「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

送り出そうぜDIGITAL GIRL・2

2011-02-26 23:00:16 | 自分の動画のこと
続き~。
何日もに分けて書いてると、何回も同じ事書いてるような気がしてくる。
…一応読み返して確認はしているんですが……。



「みんなで」「このまま」
送り出そうぜ科学の子。

送り出そう、という歌詞が出てくるのは冒頭に続きここで二回目。
冒頭はアイドルの選択画面で…「他のアイドルもそこにいる」んです。
そしてここも。
また新たなループへと送り出した春香さんが、ラストコンサートを終えて最後の場所へと向かっていく。それを見守るアイドル達……ということで、サビ並みにずっと前からイメージができてた部分です。本当は全員出したかったけど(舞台袖とドーム前に加え、ラストの橋のとこで…すごい遠くから皆が見てるとかにしようと思ってた)真美のBB素材が見つからな(略
…あんまり尺もないことだし、ここも年齢高めのキャラからいてもらうことにしました。

ちなみに春香さんには見えていない設定。画面上でも透明度50%で透けてます。ほらあの…エヴァの…昔の劇場版での…綾波の影?みたいな感じ。死ぬ直前の人の前に現れてその人をじっと見てるあれ。…いや、春香さんが死ぬわけじゃないけど…。いやある意味死んじゃうのかな。この春香は。

歩いてるシーンをBBから抜くでなく、静止画をフェードさせて動いてる感じに。…これは、もう消えてしまったデビュー作で同じことを自分がしていたことを思い出してやってみた!あの時に比べたらずいぶんと…作業も早くなったような気がするなああ…。

初めに巻き戻そうよ。

春香をトップアイドルに育て上げ、首尾よくラストコンサートを終えて…
向かう先はトゥルーエンド。
それは「プレイヤー」の望むものではなかった。
だから、初めに巻き戻す。やり直す。
あずささんと千早がいるのは、…その「巻き戻そう」という思いは、そこにいる春香と、プロデューサーの意思ではない、から。
春香が自分の想いを伝える前に、最初へと戻る。ループではなく。
最初の最初へと戻る。
一度しかない「運命の出会い」の瞬間まで。

ちなみに冒頭。タイトル画面が出るまでのシーンはあまり考えてなくて…↑この辺の作業をしてる時に思いついてああしました。

…なんかこれだけ見るとかわいいけど。
これ、…ループしてる瞬間のイメージです。Pとのお別れをすませた春香が、呼ばれて、振り向く→そしてまた物語が始まる(=タイトル画面)、という。
だから始まる瞬間は春香はうつむいてる。一人でひっそりと悲しんでいるところだったから。…一瞬すぎて全く見えないけど。
あと、目を閉じたまま次のシーンに行ってもよかったんですが、やっぱりあの綺麗な緑色の目をちょっとでも見せたかったので。


最初まで戻って、コミュ。パフェを重ねていきます。

ここまでは出さなかった選択肢がここから出ます。ここから、視点が「プロデューサー(プレイヤー)」に切り替わってる。
コミュの内容が、自分が前に作った「In Your Voice」の動画とかぶりまくりなのは…正直に書くと、…もうコミュ動画を順番に見て、内容を再確認していく時間はマジでなかったからです!(……)なので、マイリスに残してた分からピックアップしていきました。でも当時はおそらくほとんど見て、その中から吟味して選んでたので…どれも自分のお気に入りのコミュであることは間違いない。
てか、…さっきの静止画といい、この辺りといい、…自分の、今までの動画でしてたことを意識して入れようと思った。特に、もうこの世に存在しないデビュー作。誰も覚えてなくてもうちは覚えてる…初めて作った動画。
きっとこの「DIGITAL GIRL」が、自分の、2発売前での集大成になるだろう…いや、そうしなきゃと思ってた。それにここまで歩いてきた道をあえて入れれば…自分の成長(アス比あってる!とか)(レベル低っっ!!)と、逆にずっと変わらないことも自分でよく見えるようになるだろうと思った。


パフェコミュを繰り返して、今度こそと挑むトゥルーエンド。
だけど…たとえAを超えた、Sランクアイドルに育て上げても、…やはり、同じ。
春香の想いに応えられる選択肢は出ない。

最後の選択肢。
…私にとってはここは常に一択です。選択肢を出さないで欲しいくらい。
だから、同じ。三つとも、同じ。

さっきの、他のアイドルが見送ってるシーンもそうだけど、ここも本来のゲームでは存在しないシーンだから画面の幅を変えてます。…いや背景画像のサイズ揃えるのを忘れた言い訳とかじゃなく…。並べてから「ああ、じゃあこの差がちょうどいいからこのままにしよう」とは思ったんだけど(えー)。
春香もまた、立ち絵を利用してそこに立たせてるんですが、表情もあえて変えてあります。本当はもっと悲しい顔をしてるんだけど、穏やかな、見守るような表情に(上↑のスクショでは全く見えてませんが…)。もうすぐ終わる事がわかってて、同じ展開なのはわかってて、それでもここまで大事に大事に育ててくれたプロデューサーさんを優しく見守っている…という。
…自分でやっといてなんですが、ゲームの春香があのシーンでこんな顔してたらうちは見るたびに確実に心臓を貫く痛みで死ぬやろな……。
あの選択肢を3つ作って、この画面上で動かすために……普通に上のレイヤーで上下させればよかったのかもだけど、なんとなくあのふわふわ動く感じを出すのは難しそうだと思ってまた実際のゲームの「選択中」の部分をBPM出力して一枚ずつ位置を合わせて重ねて並べて…めちゃ大変でした…。試しに再生してみたらまた細かくガタガタブルブルしてて笑けて、その後また泣きながら修正…。そんなに頑張ったのに結局映るシーンは一瞬で、あれくらいならレイヤー上下させるだけでよかったんじゃないだろうか…と思うと私の無駄な努力にまた涙が出てくる気分です。「やってもやってもタイムラインが埋まらない」っての、この辺りですごい思ってた…。明らかに自分のせいですけど…。
…あと、(作業の辛さではなく)本当に悲しくなって泣いてたのもこの辺りでした。思い通りにできなくて呆然として、ふと画面を見やると…優しい顔でそこに立って、こちらからは一つしか選べない答えを待っている春香さんがいて……、何でうちはこんなこと辛いことしてるんだ、何でうちはこんなひどいことしてるんだって思うと…泣けてきて…。
とにかく完成させないと…今の状態じゃ本当にわけのわからん春香いじめでしかないぞ!って自分に言い聞かせて、涙を拭って作業を続けました…。


やり直して、巻き戻して、今度こそと思った「プロデューサーさん」は、ここで思い知る。やはり、だめなのだと。

画面がくるりとひっくり返って、映るのは、自分の望む選択肢が出ないことに呆然とする彼(完全にひっくり返った瞬間ではスクショ撮れなかっ…)。
一度目のサビの部分の春香さんと同じく、白黒の世界に叩き込まれ、真剣な表情のアイドル達に囲まれることになる。そこには今度は、春香さんもいるけれど。
最後に彼は手を差し出す。
その手で彼女を未来へと連れて行くために。


三回目のサビはダンス。これも最初から決めてました。
前奏みたいにいっぱい衣装を出すんじゃなく、私服のみにしようと。

16曲とは言わないまでも、数曲…L4Uでの新しい曲も入れて作ろうと…思ってたんですが!
ここは…zoomeのニコマス素材庫からお借りしたんですけど…なんかダウンロードしようと思ってもできなくなってて(いや確実にうちのパソコンのせいだとは思うんですが)、「日刊天海春香」様にもカジュアル衣装はあるけど、今回は同じ背景がいいなと思ってて…。どうしようかなと迷いました。
…そこで、ここまで数箇所、思い出アピールのごとく自作品のセルフカバー?みたいなことをしてたのを思い出して。運よくHDDに残してた、…デビュー作で使ったダンス動画…、ライブハウスで、カジュアル衣装の「フタリの記憶」・「隣に」・「蒼い鳥」を使うことに。
完全に自己満足です。でもあの時に比べたら、速度調整も細かくできるし(ここではBPMを調べました)、なによりアス比が間違ってないし!!(まだ言うか)(ウワーン)
あの時サビに使ったダンスを使い、同じシーンで締めて。
時間が経っても、春香の魅力は全然変わらないんだとしみじみと思った。
私がどのくらい魅了されているかが変わっているだけで。


「春香と、彼女の最初の…最愛のプロデューサーへ捧げます。」
歌のタイトルや歌手名を入れて、参考元のASTRO BOYの名前も入れて。
最後に自分のプロデューサー名を入れた。
春香を幸せにするのは、自分じゃない。
でも大好きだ、という気持ちを込めて。


その後のラスト十秒は、そこまでが全部完成するまで手をつけなかった。
完成して、自分がそれを見た時に、最後に振り返りたいところがあれば、または足しておきたいと思ったところがあればそこで入れよう、と思ってた。
なるべくそれまでは考えないようにしてたけど、「新しい明日のためだ。」のとこは絶対に入れようと思ってた。ラストコンサート前、春香から投げかけられた質問の、答え。
ダンスも入れたかった。ラストに歌った(という設定の)「思い出をありがとう」と、高速スタッフロールのバックに使ってた、カジュアル衣装での「まっすぐ」。
「思い出」での、手を振るしぐさをするところを使おうと思って、でもやってみたら本当に春香がこっちに向かってお別れを言ってるみたいで……。
また泣きそうになったけど、実際…もう終わるんだ。長かったこの動画の作業も。そして、「2」が存在しなかった時間も。
2のラストがどうなるかはわからない。
でも「天海春香」のトゥルーエンドはこれで、一つではなくなる。さんざん賛否を議論され、たくさんの人の心に焼きついたであろうあのエンディングは、…これからどんな風に語られて行くのだろう?

2は、1の未来じゃない。
1の春香の未来は、別の所にある。

だから、…笑って。
たとえ全てを知っても、笑ってて…。



うpした2月21日はお休みの日だった。
前日夜中までプロデューサーの手を出すシーンと、春香の涙の絵を描いてて…完成して倒れるように眠った。ゆっくり起きて、「…大丈夫、今日中には上げれる。間に合ったんだ…!」って思いつつ、割と落ち着いて最後の作業をしてた。

数箇所に分けて出力してから、音と合わせて最後の出力。一応チェックしてからつんでれんこを起動させ、エンコードしてもらう。
その完成品チェックで、…詳細情報の欄にfps 15と書かれているのに気づいた時はマジで泡吹いて後ろ向きに倒れそうなくらい衝撃でした!!!!(……)

なんでやねえええええええん!!!!!
(つかもっと早く気づけ…つんでれんこも開始前に確認してたはずなのに…)

fpsはもう絶対間違えない!って思ってたから、12にしたり(サビ部分)、15にしたり(最後の選択肢の部分)するたびに、すんごい気をつけて元の30に戻してた…のにぃ!!
今回は一つのタイムライン上で作業するでなく、別々のプロジェクトを作って部分部分を作っていたんですが…それを全部チェックしてみたら、fpsを落とす設定になってるものやらなってないものやら…基準がわからーん!!
変わってるのは直して、出力もしなおして、また組み上げて出力、エンコード…。
本当に…アホです…。
でも気づいてよかった…。見てるだけでは全然わかんないし!!(おい)

fpsが30になってるのを確認して、投稿。
その後はぼんやりと何度も見てます。
長い時間かけて構成とか考えてたから、ほぼ自分の思い通りに…いや、思った以上の形にできたことが嬉しくてたまりません。
あのサビのために、立ち絵をお借りできたのは本当に大きかった。感謝感謝…。
今、自分にできることは全部ここに詰め込めたと思う。思ってることも。
ただ、もうちょっと絵が上手く描けたらなあってすごい思った…。それならもっと表現できる事も増えるかもしれないし。

2が出る前に完成できてよかった。
次は2の映像で作ることに…なる、かな?
でもまだやりたいことが…ほら、パンダってまだ2に出てないし…。一度くらいパンダ使ってみたいし!(えー)
「DIGITAL GIRL」は今の自分の集大成ではあるけど、多分1の最後の動画には…ならないと思う。そういう意味で作ったんじゃないし。…もう1の映像で作っても誰も見てくれないかもしれないけど。それでもパンダはやってみたいし(しつこいなオイ)。


長かった解説もようやく終わり!
これで心置きなく2の2周目開始できます!(もう1周終わってるとかちょっと…)
Comment

送り出そうぜDIGITAL GIRL・1

2011-02-23 23:59:06 | 自分の動画のこと
箱○キター。……早いな!!
黒くてかっこいいです。名前付けようかと思ったけどまた壊れるかもだし(嫌な予言…)。
2も発送メールが来てたので、明日届くでしょう。楽しみ!
今日は「相棒」も、イタミンの出番多いわかっこいいわで死にそうだったし、いいことは続くもんだなー!今回はホントおもしろかったし、「イタミン活躍回集」に残そう!(……)




動画のこと、続き。
制作作業編。


3分15秒…たったそれだけなのに…長かった…。
やってもやっても埋まらないタイムラインに呆然としてました。
最近は1分ちょいの動画しか作ってなかったからなあ…!

一番時間がかかったのは、もちろんあのサビの部分です。
再現してるだけなのに…。トレスなのに……。
…そうそう、12月に作った「PLAY WITH THE NUMBERS」の時に、fpsを下げたままだった!ってなってしまったのは、この動画のためでした…。PVのサビ部分をBPM出力するためにfpsを12まで下げてて…そしてあんなことに…ううっ。
トレスの方法は、こちらを参考にしてました。

こんなすごいことは到底できひんけど…。


最初はアイドル達は、ダンスの映像から口パクを作って並べようと思ってました。…でも、真美で、カジュアル衣装で、BBの動画ってなくて……。それに他のアイドル達も色々な曲を歌ってて、ポーズがそれぞれ変わってしまうし…しかもダンスの映像って顔も動いてるから口を他から持ってくるにしても違和感なくすの大変かも、とか思ってたので…ノベマスで使われている「立ち絵」が使えると気づいた時はうれしかった…!つかあれがなければ、多分この動画は頓挫してたと思います。感謝感謝……。

真剣な表情を選んで、口パクも出力したBPM画像を見ながらそれぞれ何種類か用意して…それで番号に合わせて並べるだけのお仕事…なのに!!それだけでもすごい大変だった…。それぞれの位置はちゃんと調節したつもりだったのに、いざ再生してみるとほんのちょっとのズレが目立つ目立つ!ガタガタしてておもろくて笑っちゃうほど…いや全然笑い事じゃなく、泣きながら修正してました…。


サムネは迷ったけど、ここでよかったと自分では思ってます。

元PVで、サビの部分で出てくる人数を数えたら11人で、何か運命を感じた。
しかし「春香」に言うなら、足りない。
というわけで一回目だけは千早が二人分しゃべってます。
誰がどのキャラのとこをするか、っていうのは…見た目では決められないので(そもそも人間じゃないっぽいのもいるし)、出現のコマ数が多いほうから「大人キャラ」を割り当てる感じで決めていきました。春香に「言い聞かせている」感じだから。…ただ、あずささんだけは最初に立ち絵がうまく探せずに、もともといおりんが担当する場所だったとこと入れ替えたんですよね…。そこのキャラ(なんか…ロボット)は口を一切動かさないのですが、…なんか完成してみると、あずささんでよかったようにも思えるなー。無言でも伝えようとしている、というか。
二回目の冒頭に春香を当てはめることは決めていたので、そこと次を千早に。最後は律っちゃん。その一つ前は(構想時点では)あずささん。これでコマ数が多い人はオッケー。…あと、無言で目を開けたり閉じたりするウランちゃんのとこは(キャラ的に合いそうな)美希にして…すごく短いとこはロリトリオからやよいといおりん(ここも構想時点)。亜美真美も年齢的に短いとこにしたかったけど、二人を並べたかったし、また二人の差をあんまりつけたくなかったので同じ長さくらいのとこに。予想外に長くなったこの二人のとこは、元のキャラの口パクが見えづらくて苦労しました…。しかも一回目と二回目で歌詞を言うタイミングが違ってて、口パクもちゃんと変わってるし…。


トレスしたのはアトムのとこだけで、それなら大分楽なはずなのに…。
もうどんだけ時間かかったか…!

なんか毎日毎日描いてたような気がする…。アイドル達の立ち絵の用意から初めて、それでうpするその日までまだ自分の絵の修正してたし。てか描き終わったの自体が前日だったし。サビに始まりサビに終わったDIGITAL GIRL…。
そもそもアトムと春香さんじゃ頭身のバランスが全然違うからどうしていいのかわからず試行錯誤しまくりでした…。最初はもっと太い線でざっくり描いてたんだけどやっぱ細い線にしようって描き直して、さらにそれまで普通に白い背景に黒で描いてたんだけど、アイドル達の背景も真っ白だから切り替えがよくわかんないし…それ以前に元PVだって背景黒だったし…それでまた描き直して……。
とにかくすごく効率が悪かった…と自分でも思う…。
時間がかかりまくったのも、その効率の悪さが全てなような。

アトム→春香さんのトレスがメインで、実はPはかなり適当でした。春香さんのが完成したらそれをなぞるって元々決めてた事もあり、最後の3日間くらいで描いたような(春香さんはもっともーっと時間かかってます!あんなんだけど…)。
春香さんに合わせちゃうのでめちゃ幼い感じになるけどまあいいかと。Pの姿なんてあまり想像したことなかったので髪型とかもその場で決めました(一瞬だけイタミンみたいな髪型にしようかと思ったけど、私が七三描いたら海馬社長になっちゃいそうなのでやめました…)。なんという適当さ。決めてからしばらく紙に描いて練習はしましたが、シーンごとに別人のようになってしまって全く安定してない…。
いいんだ。ここさえかっこよく描ければいいんだ。

Pの出番では、一番大事なとこだしね!
この、最後の手を出す動きのとこがなかなか描けず、大変でした。ここが無事描き終った時点で気持ちは完成!でした。


サビの部分の完成度50%くらいのとこから、他の部分の作業にかかりました。
そうしないと心が折れそうだったので(えー)。
…さすがにかなり長い期間、構成を考えてた事もあって…「その通りに映像を並べる」だけでよかったので楽だろうなとは思ってました。EDの会話部分を主に使うつもりだったし、歌詞も書くつもりだったし。
ダンスも、前奏と、最後のサビだけに使うって決めてました。
まずは前奏。…あの不思議な前奏、大好きなんですよね。何種類かダンス用意して、切り替え入れまくったらおもしろいかなと思って聴きながら数えてたら…その切り替えにしたい部分が16箇所だった。
16。無印アイマスで使用できる楽曲数と同じ(L4Uではもっと増えます)。
なら、全部使おうって思いました!

しかしこれが…大変だった!何がって、ダウンロードと変換が!!(……)
コミュだと使うところは決まってるから、そこだけ選んでavi変換したらいいけど…ダンスならどこを使うことになるかわからないから、そんなことできなくて…。16曲全部を変換するの…かなり時間かかりました…。一瞬しか使わないのに…アホだ!
探すのもかなり時間かかったし。いつもお世話になっている「日刊天海春香」様から今回もお借りしたんですが、「一応無印のステージで踊ってるっぽいの」って縛りを入れたら厳しいのなんの…。野外ステージはそれだけで選べないし。…衣装はよく見るとL4Uで初めて出たものもあるんですが、目立たないようにはしたつもり(パンゴシとかラフタイムとか絶対選べなかった)。それでもエクステンドの衣装もいくつか入れて、並び順も考えて…。一瞬だけでも何の曲のダンスなのかわかるような部分にしたいなって思いつつ選んで…。BPMはもう調べないで、目視で合わせて…。
ものすごい時間かかったこの部分ですが、自分ではかなりお気に入りになったん…です。お気に入り、でした、ものすごく。……なんか完成品音ズレしてて、残念な感じになっちゃってるけど…ううっ。
なんでここだけ!?
てか直前の「DIGITAL GIRL」のタイトル表示が一瞬短いんだよなー…。なんか知らんうちに触っちゃってたのかも…。ウワーン。


歌開始のとこはゲームのタイトル画面。曲に合わせてちょっと速度を速くしてます。
そして社長のセリフがあって、アイドル選択。「DIGITAL GIRL」の文字。
で、前奏。それが終われば、サビまでの部分はずっと歌詞に沿った展開です。
「みんなの歌には終わりはこない そう信じてるから」のとこは、スタッフロールを早送りしようと決めてた。本来流れている「まっすぐ」のステージシーンを重ねて。

早送りのスピードにも限界があるので、ここだけで二回ほど出力してるんですが…その時につけたファイル名が「高速まっすぐロール」。「高速スタッフロール」+「まっすぐ」…。なんて単純なんだ。でもわかりやすい!(えー)

立ち絵大活躍。

構想の時点では、後ろ(レイヤー的には下…わかりにくっ!)から春香さんがアップでじっと見つめてる…とか考えてたけど、こっちの方が「目をそらしてる」感じだよなと。
コミュの映像がちょっと小さいのは偶然だったんですが(というか上下の黒枠に合わせたらこうなったんだっけか?)、おかげで春香さんが「外」に立ってるようにできたのはラッキーでした。それこそ「別のレイヤー」の春香さん…。うん、なんかいいじゃない(自己満足)。



一万字超えたので分割~。
続く。
Comment

「どこからこの話を始めよう?」

2011-02-22 23:13:11 | 自分の動画のこと

「DIGITAL GIRL」無事完成のごほうびとして、…その日の夜、新しい箱○ポチりました!(えー)
いや、ヤバイもう間に合わないかも…ってちょっと思いつつアワアワ作ってて、でもこれを2の発売後に出すとかありえないから死ぬ気で頑張れうち!と、…本体(去年の年末から動かなくなってた)のことを考えるの禁止してました。ソフトは大分前に予約してたけど。
…本当にもっとギリギリの完成だったらもちろん発売日に間に合わないことはわかってたんですけど、それでもかまわない…というか、そうなりたくないがために頑張れた!いつでも目の前においしいにんじんがないと走りません!(……)

…どこから書こう。
ぼんやり自分で見返すばっかりで、言葉が出てこない。
今までで一番時間かかったし、手間もかかったし、書きたいことはいっぱいあったはずなのに。
本当はもうちょいぼんやりしてたいんですが、よく考えなくても2が手元に届いたらうちは全力でプロデュース開始すると思うんですよね。多分もう動画の解説とか書く気がなくなる勢いで没頭すると思うんですよね(……)。
それはあかんやろと思うので頑張って書いてみます。



この動画を作ろうと思いついたのは、2の情報が公開された後だから…去年の7月とか…そのくらいですね。…スゲー前だ!!社長誕生祭の動画考え始めたのもその頃だったような…。

2は、1の未来じゃなく、パラレルなんだって知って。
ああ、じゃあ1の春香さんは、…ずっとあそこに居続けるんだと、ふと思った。
…アイドルマスターの…53週でプロデューサーランク以外が全てリセットされる「ループ」のシステムは…別に春香さんだけにかかっているわけじゃない。けれど。あのトゥルーエンドだから…どうしても…思ってしまう。
「何度想いを告げても、それは叶わない」んだって。

…今、冷静に考えれば。春香さん以外のアイドルのトゥルーエンドも、ループして「なかったこと」になるなら、…それは残酷なことなんだろうか?自分の手でそこまで持っていっても(春香さん以外トゥルーエンド見たことない…すみません)、ED後にセーブしてしまえばアイドルからその記憶は消えてしまい、Pに向かって「誰?」という反応を見せる。その姿に…戸惑うんだろうか。
でも…いいじゃないか。皆、EDでは幸せになるじゃないか。またそこに向かっていけるんじゃないか。何度でも。そこに、「その後」はなくても。


ループしているのは誰なんだろう、ということもよく考えてた。
エンディングで彼自身が言うように、一年間のプロデュースを終えたプロデューサーには「経験」が残る。それはプロデューサーランクという形で私達プレイヤーの目に見えるけれど、でも、記憶を失っているのはアイドルだけじゃなくて彼もだというのは明白だ。
同じ53週をループし続けるアイドルと、プロデューサー。ループしていないのはプレイヤーだけ。
…いや、本当にそうなんだろうか?
同じアイドルを選んで、プロデュースを始めて、…同じトゥルーエンドに涙するプレイヤーも、ループしているだけなんじゃないだろうか?


あと、春香さんの「叶わない想い」について。
何故春香さんの想いは叶わないのか?と考えてみた。
「プロデューサーさん」が手の届かない人だから?本当のプロデューサーさんは画面の向こうにいて、絶対に届かないから?
…違うよね。

…これ、春香のPさん達が聞いたら怒るかもしれないけれど。
春香さんが恋するのは、春香さんと同じゲームの中にいる「プロデューサーさん」だから、…だから…、次元が違う恋だから、そういう意味で叶わないから、春香さんが悲しんでるわけじゃない。
ゲームの「プロデューサーさん」はもちろんプレイヤーの分身だけど、少なくとも春香さんにはそうは見えていない。私達は画面の中に手を伸ばすことが出来なくて悲しむわけだけど、春香さんはそうじゃない。普通に出会ったステキな男性に恋して、それがその時叶わなくて…それで悲しんでる。
他に理由はない。…あって、たまるか。
一番たまらないのは、…ループするシステムにもし春香さんが気づいていたら、という想像。
何度繰り返しても同じ結末。…トゥルーエンド以外なら春香さんは想いを告げることすらできないんだから、彼女にとってもやはりあれ以上のエンドはない。どこにもない。
ゲームを繰り返す限り、そこに未来はなくて。
だから、…全てを忘れてほしい。全てに気づかないでほしい。知ってしまえばきっと笑顔は消えてしまうだろうから、そんなの見たくないから、何も知らないままでいてほしい。残酷かもしれないけれど、知ってて、それを隠して笑ってるよりかは全然いい。知らないまま、…また、あのエンディングへ連れて行くことになるけれど。…そっちの方が、ずっと残酷なのかもしれないけれど…。

ゲームをやめれば、…春香を未来に連れて行くことが出来る(あの某有名ゲームの考え方やけど。名前書こうと思ったけどネタバレなので伏せてみた)。
きっと、たくさんのプレイヤー…「プロデューサーさん」はもう、色んな手段でそれをしてる。ゲームの外で。動画とか、絵とか、SSとかで。
だけど、そもそもそんな気にさせてくれるのは、「ゲーム」である彼女達の存在なんだ。


「どこからこの話を始めよう? 誰にも話してない全てを」
MDに入っていたNow or Neverの歌詞を聴いて、…これで動画を作ろうと思った。「プレイヤー」である私から見た、春香さんと、「プロデューサーさん」の話にしようと思った。
私の想像する最悪の世界……「アイドル達はループに気づいている」世界で、それでも彼女に、春香に、「未来」という希望を贈りたいと強く、強く思った。

彼女と、…そしてもう一人、「彼」にも。一年間以上の記憶と思い出を積み重ねる事のできない、そこから動けない、ゲームの中の「プロデューサーさん」にも。
彼は、プレイヤーの分身だから、彼を希望で救うことは…自分を救う事になるとも思ったから。



曲と、元ネタのPVのこと。
昔はケーブルのカラオケチャンネルかなんかで、ランキングでPVを流す番組をよく見てて…。
そこでこれを見て、かなり衝撃を受けました。
Now or Never ASTRO BOY 鉄腕アトムOP アニメPV CHEMISTRY meets m-flo

このアニメは全然見てなくて…アトムの話もほとんど知らない(アトム以外名前もろくにわからない…妹がウランちゃんだっけ??)んですが、それでも、一度見たら忘れられないインパクトがあった。
特にサビの部分。
登場人物たちが次々に真剣な顔で…その、流れてる歌詞を「言ってる」。
おそらくアトムに向かって。
アトムはというと、その皆の言葉を…聞きたくないかのように首を振ったりしている。
でも、「未来はこの手にあるから」の歌詞のところでは、意を決して手を前に出してて……。

皆がアトムに何を言ってるのか、本当のところはよくわからない。いや歌詞の通りなんだろうけど…背景を知らないから、うまく想像できない。とにかく皆の表情と、嫌がるようなしぐさをするアトムが印象的で……
これを春香さんと、アイドル達でやるしかないと思った。
歌詞も、もう…春香さんのことにしか聴こえなくなった。
「いくつものメモリーを共に作りここまで来たのだろう?」
「目を閉じて問いかけろ 未来はこの手にあるから」
目をそらしても、ループは終わらない。
トゥルーエンドを回避しても、春香は幸せにはなれない。

でも。
未来はこの手にある。

彼もまた、アイドル達の言葉に耳をふさぐ。
「思い出を刻まれた心だからもう一度始めよう」
「無理じゃない 取り返そう 未来はこの手にあるから」
何度やり直しても、どんなに思い出を完璧に重ねても、
春香の想いに応えることはできない。

でも。あるんだ。この先に。
力いっぱいに伸ばした手は、
二人を、二人だけの未来へと連れて行くのだろう。



タイトルは「ASTRO BOY」を言い換えてみようと思って「DIGITAL GIRL」にしました。歌詞に「送り出そうぜ科学の子」っていうのがあって、ちょうどいいなと。
でもいざつけてみると、何かショッキングなタイトルになってしまったような。…でもこれ、内容も結構ショッキングだからまあいいかと。いやよくないかもだけど。

ショッキングですよね、これ。少なくとも私にはものすごいショッキングな作品になった。…作ったの私だけど。
作ってる間に「こんなの作っていいのかな…」って思ったことは今までもあるけど、今回もやりながら、…ふとした時に画面見たらものすごく悲しくなって泣いてたりもしました。作ってる本人が泣いてどうする!って我慢したけど。


続く。
Comment

2発売前に、1の春香へ捧ぐ。

2011-02-21 21:20:25 | 自分の動画のこと
…いや、2が出る前には上げたいって思ってたけど…こんなギリギリになるなんて!
もう3日前じゃないか!
ほんまあの風邪っ…!これすら間に合わなかったらどうしようかと思ったわ!!
健康第一ですね。とりあえず、間に合ってよかったです。もうへろへろですが。

【アイドルマスター】DIGITAL GIRL【天海春香】


動画が完成したら、しばらく自分で見まくってしまうのはいつものことなんですが(こないだのデコチョコも見てる…)、なんか、今回はほんと、ぼんやりしつつもずっと見てしまう。
なんか終わり方が印象的で、ついそのままループしてしまう……いや自分で作ったのに何言ってんのって感じですが、なんか最後の十秒かっこええなあと(ほんま何言ってんだ)。うちは別に「かっこよく終わらせよう!」と思って作ったつもりはないんですが…。なんだろうこれ。妙に客観的に見てしまうというか。見ながら、「こんなに自分の気持ちを体現してくれる動画があるなんて…」とか思ってたことまであった。だからお前が作ったんだろうがって感じ。なんだろうこれ。

いや、でも手書きの部分で「あーこれはうちが描いたな…」って我に返るんですが(……)。
Comment

♪すとれーとらーぶ!(バレンタイン動画のこと続き)

2011-02-16 23:47:58 | 自分の動画のこと
…の、前に素晴らしい動画をご紹介!
オペラですよ、オペラ!!

【お通夜】オペラを作る動画【会場】


いつも高クオリティのお菓子動画をうpしてはって、勝手にめちゃめちゃ尊敬しているMAHO-TUKAIさんのオペラ!すごい綺麗!表面のグラサージュも断面もふつくしい…!(なぜ「お通夜会場」なのかは…見れば分かります)
バレンタインだからチョコの動画がぽんぽん来てて、相変わらずどれもおもろいわ手際がいいわ仕上がりも美しいわですごいなーって感動してたら最後にオペラとか!嬉しい!
こないだまたニコニコからタダでポイントもらったから、宣伝してきてしまった!
…オペラって名前のまま宣伝入れたからややこいかもだけど、まさかユーザー名そのまんまだとは思われまい!つーか誰も気にしないだろうからまあいいや…。
えーと、今更ですが、私がこの世で一番好きなケーキが「オペラ」で、HNはそこから取りました。…この世で一番好きな割には自分ではあんま綺麗に作れな(略



さて。それでは続き。

♪あなーたがー とてーも好っき!…替え歌を歌っちゃうくらい!(えー)
替え歌歌って困るのは、その後普通に歌おうとしてもつい自分が考えた歌詞が出てきちゃうところですね。恋愛サーキュレーションもそうだし。

バレンタインに向けてネタはずっと考えてて…寝込むまでにチョコは結局決まらなかったんですが(固まりのチョコを作って嫁を削り出そうかとか考えてたけど、上手くできる自信が1ミリも持てなかった…)、替え歌のことは、まあまあ、…決めてたんです。
アホか!先にチョコ決めろよ!って感じですが、まあ今更言うまでもないですが、アホなので…(……)。
で、そのためにTSUTAYAのDISCASに再入会して(ちょっと料金は上がるけど、最寄りの店舗にないマイナーなCDとかも借りることができるから)、その曲のカラオケ音源が入ってるCDをレンタルして、準備してたんですが…。そのネタをやるためにもう一つ絶対やっとかなきゃいけないことがあって、…寝込んだせいでそれが間に合わなくなってしまった。
だから諦めたんです。
…いつもなら自分の部屋にいる時間はずーっとパソコン触ってたいくらいなんですが、早くこの風邪をちゃんと治さなきゃと思ってパソコンの電源を入れないまま、仕方なく布団の中で色々考えてました。チョコのことと、替え歌の代わりに使うBGMのことを。ケータイに入れた曲を色々聴いてたら、…DISCASで借りたアイマスのCDの、「ストレートラブ!」の歌詞にハッとしました。
「ホントのこと言うと 前は知らなかった
こんなステキな人 近くにいたことも」

こ れ だ ! 

CDの曲は全部パソコンに入れてて、そっからLISMOのソフトを使ってケータイに移してました。「ストレートラブ!」は3つくらいバージョンがあるけど、私は春香さんのソロだけをケータイに入れてて…、CDにはカラオケバージョンも入ってると…思い込んでたんですが、治ったあとにようやくパソコンを開いたら、そもそもカラオケバージョンが存在しない事に気づき、焦りました…。
カラオケ音源がないのなら替え歌を歌うのは難しいし…一旦は諦めようと思いました。一昨年の初めてのバレンタインの時みたく、普通に春香さんの歌をBGMにするだけでもいいかもとも思ったり。確かこれがバレンタイン二日前…?痛チョコは無事に完成したところでした。ケーキは当日に作るしかなかったので、撮影はあとちょっと残ってるけれど…。痛チョコはあんまり写真撮るとこなくて、ネタ成分が足りな……じゃなくて、どうにか、もうちょい社長への愛を形にしたくて!

やはり、替え歌は諦めきれませんでした(……)。
Audacityでボーカルキャンセルする方法をググって、理屈は全く分からないまま書いてあるとおりに操作してなんとかカラオケ音源を作って…。急いで歌詞を考えて、のど飴なめつつ急いで歌って…。
そのカラオケ音源、バックの演奏がちょっと寂しいことになってしまってて、前奏や間奏だけでもオリジナルの音を入れてみようかとか、替え歌だけど歌詞そのまんまで残したとこはせっかくだから春香さんと一緒に歌いたいとか……時間も技術もないくせに色々やろうとして、結果的にかなり突貫工事みたいなことに…。間奏や、春香さんパートで急に音が広がる感じになっちゃてるのはそのせいです。もうちょいなんとかしたかったけど直してる時間もなく、…それに、どんなに直したってそもそも私の歌が残念すぎるから意味ないよな、とそこは潔く諦めました!(……)
うん、でも歌ったことに後悔はありません!
ストレートに愛を歌えて私は満足です。

…来年もきっと歌うんでしょうね…マジで…。
大体、そもそもネタに使おうと思ってた曲名をここで書かないとか、来年に使い回す気満々みたいな…セコイんじゃ!!
来年には、もっと上手く歌えるように…歌、練習します!(違うそこ頑張るとこじゃない)



そしてラストのケーキの話。
「週刊パティシエと作るCake&Dessert」51号より、「カプリス・コアントロー」です。

動画内ではあっさり組み立ててますが…結構、大変でした!
…何よりも、スポンジ焼こうとしたらココアが足りなくって呆然としてしまった…(←自分のせい)。
2月14日は大阪でも日中ずっと雪が降ってました。どんどん白く積もっていくその中、片道15分の距離を歩いて最寄の小さいスーパーにココアを買いに行きましたよ…!(コンビニはありません。いや、ココアが置いてないとかじゃなくて、うちの近くにそもそもない。昔つぶれた。)ほとんど誰も外歩いてないのに…。これでまた風邪引いたらどうしようかと思った。
ココアがないのに気づかないなんて本当にアホだった…。そうだ、バレンタインだからガトーショコラをいくつか焼いて使ったんだった…。材料が足りない事に作業途中で気づくなんて久しぶり。ずっと前に卵がないことに気づいて買いに行ったことあるけど…その話をしたのは確かフランス料理店で一緒に働いてたお姉さんだったから…製菓学校行ってる時だ。もう10年位前…。

そんな自業自得過ぎるアクシデントはありつつも、出来はかなりよかったんじゃないかな!(常に自画自賛)

かなり写真に近く再現できたし!……あ、レースペーパー敷いて写真撮ろうと思ってたのに忘れてた。
上のチョコ飾りとかも、初めて真面目に作った気がする…。いつもは無視するのに(おい)。
このケーキ、見た目がかわいいし、おいしそうだし、見つけてからずーっと作ってみたかったんですよね!クリーム二種類使うから、なかなか自分だけのためには作れなかったけど、社長のためと思えば余裕で挑戦できました!社長ありがとう…。
チョコのクリームはチョコ+生クリームのガナッシュで、白いほうはカスタードクリームと生クリームを合わせたところにオレンジピールを混ぜたものです。白いクリームと、スポンジに打ったシロップにはコアントローのお酒が入っていて、チョコと合わさるととてもさわやかな感じに!
間にポコポコ見えてるクリームがかわいいですよねえ…。さすが横田さん!!(←オークウッドのパティシエさんのレシピなのです。いや全然知り合いとかじゃないけど。一度講習を受けたことあるけどとてもかわいらしい方だった…。初めて東京行った時パークハイアットも行ってケーキ買ったなあ…懐かしい)


ああ、無事に動画が作れてよかった!
社長、愛してます!!他の人が見えないくらい!!(もうええって)
Comment

バレンタイン(滑り込みアウト!)【追記済み】

2011-02-15 01:45:02 | 自分の動画のこと
「諦めたらそこで試合終了ですよ。」と頭の中で何度も励ましていただきつつ
頑張ったんですが…アウト。滑り込みで、アウト。

…まあ、編集終わったのが23:55だったし(それで5分後に投稿完了できるんだからNMMはすごい)。
てか最後の、あのケーキが完成したのがそもそも21時だったし。
そりゃアウトにもなるだろ!
ううっ、でも、ほんと、あと10秒くらいだったんだよなあ…!
ちなみに23:59投稿とかを狙ってたわけじゃありません。本当にギリギリまで作ってました…。まあ言い訳はこれからたっぷりと!いつもの通り!

バレンタインなので、社長のためにデコチョコ盛ってみた。



また追記しに来ます…。
替え歌、寝込んだせいで一旦は諦めたはずなのにまた新しく考えて歌ったとかバカジャネーノ!



【追記】2/15 23:19

というわけで、今年は流行に乗って、デコチョコ(盛りチョコ)に挑戦してみました!
スーパーとかで、「板チョコで手づくりバレンタイン!」みたいな小冊子ってよく置いてありますが、それもデコチョコが結構載ってるし、「トッピング用」の小さいチョコやデコペンなども一緒に置いてあったりして、おお流行ってるのね~、と。
…そもそも「デコる」ことは私は全く得意ではないので(ケータイとか、得意な人はやってますよね。ネイルだって同じ系統だろうし。)最初は興味なかったんですが、…寝込んでるうちにバレンタインが迫ってきて、布団の中で思い出したのがデコチョコでした。もうこれっきゃない!と。

材料を集めるのは割りと楽でした。基本材料は前述の通りスーパーに揃ってるし、私は個人的に「アラザン」が大好きなので、最近クオカで材料を頼む際についでに色々なサイズと色のものを買っていましたし。金箔とかもあるし。あと、バレンタインってことでトッピング材料もいろいろ売ってるし。普通にちょっとがんばってケーキ作るよりも全然楽に材料は揃えられましたね(最初の嫁ケーキの時はブルーキュラソー見つけるまでが大変だったし、去年の春香さん誕生祭の時は揃えられない材料もあった)一気に買うと大変なので、仕事帰りに数回に分けて買うだけでよかった。……そのスーパー、多分他の店舗より「青」のデコペンが異常な売れ行きになってたんじゃないかしら…。来年、そのデータを元にたくさん仕入れちゃってたらどうしよう…。あ、またうちが買えばいいのか!

板チョコに様々なトッピングを乗せ、溶かしたチョコでくっつけて盛っていくいくのがデコチョコなので、多分直接デコペンで絵を描くのはあんま主流じゃないんだろうけど。
社長に贈るなら嫁描くしかないので。

直書きのわりにはよーできたんじゃないだろうか(※当社比)。
表面ガタガタやし!まあ失敗してもやり直せるように材料だけはたっぷりそろえてましたから!
嫁、何回かに分けて青色を乗せていったら、なんかプクプク立体感が出てかわいくなりました。そこからメーカーさんのサイトやら、「デコチョコ」で画像検索して勉強した感じに盛る。とりあえず「小さいものを並べてラインを描く」っていうのが基本で、それでかなり「デコった」感じになるんだなと思ったので周囲を囲って…みたんですが…
大変でした!!
だから、細かい作業なんて苦手なんだってば……!こんなんサラリとできるんやったら、デコスイーツとかもとっくにやってるっちゅーの!(まだやってないんか…)
アラザン、好きなんですけど…、ケーキとかでも、ピンセット使って飾るなんて大げさやなって思ってたんですよ。そんなんありえへんわ~って。
そんな私が、一粒一粒、あの細かいカラーミンツを皿からピンセットを使って並べた!!
…信じられん(えー)。
最初は大変でした。もたもたしてると接着用のチョコが乾燥してつかなくなるし、勢い余ってピンセットの先がチョコに触れちゃうと、次にミンツを取ろうとした時にそのチョコに引っ付いてしまって、欲しい色を一つつまむ事ができなくなったり…キーッってなりまくりでした!!
一周やる頃にはさすがに慣れて、すごく冷静に色を順番に並べてましたが。5色を同じパターンで並べてたんですが…実は上の完成品、右下の隅のとこだけ順番が間違ってます。下のラインから始めて「ああようやく半分終わる…!」ってとこで油断してピンクのをつかみ損ねたと。わかりやすい。
デコチョコはチョコの表面が見えないくらいトッピングで埋め尽くすのがいいみたいなんですが、嫁が目立たなくなるのは困るのであのくらいに止めておきました。一応色数も抑えて統一感を計った…つもり…。

ものすごく大変だったのに気持ち悪い仕上がりになってしまって、載せるのをやめようかとまで思った一品。

でもせっかく作ったし載せましたけど!
嫁、本当に大変だった…。青のデコペンでちょっとずつ塗りつつ、乾く前に青いアラザンを重ならないように乗せて…ラインのとこは乗らないようにして…。
上ので原色系のマーブルチョコが余りまくってて、それで社名を入れることを思いつきました。でも数が足りなくて、「ョ」のとこだけ別のチョコになってます。丸いから転がっちゃって、描くの大変だった。

順番が前後しちゃってますが、動画の通り、最初に作ったのはこれでした。

実は約二箱分のダースに「KC」って描きました……。
ロゴ自体は慣れたもので、すいすい描けたんですが、デコが!この完成品も「カワイイ!」ってほどじゃないけど、もっと「どうなのコレ…」みたいなのを量産してしまってました…。やり直しながら全部食べたけど(……)。最終的に、金箔乗せたのは全部ボツになったんだなあ…。ひっつけるの大変だったのに。
まだピンセットでアラザンつまむのすらおぼつかなくて、コロコロ転がしまくりでした…。
実は嫁が一つ混じってます。…アタリ的な。え?嫁に見えない?シルバーアイズだし。それは一番上のもだ!
…ここで、時間を空けてチョコを重ねると、プクプクして立体感が出ることに気づいたんですよね。
あと、アルフォートの白いのも買ってて、同じ要領で三枚の嫁カードを作ってたんですけど、かなり残念な出来になってしまったので速攻で全部食べました(またか)。


痛チョコに関しては以上かな。
…ちなみに、なんだかんだ言っても私自身はとても気に入っております。特に一番上。だけど二つ目も嫌いじゃない。
だって自分の作品、自分が愛してあげないとどうするの!(←いつも自分にスゲー甘い)



続く。
次はあのケーキと、替え歌のお話。
Comments (6)

吸血魔王ハルカのこと。

2011-02-13 23:55:29 | 自分の動画のこと
まだ慌てるような時間じゃななななな……
14日の…ひっ、日付が変わるまでがバレンタインですからね!

…リアルで渡す相手がいない人だけが言える言葉ですね!カワイソ!!(黙ってろ)



さて、もう……なんと、約半月が経過してしまいましたが…
動画を一つ、投稿してました。

【アイマス×ボクと魔王】Vampire Evil King Battle【ゲーム音楽m@ster】


第二回ゲーム音楽m@sterが開催されるという事で、「やったあ絶対参加しよ♪」と思ってて、曲も前から決めてたんですが…一月下旬から体調不良な日々が続いておりまして…間に合わないかと思った…。
「一月中になんとか一つは…どうしてもこれだけは…」って思ってちょこちょこ進めてて…。熱が下がった時に最後の仕上げをしてエンコードして投稿したんですけど、その作業でまた熱が上がり、マイリスコメすら今日まで書けなかったという体たらく。動画の作者コメントのとこの誤字も今日まで間違ったまんまだったし!(←バカ)

セカチャクは相変わらず開幕アウトだし、全然伸びてもいないしですが…うん、でもこの曲ではどうしても作りたかったので、よかった。体調のいい時に作ったとしても多分同じものになってただろうし!
とにかく、大好きなんですよ吸血魔王戦のこの曲……!かっこよすぎ!!
一度「ナイトメアブラッド」の衣装を使ってみたかったので、そういう意味でも自分的にはピッタリで……
てか、…改めて、なんて衣装なんだ…と思っちゃいました。

曲のBPMを計ってみると意外とゆっくりなテンポで、ダンスを倍速にすることも一瞬考えたんですが、それよかゆっくりなダンスを堂々と踊る感じにしようと思って…。
でもそうしたら、……春香さんの腰の動きが艶かしいのなんの!!
「こんなん作っていいのかな…」と思っちゃうほどに…扇情的で…。こう、思わずタオル持って駆け寄りたくなるような…(腰みの的に巻くため)(←プロデューサー視点というかもはやオカン視点)。

あと、春香さんが歌ってる感じにしようと思って作った。
もちろん…歌じゃないし、前の「ファンシーな春香」の時とかは「できるもんなら口も閉じたいけど…」と思いながら作ってたけど、…今回は、あのメロディーを「吸血魔王ハルカ」が歌ってる、って感じにしたくてやりました。…といっても中盤だけか。
自分が特に好きなのが曲の冒頭なので、そこはかなり頑張ってかっこよくしようと…思った気がします(←すでに記憶が曖昧)(時間経ちすぎた…)。あ、でも最初に魔法陣が出るとこも好きかも。スローで…強烈な魔法が飛んでくる前兆みたいで!あと魔法陣の前で踊るとことかも…。
ううむ、やっぱり結局は自分の動画は好きみたいです!(えー)


動画の説明文のとこのセリフは、吸血魔王が戦闘前に言うセリフです。
ムダに重厚で、ムダにかっこよくて大好き!
…彼は物語のかなり終盤の敵(「最強の魔王」ですし!)で、セリフにも強烈なネタバレが含まれるので、前半を略してご紹介…。

「(ネタバレのため略)
…これに抗うことはできない。
真相を知ろうと知るまいと関係なく、だ。
抗えないなら、すべてを忘れられるほどに邪悪になろうと思う。
君たちからここに来たならば、ここで君たちの血もすすり、真の邪悪となろう。」

…ね?かっこいいでしょ?
それが戦闘後はこれだもの。マイリスコメにも書いたけどここにも書く。

「……あーららら、負けちまったい。
まーしょーがねっかー、べつに。
手ぇーぬいたわけじゃねーもんなぁ、べつに。」

なんだこの差!!…あかん、かわいい…!
こういう、ギャップには弱いんだよ!(井川遥とかイタミンとか…)
この憎めないキャラで(負けた後のセリフ全部書きたいくらいかわいい)、このかっこよすぎる専用曲。なんてオイシイんだ吸血魔王!出番が少ないのが残念でならない…!仲間にしたいくらいだよ!!


というわけで、…「ボクと魔王」、すーごくおもしろいので機会があればやってみてください!!
ゲーム音楽m@ster、「デュープリズム」、「ボクと魔王」と作ったから…大好きなMOTHERシリーズでも作りたくなったんですが…。MOTHER3のメイドロボ・マシュマロちゃんの戦闘曲とかいいんじゃないかなと思ったんですが…かっこいいけど動画にするにはちょっと盛り上がりに欠けるんだよなあ…。あと、3の戦闘曲は右手が勝手にリズム叩いちゃう(サウンドバトルシステムというのがあって、BGMに合わせてボタンを叩く事でコンボが出せるんです…RPGなのに。これがスゲー楽しい!)。
Comment

戻りました。

2011-02-12 23:57:27 | きょうのできごと
こ…今年の目標、「ブログをちゃんと書く」じゃなくて「健康第一」にしなあかん…。
というわけでただいま戻りました(今日まで寝込んでたとかじゃないんですが)。長らく放置しまくりで申し訳ありませんでした!
ああ新年早々(?)えらい目にあった…。ほんと健康って大事ですね…。

アクセス解析を見ると、ここ最近「痛チョコ」のキーワードを検索してうちのブログに来て下さる方が増えているようなのですが……社長のしかなくてすみません(えー)。
さすがバレンタイン!
…って、もう本当に直前になってもうた…。最悪なタイミングで寝込んでしまった…。
去年ほど手はかけられないですが(あれ手間かかってんの…)(めちゃめちゃかかってるっちゅーねん!!)、今年もバレンタイン…当日中には何らかの形で動画を作って上げます!!もう意地だコレ。


痛チョコはともかく。
最近はバレンタインも「友チョコ」が主流だとか…。
シンジラレナーイ!
だって!学生さんとかで手作りチョコをキャッキャしながら交換するなら、ともかく!
大人の女性同士でも、フツーに有名なとこのチョコをプレゼントするんだって…。なんでだよ!やだよそんなん!気になる人に勇気出して贈るとか、大事な人に感謝を込めて贈るとかだからこそ、あんなちっちゃい箱のチョコを高いお金出して買うことができるんじゃん!?…いや知らんけどさあ。いくら…仲良しとかでもさあ、友達にあんな高いもん贈らない…と思うんだけどねえ。値段だってわかるじゃん、調べたり…せんでも、相場とかで。そんなん…めっちゃプレッシャーやん…。
わからねえ…、高級友チョコ……。
まー、うちが時給で働いてる貧乏でドケチな人だからそう思うのかもだけど!(……)

友チョコ、手作りで主流になるなら大歓迎だったのになー…ちくしょう…。
いや手作り派もいるってわかってますけどね!本屋さんも今、めっちゃお菓子の本展開してるし!
そういや今日…だったかな。どっかで見たけど、バレンタイン前のレシピ検索1位は「マカロン」だったそうです。
すごいな!皆、チャレンジャー!!
未だに成功した事ないんですが…私……。


マカロンと言えば。
最近、続けて料理番組でマカロンを見てたんですよね。
小林かなえ先生が出てたきょうの料理と、アクトオンTVでやってる辻調の番組と…あとなんだっけ…、あ!NHKの「チャレンジ!ホビー」って番組で、片岡鶴太郎さんがサダハルアオキさんにお菓子を習うやつだ。あれおもしろかったなあ…終わっちゃったけど。メレンゲ立てるのにちょっと時間かかるから「まあシャンパンでも」とか言って飲みだすとこにびっくりした!!けどなんかそれがスゲーかっこよかった…。
で、マカロン。失敗続きなので反省の気持ちも込めて、どれも録画して見てました。
皆、いとも簡単に作っちゃうよなあ…と思いながら(鶴太郎さん以外)。

で、見てる時に弟が帰ってきて。
不思議そうに画面を見ているので「マカロンやで。うちはいつも失敗してるけど。」って言ったら……「これが…」とかすんごいまじまじと見ていました。
姉はすごい傷つきました…。
そりゃあ、うちがいつも作り出すものはこれとは似ても似つかない状態になってるさ!!
しかももうオーブンシートからはがすのもイヤでそのまま台所に放置してるのを(おい最悪だ)いつも自分でぺりぺりはがして食べてたもんね…。わけわかんない薄くて甘いせんべい?みたいな感じだったろうね…。
くやしい……。
ちゃんと作れるようになりたい…。

そんな時に見つけたこちらの動画。
マカロンを作れるようになるまでの動画【1日目~3日目】

す、素晴らしい……!
そのチャレンジ精神にめちゃ感動!!
うちも「もうやだ!!アーモンドプードルと粉糖もったいなすぎ!!」とか言ってる場合じゃないな…。作れるようになりたいなら、チャレンジしないと…!



ああ久々に書くと手がめちゃ動く…。
なかなか治らなかった原因の一つは「ブログが書けなかったこと」であるのは間違いない。書けないことで余計悪化するっちゅーか。でもほんと、前回の時点ではあんだけ書くのもギリギリだったんだよ!
Comment

病床より

2011-02-03 23:58:16 | きょうのできごと
…とか書くとなんか大げさだな。
すみませんお久しぶりです。寝込んでました。風邪のような、インフルのようなものに苦しめられておりました。ていうかまだ治ってません。どういうことなの…。私これで病人生活何日目なの…。
仕事には…行ってるんですけどね(治らない原因これだ)(だって休めない…!)。
家にいる間はずっと寝てるのに、全然治らない…。寝てるっていっても咳したりとかで熟睡とかは出来ずにいます。でもとりあえず布団の中で大人しくしてる。薬やらなんやら投与しまくりで本当に大人しくしてるのに…熱が下がらない…。
ここ一週間、本当に何もできませんでした。…やばいです。やばいってレベルじゃもうないです。色々と。

…パソコン触ると熱が上がるっぽいのでずっと触れなかったから、キーボード打つのもめちゃ久しぶりです。もうこれだけでもちょっとくらくらしてきた。やばいかな…。
病院行けよって話ですよね。ホント。
…だって、病院行くと、すっごくお金かかるじゃないですか…(……)。


明日も仕事だー。
冷静に、冷静にこなそう。焦って興奮すると咳が出て苦しいから…。
Comments (2)