「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「私とワルツを」のこと・3

2011-10-28 22:15:26 | 自分の動画のこと
今回の動画の、一番の反省点を挙げるとすれば、「見る人の理解力にかなり頼ってしまっている」こと、かな。詰め込みすぎってのとも繋がるけど。
社長の背景や、イシズ戦ラストで何があったかを知らなければ、全く意味がわからない動画だよな…、と思いつつも、最後まで続けてしまった。…まあ、今はニコでも社長はかつてほど注目されているわけではないので、誕生祭に上げても見てくれるのはかなり社長好きな人だけだろう、ってアタリをつけてたってのもあるけれど(あ、でもセカチャクで流れたんだった…。開幕アウトだったので問題ないけどね…)。

マイリスコメにも書いたけれど、イシズ戦では、初めて青眼の声が社長に「聴こえた」瞬間だったんだと思う。
形ある言葉ではなかったけれど、それでも社長はそれを信じて、…未来を変え、イシズに勝利する。
「名前を呼んで 一度だけでも それが最後でも」
「ひとりでなんて踊らないで」
「どうか 私とワルツを」

これは青眼の叫び。
あの瞬間に、初めて届いた叫び……。

「セト様」の魂を継ぐ少年を、ずっと見守っていたキサラ。
守りたかっただろうけれど、彼が闇に捕われるのを…止められなかった。
「失う時がいつか来る事も 知っているの貴方は悲しい程」
剛三郎が目の前で投身自殺をした時も、薄く笑うだけだった彼。
でもこの出来事こそが、教育という名の虐待よりも…最終的に、徹底的に社長を歪めてしまうことになる。
止められない。闇に捕われることを。
ここには、未来を掴むために来たはずなのに…。

↑あの絵、ポーズは「本日を持ってKCはオレのものだ!」って剛三郎に言い渡す時のもので、表情だけは、飛び降りた剛三郎を見やって冷酷に「(あなたの教えはオレが受け継ぎますよ…)」って言ってるとこのものを参考に、ちょい改変しております。
…ほんと、自分でやっててさあ…悲しくなった。
こんな顔させてごめんねごめんね、って泣きながら仕上げしてた。ホントに。
自分がやったのにね…。

次もすごく…辛い。
「それでもなぜ生きようとするの 何も信じられないくせに」
王国編での遊戯とのデュエル。このままでは自分は負ける、モクバを助けられない…と悟った社長の取った行動が、剛三郎の最期と同じ、投身自殺の宣言をすることだった。
「敗北とは死を意味する」という言葉が、…文字通りその体に、魂に、深く刻み込まれてしまっている…それが最も顕著に現れているのが、あのシーン。

誰も、何も、信じてない。一人で戦って、生きようとしてる。
…その姿に涙を流すのは、表遊戯だけじゃ、なかった…はず。
直前の、遊戯と対峙してるとこは文庫版8巻のシーンからですが(溶けかかってる究極嫁は省略…)、↑これはずっと後の…19巻の、心の部屋の中で見た回想シーンから。
本来のセリフは「遊戯!貴様のカードでオレの首を掻き切れ!!」
……なんつーセリフでしょうね、本当に…。

最初から決まってたのはここらへんと、あとラストだった。
なので展開に困ったのは前奏・Aメロ・Bメロ(間奏も割とイメージはあった)。
フルで作るつもりだった間は、1番はまるごと過去の…「セト様」の、キサラ亡き後「ひとりで踊る」様子を見せたかったんだけど…本編の古代編は史実そのままじゃないので、どこをどう使って良いものやら…決まらなくて…。うん、短くして正解だったとは思う。

前奏を使って、セト様の過去を並べてみた。きっとこれくらいは本当にあっただろうというシーンをチョイス。アクナディンの衝撃の告白(これが「Always love you.」の文字の直後に来てしまってるのは、ものすごい皮肉だなあ…)、キサラの死、そしてファラオとの対峙。

マハードの適当さは笑うところでは…ないんですが、笑えてしまうな…自分でも(えー)。
22巻のこのシーンには、ファラオの後ろの石板には何も描かれていないため、17巻のBC編準決勝中に闇遊戯と社長が見るビジョンのところをスキャンして、角度とか大きさとかをこの絵にはまるように変形させて、それでトレスしたんだけど…つまり、めっちゃ真剣にやったんだけど…できてみたらこんなだった。しかし一瞬だし、ちょうど影になってるから目立たないだろうと思って妥協した(なのにスクショを貼るわたし…アホ?)。ごめんマハード。

前奏が終わって、歌開始。「時計は動くのをやめ」のところでいきなりファラオの最期のシーン。パズルを砕いて自分ごとゾークを封印した=そこでファラオの時間は止まった、という意味を込めて。
でも残された者達の時間は続いていく。

セトの傍にはもうファラオも、キサラもいない。
一人、死者への祈りをこめてあの石板を残す。

古代→現代への切り替えポイントは、もうここしかないと思ったし、自分でもお気に入り。

キサラと石板の位置はそのまま。石板は経年のため劣化。さらに「美術館」の展示品なので見ている者の立ち位置も変化。
…でも一番変わっているのは、その、そこに立ってる人だ。
「非ぃ科学的だ!」が使えて満足。…角度がおかしい?許してください(えー)。
それよかイシズさんと身長差つけすぎたかしら…。

この切り替えのシーン、めちゃ気に入ってるけど…よく思い出してみるとすごく組み立てが大変だった…。キサラさんの後姿は21巻の文庫版追加エピソードから、社長はそのまんま10巻のイシズさんとの初対面のとこから。イシズさんは真後ろからのカットが何故か全然見つけられなかったので、なんと本編の最終回、闘いの儀でファラオを見送るところを参考に服装だけ変更。もっと見つからなかったのはセト様で(なんとなく寂しげな後姿…って思って探してたしなー…)、19巻でアクナディン様と二人で話すシーン…の、首の角度を、少しだけ石板を見上げるように変えてトレス。
まあ、何よりあの石板ですよね…。18巻冒頭のを頑張ってなぞったけど…もうどこ描いてんのか見失いまくりでした…。あと「よく見えない」という理由で下の方省略しちゃったんだけど、そこには大事な「カルトゥーシュ(名前剥ぎ取られ済み)」があったんだった!でももう直さなかったけど…。

これらを必死に描いているころ、BSの再放送がデュエルディスクの最終実験の回で(「あとどれだけ歩けるのだろう」のあたりはそのシーン)…、あれを見てて思ったけど、イシズさんがずっと後で指摘する通り、社長は最初に石板を見た瞬間、何か伝わるものがあったんだろうな。はっきりした言葉にはならなかったかもしれないけど…というか、言葉になりそうなものを全て自分で必死に「聴かないように」したんだろう。だからこそ、実験中のあのモノローグなのね。いや、「ふつくしい…」じゃなくてね。

まだ続く。
Comment

「私とワルツを」のこと・2

2011-10-27 01:29:56 | 自分の動画のこと
続き。
動画の話。

「私とワルツを」は昔から好きな曲で…好きと言うか、一緒に口ずさもうとしてもサビで絶対泣いてしまう歌でした。…別に誰か(「キャラ」でも)に重ねてるわけでもないときからそんな感じだった…と思う。
「誰にも傷が付かないようにと ひとりでなんて踊らないで」
そんな風にする人がいたら、きっと見てるのは辛いだろうな…とか思ってたんだろうな。

これ、社長にぴったりじゃないか…、と気づいてしまった時から、ますます泣けるようになって。
今年はこの曲を社長に贈ろうと思った。…いつだっただろう。とりあえずすーごい前です。去年…2010年の内にもう、ぼんやりとは考えていた気もする。
去年の「きみはともだち」は社長の視点だったから、今年は青眼の視点でちょうどいいやとも思ってて…。

うpするギリギリ前まで、タイトルは「社長と青眼で」にするつもりだった。
去年のと揃えるって意味もあったし、…なんか「社長とキサラで」っていうのはちょっと違和感があって。
キサラ、あんまりちゃんと出てるわけじゃないしなーと思ってたんだけど、冷静に考えると、青眼はもっと出てない(ラストだけ…)(像やら石板でめっちゃ描いたので出てるような気がしてた…)。タイトル詐欺にもほどがあるなあと思って変更しました。
あと、サムネのせいもあるかも。作ってる間はぼんやりと、ラストの青眼出てるとこにしようと思ってたところを、…ここに載せたのもあって、あのキサラの…唯一まともに顔が映るシーンにしようって決めたんだよねえ。あのサムネで、タイトルが「青眼で」っていうことにしたら…意味があるって伝わるかもしれないけど、一見詐欺っぽいので…変えたんでした。

…なんで、違和感があったんだろう?
考えてみて、気づいた。多分私は、「社長」と「キサラ」に繋がっていてほしいとは思っていない…から。
繋がりとあるとしたらそれは「社長と青眼」、「キサラとセト」であって欲しいと思うから。
これ、あんな動画作っておいて何言ってんの…って感じかなあ。すみません。表現力不足ですね…動画の方が。


この動画を作る前に、イメージとしてあった言葉が、ひとつありまして。
「ファイブスター物語」、3巻のクローソーの言葉。

「コーラスサード…
あなたがこの世から消えても 次のあなたが生まれて来る…
人間は死にはしない
次の世代へとほんの少し姿を変えて…現れる

愛していましたよ…コーラスサード…
愛しているわ…コーラスシックス…

愛していますよ…
そんな人間たちを… 私は…」


クローソーというのは…まあ簡単に言うと、女神です(←簡単に言いすぎ)。
コーラスという国を、…いや、「ファイブスター物語」をずっと見守っていく、女神。
今回のキサラには、このクローソーのイメージを重ねています。
「愛していましたよ…セト様
愛しているわ…瀬人様」 みたいな。
25日のうちの記事が、いきなり愛の告白から始まっているのも実は意味があったんです!(えー)
動画冒頭の、「Always love you.」にもね!

私の中では、キサラはそばで社長をずっと見守っていた…ということになっておりますが、それでも「セト様を通して」社長を見ていた、と思う。「セト様の魂」を守るべく、そこにいたんだと。
うーん…難しいな。説明が。色々と微妙で。
極端な話をすると、…悲恋に終わった(ということに一応する)キサラとセトの関係を現世で成就させたいわけじゃないですよね、キサラは。
守りたい、と…。闇から。様々な悲しみから。
そして「セト様の」願いを叶えたい、と…思ってたんじゃないかな。
「魂の交差する場所」へと、必ず辿り着けるように。



原作をトレスすることにしたのも、大分前に決めたような気がする。
青眼とか…真剣に描けないし。内容的に、去年みたいな絵じゃ全然合わないと思ったし。
原作をトレスなんて…とも、確かに思った。迷った。
でもこれは「MAD」なんだ、って思った。
アイマスでも、もちろん普通のアニメでも、…元は違うシーンの表情とかを組み合わせてストーリーを作るっていうのは、普通にある。今回はそれなんだと思った。ただ、素材の準備が「トレス」という作業になるだけで。
開きなおるとかじゃないけど…それでも、作りたいと思った。これを。

原作を切り貼りする方が楽だったんじゃないか…っていうのは作業中も思ったけど、でも、結局修正するべき箇所はあるわけだし(フキダシとかあるし…)、原作にないシーンの追加もするつもりだったし。その「絶対手で描かなきゃいけないところ」と「それ以外」の差を少しでも縮めるためにも、やっぱり全シーントレスは必須だった、と思う。
まあ、なぞるだけなのに、すーごい大変でしたが……。
青眼が大変とかいうのはわかってるからいいんだけど…セト様のポエムの石板とか、KCのビルとか…そういうのが大変で大変で、半泣きでトレスしてました…。しかもKC本社前には、青眼の像まであるし!社長、ほんと勘弁してよ…!と思いながらの作業でした。三匹とかマジで無理。
アクナディン様の線の多さにもびっくりした。キサラの髪の細さにも…。
社長がパーツ多いのは慣れたものだったけどねえ…。でも文庫版の感想の時からトレスにしておけば、簡単だったんじゃないかなとは思った(しかも見やすい)。…まあ、あれはあれでいいとは思うので今更直しませんが!


まあ、何よりも時間がかかったのは、構成ですね。
曲だけはかなり前から決まってたけど、短くしようって思ったの…割と最近だしね…。
最初はフルでやるつもりだったんだけど、どうしてもダラダラするというか、うまく埋められない箇所があって…思い切って短くしたのはいいけど、今度は詰め込みすぎっぽいし。難しい…。
あと、こうしたい!と思っても、原作にそういうシーンがなければできないわけで、それも大変でした。探すのが大変だった。
最初はファラオが倒れてるとこ、って思って探したら、ファラオはさんざん傷ついてはいるけれど、倒れてるとこなんて皆無!目を伏せてるシーンすら見つからなくて、もうこれはどっかのシーンを逆さにするか横向きにするかして、目も閉じさせよう!って決めて…そこから探すという…。ちなみにアレは、カルトゥーシュに真の名前が刻まれるシーン。そんないいとこ使ってすみません。パズルの砕ける様子は、御伽父にパズルを破壊される様子のとこから。そんなやなとこ使ってすみません(笑)。

続く。ていうかスクショ貼れよって話ですよね…。次から貼ります。
そして詰め込みすぎのストーリーも解説(予定)。
Comment

「私とワルツを」のこと・1

2011-10-26 20:54:37 | 自分の動画のこと
せっかくニコマスブログアンテナに入れていただいてる(嬉しすぎる!ていうかびっくりした!)のに、関係ない更新ばっかりしてたら外されそうだ…(笑)。動画作ったらがんばって書きます…いや今回のも動画なんだった、一応。

ていうかお菓子のブログなんですよね、一応!(まだ言うのか)(タイトル変えなきゃ…って何年言ってるんだろうか、うち)
じゃあそれっぽい写真から始めてみたりして。

タイトル「秋のショートケーキ」。なんか写真傾いてるな…。

もうさあ…10月25日の前日とか、同じ日に誕生日とか、うらやましいっちゅーの!代われ!(えー)
…前日、一台バースデーケーキを頼まれておりまして、リクエストは「生クリームとフルーツのケーキ」だったんだけど、まだイチゴはないし…大人の方ってこともあって、なんか秋っぽいケーキにしてみました。うちにしては珍しく、特に本とかは見ずに。…キャラメルクリームの配合とかは探したけど。あ、あとイチジクってよく考えたら切り方(飾り方?)知らんわあと思って、Googleで画像検索したりはしたけど(おい…)。
間にはクリームと洋梨(缶詰)が挟んであって、上に飾っているのは洋梨・イチジク・巨峰です。巨峰、最初は皮ごと載せようとしてて…いやこれ、クリームつくし食べにくいわなと思い直して、…すんごい嫌だったんですけど、皮をむきました…。嫌っていうか、苦手なんですよね。ケーキ屋にいたころ、秋は毎日この作業があって…うまいこと紫の部分が残るように剥かないといけなくて…皮と一緒に全部取れちゃったりするし、指は染まるしでキイイイ!ってなりまくりで…。まあ今回は綺麗に剥けたんでよかったんですが!

生地はもう一種類、同時に焼いていて……とりあえずショートケーキを仕上げ、引渡しして、アワアワしながら2階の自分の部屋に戻って動画を組んでました。
一通り組みあがって、台所に戻ってきたのは22時前。0時うpとかはとうの昔に諦めてたけど、できればケーキは今日中に仕上げたい…と思ってそこから超急いでムースに取りかかりました。修造さんに頭の中で励ましてもらいながら…(「大丈夫大丈夫できるできる絶対できる!」みたいに)。
…まあ、そもそも難しいものじゃないんですが。ゼリーと交互に重ねていかなきゃいけないので、…つまり下のが固まるまで次のは乗せれないので、作る作業は自分内最速で頑張りました!

間のゼリーを固めている間に、一番上の嫁チョコを作る!

ここでもトレース!ていうか、だから今回はこのケーキなのです!(えー)
トレスつながり?297話の扉絵をスキャンして拡大して、上に重ねた透明なシートの上をなぞる!
ていうかまたデコペン使ってるし!…だって便利なんだもん!(テンパリングしてる時間なかった…)速乾性でスゲー助かりました!まあ、思ったよりでこぼこになってしまったんだけど、まあそれも味があっていいんではないだろうか!(……)

ウソみたいですが、実はこのケーキは本のレシピを参考にしております。

まあ本に載ってたのは赤いケーキなんですけど!いちごのムースと、グレナデンシロップが層になってて、茶色いチョコで愛のメッセージを乗せてる、という(いやあの…本当です)。
ムースはカルピスのムースに差し替え、ゼリーはブルーキュラソーのシロップを使って青く、チョコはホワイトで、嫁に!…三年目にして初めて、「ホワイトドラゴン」になれました!(……)
サイドを見ると…全然綺麗に層になってないことがバレバレなので…あんまり見ないで下さい…。あれでも平らにならそうと努力はしたんだけどなあ、アハ…ハ…。だからあ!ムース苦手なんだってば!(……)

間もゼリーなので、お皿に移すのもプルプルしててちょっと怖かった…。

奥の青いドリンクは何事かと言うと…シロップ、めちゃでかいビンで買っちゃったんで…ちょっとでも使ってみようと…。ほろよいの「梅酒ソーダ」を無理矢理混ぜてます。これでなんでも青いカクテルにできるね!居酒屋さんでも飲み放題のメニュー見ながら「青いのってありますか」って聞いたり、オリジナルなカクテル作ってくれるようなバー(だったっけか?)でも「とりあえず青いの!」とかオーダーするうちにはぴったりかもしれない。…いやこれは、自分でも不思議なんですけど、社長の影響じゃないんですよね…。ずっと前から青い飲み物大好き(当然、社長好きでますます加速)。
家族もさすがにこの飲み物には引いてました!(……)(ケーキは、似たようなのが今までにもできてたことあるからか、別に普通だった…)

味は、食べた弟がすっごい的確な感想を言ってくれたので、採用!
「見た目よりずっと普通の味。」
…聞いた時は思わず笑ったけど、…さすが身内、容赦ない!うちは自分で作ったってだけでかなり贔屓目が入るので、あんま詳しい感想を考える事すらしないんだけど…確かに普通です。…自分で作ったんじゃなけりゃ、「あんま味しないな」とかバッサリかもしれない(ひでえ…)(私の好きなケーキは「オペラ」並みの濃いのんだし!)。でもこういうあっさり味のムースって、すーごい人気あるからなー…。色の事さえなければ、普通の人にもウケはよさそう。カルピスとヨーグルトで、とてもあっさり&さわやかなムースです。
…まあ、弟は味よりも、上の嫁チョコがフォークでは押し切れないためにゼリーごと持ちあがってしまうことに、毎回「ぎゃー」って言ってました…。ごめん…。ちなみに最初に完成形を目にした時はまじまじと見つめて「…すごいな。」って言ってくれたから喜んでたんですが、別に技術がすごいとかじゃなく「毎回すごい謎の努力と情熱やな」って意味だったのかもしれない…。つーかきっとそうだ…。



…そうそう、前日は前述のショートケーキの方がお誕生日で…10月25日当日が誕生日の知り合いもいるんですよ、実は。…代わってほしいわ(それさっきも書いたし、アンタは自分の誕生日大好きだろ!)。
岐阜に住んでいる親友なのですが。
…まあ今年はムリだったわけですが、10月25日って「日付」はすごい意識するじゃないですか、もう0時になる瞬間とかも。手帳にも書いてるし忘れない。でも日付変わってすぐにお誕生日おめでとうメールって…もし彼氏さんとかよりも早く届いちゃったりしたらなんか申し訳ないような気もするし。本人よりも彼氏さんに対して。それでまあ、夜とかに送ろう…とか思ってると、大抵その前の日とか(社長誕準備で)睡眠時間短くなってるんで、……気がついたら寝ちゃったりして、日付がまた変わったり、とか……しがちなんですよね……って……書こうと……思ってたら……
今年もやってもうた!!
もうやだ…最低だうち……!
せっかくリアルタイムに届けれるメールで、一日後に送るのもなんかもうめっちゃ忘れてたみたいで…ウワーン!ごめんよう…!カードでも送ろうかな…。それにしたって遅いわな!ううっ、しょうがない、去年と同じく、次に会うときにプレゼント渡して、その時におめでとうって言おう…!あーもう…!来年は絶対忘れないでおこう…。別にそれで怒るとかする子ではないのだけど、なんかこう…くやしいじゃないですか!

続く。
Comments (2)

社長、お誕生日おめでとう!

2011-10-25 00:21:49 | きょうのできごと
愛しているわ…。

愛しているので、もうちょっと待ってくれ(何しに来たんだ)。




(追記 21:22)

や…やっと、できた……。

【手書き遊☆戯☆王】社長とキサラで「私とワルツを」【原作トレス】


昨日の夜中に一応完成はしてて、今日は帰宅後に微調整だけして17時うpが目標だったのに…!
出るわ出るわの修正箇所。泣きかけました。
プレビューで表示されないもんだから、最後の出力終わったとこで初めてミスに気づくとかどうなの…!もうやだこのバカパソ……!
…でも、よくがんばった。ありがとう。
うちもよくがんばった…。ね、ね む い ……

1コメしながら、「……全く『おめでとう』って動画じゃないような…」って自分でも思った。でもそれは去年もそうなので、まあいい。
とにかくおめでとう、社長。
生まれてきてくれて、ありがとう。


解説を書き終わるまでがうちの動画作りなので(何か間違ってるような…)、また書きに来ます!
Comments (2)

♪がんばーらーなくーちゃねー!

2011-10-23 21:43:26 | きょうのできごと
絵を必死で描きながら、ずっと「うちテープ MDver.」を聴いてたら、…vol.17まであるっちゅーのに(ありすぎ。名前変えろよ!)一周しそうです。今リンドバーグです。懐かしい!「もっと愛しあいましょ」聴いてたら急にブログ書きたくなった。んで今「GAMBAらなくちゃね」。……あ、次パフィーだ。この前身のテープ作ったのめっちゃ前だから、自分でも何が入ってるか覚えてないんですよね(えー)。

まだ絵が描き終わってないなんてどういうことなの……!
でも逃げない!
ここに書いたことはかなり必死でやり通そうとする自分自身の法則を利用して、逃げ場をなくしにきました!
つーか文章が頭の中ですら上手く組み立てられないよ…どうしよう…いっぱいいっぱいすぎる!アハハ!(……)

\がんばらなくちゃね/


原作トレスしてるだけやのになんでこんなに時間かかってるんだろう…。
でもここまできたらやりきるぞ…がんばれ、がんばれわたし……!
社長への愛があればなんでもできる…!

それに、日付が変わるまでが誕生祭なのよ…!(おい…)
Comment

えへへ…あと…5日…

2011-10-20 21:36:29 | きょうのできごと
ま…間に合うのか…間に合わんのか…わからん…
わからんくらいまだ形になってない…ひいいいいい…

ノー余裕!とか言いつつも、待望の相棒新シリーズはチラ見しました!
イタミンお久しぶりーーー!!キャー相変わらずかっこいいーーーー!
まあ再放送は夕方毎日やってるんですけどね!でも「今」のイタミンが見れるってのは重要ですから!
録画してるのん、初回スペシャルで2時間もあるからまだ最後まで見れてないんですけどね…。てか、30分だけ見よう!と思って見てたらそこまでイタミン出てこないから思わず早送りしt(……)(開始から45分くらいで出てきました!)


ちょっと前の再放送で、念願の「お見合いパーティーに参加するイタミン」も見れて、さわやかな笑顔に悶絶したものです。season2だからめっちゃ前で、イタミンもめっちゃ若い。若いイタミンも良い。ほんま最高の癒しやでぇ…うふふ…(←やばい)。誕生祭終わったらめっちゃ繰り返し見てやる…。
Comments (3)

生きてます…すみません

2011-10-13 22:15:43 | きょうのできごと
ていうか10月全然書けてないのは気づいてたけど…
もう13日じゃん!!半分終わるじゃん!!やばいやばいやばい……!
半分っていうか、社長の誕生日は31日とかじゃなく25日だから、そういう意味では半分は過ぎてる!いやあああああああああああ!!
ほんと、風邪とか引いてる場合ちゃうぞ、うち!!


ちょっとこれ…このまま行くと絶対ギリギリまでかかるな…(死んでも間に合わします!!)。
てことは、25日までこのブログも止まるかもなのか…あーもったいない!
1日1記事しか書けないのに!(←自分ルール)
日付が減っていく…もったいない!


アニマスの事とか、下書きはやりかけてたんだけどなー…書いてる間に「春香回」が来て、もう最初っから最後まで春香さんのかわいさに泣きっぱなしで、しかも終わり方が衝撃的(これは春香さんのことじゃないんだけど)だったから次が気になって気になって…、こんな状態でこんなのん気な記事上げれないよーとか思ってたら、1クール終わったし!!(……)
でも13話のステージシーン…すばらしかったなー。あっこだけ何度も見てまた号泣してます。
うちは勝手に、あの新曲が2クール目のOPになるんやと思い込んでたんやけど、全然違うのね。関西では今夜だったかな…放送。見るのは明日帰ってきてからやね。
あー、本当にあの曲よかった!あれだけで終わりってないよね!?DLCで来るよね!?信じてますバンナムさん…まだ私きゅんパイヤも買えてないけど…(……)。
♪ゆーめだけじゃ、おわらせたくなーい!


アニマス春香さんを見習って、「疲れたときには甘いもの」を信条にしたい今日この頃。
…うちなんか疲れてなくても甘いもの食べてるし、それどころか甘いものを「甘いもの」って意識せずに無造作に食べちゃうことばかりだし…反省した!!
そいで、アニメの中で春香さんが作ってるお菓子を再現したいなーとか思ってたんだけど、この先うちがめちゃ苦手な「マカロン」とか出てきたら死んでしまうので…(春香さんはあっさり作りそうで怖い!)、まあ様子を見つつ…だね…。春香回のエンディングでクッキーの詰め合わせが映るんだけど、あの海に行った回よりめっちゃ種類増えてるし!くそう…見る前に作っておけばよかった…。手帳にメモ取ったら結構すごいことになったよ…。何か全くわかんないのもあるし。赤いのはドレンチェリーだろうけど…。

とりあえず「お砂糖たっぷりドーナツ」は、オールドファッションじゃないんやろうなあ。

なんか、表面にラインが入ってたから…側面に入るならともかく、あんなところに入ってたからこれかなと思ってやってみたけど、まずオールドファッションの仕上げにお砂糖ジャリジャリつけないですよね。やる前に気づいてくれ、うち!!
あれは単なる反射のラインだったに違いない。まあドーナツならすぐできるからいいや…。


…アニマスめっちゃおもしろいんです。
本当はもっともっと書きたいくらい…。ううっ、でも社長のんやんないと…!
あとセラムンSもやたらおもしろくて…はるかさんの出番だけピックアップするつもりだったのに、なかなかざっくり消せなくなっちゃって困ってます!スクライドもおもしろいし!ビックオーもたまってるな…。ああ録画容量がヤバイ…。相棒再放送もたまっていく…イタミンかわいいよイタミン。DVDに残さない回でも最低2回は見ないともったいなくて消せないよイタミン…。
そしてこのまま相棒新シーズンも始まるのか。やばい…楽しみだけど色々やばい…。



すごい久々に、ほっぺたの下の方とか目立つとこにニキビができてしまった…。
しかもつい触っちゃってよけいに治らない。困った…。
ていうかもうこの年やとニキビって言っちゃダメなんでしたっけ?吹き出物?
でもなんで突然…?ストレス?…いや、甘いもの食べすぎか。無造作に!
Comment