~。

……いや……貼りに行って思わず見入ってしまいました。映画の予告編ってどれもすごくよく出来てて、特に映画館で流れるのはめっちゃ見たくなるよなあ、うまいよなあと思ってたけど……関ヶ原のこれは特にすごいねえ……。もう見たのにドキドキしてくるし、見てるとなおさら「ああ、いいとこ抜いてるなあ!!」ってわかる……!
さあ、大丈夫ですか?この先読む前に、気になった方は映画館に行って下さいね!何卒!!
って、大したこと書くわけじゃないですけど…まあ一応ね。



枚方の星、ひらパー兄さんこと岡田准一くん主演!!ひらパーのいつもの便乗広告もキレッキレでした!!(まずそれなのか、書くの)
兄さんの時は全力でふざけてる感じだから、本当に同一人物なのか時々悩んでしまうけど……岡田くん、ほんっっっと、すごいねえ……。なんかもう、「すごい」以外の言葉が出てこないわ……。
ここにも結構書いてたけど、私は「軍師官兵衛」はかなり必死で見てたし、(つい最近「真田丸」に記録更新されてしまったとはいえ)歴代の中でもかなり好きな大河でした(1位「真田丸」、2位「官兵衛」、3位「功名が辻」、かな…「秀吉」はOPは今でも一番好きだけど、内容ほぼ覚えてないんだよね)。だから今度は三成って聞いてまず驚いたけど、おもしろそう!!とも思った!
三成は、今挙げた「うちが見てて、好きだった大河ドラマ」の中でも結構役者さんのイメージが違うというか…私の中であんまり定まってない感じだったから(よく光秀と混ざるし)(「みつ」だけやんけ!共通点!)、楽しみだった。
でも見てると、思ったより「官兵衛」の影響が自分の中に残ってるようでw、黒田長政さんが出てきたりなんかするともう大変でした。「(あっ息子さんが……いや違う!?)」みたいな!しかも長政役の人、今直虎出ててカッコイイ!って思ってた人なんだよ…。脳内大パニック…!

そうそう、上映は「日本語字幕版」を見たんですよ。昔の言葉だし早口だしで、歴史に明るくない人には辛いかもしれないという意見を参考にして!(大河の感想ツイートでもたまに見かけるねえ。字幕出して見た方がわかりやすいよってアドバイス) 本来は聴覚障害の方も楽しめるように、とのものなんだけど、誰でも見ていいみたいだったので(というか私は遊戯王の時にも見ていた)。
結果的に、これは、大正解でした……。言葉そのものというより、しゃべってる人の名前が出るのがありがたすぎた……。いっぱい人がいる場面でわっとしゃべるようなシーンも結構あったからね。多分字幕版じゃなかったら、誰が何言ってるのか全然わかんない!ってシーンがいっぱい出てしまってた気がする……。あ、これは私が歴史に疎いから、です!!(大河あんだけ見といてこの理解度の低さ…)詳しい人はきっと大丈夫です!!

ああ、でも映画は最初、「島津の兵たちがこっち(関ヶ原)に向かってる」シーンから始まるので、いきなりめちゃ字幕パワーを発揮してた気がしたw でも字幕って、セリフのしゃべりをそのまま字にしてるだけだから、「(これ、もう一行『標準語訳』の字幕が必要だね…)」って思っちゃいましたねw うちはさすがに聞きなれてるからざっくりはわかるけど、普通の人は鹿児島弁(しかも昔バージョン)って、代名詞(あっち、とかそっち、とか)もわかんないよこれ……。そういや来年の大河は西郷さんなんだよね?言葉、どうすんのかな……(余計な心配)
あ、でもおもしろかったのが、終盤のセリフで一か所だけ、字幕も二行になってたとこがあった!w(ルビで標準語が書いてあった)その単語自体は忘れちゃってたので、家に帰ってから鹿児島生まれ鹿児島育ちの両親に聞いてみました。
うち「島津の人らのセリフでな、一か所だけ字幕に標準語のルビがふってあるとこがあってんけど……思い出せないんやけど、なんかこう、『今すぐ!』みたいなニュアンスの言葉で、標準語と1ミリもかぶってない感じの鹿児島弁ってある?」 
父母「「いっき」」←ほぼ即答だった
うち「……なんて??」
わかんないよねええ……!字幕書く人も悩んだと思うよ……!悩んだ末のルビだったんだよ……(本当に「いっき」だったのかどうかわかりませんが)
島津……島津勢はね……ちょっと鹿児島出身者としては、見てて辛かったねえ……。「(戦ってよ!!何しに来たん…!)」って感じだったもんねえ……。てかパンフ読むまで知らなかったんだけど、あの「後」こそが大変だったんやねえ……。

そうそう、パンフ。私、面白かった映画は、見た後でパンフ買うって決めてて、関ヶ原も迷わず買いに行ったんですけど、800円ちょいと安い割に、ものすごい字の量で、ちょっと読むの大変なくらいでした…w すごいよこれ…。読み応えありすぎる…。
スタッフさんのインタビューにページが結構割かれているのが意外でビックリしたけど(原作者さんとか、音楽担当の人まではよくある気がするけど、殺陣とか美術とか衣装とか全部で9人!1人1ページ!)、それぞれがめっちゃ興味深かった!
あとロケ地が載ってるのも嬉しいポイント!でも多すぎて回ったりできなさそうだよこれ……(そもそも普段は入れないとこで撮影の許可が下りたパターンもあるっぽいし)。流鏑馬みたいなシーンはやっぱり下鴨神社だったんやねえ……!大好きだからすぐわかった、と言いたいところだけど、「(こんな場所が下鴨神社以外にもあるのか…!?日本スゲー!)」とか考えてたからやっぱり私はダメですね。京都通とか言えないですね…。


私は歴史上の人物で一番好きなのが秀吉さまなので(うち大阪人だしね!大阪弁喋れてないけど!)、家康は基本的に嫌いです(……)。官兵衛の時も真田丸の時も「おのれえええええ!!狸いいいいい!!」ってなってた気がします。
今回「関ヶ原」でますます嫌いになりました……。いや、でも「私が」憎いのはもう仕方ないとして…、でも感情的には、やりたいこと、言ってること、まあ、わかる気は、したかな……。予告にもあるけど、「わしが三成を選んだ」ってすごいセリフよね…。
てか、家康ってそれでも凄い人だから、人気あると思ってたのに、役所広司さんがパンフのインタビューのとこで「人気のないキャラクター」って言っててすごいびっくりしたよ…。そうかあ…。

秀吉さまは出番がとても一瞬でした…。でも滝藤秀吉もとても好きな感じでよかったです!!
秀吉さまが亡くなった後、最後まで持ってた、秀頼と遊んでた鞠の糸をほぐして、髷を結ぶやつにしてたシーン……悲しかったなあ……。思わず泣いちゃうとこもさ……。三成;; おのれぇい!家康……(←すぐこうなる)

うちは自分が歴史ぜんぜんダメってことを表現する時に「関ヶ原で誰と誰が戦ったかもわかんない(1600年ってことは知ってる)」っていうのを言ってたんだけど(おい…)、それこそ大人になってから熱心に大河とか見るようになって、自分でも調べたりして、それでもまだ混乱してた。秀吉さまが亡くなって、その後の天下人の座をかけて「豊臣家vs家康」ってなるのは、わかる。わかんないのは、なんで秀吉さまの部下だった人たちが、家康側についてるのかってこと。本当に、本当に意味が解らなかった。
映画見てる間も結構それはあって「(ねね様…!なんでなん……!)」って思ってたけど……、最後まで「三成」が主役の映画見て、パンフ全部読んで、やっとちょっとわかった気がする…。いやそれも「司馬さんver.の解釈」ってことなんだろうけどさ。

まだ秀吉さまが生きてる時から、今の秀吉さまは間違ってる、って感じのことを言う三成にドキッとした。この映画の最初から最後まで、自分の「正義」のために生きた人だった。
やっと、今まで何度も「三成」を見てきててやっと、少しわかった気がする……。


小早川さんとかさー、もう名前見るだけで「この裏切者がぁ!」ってなるやん?(え、ならない?)でも、…なんだかすごくかわいそうだったねえ……。ごめんなあ。これから「裏切った人」って目で見るのやめるわ……。
島左近さん、どんな人が全然知らなかったから、知れてよかった…。強くてかっこよかった…。
井伊直政さんも私、全然知らんのよね!なんか地味に苦労してそうで、直虎見る楽しみが増えました。
という風に、色々思い出したところに色々言うことがあるような、派手な戦闘シーンもあるけど地味に笑えるとこもあったり、色々ぎっちりつまったいい映画でした。DVD出たらレンタルしてまた何周かしたい。

あ、あと、伊賀者最強すぎじゃなかった……?
Comment