「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

Catch my breath

2010-05-30 23:15:13 | ニコニコ動画紹介
何度も見てしまう…。
アイドルマスター 「Catch my breath」

か…かっこいいなあ…。
次の瞬間どこに現れるかわかんないのに、目が回ったりせずにずっと目で追えるのはなんでなんだろう。ていうか同じパターンの繰り返しなのに目がずっと離せないのはなんでなんだろう。
…てか、こ、これ、NiveとAviutlで、できるの…!
あの後ろがカッて光るのも、赤いとこだけ浮いて光るのも…
……動画講座、動画講座…


この曲ってすごい人気あるんですね。
確かにずっと聴いてたら大好きになった。
今までで、この曲で印象的な動画って言ったら…うちにとってはこれでした。
【MAD】遊戯王×capsule「Catch my breath」【修正】

BC編ってすごく長いのに、こんなうまいこと、かっこいくまとめるとか…!
でも総集編って感じじゃない。まさにPV。それが海馬コーポレーション提供っぽく、社長vs遊戯の準決勝で終わってるのがちょっとおもしろいです。
これの印象が強烈過ぎて、「FUN!」のとこは絶対マリク様思い出すもんなあ。
…いやこれ、ホントすごいなあ(←また見てる)。
BC編(前半)は最近詰めて見てるから、余計に感慨深い…。洗脳城之内とのデュエルよかったよなあ。…こないだイシズ戦でまた泣いたし。ああ、準決勝、まためちゃめちゃに泣くんだろうなあ…。
…ハッ!気がついたら3回見てた。
社長カッコイイ!


…社長のかっこよさは置いておくとしても。
「かっこいい映像」って、色んな形があるんだなあと、
同じ曲を用いた全く違う2つの動画を行ったり来たりしつつ、思ってます。
Comment

ぐるm@s…!?

2010-05-27 23:50:22 | ニコニコ動画紹介
『ぐるm@s!』 動画祭、開催!


…た、楽しそう……。


いやでも私、お話作ったりできないからなー…。
本当にお菓子作るだけしか……。
そして実写のくせに動画にもできないし!
だって手が震えてたりするのバレるのやだし!(ええー)(ていうか普通に録る機材がない)

6月後半かー…こないだ料理祭も出れなかったし……
ネタがあれば… いやネタがあったとして、それをどう出すか思いつけば…。

てか参加できなかったとしても、とても楽しみ!
どんな動画が出てくるんだろう!
Comment

先週のノミ虫野郎(デュラララ!!19話感想)

2010-05-26 23:33:06 | デュラララ!!
※この色はノミ…イザヤさんのセリフ。
※この色は紀田くんのセリフ。
※先に謝っておきます。イザヤさんが好きな人すみません。



今回のナレーション担当は、セルティの天敵・交機の葛原さん役の藤原啓治さんでしたが、本編の出番はないため(そして葛原さんの立場でしゃべっているわけでもないので)クレジット表記は「ナレーター」でした。2話の沢城さんと同じですね。


部屋にいる杏里ちゃん。一人、思いつめている。
「(何とかしなければ…。
身の内に一振りの妖刀を宿す少女は思う。
何とかしなければ。
額縁を通して世界を見てきた少女は思う。
…しかし。)」

画面が切り替わる。自室のベッドに横になり、天井を見上げている紀田くん。
「(額縁を超えて彼女の世界を訪れてくれた少年は、すでに捕えられていた。
自らの過去という、重い頸木(くびき)に。」

テーブルの上のケータイが鳴り、その音から顔を背けるようにして体の方向を変える…。
…そしてカメラが切り替わって、映したその表情。
…何ともいえない顔をしている。真剣なようであり、無気力なようでもあり、…とにかくいつもの紀田くんからは想像もつかないような顔をしている。
「(…彼はもう、逃れられない。)」
過去に捕えられていることはわかっているのだろう、だけどその本当の重さは、自分ではわかっていないのかもしれない。自分が今、どんな顔をしているのかも、きっとわかっていない…。



辛い。
…正直、本当に見るのが辛いです。
どれくらい辛いかというと、もう一息でこのアニメを見るのをやめようと思うくらい。
でもこのまま見るのやめたら、ずっと寝覚めが悪くなりそう…だから最後まで見る…。
…人が作った物語を見ている以上、展開が自分の思うとおりにいかないからって怒ったりはしないけど…、けど、せめて、最後には「見てよかった」と思わせてくれよデュラララ…!頼むよ、ホント……!
何かシンクロしているかのようなアニマックスの再放送は今週があの6話。見終わったときに心から「ああおもしろかった!!」と思えた回。いや今でも展開自体はおもしろいはずなんですけどね…、紀田くんの心情を思うと泣けて泣けて仕方ないです。5話見返して泣き、17話と18話見返して泣き、また19話に戻ってきて泣いてる。…辛い。本当に辛い。辛すぎて感想もうまく書き出せない。…あと6回で本編は終わる。一度、もう早く終わってくれと思ってしまってそんな自分に愕然とした。
…でもよく思い返してみると、私は…そんな風に泣いたり身を切られるような思いをしたアニメの方が後々「すごく良かった」って思えてる…気がする。「プラネテス」も「フルーツバスケット」も「プリンセスチュチュ」も「ファンタジックチルドレン」も泣きながら見てた。…忘れちゃいけない、「遊戯王」もそうだ。でもそれらは全部、最後はそれなりに納得できる終わり方をしてくれているから「大好き」って言えるんだ。…辛いから、泣けるから好きなんじゃ絶対に絶対に、ない。
…このアニメが、自分にとって「ただのトラウマ」で終わりませんように。


今回は主に、前回ラストで杏里ちゃんが何故あの場にいたか、そしてどうなったか、ということがわかる回。
そして、イザヤさんが裏で暗躍するのはそりゃあウザイけど、こっちから見えるように暗躍されてもそれはそれでめちゃめちゃウザイ、ってことを実感する回です(……)。


・三人でいる時の紀田くんはやはりいい…(←泣きながら)。お花も似合うわぁ…。
・紀田くんの変化に敏感な杏里ちゃん。…入院した日の回想を見て、今更気づいたんだけど、…紀田くんはもしやこの件に折原臨也が関わっているって知らない…のか…!?いやもうそれはそれでいいような気もするし…知った時にどうなるかがむしろ恐ろしいんだけど…。
大体、「杏里ちゃんを傷つけた斬り裂き魔を倒す」って、杏里ちゃんが斬り裂き魔だと全然想像もしてない考えだし(まあそれはしゃーないけど…てか別に「斬り裂き魔」じゃないのか、罪歌の持ち主なだけで。杏里ちゃんごめん)、…でもあの一連の事件の犯人は杏里ちゃんではなく、春奈さんで…でも今はもう春奈さんは「斬り裂き魔」じゃない(そもそも目は覚めたのか?全然出てこないけど新羅はどうしてるの??)し…誰かを倒すなら、もうマジであの黒幕しかいないんだけど…。でも黒幕の名前を知ってるのは今のところ杏里ちゃんだけで…。
17話ラストの紀田くんの叫びはものすごく憎しみに満ち溢れていたから、過去の因縁もある折原臨也に向けられていると信じて疑わなかったんだけれど、…違うのか。でもそれはそれで…、今の紀田くんにとって(過去の事を全く加えないとしても)、杏里ちゃんがどれだけ大事な存在なのかがわかる。紀田くんが黄巾賊という場所に戻ったのは、…彼の言う「この街の闇」と戦うためだったのだろう。この街の闇に、帝人には近づいて欲しくないと言っていた紀田くん(←5話)、もちろん杏里ちゃんにも近づいて欲しくないだろう。近づいて戦えるのは…その力があるのは自分だけだと信じて、自分の意思で戻ってきた。
斬り裂き魔の正体はわからない、けどそれは必ず「この街の闇」と繋がっている。その確信があるから戻ってきた紀田くん。
…それが折原臨也ともどこかで繋がっているという確信も…あるのかもしれない。しずちゃんと同じ。「この街で起こる物騒な事件は必ず奴が裏で糸を引いている」って。

・その回想のシーンの、紀田くんの呆然とした表情、「杏里…、それ、どうして…。」というセリフ、「斬り裂き魔」という言葉を聞いた時の絶句ぶり…、杏里ちゃんから顔を背けて、行き場のない怒りをこらえようとする表情…どれもすばらしい。泣けます…。ていうかまだ始まって数分なのに泣きすぎて苦しいです助けて…。

・で、あの場所に戻ったきっかけはもちろん、この時に杏里ちゃんが巻き込まれたって偶然知ったからなんだろうけど…。よく考えなくても、紀田くんが決意して沙樹ちゃんに会いに行ったのはその前である(沙樹ちゃんのお見舞いに来て、杏里ちゃんの入院に気づいたんだろうし)。…それはどういう決意だったんだろう。前回言っていた通り「別れよう」と言うって決めた、ってことだったんだろうか。そして沙樹ちゃんは、紀田くんが黄巾賊に戻ったことを知っているんだろうか…。いや、紀田くんが言うわけないか…。


・甘楽が「黄巾賊は姿が見える分ダラーズより目立ってる」と発言するのは二回目です。はっきり覚えてなくて探すのがやや大変だったけど、13話でした。黄巾賊が増えたねって言われるたびに「ダラーズより」とかイチイチ名前出す甘楽マジウゼえ!!
・今回一番の衝撃が「罪歌さん」があのチャットに普通に参加したこと、でした……!最初は「ええええええええええ!?」ってなった。マジで。まあ見てるとわかるけど、セットンさんが招待したんですね。多分…その、「ボランティア活動」をする気があるなら、ここでのチャットにこの街の異変やら噂やらに詳しい奴がいるから見てみるといいよって誘ってあげたんですね…。「罪歌」って名前で過去に荒らしてた奴がいるからそれを利用することにして。田中太郎と甘楽にはセットンさんが事前に事情を説明してて今回が初参加で…あ、セルティのそれがまたヘタな嘘だったらかわいいな…。きっと甘楽はニッヤニヤしながら読んでたでしょうけど。うざっ!「それじゃ、しょうがないですよー」の言い方、うざっ!!
・で、そうなると田中太郎は杏里ちゃんだって気づいてないってことになるんですが、…なんか表情とか見てると気づいているかのような、ですよね…。でもそれはありえない。単に、「罪歌さん」がめちゃ控えめだから気持ちがわかるのかな。いい奴だな、帝人…。

・くそう…甘楽…!つーかウザヤ!!ずっと口の端上げながら文字入力してるのがムカついてムカついてたまらない…!!
・セットンさんの内緒モードでの発言、自首しても関係ないとか的確だなあ…と感心してたら、後半が超個人的な意見に(笑)。杏里ちゃんと交機が関わることなんて絶対ないよね!?
・甘楽アイツ、人の内緒モードも読んでるんじゃねーか!?…いや読んでなくてもわかるんでしょうね。くそう、悔しいなあ…!
・ううあああ、紀田くん…!…何気にくまのストラップかわいいな(←台無し)。


・えーっと時系列がわかんなくなってきた…。
杏里ちゃんが入院した日に紀田くんはその事実を知り、黄巾賊へ戻った。
退院した日、帝人と共に病院に来るが、メールで連絡が入り一人で先に帰ってしまう。二人は知らないけど、ダッシュで向かった先はパトカーもいっぱい来ていた…。先ほどのチャットも普通に考えればこの晩?
そして「一夫多妻だからな!」の時、杏里ちゃんは帝人に対して紀田くんの様子がおかしいことを口にする。その後杏里ちゃんは一人、「罪歌の子供達」を使って真実を知ろうと動き出す。で、アジトに乗り込む、つまり前回ラストもこの日。…この後の狩沢さんのセリフでわかるけど、街で黄巾賊による恐喝事件があったのは「ゆうべ」だった。……めちゃ忙しいな、杏里ちゃん。退院してすぐそんなに走って大丈夫か!?
・…てか、黄巾賊メンバー、どうしてそいつらが「ダラーズ」だってわかったんだよ…。動きでわかるんだろうか。紀田くんがD組の彼を、体育の授業を見ただけでメンバーだと当てたように…。そういや彼、久々出ましたね!名前が思い出せないけど!(ひでえ)
・あれっ…。ドタチン達4人組の前をゆっくり横切っている紀田くんは…何をしてらっしゃるのかしら…。走って…帰ってたんじゃ…あれ?
「うちのボスは紀田正臣です。」が唐突でちょっと笑ってしまった…。あなたは5話で紀田くんに絡んでた人ですね?「将軍」を初めて目にしたときの感想をお伺いしたいものですよ。それはともかく…罪歌の子供達って、元の人格には影響受けないのかな。でも、元の人格の記憶は持ってて、逆に操られてる時の記憶は残らなくて…スゲー便利だなオイ!

・杏里ちゃんが隠れてるシーン、ハラハラする…のに…罪歌うるせえ!!これを四六時中聞いてて平気とか、マジすごいな…。
「(誰も…傷つけたくない…!)」のとこ、泣いてしまった。「(自分が化け物だと、少年に知られてしまう。少女はその恐怖におののく。)」のナレーションと合わせて…泣ける…。そうだよね、罪歌を宿してはいても、人を傷つけるのを杏里ちゃんが望んでいるわけじゃない。「斬り裂き魔」とごっちゃに呼んでしまっていた自分に反省…。
・紀田くんだけが来たら助かるんじゃ…と一瞬思ったが、どうしたって周りの全員を納得させるのは難しいだろうし、セルティの登場はナイスタイミングと言わざるを得ない!でも杏里ちゃんのケータイが鳴った瞬間は血の気が引いたわ!!マナーモードにしておこうぜ!!
・セルティを…呼んでたのか…?いつ?あ、隠れてる間かな。
・ヘルメットが耳付き!女の子だからおそろいなんですね、わかります。しずちゃんの時はなかったもんなー。

・紀田くんが帝人達と一緒にいるところ、を、セルティがいつ見てたのか謎ですが、…まあ普通に街を走ってる時に見かけてたのかもね。
・馬になった!馬に!!あるぇ!?バイクって確か影じゃ…なかったんじゃ!?影なの!?
・紀田くんの呆然とした表情を見て、バレたかと思っちゃったよ…。杏里ちゃんだって。バレてないみたいで一安心。
・でも、事態は最悪の方向に……。斬り裂き魔はダラーズ、という憶測は黄巾賊の多数のメンバーの中で今、確信へと変わってしまった。それはもう、リーダーである紀田くんにも止められない…。


死神とも言われるデュラハンを目の前で見た。
誰かが死ぬのかもしれないと…紀田くんは、自分の周りの大事な人間を思い出す。
「蒼天已死」。三国志の中で黄巾賊が立ち上がったときの旗印。
空を見上げる紀田くん。
「確かに蒼くない…。ま、黄色くもないけどな。」
自嘲気味に一人つぶやく。雨に濡れながら。

…どうして、紀田くんはこんな所で、一人で立っているんだろう。
ここには紀田くんの心を安らげることができる者は誰もいない。一人だ。たった一人だ。
雨に濡れて、たった一人で、どうして。どうして……。
誰か、誰か……助けてあげて……!!

彼が「会いたい」と思った病院の少女は、
彼を助ける事ができるのだろうか?
「正臣は過去から逃げられないよ。今悩んでいるのだって、過去に絡んだ事なんでしょう?…逃げられないんなら、戦って倒しちゃえばいいじゃん。」
その言葉は彼を救わない。どうしてそんなことを言うんだろう?
「沙樹と戦うなんて…できるわけねーって。」
そのセリフを聞きたいがための言葉なんだろうか。
…でも、仕方がないのかもしれない。
彼女はもう、彼を助けるほどの余裕はないのかもしれない。
彼女こそ、…助けが必要なのかもしれない。

彼の友人である少年は、いつこの事実に気づくのだろうか?
確実に近づいては、いる。
知った時、どうするのだろう?

彼が会いにいった男は、…今度はどんな言葉を、彼に渡すのだろうか?

誰が…
誰が救えるんだろう、彼を。
一人で戦って、一人で耐えて、一人で苦しむしかないんだろうか?
…そんなことないよね?
彼に大事な人がいるように、彼を大事に思う人もいる。
きっと助けてくれるよね?
紀田くん、ねえ、…大丈夫だよね?







・二回目の甘楽と田中太郎の内緒モード会話内のナレーションがすごい。
「(ダラーズを率いる少年は、黄巾賊とブルースクエアの忌まわしい抗争を知る。
その生贄となった少女が、親友のかつての恋人だとも知らぬまま。
そして語って聞かせるその男が、少女の心を支配し、親友に対して癒えぬ傷を刻印したとも知らぬまま。)」

知った時にどうするのか、ハラハラさせてくれますね。あと最後の一行でノミ虫野郎がどんだけえげつない事してるか実感できて死ぬほどムカムカさせてくれます!!
結局アイツは何が目的なんじゃ!今の動きはともかく、セルティの首を手に入れる前から、紀田くんをあんな風にした理由は何!?沙樹ちゃんを洗脳した理由は!?どんだけ年季入った計画なのこれ!それとも楽しいからやってるだけで、結構行き当たりばったりなのか!?どうであってももムカつくけどね!!
デュラララ!!って、物語として、最終的にどうなればいいんだろう…。黒幕を殺してハッピーエンドってのはないだろうから…他の街に追いやればいいのか?でも池袋の代わりに移動先が魔都になるだけのような気も…。奴を改心させるとか?うわっ、ありえねー!!

・帝人がこれからどう動くのかってことだよなあ…。これは次回以降を待つしかないけど。
・ブルースクエアが最後?に「ケンカを売っちゃいけない人にケンカを売った」って、それって誰のことなんだろう。てかウザヤじゃ…って感じ。甘楽さん珍しくタイプミスしてるし。
・だから来良学園の制服どないなってんじゃ!私服もOKになったんですか!?風紀委員が頑張りすぎたのか!?
・沙樹ちゃんの表情が怖いです。…てか、骨折で一年も入院ってあるの…?それだけ複雑な骨折なのか?…いやむしろ、骨折どころじゃなくて、もう歩けない…とか…?
・最後の紀田くんの真剣な表情……!ううっ……。



【今回のサムネ】
「彼はもう、逃れられない」のとこの紀田くんの顔。
もう…ほんとね、頼むよ…?最後には、笑ってくれよ…?
Comments (2)

亜美真美誕生日おめでとう!

2010-05-22 23:53:05 | ニコニコ動画紹介
わーいっぱい上がってるなーってみれてぅ見てたら
まず曲のタイトルが目に入って
あれ、かぶっちゃった?申し訳ない…と思ったら
次の瞬間自分の名前が見えて
びっくりした
すごく
すごくびっくりしてキーボードに頭ぶつけそうになった!
あわわわ…あわわわ!!(落ち着け)

【亜美も真美も】in your voice【おたんじょうび】


綺麗で綺麗で泣きそうになった。
バンピートロットの曲はどれも素晴らしいけど、私はやっぱりダントツで「In Your Voice」が好きなのです。どれくらい好きかと言うと、素材集めに飽きた時とか…CD出して歌詞カードも出して歌おうとするんだけど、歌詞見て泣いちゃって歌えないくらい(……)。ナレーションを入れて編集してる時とか…「この曲いい曲だから聴いてもらいたいのに、何故わざわざ聞き苦しくしているんだ、うち。」と思っちゃうくらい(…………)。
動画内の字幕が、CDのままの訳詞じゃなく、まるで本当に真美が言ってるようにアレンジされてて…それで、表情もすごく合ってて……。
「我慢しなくていいんだよ」のところでふっと表情がかわって、うなづくとことか…魂持ってかれそうになります。すごいなあ…すごいなあ…!!
てか、こ…これを、こんなすごいのを、私のアレを見てから作った…!?は、早っ……!

感動したので、こないだタダでもらったポイントを使って、初めて宣伝しちゃいました!
…あれでよかったのかな。なんかおかしいとこなかったかな…。ていうか広告にタグがあるとか全然知らなかったよ…。


亜美、真美、お誕生日おめでとう!!
コニーの棒読みマジ最高!(えー)
Comments (2)

反省会会場

2010-05-21 23:22:01 | 自分の動画のこと
♪生き恥さらしっ 生き恥さらしっ 生き恥さらしっ よく笑っていられるものだわ~
……ハッ、荒川の5話OPに洗脳されてる場合じゃなかった。
昨日の記事は取り急ぎ書いたので、大事な事が抜けていた!
ので続き。

普通に二作目とかさらりと書いてしまいましたが、この動画は一応「アイマス紹介動画」なのです!なのでうちにご来場いただいている皆様!今日たまたま初めていらした皆様!お客様の中にアイマスを知らない方はいらっしゃいま…すよね!そんな方のために作りましたので是非一度ご覧下さい!3分弱で終わりますから!
…いや、「ために」って、一番はもちろん自分のためですが…(えー)。
自分が一番見たかったから作ったので。ええ当然ですね。
でも「アイマスを知らない人に春香さんのかわいさを伝えたい」っていうのも全然ウソじゃないので!ちょっと、いやだいぶナレーションが聞き苦しいので音量抑え目でどうぞ!(……)
In Your Voice~箱○を買って春香さんをプロデュースしよう

まあ、さすがにこれ「だけ」見て箱○買えとまでは…言えないですが…。
それくらい魅力的な動画を作れたらいいんですが(私はニコマスの素晴らしい作品をたくさん見て箱○買いました)…まあそれは無理なので。
でもなんだっけ、もうすぐモンハン?も出るらしいし…(弟がやってます。うちのIDで…)。ゲームやる人は普通に買う選択肢もあるんだから、箱○あるんなら絶対やってみて損ないかなーって!


そいで元ネタはこちらです。ニコニコのアカウント持ってない方にも見れるようにこちらも外部プレイヤーぺたり。
名作ゲーム「ポンコツ浪漫活劇 バンピートロット」3分PV

箱○を買うのは無理?…じゃあバントロをおすすめします!(もうどこの回し者だよ)
PS2ならあるお宅も多いんではないでしょうか!
ヒロインがかわいいですよ!セリフ棒読みだけど!


…これでよし!(これでよしじゃねーよ)




じゃあ後は反省会の続き。


どこに行こうとしているのかって…お前だよ!!
 的な?
デビュー作のために積みに積んできた妄想と自分設定はどこいったんじゃ!…と、自分でも思った。昨日くらいに(遅いわ)。
3年近くかかってやっと1歩踏み出したのに、2歩目がもう全然ちゃう方向いてるとか…ちょっと自分でもオモロイです(最悪…)。
いやでも、これもやりかたったので…そもそも色々やりたい事あるので!そういう意味では反省は全くしていない!これからもがんばります!設定を生かした作品もちゃんと作ります!

…とまあ、こういう感じで自分ではツッコミ放題なんですけど、…社長の痛チョコ動画の時も思ったけど、コメントでつっこまれないのは…自分のボケが全力でスベってるから(例えば痛チョコの替え歌)(あれボケなのか…)、という以前に、自分がつっこみにくい雰囲気を出してしまっているんのかなあ…とちょっと不安になったり…。あんまりキツくつっこまれると泣きそうってのが出てるとか…?全力でボケきれてないのかなあ…。ううむ、関西人やって25年、自分から笑わせようと努力した事があまりなくて、普通にやってるつもりなのに結果的に笑われる事の方が多かった報いが今ここに!?(何の反省してんだ)
…いや、痛チョコはともかく、今回のはネタじゃないから、あんまり笑われるのもあれだけど……ああそうか、その辺のバランスがややおかしいのかも。
いやその前にナレーションで戻られてる数の方が多い…のかな……。
よし次はしゃべらない!(……)
てか手描きでちょっとやってみたいことがあるんですよね!(また違う方向に踏み出したいらしい…)うーん、でも絵もまともに描いたことないのにそれを動かすとか…どんだけ時間かかるやら…!
Comment

2作目できました!(追記済み)

2010-05-20 02:47:02 | 自分の動画のこと
ひいひい、やっとできた~…。

In Your Voice~箱○を買って春香さんをプロデュースしよう


また追記しに来ます…がくり。



【追記】

とりあえず私はいい加減マイクを離せって感じです。
これで上げた動画は全部で13個。そのうち「歌ってみた動画」は1つしかないのに、その他に3つも自分の声を入れてるとかどんだけ自分が好きなのか……!
いや自分の声は昔からおかしいと思ってるんですが(えー)。
いやそうじゃなくて…なんだっけ。そうそう、バントロPVの何が感動的かって、後ろに流れる「In Your Voice」と、心が落ち着くナレーションだと思うんですよね!あれをそのまま使うわけには行かないし(アイマスは産業革命期ちゃうし)、だからといってゆっくりボイスにしたら台無しじゃないですか…(←やり方知らないけど)。
なので必死で文章を考えて、自分では真剣にしゃべって録りました…。録るのだけでも多分1時間以上かかって喉が痛くなりました…。
でも改めて聞くと、ぼそぼそで何言ってるかわかんないし噛んでるし(「欠かすここのできない」には自分でも笑ってしまう)……こう、優しい感じにナレーションするのってすごく難しいんだなあと…。声優さんってすごいなあと今更に……(本当に今更だ)。


えーと、じゃあナレーションはあんま聞かない感じで……(えー)
今回の目標は「とにかくアス比をちゃんとする」でした。
前回のデビュー作はどうしてあんななっちゃったのか真剣に考えてて…あの「PV系アイマスMAD入門」をまた読み返して、気づきました!そっか、素材をニコニコから借りなかったから、ここと違う事になっちゃったんだ!じゃあ今回はニコニコからだけ借りればいいじゃん!!
全然解決してねえ!!逃げただけやないか!!
…すみません。
いや、今回はコミュをたくさんお借りしなくちゃいけなかったからどっちにしろニコニコ中心になったとは思うんですが…次回はそうはいかないと思うので、次回がんばります!
てか、smilevideoでの最後の登録画面で…アス比聞かれて「ヒッ!?」って思わず悲鳴を上げちゃったんですが…あんなん、今までもあったっけ……?

素材集めが大変でしたが、集まったらそれを並べるだけだったので…ほとんどスライドショーと同じでしたね。それなのになかなか進まなくて、「こんなのに時間かけてちゃだめだろ…」ってすごく思いました。だって「箱○を買ってシリーズ」が流行ってる時は、皆さんすごい速さで作って上げていたわけだし…。
…ああそうだ、春香さんの声が入ってるコミュは3箇所あるんですが、音声は音声で切り離してしまっていたので、動画の動きと合わせるのが大変で泣きました…。編集ソフトは前よりご機嫌斜めでぜんっぜんプレビュー表示してくれないし。ピッタリは無理!ともう割り切ったけど……口も体も動きすぎだろう、アイマス…。


それにしてもめちゃくちゃかわいいな、春香!!
自分ではかなりお気に入りで、何回も見てしまいます。てか、見てて気づいたけど、頬染めのシーン多すぎだろう、私……。そんなに好きか!
Comment

プリン

2010-05-19 23:29:20 | パティシエごっこしましょ。
プリン修行中です。
…毎日卵と牛乳を買って帰ってるような気がしないでもない。

バナナプリン。

見た目じゃ全然わかりませんけどバナナプリンです。
見た目じゃ全然心の準備できませんけど思いっきりバナナです。
多分、バナナ嫌いな人は泣く(うちの弟とか)。
好きな人は大好きです(うちとか)。
でも濾すのが面倒だったなー。でもあれはちっちゃい濾し器でやったからやりにくかっただけで、最初から裏ごし器でやればそんなしんどくないかもしれない。次はそうしてみよう。

紅茶プリン。

どこが違うのって感じですが紅茶プリンです。
肉眼では結構色がついててわかりやすいんですが……。
これもおいしかった!
でも紅茶を煮出すのが面倒でした(文句ばっかりだな)。

あとは抹茶プリンをリベンジしてー……、そうそう、かぼちゃプリンもやってみたいんだった。いやその前にブリュレか!せっかくカソナードもバーナーもあるんだからやらなきゃ!

…私は作る時にはひたすら一種類を作り続けるので家族がちょっとかわいそうです。今回は色々なプリンだけど、シューの時とか毎回同じの作ってたし!いつも冷蔵庫入ってたし!
プリン終わったら次はゼリーかな…(反省ゼロ)。
Comment

うう…おのれ…

2010-05-18 23:57:27 | きょうのできごと
う、うちはデュラララ!!の感想書くためにブログやってんじゃないのに…!
いや早く書けとか言われたわけじゃ全然ないんですが。
最近、ブログ書けないのがしんどくてしんどくて…。
前もちょっと書きましたが、今また二つ目の動画作ってまして、
…多分これ、こんなのってあんま時間かけるもんじゃないんだろうなあと思いながらも(見ればきっとわかります…普通こんなのジェバンニレベルな気がするわぁ…)なかなか進まなくて…でも早く仕上げたいって焦って…。
で、デュラララ!!の感想は書かなきゃ!(数少ない集客手段が!)(何のブログか完全に忘れてますよね…)とか思ってまたそれにも時間かかってたら、それしかアップできないとか…!おのれ…!イザヤアアア!!(八つ当たり)

まあ今日は書きかけだったの記事も無理矢理書き上げれたからまだいいか…。ふう。
やっと休みだから、動画仕上げてしまいたいけど…無理かなあ~…。


お菓子も作ってます。最近はプリンを色々作ってるんですが…
てか、プリンなんて何気にやったって今まで失敗したことなんてなかったのに、…やたら惨敗なのはなんで!?一回、ハッと気づいてオーブンあけたら表面が膨らんでたし。すが入ってるってレベルじゃねーぞ!(最低だ…)
ようやくカラメルが家でもまともに作れるようになってきたと思ったらこの仕打ち…。おのれ…。
Comment

先週のノミ虫野郎(デュラララ!!18話感想)

2010-05-17 14:42:59 | デュラララ!!
※この色はノミ…イザヤさんのセリフ。
※この色は紀田くんのセリフ。
※先に謝っておきます。イザヤさんが好きな人すみません。


18話。一週間ハラハラしっぱなしで…いざ始まる時には思わず正座で画面に向かってました。弟も一緒に見てるのにも関わらず。
号泣には至らなかったけど…どんどん…頭の位置が下がっていって…最終的に orz そのものの姿勢に。
リアルに頭抱えるわ!!もうなんだこれ。なんで…なんで紀田くんがこんな悲惨な目に遭ってるの…。しかも救いが1ミリも見当たらないよ!?
そして真ッ剣にウザい折原臨也。
…こんなに、こんなにマジで「…死ね!!」ってキャラに思うのって…「フランダースの犬」のコゼツだんなとハンスに対して以来なんだけど!?(←その例えわかりにくいです。普通の人はフランダースの犬はラストシーンしか知らんっちゅーの)

弟とも「しずちゃんには是非がんばってもらいたい(=あいつ殺してくれマジで)」という意見で一致したところで…もう今回からこの感想文のタイトルも変えちゃおうと思った。誰があんな奴の名前を冠した感想をわざわざ書くか!って。…マジで書き始めるまでは「今週の紀田くん」にするつもりでした。でも…あまりにも展開が辛くて、紀田くんをメインの扱いでじっくり感想書いてたら私が死にそうなので…、そして、何よりも、また、……今は本当に本当に死ぬほど憎たらしい彼のセリフに、一部ドキリとするようなところがあって(トキメキとかそういう意味では絶対なく)、それは残しておかなきゃと思ったので…。タイトルを憎しみを込めたものに変更するに止めまして、…今回も始めます。
ムダに出番が多いので余計ムカつく。回想でも暗躍しまくりで現在では狂ったように一人で遊んで笑ってるしもう嫌だコイツ!!どっから書きゃいいねん!(それは逆ギレだ)


…とにかく最初にその、グサッと来たセリフだけ書き起こしてみましょうか。
「意識不明か。目を覚ますといいね。…それとも、君にとっては永遠に目を覚ましてくれない方がいいのかな?」
「君は怖いんだろう?彼女が目を覚ましたら、永遠に責められ続けるんじゃないか、って。…だけど、仮にこのまま死んだとしたらどうだろう?それこそ、一生償えない罪悪感にまみれて生きる事になる…?つまり、彼女が生きようが死のうが、君の罪悪感には、何の意味もないよねえ…。」
「俺はねえ、神様って信じてないんだよ…存在が確定してないからね。未来でさえ確定していない世の中で、過去は確かに存在している。たとえそれが、誤解や妄想に彩られた事だとしても、本人がそれを信じるなら、過去は確かに真実に他ならない。…それに基づいて行動を、あるいは生き様を決めるというのなら、それは確かに、神の一種なんじゃないのかなあ?」
「君はもう彼女から逃げられないよ。彼女への罪悪感は過去となり、彼女は君にとっての神になる。…ま、いいんじゃないの?彼女の事…好きなんだからさ。」

数度、何が言いたいのかわからない、と返す紀田くんに対して、嫌らしく説明してあげてるイザヤさん。繰り返すのは「逃げられない」という言葉。過去から、彼女から、もう逃げられない。そこには彼女の思いも、生死すら関係なく……紀田くん本人の意思から生まれるものなのだ、と。
…まるで悪魔の予言だ。
一年前、彼女が…「三ヶ島沙樹」ちゃんが入院する事件が起こった日に、生ける悪魔の吐いた予言は……悲しいほどその通りの未来を導く…。





・冒頭、初めて紀田くんと沙樹ちゃんがまともに会話するのを聞けるんですけど…いきなり頭抱えてしまったよ…。
「正臣は戻ってくるよ。…だってそれは決まってることだもん。だからいくら他の女の子を好きになっても平気。最後の最後に正臣は、その子達より私の方を強く愛してくれるんだから。」
えええええええええええええええええ……!
おいおい、またか、またなのか!?デュラララ!!で女性キャラで歪んでない愛の持ち主はいないのか!?(今のとこセルティだけ…?杏里ちゃんはそれ以前の問題っぽいし)
そして続けてこのセリフで床に頭をぶつけそうになりました。
「だって、イザヤさんがそう言ってたもん。」
さ、最悪だ……。
普通に悲劇のヒロインかと思ってたのに…紀田くんの最後の救いの女神だと思ってたのに…!おのれイザヤァァァア!!


・シーン変わってイザヤさんの事務所。またあのゲームで一人遊びつつ、パソコンに向かい黙々と仕事?してる波江さんに楽しげに話しかけるイザヤさん。
「こうやって見てるとさーぁ?自分が神様だって錯覚に陥って、なかなか気持ちいいもんだよ!」
バカジャネーノ!
思いっきり手を振り上げて駒を指してます!ウザッ!無視で正解だ、波江さん!
…すみません、「神様アターック!」から「見ろォ!駒がゴミのようだ!」あたりのアクションはムカつきすぎて描写したくありません。くそ…なんなのコイツ!火災報知機に感知されて、スプリンクラーとか動き出してずぶ濡れになってまえばいいのに!!(抑えきれずあふれる憎しみ…)
「まぁ、どうでもいいわ…。」の顔と動作も死ぬほどムカつく。どうでもいいならやるな!ムダにトランプ燃やすなモッタイネエ!あと、ジョーカーなんてお前以外の適役がこの世界にいるわけねーだろ!!オールマイティとか腹立つからジジ抜きの時みたくゲームから除外されちゃえばいいのに!!(ボロクソですね…)
・でも首には優しく優しく話しかける。
「楽しくなってきたよねー…。君もそう思うだろう?」
この句点のあたりに入ってる↑「フッ」って笑いが色っぽくて死にそうになる。こんなにムカつく奴なのに…悔しいっ! 


・今回のサブタイトルが入って、一年前の回想スタート。今現在も沙樹ちゃんが入院している病院……に、恐らく、運び込まれた直後。両足のギプスが痛々しい。傍らには、…黄色いスカーフを首に巻いた紀田くん。そこに、悪魔がやってきて、…上に書いた予言を残していくわけなんですが…、もうここは…全体的に「ウザい」を超えて「恐ろしい」です。すごく…2話を思い出す。アクションは確かにウザい、言い方もウザい。でも言ってる事は、…どこか正しい。きっと当人達(今回の紀田くん、2話のマゼンダさん、12話の誠二…と帝人も、かな)にとっては、「わかっていたとしても聞きたくない」事実…。それをワザワザ直面させに来るコイツに目的を聞いたら、…やっぱり「人間が好きだから」と答えるのだろうか?事実を…現実を突きつけた時に人間がどんな反応をし、どんな行動を取るのかを見るためだけに…。
…やっぱり…しずちゃん…お願い。コイツに隕石落としてよ…。自販機やポストじゃ生ぬるいわ…。
ていうか何よりここはねえ…、最初の「死ななかったんだって?」ってセリフが恐ろしくてしゃーない!!そっと言ってるのが余計に怖いしなんつうセリフだよもうほんまに…!

・殴りかかる紀田くん…をかわす瞬間の顔ウゼエ!見下してる表情ウゼエ!!
「正解。今のは俺に怒りを向けて当然だ。明らかに悪意を持って君をからかったわけだから。」
ううっ…くそ…コイツ…!(悔しさでうちの目から溢れる涙)(←憎しみすぎだ…)


・いつもの三人でいるときの紀田くんは、…無理してるとしてもやっぱり楽しそうで、…この場所が紀田くんの居場所なんだと痛感する。戻れるよね…?戻れる、よね…!?信じてるよ!信じてるからね!帝人!杏里ちゃん!!…紀田くんも!!
アニマックスの再放送は今週5話でした。空気読みすぎだろ…。

・しかし一年前の紀田くんの居場所とは、まちがいなく「黄巾賊」だった。…今回、結局作ったきっかけはわからず。ケンカケンカの毎日、…だけど周りは「仲間」で、その居場所を失うのは怖かったと言ってる…。どうして、どうしてそうなってしまったんだろう…。「(自分を肯定してくれる誰かが欲しかった。)」ってそれはわかるけど、それだけでこんな大きな集団になったりするだろうか…。周りが勝手に増えてったとか…?
・沙樹ちゃんと紀田くんの出会い。…エスパー伊東はこの世界にもいるらしい(言う事はそれだけか)。
「(会いたくない奴に初めて会ったのも、その時だった。)」 12話でセルティにも「会いたくない人間」ってモノローグで言われてました。街の皆が会いたくない、それが情報屋の折原臨也…。まあそりゃ会いたくないわな(←ひでえ)。
・後見人…。思わず辞書で意味を調べてしまった。5話で二人が知り合いだとわかった後も、普通に紀田くんと沙樹ちゃんの出会いの方が先なんだと信じて疑わなかったけど…まさかの後見人。…後見人どころか、狂信者!!そりゃああかんわ…あんなのの信者ならそら冒頭、まともなセリフ吐かないわ…(←すげーひでえ)。
なんでこんな狂信者になってしまったのか、すごい気になる。しかし怖すぎて知りたくない気もちょっとする…。

・紀田くんからイザヤさんに死ねと言われたら死ぬのかと聞かれて、「多分…ね。」と答えた沙樹ちゃん。その瞬間私は思った。「お前は綾波か。」と…(えー)(ジャストチルドレン世代ですよーイエーイ!)。
しかし紀田くんはそんな無粋なツッコミはしない(←当たり前)。
「(かわいそうな子なんだなと思った。彼女を、イザヤという男の呪縛から、解放してあげたいと思った。)」
…いい子だなああ紀田くんん(涙)。
「お前はさあ、何で俺なんかと一緒にいんのよ?」
「んー…、好きだからだよ。」
ここの言い方かわいい!冒頭の印象が強烈すぎて「お前もか、お前もヤンデレなのか!」って身構えて見てたけど(おい)ここの答え方って本当に中学生っぽい!普通にかわいい。
「イザヤさんは人の恋愛には口出さないもの。」 出してるじゃん!「"最初だけ"好きになれって言った」みたいに言ったじゃん!!…だまされてる!この子あの悪魔にだまされてるよおおおお!
「…何で今でも、俺の事好きなんだよ。」
「かっこいいから!んー…いや、かわいいからかな?…正臣は?私の事好き?」
かっかわえええええ!かわいすぎるぞ中学生カップル!!
しかも、狂信的な態度を自分で「欠点」って……(直す気はないそうですが)。
あの…やっぱ普通の子なのか…?あの悪魔が洗脳してこうなってしまったのか…?
おい…そうだったらマジで…どうしてくれよう……。


・黄巾賊とブルースクエアの抗争が激化して、仲間がたくさんやられた。黄巾賊を解散する事は、居場所がなくなる事……それを恐れた紀田くんは…悪魔に頼ってしまった。
奴の情報のおかげで、形勢逆転。
しかし、……ひどくやられた事を恨みに思ったブルースクエアのメンバーは、仕返しに沙樹ちゃんを攫って、…紀田くんをその場におびき寄せるために……う…ううっ…。
あの、電話……。あの、音……。あの、悲鳴……。
トラウマになりそう…。
でも、紀田くんの受けたショックは…見てるだけのうちとは比べ物にならないだろう…。

「(…後悔していた。甘えていたんだ。何だかんだ言っても、自分達は中学生だと。子供のケンカの延長だと。…そうじゃなかった。これは戦争だ。しかも…それを起こしたのは自分なんだ…!)」
最初に見た時から、さっきの音と、悲鳴と、…このモノローグが頭に焼き付いて離れない。
勝てるから、もっと勝ちたいと願って、それが相手の闘志に火をつけることになった。こちらが傷つけられたから悪魔に頼ったように…相手は傷つけられたことでなりふり構わない作戦に出た。
「後悔」…。
こうなることがわかっていたならやらなかった。当たり前だ。…わかっていたのは、きっと一人だけ。わかっていて、両軍をこの未来へ導いた「本物の悪魔」だけ…。

・うううああ…いやあああ……もう、いやあああああ……!!
死ねええええノミ虫いいいいいいいいいい!!!!!!
紀田くんからの着信で震えるケータイを、ポンとソファーの上に投げ出すところ、本気で殺意が沸きました…。おんどらあああああああああ!!(口調がどんどん最低に…)

・いやあ…足が……沙樹ちゃんの足が…。「何箇所か折った」って…正気で、よく、そんなことができるな……!あざになって、変形してる(ううっ…)のがわかるのは左足だけなんだけど、…冒頭では両足にギプスだった。これ、両方折られてる…のか…?

・足がすくんでしまう紀田くんは…もう…とても見ていられない…!
「なんで…なんでこんなに怖いんだよ…!沙樹のためなら、なんでもしてやろうと思ってたのにッ…!!」
「(俺は非力な、ただの中学生だった。)」

紀田く……紀田くん……!!いやああ…もういやああ……!

・ゆまっちがかっこよすぎで泣いた。
…てか前回の次回予告で開眼しているのを見て超ビビッてました。まさかゆまっちまで実は黄巾賊とか実はまた別の組織の黒幕とか…とかホント、真剣に怖がってた!のに…いつもどおり過ぎて泣けた。いやあ…かっこええわ……。
てか、いつか渡草さんが言ってた「車の中でガソリン」ってこれのことだったのかしら…。6話だっけ?

・ドタチンもかっこよすぎで泣いた。
てか、仕方がないとはいえ…今回の主役の紀田くんがヘタレてしまった時に連続でかっこいい人出すとかずるいじゃないか…。紀田くんがかわいそうです…。いやこれはもうちょい後にもっかいあるんか。じゃあそれはその時に。
…驚きの新事実。あの4人組はなんと、元々はブルースクエアの所属だったのね…。てか、ダラーズはまだ、わかる…んだけど…(「基本、何もしない」だし)、ケンカがメインな集団に何故入っていたのかすっごく謎だ。特にドタチン。カラーギャングってどっかに絶対入らなきゃいけないってものじゃないんでしょ?ううむ…。
・なんか見たことあるよなと思ったら、ホラダ(漢字調べるの面倒)(←ひでえ)ってあいつじゃん!現在黄巾賊の!何してんだよ!?ブルースクエアでも幹部クラスとかだったってこと…?なんで敵だった黄巾賊に?まさか、内部から仕返したくらんでるとか…?

・ドタチンかっこよすぎ。マジで泣くわ。
紀田くんの叫びももっともだ。…でも、きっとドタチンの返した言葉の方が正しい。
…あのね、ここは…無理。書けない。ここの紀田くんのセリフ、書いたら読むたびに大泣きしなきゃいけなくなりそうだから。ううっ……。
紀田くん…。非力な中学生である紀田くん。まだ子供の紀田くん。
紀田くんに比べるとずいぶん大人なドタチンはとても冷静ではあるが、叫ぶ紀田くんに対しては本当に怒ったように…真剣に言葉を返す。
「過去から逃げるのは許してやる。だけどな、せめて今と明日からは逃げんじゃねーよ!!」



過去からは決して逃げられないと言った折原臨也。
過去からは逃げていいが、その代わり今と明日からは逃げるなと言った門田京平。

二人の人物から、全く逆とも言える言葉を聞いた紀田正臣は。
…結局、事件から一年経つまでは彼女に会いに行く事すらできなかった。

今、折原臨也の言葉が正しい事を知る。
過去からは逃げられない。自らの罪悪感が自分自身を縛りつけ、離さない。
しかし門田京平の言葉もきっと、忘れてはいない。
「今」はもう、…逃げない。そのために戻ってきた。

「(だから俺はここにいる。杏里を…仲間を傷つけた斬り裂き魔を倒す。切り裂き魔がダラーズならダラーズも倒す。俺はもう立ちすくまない…。今度こそ、きっと、必ず…!)」

壇上の、ソファーのところで一人決意している紀田くん。
その時、…倉庫が、騒然となる。
…どうやら、中を覗いていた女がいるようだ。
穏便に捕まえるように言い、自分も逆側から回り込もうと走る紀田くん。


「(そこに迷いはないはずなのに。
だから戻ってきたのに。それだけなのに。
なのに…どうして。
どうしてこんなに、俺の中に不安が響いているんだ…。)」




追っ手から逃げる「女」。
…杏里ちゃん!?見た目よりずっと行動的なんですねアナタ!!

「どうして……どうして……どうして……!
紀田くんが……!!」


ギャーーーーーッ!!!最悪だーーーーー!!
思いっきり見られちゃってるし!!あああああああもおおおおおおお!!!!
つーか、杏里ちゃん逃げないで!今、今この場で話し合ってくれ!!落ち着いて!二人で!!
一方が誤解したまま学校で会うとかやめてくれよ!?マジで…!!
…学校は、仲良し三人組は、紀田くんの本当の、最後の居場所なんだよ…!消さないで…なくさないで…お願い…!それもなくしてしまったら、紀田くんはどうなってしまうの…!

もう…なんでなの…!?どうして…どうして紀田くんに、救いの道が見えないの…!?





【今回のサムネ】
迷ったけど…一年前の回想の、紀田くんがイザヤさんに殴りかかるシーン。
紀田くんの、そして私の怒りを見よ!!って気分で。
くそ…よけられてるから尚更ムカつくわ…!!(逆効果ですね)
Comment

最近のアニメ

2010-05-16 20:38:16 | きょうのできごと
現在視聴中のアニメ
「デュラララ!!」(本放送&アニマックスでの1クール再放送)
「遊戯王」(アニマックス再放送乃亜編&BC編再々放送)
「荒川アンダーザブリッジ」
「薄桜鬼」

デュラララ!!は…あんだけ書いてるからいいか。
…遊戯王のバトルシティ編は平日毎日あるので、社長が出てるシーンの抽出作業がちょっと大変です。楽しいからいいんだけど。膝蹴りかっこよかったなあ…(えー)。
荒川、テンポが落ちることなく進んでますね~。とても好きです。マリアさんの歌に思わず絶句しましたが!あと、リクが嫌な感じでしゃべってると(←星と言い合いしてる時とか)ウザヤに見えてきてスゲー殴りたくなって困ります!

薄桜鬼は、…ようやくキャラの見分けがついてきました。いきなり超失礼ですが…1話とか本当に、カメラが切り替わるたびに「誰!?」みたいな。顔やデザインが違うのはわかるのに本当に区別がつかずめちゃ混乱してました。てか、名前のせいもあると思う…。新撰組のお話なので美青年達は皆「知ってる名前」なんですが、あんまり正確には覚えていないところに…昔熱心に読んでたるろ剣とか、前半チラ見してた銀魂とかでの登場キャラのイメージがごっちゃになってよけいに混乱…(斎藤と言えば牙突の人で、土方と言えばマヨの人?みたいな)。例えば「オリハライザヤ」とか、最初にぱっと覚えられない名前の方が結果的に印象に残るじゃないですか(スリジャヤワルダナプラコッテみたいに)(懐かしい)。そういうのが全くないのも辛いんだなあと気づきました。
で、私的にメインである津田健次郎さん演じる「風間千景」様ですが…
風間千景ですが…(大事な事なので二回言いました)
むちゃくちゃかっこええです…。
どんな役なのか全然知らずに見てたんで、ようやく出てきた時にはびっくり。超怖いし…もしかしなくてもラスボス、または最大のライバルなのか?とりあえずオイシイ役です。
てか、声が!声がね…!
デュラララ!!見てても時々イザヤさんの丁寧な言葉遣いにキュンとしてしまうことってあるんですけど…もう、その比じゃない。心臓を射抜かれるような衝撃ですよ!さすが津田さん…!(神谷さんがすごくないとかそういう意味じゃなく)
声質としては社長に近いんだけど、セリフの質が全然違うから破壊力抜群。千景様はためらいなく「ドS」なのです。…比べてみて初めて気づいたけど、社長はそういう意味ではやっぱり高校生なんだなあと。あの人は他人を全力で見下したしゃべり方するけど、なんというか…相手を潰そうとか傷つけてやろうとかそういう意図で言葉を発する事は少ないよなあと。自分に立ちはだかる相手とか、自分にギャイギャイ言う奴とかを黙らせるためにはめちゃくちゃ言うけど、…決してそれを楽しんでるわけじゃない。千景様の素性はまだほとんどわからないんですが、…この人はきっと、楽しんで、望んで相手を潰し、傷つける意思がある。セリフの言い方も、それを隠す気が全然ないよね?って感じなのです。
これがドSというものなのか…、とかくらくらしながら、心臓押さえながら見てます!あんま出てこないんだけど!



あと、弟が毎週録画して見ているためによく「チラ見」する機会があるアニメが、
「トライガン」(キッズステーションの再放送)
「AngelBeats!」
「WORKING!!」
…これくらいかなあ。弟はもういくつか見てるみたいですが「けいおん!!」とかはうちが積極的に避けてるし。OPとEDには興味あったので、1話だけは見せてもらったんですが、耐え切れず後半早送りしました…。ごめん弟。…やっぱ苦手です、あのアニメ。
「WORKING!!」もそういう系統だと思って避けてたんですけど、あの小さい先輩がかわいいですねー。でも主人公が無意味に?殴られるのがかわいそうなので…やっぱ、ちょっとなー。
で、「AngelBeats」。
デュラララの1クール終了近くから毎回番宣があったので、後番組だと思ってました。違いました。違うどころか、今でも変わらず番宣してます。「新番組」とか「4月より放送開始!」とか……変えようよ。どうなってるの。
その番宣を見る限りではかなり真剣なお話だと思ってたんですが、…なんかチラッって見たところそうでもないっぽい?野球とかしてて……つーかここまで書いて気づいたけど、私アニメだと「日常ドタバタギャグ」みたいなのも嫌いなのか…。どんだけだよ…。
あと主人公がハルヒに似てるなあ、くらいしか思ってなかった(ハルヒは1話がトラウマ。DVD借りてあれだけドン引きしたアニメも珍しい)。
…でも、確かその、野球の回で。とあるセリフを聞いて「…なんか緒方さんっぽいなあ」と思ってたら、キャスト見てビックリ。本当に緒方恵美さんだった!…こ、こんなイマドキのアニメにも出はったりするんだあ……!
弟も驚いていて、うち自身も…セリフは一言しか聞いてなかったのに気づいた自分にちょっと驚いて、でも得意げに「伊達にファンクラブ入ってたワケじゃないよな!」って言って、またそれにも驚いた(笑)。そういや入ってたわ…!なんか、会報とか届いてたような?でも会費とかは払った記憶があんまない…(いや踏み倒してたとかそういう意味じゃなく)。ライブとかなんて行かないし、行きたいとも思ったことないけど、CDやら写真集(エッセイ集みたいな)やら買ってたなあ…。いや、大好きだったんですってば!つかこの世界に私を引き込んだのが緒方さんだし!
そのアニメはしばらく見てなかったんですが、弟が「なんかあの緒方さんの役がすごいことになってたで…。声も(初回登場時はシンジ君寄りの声だったのに)本気蔵馬くらいになってた。」と言ってたので気になります。本気蔵馬と聞けば見ざるを得ない。…しかしなんだかんだやってるうちに敵だったのが仲間になったとかなんとか…。まあ、録画分は全話残っているのでまた見せてもらおう…。
Comment