「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「相棒」、私の好きなサブタイトル

2014-11-11 23:55:04 | 相棒
相棒のことは時々無性に書きたくなります…!
どうでもいいことですが、うちのブログのアクセス解析、キーワード検索の上位20項目が全部「相棒」で埋まったことがあります!!ホントになんなんだこのブログは…。
そうそう、つい先日、開設から3500日を超えてしまいました!(さ…さんぜんごひゃく……)いつもありがとうございます!

とにかく今日は、ずーっとずーっと書いてみたかった、「好きなサブタイトル」の話!
すでにseason13、200話を超えている相棒のエピソード。そこから私の特に好きなサブタイトルを、考えてみたいなーって!!

あくまで、好きな「サブタイトル」なので、内容の好き度にはひっぱられないようにしてみましたが…なかなか難しいものですね。ばーっとタイトルが並んだ一覧見てても、ばっと目に入るのはやっぱり好きな回だもの。「狙われた刑事」とかね!(真っ先にそれか…)

それではさっそく1つめ!いきなり「一番好きなサブタイトル」の発表です!つーかこれの話がしたいからこの記事書いてるようなもんだ!(……)
これだっ!
season6「悪女の証明」
雛ちゃん大好きなんです……!!!!(アンタ、内容にひっぱられないようにって、書いたばっか…)
いやこのサブタイトルはすごいですよ!もう事件が解決した後、最後の最後、確かもうテロップが流れてるようなあたり?の右京さんのセリフがこのサブタイトルに通じてるのですが…。
サブキャラクターとして初期から登場しており(しかも毎回何かと黒い)、相棒界での大物議員である「片山雛子」さんとのラストの会話シーン。右京さんと亀ちゃんの捜査により、真犯人が捕まって…一部で犯人ではないかと疑われていた雛ちゃんは、私が無実であることを証明してくれた、みたいなことを言うんですが、それに対して右京さんはこう返すんですよね。自分が証明したのは、彼女のしたたかさだって(※右京さんはもっともっと品のある言い方してます…)。身の回りで事件が起こるたびに、ダメージを受けるどころか、それを利用して政治家として大きくなっていく…。
つまり、証明したのは、片山雛子=悪女 ってこと!!!
…っていう、サブタイトル!!なんですよ!!すごくないですか…!事件関係ねえよ!(ちなみに殺人事件が起きています…)
でもめっちゃかっこいい…!何度見てもしびれるラストシーンと、サブタイトルです。っていうかネタバレがひどいなこれ(気づくの遅ェ!!)

次はこれだっ!
season3「大統領の陰謀」
えー…私が相棒にハマって、再放送を探して見まくってる間、season3ってなかなか放送がなかったんですよね。んで、ようやく始まって…番組表か何かでサブタイトルだけ見た時にびっくりしたんです。もう、相棒界のことは大体わかってきたと思ってたけど…だ、大統領?いたっけ?みたいな。単純に、インパクトがあった。
見始めると割と早い間に「大統領」の名前がどういうことかわかるんですけど……、見終わってみると、ああなるほどなあ、確かに「大統領の陰謀」って言えるよなあ、って思える回で。それでまた一歩引いてこのサブタイトルを見た時に、なんとも言えないカッコよさがあるなあと思うんですよね…!海外ドラマとか映画のタイトルみたいじゃん!でも大統領はああで、真相がわかるとちょっと悲しい話で…みたいな、印象がくるくる変わる感じがまた余計に好きなのかも(いや、そもそも「相棒」に底抜けに楽しい話とか、ありえないんですがね…)。だから「悪女の証明」とはまた全然違う感じで「好きなサブタイトル」です。ハイ。

そして…、まー上げてきゃきりがないんですよね、マジで。でもあえてもう2つ選ぶとしたら。
season3「ありふれた殺人」
season5「裏切者」

この2つはねー…ほんと、つらい話なんですよね。でもどっちもすごく好き…。「相棒」らしくて…。
これは今、書きながら気づいたことなんですけど、この2本はどちらも劇中に誰かがそのサブタイトルを「セリフとして」口にするんですよね。ざっとサブタイトル見て思ったけど、意外とそういう話は…多くない、と思う。いや、多分、「圧倒的に少ない」です。
んで、どちらもそのタイトルコールの瞬間がね…すごい、悲しいの……。今、思い出すだけで泣きたくなるくらい。そういう意味でものすごい印象的なタイトル。しかも…んん、例えばメインの事件の犯人が最後に追いつめられて吐露する悲しい動機とか、そういうのじゃないんです。…これはネタバレに配慮してじゃなくて、ちょっとここに書くとかできないんだよねえ。複雑だし。なので是非見てみて下さい!(わけわからんタイミングの宣伝)
てか、普通に内容見てなくてもさ、「ありふれた殺人」って、どゆこと!?ってなるよなあ。なるよなあ~…。
そういう意味では「裏切者」の内容の意外さがすごい。裏切ったから殺されるとかじゃないんだよねえ…。


うーん……自分が思った以上に書けてスッキリしました!!!!(……)
あとオマケ。
「見ただけでちょっと笑いそうになるサブタイトル」。
season5「犯人はスズキ」 犯人はヤス、みたいだ…。でも中身は結構深刻で全く笑ってる場合じゃない。
season9「陣川警部補の活躍」 タイトルからして陣川をバカにしてるみたいでおもしろい(すげえひどいなオイ!!)
season10「名探偵再登場」 名探偵って!!再登場って!wまあでもこれはseason5の「名探偵登場」のタイトルと、中身のおもしろさあって笑えるサブタイトルだよなー。

あとは「内容の好きさにひっぱられてるのわかってるけど…やっぱり素敵だと思うサブタイトル」とか。
season4「ついてない女」 幸子ー!!このサブタイトルに、ラストの名乗るとこ…役名のテロップが出る瞬間まで最高だー!
season8「ミス・グリーンの秘密」 ミス・グリーン!神戸くん…!!;;
season12「右京さんの友達」 右京さーーーーーん!!また友達が捕まっ(ry
ほんとにきりがないのでそろそろやめなくちゃ…。
でも楽しかったです!これからも素敵なサブタイトルと出会えればいいな…!
相棒season13、絶賛放映中ですよー!見ましょう!!
Comments (2)

相棒劇場版3、公開!

2014-04-26 23:56:00 | 相棒
祝!公開!!


迷彩タオル欲しさに買ってた前売り券使って、初日から見てまいりました(どうでもいいけど、あの迷彩柄からいまだにイタミン見つけられないんですけど…)。
いつでもすいてる印象のうちの地元の映画館ですが、さすがに今日は多かった!うちが割とギリギリに入ったせいもあるけど、受付で席を選ぶときに「もうほぼ埋まっておりまして…」ってセリフ、ここで初めて聴いたよ!(って、言うほどうち自身映画に行くわけじゃないけどさ)
ざっと見たところ、年配の方が多くて、ああ、相棒は広い世代に愛されてるんだな~…って思いました。
でもお隣に並んだファミリーは、どう見ても小学校低学年の少年もいて!失礼ながら「(わかるの!?)」とか思っちゃったんですけど、こないだ珍百景にイタミン好きの小学生も出てたしなあ。全部わからなくても、おもしろいと思えるのはすごいよね、うん。
ほんとに広い世代に愛されてる!

…そうそう、映画が始まる前の予告編って、私、わりと好きなんですけど。
驚いたのが、上にも貼った予告に使われてた曲が、他の映画の予告に使われてたんですよね。
すごいびっくりした。ちょうど、「(そういやあの予告の曲、本編で流れたっけ?)」って思ってて、2回目の今日はちゃんと気をつけて聴いとこうって考えてたんですよね(私は1度目の映画だと、見るのに必死で音楽とか歌とかあんまり頭に入ってこないし、全く記憶に残せないんです…)。かっこよくて好きだから、サントラに入るなら借りよう、とも思ってた。
で、本編では流れなかった。
…その映画に、相棒の音楽を作ってる池さんが関わってるのかな?とも、ちょっと思った。前に「探偵はBarにいる2」で、内村刑事部長の中の人が出るシーンで、なんとX DAYの時の部長のテーマ曲が流れる、という「遊び」があって(いやあっちが先なのかもしれんけど)、そういうのかなって…。
それかもしかして、うちが知らんだけであれは有名なクラシックの曲なのか?と思って、調べたら…、あれは「映画の予告」のために作られた曲で(そういうのを作ってる人たちがいらっしゃるらしい)、複数の映画の予告で使われるのも珍しくないそうです!し、知らんかった。
でもよりによって同じとこで…w
うちはもう、特にここ数週間はあのCM見ない日なんてなかったけど(「裏相棒」とかでも必ず流れてるし)、普通はそんなことないから気にならないのかなあ?


……そうだなあ、ちょうど予告も貼ったことだし、それに出てるシーンとかのことなら書いてもいいかな?

・イタミン……!!
真っ先にそれかい!!
えー、あの予告編が公開された瞬間から、イタミンの身に何かが起こるのかと戦慄して泣きそうになっていたイタミンファンの皆さん(含む私)!
大丈夫です!!
まあ庁内歩いてるシーンもあるから、殉職とかを心配してる方はいないとは思いますが…。でも「相棒」だからね…。レギュラーキャラでも時には容赦なく退場させられる「相棒」だから…!(※「退場」は官房長や三浦さんのことなので歴代相棒の交代の話ではないです)安心はできない…!
しかしね、…まだ詳しく書かんでおくけどさ、
よりによってそこを予告に使われるなんて……お前はヒロインかと。
さすがイタミン。オイシイ。

・爆発!
劇場版ではおなじみになってる派手な爆発シーン。のっけから派手でした。
ていうか、島のシーンはいろんなものが派手だった。戦闘シーンとか、すごい。普段あんまやんないからよけいにそう思うのかな。
どこかのインタビューで水谷さんが、今回の爆発シーンも予想よりすごい規模で…とか言ってたけど、毎回それ聞いてる気がして本当に危ないんじゃ…って心配になるw(バベルの時とかも…)
劇場版1の爆発シーン、火薬ちょっと多すぎて…って話は聞いたことあったけど、実際に水谷さんの髪の毛が焦げちゃってたとか初めて知った!危ないっちゅーねん!!

・神戸くんが意外と出るよ
少なくともX DAYよりかは出番が多いよ!(体感ですが)
ってか、今日の初日舞台あいさつで言ってたそうですが、「意外と」どころか台本15ページ!またそれを長回しで撮っててすごく大変だったみたいです。説明係の神戸尊!

・次長の笑顔が黒くて怖い
今回は雛ちゃんが出ない、というのには先行上映のあとしばらくしてから気づきました。その分の黒さを一人で背負う次長。
ストレートに黒かったり、とぼけたふりの上にしおらしくしてみたり、官房長とも雛ちゃんとも違う黒さを存分に感じさせられました……
が!!こないだの大阪先行上映の時の「めっちゃ自由でおもしろい人」ってイメージが拭えなくて!!映る度にちょっと笑いそうになっちゃったじゃないかどうしてくれる…!www

あとは……そうだなあ、予告ラストの、真っ黒の雨がっぱのフードをゆっくり外す右京さんのシーン…
の、前が、大変かわいくてなごみました!!
幸子もー!出番ちょっとだったけどー!めっちゃめちゃ美人で綺麗でもう、見とれる!!かわいい!!


映画のテーマはね…、ちょっとねえ、うち、ここでいつかちゃんと語れるんやろか、って思うくらい…いや、ハッキリ書くと「(ネタバレに配慮してじゃなく)できればそれについては黙ってたい」って思うくらい、重いんですけど。
もう、なんか、ずしーんって…。
軽く「映画おもしろかった」とか言えないくらい。
でもそれって、…とても手に負えないような大きな問題も、考えてみようって、思えてる証拠なのかな…、わかんないけど。


とにかく!公開ですよ!ついに、相棒の、映画が!!
相棒ファンは劇場に急いでください!ネタバレを目にする前に!w
…いや、ほんと、誰かの意見を見る前に、自分の目で見て、考えれたら…いいと思う。

そして舞台挨拶も!行ける方は是非行ってほしい…私のかわりに;;
がんばって全国回ってくれるキャストの皆さんに、ひとつでもたくさん席の埋まった映画館を見せてあげたい…!
そして、頼む!!日本、もう一周!(←無理だよ)
Comment

相棒劇場版3、先行上映会の話

2014-04-25 23:48:41 | 相棒
えー、4月2日に行われた先行上映会の……
今頃すみません(土下座)。

気を取り直して!
全国200万人の相棒ファンの皆さーーーん!(X DAYの時の呼びかけの倍にしてみた!)
いよいよ相棒劇場版3、明日公開ですね!
公開初日だけでなく、翌日からの舞台挨拶の予定も…現在進行形で増えてますね!キャストの皆さんは移動が大変でしょうけども、いつもテレビで応援している相棒メンバーと生で会える貴重な機会なので、これは本当に嬉しい!!
関西もありがたいことにえらい回数の舞台挨拶があります!(京都、大阪はまあわかるとして、…くずは!?え、神戸も!?みたいな。京都も大阪もそれぞれ2カ所であるし…すげえ!!)
……だけど、ひっ、日頃の行いが悪いのでしょうか…。私、公開初日は休みなんですけど、それ以降ちょっと予定が詰まっていて、今のところ、どの回にも、い、行けないっぽいのです…。通常ならどの日にかは仕事が終わった後にサクッと向かう、とかもできたはずなんですけど、4月からちょっとシフトが変わってて…ううっ…。
せ、せっかくイタミンも大阪に来てくれるのにぃーーーー!!

…本当は泣き出したいくらいショックなんですけど、泣いても行けないので…。
せめて、4月2日の先行上映会に参加できたことを喜ぼうと思います。あとそういえば前売り券買ってたんで(タオル欲しさに)、それで初日に普通に見に行きます…。
うん、簡単に行けるもんじゃないんだって思っとこう!だからこそ「行ける時」が大切なんだ…!去年のX DAYの時とか!こないだ参事官と次長に会えた時とか!!

というわけで楽しかった時間を思い出して自分を慰めようと思います!

4月2日、全国5カ所で同時開催された相棒の先行上映会!
大阪・梅田ブルク7には、参事官役の小野了さん、警察庁次長役の石坂浩二さんがゲストとして来てくださいました!
その、5カ所の舞台挨拶をネット中継で繋ぐ、という初の試みだったんですけど…もう、素晴らしかったです!本来なら1カ所しか見れないはずだったのが(1か所だって見れない場合もあるのに!…ウッ、思い出して泣きそう)、ぜーんぶ見れるんだもの!超お得!!

ダイジェストがこちらの動画になってます。でもこれ、当たり前だけど、すっっっごいダイジェストです。
ちゃんと時間計ったわけじゃないけど、全国の会場と中継開始からでも30分くらいあった気がする。で、その、中継始まる前・終わった後にも会場のゲストはしゃべってくれるんだもんね。
…X DAYの時も…30分もなかったと思うし、今回の舞台挨拶のページ見てると(ウッ…自ら傷を広げるマネを…)、時間としては15分くらいに設定されてるとこもあるみたいだから、この時はかなり長かったんじゃないかなあ…。満足度すごかったですよ。舞台挨拶終わった後、「あ、そうだよこれから映画なんだよ。何時に終わるんだっけ…」ってちょっとだけ心配になったもんなあw

会場によって差があるみたいですが、大阪の当日の流れ!

司会の女性が登場・注意事項などの説明

参事官&次長登場!

お二人が順番に挨拶

東京からの中継が入る

東京会場の司会の女性の進行で、東京の主役二人+大阪の参事官と次長の4人にインタビュー

各会場、同様に繰り返し(博多→札幌→名古屋)

5会場でヒット祈願の「乾杯」!

主役二人の最後のメッセージ

中継終了

参事官&次長の挨拶

舞台挨拶終了

…ちょっと記憶があいまいなんで(時間経ちすぎなんだよ!!)、間違ってるとこもあるかもですが、まあ順番に。

参事官と次長って不思議な組み合わせだなあと思ってたんですけど…(本編でこの二人がツーショットになることはおそらくない)、
まー、石坂さんのおもしろいこと!甲斐次長が普段のドラマ本編では楽しげにしてるシーンはない上に、息子とめちゃ険悪だったり裏で黒いことしてたりとかばっかりなので、すごいギャップでした…。
最初の挨拶がまず、「えー、大阪ということで、ここは阪神ファンの方も多いでしょうね!まだ一勝もしてないですからね…(しつこいですが4/2の話です)、今年も阪神をよろしくお願いします!」でしたからね…www映画の宣伝しに来たんですよね!?阪神の宣伝…!?www
もうその後もめっちゃフリーダムでした。い…石坂浩二さんってこんなおもしろい方だったのね…。古畑任三郎のラストのスペシャルに出てた時の印象が強くて(何年前やねん!)、元々素敵な方だとは思ってましたが…お、おもしろかった…。
で、また参事官役の小野さんが、控えめな方なんですよねえ…。一緒にいるのが石坂さんだからってだけじゃなく(それもあるとは思うけど)、前にガンガン出てくるタイプでは全然ない。だからますます石坂さんのオンステージでしたw誰も止められない…w
今回の舞台挨拶で、多分石坂さんは小野さんの倍しゃべってました(時間・量、共にwww)。普通等しくしゃべるもんじゃないのか…!本編でも舞台挨拶でも苦労人ポジションの参事官ェ…。

苦労人な参事官その1・髪の毛ネタは大阪会場…だけで終わらなかった
おい、上のダイジェスト…!そこ「だけ」を抜くんかい…!www
いや、きっと水谷さんに悪気はなかったんでしょうけども!!
てか、大阪会場のやり取りを見てたの?って思ってしまった…。中継が始まる前にですね、挨拶に続いてやはり「参事官は初期から相棒にずっと出演されてるわけですが~」みたいな話を振られてて、変わったところは、って聞かれてそうですね~って考えてたら、隣の石坂さんがご自分の頭を指さすんですよ!!ひどいwww
だから中継になって(多分、偶然)その「変わったところ」ってフレーズが出ただけで、「またwww」みたいな笑いが大阪会場ではちょっと発生してましたwよりにもよってその時にカメラさんまで参事官に寄るし!みんなして!

苦労人な参事官その2・次長のギャグ
これも中継前の話。参事官が話し始める時に唐突に
「4時でも参事官?」って……もおおおおww次長wwwwwほんとにフリーダムwww
「大阪の方はお笑いに厳しいから、ギャグをそんな軽々しく言ってはいけないんじゃ…」みたいに言う参事官。「そう?そんなことないよねえ?」って会場の方を向いて言う次長に、温かい笑いを返す会場(優しい)。
そしてそこからまた次長がしゃべり続けようとしたので「あの、僕しゃべっていいでしょうか」wwww
まだ自己紹介とか挨拶とかそういう段階だったんだよ!邪魔しちゃあかんよ次長wwwさっきいっぱいしゃべったじゃん!!

苦労人な参事官その3・中継開始
司会の方に振られて今回の映画に関する話をしてる途中だったのに、…唐突に女性の声がかぶった!
一瞬、会場も、舞台の上のお二人も、「えっ?」となる。
すぐにわかるんだけど、それは東京会場で司会をしている方の声でした。後ろのスクリーンに映像もつながる。
大阪の司会「あっ…中継、つながるみたいですね」
ええええええええええええええええええええええwwww
参事官wwwまだしゃべってる途中なのにwww
何も言えず苦笑いの参事官…笑いに包まれる会場w
「大阪の皆さーん」って呼ばれた時には、笑顔と拍手で中継を迎えた会場でしたが、その直前にはまたかわいそうな目に遭ってる参事官がいたのでしたw
で、そのまま中継が始まり、全国の分に繋がっていくので結局参事官は続きをしゃべれなかったという…。ひどいwww

書いてる間に思い出してきたフリーダムな次長(ありすぎるので箇条書き)
・開幕阪神の宣伝。
・「(会場に向かって)よくぞ今日、来てくださいました。僕なら来なかったかもしれない」いきなり何言ってんの次長!?www
・「次長」という立場の偉さの強調。「警察庁の!2番目ですからね。警視庁じゃないですからね。警視庁は東京都だけですけど、全国の警察をまとめる警察庁の2番目!すごく偉いんですよ。」(←10年以上「参事官」から変わらない中園さんにも向かって強調)
・一応、真面目な話もされていました。「相棒」は常に新しい挑戦をしてる、とか…。ずっとシリーズも見ていたらしく、すごいじっくり語るのね。…そのために参事官が途中で切り上げになっちゃったような気もするけどw

中継中は…どことの中継時もそうなんですけど、主に主役二人がしゃべるんだよねwいや、いいんだけど。特にダイジェストではそれが強調されてる感じ(北海道の二人なんて聞き入ってる「だけ」みたいwめっちゃおもしろかったのにw)。でも実際はもっと、もーーーっと、役者さん同士のやりとりもありました。ほんっと、見れてよかった!
ていうかどの質問もきっちりがっつり答える主役二人はすごいと思いました。

中継中のおもしろかったとこ
・甲斐親子が画面に並んだとこで、確か右京さん?が「お二人、何か似てますね」って言った。じゃあカイト君が普通に「親子ですからね」って返してて、一瞬納得しそうになった…。
・福岡のイタミンが映った瞬間、会場が静かに色めき立つのがわかった(私ももちろん。思わず画面に向かって手を振りそうに…)(おい)。イタミンファンはやはり多い。
・中継先の会場の様子とかはもちろん映らないんだけど(そして多分、拍手とかも思ったより向こうには届かない)、右京さんが冗談で「そっち、お客さん入ってますか?」とか言うのにムキになって観客席の方向に自分のマイクを向けて、拍手や声援を拾おうとするイタミンかわいい。会場の皆さんうらやましい。
・水谷さんは川原さんの立会人を務めた、って話の流れで、東京の司会の方が「そういえば今日の徹子の部屋のゲストは松本幸四郎さんでしたね。川原さんの結婚式の写真も出てましたよ~」とか言うのを「その話はいいから!」みたいにさえぎる照れ屋さんのイタミンかわいい。あと、見たかったです……写真……ぐおお。
・ダイジェストにもあったけど「僕らは瞬殺ですから」発言。「(あ…そうなの?今回も出番少ないのかなあ…)」って思った。…ネタバレやんイタミン!!いやそれにしても1日撮影5日休みは結構辛いでしょうね…。
・三浦さんの一人フットサルは、映像特典に収録されたらDVD購入考える。
・監督がぼーっとしててかわいらしかったです(えー)
・メガネなくて髭がある部長、一瞬誰かと思っちゃった…!しかもニコニコしてるし。警備員に間違えられそうって、……そ、そんなこと…いやあるのかな。
・芹ちゃんが元気でめっちゃ楽しそうやった!部長がしゃべってる後ろで謎の動きをするもんだから話が頭に入ってこなくなったけど…。

紅茶で乾杯!には驚いたけど、相棒らしい…!
っていうか!あの右京さんの独特の紅茶注ぎが!!生で見れるなんて思わなくて感動した!!いや画面越しだったんだけどさ!それにしたってやっぱりすごい!!
各会場の皆さんも紅茶のカップを片手に…すごい不思議な光景!!w
「乾杯、って言うならちゃんと言い切った方が恥ずかしくないものです」みたいな右京さんの言葉もあったので(それを受けての「覚悟は決まりましたか?」です)、私も一生懸命「乾杯!」って言いました!
相棒劇場版3、ヒットしますように!!
それでもう一周…!舞台挨拶プリーズ……!(まだ諦めきれない)

紅茶より後だった、…よね?
「フォトセッション」の時間も楽しかった。マスコミさん向けの撮影タイム?
各会場で「相棒」「劇場版3」みたいなプレートを持って、それが画面に並んだ状態で写真撮ってたんだけど…それが結構長くて、役者さんたちは大変そうでしたw
東京には会場にはいっぱいマスコミさんがいたのかな?主役二人は何度か立ち位置とかも変えて、何枚も撮っていて…
その間、イタミンがもう細かくいろんな表情しててめっちゃおもしろかった。だる~、みたいな顔したり、キリッとしたり、司会の方が「伊丹さ~~ん!笑って下さい~~」とか呼びかけるとニヤリと大げさに笑って、またちょっとしたら「ハン」みたいな顔したり…w ずっと見てたかった!!(あと司会の方はぼーっとしてる監督にも呼びかけたりして大変そうだった…w)

最後の、主役二人からの挨拶。
…水谷さんは今までも何度か普通に話すの見てるけど、成宮くんのそういうの見るのは初めてだった。カイト君も若干そうやし…オレンジデイズの時のナントカ君役とか見てて、どーにもチャラいイメージがあるんだけど、成宮くん本人はすごく落ち着いて、言葉をちゃーんと選んで考えてきちんとしゃべる人なのねって、すごい思った。
他の出演番組(映画の宣伝で出てるやつね)とか見てもそうで、好感度上がりまくりです。噛んじゃうのもかわいかったw


中継終了。
「史上初のネットで繋いだ舞台挨拶、いかがでしたか?」と聞く大阪の司会の方に間髪入れず答える石坂さん。
「結構めんどくさいねコレ!」
石坂さんwwwwwwwwwもうおもしろすぎるwwwwwwwww
石坂さんと小野さんのお二人は中継終了後もずっとスクリーンの前のところで他の中継を聞いていたんですけど(イタミンとかは他の中継中も会場に向けてしゃべってたらしい!?ううう、うらやましい、福岡の皆様…!)、その場所からは近すぎてスクリーンの映像が全く見えなかったそうです!そ、そうなのか…音声だけ!それはちょっとツライかも…。
だからか、石坂さんはちょっとお客さんが楽しめたのかどうか心配してる感じでしたけど、いやいや、すっごい楽しかったですよ!ね!?大阪会場にいらした皆様!!長かったけど…それだけじっくり話を聞けたんだし!

あと、最後の挨拶で石坂さんが「さっきすごい噛んでましたけど、息子が頑張ってますんで、映画、是非見てやってください」とかも言ってて、…もう、もう、画面の中の甲斐パパと、石坂さんの今までのイメージと、今日の本物の石坂さんのおしゃべりっぷり(そして最後もいいとこは持ってく!)が乖離しすぎててイメージぐちゃぐちゃです!
最後まで控えめな小野さんも素敵でした…!がんばれ参事官…!ますます応援したくなる!



あー…絶対「あれ書くの忘れてた!」っての、あるだろな。すぐ書かなきゃだめね。舞台挨拶に行けたら…今度こそ私、すぐブログに書くんだ…(ウッ;;)
とにかく!おもしろかったです!
完成披露試写会って東京ばっかりで、仕方ないことだけど悔しい…ってイメージがずっとあったんだけど、ネット中継とかすれば全国で完成披露の舞台挨拶も楽しめるんだ、ってわかって目からウロコです!いや、そればっかりになったら嫌やけど…関西にもたまには来てほしいけど!でもそれは大丈夫そうですよね、このがっつり日本縦断してる舞台挨拶のスケジュール見ると!

相棒は毎年ありますけど、劇場版は毎年あるわけじゃない…。先行上映会も、宣伝のためのテレビ出演が増えるのも、そして舞台挨拶も、まとめてお祭りみたいなものだと思ってます。
だからもっと、盛り上がるといいなって思います!
石坂さん…が言ってたんだっけ?先行上映会に行った人達は、映画を宣伝する使命がある!ってw
頑張る!いきなりこんな遅いけど!一応公開日には、間に……間に合った。

映画の内容はね、…うん、「相棒」でしたね。
「わー、そこに切り込んじゃうかー…」って思った。
いつも思うけど、制作側は怖くないんやろうか…。こんな物語を語って、さ。
でも、怖い思いをしてでも、うちら見る側に……考えて欲しいことがあるんだろうなって、すごく、思う。

X DAYの時の脚本家、櫻井さんの言葉を思い出す。
「実際に体験したら心は壊れてしまうかも知れない。だからこそのドラマだ。」
考える力を、想像する力をつけて、心を強くする。
それが「ドラマ」にできることだったら……。


相棒ファンの方はうちが呼びかけなくても映画は行くだろうし……
でも、相棒知らない方には、いきなりテーマが重すぎるかもしれない…。
そんなあなたに!!まずはスピンオフの「X DAY」いかがでしょう!!(え?あれもテーマは重い?)
27日、地上波放送ですよー!イタミンですよ!見ましょう!!
Comment

あなたが選ぶ「相棒セレクション」、結果発表!・後半

2013-12-19 23:27:35 | 相棒
続きです。

第13位。
season5 第20話「サザンカの咲く頃」
season5最終回スペシャルですねー。
スペシャルはいつもの倍くらい時間があって、だから通常回より複雑な話とか、深い話ができる。イコール、スペシャルは全部素晴らしい!ってことにはならないけれど、でもやっぱり印象的な回は多くなりますよね。それプラス、単純に最近あった話の方が記憶にある人のが多いだろうから、season10や11が多くランクインするのも当然だと思うんだけど…。サザンカは5ですか(※バベルも)。すごい前だよ。でも、わかる。おもしろかった!
この話はちょっと複雑で、「え?え?」とか思いながら必死で見返した記憶も。でも、わかんないから「わかりたい!もう1回見よう!」って思える、それもまた楽しいんだよねえ。わかってるつもりで見てても新たな発見があったりね。
あーでも、ちょっとあらすじググってみてどんどん思い出してきた…。いや、これは確かにすごい話だったわ。皆、よう覚えてるなあ。そうそうそう、官房長がさあ、めっちゃくちゃ怖いんだよねええ…!長官にあんな…!
でもああいう官房長、好き。好きだったなあ…。

第14位。
season11 第1話「聖域」
賀来千香子さんが!!相棒に出てくれるなんて……!
もう予告から感激しすぎて死にそうでした。season11初回スペシャル、三代目相棒カイトくんの登場回です。
とにかく賀来さん演じる奥様が美しくて、そこで働くメイドさんになりたいと思ったほどでした(……)。
右京さんの静止も聞かず犯人に殴り掛かり(しかも一発目は頭突き。カメラに向かって。)、反省するために廊下に出されたりしてたカイトくん…これからどうなるのやらと心配になりましたが、この時に比べるとずいぶん大人しくなりましたね。素直に言うことを聞くようになった、というか。

第15位。
season7 第17話「天才たちの最期」
いや、これ、これが一番びっくりしたなー…。
9位の「越境捜査」と同じ、相棒なしの期間の話。う、うちは、あんまり好きじゃない話、かな…。嫌いとかじゃないんだけど、印象があんまないっつーか…(実際、「これどんな話だっけ」と思ってググってしまった)。ど、どうしてこれが15位なんだろう。殺された人が超カッコイイから?じゃないよな…うーん。悲劇的な話ではあったけど…うーん。何か重要なシーンを見逃しているんだろうか。今度再放送でやったらじっくり見てみよう…。

第16位
season9 第6話「暴発」
うむ。納得。重い、重い話。でも好きな話。
12位の「特命」のとこでも書いたけど、とにかく冷静に、真実を暴こうとする右京さんが怖い。どうしてそこまで!?って思っちゃう回。
そりゃ、右京さんは正しいんだろうけど……。「けど」って、視聴者もすごく思うように作られてる話だと思う。
右京さんの姿勢に反する、三浦さんのセリフが重い。やってるとこは映らないけど、神戸くんの行動も。
「納得いきませんか」って芹ちゃんに聞かれて、イタミンが返す、力のない「…わからん」が、全てのような気がする。

第17位
preseason 第2話「恐怖の切り裂き魔連続殺人!サイズの合わないスカートをはいた女の死体・・・」
はい、プレシーズン2話!「浅倉」のエピソードですね!
この回で逮捕されるにも関わらず、この後何年も「相棒」の世界で存在感を放ち続ける殺人鬼・浅倉。生瀬さんが好演しすぎでマジで怖いです。
…実は私、この回を最初から最後までしっかり見たことがないんですよね。再放送に気づいた時も途中だったり。もう、DVD借りようかなあ…!あと、相棒シリーズで未だ、一度も見たことないのがプレシーズンの3話目なので…!あーもう!借りる!DVDレンタルする!!

第17位
season11 第19話「酒壺の蛇」
おお、同率順位。直近の「最終回スペシャル」がここにランクイン!
このタイトルから最初に思い出したのは「なんかカイトパパが右京さんに最後冷たくあしらわれる(会計別にされる)」ってとこだったんですけど……うん、あんまり見返してないんだよね!!最近過ぎるねん!(最近でもイタミン回なら何度でもリピートしてますが!)
ググって思い出した。ああ、課長が素敵だった回か……って、ああ~~!あの、手紙の回だ!!この回って、見てて、だんだん、「この女ァ!!」って、言えなくなったんだよねえ…。で、最後の手紙…。
「だが君は、私との愛があれば、難しいことはわからなくていいと言った。難しいことを考えられる幸福より、愛に溺れる快楽を選んだ。そんな君を私は、心の底から愚かだと思う。そんな君を私は、ずっと嫌いだった。これからも、ずっと嫌いだ。」 
これを「まるで恋文」だと言った右京さん。
「信じる」って言葉はとても素敵だけど、その素敵で綺麗な言葉を隠れ蓑にして、自分の頭で考えるのをやめてしまう、というのは本当に愚かなことなんだなと思った(と、当時の自分のツイートにもあった)。
で、記憶をほじくり返してるうちに気になってついDVDに残してたのをざらっと見直してしまいました…。いやあ…おもしろい回だ…ハラハラして(遅いよ思い出すの)。
岩月くんも出てたねえ。イタミン、かっこよかったねえ…!納得のランクイン!

第19位
season11 第17話「ビリー」
おめでとう岩月くんーーーー!!!!!おめでとうイタミン!!
相棒のスピンオフ劇場版第二弾!の、「X DAY」でのイタミンの相棒、サイバー犯罪対策課の岩月くんが初登場する回です!!!!
「X DAY」よりも後日の話になるために、すでにイタミンと岩月くんの間には確固たる信頼関係が築かれております。でもこの回の放送は映画公開よりも前。こんなの、気になりすぎるでしょう!二人の出会いとか…!!なんという上手い宣伝…!!(えー)
いや、まあ、よくできた映画の宣伝の回ではあるけれども、この回だけでも十分に面白い!大好きな回です!フェイスグッド(この世界のフェイスブック)を使った捜査ということで、色々と考えさせられる点も多いし…。イタミンの出番も多いしね!右京さんとセットで「女心わからないブラザーズ」とか芹ちゃんに命名されてるしwww
岩月くんはこの回で大活躍、上の「酒壺の蛇」にてチラリと出演。そして今のところ、season12には出てきていません…。出てきてほしい!!出てくるよね…信じてます!「X DAY」の地上波放送後に、狙ったように出て来るって信じてる!!
そういや9位の「越境捜査」に出てきた人質の女の人は、この回に出てましたね。ビリーに騙された二人目の女性。財布ビシッ!ってやるのがかっこいい。

第19位
season1 第7話「殺しのカクテル」
またもや同率順位。ランクインした通常回では一番放送が古い回ですね。
…っていうか、season1はスペシャル含めてもこの回しかランクインしてないのか…!すげえ。でも、わかる気がする。印象的な回だった。
この時のバーテンダーさんはseason5にて再登場するからよけいにインパクトあります。
でも、あんまり何度も見てないんだよねえ…美和子さんのおばさん?に、亀ちゃんが困らされてる印象が強い…w

第21位
season6 第10話「寝台特急カシオペア殺人事件!」
season6の元日スペシャルですね。歴代スペシャルの中でもこの話は長い事見れなくて…ようやく再放送と出会えた時はホントに嬉しかったなあ。
動く密室となる特急の中での殺人事件…。サスペンスとしてはよくある…のか?コナンとかではよくある気がする。2時間、ずっと緊張感あってすごい。
この回ではイタミンの絵文字付き年賀メールが見れるのでもうそれだけで大満足です(おい)。あとラムネに「寝るなーー!!」って怒鳴られたりするし。

第22位
season4 第8話「監禁」
このランクインにはびっくりしたwwwwwwww
サトエリのぶっ飛んだ演技が強烈すぎる回です。うん…いや……すごいわ、サトエリ。
こんな回はもう二度とないだろうなあ…。亀ちゃんは相棒期間最長ってのを差し引いても、何度も大怪我しすぎだと思うw

第23位
season9 第10話「聖戦
season9の元日スペシャル。「プ・レ・ゼ・ン・ト!」の回ですね。
もう、この回見てから南果歩さんが怖くて仕方なくなりました。皆さん好演しすぎですマジで。あの、泣いてると見せかけて爆笑とか…「証拠持って来い」(だっけ)とか…。
でもねえ、怖いだけじゃないんだよ…。すごく、悲しい話で…見てて、苦しくなって、すごい泣いちゃう…。
考えたらこういうタイプの犯人って、後にも先にもいないよなあ…。もう、いてほしく、ないけれど。

第24位
season10 第1話 「贖罪」
season10、…神戸くん卒業シーズンの初回スペシャルとして、ある意味ふさわしい…いきなり神戸くんに大きなものを背負わせる重い回。
最後の、涙が、もう、辛すぎて……。母も私も、涙なしには見れないです。
この「贖罪」に始まる神戸くんの苦悩は、season10内の「宣誓」にてはっきり行動に表れ、そして最終回の「罪と罰」へと繋がって行ってると思う。でもその間だって、ずっと神戸くんは苦しんでたんだと考えると…つらい……。
「警察官だったのに……。俺は……、警察官だったのに……。」
神戸くん…、今もそう思っていますか?
特命係での日々を過ごして、あのラストを経て、少しでも、心は軽くなったのかな…?忘れることは、絶対に出来ないと思うけど……。
神様を怒らせてでも、って、今でも思っていますか?
あなたはたくさんの人を、救ったんだよ…。警察官として…。

第25位
season8 第15話「狙われた刑事」
イタミーーーーーーーーン!!愛してる!!(テンションの差ェ…)
おめでとう!!文句なしの「イタミン回」が、こうして堂々ランクイン!!本当に本当におめでとうーー!!25位まで結果公開することに決めたスタッフの方ありがとう!!(……)
イタミン好きな人には当然、外せない回だと思います。私も投票候補にあったし。でも、それ以上に!思い出深い回でもあるので嬉しい…!
…えーとですね、どこかで書きましたが、私はseason8の…たしか後半から、それまでは母だけが見ていた「相棒」というドラマのおもしろさに気づき、「毎週ちゃんと録画もして見よう!」って決意したんですね。まだ再放送とかも途切れ途切れにしか見てなくて、イタミンのことは「何かセリフしゃべってない時もずっと細かい演技してる役者さんがいて気になる…」って思って見てて、ようやく「捜査一課の人(特命係の事は疎ましく思っている)」とかも覚えた頃だった。で、そういう状態でたまたまテレビガイドかなんかの、この回の予告を読んだんです。あのイタミンが狙われる!ってことにものすごく驚いて、それから放送まで毎週ハラハラしてた。私は子供の頃から水谷豊さんが好きで、なんかチャラい刑事?をやってるドラマの再放送とかよく見てたので…相棒だって「水谷さんを見に行く」感覚が強かったので…、その時に初めて、自分が「イタミン」のことをすごい気にしてるって気づいたんです。
「なんでこの人の事がこんなに気になるんだろう……?もしかして、これが、恋!?」ってね。(……)(すみません、本当です)
そこで自覚して、そして「狙われた刑事」を見て…あとはもう直滑降で惚れこむばかり(真の決定打はその後に見た「アンパンジャムパン」だけど…)。
今や、ちょっと人気エピソードのランキングが発表されたくらいでこんな長文記事を二つも書きあげるほどに「相棒ワールド」にハマることとなってしまいました。
すごいよ、イタミン!

ハッ、「狙われた刑事」の話、全然してねえ!!
えーと…イタミンが、狙われます(おい)。最初は取り合わないイタミンですが、本当にターゲットだと判明した後は、捜査から外されます。危ないからね。それで「ボディーガード」ってことで特命係の二人を付けられて…一緒に犯人を捜していく、という。イタミン最初から最後まで出ずっぱり。たまりません。好きなシーンとかありすぎてピックアップできません、マジで。
イタミンと神戸くんの間に信頼関係が生まれる回であり、この回があったからこそ劇場版2での二人の行動につながっていくわけですね!ほとんどカットされちゃったけどね!!(ううっ…)
私が歴代相棒の中で神戸くんが一番好きなのも、この回がきっかけの気がします。もちろん亀ちゃんとのやりとりもすごい好きだけど…、この回では神戸くんの方から、イタミンの方へ近づいて行ってくれた。その方法は、作り話…「嘘」だったんだけど、それがイタミンの頑なな心を一部開いたのは間違いない。最後、「また詳しく聞きますよ」って言った時のイタミン、どこかスッキリしたような顔だったし。嘘だと知っても怒らないんじゃないかな……いや、怒りはするかな。「怒りキャラ・伊丹」だもんねw(X DAYの前売り特典のマスキングテープの説明より)


はいっ、というわけで、「あなたが選ぶ相棒セレクション」の結果と共に、各エピソードへの思い、相棒…いや、「イタミン」への想いを書いたらこんなに長くなってしまいました!!アホかわたしは!!!!
でも、どんだけ自分が「相棒」が好きかわかってよかったです。
あと、当然だけど書いてたら見たくてたまらなくなりました…!一部、実際に見返した回もありますが!(さっきまで「BIRTHDAY」見ながら泣いてたし)
順番に再放送しましょうよー、テレビ朝日さん!一挙放送でもいいよ!スペシャルばっかりですごいことになりそうだけど!

「相棒」にはほんと、ずっと、楽しませてもらってます!来年の元日スペシャルも、楽しみで楽しみでたまりません!
あー、その前に「X DAY」地上波初放送だ!「相棒」はこっちを全く休ませてくれませんけどw、バッチコイ!ですよ!!
Comment

あなたが選ぶ「相棒セレクション」、結果発表!・前半

2013-12-18 23:46:07 | 相棒
相棒プレミアムWEEK あなたが選ぶ「相棒セレクション」
10月にテレビ朝日の公式ページで、1週間(だっけ)の期間限定で、好きなエピソードに投票しよう!ってのがやってまして。しかもうちがそれに気づいたのは、確か本放送の後のテロップで、よく見るともう締め切りまで6分しかなくて…めちゃくちゃ焦りましたね…。
その時点で(劇場版を除く)放送エピソードは200回を超えてたそうですが、選べるのはそのうちのたった1つ!大変です!!さらに投票ページの表記は全て「season○ 第○話」ってなっていて、サブタイトルが思い浮かんでも、自分で話数を確認しなくちゃいけなかっという…。よく間に合ったよ、うち…。

ちなみに私が投票したのは、「season10 第10話『ピエロ』」でした!
ものすごく迷ったんだけど…!でもやっぱり、これだよなって!

私、これの結果、実はずーっと気になってて、公式サイト覗く度に「結果は~??まだなん~?」とか思ってたんですけど、
ついに!本日発表!!
25位まで発表されたそのタイトルたちは、どれもが思い出深いもので…!これはブログで書かなきゃ!と思った次第です!(=ツイッターとかじゃえらいことになるって気づいた)
日曜日はX DAYが地上波でやるし!嬉しいけど、何故にこのタイミングなのか……!一番大変な時期じゃないか…!見ながら実況とかできひんかも…でもやりたい!!みんなのつぶやき見ながらイタミンを見たい!!がんばります!このブログも今日中に書き終わらせます!(……)(追記:無理でした)

では上から順番に。…ネタバレにはすみません、配慮できません!
最初にサブタイトルを表記していくので、未見の回は飛ばしちゃってください!

第1位!
season10 第10話「ピエロ」
えーと、正直びっくりしました!!
でも、すっごく嬉しかったです…!「ピエロ」、いいよね!!見た時から「今までのスペシャルで一番好きかも…」と思ったけど、全エピソード内でも一番だった!うちの投票はほんとに急遽考えた結果だったけど(6分…)、でもその後も「いややっぱりあっちだった…」とか思わなかったもん!複数投票可能なら、って思ったのはあったけど!
えー、season10、元日スペシャルのエピソードです。当時の相棒は神戸くん。
放送時、ホントに最後の最後までハラハラドキドキさせられた印象があります。まずは神戸くんが事件に巻き込まれてしまう、ってとこから始まるし。主犯ぽい人が殺されちゃうし。そして、芹ちゃんが撃たれて……ううっ、あの時はマジでビックリして気が動転したなあ…。叫ぶイタミンの姿にまた泣かされたし…。
それがきっかけで捜査から外されてしまうイタミンと、神戸くん不在の右京さんが組んで動き出すために、後半にイタミンの出番が多いのも私には嬉しいポイントです。聞き込みに行った先で「怖い顔」って言われて、手で顔をこすって直そうとするイタミンは、これから毎年年末に見たいと思えるほどの素晴らしいシーンです!!(……)
大橋のぞみちゃんも大変にかわいらしく、演技もよかった。また大きくなったら相棒にも出てきてほしいものです。
斎藤工くんもめちゃ怖かったけど…うん、よかったなあ。ツイッターとかで情報を得ていくのとか、そもそもの目的を何重にも隠して進めていた作戦とか、めっちゃ頭いい犯人やったけど、それを違和感なく演じきってたというか。
うん、本当に、文句なしに好きなエピソードです!そしてこの話が好きって人がこんなにいることが、嬉しい!!

第2位!
season7 第9話「レベル4~後篇・薫最後の事件」
最初の相棒、「亀山薫」の卒業エピソード。スペシャルではないのですが、前後編になっております。その後編。
いや、まあこれは、入るわね…。うちも大好きな話です。
「レベル4」は事件自体も規模がでかくて、緊張感とかもすごいんだけど…その中で、メインキャラ達がそれぞれに、いいところを見せてくれるのが、とても好き。右京さんの推理を、…全く確証はない時点でその言葉「だけ」を信頼し、危険の中に飛び込んでいく亀ちゃん。その亀ちゃんが、イタミンに必死で「頼む!!」って言って頼んで、重要な人物の確保ができた。でもそもそもイタミンがそこに来たのは、亀ちゃんを心配してのこと。亀ちゃんがそこにいたのは、米沢さんを心配して残っていたから。二人とも、捜査の途中だった、とか、言われて来た、とかじゃなかった。そしてそうしてなかったら、全ては間に合わなかったかもしれない…。どなたかのそういう感想を目にした時に、本当に感動してしまった。
亀ちゃんの卒業は、寂しいんだけどね…。それこそプレシーズンからずっと、ず~~~っと、子供みたいな言い争いをしてきたイタミンとのお別れのシーンは…「お前なんかジャングルの奥で死んじまえ!」「お前こそ、さっさと死ね!」とか、最後まで子供みたいです。でも文字だとあれですが、映像で見ると泣けるんだよねえ、これが。背を向けてから手を振るイタミンが、もう…。
最後の右京さんの電話も、すっごい勇気いっただろうなあと思うと…うん…。

第3位!
season8 第19話「神の憂鬱」
season8の最終回スペシャルですね!!実質の二代目相棒神戸くん登場シーズンであるseason8のラスト、特命係に送られたその本当の理由が明らかになる回……
って…、そりゃあ、放送時から評価は高かったっぽいけど、3位ってすごいな…。だってね、この話、ずーっと再放送されなかったんですよ?相棒は夕方にめっちゃ再放送されててその視聴率も結構いいって話聞きましたけど(東京なんて、毎日やってるらしいじゃないですか!うらやましい…)、なぜかこの回だけは必ず飛ばされてたという。そりゃ、スペシャルは再放送の枠に収まらないから飛ばされやすいってのはわかるんだけど、それでも他の時間とかにやってたりするんですよ。うちはそうやって見てきたんだし…!(相棒ファン気取ってますが、きちんと見始めたのはseason8なのでにわかです!)
あと、地上波じゃない、「テレ朝チャンネル」とか「BS朝日」の再放送だと、スペシャルも飛ばさずに放送されたりします。でも!!「神の憂鬱」だけは必ず飛ばされる…。何か問題があったのか?って勘ぐってしまうくらい…。
東京でもこれはやってなかったそうです。だからこそ私は、この回を見るためだけに今年、DVDをレンタルしたんですよ…!?(つい最近、とうとう再放送されてたけど。いいんだ…DVDに移すから…)(あとメイキングのおまけ?の、顔認証システムに興味を持つ三浦さんの中の人がめちゃくちゃかわいかったから、いいんだ…)
そんなレアエピソードなのに!再放送でまた見て良さに気づく、って人も多いだろうに!すごい!!
いや、よくできたエピソードだと思います。ほんとに。神戸くん好きにはたまらない。「フン、僕に帰る場所なんてあるんですか!」って言うとこ、口調とかは強気な感じだけど、目が泣きそうで…こっちが泣いてしまう。それとか、色々を踏まえての、最後の右京さんの「ようこそ、特命係へ。」っていうのが素晴らしい…。
あと水野美紀さんが大変綺麗で、美人で、素敵です。

って、この調子で書いてたら今日中とか絶対無理じゃないか!サクッと行こうサクッと!

第4位。
season5 第11話「バベルの塔」
バベル!!
season5の元日スペシャルですね。「相棒」をずっと好きな人から「好きなエピソード」ってことで名前をよく聞いてた印象がある。確かに面白い!
二転三転するハラハラ具合、「ピエロ」放映時に「バベルを思い出す」ってつぶやきをいくつか見かけたくらい、強烈な印象を残してるんですね~。
でもまあ、私にとっては「『事件起きろ~』の回」です!(イタミンが一人で年越しするのが癪で、呪うように天に向かってつぶやいていたら、本当に大事件が起きてしまって、芹ちゃんに「先輩のせいですからね」って言われるw)そういやあと、爆発のシーンでトリオの方に結構でっかい破片?が飛んできて、見てて「危ない!」ってなるんだけど、あれは本当に想定外で危なかったらしい…。
女の子の「ありがとう」がかわいかったなあ。あと大塚寧々さんめっちゃ美人。
あと…スナイパーの寺島進さん!是非また出てきてください。

第5位。
season2 第18話「ピルイーター」
ここまでは2時間スペシャルとか、前後編になってるエピソードがランクインしてました。
なので、通常放送回の1位がこれということになります。……まあ、納得ですね。ラムネ!すごいね!!
うちはこれ、再放送で…知ってて見たどころか、ファンの間で「伝説の回」って言われてるのもさんざん聞いてから見たので「はー、なるほどスゲー」って感想だったんだけど、何にも知らずに見たら、どう思っただろうなあ…。ひっくり返ったかなあ…。そう考えると、ちょっと残念な気がします。いや、好きですけどね!
あ、イタミンがキレる回でもあるのか。でももうホントそれどころじゃないんだよねこの回は…。

第6位。
season11 第18話「BIRTHDAY」
清史郎くん、かわいかった…!!かわいくて、けなげで、めちゃ泣いた……!
この回は記憶にも新しいので、思い出してるだけで泣きそうです、今。もう…手紙を朗読する声とか、ずるいよね。泣くよね。そして「家出少女」の正体がわかるとこ……!ああああ!もう!ああああ;;
助かって、本当によかった。…てかね、ハラハラしながら見つつも、心のどこかで「助かるだろう」とは思ってたの。あんなかわいくて、いい子が、ああいう状況で、助からないで終わりってそんなことはないだろうってどこか安心してたの。ドラマだしね(「相棒」だけどね…)。
だから、ようやく右京さん達が清史郎くんを発見して、心臓の鼓動を確認して…右京さんが首を振った時、愕然とした。だけど、右京さんもカイトくんも諦めなくて、必死で呼びかけ続けてて…。それに、すっごいハッとした。よく覚えてる。
「誕生日はいくつになっても素晴らしいものよ」って、女の子のセリフも忘れられない。

第7位。
season9 第8話「ボーダーライン」
ああ……。シーズン中最鬱と名高い「ボーダーライン」……。
好き!とは言えないけど、どれか一つ、ってなった時に選ばれる理由はわかる気がする…。
強烈に、心に、残るよねえ…。再放送の度に震えて泣いちゃうけど、でも見ないでおこうとは思わない…。

第8位。
season8 第3話「ミス・グリーンの秘密」
ミス・グリーン!!!!入れようか迷ったよ……!ていうか、8位って!スゲー!!
これも神戸くん好きにはたまらない回ですよね…。うちの母は神戸くん大好きなので(私も。一番はイタミンだけど、歴代相棒では神戸くんがダントツに好きです)、season8~10の話は基本好きですが、ミス・グリーン演じる草笛光子さんがまた素敵なんだよなあ…!神戸くんとの交流と、ラストシーンが…。
あー!好きだ!大好きな回だ!!

第9位。
season7 第11話「越境捜査」
上から順番に見てて、ここまでは「うんうん、わかる!」だったんだけど、このタイトルでちょっとだけ「…え??」ってなってしまった。
いや、おもしろい回ではあったけど…そんな人気なんや??って…。
season7の9話にて亀ちゃん卒業、最終話にて神戸くん初登場なので、その間は「相棒なし期間」なんだよね。一話限りのゲストと一緒に行動したり、いつもとは違う相棒と組んだり…(芹ちゃんとか米沢さんとか)。
この回の臨時相棒は課長だったのかな。まあ、誘拐事件と思いきや丸ごと作戦!…っていうのにはびっくりしたけど。あとケータイが自由に使えない中での課長との連携すごかったけど。
あー、イタミン一切出ないから印象薄いのかな…。あの人質の女の人がすごいキャラでしたね(最近再登場した…よな?どこでだっけ、えーっと…)。その犯人も。

第10位。
season10 第19話「罪と罰」
season10最終回スペシャル。神戸くん卒業回ですね。
クローン人間という重いテーマ、無茶すぎる神戸くんの行動…、最初見た時は「うーん…」って思った回だったんだけど、何度か見て、ようやく神戸くん卒業を受け入れられた、って感じだったな…。
でも神戸くんの行動が無茶なのは、脚本として唐突だったとかじゃなくて…、神戸くんが苦しんで、悩んで、その末にとった行動だったってのはわかる…ようで…。だから、それと引き換えに特命係を出ていくって決定も…これまでの神戸くんを見てたら、しょうがないって…
それにしたってつらい…。うち(と、母)が神戸くんを好きすぎるせいでしょうけど、season10は随所につらいとこが…、おっと、後で出てくるんだった。後で書こう…。

第11位
preseason 第1話「刑事が警官を殺した!?赤いドレスの女に誘惑され・・・死体に残る"4-3"の謎とは?」
来ましたプレシーズン!この長いタイトルが「土曜ワイド劇場」って感じ!!
えーと、「相棒」が今のようにシリーズ化する前の、土曜ワイド内で放送された3話を「プレシーズン」と呼ぶそうです。それの1話ってことで、正真正銘の「相棒」の最初の話ですね!イタミンとか超若いよ!三浦さんは名前が違うし米沢さんも(黙っとけ)
いやでも、プレシーズンがこうやって堂々ランクインするとか、ほんとすごいよね…。最初の最初から、非常に「相棒」らしい、後味のあんまりよくないラストで、今見ても感心してしまいます。こんなんが突然土曜ワイドで放送されたらビビるわ。

第12位。
season7 第19話「特命」
はい!season7最終回スペシャル!神戸くん登場回です!!
この回も、正直最初は好きになれなかった…。あの村の閉じた雰囲気、そこを残酷すぎるんじゃないかってくらい、冷静に暴いていく右京さんが怖くて怖くて。そしてあのラストなー……。
神戸くんも登場回から部長達に嫌味言われたり右京さんに嫌味言われたり置いてけぼりにされたり散々ですが、見てるこちら側からしたら確実に癒しでしたね…。右京さんよりもずいぶん、考え方もこちら寄りでさ。
どうにも救いのない、重い話ですが、今は私も好きです。ていうかこんな回が新相棒の登場回ってことがすごいわ。
あ、トリオも癒しだった。宿で勝手にくつろぐ様子とか、「かんべ…」「そん!」がかわいい。


……はい!今日中に書くの、無理でした!!
続きます!!
Comment

X DAY、DVD届いたーーー!!

2013-11-03 23:56:31 | 相棒
全国!100万人の!
イタミンファンの皆さーん!!
(100万人の根拠:X DAYの映画は確か120万人突破してたからー…、その中からリピートしてる人10万人引いて、見に行ったけど別にイタミンファンじゃないよって人を10万人引きました!でもファンじゃないって言う人もきっと半分くらいイタミンみたいなツンデレだからホントは105万人!)(…………)

待ちに待ったX DAYの、DVD発売ですよーーーーーーーーー!!
昨日!!(←konozamaくらってる)
相棒シリーズ X DAY [DVD]
クリエーター情報なし
Happinet(SB)(D)

ブルーレイも同時発売です。そんなハイカラなものはうちでは見れませんので、DVDでも出てくれてよかった…。

いやあ、長かった…最後に見に行ったのは…5月8日ですね。(相棒 X DAY ネタバレあり感想・1
まあ、私自身はこの時に書いてた自分の感想とかを何度も読み返しているので、記憶が薄れたりはしてませんでしたが…(最近は特に一記事が長く、書く時間もめちゃかかってますが、それでも、読み返してる時間のが長いです!だってこのブログ、うちが読み返すために書いてるんだし!)(……)。
それでも、待ってました!ずっと、待ってました!!

喜びに震える手で開封して…、久々に本編見たい気持ちもあったんですけど、とりあえず、特典ディスクの方をセット!
メイキングですよ、メイキング!…なんと、1時間超え!
イタミンの撮影は初日がいきなり全力ダッシュのシーンなので、入念な準備体操してるとこからスタートしますよ!足、長ッ!って感じでもうクラクラしちゃいましたね!!
主要な役者さんは皆、「クランクインのシーン」が収録されていて(初っ端は暇課長&大木・小松!)、その撮影風景の後に、このメイキング用のカメラに向かって「初日を迎えて」の気持ちを一人ずつ語ってもらうシーンが入ってるんですけど…川原さんだけ、撮影二日目にそれを収録したみたいなんですよね。なんでかというと、初日はその200mダッシュを5本も撮ってヘロヘロになってしまって、コメントどころじゃなかったらしい…w そりゃそうよね…。「がんばってます…」が、かわいい。

もう、正直たまりません。
見ながら、「いやこれをブログにどう書くの!?うち!!」って思ったくらい!
だって大好きな映画のメイキングってだけで嬉しいのに、それはイタミンの映画で…!素の川原さんがいっぱいで…!!
あわわ、なにこれ、なにこれ、どうしよう……幸せすぎるだろうよ!!
もちろん、私はイタミンだけが好きなわけじゃないんです!今回の相棒の岩月くんはもちろん、芹ちゃんも三浦さんも大好き!右京さんも好き!ラムネも好き!暇課長も好き!米沢さんも好き!雛ちゃんも怖いけど好き!だからもう、幸せすぎて…!おっと、「幸せ」で思い出した、幸子も大好きー!!
そしてそして。
母が「相棒」の中で特別お気に入りで私も大大好きな「神戸くん」!
この映画の中ではそれほど出番は多くないのですが、やっぱりなんというか…すごい存在感ありますwどうしてあんな、イチイチしぐさがかわいいんだろう!!クランクアップのとこの謎のポーズがかわいすぎます!キリッとした顔とかしぐさもめちゃ似合うってか嫌味がないのに、笑うとニッコニコなんだよねえ…!まさに「破顔」って感じ!「それじゃあまた、season11でー!」とか笑顔で明るい声で周りのスタッフさん達に手を振る姿にキュンとしました!(※神戸くんはseason11には出ません)
そう、クランクイン同様、クランクアップのシーンも入ってます。んでその後、「撮影を終えて」ってことでまたそれぞれ一言、カメラに向かってしゃべってくれるシーンがあって…及川くんはここで、神戸くんのことを「もう一人の自分みたいな」と言っていて感動しました。3年も演ってたんだもんねえ…。また出てきていいのよ…。ていうかうちの母がずっと待ってますんで是非出てきてください…(劇場版3に出るよ、と言ってもなかなか納得してくれません)。

うーんと、あとはねえ……いや、もう、どこもいいんで、どこのこと書いていいかほんと迷います…。
あー!あの、鑑識でイタミンが噂されて痒がるシーン(※イタミンの特異体質です)のメイキングは特におもしろかった~~!!映画館でも必ず笑いが起こっていたおもしろいシーンなんですけども…。
リハーサル中、監督が川原さんに「最初は体をよじって痒がって、ゆくゆくは背中を何かにこすりつける感じに」って言ったら、まず隣の米沢さんにこすりつけててかわいかったです!!!!
それでセットの中で、背中をこすれそうなとこを探すんですが…その時のテロップが「背中を掻く場所を探す川原」とかなってて吹き出したwwwそうだけど…そうだけども!!
そして本番!本当にすっごくかゆそうに、後ろの台?みたいなとこで背中を掻くイタミン。は、迫真の演技だ…やや大げさっぽいけど…そして長い…?とか思ってたら米沢さん役の六角さんが「誰かが噂してるんですか?」って。…ん?あれ?それはイタミンのセリフ……
「痒いのに集中しすぎてセリフを忘れてた」そうですwwwwwwww
監督まで吹き出してましたw

……どうですか、見たくなってきましたか?イタミンファンの皆さん!
今ならまだAmazonで買えますよ!是非!
川原さんのポロシャツ姿とかありますよ!一瞬誰かと思った…!(実際、スーツのとこしか見たことないしな…)

メイキングだけで1時間20分!それとは別に川原さんと田中さんのキャストインタビュー、あと舞台挨拶の様子なども収録されていて、マジで盛りだくさんです!多分見逃してるとことか聞き逃してるとことかあるから、ぼちぼちと、じっくり見直していこうと思います!
本編も見れるしねー!うわぁい!!
そして自分で探すのもいいかげん大変になってきたので、新しくこのブログに「相棒」というカテゴリを増やそうと思います。それもまあ、ぼちぼち…!(探すのが、大変なんです…)(自分で書き散らしてきたくせに!!)
Comment

相棒 X DAY ネタバレあり感想・4

2013-05-16 23:47:33 | 相棒

【お気に入りのシーン、ラスト!】

・まさかここが使われていたなんて!
CMね。「この事件の裏に、何があるんだ…!」って凄んでいるイタミンのシーン、TVでもよく流れてましたが、まさかこんな終盤のところだとは思わなかった。
…感想と全く関係ないんですが、映画のCM、特に映画館で流れる分って本当によくできてますよね。すっごい観たくなる!X DAYを4回見たので、必然的にというか、同じ監督の新作「探偵はBarにいる2」のCMも毎度見ることになり、すっごい観たくなりました!つーか観に行く!来週観に行く!

・岩月くんの取り調べ
ここ!!
ここ、謎なんですよね。大好きなシーンなんだけど、いまだに、ちょっとどういうことか、わからない…。書きながら、考えてみよう…。

イタミンの取り調べでも朽木さんは何も話そうとしない。
そこに岩月くんがやってくる。一緒に取り調べを再開しようとするイタミンに、「僕一人にやらせてください」、って言う岩月くん。しぶしぶイタミンは隣の部屋に入り、マジックミラーから様子を伺おうとするんだけど、間髪入れずそこに小田切さんが来て、「岩月が取り調べをさせられてる件について説明して下さい」みたいに言って、有無を言わさない感じで部屋から出るように促す。……で、イタミンが出た後に、そこに封筒を残していく。小田切さんはそこから離れる時に軽くノックをして、それを合図に岩月くんは隣の部屋の封筒を取り、取り調べを開始。中にあったのは、朽木さんをしゃべらせるための、重要な証拠……。

…えーと、岩月くんが小田切さんに頼んでわざわざこういう風にした、んだよね。
あの封筒だって、岩月くんが最初から持って取調室に向かったら「何だよそれ」と言われてしまう。だからあんなめんどくさい方法を選んだ。…何故?
「『イタミンに』X DAYの事を知られないため」
…………ナゼ?????
最初は漠然と、伊丹刑事にはこういうややこい事情とか知らないまま、熱い刑事であってほしいから?とか考えてたんだけど…、それにしては徹底しすぎというか…ラストでイタミンがグチってる通り、結局真犯人のとこにも一人で向かうわけだし、岩月くん…。
もしその場にイタミンがいたら、「X DAYって何だ」って当然聞かれるだろう。まさかその説明がめんどくさい…とかじゃ、絶対、ないだろうし…。ていうかそうだったら悲しすぎる…。
なるべくX DAYについて知る人物を増やしたくない、って想いだったのかな。まさかイタミンがベッラベラしゃべるとは思えないけれど、それでも……。

…うーん、やっぱ、最初の印象が近い気がしてきた。
岩月くんはX DAYのことを知ることで、一度は口をつぐもうとまで思った。これはそういう重い真実で、知れば、…迷うことになる。2つの想いをはかりにかけることになる。
伊丹刑事には、信念を曲げてほしくなかった。…たとえそれ(口をつぐむこと)が正しいことでも、そういう伊丹刑事を見たくなかった。
…そういう想いをするのは自分だけでいいと思った。
綺麗すぎるかな…。でも、他にすっぱり納得できる理由が見つからないし、あのSeason11「ビリー」での…「伊丹刑事」への全幅の信頼(あくまで、刑事として…だけど。態度とかは…)を見ると、それくらい思ってそうなんだよね、岩月くん。

…そういえば、X DAYの感想を色々読んでた時に一つ、すごくおもしろいのがあって…(どこで見たのか忘れちゃったんですが…)、
もし今回の事件に右京さんが本格的に首を突っ込んでいたら、X DAYのこともシュミレーションの事も白日の下に晒して本当にトリプル暴落を引き寄せかねなかったんじゃないかって…!確かに!!めっちゃ不謹慎だけど思わず笑ってしまったwww
よかった、右京さんロンドン行ってて本当によかった…w

・岩月くんの激昂
ここ、すごいよね。すごい、好き。あの岩月くんが本気で怒って真犯人に掴みかかるんだよ…!
…あと、今更ネタばらしをしますと、私、「月刊シナリオ」の4月号(X DAYのシナリオ掲載!)を手元において、あやふやなとこはセリフを確認しながらこれを書いてるんですが、…すみません、さすがにこんなにセリフ覚えられないので。ずっこくてすみません。(当たり前だけど、セリフは変わってるとことかもあるんですが)
で、その脚本にはね、ここ、「伊丹ばりに(犯人に)掴みかかった」って書いてあるんですよ。
…感動した。岩月くん…!!

ついでっぽいけど、この月刊シナリオは本当に買ってよかったです。(いや、これ書くためじゃなくて…)
シナリオ 2013年 04月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
シナリオ作家協会

脚本の櫻井さんの「劇場版にあたって」って書き下ろされてる部分の文章が、すっごく、良かった。ものすごい読み返してます。

・警視総監賞授与
内村部長てめええええええ!となるシーン。でも相変わらずで安心しましたよ!ある意味!
イタミンはたいそうカッコイイシーンなのですが、絶対岩月くんは「(ちょwww受け取らないなら先に言ってよ!僕受け取っちゃったじゃないですか!)」と思ってると思う…w
でもイタミンが出てった後も「じゃあ僕もいりません」とか返したりはしてない、というのはその次のシーンでもまだ賞状を持っていることでわかります。いいからもろとけもろとけ。なんかやらかしたら監察官のマークがつくかもだけどね!

・そして、ラストシーン
映画のパンフ、岩月くん役・田中圭さんはインタビューのとこでこんな風におっしゃっておられます。
「実は僕、ラストシーンまで笑顔を封印してるんです。その方が伊丹刑事への気持ちの変化が表せると思ったので。」
確かに…!スゲエ…!!
でも最後も、いきなりめっちゃニッコニコする、とかじゃないんですよね!その微妙なさじ加減が素晴らしい…!注目のシーンですので皆様も是非DVDで確認しましょう!!!!(……)

岩月くんが一人で犯人を逮捕したことをグチグチ言うイタミン。言い返さない岩月くん。
上がどう関わってたんだ?との質問にも「…さあ。」ととぼけるだけ。
そんな岩月くんに呆れつつも、「まあ、いいけどな。」とイタミンは言う。「俺は犯人を逮捕するだけだ。」って。
うちは、うちは、ここの!ここの岩月くんの表情が、めっちゃ好き!!めっちゃ!!(落ち着け)

どこかで田中圭さんが言っていた、最後に岩月は救われる、って…ここだよね!
あんなに頑張ったのに、イタミンは真犯人を逮捕することもできず、真実も知らないまま。
だけど岩月くんだって、真犯人を逮捕しただけっちゃだけで、しかも当人は反省してない。もちろん彼自身、X DAYを引き起こすことは望んでいないけど、結局何もできなかった…って無力感はあっただろう。…そこに、イタミンのあのセリフ。偉い奴らの考えも思惑も知ったこっちゃない。目の前の事件の犯人を挙げるのが自分の仕事だって。イタミンにとってはきっと、そこまで意識して言ったセリフじゃなくて、当たり前のこと。だから岩月くんの心にもちゃんと響いた。
警察官としては、これでよかったんだって。
これからもただ、こうあるべきなんだって。
きっと、気づいて、…救われた。

「難しい事を、面倒だって逃げてると、来ちゃいますよ。」
「何が!!」
「X DAY」
「エックス??」

X DAYのことを、マジでラストまで、1ミリも知らずに終わっていくイタミン!!タイトルなのに!主役なのに!!
…でも、それがまた素晴らしい。
「この事件の裏に何があるんだ。」と言っておきながらも、ついに何も知らされることのなかったイタミンは、…それでも自分の正義感と一緒に全力で動いていた。走って、怒鳴って、ケンカして。
いつもの、「イタミン」だった。
刑事として仕事をし、どんな状況でもその矜持を守り抜く、いつものイタミンだった。
そして、この事件を経ても、イタミンはイタミンであり続けるのだろうな、とすごく思った。
…それがすごく嬉しい。
…それが、この映画の、「X DAY」の一番好きなところだ。


映画館で4回見て、シナリオ集熟読して、
…それでもまだ、多分わかってないとこ、気づいてないとこもたくさんあるんだろう。
櫻井さんが一番伝えたかったことも、きっと…まだちゃんとわかったわけじゃない。
まだまだ見て、考えたい。
……ので、早いことDVD!お願いします!!マジで!!


とりあえず今は、一旦終わり。
映画化決定の日から、そして上映開始して今日まで…ずっとイタミンの事を考えられたこと、とても嬉しく思います。
舞台挨拶で生イタミンにも会えたしね!!めちゃ幸せな時間だった…!

ありがとう!
これからもずっと、大好きだよ、イタミン!!
Comment

相棒 X DAY ネタバレあり感想・3

2013-05-14 23:37:07 | 相棒

【まだ続く、お気に入りのシーン】

・二課に向かうシーン
…いつまでもダラダラ書いてちゃだめだとも思うけど、ここを飛ばしちゃあかんだろう、わたし!
パンフではイタミンも芹ちゃんも揃って「是非見てほしい細かい演技」として推してるシーン!初見時から声出して笑いそうになった、大好きなシーンですよ!!
あの謎のデータの分析を捜査二課に頼んでいた岩月くん。その結果が出たということで、イタミンも一緒に捜査二課に向かうんですが…
普通にスタスタと歩いていく岩月くん(確か「サイバー課の岩月です」とも言ってたかな?)の後ろで、できるだけ顔を隠そうとして、…すごいおかしな姿勢で部屋に入っていくイタミンwwwwwww
周りには(普通に)いっぱい捜査二課の方がいるので、あらゆる方向から顔を隠そうとして、もうなんか…古畑さんのマネしてるみたいになってるとこまであります(←わかりにくい例え)。
でも分析結果を聞くシーンではさすがにそれはやめて、ようやくまっすぐ立つんですけど…そこでハッて気づくんですよね…!左胸の捜一バッジに!
……右手でバシッとそれを隠すイタミン!!そこまでするかwww
岩月くんはそれに全くツッコまない(というか見てない)で、二課の方の分析結果を聞く姿勢なのがまた笑けます…w
DVD買ったら多分巻き戻して何度も見るんだろうな~…。

・花の里にて
サイバー課の課長から「X DAY」の計画のことを極秘に知らされ、事の重大さを一人、知ってしまった岩月くん。
イタミンに呼ばれた花の里で、ただ、「捜査にはもう協力できない」と言う。「すみません」と、ただ、それだけ…。
当然、激昂するイタミン。
あの内村部長からの圧力にも「納得できない」と言っていたのに。
…間に「何か」があったというのは、イタミンもさすがに思っただろうけど、それを岩月くんは言わないから…立場を優先した、と思っちゃったかもしれない(例えばこれ以上捜査を続けたらクビにするぞって脅された、とか)。
ここは見てて…非常につらい。イタミンはここでは無意識に口にしたのかもしれない「頭がいい」って言葉…、突き刺さる。頭がいいからこそ、岩月くんはその計画の恐ろしさがすごく理解できて、それが現実になった時の影響とかもすごく想像できて、だからこそ、口をつぐむことを決めた。その葛藤を知らずに責めるイタミン。言い返さない岩月くん。…どちらも「知ってる」観客として、とても辛い。
…そもそもイタミンはX DAYの計画は知らないわけだけど、知ったところで「関係ねーよ」と突き進みそうで、…そういうところは右京さんと通じるものがあるかもしれない。そこまで岩月くんが(この短い期間で)わかってるとはちょっと思えないけど、「何にも知らんくせにコイツ!!」とは全く思ってなさそうだから……うーん…。ちょっとこれ、ラストまで残ってる疑問だから、また後で考えよう。

その、…辛くて、気まずいシーンを救う、幸子。(あ、この一行書いただけで涙出てきた。私めっちゃ幸子さん好きなんやな…)
怒って出て行ってしまったイタミン、がいた席を笑顔で見やり、「お代…頂いてませんけど」って言うんだけど、…言う前に、ホントに小さく小さく「よし」みたいな決意をしてる…ように見えるんですよね。一人で残された岩月くんになんて言っていいかわからなくて、事情がわからないからヘタになぐさめることもできなくて、じゃあせめて、少しでもこの落ち込んだ雰囲気を和らげようって…。岩月くんはたまたま持ち合わせがなくて、それに「いつでも結構ですよ」って笑顔で応えてその後の会話につながっていくんだけど、もし持ってても、「呼び出したお友達に払わせて帰っちゃうなんて困った人ですよね伊丹さん、ふふふ」みたいな感じに、あくまで軽く会話を続けよう、って思ってたんじゃないかなあ。そのとっかかりを「ちょwww食い逃げwww」ってことにしようって…(なんかこんな風に書くとすっごいふざけてるみたいですが…)。
もし、…もし。まだ、花の里に「たまきさん」がいたら。
多分たまきさんなら、もうちょい違うアクセスを試みたんじゃないかな…。なんていうか、プロの「おかみ」として、お洒落に、かつ、優しく。…うちには思いつきませんけど。
まだ「おかみ」になってそれほど経ってない幸子だからこそ、ああいうとっかかりを選んだし、「これで行こう」みたいな表情も少しだけ外に出ちゃったんじゃないだろうか(本人には絶対気づかれない程度のものではあったけど)。まあ幸子もかなり波乱の人生送ってきたせいか、本編で見せる気の回し方とかは普通の人よりかはお見事だけど、やっぱりたまきさんと比べると……。いや、そこが幸子のいいところなんですけどね!!
たまきさんってなんだか本当に底が知れなくて、話すのを見ててちょっと怖いって思うこともあった(決してそれが嫌とかじゃないんだけど)。その点幸子はすごく普通というか、一般的な感覚に近くて、言ってることややってることが比較的、理解できる気がするんだよねえ…。不思議なんだけど…。

つまり、なんだろう。幸子が好きなんですね、私!(……)
語り口が優しくて、その内容から「わかる人にはわかる」重い過去を、…重く感じさせなくて、でも、彼女が言葉に込めてる想いにはしっかりと重さがある感じで……
それが届いたからこそ、岩月くんは雨の中、飛び出して行くわけですよね。
捜査を続けるために。

「警察官だったんですよね、僕達。」
さあ、イタミンの選ぶ、「岩月のカッコイイシーン」ですよ!
確かに、かっこいい。岩月くんと小田切さんの会話の、全てが!
最後のセリフももちろん素晴らしいんですけど、私はその前の…最初に岩月くんが出て行こうとする時の小田切さんのセリフが好きです。
「捜査を続ければ、その刑事もあなたも警察官でいられなくなるかもしれない!」
緊迫感のあるセリフにぞくっとする。…そう、なんだ。もう、冗談じゃなくて、…そういう状況になってしまってる。
でも、……岩月くんは出て行く。
まだ捜査を続けている、「もう一人の刑事」の所へ向かうために。

・やっと中山さんが生きて動いてる姿が…(涙)
オープニングでいきなりお亡くなりになってて(タイトル出るより前にすでに…というかこの人の死がこの事件の始まりなんだからしょうがないんだけど…)、それ以降もただ「銀行の極秘情報?をネットに流しまくっていた」というくらいしか出てこなくて、なかなかその人となりがわからなかった中山さん。恋人の麻生さんの証言から始まった回想シーンにて、ようやく動いてご登場です。
パジャマ姿で、歯ブラシをくわえながら、中山さんがそのデータを触っているのを何も知らずに後ろから覗きこむ国仲涼子さんのかわいいこと…!その平和な幸せっぷりに、「何が起こるかわからない世の中だからな。」という中山さん自身のセリフが、今となってはすごく、重く響きます…。
タロットのシーンも切ない。恋人が死んで辛いだろうに、「背中を押したのは自分かもしれない」という思いから、彼の遺志を引き継ごうと、危険を冒して情報を流したんだねえ…。
麻生さんはラストでも涙を見せることはなくって、…少しだけ心配になってしまう。心から泣いたり笑ったり、できなくなったんじゃ…?こちらに、見せない、ってだけなら、いいんだけど…。

・車内から見た街
朽木課長に話を聞きに行くために、麻生さんも一緒に車に乗り込むイタミン達。
今日もシステム障害が起きていて、銀行にはたくさんの人が押しかけてる…。
すでに混乱している街を見ながら、皆が話をする。三浦さんはテレビのニュース(もしかしたらワイドショー?)で言ってた話をして、「大げさなことばっかり言う」って憤ってるけど、…それはちっとも大げさな話じゃないんだ、って…きっと思いながら、黙っている岩月くんがすごく印象的。

・「金融街の追走」(←サントラにある曲のタイトル)
さあ、岩月くんの選んだ「イタミンのカッコイイシーン」であり、この映画の最大の見せ場ですね!
イタミン、顔が青くなるまで何本も走らされたそうですが(監督に)…その甲斐あって迫力のあるシーンになってます。
…でも正直ね、初見時「もうやめたげて!!」って思ったシーンでもある…。最初は階段をひったすら降りるんですけど、勢い余って落ちたり、通行人に激突したり、それでも三人とも何度も立ち上がって走り出すんですよ…!一番痛そうだったのはやっぱりあの、ビルから外に出る時に清掃の人と激突する岩月くん…!ほんっとに、痛そうで、でも、「すみません…!」って謝りながら、また立って、走り出す…!皆、すごい根性…!
外に出てすぐタクシーに乗って逃げた朽木課長を、諦めずにダッシュで追いかけるイタミン。…道は、街の混乱のせいですごく混んでて、そのせいで追いつかれそうになった朽木さんはタクシーを降りて、また走って逃げだす…。
このシーンと交互に映し出されるのが、雛ちゃん主催の「勉強会」で、そのコントラストが凄まじい。戸張さんの語る言葉の恐ろしさと、そんなことは知らずにただ走っている現場の二人。
「こうやって徐々に悪くなっていくのには、日本国民は耐えられるんです。」
「絶望の真実より、希望の嘘に飛びつく人が多いから。」
「複雑な真実より、わかりやすい嘘が大好きなんです。」
「だったらそう勘違いさせておきましょう。」

……雛ちゃんはこれを聞いて、何を考えていたんだろうな…。

・舞い散る一万円札
あんなに飛ばんだろ!っていうのは、…うちも、思うけどさ。
ざっと感想探して読んだ時に、このシーンについてはよく触れられてると思った。…主に、ネガティブな方向で。まあ、あんまり…って感想を短く書こうと思ったら、真っ先に出るのも仕方ないかもしれない。目立つしね。
うち自身、最初に見終わった時は「あのシーンはちょっとな…」って思ったし。でも、…あくまでうちの場合だけど、何度も見てると、なんで「ちょっとな」って思うかって言うと、「見たくないシーンだから」なんだって気づいた。目をそらしたい、っていうか。
舞い散るお札に群がる人々。他の人を押しのけて、一枚でも自分のものにしようという人々。
見苦しい、うちはあんなことしない、と思いながら、…でも、こういう状況(自分の預金が引き出せない)になったら、自分もこうなるのかもしれない、と思うと、それが自分でもすごく嫌で…。
目をそらしちゃいけない、と思って三度目からはじっと見るようになった。
あの状況で、お札には目もくれずにひたすら課長を追い続けるイタミンの姿は、私には、救いだ。


お、終わらない…!あとちょっとなのに!
続く!
Comment

相棒 X DAY ネタバレあり感想・2

2013-05-10 23:26:11 | 相棒
【お気に入りシーン、の続き】

・雛ちゃん怖ええええええ
ラスボスか!?っていうかラスボスにしか見えない片山雛子さん。
出てくるだけでもうすべてを持って行かれそうな迫力です…。登場からすごいもんね。会食シーンで、にこやかに会話してんのかと思ったら「そういうお話でしたら、せっかくのお料理も美味しくいただけそうにありませんわ」って言いながらいきなり席立つしね!表情は笑顔だし、そのセリフ自体にもまだトゲはあんまりない。でも、立ち上がりながら膝のナプキンをたたんでテーブルに置く音が意外とすごくて毎度ビクッとしてしまいます。おおおお怒ってる怒ってる!みたいな。
その後、長ーいテーブルの真ん中に腰かけて話の続きを聞くってのもかっこよくて…怖い。

「ん~、美味しい。ここの牛肉のポワレ、本当に美味しいの。皆さんもどうぞ召し上がって。」
→誰も食べない。食べれない。
ここの雛ちゃんのアップ…!X DAYの中で一番恐ろしいシーンだと私は思っています!!
笑顔で美味しそうにお肉を食べてるだけなのに、なんでこんなに怖いのか!!
凍りついてる皆さんがかわいそうになるほどです…。
木村佳乃さん、めっちゃ綺麗で美人なのに、もう雛ちゃんにしか見えなくてホント怖ェ!!でも好き…!

「やだ、まるで私が脅してるみたい。」
……雛ちゃんの出演シーン並べるだけで終わってしまいそうだ。
そうそう、ワンピースがどれも素敵でした。特にあの真っ白のやつ。

・課長と大河内監察官
この映画限定になるであろう、もうひとつの「相棒」。CMで言ってた時から気になってたけど、すごいよかった。
特にやっぱり…課長が。パンフにも「角田課長の策士ぶりに瞠目。」書かれていたけど(あ、ここの部分って、公式サイトにもあるんだ!→「相棒ファンのためのX DAY考察」)、こういう課長、実は本編でもあったよね?う…どこやったかなあ、タイトルもシーズンも思い出せないんだけど(イタミンのセリフからならかなり当てられると思うけど、さすがに課長とかは無理…!)、取り調べ中に「じゃあ、クイズだ。」とかにこやかに言ってるやつ。相手に有利になるような事をちらつかせて、思うように証言を引き出してくシーン…(もちろん、ねつ造とかじゃなく。まさに今回もやってたような感じ。)「はい、正解。」とか言うのも結構怖かったような…。
まあ何よりも「暇か?」の印象が強烈だから、「実は策士!」って驚かれるのかもだけど…。
大河内さんとのペア、結構いいんじゃないですかねー。ああいう、おどけた風にしながら押したり引いたりするのって、大河内さんとか絶対できないだろうし(右京さんもできないだろうけど…いやできるか。左文字さんみたいになる時あるわな!そういや)。
また見たいなー!廊下を歩くシーン、すごくよかった。二人の、響く靴の音が違うんだよねえ。

・そして…内村部長…
うん…えーと…何から言えばいいのかな…。
ガサ入れのシーンで冷やし中華食べてたり、課長と大河内さんが部屋に来るとこではアイスコーヒー飲んでたり、一人で季節感を演出していた部長ですが…。ランニングシャツは、あれは、なんなんだろう本当にwww(あれは季節感…?)最初はかなり戸惑いました。いや4回目でも戸惑いは、あったかも…。
そうそう、季節の和菓子も食べてましたね。
……部長もさ、間に挟まれてさ、辛いのかもなって…初めて、ちょっとだけ、思った。

「頼む…」
刑事部長室に呼ばれたイタミンと岩月くん。
CMでも何度も流れてたシーンですよね。「犯人を挙げるなってことですか!?」ってイタミンが憤るとこ。
上からの…どう考えても不当な圧力。それに抗うイタミン。…「相棒」ではたまに見かける、ある意味定番のシーンの一つかもしれない。
「私は、…刑事ですから!!」
このセリフだけで泣きそうになってしまう。実際、CMで流れる度に泣きそうになってた。
…でも、映画館で初めて見た時は、…驚いた。驚きすぎて、泣く準備ができてたのにその涙も引っ込んだ。
上のセリフを言い放って、部長の前から去ろうとするイタミン。…を、部長がガッと掴んで引き止める。まだ何かわからんことを言うのかと思ったら、
「頼む。」って……。
アップで映る顔は…初めて見る表情だった。どこか情けないような顔で。もうそれはほとんど「懇願」で。
イタミンの困惑した顔も、当然だと思った。

…公開二日目の、京都での舞台挨拶付きの上映回ではですね、この「頼む」のとこで笑いがちょっと起こったんですよ。
うちはそれに、ものっすごくびっくりした。このシーンって、笑うとこなの!?って…。違うでしょ!?って…。
あのシーンの部長の顔は、イタミンですらそれ以上何も言えなくなるくらいに、…本当に情けない表情だった。
強い圧力にすぐ屈する部長を笑ったんだろうか…?その正義のなさに?その矜持のなさに??
…部下(イタミン)を説得するために、「今回ばかりは、頼む…。」とまで言った。
あの、部長が。内村部長が。
それくらい部長だって追いつめられてる。……そういうシーンだと、お、思うんだけどなあ…。違うのかなあ…。
だからこそイタミンだって衝撃を受けて、しばらく廊下でうなだれて悩んでいたんじゃないんだろうか…。岩月くんが訝しがるほどに。

このシーン、他の上映回では笑いが起こるってことはなくて…なんでだったんだろう?って考えてたんですが…、
全くの想像なのですが、あの回に参加した人は、…うちと同じで「前日の公開初日にすでに一度見てた」人が多かったんじゃないかな、って(わざわざ舞台挨拶回のチケットを買うくらいなんだから、かなり相棒ファンなはず…)。
だからあのランニングシャツのシーンも、この「いつもと違いすぎる」部長の姿も知ってて、「!?」とはならなくて、少し余裕があって…でもどう反応していいかわからなくて、…って想いが、笑いって形で少し外に表れたのかな、って…。
決して部長を嘲った笑いじゃなかったと思うんですよね…。うん…。

これ、書きながら思ったんですけど、あのランニングシャツのシーンって…その服装にばかり目が行ってしまうけどw、部長があの、いつも飾ってある「古轍」の額を見つめてる、って方が重要なんだろうな…。
部下を「説得」はできない。だってどう考えたってムチャクチャな命令だ。
だからいざとなれば頭を下げるぐらいのことはしなければ、と決意してるシーン、なんでしょうね。
…でもあのポーズはなんやの!?
あとやっぱり、なんで脱いだ!?(……)

部長が今後、このままのキャラで行ってしまったらどうしよう、ある意味スゲーやりにくいんじゃ…っていらん心配も一瞬してしまいましたが、ラストにはすっかりいつもの部長でしたね…。拍子抜けなような、よかったような。
上でも書いたけど…、立場上板挟みになってたって知っても、最終的に部長に対して同情心が全くわかないのは、彼がその立場と、自分の正義に挟まれて悩む素振りは一切見せないから、ですね…。素振りっつーか、悩みもしないんだろうな。まずはかりにもかけない。ある意味突き抜けてててわかりやすい。今回の行動も納得はできますね…。

・そして、廊下での二人のやり取り。
…うちですらこんなに悩んでしまうんだから、あの部長を目の当たりにしたイタミンの衝撃は計り知れません。
先に出て行ったイタミンを追って部屋を出る岩月くん。出てすぐのところで壁に背中をつけて思い悩むイタミンを発見します。
携帯番号を教えて下さいと言う岩月くん。こんなのおかしいって。課長にかけ合うって。
ここまでも、熱く正義感に燃えていて…、燃えてない岩月くんを怒るほどだったイタミンだから、こんなわけのわからん圧力に屈するわけがない、と思ったんでしょうね。でもそれは、岩月くんがいつもの部長を知らないから、ってのもあったんでしょう。
衝撃受けっぱなしでそこから動かないイタミンに失望して、あとは自分でやる、と去ろうとする岩月くん。
後ろから「待て」って言われて、「はっきり言って見損ないました」って言いながら振り向く岩月くん。
そこにはいつものイタミンが。
「見損なうほど俺を買ってたのかよ。」
ケータイをポケットから出して、岩月くんに投げる。
…そういやさっき、岩月くんはイタミンに番号聞いてました。
「…普通、赤外線ですよ。」
呆れながらそう言って、自分で番号を打ち込む岩月くんwww
「…難しいことはわかんねぇんだよ。」
イタミン!!!!!かわいい!!!!!!!!!!!!
確かに赤外線通信とか知らなそうだわ…!

最初は全くやる気のなかった岩月くんが、思わぬショックを受けてるイタミンを「言葉」でいつもの状態に戻す、ってのが素敵ですね!本人は意識してないと思いますが…。

続く!
Comment

相棒 X DAY ネタバレあり感想・1

2013-05-08 23:52:22 | 相棒
調べてみたらもう今日が最後の上映中のレディースデーの日だったようなので、見に行ってきました。
…まあ、調べる前から行くつもりではあったんですが(休みだったし)、「相棒」公式のツイート見たら「絶対、何があっても見に行かねば」という気持ちになりましたね…。

「映画「相棒シリーズ X DAY」まだ上映中ですが、残すところあとわずか!DVDになるとしても発売はだいぶ先になるので今のうちに田中圭&川原和久の「相棒」を見ておこう!」

「DVDになるとしても発売はだいぶ先になるので」……だいぶ先……ええええええええええええ!?
ちょっと!そんなん言わずにはよ発売しましょうよ…!これから見れなくなるというのに…だいぶ先とか、そんな、殺生な!
…DVDはメイキングとかつくのかなー!初回限定盤のみディレクターズカット収録、とかでも全然オッケーですよ!買うから!!(……)


というわけでX DAYの感想。何回目でしたっけ…。えーと…。

X DAY公開日(3/23)
X DAY舞台挨拶@京都(3/24)
X DAY 観客動員100万人突破!(4/23)

4回目でしたか。見に行った回数も4回だから、ちょうどいいね。(←?)
イタミンファンの方は是非うちの感想を見る前に実際に劇場に行ってほしいという一心で、内容について詳しくは書かないように努めておりましたが…もうそろそろいいかなってことで、今回はタイトルにて注意喚起をした上で、ネタバレを気にせず書いてみようと!
でも事件についてとか、分析したり考察したりはしませんけどね!「ここと、ここと、ここと、ここが好きです!!」ってのを書くだけ!いつだってそうなのさ!

【お気に入りのシーン】
・大木さんの飛び蹴り(いきなりそこかい)
…いやあ、これはかなり、序盤の衝撃的なシーンですよね!
ていうか本当に一度目は、飛び蹴りしたかどうか確証が持てなかったんですよね。暗い感じの場面だし。でも、今のアレが飛び蹴りだとしたら、かなりすごい、まるでデュープリズムのミント様のような鮮やかな飛び蹴りやったでオイ!とは思ってた(わかる人いるんだろうかw)。二回目は当然凝視してて、飛び蹴りしてる!って確認したらなんか笑いそうになってしまった。いやだって、あの小柄な大木さんが…走り込んできて飛び蹴りだよ!?本当にゲーム中のミント様のようだった…!

・怖い暇課長
その、飛び蹴りから始まる「ガサ入れ」シーンの迫力は、何度見てもすごいです。さすが組対5課!あの人らやからある程度安心して見てられるけど、これにもしイタミンが混じってようものなら、ハラハラしちゃって見てられないと思う、うち…。
あののんびりした暇課長まで殴る蹴る!叫ぶ!「馬鹿たれがぁ!!」のとこ、いつもの「暇か?」とのギャップがありすぎてめっちゃ怖い!でもかっこいい!

・イタミンと岩月くんの初対面シーン
そろそろ主役たちの話をしよう…(あ、これ、思い出した順に書いてるので、シーンの順番は多分めちゃくちゃです!)。
噛み合わないというレベルじゃない二人の会話…。岩月くんの、全く嫌味じゃない「おっしゃってる意味がわかりませんが…」のとこの言い方が、好きです。なんでイタミンに引きとめられてるのか、なんでイラッとされてるのか、本当にわかってないんだなって感じが。
それを受けてのイタミンの「…なァんでわかんねえんだよォ」は、何故か唇をほとんど動かさないで言ってて、それがなんか腹話術の練習みたいで毎回笑いそうになります。

・家宅捜索
インテリアのクラゲにライト?をあてるイタミン!
あとさっさと帰ってしまう岩月くんを追っかけようとして芹ちゃんが諌めるシーン、大好きです!でもその言い方…子供を諌めてるっぽいw

・痒がるイタミン
必ず場内から笑いが起こる、楽しいシーンですね!
イタミンは人に噂されると体がかゆくなる、という特異体質の持ち主なのです(Season3「潜入捜査」にて、痒がるシーンあり)。
もしかしたらシーンが変わった後も岩月くんは延々小田切さんにグチってたのかもしれませんね。結構長いこと痒がってますw(最初は「指紋採取中」のシーンだけど、それが「一致した」って結果が分かった時もまだ背中かいてた…www)

・かっこいい米沢さん
大きく体をよじって痒がるイタミンに「ちょっと、指紋採取中ですよ!」と注意し、「どんな体質してんですか」と割と冷たくツッコんでた米沢さん。…ドラマ本編ではなんだか変な感じの特徴がクローズアップされることも多いんですが(そこがまた人気なんだろうしw)、X DAYの中ではもうずっと「真面目で優秀な鑑識さん」です。かっこいいです。特に…やはり、捜査会議のシーンですね。かっこいい!

・最初の事情聴取
主役の二人が噛み合わないどころか、不協和音奏でまくりの険悪なシーンです…。(でも好き)
話は取り合うわ、嫌味っぽい遮りをし合うわで、…朽木さんもそうだけど、真ん中に挟まれたワタナベさん?(だっけ?)がかわいそうすぎる。イタミンの相棒だったのは一瞬でしたね…。

・お父さん
三浦さん、まるでお父さんのようです…。「まーたケンカしてんのか?」って入ってくるとこからもうすばらしい。
事情聴取に誘ってもやっぱり帰っちゃった岩月くんを、最後までなんとなく見送ってるし。ニコニコと。
もっと後ですが、二人をわざとペアにさせるとこも良かった…!
「刑事ってのは現場で分かり合うしかねえんだよ!」って!
「分かり合えるかなあ~…」って不安げに言う芹ちゃんにガハハハって笑いで返すとこも素敵!
帰ってきた岩月くんにまず「どうでしたか、うちの伊丹は」やもんね!お父さーーーーん!!

・ぎくしゃく相棒
三浦さんの策略でペアになった……と分かった瞬間のイタミンの顔!
岩月くんの「うそ…」というつぶやき!!
ここも高確率で笑いが発生するポイントでした。二人の絶望感すごいよ!w

・どこかで見たようなシーン
三浦さん効果ですっ飛びましたが一度戻ります。イタミンがサイバー課にマニュアル?のデータを持って行くシーン。
今すぐ調べろ、っていうのを断られたとたん、周りの人に大声で「誰がこのデータ持ってるんだ!?」みたいにわめき出すイタミン…。Season11「ビリー」の時は唐突に感じましたが、二回目だったのね…。納得…(しかも「二回目」じゃないかもしれないんだよなー、これからも出るかも…。サイバー課の皆様、かわいそうに…)。
まあそのシーンはちょっと、あまりにもアレなんで「好き!」とは言い難いけど、その後が好きなんですよねー!
「全銀システム」について改めて、素直に尋ねるイタミン…!わからないことをわからないと言える、ってイタミンの事を言ってたのは…脚本の櫻井さんだったかな?長所ですよね!!
「……へぇ。」のとこ、大好き!!ここも静かに笑いが起こるw

・二度目の事情聴取
で、ペア組まされてー、本店に向かってー…
一度目にニセモノのデータを渡した朽木さんを問い詰めるイタミン。
「何でこんなすぐわかる嘘をつくんですか」って、何か、先生みたいな言い方で好きですよー!イタミン!!
その後の声を張った「何のデータなんだ!」も素敵ですよー!イタミン!!
で、そういう大変かっこいい、というか大変かっこつけてるシーンなのですが、朽木さんは黙ってしまう。んで、(後で本人が言うには)助け舟を出すような形で今度は岩月くんが話をし出す……その瞬間!
正直に書きますが、私ここ、今日の4回目で初めて気づきました…!
イタミンがちょっと情けない顔でオイイッって感じに(声を出さずに)岩月くんに向かって言ってるのをwww

・帰り道のやりとり
ここ、最高。噛み合わない二人が、デコボココンビとしての「相棒」になってきた、ってすごい思うシーン!やり取りの全てが大好き!!
1「あなたと違って若いから」「一言多いんだよ」
2「かっこいいセリフですね。で?」「で?って何だよ」
3「それ今やって失敗しましたよね」「何度でも当たって砕けんだよ」「じゃああなたが砕けてる間に僕は僕で調べます」
あかん、思い出すだけで笑う…!ここでエレベーターに乗ってしまうのでシーンとしては終わりなのですが、道々このやり取りは続いてたんだろうなあ…って簡単に想像できちゃいます!w


続く。
Comment