「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

秋の京都2013~勧修寺とドーナツ・6

2013-11-29 23:42:18 | 旅行とお出かけのこと
烏丸御池で下車。出口をしっかり確認して…というかこの辺はさすがに、うちでも絶対迷わないんだけど。まあ御池通り広いし、信号渡るとなると待ち時間あるし…ってくらいなんだけど。
この日、地図は持って行かなかったけど、メモだけは書いてました。ここで降りて、このお店行って、次はこの駅まで…みたいな。
最初に目指すお店は「ニコット&マム」。「車屋町通押小路上ル」。烏丸通の一本隣の車屋町通りを北上。「♪まるたけえびすにおしおいけ~…なんだから1つ上なんだよな」とか考えながら進んだら、ちゃんとありました!
町屋を改装したドーナツ屋さんってことで…看板が出てるからまあ、探してて見逃すってことはないですね。でも看板なかったらドーナツ屋さんって全然わかんない!

扉を開けると、…すぐ、そこにお客さんがいて、ドーナツを買ってはりました。ショーケースもめっちゃコンパクト。ショーケースの向こう側は厨房になっていて、それなりに広さはあるんですけど…そのショーケースの前のスペースは、1畳もない!入ってていいのかしら、でも外寒いしいいよね…と思いながらガラガラと扉を閉め、向き直ったときに足元にある段差に思い切りぶつかってしまってすごい音がして、前のお客さんを振り返らせてしまいました…。店員さんも心配そうに「大丈夫ですか」って…すみません、ドジですみません。注文中だったのに途切れさせてすみません…。

その、段差は、カフェスペースへ移動する時のためのものでした。扉の左側はそれになってるんですよね。注文と会計は、前のテイクアウトのお客さんと同じように正面でしてから、移動する感じです。注文してる間は、イートインのためにこんなに売り場が狭いんだろうか…と思ってたんだけど、カフェスペースもそんな広くなかった。2人がけの席が2つに、道路側にカウンターっぽく4席。あまりのこじんまりさにかわいくてキョロキョロしながらコートとか脱いでたら、また天井からぶら下がるランプに頭ぶつけたりしてました…(※段が高くなってる分、多分天井が低い)(それでも気をつけろよ!!)。ほんとになんでうちってこうなんだろうか…。

基本の「プレーン」と、2色のチョコがかかった「ブラック&ホワイト」を注文。

飲み物はブレンドを頼みました。おお~カップもトレイもかわいい!

ここのドーナツは天然酵母を使ったドーナツで…なんと、卵を、使ってない!らしい!
事前に軽く調べてたのに、卵の事は食べてる間はすっかり忘れてた。…改めて、びっくりですよ。卵を使わないお菓子とかに割と共通する印象って「風味が弱い」とか「ふっくらしてない」とか、ば、漠然とだけど!うちの中にはあるんですけど…そんなこと、全然思わなかった!
見た目よりかはみっちり詰まってる感じで(持った感じも心なしか重い…気がする)、噛むと、モチッとする。
うちはこの「もっちり」という感じが、実はそこまで好きじゃない。人気あるのはわかってるんだけど…(だからというか…ベーグルって苦手。単に、おいしいものと出会ってないだけかもしれんけど)。一番「んん…」って思うのが、噛み切れないor噛み切りにくいってとこ、なんだけど。
ここのドーナツは、たやすく噛み切れるんですよね!すごい不思議だった。
味わわなきゃいけないのに、その噛んだ感じがなんか、…気持ち良くて、ぱくぱく食べてしまった!

…それにしてもかわいいお店だ。ゴテゴテ飾ってるわけじゃなくて、とてもシンプルなんだけど、元の町屋の感じがすごいいい感じに生かされてて…。奥にはちゃんと中庭もあるみたいだったし。
せまいけど、すごく落ち着く。うちがいる間、イートインのお客さんは他に入ってこなかったんだけど、もしいても、あんまり気にならなかっただろうなあって思った。

「こういうミニマムなお店だったらいつかやってみるのもいいかもなあ…」とか考えて、自分で自分に驚いた。
うちは、まあ、ちゃんと元はパティシエだし(このブログ見てるとすごく疑わしいかもですが…本当です…!)(何その訴え…、今更…)、身近な人からはよく「お店やったらいいのに~」って(ありがたいことに)言われたりします。でもうちはいつも「お店はちょっと…」って返してました。「ケーキ屋さんじゃなくても、カフェとか!(カフェ好きって話をよくしてるし!)」とかも同じくらいよく言っていただけるんですが「カフェは嫌です」ってそれには、ハッキリ返して相手を困惑させてます(……)。今、ウエイトレスのくせに!!どういうことやねん!!
やー、だって、大変やん、接客……(もう…しゃべらないほうが……)。
カフェ行くのは好きですが!カフェで過ごす時間は好きですが!
それを「うちが待つ」のはいややなーって…(あの…フォローできないんで…)(これ、ただの京都のお出かけの記録なのに…)。

そんな勝手な私が!「こういう感じなら…」って、多分!人生で初めて!思わせた!ニコット&マムさん、すごいです!!
小さいから楽なんだろうとかナメてるんじゃなく!(いやもうこの書き方じゃそう思われても仕方ない…)
ちがうの…!できる規模で、一番やりたいことをやってはる感じが、すごいいいなって、そう思ったんです…!
(これは今調べてて初めて知ったんですが、2010年のオープンまで6年の歳月をかけたそうです…!なんか、わかる、気がする…!)
あまりの忙しさに皆がキレそうになりながら働いてるお店(うちとことか)よりも、こういうとこのが…いいなあって…。

でもねー…、いや、忙しそうでした!イートインには、誰も来なかったけど!テイクアウトは来るわ来るわで…
雑誌にも結構載ってる人気店だからってのもあるけど、この日は平日です。普通にチャリに小さいお子さん乗せてくるお母さん(近所の方なんでしょうね)とかが、あの狭いショーケース前にどんどん来てた。もう、扉、閉めれてなかったもん。
私は一番奥に座ったので、その様子は直接は見れてないんですが、声はずっと聴こえてました。普通に「プレーン4つと、○○を4つと…」とか頼んだ人の後の方が、(多分)空になってしまったショーケース見て慌てて「プレーン売り切れですか?」って聞いてて、お店の人が「奥にございますので」って安心させようとしてた流れとか、スゲーと思った。あ、でも雑誌とかにも注意があったな。営業は「売切れ次第終了」だって。きっと休日は早いこと売り切れるんだね…。
厨房も売り場よりかは広いけど…そんなだだっ広いとかじゃなさそうだったし、忙しいんだろうなあ…。
でもそういうの全く感じさせない、常に笑顔の接客で、すばらしいと思いました。(うちが感じさせすぎなんだろうな)

まあ、お店はね、最終目標でいいかな!人生の!
今は、今やってることをちゃんとこなさなね。


テイクアウトもしようかなと思ったけど、これから何軒も回るんだから、と断念。
北上。次は…またあの通り名の歌を心で口ずさみながら「戎川通り」まで上がって、左折。そのまま家具屋さんの並びを眺めつつ進んで…途中で「アグレアーブル」というケーキ屋さんを発見。これ、絶対うちが好きな感じなお店だ…と思いつつも、「今日はドーナツだけ!」って決めて涙を呑んで通過したんですけど、あとでここも手帳にメモってたお店だったことに気づきました…。本格フランス菓子のお店ですよ…!ああもう次は絶対行くんだ!「オペラ」があればいいなあ…。
で、もうちょい行ったとこに、ありました。「ひつじ」。
こちらも京都でドーナツと言えば!って感じで有名なお店。店構えがとてもかわいい。…あれよね、やっぱり「パティスリー」よりか入りやすい雰囲気は、やはり「ドーナツ」自体の気軽な感じも関係してるんだろうな~。いや、うちは本格っぽいパティスリーも平気で一人で入りますけどね!!(……)

ここもイートインできるんですが、この日は「後は全部テイクアウト」って決めてたので、そうしました。

ここの特徴はこの、「シュガー別添え」かな。テイクアウトの場合、ベタッとならないようにこうやってそれぞれ小さい袋にシュガーが入ってくっついてきます。これを、ドーナツが入ってる袋に入れて、振るんだって。ふるポテみたいですね!(普段の食生活がバレる発言…)
間違えないように押されたハンコの文字がなんとも言えずかわいいです。(奥は「和三盆」とはんこがおしてあります)

手前のがシャカシャカした後のん。紅茶と黒豆ときなこ、だったっけな。みっちり具合・ずっしり具合がさっきより強い。あと、いろんな種類と組み合わせがあるので、店頭でかなり迷っちゃいます。またこれが、どれもおいしそうなんだ…。

で、奥はチョコ。私、チョコドーナツ好きなんですよ!いや法子の影響だけじゃなく!(影響もちょっとはあるのね…)
こちらのお店は、パン屋さんみたいに自分でドーナツをトレイに乗せてレジに持って行く、ってスタイルなのですが(そもそも、元はパン屋さんをやってはった方のお店らしい)、このチョコドーナツは、冷蔵のとこにあったんですよね。それこそパン屋さんにおける、サンドイッチの居場所みたいなとこに。いや、そりゃ、確かにチョコは溶けるかもしれないけど…でも、わざわざなんで??とも思ってた。
食べて初めて、その理由がわかりました。

…わかりますかね?中にも、チョコが入ってるんです!
なんていうのかな…あのほら、クロワッサンみたいな生地に板チョコ入ってるパンあるじゃないですか。あんな感じでチョコが入ってるんです。クリームじゃないんです。……ていうか書きながらも疑問なんだけど、ドーナツって揚げなきゃいけないのに、こんなことってできるんや…??しかもリング状に固めてるってこと?成形の時に埋め込むんやろか…。ううむ、謎だ。
そしてこれが、めっちゃおいしかった!大体こんな、イーストドーナツの中にチョコだなんて、食べたことないし!これ自体ちゃんとおいしいチョコだし…!すごいなー!すごいなーこれ!!(いや、純粋にチョコは好きなんですよ、ホント)
次行ったらホワイトも買ってみよう…。


えー!?終わんなかった…!(いらん話するからでしょ!)
次!次で最後です!!多分!!
Comment

祝・シンデ・・・デレマス2周年!

2013-11-28 23:59:18 | きょうのできごと
「シンデマス」が自分の中で定着しすぎててなかなか「デレマス」って言えない…。
それはともかく本日で「アイドルマスター シンデレラガールズ」、2周年だそうです!!
おめでとうございます~~!!

稼働直後からやってたわけでは全然ないのですが、それでも感慨深いですね~…っていうか、まだ2年なんや??なんか、もっと前からあるような気がしてしまう…。
2周年記念ということでゲーム上でも色んなイベントがありました。
一番楽しみにしてたのが、「イベントメモリー」!!!!(そういう人はめずらしいんじゃ…)
15時、アイプロ開始時間とはわかりつつも、何はともあれ「バレンタインアイプロ」を探しに行き、バナーの法子に頬を緩ませておりました…!かわいい!!アンド、懐かしい…!!
一度きりだったOP演出も見れていいですね!あのスタートダッシュは最高だったね法子!!「まずはドーナツを用意して、っと…♪」ってやつ!
劇場へのリンクもあったりして親切!味見する法子かわいい…!
アイドルギャラリーにそのまま飛べるのもいいなああ~。このページでも枠消えるんだ~って思って順番に連打してて、「あれ?あれ?消えない…」と思ったら、そのアイプロの時の法子必死でクリックしてました…。SRだけだっつの!

10連ガチャは765レアの皆さんが結構いらっしゃいました…。もちろんSRナシ。うーん、日頃の行いかな…?
でももらえた智絵里ちゃんめちゃかわいいから嬉しかった!でもどうすんねんもう1枚!招待とかできひんし!トレード解禁めちゃ先やし…!

あとは…ああ、肩書は…もう、一番欲しい「ドーナッツ☆マーメイド」持ってたので、特には…。
並べて表示できるならな~。サマーライブも貰うけど…。
春香さんの肩書でももらっちゃおうかな、と思ったけど、バナー見たらドヤ顔でちょっと笑ってしまったwそうだ、SRはこれだったよねえ…。でもあの時は本当に、これ1枚手に入れるのも大変だった…。デレマスを遊ぶ目的が「招待春香+をゲットする」っていう、ただ1点のみだったからね。ゲットできた時の感動はすごかったけど、その後の燃え尽き症候群もすごかったな…。

18時から何か…ライブ?があるということで、未だに中の人とか全然わからんままなので最初は「ふーん」って感じだったんだけど、途中からなんとなく見てみた。
で、そこで流れたPVが、すごかった…!!
もう、さっきからずーっと見ちゃってる…。

お願い!シンデレラPV


最初は、1ミリでも法子が映ってないかって思いながら見て、でもまあ、出てなくてすごくがっかり、は、したんだけど。
それでも繰り返し見ちゃう。すごい…すごいね!もうなんかちょっと、普通に見ちゃってるけど…動いてるよ!?デレマスのアイドル達が!!

「お願い!シンデレラ」、改めて、すごいいい曲だなって思った。
CD、借りてみた後でよかったかも。シンデレラマスターも、前半の皆の分だけでも借りててよかった…!
私は最初期からキュート属性以外の子はユニットに入れずに来たので、基本の性格すらあんま知らない子もすごく多いんですよね。でもざっとCD聴いて、皆それぞれにかわいい子達なんだなーって思ってたとこで…いやあ、よかった…。
で、CD聴いた時も思ってたんですよ。
「これ、好きな子がやってくれたらそりゃ嬉しいよな」って。その子だけが歌って、がんばってしゃべって…長い時間じゃないけど、満足度はすごいあるやろなって。もし、私の法子がCD出してくれたら、うちは聴きながら嬉しくてめちゃ泣くだろうなって、簡単に想像できた。CDデビューって、すごい事なんだって、思った。
皆、嬉しいだろうなって。彼女たちのファン…じゃないや、プロデューサーさん達は。

最初は声すらなかった子達が、こうして歌って、動いて。
まさにシンデレラの魔法のようで…。
まぶしくて、見てるだけで愛しくなる。応援したくなる。
そして同時にすごく思う。「いつか法子もこうなってくれればどんなに嬉しいだろう」って。

うちのシンデレラは法子だけだよ…、とか言うと、背後からヒネリのきいたハリセン攻撃が飛んできそうなので言いませんが(……)、
でも、「もしかしたら」って希望はあるから!!……それだけで、すっごいことだよね!
CDデビューまで、ずっと頑張ろうね、法子!!
…アイプロのエクストラでアイドルが皆出てくるとかマジですか…!そんなん、法子に会えるまで走っちゃうやん…!?

お願い!シンデレラ
夢は夢で終われない
動き始めてる 輝く日のために

「希望」を形にして、こんなにもキラキラと見せてくれる、「シンデレラガールズ」達に、
心から、ありがとう。
Comment

秋の京都2013~勧修寺とドーナツ・5

2013-11-27 23:55:23 | 旅行とお出かけのこと
「ご自由散策」の看板のとこで左に行き、池を一周して戻ってきて…あと見るのは本堂前のあたり。看板の「右」にあたるエリアです。

飛び石がオセロみたいでかわいい。
と思って撮ったけど、白しかないし……どっちかというと碁?(それもどうなの)

「ウルシです。さわってはいけません。」

とことん親切な勧修寺の看板たち。

ここが本堂らしい。

紅葉がいい感じです。
この辺にはあじさいもたくさんあるみたいでした(当然、今は咲いてないのですが)。
あと…、これ書くために調べてて、今頃知ったんだけど…池のそばの、双眼鏡が置いてあった「自然の屋根」、藤棚だったらしいです!!(オイコラ!!アンタ藤棚好きって前に書いてたくせに気づかん上に「自然の屋根」って表現ひどくないかコラ!!)
他の季節も来てみたいなあ…。

でも、最初に紅葉の季節に来れてよかった…とも思う!

紅葉ってほんと好きです。
色合いが、ほら、…おいしそうで!!(……)
和菓子みたいで!!(…………)

これとか、ほんとおいしそう…。

いや食べませんけどね!もみじの天ぷらが食べたいとかそういう意味でもなく!
もみじまんじゅうを思い出すとかでもなく!

前日に調べて見つけて来ただけのお寺だったけど、めちゃお気に入りになりました!

あんまり人がいなくてゆっくりできるし。他の季節もまた、絶対来よう!
他の季節なら、他の鳥もいるかもわかんないし…!いや、うち、区別つくのか自信ないけど…!(おい)

入口まで戻ってきて、一番見事な紅葉はやはりここだな、と思いました。

宸殿前。さすがにここは人が常にいるので、撮りたいように撮るためにはちょっと待ったりしなきゃいけないんですけどね。

日の当たってるとこと、当たってないとこの差がいいな~と思って撮ったんだけど、

よくわかんない写真になってる…。うん…。

最後に、…最初の「看板」を。

ボタンがインターホンですね…。でも押しやすくていいのかもしれない…。
これ、押すと、お寺の案内のナレーションがしばらく流れます。最初から親切でわかりやすい、本当に素敵なお寺でした。


お寺を出て、「小野」駅に戻ります。
最初に渡らないといけない正面の道路、横断歩道だけで信号がなかったので左右を見てタイミングをはかって渡らなきゃいけないんですが、なかなか交通量が多くて…。行きしはスッと行けたんだけど、帰りがなかなか渡れなくて、5分くらいそこで立ち往生してました。「うち、このままずっとこうしてなあかんのかな…」って思ってたらスーツを着たおじさまがうちの隣に来て、うちは怖くて行けないようなタイミングでスッと渡っちゃったんですよね。「あわわすごい!」と思いつつ、でもついて行けずにその背中を見送ってたら…その時一番そばまで来てた軽トラが、鈍いうちを見かねて停まってくれました!!びっくりした!!めっちゃぺこぺこお辞儀しながらダッシュで渡りました。あの方が停まってくれなかったらもう10分くらいはそこにいたかもしれない…。ありがたや…。

駅は帰りも静かな感じでした。今度は乗った「山科」も通過して、「烏丸御池」まで行きます。目指せ、ドーナツ屋さん!
電車の中では、図書館で借りた小説を読んでました。
よりによって、これを。
夜は短し歩けよ乙女
クリエーター情報なし
角川書店

ベタベタすぎる……(※京都が舞台の小説なのです)。
さすがにベタすぎて電車の中で開くのが恥ずかしいので、家で本屋さんのカバーかけてカバンに入れていきました。
…なんつーか、こないだ「うちってば村上春樹さん以外の普通の小説って借りないし~」とか書いたばっかりなんですが、これはですね!理由があるんです!前回図書館に行った時って、ちょっと窓口に用事があって…最近は貸し出しも自分で、機械でやるから、窓口の方って全然行かないから知らなかったんですけど、そこに「話題の本」が集められてたんですよ!「阪急電車」もそこにあったんです!で、タイトルはよく知ってて、おもしろいって評判も聞いてたこの本も手に取ってみたんです。だからあの時書いたのがまるっきり嘘ってことじゃ…(必死の言い訳)。
いや、おもしろかった…!てかうち、ちゃんと村上さん以外の小説も読めるんじゃん、ってすごく安心しました!

ってか、そんな言い訳をしたいわけじゃないんだった…。
いや、お出かけで、電車の中で本を読みながらゆったり…っていうのは、なかなか優雅な気持ちになれていいなって、すごく思ったんですよね。
この日の予定は「勧修寺見て、その後ドーナツ屋さん数軒」でした。…うちは今まで、京都に来たらもっともっといっぺんに色んなとこに行こうとしがちでした。お寺ひとつで家に帰るとか、それが相当辺鄙なところにあるとかじゃないとまずやんなかった(時間が間に合わなくて「結果的にひとつしか行けなかった」ってのはあったけど…)。
今回だって本当なら、小野駅から歩いて行ける範囲に「随心院」(小野小町ゆかりのお寺)があって…そこも行けたはずなのに、予定を立てる時からなんとなく「…まあ今回はひとつでいいか」って思ったんですよね。だから、最初から気持ちにゆとりがあった。家を早めに出てたのもあって、勧修寺だってめっちゃじっくり見れた。実際に行くまでは、そこまで熱心に見るお寺だってわかんなかったから、これはめちゃ嬉しかった。
…時間に追われないというのは、こんなにゆったりした気分になれるのかって、思ったのです。
「なるべくたくさんのものを、サクッと見て回る」っていうのは、一人で行くからできることで(誰かといるならとてもそんなことはできない…いやあのこれ、ひがみじゃなくて!)(うちが言うと説得力ないなあ…)、それはそれでいいと思うんだけど。
こういうのも、いいなあって、すごく思ったのです。
時間を気にしなかったので、電車の中でスマホを出すこともなく(モバマスのイベントに参加することもなく)(……)、本の世界に浸れて。
まあ、浸りすぎて一回乗り過ごしたんですけど!それはまた、次で!
Comment

秋の京都2013~勧修寺とドーナツ・4

2013-11-26 23:57:44 | 旅行とお出かけのこと
池の周りを進んでみるも、すぐ近くに行けるとこには鳥はいない…。まあそりゃそうだよね。鳥さんだって、人が来ないところのが落ち着けるよね…。
で、しばらく行くと、めっちゃ池のそばに降りれる場所が!

この一番先の石の所まで進んで、来た方を必死で振り返ると、…あ、ちょっと見える!

でもまだこんなに遠いんですけど。

うちの「時」は望遠がきかないので、肉眼のがまだ近くに見える気もする…。
どうにもあの子達は、蓮(の枯れたやつ)の内側が好きみたいで、あっこから出てきてくれない…。
ちょっとでもこっちに来てくれないかな~、って10分くらいそこで粘ってみたんですが、結局来てくれませんでした。しくしく。
つーかいい年なのに怪しくてすみません…。お寺の方から池を撮りたかった人にはめちゃ邪魔だったかもしれない。「なんかあの人池の端から動かないけど何やってんの…」とか思われてたらどうしよう。すみません。

てか、ほんとにすぐそこが池で、軽く背中押されたら落ちるよな…、って感じで怖かったです。てか後ろに立たれるだけでびっくりして落ちる自信あった。めちゃ浅いから溺れはしないだろけど。
…まあ、誰も来ないんですけどね!!

そこにいるときに急に強風が吹いてギャーッ落ちる!となりつつも、今まで穏やかだった水面がめっちゃさざ波だっててうおおスゲエ!って撮った写真。びっくりしながら撮ったのでぶれてる。
しかもこれ、今気づいたけど少し向こう側はまったく波が発生してないのね…。

今までとはうってかわって、迫力ある看板の警告。

魚もいるんやね~(鯉以外の魚もいるんやろか?それとも鯉のことやったんかな)。
そりゃ、盗っちゃ、「ダメだよね」(イタミン風に)。

蓮は枯れてるし、他に花はほとんどない。本堂に近い辺りみたいに鮮やかに紅葉する木もあんまなくて、ここまでほとんど「雑木林」のような色彩が続いていたのですが。

唐突に、足元に色が!ハートで、何かかわいい!
周りを見回してもすぐには見つけられなくて、上を見上げてやっとわかりました。

椿…?いや、サザンカ??

あんな高いところに咲くんやなあ~。普通に歩いてる分では全く視界に入らないとこより上にしか、花がなくて…。地面に落ちた花びらがなければ、気づけなかった。

なんでボートが!?座礁!?

鯉狩りの人が乗ってたやつとか…?なんか、怖い。

大きな池ですが、もうすぐ一周。お寺も近くなってきて、視界も開けてきた……と思ってたら、何か、池の中心をスーッとすすむ、鴨さんの群れが!!あんたら!!今頃!!でも、うわあああい!!やっと近くで見れた…!!

かわいいかわいいかわいい!

何かおいしいものがあるんだろうか。

みんなしきりに水中に顔をつっこんでて、水面が揺れまくり。

また鳥をバシャバシャ撮ってて、途中で「ハッ、紅葉を撮りに来たんだった…!」って思い出して、撮ったのがこれ。

まさにとってつけたような感じだなオイ!!

このあたりでようやく、私のように一人で、カメラを持ったお姉さんが向かいから来て、同じように鴨を撮ってました。ちょっとうれしい。でもそのお姉さんのカメラは小さくてかわいいデジカメで、雰囲気がかわいらしかった。いいなあ、ああいうデジカメも欲しいなあ。「時」、ゴツすぎてお店の中とかで出せないんだよなあ…。(あと「シャッター押してください」ってよく頼まれてしまう…)(いいんだけど、緊張する…)。
でもなんとなく最初、うちの方を不思議そうに見てはった気がしたんだけど…もうちょい進んでその理由がわかりました。

反対側と同じ「大いに危険」の看板なんですけども、こっちのが雰囲気的に進みづらい感じする…。何あの赤いコーン…。
そりゃうちでも逆の立場だったら、「(ここ、通ったんですか。マジすか。)」って思うかも…。

やっと池を一周!続きます……って、はよ書かなドーナツの味の感想とか忘れそうやねんけど…!
Comment

NRRRの思い出。

2013-11-25 02:04:56 | 自分の動画のこと
昨日は卓球Pのラジオ「NRRR(ニコマス・ロックンロール・レディオ)」が200回ということで、「それはすごい」と思って…わくわくして聴きに行きました。
通常通り動画紹介もするのかな?と思ってたんだけど、どうやら今回はそれはナシで、たくさんのゲストさんとひたすら思い出を振り返っておしゃべりするみたいでした。

私がNRRRの存在を知ったのは、初めて自分の動画を紹介してもらった、2010年の…えーと、えーと、大百科見ると……多分75回?で、
…それから毎週欠かさず聴いてた!とかでは全然ないので、200回分の思い出話はついて行けないかな?と最初は思ってました。
でも、その、存在を知った時に一生懸命読んだ大百科とか用語集がすごくおもしろくて、結局その後も何度も読んでたんですよね。だから、知ってる話も多くて、それがとても嬉しかった。思い出を…疑似的にでも、共有できてるってことが。後ろめたい気持ちじゃなく、心から、「200回おめでとうございます!」ってお祝いできることが。
どんどん増えるゲストの皆さんも楽しそうで、皆、この場所が好きなんだなあって思いながら聴いてました。
そして私も、そんな皆さんを見るのが好きなんだなあって思いました。

好きならずっと聴けよって感じなんですが、なんせ私は「誰かがしゃべるのを聴きながら作業する」ってことができないんですよね。ブログとかも書けないしもちろん動画の作業なんて無理。何か読むのも無理なのです…。これは普通のラジオとか、テレビのバラエティー番組とかでもそうなので…、あ、あと聴きなれない音楽でもだめだ。あとアイマスのCDによくあるミニドラマとかも…最初は正座で聞かないと、内容が全然わからないという…。時間がもったいなすぎます。マジで聖徳太子に教えを乞いたいものです。
…そんな私ですが、気になる動画が上がった週とかはNRRRを必ず聴きに行ってました。時間が合わない時は後で音源をDLして聴いたりしてました。自分が気になる動画(大抵紹介されてるw)を、皆さんはどんな感想を持つのかってすごく興味があったので。私は上記の通りで他の生放送とかもほとんど聴けないし…今でこそツイッターはやってますが、自分からこのブログの外に出ることもないので、ニコマスブロガーさん達の記事を巡るか、NRRRを聴きに行くしかなかったんですよね。
NRRRは卓球Pやゲストの方の感想だけじゃなく、掲示板にも…リスナーの皆さんの意見とか感想が色々書きこまれるし…それに時には作者さんご本人の話だって聴けたりする!これは素晴らしい!!
あと…えーと…すみません、自分が動画上げた週の金曜日はいつもドキドキしながら最初から聴いてたりしましたw(現金!!)

最初に紹介していただいたのはこの動画でした。

何か、妙に再生数が増えたな~。どこかの生放送で流してもらったのかな~とか思ってて、
公開マイリストの「ラジオ内紹介作品」という文字に気づいて。「ラジオ……??ラジオって何??」とか思って、(自分では)一生懸命リンクをたどってなんとかブログまでたどり着いて、なんとかDLもして、それで聴いたのが最初でしたね(7時間の回だったのなら、よく自分のとこ見つけれたなーって思うんですけど…その音源だけないんですよね。前のパソコンの時だったし、多分移行させずに消しちゃった…)。
本当に「ネットラジオ」というものも知らなくて、「これって、掲示板?の書き込みにも反応してしゃべってるってことは、録音したやつとかじゃないんや?その時しゃべってるものなんや…なんで普通の人?がそんなことできるんやろ」とか、不思議でたまりませんでした(まあ私、普通の電話でも「なんで相手の声聴こえるんやろ…」って不思議でたまらないのですが)(一度納得するまで調べろよバカ!!)。
それでも紹介されたことはとっても嬉しかったです。ブログで紹介されるのも、小躍りしちゃうほど嬉しい!って思ってたけど、こうやって、ラジオで紹介されるなんて…!皆がその場で動画を見ながら!うちの動画の話をしてくれるなんて…!
どなたがおっしゃっていたのかはわからないのですが、今でも忘れられない言葉があって。
…この動画が、見てると平和な気持ちになれるって話の流れで、
「これを、今から悪い事(強盗?とか)しようとしてる人に見せれば、止めれると思う」って……www
うちは基本、自分の動画大好きですが、この「ファンシーな春香」は特に好き度が高く、もう、しょっちゅう再生してます。多分それは、この時にこうやって褒めていただいたのが本当に本当に嬉しかった、っていうのも大きいんですよね。
再生するたびにあの言葉を思い出てニコニコしてしまいます。いやほんとに。音源が手元にないのが残念でなりません。

その、最初の回以外は、紹介していただいた回、全部手元に音源があります(と言っても3つなんだけどw)。
動画を作る時、素材とかプロジェクトファイルとか、フォルダを作ってまとめておいて…そんで、できたら「完成版.mp4」だけ残して、フォルダごと「過去作品」みたいなまた別のフォルダに放り込むんだけど。
そこにそれぞれ一緒に入れてます。んで、動画作りで心折れた時に聴いて、「またこんな風に紹介してもらうんだ…」って元気を出してます。

はるオレの最終回をご紹介いただいたのは嬉しかったなあ~。

この時は気づかなかった…んだっけ?それとも用事があって聴けなかったのかな…。まさか紹介されると思わなかったとか?でもうちこの時、セカチャクとかもチェックしてたのに…(結構長い事流れた!)、なんでよりにもよってNRRRに気づかなかったんだろう。不覚!!
というわけで後から教えていただいて音源を聴いたのですが、その紹介がほんと、大好きで…!もう、めっちゃ何度も聴きました!
本当に嬉しかったんですよね。ああ、ちゃんと、見る人に伝わるんだなあって。
私は、お菓子作っただけですが…(でもアレ、人生で親友のウエディングケーキの次くらいに頑張って作りましたね…)。
本当に「はるか」が愛しくて、大事なんだって…、そういうことって、わかってもらえるんだなあって…。嬉しくて、聴く度に泣きそうになってます。
いや、全て、ふらうPのお力ですが!

そして初めての「ロック」のこれ。

この時初めて、紹介していただく場に居合わせたんですよね…!それまでも、聴きながら掲示板に(すごく、たまに)コメントすることはあったけれど、初めて「オペラ」って名前入れて…
すごく覚えてるんだけど、私はこの日、岐阜の親友の所に1泊してて(鵜飼を見に行った)、帰ってきた日だったんですよね。家に着いたのが…20時過ぎだったのかな。丸2日ぶりにパソコンに触ってて、やっぱ落ち着くな~とかダメ人間っぽいことを思ってて。
「あ、21時だ。今日はNRRRだな。あーもう、なんでうちは先週動画上げちゃったんだろう…。(←前の週はお休みだった。)せっかく卓球Pの目には止まったっぽいのに~…」とか考えながら、そういやこの2日動画見れてないしな~と思ってそのまま見てたんですよね。
しばらくして、いつものように貼られたマイリストを開いて、そのままキーボードに頭ゴンってぶつけそうになりましたね…!
一番上に!うちの動画が!!ななななななな…なんで!?なんでっていうか、これは、このまま紹介していただけるってこと!?ひいいいい、う、うれしいけど、どうしよう……!!
本気で泡吹きそうでした。というか気持ち的にはぶくぶく吹いてました!!(……)
紹介が始まってからも、しばらくめっちゃ悩んでました。「どうしよう、嬉しいから書き込みたいけど、見てるってこと言わない方がこう、正直な感想(←?)とか言ってもらえるのかもしれない…それ待った方がいいかなあ。ううう、でもなあ…!!」とか、色々。でも結局は嬉しさが勝って書き込んだんですけど、本当に、比喩じゃなく、手がガックガク震えてなかなか文字が打てなくて大変でした…!
あとで音源を聞いたら「こんなことも言って下さってたんだ」って箇所がすごい多くて、自分の動転ぶりに自分で呆れてしまうほどでした。半分くらい見えてないし、聴こえてなかったらしい…。大体、紹介終了後に「ありがとうございました!」って書きこんだ後、自分の体勢がすごいことになってるのに気づいてびっくりしたからねえ…。いつでも逃げ出せるような、上半身ひねったような姿勢で聴いてた…(イヤホンのコードがピーンってなってた)。恥ずかしくて逃げたい、けど、聴きたい!って、そのまんまの体勢。
この日はずっと何か気持ちが浮ついてて…、これも忘れられないんですけど、私はこの日、当然お世話になった岐阜の親友に「今無事着いたよ~!ほんとにいろいろありがとね!」みたいなメールを送らなきゃいけなかったし、送るつもりだったのに、それも完全に吹っ飛んでて、翌日向こうから「…着いてるよね?」ってメールが来てしまって、もう平謝りでした…。ほんと毎度心配しかかけなくてすみません…。

で、これ。

投稿後に卓球PがBUGY CRAXONEに反応して下さっていて、よっしゃーこれは紹介あるでー!って思ってて(なんかさっきから…ゲスっぽくてすみません…。つーかうち、こういうこと書かない方がいいんじゃないの?)(今更すぎる)、…いや、でも!以前に動画を作ってらっしゃったとかは知らなかったんですよ!?ほんとに!
で、いざ、本番!
…何かその回、回線の調子が良くなかったみたいで、たまにゲストの声が聴こえなくなるっていうのがあって…。
私の動画を紹介して下さる時にまたタイミングよくそれになってしまって…、しばらく卓球Pの声しか聴こえなくて、最初は私も、回線のせいだよね、って思ってたんですが、だんだん怖くなってきて、もしかしたらうちはすごく嫌われているんじゃないか…、とか、そもそもオペラPなんて全然知らない人だからコメントできないってことかな…、とか考えたら泣きそうになって、もうイヤホンのコードでこのまま首をつってしまおうかと思うほど絶望してました(…………)。
いや、回線のせいだったみたいで、よかったです…。でもその間のお二人のお言葉は、音源をDLしても入ってないのがとても残念です…。
でもその後は、前の「遥か彼方」まで話題にしていただいて嬉しかったなあ~。いつもの緊張にプラスして、出だしの絶望がかなり効いてて、2度目なのにまだ掲示板に書き込みする時手がガクガクしてましたけどね…。訊かれたことにも全然ぽんと答えられなくて、ホント申し訳なかったです…。



動画の話も、動画じゃない話も、聴くのが楽しくて。そしてうらやましかった。
こんなにいろんな話ができるのは、きっといつもたくさん動画の事を考えてるんだ、と思った。うちはきっとできない。しゃべっていいですよって言われても、とっさには何も話せない。その分、うちは書けば、…思ってること全部ちゃんと、もしかしたら考えてるよりはっきり形にして文章に出来るけど…。でも、しゃべれるのはすごく、うらやましかった。
…考えないと形に出来ないなんて、愛が足りないような気がした。全然。

あと、そう…。ほぼ毎週やってて、…普通に過ごしてたらテンション上がらない時とか、仕事とか日常で嫌なことがあった時だってあるはずなのに、いつ聴いてもそういうのを感じることがなくて、…でも聴いてる間はそれも、すごいことだと思えないほど、普通で。



200回の放送はとても楽しかったんだけど、私は翌日も早朝から仕事だったので、ずっとは聴けなくて…、
お風呂あがった後も掲示板見たらまだやってるみたいで「まだやってるんだ。すごいな~w」と思って。
でも、なんだろう。早く寝ようと思って早めに離脱してたのに、何か…眠れなくて、
もう寝なきゃ、と思って、最後にツイッター覗いたら…… 

もうその時は放送は終わってて。
…余計に眠れなくなってしまった。

最後だった…。
見れたのに、見れなかった……。
思ったよりずっとショックを受けてる自分に驚いた。
いつも聴いてたわけじゃなかったのに。聴いてない回の方が多いのに。

布団の中で考えた。
私にとって、NRRRって、何だったんだろう。どのくらい大事だったんだろう。
順番に思い出してみた。初めて紹介してもらった時のこと、初めて掲示板に名前出して書き込んだ時のこと……
紹介してもらった回の音源を、その後何度も聴いてた。
大げさじゃなく、心の支えだった。大事なモチベーションの一つだった。

じゃあ、今、私はどうしよう?何をすればいいんだろう。
……感謝を、伝えなくちゃ。
終わってしまうことを、寂しいって言うのは…いいよね。「なんで!」って責めるような感じにならなければ。
あと、自分の寂しい気持ちは、自分で昇華させないと…。
だからこれを、書こうと思いました。

ブログに書くにはあまりにも個人的かもしれない。
でもこれ、メールで送りつけたらもっと気持ち悪いっていうか…、怖いですよね?w
大丈夫!こういうのも書けるように、このブログは普段から幅持たせてるんだから…!(それは後付けやろ!)
それに、感謝を伝えたいのはお一人ではないのです。
関わってる皆様が、楽しそうにしているのを見るのが、本当に好きだったのです。私は。


今日は200回の放送を聴きながら、これを書きました(最初に書いたことが嘘っぱちっぽい…)(相棒の実況とかやってたら、ちょっとだけ慣れてきたかも~。でも書くスピードはすごい遅くなる、やっぱりw)。
たまにのこういうイベントも、すごく楽しかったな。
卓球P、そしてNRRRに関わった全ての皆様、長い間、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました!!
Comment

秋の京都2013~勧修寺とドーナツ・3

2013-11-23 23:50:55 | 旅行とお出かけのこと
前方に広がる大きな池の方へ。夏は蓮がとても美しいそうです。

今は秋なので枯れてましたけどね。
去年も大覚寺で枯れた蓮の写真撮って「咲いてるとこが見たい」って書いたはずなのに、また枯れてるの撮ってるワタシ…。

池の端にある看板に驚愕。

「京都一水鳥の多いお寺」……!!
嬉しくて震えかけました…!何度も書いてますが私は鳥が、特に水鳥が大好きで、どこに出かけても結局一番撮るのは鳥の写真なのです…!(その割には水鳥を総称して「あひる」と呼ぶとかムチャクチャですが)
調べて辿りついたならともかく…全然知らなかったのに、こうして偶然来れたなんて…!鳥の神様、ありがとう!!

こんな日にメガネを忘れるなんて最悪だ、と己のミスを悔いていたのですが、

双眼鏡が備え付けられてた!なんという、なんという至れり尽くせりなお寺…!

この双眼鏡のあるとこはちょっとした屋根もあって…屋根って言っても自然の。なんていうんだっけ…。
ベンチもあったりするんですが、その後ろの方にまた看板があって、何かな、と思って見に行ったら。

普通さ、芝生に立札があったら「入らないで下さい」だよね。なんて親切なのか…!
ここらへん(池の前)は確かに開けた芝生の空間で、もっとお寺に近い側にまたベンチもあるんですが、シバフに直接座って休憩したくなるよねえ…!ピクニックみたいに…!(あ、でもさすがに飲食は禁止か?)

上の看板にあるとおり、こちらは「お帰り道」なんですよね。では、池の方へ進まなきゃいけないのね。
でも…鳥がいっぱいいるのかもしれないと思うとドキドキしすぎて、何か逆に行くのがもったいない感じがして…(……)
「そういえばうちは紅葉を見に来たんだったよ」と思いながら写真撮ったりしてました。

はよ行けよ!

別にこの看板に気圧されていたわけではないのです。

双眼鏡があるすぐ先にこんな…すごい迫力の看板がwww(これは調べた時に画像が出てたので知ってた)
これも普通、危険なら「立ち入り禁止」ですよねw
なんかもう、いちいちツボだなあ~~!www

看板にびっくりしちゃうけど、池の端をぐるーっと回れる道は、遊歩道としてはちゃんとしてます。すれ違えないほど狭いとかもない。あえて言えば、柵はないけど。
覗きこんで見える範囲ではすごく浅い池です。鯉がたくさんいて、人が近寄ると「エサか!?」みたいに動くんだけど、浅いからすぐそこが泥の底で…動くとすごい濁るんだよねえ。見えなくなるから落ち着いてー!って言いたかったけど、言っても伝わらないしなあ。

どんぐりとか久しぶりに見た気がする。

ぐるっと池を回る。でも鳥はいない…。あの看板にあった通り、ジャングルみたくなってるとこしかいないのかな…。

奥の方になると蓮の葉っぱも、枯れてないのがあるんだなあとか。
池に映る紅葉が綺麗だなあ、とか。思いつつ。

池のこっち側(あの「危険」の看板より奥)に、うち以外には人はいない。そもそも宸殿のあたりからたくさんいるって感じではないけど…。
お昼、まだ13時ぐらいのはずなんだけど、なんとなく暗くて…。少しだけ不安になってきた。

でもこんな橋があったら渡っちゃう!!
それに鳥を一羽も見れないまま帰るなんてできない!

これ、これってさあ、さっきの看板とは違って「きけん」としか書いてないしさあ、ロープ貼ってあるからこの中には、入ったらいけないんだよね。

でもさあ、じゃあ、この横の道は、と、通っていいんだよね!?
もうかなりうっそうとしてるし、本当ならちょっと遠慮したいくらいの雰囲気だったんだけど!(もし夕方だったら絶対行かない!)
向こうから見えてた「ジャングル」は、この辺だし…行かねば!!

ああ、お寺の方が綺麗に見える。

ずいぶん遠くまで来たなあ…。そして鳥は、見えない…。うう…。

でも、もう少し進んだところで、ようやくその姿が!!

とっ、遠い…。
あと手前の橋、さすがに通行止めの表示になってたんですが、横から見てよくわかりました。これは危ないわ…。
でもあの橋通れたらな~、鳥、近くに見れたのに…。
Comment

秋の京都2013~勧修寺とドーナツ・2

2013-11-21 23:49:26 | 旅行とお出かけのこと
宸殿の裏側、看板がありました。
「ハイビャクシン」…。ああ!そういえば調べた時にそういうのがあるってどっかで見た!
樹齢750年と言われてて、一面が一本の木らしい!
……って、えええ??

こ、これが全部、一本の木?真ん中のだけじゃなく?地面に這うように伸びまくってる分も!?

あと事前に調べて知ってたのは、あの水戸黄門様のデザインの灯篭があるってことだったんだけど…

ハイビャクシンに埋もれまくってるよ!?(左後ろに見えるのがその灯篭です。あとでぐるっと回って近くに行けたけど、この…看板との距離感…)

もうなんか、すごい。

これってまだ伸びるつもりなのかしら…ハイビャクシン的にはどうなのかしら…。
てかほんと、枝どうなってるんだ…。(あと写真、光が入りまくりですみません)

竜の形の梅の木。

写真ではすごくわかりにくいけど、実際に見ると「あー、確かに竜に見える」って感じです。左側に顔があります。
ここの看板にはこうありました。
「梅花はどこにでもありますが、数百年の自然の造形美である『伏した竜の形をした老梅の幹』は他に無く、『天下無双』です。」

…ここのお寺は、とにかく「看板」が印象的でした。なんかすごく親切だし。
お寺の由来とか、歴史的建造物の説明の立札とかは、他のお寺でもよく見かけますが、ここのは何か毛色が違う。わかりやすいっていうか、手作り感あふれてるっていうか…。視点がすごく、優しい。うちみたいな歴史全然わかってないアホも置いてきぼりにしない感じが(アンタ…本当に京都検定の勉強してたんか……)。難しくないから、素直に「へえ~」って思えるんですよね。
たとえば遠くのあの木。

京都庭園で一番高い木らしい。そこまではまあ、普通の「情報」かもだけど、続いて、
「水鳥が止まると狩野探幽の絵のようです。」って…!そんなん、おおおお~ってなるじゃないですか!
で、その写真もあって…!ほんまや~~~!みたいな。
なんと的確に、うちのツボをついてくるんやろ!!

左はさっきの灯篭の解説。その2。
通ろう!!…うん。いや、うちが考えたんちゃうし!書いてあるねんもん!

でもこれ、通れるんか…。前にいた年配の女性は通ってたっぽいけど、まじか…。

やっぱりハイビャクシンさん(左側)、伸び過ぎじゃないですかね…。もう十年もしたら、ここぐるっと回れなくなって、燈篭の近く寄れなくなるんじゃ…。

光圀公らしい大胆でユーモラスなデザイン、とのことなんですが、やっぱり全容が見えないw

でも確かにこんなのどこでも見たことないよな。あとでかい!

入口から宸殿、そしてその裏手にあたる燈篭とハイビャクシン…そこまでは看板で「順路」が示されているのですが。

ここからはご自由散策、らしい。何かかわいいw
うーん?急にそう言われると迷っちゃうね!なんかここ広いし!

とりあえず開けた方、左側へ。
って…ん!?桜!?今の時期に桜が!?

たくさん咲いてるわけじゃなくて、枝の先にちょんちょん咲いてる感じ…。
「不断桜」というらしい。一年中、花を咲かす桜なんだって…!(不断が「絶え間なく続く」って意味なのね!すみませんアホで!!そうか、「不断の努力」、か…!)
めちゃくちゃかわいかった。私、桜も大好きなので、紅葉を見に来た場所で、桜にも出会えて本当に嬉しかった…!!

続く。
Comment

秋の京都2013~勧修寺とドーナツ・1

2013-11-20 23:53:48 | 旅行とお出かけのこと
……長いこと京都に行ってない!行きたい!
折しも世間は紅葉シーズンです。いつ行くの?…今でしょ!(古い)
てか、今でしょどころか、最近じゃ急に寒くなっちゃって…お寺に行くのも辛くなる!
というわけで今日、行って参りました。

前日に「紅葉情報」で検索。今、見ごろになってるお寺を探すと…その中に「勧修寺(かじゅうじ)」があった。
名前は知ってるけど(つか勉強したのに…京都検定の時に…)、行ったことはない場所。ってことは、多分ちょっと行きにくい場所にあるんだろうな。だってうち、簡単に行けるようなとこはあらかた行ったもの。
地図を確認。…うん、ほらね、やっぱりちょっと外れてるとこに…え?「地下鉄東西線」?の、駅から歩けるって……?
私は地下鉄にはあまり乗らないので(京都中心部は歩くか走るか、バスばっか)(走るな)、忘れてたってか、知らなかったんですけど…京都の地下鉄の横向きに走ってる「東西線」って、南禅寺とかある「蹴上」あたりからぐっと曲がって、そこからもまだまだつながってるんですね!「東西」ちゃうやん!!
…まあそんなベタベタなツッコミは置いといて、とりあえず地下鉄に乗れば行けることが判明したので、そこに行ってみることにしました。
この路線の辺りにあの「醍醐寺」もあるのね…。行くときは車で行ってたから全く知らんかった…。

そして。その後は気になってるドーナツ屋さんに行ってみることにしました!
一番行ってみたいお店、ちょうど烏丸御池が最寄駅なんだよね!てことは、東西線で中心部まで帰ってくればいいんじゃん?そこからもう一軒も歩いて行けるし…
あと、「京都 ドーナツ」でググってみたら気になるお店が出て、そこも「二条」が最寄駅、らしい!
東西線で行けるやん~!二条城のあたりってほんと、意識せな行かへんとこやから、この機会に行っちゃおう!!
さらに調べて初めて知った!京都地下鉄も1日乗車券あるのね!600円で乗り放題!これで乗り降りも安心!オッケー!(こういうことは絶対見逃さないね……)

そして今日。休みの日は平気でお昼過ぎまで寝たりしてしまう私ですが、今日は頑張って早めに準備しました!もう日も短いしね…。
JRで京都を通りすぎ、山科で下車。行きはここから地下鉄に乗ります。そして「小野」駅で下車。
初めて乗る路線なのでキョロキョロソワソワしながら乗ってたんですが…(しかもなんとメガネを忘れて、案内表示が見えなくてすごい不安だった…)、東西線ってどの駅もものすごく綺麗なんだなあ。全部あの…なんだっけ、ホームから落ちない二重ドアになってるし。
まあでも平日の、しかも正午頃でしたので、あまり人もいなくてシーンとしてて、ちょっとだけ怖かったです…。

場所は入念に調べていたのですが、また地図を持ってなかったので(方向音痴のくせに!!)、案内表示、あるよねあるよね…って祈りながら地下鉄の出口の階段を登りきった、瞬間!!

この親切すぎる表示に感激して泣きそうになりました…!
そうやねん、地図で見ても、わからんねん…!右とか、左とか、今うちが向いてる方に合わせて言ってくれなほんまにわからんねん……!!(……)
ありがとう!この説明をつけてくれた人!!

…小野駅の周りは結構普通の住宅街で、なるほど確かにあの「まず左、んで交差点で左」って断言されてないと絶対に「(…ほんとにこっちか?)」って不安になったよなって感じの道でした。
地図では川を超えるんだよね、って考えながら歩いてて…ちゃんと川があるのを見て、すごくほっとしました。
んで、橋を渡った先にちょっとした遊歩道?があって、そこに置いてあった石がかわいくて、一旦通過したのに戻って写真撮ってしまった。…てか、最近「時」(←デジカメ一眼レフの名前です。宝物にはバランシェファティマの名前をつけるって決めてるのです)(でも「マドリガル・オペレッタ」とか何につけたらいいのか自分でもわからない)持っておでかけしてないから、「あ、なんかいいな」って思ったものも、そう思うだけでスルーしそうになっちゃう自分に気づいて戦慄した…!いいから、撮っとけ!フィルムカメラじゃないんだから!

…まあでもこういうのって、人が見たら「いや、撮るほどのもんちゃうやろ」って思うのかもだけど…。
いいんだ。うちがこれを見て「かわいい!真四角っていいよなあ!すごい好き。角砂糖とか!」って思った、ってことの記録だから…。そうそう角砂糖がもうすぐなくなるんだった。買わなくちゃね(……)。

勧修寺着。

おお、紅葉してる紅葉してる…わくわく!
この、風で幕がふわってなってる感じ、「アベノ橋魔法☆商店街」を思い出す…!(誰もわからない)

いきなり水道がかわいい。

瓦?何か風情があっていい。

あれも瓦?……いや、うーん…

なんだろうアレ。他の場所にもあった。
あと、ちっちゃい木も紅葉してるのがかわいかった。大きく育ってね。
もっと、ずっと後にここを訪れた人が、キレイだなって見上げて写真撮れるくらいに!

いいお天気でよかったです。

雲が多くて、風は強かったけど。基本は晴れていたのでよかったです。

大きなイチョウもキレイだな~。

でもあの木はどこに生えてたんだろう。ここで見上げて初めて気づいたんだよね。帰りに確かめようと思ってたのに忘れてた。
受付?のあたりにあったんかなあ。

門の所からも見えていた宸殿には、

「笑顔 御縁 絆」の文字が。
大事よね!笑顔。御縁も絆も!わかりやすい!!
あと防火用のバケツってかわいくてすぐ撮っちゃうわ…。火の用心も大事。

続きます。
Comment

「阪急電車」読んだ!

2013-11-19 23:32:32 | きょうのできごと
阪急電車 (幻冬舎文庫)
クリエーター情報なし
幻冬舎

「阪急電車」の映画を地上波で見たのが、2012年の5月、らしい…(→映画「阪急電車」、見た!)。
図書館で偶然見つけて手に取って読むまで、1年半もかかってます…。
でもこれはうちにしてはめっちゃ早い方!「いつか見たい」「いつか読みたい」の「いつか」は10年くらいは有効ですからね、うちには!!(……)(覚えておくのが大変です)

それはともかく、うん、小説もすごく良かった。
というか…映画、ものっすごくこれを「そのまま」映画にしたんだなあ、って思った。2人、映画に出てこない登場人物がいるんですが、その2人のストーリーだって映画に先行して動画配信?とかされてたみたいで、じゃあ結局全部映像になってるわけで…。すごいなー…。

1年半前に1度見たっきりだった映画(どこぞのX DAYみたく4回も映画館に見に行ったり、DVDスローで再生したりしてない)。
衝撃!とか、鮮烈!とか、涙が止まらない感動!!…とかじゃ、全然なく、でも映像の…ほわっと、あったかい印象はまだ自分の中で鮮明で。
…だからってのもあるのかな。本もすごいスピードで読めました。
中谷美紀さんや戸田恵梨香さんが頭の中でずっと動いてしゃべってくれてるみたいでした。

…映画では、どのくらい説明されてたか思い出せないのだけど、小説の中ではこの「阪急電車」の今津線の様子とかを説明する箇所がちょいちょいあります。そりゃそうだ。うちにとってはいつも見てる普通の電車だけど、他の場所に住んでる人にとっては「そういう路線があるんだな」って、そこから想像しながら本を読むんだものね。
だから?冒頭のページから、ハッとしましたね。
「関西圏では大きな私鉄グループとなる阪急は、えんじ色の車体にレトロな内装が個性的な車両を各沿線に走らせており、鉄道マニアの人気が高いことはもちろん若い女性からも『かわいい』と好評を博している。女性観光客などは『オシャレ!』とびっくりするほどだ。」
そ、そうなのか。かわいいのかあれ。確かに独特で、オシャレなのかも…、とは最近、大人になってから思うようになった。車内もすっごいキレイだし。イスふかふかだし。子どもの頃は「なんか地味だな」としか思わなかったけど…。
でも身近な電車が「人気が高い」ものなんだって思うと、何か…誇らしい気持ちになりますね!普段はJRを主に使ってるから、阪急乗ると「とろい…」とかどうしても思っちゃうけど(「待ち合わせ」とかが理解できなくてすごい困る…。待たないで行けよ!って思うし、どれに乗れば早いのか混乱するのでやめて…って思っちゃう)(それ、阪急のせいちゃうよね…)。
でもそれも特徴だと思えばいいんだよね!ゆったり!オシャレな電車で目的地へ!…みたいな。

今津線はほぼ利用したことがないとは言え、関西に…阪急の一路線のそばに住んでるんだから、ターミナル駅のサラリとした説明とかもわかりやすいと思われるかもしれませんが、私がこの「阪急電車」で唯一、「え。……え?」って思って、今読んだばっかりのとこを「理解のために」読み返した箇所は、「西宮北口」の章の冒頭でした…。
「三宮(神戸)行きと梅田(大阪)行きのホームが東西に並び、今津線のシッポともいえる今津行きのホームが南。北側の宝塚行きのホームを加えると全部で四つのホームがあり……」
…今、書き写してるだけで、頭の中に情景が描けなくて混乱してました…。小説ってそうだよね。頭で想像ができないと、読むスピードががくんと落ちてしまうし、そのまま続けるのはすごくしんどい。
でも、大丈夫!だから読むのがしんどいって話ではないのです!この小説を、「関西とか全然わかんないし…」って思って、楽しめないかも…って避けるのは間違いってことを言いたいのです!関西に住んでてもこんなにわからんうちの、お墨付きです!(…………)(そこはかとなく信用し難い…)
…これは本当に、冒頭のただの、説明なんです。大事なのは、その駅を通る人たちは色んな人がいて、色んな行き先があるってこと。
「その一人一人がどんな思いを持っているか、それは歩き去っていく本人たちしか知らない。」なのです。

それぞれの思いを持って、それぞれの行き先へ向かうために、電車に乗っていた。
ただそれだけの偶然。偶然に乗り合わせた人達が、ふと関わってみたり、関わらずにいてみたり。
直接の短い会話。
一方的に「(誰かとの)会話を聞いてただけ」。
知り合った二人が、仲良くなっていく会話。
…いろんな言葉が車内や、駅で交わされて、それがきっかけで、人生が変わる。大きく変わる人も、あまり変わらない人もいる。
もちろんこれは小説のお話だけど、そういうことは、「ある」んだろうな、と思う。
気づかないだけで。

「人数分の物語を乗せて、電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。」
映画も、小説も、あったかい気持ちになれます。おすすめです。
聖地巡礼もやりやすい……だろうな。各駅で降りるとかなったら大変かもだけど。ホームだけ降りるなら簡単!
あ、ちなみに私はご案内できません!迷う!!(迷うな)
実際、今、白地図上に「『宝塚』の場所に印をつけよ」とか言われても無理だし…(もう黙ってて…)
Comment

行ったことあるとこマップ番外編~鉄道・絶景の旅が東海道本線回!!

2013-11-17 23:47:31 | 行ったことあるとこマップ
BS朝日で毎週やってる「鉄道・絶景の旅」。
日本各地の絶景を紹介してくれる大好きな番組なんですが、先日の特集が「東海道本線(名古屋~神戸)」でした!しかも2週に渡ってじっくり!
予告の時点からすっごく楽しみにしていましたが、予想よりずーっと素晴らしい特集でした!うちにとって!
いやあ…「行ったことあるとこマップ」でも書いたけどさ、うちは本当に「行ったことあるとこ」が大好きなんだよねえ…。住んでるとこを間に、西へ東へ比較的何度も行ってる区間だから(名古屋はほとんど知らないんだけど…でも行ったことはある!)、もう、どこも見てて楽しくて…!
録画した分、過って消したりしないようにロックまでかけて、何度も見返してます。…で、それだけじゃ物足りなくなったので、書き残しておこうと思いました!
後でマップも入れてみて、「行ったことあるとこマップ」の番外編みたいな感じで!
…あ、そういやカテゴリ追加しようと思ってたんだった!続きも書かないとなんですけど、東京が好きすぎて…書きたいことありすぎて全くまとまらないんですよね…。どうしよ…。

とにかくその、絶景の旅の番組の話!
まずは前編。サブタイトルは「歴史ロマンと琵琶湖の絶景 東海道本線ぶらり旅」

一応?というか、「東海道本線」のスタート地点ということで、2012年に復元工事を終えた東京駅が映ります。
太平洋の絶景や富士山を見ながら西へ。そして名古屋駅から旅はスタート。
名古屋駅って…乗換のために降りたことあるはずなんだけど、なんだっけ…あのぐるぐるしたモニュメント…あれ、見た記憶がないんだよねえ。逆側だったのか??うちが降りる出口間違えて乗換の時間がギリギリやったから見る余裕がなかっただけかなあ(……)(岐阜の親友にはいつもご迷惑をおかけしております)。

名古屋からすごく、普通っぽい電車に乗り込み、出発!神戸まで223kmの旅です!
最初に降りる駅は「尾張一宮」駅。…何か、駅ビルがスゲーかっこいい!?
その中のカフェに向かう峠さん。あ、この番組のナレーションは、主題歌も担当している歌手の「峠恵子さん」が担当してます。ご本人が本当に旅してるわけじゃないのだろうけど(姿は映らない)…まあ一応、ね。
一宮モーニング…ああ!そういえばこの辺はモーニングがとても有名なんでしたね!
モーニングには洋風と、和風と、…カレーが!全部お値段は400円から。…「から」?ああそうか、飲み物代につく形なんだっけ?ていうか、朝からカレー…。いや、いいんだけど。

峠さんが注文したのは洋風セット。十五穀パンのサンドイッチ、普通にめちゃおいしそう!!
そして食べてる峠さんの所になんか…ハッピを着たおっちゃんが!「一宮モーニング探検隊」の副隊長さんでした!!
モーニングで町おこしをはかっている人達、らしい。それでこういう営業?とか、案内とかしてるんだなあ~。いいなあそういうの!!
マップにはいっぱい、モーニングが食べれるお店が紹介されてました。その数100軒以上!
行ったら是非食べてみたい、けど、食べ歩きはちょっと厳しそうな…。量もそれなりにあるし。モーニングなら時間制限もあるし…でも、行ったら絶対小倉トーストを!食べてみたい!ちょ、ちょっと怖いけど…(甘いんだろうか…味の想像がつかない)。

「尾張一宮」から再び出発。木曽川を超えて、岐阜県へ!私の、大好きな岐阜県へ!
「岐阜」駅で下車です。そして岐阜城へ!おおおおおおお……!!金華山!ロープウェー!!こないだ乗ったーーー!!(1年経っても「こないだ」。5、6年が「最近」)(…………)
そう、3分で着くんだよね。でもそっからがお城までが結構キツイんだよね…!
でもーーー!その上の景色は!最高!長良川!
また!鵜飼に!行きたい!!

「岐阜」からまた電車に乗って、さっき見えた長良川を渡って…揖斐川も渡って…
そして、…え?「大垣」で降りるらしい!!
大垣っていうと、私の製菓学校時代からの親友が住んでいる場所のごく近くです。いつも岐阜に遊びに行くと、その子の運転で案内してもらって、色んなとこ連れてってもらった…その中で一度も話題に上らなかったけど、大垣にも何か、名所があったんだろうか…?(失礼ですみません)
お、駅から5分って近い…え!?「水の都おおがき」らしい!!「たらい舟」に、乗れるらしい!!
いやー!こんな楽しそうなのん知らんかった…!!次行った時は是非行きたい。乗りたい!
春と、秋かー!よしよし…。

降りたところのお店で500円のランチを食べる峠さん。お得!…と思ったらケーキセット追加したので800円になったw
南蛮丼も、いちごのロールケーキもおいしそう!

次の下車駅は「関ヶ原」駅。
関ヶ原の戦いの決戦地。ここがそうなんだなあ…。
降りたことはないんだけど…車で通過した時も、電車で通過した時も、何故かこのあたりだけすごい天気が悪かったんだよねえ。山に囲まれてるから周りと気象条件が違う、ってだけなのかもしれないけど。

歴史に思いを馳せつつ、駅へ戻る峠さん。電車は滋賀県へ入ります。
「米原」で下車。ここって新幹線も止まる駅なのに、びっくりするほど周りに何もない駅、って印象が強烈なんだけど(重ね重ね失礼ですみません)、峠さんの「今宵の宿」はこの駅から向かう場所らしい。
駅から車で30分。須賀谷温泉のお宿へ。あ~、温泉、いいなあ~~。
夜のご飯は地元のものを多く使っているそうです。琵琶湖の子持ちエビとか、近江牛とか。ああ…おいしそう……。
ううっ、温泉行きたいなあ。ご飯をゆっくり食べて、足伸ばせるお風呂に入りたい…(我が家のお風呂は足が伸ばせない…)。

翌日、「米原」から旅を再開です。
…私、電車好きなんですけど、とにかく名前とか覚えられなくて、特に数字の、なんとか系とか…きょっ、興味もあんま持てないんですけど(数字覚えるの苦手…)(めっちゃわかりやすいはずの新幹線まで覚えられない。700だとか900だとか…そんな大きい数字やめて…)。
米原から乗る!「223系」には歓声を上げてしまいました!めっちゃ、普段乗ってる電車ですからね!!そうかー、あれにはそんな名前がついてるんだなー…!(←覚える気はやっぱりないらしい)
…あ、そっか、ここから「JR西日本」なのね。そういや岐阜まで行くときはエリアをまたぐことになるからICOCAが使えない、ってなってたな。

琵琶湖の東岸を走り続けて、「石山」駅で下車。
石山って…と思ってたら、おおお!「石山寺」!!そうだよね、そりゃ行くよねーー!
あのでっかい岩、すっごかったなああ~~~~~!
ここで前編終了です。続きはまた来週!

久々にラクガキ地図。
白地図は「Craft MAP」様からお借りしております。

(地域の関係で滋賀は入ってません。最後の方に入ってます)
今は地図帳(中学校の時の…)で「名古屋、名古屋ってどこや…」って探しながら印を描いている私ですが(オイ)、
こうやって地図を身近に、遊ぶ感覚で触っていれば、いつかこう、地理に強くなれ…ないかな!
そして方向音痴も治ればいいな!!
「行ったことあるとこマップ」はそんな願いもこめられた記事達なのです(……)。


そして後編。
サブタイトルは「京都・大阪・神戸 三都めぐり 東海道本線ぶらり旅」です。

石山駅から出発進行!神戸まであと約90kmだそうです。
トンネルを抜けると京都府で…十数分走れば「京都」駅、着!

京都らしい、鴨川とか、白川の巽橋のとことかが映って…
ややっ!?(←峠さんの、驚いた時の口ぐせ)祇園の中に電車の車輪が飾ってあるお店が!?
「ジオラマレストラン デゴイチ」!?こ、こんなお店、全く知らなかった…!
エレベーターの扉が開いた途端…すごいでかいジオラマが…!!すごい!!
300円で運転体験もできるらしい!!(運転って…ここの電車はラジコン的なものなの??プラレールみたく勝手に走るんじゃなく?)
小さい男の子が車掌さんの帽子をかぶりながら運転してて、楽しそうに笑ってました。いいな~うちもやりたい!
よく見るとジオラマの山の上に「大」の文字があって、京都だなあ、みたいな。

トレインケーキがいっぱいあった…。はやぶさ?とかつばめ?とか…(名前まだよくわからない)(名前でも結局それか)
これはお子さんは大喜びですね!つーかうちも食べたい!(……)
イエロードクターがいいな♪

駅へ戻る途中「養源院」に立ち寄り、血天井を見に行く峠さん。
副住職さんの解説で「ご自害の跡」とかがわかります…。ひぃぃ。
秀忠さんとお江さんのご位牌があるそうです。…あるそうですっていうか、勉強したはずなんだけどな、うち…(京都検定の時に)。スゲー忘れてるな…。

電車に乗って大阪を目指します。ああもう!めっちゃ知ってる風景で嬉しいよ…。
…京都を出て間もなく、車窓に「鉄道ファンなら見逃せないもの」を発見し、降りる峠さん。「西大路」駅…って次の駅やん!はや!
ああでもそうだよね、ここは行っとかなきゃね…!
蒸気機関車がずらっと並ぶ、梅小路公園の「蒸気機関車館」
そういやここ行ったことないなあ。SLの運転席にも入れるって知らなかった。
しかもSLがひっぱるトロッコ列車とかにも乗れるんだな~…あーっはるか!関空特急はるかがすぐそこに止まってる!(特急で唯一遠くからでもわかるのが「はるか」かもしれない…。サンダーバードすら一瞬考える)

西大路駅に戻って、大阪府へ。ああ~もう!めっちゃ知ってる電車に、めっちゃ知ってる車窓!嬉しい!!
淀川を渡って、大阪駅に到着。
下車した峠さんは、新しくなった大阪駅を見やり…そして「大阪ならではの雰囲気を楽しもう」ということで道頓堀に。
お、グリコだ。…やっぱこの辺だよね。もし大阪案内するなら。「あんま行ったことないし」とか言ってたらあかんのやな…。
食い倒れの街大阪。オブジェがいっぱいです。
まずはご存知、動くカニの看板!
たこ!(ゆげが出て…ってか目が動いた!?)
…ぎょうざ!
うし!?
フグ…の手前に、スシが!こんなんあるのね。
そしてくいだおれ太郎。よかったねえ。復活してるんやなあ。
そういやうち、この人と一緒に料理検定受けた気がする…。違う部屋だったらしいけど、同じ会場(阪大?だっけか)に来てたらしい…。

法善寺横丁も雰囲気いいよねえ…。一度火事で焼けちゃったけど、見事な復活やなあ。
「トンテキ定食500円」の看板に惹かれて、ビルの中のお店「かぼちゃの馬車」に入っていく峠さん。
トンテキ…ビフテキの、トンバージョンってことよね…。
あーおいしそうぅ…!お肉食べたいぃ…!!

帰りに法善寺にお参りする峠さん。有名な「水掛不動尊」。昔は水を備えるだけだったらしい。
これもよく考えたらかけたこと、ないなあ。ていうか法善寺は迷い込んだことしか…(……)。

大阪駅に戻って、電車で進み…いよいよ兵庫県へ!
「芦屋」駅で下車する峠さん。芦屋と言えば高級住宅街!ってイメージがうちにはあるのですが、ここからバスで有馬温泉へ向かうらしい。
今宵の宿は、老舗旅館「陶泉 御所坊」。鎌倉時代初期の創業らしい!
谷崎純一郎がここで泊まって書いたという、手紙が展示されてます。「文豪気分が味わえますね…」by峠さん
有馬っぽい茶褐色のお風呂からは、お庭が見えて…向こう側に男性も見える!?
「半混浴」って初めて聞いた…(同じ空間だけど、お風呂は分かれてるらしい)。温泉にもいろいろあるのね。ああ~行きたい。

…有馬温泉も実は行ったことないんですよね。「金泉(きんせん)」と呼ばれる茶褐色のお湯は映像で見るばかりですが、すごいインパクトです。タオルとか色変わるらしいけど、大丈夫なのか…。でも何か、体には良さそうだな~。
…金泉で思い出したんですが、つい先日、有馬温泉に行かれた方からお土産を頂いたんでした。

「金泉焼」。見た目はおせんべいっぽいですが、おもちです。やらかいです。(左下に「なまもの」の表記が!)
中にあんこも入ってるんですが…味はまるでおせんべい。めっちゃ醤油味で、とても不思議な味わいでした。おいしかった。

旅館にてまたゴージャスでおいしそうなご飯を食べる峠さん。いいなあ…但馬牛…。
次の日、また東海道本線に戻って、「三ノ宮」駅で下車。そこから山手へ向かって歩いて、異人館へ。
異人館、いいよねえ…!あの辺、大好き。あ、でも何度も行ってるけど、お金払って「館」の中入ったことないかも…。いっぱいあるからどこに入っていいかわかんないのと…あと、デザインとか、わかればおもしろいんだろうけどなー、というのが…。
一番有名?な「風見鶏の館」は、ドイツ人貿易商の方のお住まいで、…だから造りはドイツ調を基調とした重厚なものになってるけど、窓は「雪見障子」をイメージして作られてるらしい!そう、こういうのが!わかれば!おもしろいんだろうけどな~…。普通に「ふ~ん。なんかオシャレ」とかだけで見るのもったいないよねえ…。(いや、きっと館内に解説あるんだろうけど…)
シャンデリアが王冠イメージしてる、とかさあ…!アールヌーボー風とかさあ…!もっと自分でわかればな~…。
まあ、いつかは中にも入ります!萌黄の館にも入る!

そして旅のゴールは「神戸」駅。
遊びに行くときは三ノ宮で降りちゃうから、神戸駅って行ったことないけど…ここが、東京から始まった東海道本線の終点なのね…。東京から589.5kmかあ…。

最後に峠さんが訪れるのは神戸港。ポートタワー、綺麗です。大好きです。あの赤いの。
それで終わりかと思ったら、なんと最後に神戸の夜景のプレゼント!!あーーーーーきれいーーーーー!!
さすが、1000万ドルの夜景と言われるだけある美しさ。……これも、自分の目では見たことないんだよねえ。いつか、いつか!絶対見に行くんだ…!

ラクガキマップ後編。

ラクガキは全部うろ覚えで描いてるんで、適当です…。食い倒れ太郎ってどんなんやっけ…(大阪府の下の方にいるのは、あれは太郎です…)。でもなんかググるのもくやしい気がして。これ、あれかな。フェリシモのイラスト講座受けなさいってレベルなんかな…。
まあ、うちが覚えれたらいいんです!!好きなとこや行きたいとこを!


2週にわたって放送された「東海道本線の旅」。
すばらしかったです!!ありがとう峠さん!ありがとうスタッフの皆さん!!
Comment