「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

43,776円…

2007-11-27 23:50:29 | きょうのできごと

えーと、願いまして~は~

Xbox360 バリューパックが33,060円な~り~、

アイドルマスター(廉価版)が2,876円な~り~、

ライブフォーユー!(初回限定版)が7,840円…

では!

43,776円!

 

ご破算!!じゃない、破産!!(えー)(←オペラサンはそろばんを習ったことがありません)

 

 

はー…、あ、上記は全てアマゾン価格です。

それにしたって…4万越え…無理。

しかも今めっちゃ調べてるけどさあ!要するにオンラインゲームなんだね…。あの素晴らしい衣装はネットにつないでダウンロードするものだし、そのダウンロードだってお金はかかるし!

あー…。

でも欲しい…欲しい…。10回払いで、だめですか?(おいっ)

 

めちゃくちゃ無理して買ったとしても…やる時間がなあ…。

しかも冷静に考えると、今ニコニコでうちが見てるような作品を作り上げるようなセンスはうちにはないわけだし。…仮にセンスを磨いてもだ、あれを加工・編集できるパソコンはない!また買わなきゃいけない…。さらにテレビもいいのじゃないし…。ああ。

でも欲しい…。ちくしょう。閣下、罪なお方です…(えー)。

 

こないだ久々にゲーム屋さん行ったんだけど…(中古も扱ってる店で、時々のぞきに行く)

あらためて、棚を眺めると…Xboxのゲームって…アイマス以外、ちっともやりたいのがないんだよねえ…。いやおもしろいんだろうけどさ。うちはヌルゲーマーだからさ…。

DSやWiiも…なんか違うんだよねえ。やっぱPS2あたりが一番好みに合ってる。あとPS。1ね。

アイマスを知る前は一番興味なかったゲーム機だからなー。DSやWii、欲しいんですよ?ほんとは。でも今はXboxがダントツで欲しい。

…でも、値段見てると、DSやWiiなんてほいっと買えちゃう気がするわ!それだけ高い…Xbox…。

 

 

私の中の春閣下がお怒りです。

 

 

きっとそれだけすごい機能が搭載されてるんだろうけどなー…

やらないもんなー…、レーシングとか…。

大体、アイマス買っても「閣下以外の子をプロデュースできるのか」も不安なのにね…!

 

ちきしょう。年末ジャンボ宝くじ買おうかな。で、当たったら買うってことで…

ああでもだめだ!!そんなムダな買い物が、また春香プロデュースへの道を遠くするんだ!!(……)

Comment

てぶくろ買った

2007-11-20 23:29:40 | きょうのできごと

最近、ほんとに寒いですね。

駅までバイク……バイクって言わないんだっけ…普通は。原チャか。アトロポスです。

…原チャで行ってるので、朝晩の寒さがこたえます。

 

10月前半はジャケットすら着なくても平気だったのに(さすがに夜はウインドブレーカーはおってたけど)

→10月後半、春・秋用ジャケット

→11月、寒くなったのでトレンチ風コート

→11月半ば、耐えられなくなって早くも軽めのダウンを出す…という…

なんか、一つ一つのサイクルがめっちゃ短くなってます。服の出番の。

 

もう真冬みたいなカッコで通勤してるわけですが、…手袋だけは、なぜか今まで使っていたごついのが見つからず、薄い皮っぽい手袋1枚きりでした…。これ、ほんと薄くて、夏に使っても暑くないから日焼け防止に使ってるくらいなのに…!

さすがに寒くて寒くて、耐えられなくなってきたので、今日帰りに手袋を買いに行きました。

おー、いろいろあるなあ。でも大原則として、「風を通さないもの」!うむ。毛糸とか、原チャ乗ると死ぬからね…。

皮っぽい素材はそもそも大好きなのですが、やはり、手触りがよかったりデザインが逸脱のものは…高い…。

冬に北海道へ行く予定があるので、そのときにもしていけるデザインのものにしようかとちょっと思ったけど…。手持ちが少なかったのと(千円ないときだってしょっちゅうやから、今日はサイフには入ってた方だけど…)、どうしても汚れてしまうのを考えると(夏用の手袋は、結構値段したのに真っ黒…。元は白いのに…)もうこれは原チャ用!と割り切って、安くて、でも暖かさは十分そうな、シンプルなものを選択。レジのお兄さんは、インク入りタグをはずしてくれたものの、普通のタグはつけたままだったので、糸を歯で食いちぎって(笑)さっそくはめて帰りました!

 

おお、あったかい~!!いいかも!

 

やっぱさ、15分だけでもさ、無駄に我慢して歯を食いしばるよりも、きちんと防寒しなきゃどんどん辛くなるよね。うむ。こういう出費は抑えすぎては体に悪いだけだなあ。

どうせうちは、見た目重視で薄着で我慢!とかは絶対しないんだし(笑)。

あー、しかし、今でこんな寒いなんて…1月に…北海道とか…大丈夫かいなあ……。

Comments (2)

怒る人

2007-11-19 23:20:38 | きょうのできごと

怒る人、っていうのは…

(イライラしてて怒鳴る人ってことじゃなく)

そのことに対して、真剣に向き合ってるから

納得いかないことがあると、腹が立つんだろうなあ、

と、今更気づいた今日の午後。

 

真剣に向き合ってなければ、別に何を言われても

なんとも思わない。だから怒ったりもしない。

私はたいていの物事に対してそんな感じなので、

怒る人のことをぼんやりと眺めていたんだけど

 

集団の中では、私のような考えの者は

本当に有害だったんだろうなあ、と思った。

不満をぶつけて改善しようともしない

その場の向上に全く手を貸さない

そういう存在は、毒にも薬にもならないと思っていたけど

実はそういう人たちが一番やっかいなんだろう。

実害がないように見えても、最悪の腫瘍。くさってない「ように見える」みかん。

 

 

上に腹を立てる人の気持ちは、わかったわけではないけど。

そういう自分に腹を立てられるのは、なんだかわかる気がするな。

当時はわかってなかった。

学校で、クラブで、習い事の場で…どれだけの「真剣な人々」の怒りを買っていたことだろう。

想像するしかないけど、想像すると恐ろしい。

 

 

だから、私は自分の立場をわきまえなければ。

同窓会など、死んでも出てはいけないよ。

Comment

ハチクロのアニメ

2007-11-19 02:58:01 | アニメ感想文

ハチミツとクローバーの2期が、アニマックスでやってるので見てます。

…今、結構アニマックスで見てるの多いから録画予約が面倒で…これはいっつも「もう録画やめようかな」と思ってしまう。

でも見てしまう…。

 

なんでやろ?1期の時もちょっと書いたかもだけど…

なんか…どっか…気に食わないんだよねえ(えー)。

原作は大好きなんだけどな。大好きって言っても、泣きすぎて苦しいから怖くて読めないんだけど…(でもいつか手元にそろえようとは思っている)

絵はきれいだし、声優さんも豪華だし。

なにがあかんのやろ…自分的に。

 

でも、最近ちゃんと続けて見て、ちょっとわかったかも…。

たぶん、曲が…あかんねん。歌が流れるのが…。

スピッツの曲、なのかな…。スピッツは大好きなんだけどさ。(今調べてきたらスガシカオさんもだった…すみませんスガシカオさん嫌いなわけではありません)

なんか…歌詞がある曲ってさ、それだけで強烈なメッセージを持っちゃうと思うんだよね。それが…劇中で流れるのが…気に食わないのかも。

もちろん、OPやEDは別で…それが超重要な場面とかで効果的に使われるのは大歓迎やねんけどさ。挿入歌にしても…種類が多くてさあ…。それに頼らなければいいのに、って思うんだよねえ。

 

すんごい昔の話だけど…なんだっけ、ドラマの「ひとつ屋根の下」?

あれの挿入歌の「ひだまりの詩」って当時すーごい人気が出たんだけど、そのせいでドラマの後半は、もうやたらめったら「ひだまり」が流れるんだよね!ちょっとしんみりするとすぐ!いい曲なのはわかるけどさあ…それはやりすぎだろって思ったんだよね…。たぶんその時の記憶がよみがえるんだな。だからこれは間違いなくうちだけの好みなんだろうけど。

 

それ以外は…やっぱすごいいいアニメなんだよねえ。丁寧。だから見るのをやめられない…(笑)。

原作、モノローグがすごく多くて、またそこがいい漫画だから(しかも二重のモノローグも連発だし)…アニメにするの難しいと思うけど…いい方だと思う。うん…。

そっか、止め絵多いなあと思ってたけど、それはモノローグの時間と、挿入歌の時間に止め絵がよく出てくるからそう感じるんだな…。

 

アニメならではの工夫もあるし(ていうかあの漫画、結構ぶっとんでるしなあ…ユニコーンとか…)最近は割と楽しめてます。

野宮さんの葛藤のシーンの演出なんてベタだけどすごく…よかった!それに続く告白シーンも!

うん…やっぱいいよねえ、ハチクロ…。

てか、なんて原作に忠実なアニメなんだろう…ほんと。めずらしいよなあ…。

 

え、ドラマ化?…すごいね。

Comment

批判する事

2007-11-18 23:52:46 | きょうのできごと

今日はここに、おもっきし、とある本の批判を書こうと思ったんだけど…

やめます。

 

 

今、なにかと話題になっているあの本。

うちは正直、あの本が好きではありません。

だけど、今日、思いがけないところで名前が出た。職場で。隣に座ってる人が。

「読んで感動した本」の話で…。

ボロボロ泣いたらしい。

そういう風に言われて、まさか反対意見を述べるわけにはいかない。

内容を知らないふりして聞いてたけど、

…私の顔はひきつってはいなかっただろうか。心配だ。

 

あの本は好きじゃない。…というか、そもそもあのジャンルが全部苦手かも。

だから、超話題作!とか取り上げられることに憤りを感じる。

嫌いならいつもみたく、無視すればいいのに。

なぜか、めずらしく反論してみたくなる…そんな本。

もっといい本があるのに、とか。

展開どれも同じやん…、とか。言いたくなる。

人気があるから嫉妬してるのかもしれない。…いや、そうに違いない。

そうでなければ、なんで気に食わないものにここまで心をかき乱されなくてはいけないのか。

 

批判したくなった。たくさんの人があれを読んで泣いているというのなら。ここに受け入れられない人もいるということを、声に出したかった。

…だけど、ほんとに、ついさっき…やめた。(なんかもう、バレバレやから批判してるのと変わらないかもしれんけど…最初はもっと、もっと執拗にボロクソに批判するつもりでした…)

だってそんなの、あまり意味がないから。

自分の意見を言うことは、大事なことだろう。正しいことだろう。

でも、こうやって、たくさんの人の目に触れるかもしれない場で、自分の嫌いなものだからってさんざんに書いたら…

それが好きな人はどう思う?

そんなの聞きたくなかった人はどう思う?

 

自分が、MOTHER3の酷評を読んだ時の気持ちを思い出した。

私がすばらしいと思ったところ、真剣に涙を流したところ…

それを「つまらない」、「子供だまし」と書かれている衝撃。

全然知らない人の意見なのに、突き刺さる。

たくさんの肯定的な意見を読んで、いっぱい共感した後も、それは心の底に突き刺さったまま…残っている…。

 

私がそれをここでやって、どうする?

自分がどれほどのものかもわかっていないのに、何かを批判するなんて、考えただけでもおこがましいな。本当の魅力がわかっていないのは自分のほうかもしれない。見当違いな指摘をして、恥をかくことになるだけかもしれない。そんな綱渡りはここでは必要ない。

ここは私の大事な場所なんだもの。でも、好き勝手していい場所ではない。

読んでくださるお客様のためにはもちろん。でも一番は自分のためだ。

 

でも、これすらも私のルールでしかない。

違う場所では、こんなルールは適用されていないだろう。

皆が好きなことを書きまくり、知らない人でも罵り合う、そんな場所は大嫌いだけど、それはそこのルールがそれを肯定しているんだから、私が文句を言えることではないんだろう。…だから、ただ、行かなければいいんだ。私が。そこへ。

ここにいればいい。安全なところにいればいい。

 

そして、ここを一時の感情でそんな色に染めてはいけないよね。私のどん底の気分が感染して、どんよりと暗く濁っても、そういう、歪んだ濁り方は絶対にさせたくないね。自分のためにね。

 

 

…でも今までに、批判全然してないかっていうたら…そうでもないよな(えー)。

気をつけます。気をつけます。

なんかの本に書いてあったんだよね。「批判するのはたやすい、しかも批判した方が書き手が頭良さそうに見える」、みたいな(笑)。

そうだよね、いいところを見つけて、ほめていかなくちゃ!

嫌なものは書かなければいいんだよね。…あー、でも今日はほんと、あぶなかったな。

Comment

腕が筋肉痛です。

2007-11-14 23:18:22 | きょうのできごと

なんでかと思ったけど…昨日の本やわ…確実に。めっちゃ重かったもんな…ごっつい雑誌もあったし…

すごい痛いよ、左腕…。Wii初めてやった時並みやわ(そのたとえもどうなのか)

 

家に帰ったら、はるかっかのCD届いてたーーー!!

私もこれで晴れて愚民ですーーーーー!!

まだ前半しか聞いてないけど、春香かわいいよ春香。

…てか、ニヤニヤしてしまう。かわいすぎて。(春香さんのCDには曲の合間にトークが入ってて、ラジオみたいになってます)

やばい?やばいよねえ。でもさ、うちは昔から疑問だったんだよ。ドラマCDとかって…どういう顔して聴けばいいの??どういう状況で聴くの?

うちは、他の事しながらだと絶対に内容が頭に入らないので(だって、曲でもだめだもんなあ。)、もう、CDプレーヤーの前で正座、みたいな状態なんだけど……これってやっぱ…おかしいよねえ??なんか、シチュエーションとしてさ…

 

つか、うちがラジオとか好きじゃない最大の理由はそれかもしれん。

 

ラジオってどんなのでも「やかましい黙れ」って思うんですが(おい…)それはうちが、ラジオ聴いてる間は「ラジオを聴く事しかできない」からなんですね…。聴きながらお洗濯~、とか聴きながら運転~、とか聴きながら宿題~、とか、死んでもできない。じっと聴くことしかできないし、そのわりにはあんまおもしろいこと言ってくれへんし(…)、しかもなんかめっちゃ内輪で楽しんでる感じがしてしまうんだよね!(ひどい偏見だ)

だから、ラジオやったらテレビのが好きだし、ドラマCD聴くよりもアニメ見たい派やわ!

 

や、閣下…じゃない、春香様のCDは聴くよー!せっかくニコニコ市場で買ったんやし!(笑)

でもこれさ、電車の中とかでイヤホンで聴いてもやばいやん?絶対顔がニタつく…。

とりあえず、しばらく朝の準備の間の曲やね!

「I Want」はマジでかっこいくて大好きやわ!カラオケバージョンも入ってるし、歌うか!

…てかニコニコ組曲とか歌ってみたいなー…なんて。

だっておもしろそうなんだもの。マジでマイク買おうとしてる私です(待て…)。

Comment

今日は本を買う日~

2007-11-13 23:01:40 | きょうのできごと

久々に行ってきました!本屋さん!

そしてまた今日も、紙袋の取っ手がちぎれそうなほど買いこんできました!

もちろん紙袋は2枚重ねさ!もうそれがデフォルトで、そういやビニールの袋もらったことなんて全然ない!!

 

武装錬金、全巻買ってきた~!

ああ、うれしいわあ…。いやでもさ、うち7巻くらいまでやと思ってたから、全10巻と知ったときは一瞬ひるんだ(笑)。でも5冊とか買うの嫌なのでもう全部買ってきたけど。運ぶのが大変だった!

あとエマ9巻と、のだめの最新刊と…コミックは以上かな。ワンピース、今出てるのがもう持ってるやつかどうか思い出せなくて保留にしといた(笑)。

 

実用書で好きな「暮らしの絵本シリーズ」の「書き方のマナーとコツ」が出てたから買ってみた。

あとはお菓子の本!毎度おなじみ辻製菓監修の「お菓子の学校シリーズ」の第5弾、「パウンドケーキ&焼き菓子」。パウンドケーキの種類が豊富でいいかんじです。しかもこの型、たぶんうちが持ってるのと同じサイズやわ…ラッキー。

後半の小さな焼き菓子に、マカロンも入っててちょっと驚いた。そうか。焼き菓子…そうやね。なんとなく、メレンゲ使うのは別格に感じる私…。

 

で、今回の一番の目玉…これを買いに行ったと言っても過言でないね!

小林かなえ先生の「マカロンとパリの焼き菓子」。

めちゃくちゃかわいい本だーーー!!

ご自身でもよく言ってはる通り(そしてショップのメインも間違いなくこれだと言えるくらい)、かなえ先生はマカロンが大好き。愛していらっしゃいます。

その愛情がこもりまくった今回の本!…ステキです。

なんつか、今までの先生の本の中で一番好きかも。フォントの字体とか、色使いとか…細かいところまでこだわりまくってる。愛情をひしひしと感じます。でも全体的にやらかい感じになっているので、プレッシャーを与えられるようなことはありません(笑)。すばらしいです。

つか、写真もさあ…今回はさすがにプロの人だろう!と思ったのに、やっぱりご本人が撮影ですか!!

すごすぎる。身近で、カメラマンとしても一番尊敬できる…。

なんであんな…かわいく、おいしそうに撮れるんだ…。

 

まだパラパラとしか見てないのですが、読み込みますよー!

…でも、マカロンってあんま…家で作りたくないんだよね…

だって!失敗する確率高いんだもん!大量の卵白とアーモンドパウダーがムダになるショックっていうのはすごいんですよ!?(努力しろよ…)

 

 

 

まあ、最優先で読んでるの、武装錬金なんですが…すみません。

パッピー最高だよパッピー。買ってよかった。

でも、読んでみてあらためてアニメの素晴らしさも感じだ!!DVD欲しい…。

Comment

げんしけん2の5話がすごいことに…

2007-11-10 23:36:46 | きょうのできごと

「マダラメ総ウケ」ってタイトルと、次回予告からある程度は予想してたけど…

あんなに尺を取るのか!荻上の妄想シーンに(笑)。

おもろかった…。クガピー変わりすぎだし!!あんま変わってないのは高坂やね…。

 

もー、檜山さん大活躍やね。

なんか最後の方の切ない声にはあやうく魂持ってかれるとこでした…ヤベエ!!

うちは、斑咲派!ノーマルカプ派!落ち着け落ち着け…。(まあ、周りから見れば腐女子以外の何者でもないんでしょうけど…。)

 

てか、あの音声どうしようかと思ったよ…隣の部屋に父がいるのに!!

音量下げた(笑)。

 

 

げんしけん2、おもろいわー!

まずOPに狂喜!!やっぱり斑目がオイシイ。

あと、前回の4話も、マンガにないオリジナルの話なのにすごい練られているというか納得いく作りだなあ感動やわ!とか思ってたら、なんと原作者様が脚本を担当したとか…!!

そんなことってあるのか!すげえええ。

 

今アニマックスとキッズステーションで見てるのが結構あって、録画予約忘れそうになる…

「エマ第二幕」でしょ、「功殻」でしょ(CMのリアルなタチコマがすごい!)、「ハチクロ2」でしょ、「ハガレン」でしょ…あとこの、「げんしけん2」……なんか2期多いな。

Comment

HARUKA

2007-11-09 23:58:08 | きょうのできごと

…最近よく、思うんです。

なんで「はるか」って女性にはステキな人が多いんだろうって!!

 

 

天王はるかさん、

井川遥さん、

天海春香さん…

(実在の人物一人かよっ)

 

みんな漢字もちがうけど、みんな「はるか」で、

みんなうちをメロメロにしてくれてます。

 

セーラームーンSのタリスマン出現の回は、さんざんいろーんなアニメを見た現在でも、胸を張って「神回だ!」と評価できる素晴らしさだし!!

今や雑誌VERYの顔として、毎月華やかな笑顔で表紙を飾ってるし!ステキな30代ってことで、結婚して女性からの支持が急上昇らしいし!

最近ニコニコではアイマス動画ばっかり見てるし!めっちゃ…めっちゃ欲しいよ、Xbox!アマゾンで何度もクリックしそうになったよ!!

 

「はるか」に人生を揺さぶられてます。

いいよーいいよー!かわいいよー!!

Comment

Re-creation 009

2007-11-08 23:07:20 | パティシエごっこしましょ。

今回はりんご特集です。

秋といえばりんご…紅玉です!

私がりんご大好きって話はどこかで書きましたっけ…?まあいいや。大好きなんです。

そもそもお菓子が好きになったきっかけは、アップルパイだからね。友達の家で食べた、焼きたての…。

あれ、書いてなかったかな…?じゃあそれはまた今度書こう。

 

お友達の家から紅玉をいただきました。

…これは、なにかしっかりとしたりんごのケーキを作りたい!!

だってせっかくの紅玉だもの!今しかないんだもの!!

やはりタルトかなあ…とか考えながら、めっちゃお菓子の本をあさりました。

 

 

でも、最近、お菓子作りから少し離れていたせいか…

休みの日もだらーっと過ごしてしまって、なかなかりんごタルトを作ろうと思えない…。

いただいた紅玉は2つだけだったので、自分でも小さいのを4つくらい買ってきたのだけど…

 

でもずっと置いてたら、せっかくの紅玉が傷んでしまう!

まずリハビリに、簡単なものから作っていこうと。

 

こんな時すごく使える本が、「りんご1個のお菓子」(日本ヴォーグ社)。

One‐Apple Sweets りんご1個のお菓子
柴川 日出子
日本ヴォーグ社

このアイテムの詳細を見る

この本は、かなり前から持ってる本だけど…いまだにお気に入り。

タイトルの通り、全てのお菓子がりんご1個で作れます。

手軽なおやつから、オシャレなデザート、アップルパイ…そして焼き菓子と、種類も豊富。

 

たとえばこれ。「小さな焼きりんご」。オーブントースターで焼きます。

紅玉と一緒にいただいたひめりんごを使いました。

うんうん、めちゃ簡単やのに、なかなかおいしいぞ?

よし、この調子!

 

 

「食べたい!と思って作り始めて、一番早く口に入れることができるデザート」といえば、

果物のソテーだと思います。

というわけで「りんごのカラメルソテー」

うん。…ちょっとしつこくキャラメル焦がしすぎたけど!これはこれで!

生クリーム添えるとおいしいらしいけど…ないから、このまま。おいしい。

紅玉だと、火を通しても水分があんま出ないから、ソテーがやりやすい気がする。

 

 

よーし、のってきたあ!

今度は食パンを使って…「パンでりんごのパイ風」ですよ。

パイ作るのは面倒、パイシートもない、まさに私の味方!

シナモンがどばっとかかってしまったため、汚い(笑)。

でもこれも、トーストで焼くだけで、なかなかおいしい。薄切りりんごの上にバターと砂糖をふって焼くだけなんだけどね!

ちなみに奥のは、食パンの耳を揚げたもの(こげた…揚げ物苦手…)。

シナモンシュガーをふるだけで、こちらもおいしいおやつに早変わりです!

 

 

パイシートがあるんなら、さ。こういうパイもすぐできるんだよね!

「りんごジャムのプチパイ」

おさえが甘くてびろんびろんになってますが…まあそれもまたかわいい!

中のりんごは甘く煮たもの。大好きなレーズンとシナモンも入れて…。

 

 

ああ、やっぱりりんごって最高!

ただ焼いてもおいしい、焼き菓子に混ぜてもおいしい、ちょっと煮てもおいしい!

そんな最高のりんごの、一番大好きな紅玉は、

やはり絶対に美しい作品にしなければ!!

 

 

というわけで、

やっと「りんごのタルト」完成!

(この写真が一番大事なのになんでサイズが違うんだあああ!!)

 

こちらはまた別の本から。

そのものずばり「タルト」という本。(ひかりのくに)

タルト―3つの基本のタルト生地とおいしく焼く秘訣 フランスで出会った本場の味を手作りで
津田 陽子
ひかりのくに

このアイテムの詳細を見る

京都の有名なお菓子研究家、津田陽子さんの本です。

 

おいしそうなタルトがいっぱいのこの本の表紙を飾るのが、この「りんごのタルト」。

私がさんざん躊躇するくらい、実は行程が多いのです。

 

タルト作って型にしいて空焼き

アーモンドクリーム作って、のばす

りんごのマーマレード作って、クリームの上にのばす

スライスしたりんごを並べて、溶かしバター塗って焼く

冷めたら上がけのジャムを塗る。

 

…めんどくさっ!!りんごでなければ絶対やりたくないですね!(言いすぎだ)

一日がかりでしたね…。2台作ったせいもあるけど(それだよ)。

でもがんばったかいもあって、なかなかおいしくできました!

 

 

あー…作った作った。もうりんごしばらく見なくていいくらい…(えー)。

でも、りんごがあると、作りたくなってしまいます。

一番好きな果物だからね。

 

それにしても…書きながら、一冊目の「りんご1個のお菓子」の種類豊富さにあらためて驚いた…。

しかもまだまだ、作ったことないのも載ってる…。

青りんごのムースとか、やってみたいなあ…。

Comment