「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「頭のうちどころが悪かった熊の話」感想文

2007-07-31 22:05:05 | 感想文

なんか、すごい話題になってる本、らしい…。

…あかんな、こんな「らしい」なんて言ってちゃあ本屋さんではやっていけない!メディアの情報に振り回されまくり、テレビや新聞の威力に泣いたり笑ったり、それが書店員…。

 

書店員のバイトはめちゃくちゃ楽しかったです。元パティシエ・今はフラフラのフリーターオペラです。こんばんは(…自分で書きながらテンション下がってきた)。

 

さて、タイトルの本。テレビや雑誌や新聞で紹介され、大注目の本…らしいです。キョンキョンとかが推薦してるんだって。…それは、売れるなあ。

まあ私はテレビや雑誌や新聞は最近さっぱり見てないので、全然知りませんでした。「西の魔女~」を貸してくださった職場のお姉さんが、あまりにすごいスピードで読み進む私を見て驚き、「これも読んでみる?すぐ読めるよ!」と手渡してくださいました。

 

でも、私はタイトルを聞いても、あんま読んでみたい!とは思わなかったんですよね、正直。なんだそりゃ??みたいな。頭の打ち所が悪いって…それってあほな人を形容するために使う言葉なんちゃうんー。(←使われたことがあるらしい)

帯には「もし人生の意味について悩んだら とりあえず食べてみてください

7つの動物ショートストーリー」と。

背表紙には、著者の方のお名前の隣に「現代のイソップ童話」と。

 

とりあえず、読んでみた。

 

 

 

………うん、正直、最初は「はあ??」と思ってた。ごめん。うち、書いてあることをそのまんま読み取るタイプの読書家なの!「うわ!!旅人喰われた!!」とかそういう感想しか出てこなかったの!あほです。

 

何年も前に「本当は恐ろしいグリム童話」とかはやったよねえ。あれ出た時も思ってたけど…童話って、怖いよな。うちはちっちゃいころから、いくつかの童話は怖いな~と思ってあんまり好きじゃなかった気がする。白雪姫は暗唱するほど好きだったみたいだけど、ヘンゼルとグレーテルとか、お菓子の家!とかより断然魔女のインパクトがすごいし。

悪者が残酷な仕打ちにあう、っていうのが「本当は恐ろしい~」のシリーズでは強調されてたように感じるけど、そういうのじゃないのに…わけもわからずアンハッピーエンドの物語は…どうしていいかわからなかった。ハーメルンの笛吹きとか、マジで怖かったしなあ…。意味やら教訓なんて、子供は考えないと思うんだけどなあ(うちだけなのか、もしや)。

まあそういうトラウマがあるせいで、「童話」と言われるだけで構えてしまうわたし。これはそのままよんではいけないんだ、こわくてもそのうしろにいみがあったりするんだ…(狼のおなかを切るなんてひどすぎる!とか言ってたら赤ずきんちゃんは最後まで読めないのと同じ)、と念じつつ、読みきってみました。

 

とりあえず「ないものねだりのカラス」のお話には、心のやらかいとこをブッサーーーーと突き刺されました!!

 

童話だ!…童話だね!私は別にカラスではないけれど、ぐさっと来る。自分が追っかけられてるわけでもないけど真剣に怖がってしまう魔女からの逃亡のシーンのように!(←ヘンゼルとグレーテルの話らしい)

いつくるかわからない精神攻撃(おおげさだよアンタ)におびえつつ読んだ1周目。

2周目はだいぶ落ち着いて読めました。…じゃあ、なんだか印象が全然違うのね。これがまた。

特に表題作。熊のお話。全然色が違って見えた。

…童話って、だから、そういうものなのかもしれない。子供向けに、説明をはぶいてはぶいてするから、想像の余地が広がって、読む人、状況によっても全然印象が変わる。

なるほど、話題なるのもよくわかる。…たまにはこういう読書もいいかも。と、ちょっと思った。字がたっぷりの奈須きのこさん作品漬けの日々も、良いけど!(もうすぐD.D.D.2巻発売らしい…!まじでー!?うれしい!!)

 

この本なら、書店員さんはまだまだ強気に追加発注できそうだ!と、うちは思う。…いやそれどころじゃなかったりして?今度動向を聞いてみよう…。

 

カラスのお話に異様に反応してしまうのは、カラスがツンデレだから好みなのではなく(お前真面目にしゃべれ)

…「よだかの星」を彷彿とさせるシーンがあるから。

意識して入れはったんじゃないかなとは思うけど…

やめてくれよおおおおおお。よだかは泣いちゃうんだよおお。

 

うぐうぐ…。

Comment

今頃ネギま!?見てます…

2007-07-30 23:59:24 | きょうのできごと

あかん、おもしろい…。

うちのトラウマアニメ(笑)「ぱにぽにだっしゅ!」と同じ監督さん?ということで、絶対拒絶反応出ると思ったのに…。アニメってぱっと見じゃわかんないね!

ネギま!は前のアニメも全然見てなかったし、コミック担当の時も「…なにこの超絶ハーレムマンガ…」と、表紙だけで拒絶してました。でも、絵はかわいいな、とは思ってたし、なんかの拍子にエヴァンジェリンの存在を知って…そこだけ激ハマリ(笑)。エヴァ様表紙の3巻だけは買おうかなあとか、でもこういうマンガって買いたくないし(←ただのハーレムマンガだとおもってたから)なあ…とか、葛藤しつつ。でも結局触れずに今までいたのですが!

ニコニコで…(またか)

二期の、OPを見て、ぞくっとしたのです!!か、かっこいい…!と。

ほんで、全員バージョンのメドレーとか延々聴いてて、エヴァ様の「あなたに会えた証を、全ての記憶に刻み付けたい!」という叫びに涙したりとかして…で、勢いで、あのめっちゃ話題になった一期のOP「ハッピー☆マテリアル」を聴いてみたら…これがまた、かわいくって!!いやー!知らなかった!かわいい歌じゃん!んで、うちはやっぱり5月がいいと思うのね!エヴァ様いるし!!つーかあの、舌なめずりするエヴァ様が最高だ!!

ハピマテ5月をさっそく着うたフルでDLしながら、ああ、昔は「見てないアニメの曲を聴くなんて!」と思ってたよなあ、なんて思いつつ。なんかそれは失礼かな、と思ってたの。アニメに対してね。…でも創世のアクエリオンも見たことない……もういいか!いいものはいい!それに、それをきっかけでアニメを見てみるのもいいし!

 

…と、いう流れで。半分怖いもの見たさで、「ネギま!?」を見始めました…。

エヴァ様超出張ってて最高!!かっこいい!

時折見せるかわいらしい表情も、ラブリー!茶々丸も好きだーーー!

…今、確か10話位まで見まして、だいぶエヴァ様の出番減ってる(笑)んですが、「もうやめよ」という気持ちにならない自分に気づいた!あ、案外いける…?最初は31人のヒロイン達に「誰が誰やか…」と思ってたけど、なんか自然にわかるようになってきたよ!みんながみんな、嫌うような要素がないってすごいよな。あ、あの隠れネットアイドルの子は正直どうしようかと思ったけど(笑)。

つーか…原作が読みたい!すごいおもろいらしいし!(←えらい変わりようだ)

話の概要はネットでざっと…いや、ざっと読めないくらい内容詰まってるのね!読みたいー!

でも今からそろえるのはめっちゃ大変なので古本で探そうと思います。…今更本屋さんで買い出したら、お姉さん方はなんていうだろう…あはは。エヴァ萌えです!で、わかってもらえる、よね…。

 

つーかこれ書きながら、やっぱりというかとうとうというか…「1000%SPARKING!」ダウンロードしちゃった!!でもジャケットがエヴァ様じゃないよー!?んがーん!!

あの、魂のシャウトが心に響きますなあ…。なんかうち、「(ほとんど)届かない想いを一途に持ち続けてる」キャラ、大好きだよねえ…。FSSのアイシャ様とか。そこまで貫くのは美しいけど、現実に半端に持ってるだけじゃ、ただのうっとうしいやつだよねえ…。ああ、だからこそすごいのか。そしてだからこそ、うちは好きなんだな。

 

ハピマテもさあ、1000%もさあ、振り付け(?)が簡単で良いねえ~(また踊る気か)

Comment

「西の魔女が死んだ」感想文

2007-07-29 23:19:04 | 感想文

本屋さんにいる時に、ちょくちょく目にしていた。

文庫の夏のフェアがあるたびに、いい席をとっていたり、レジに持ってくるお客さんが継続的に存在したからだろう。表紙は確かに、見覚えがあった。

 

でも、中身は全く知らなかった。

タイトルから考えて…浮かんだのはまず、あの「オズの魔法使い」の怖い魔女だった。

西の魔女が死んだ…ということは、東西南北で絶妙のバランスでにらみ合っていた4人の魔女たちの均衡が崩れる…!そしてそれが、魔法界史上に残る、100年にもわたる長い戦いの始まりであった!

とかそういう話を想像していた。全然違った。違いすぎて自分の豊かな(?)想像力にびっくりした。

魔法界ってどこやねん!(ツッコミ)

 

 

すいません。真面目に感想書きます。

えーと…非常に読みやすく、後味良しの良作!人気があるのも納得です。

ずっと昔読んだ「夏の庭」と同じような空気を感じます。文庫フェアでも、この2つは同ジャンルにあるみたいだしね。

 

学校へ行けなくなった主人公「まい」と、西の魔女こと「おばあちゃん」の物語。

…最初にすごく思ったのが「まいの年齢がわからん…」って事。いや、中学生ってはっきり書いてあるんだけどさ。なんだか、いきなり大人びた言葉をつかったり、妙に子供っぽい言葉を使ったりと、印象がうまくつかめなかったんだよね…。ずっとぐらぐらしてる感じ。それがめっちゃ違和感あったけど、途中からこれはわざとこうなんだ、と気づいた。…確かに、中学生くらいって、そうかも。はしゃぐ時は子供みたいにはしゃぎまわるのにさあ、もう人生をわかったようなつもりになって、いっぱしの口きいたりするんだよね…うわああああ、思い出したくない!!自分の中学校時代なんて!!いーーーやああああーーーー!古傷がああああ!

 

…最近すごく思うけど、読書って結構…心を酷使しますよね…。いい意味でも、悪い意味でも。

 

気を取り直して!

この本ではみんな好きだろうけど、やはりおばあちゃんの家での「生活」のシーン、良いですよね!

野いちごつんでジャムにするところなんて…もう香りが漂ってくるようで!!ああ~、やりてええ~!!

シーツの洗濯のシーンとかも…。ラベンダーにかぶせて香りを移すって…なんてすばらしいんだ!

本文中にもそうありますが、ほんまにハイジのようです。街で疲れきった心を山で癒すカントリーガール!

ハイジと違うのは、「まい」が魔女修行をはじめるところですね。

これがまた、なんかついマネしてしまいたくなる!私たち読者には魔女の血は流れていないけれど、それでも「こんな簡単なことなの?」って言えちゃうような、修行。心得。

…でもそうしたら、西の魔女は言うでしょう。

”そんな簡単なことって言いますけど、その簡単なことが、あなたにとっては一番難しいんじゃないかしら…”

 

おばあちゃんとの暮らしで、生きる力を取り戻していく(←千ちひ)「まい」。

疲れきって、少しゆがんでしまったように見えるけれど、実際はまっすぐで、素直におばあちゃんのことばを吸収していき、成長していく「まい」。

その前進の様子は、読んでてめっちゃすがすがしいです。

 

文中のおばあちゃんの言葉は、覚えておきたいものばかりです。

特に「人は死んだらどうなるの」という「まい」の質問の答えには感動したので…私もこれからはこう信じようと思いました(ミーハーやな…)。

 

なるほど、人気があるのもわかります。

これ、フリガナふってあるとこ結構あるけど、子供さんも読むのかな…?

リアル中学生でも「こんな生活楽しそう」とかって思うのやろか…って、これはあまりにも失礼な発言やね。うちじゃないねんからね!(たぶん中学生当時のうちじゃ、全く理解できないと思…うぐああああ)←また古傷が…

 

うん。さらっと読めるし、もう1周くらい読もう!

 

 

あ、そうそう。印象的だったのが「まい」視点の「ゲンジさん」の描写…。すげーわかる気がする…。得体の知れない人、ってああいう感じだよねえ…。そこは、幼さゆえの視点だな、と言わせてくれい。うち、一応25歳だし。

Comment

7月27日って

2007-07-27 23:52:20 | きょうのできごと

なんか、あせる。

 

…と、職場で日付を書くたびに、そう思った今日。

なんでかわかった。

うち、小学校の時とかは勉強があんま好きじゃなくて、でもたぶん、出さなきゃいけないものは出してた。

だから、やなことはさっさと終わらせるぞー!って意気込むのね。夏休み入る時。

7月中に宿題は終わらせちゃおう!って。

毎日少しずつ…っていうのを完全に無視してるよね!

で、終業式の日とか、その1日前とか、ドリルとかもらえたその瞬間から結構がんばるんだよね~…。

でもまあ、夏休みって遊びたいし…だんだんダレてくる。一人だしね。

でも…最初の誓いは守りたくて、がんばってあがく…。一番あがいて、がんばってやってるのがいつも7月27日くらいだったと思う。やばい、終わらないぞ、って。

 

…まあ、作文とか、自由研究とかあるから、7月中に終わることなんて絶対なかったんだけど…。でも「日記をまとめて書く!」とかそういうのはせずにわりとまじめ~にやってました。

その、7月中に終わらせたいドリル系も、…結局8月を何日か過ぎちゃうんだよね。もう30日くらいになると、「無理だ」って思って力が抜けるので、やっぱり、27日くらいが一番がんばってたなあ…。うん。その時の記憶がうっすら思い出される気がする。7月27日っていう響きは。

 

何度でもネタにして申し訳ないけど、高校の時の友達が「夏休みの宿題はいつも8月31日に泣きながらやってた…。」って言うのを聞いて、こんな、ちびまる子ちゃんみたいな子って本当にいるんだと衝撃を受けたものです。私はまじめだったのかもしれないなあ…。日記とか、先に書いてその通り生活するとか(いろんな意味で時代を先取り!)、自由研究はいつも親の作品で、いつも賞取っちゃったとか…。信じられない。そんなこと、思いつきもしなかったし(まずうちの親はぜえったいに手伝ってくれないしな…)、もし、今、この私が昔の自分にこういう知恵を授けることができるとしても、やらない。…でも昔の自分は今に比べると思慮深くないから、そういうのを聞いちゃったらやっちゃうのかもしれない。…そうか。それも幸運か。そういうことを吹き込む人がまわりにいなかった。

や、でもうちの子供の頃は成績も悪いわ運動もできないわで散々やったからな…。変にまじめなだけで「いい子」では全然ない、というのはあれか。今もそうやんって、そういうオチか。

Comment

おまつりのおもいで

2007-07-25 23:25:56 | きょうのできごと

今日、…遅番だったので…

思い切り…天神祭の…帰りの…ラッシュに…まきこまれ……(なんか去年もそうだった気がする)

 

いーや!あかんあかん!!

お祭りで楽しんでる皆さんを横目に「こっちは今まで仕事してたってのに…!」とか思ったらあかん。ゆかたカップルに「ちくしょー!」って思ったらあかん(それただのねたみじゃん…)

 

 

あー…ゆかたの女の子、かわいいですねえ…。

うちのゆかたもかわいいんだけどな。ゆかたが。名前は”京”です。(もういいって)

今年も着れないまま終わりそうで…んがーん。

でもゆかた、おでかけで着たいな~。京都とかに。

ひがみだけじゃなくて(……)、お祭りとか花火大会ってめっちゃ人ごみやん…。それがいやで。つーかまわり皆ゆかた着てるから目立たないじゃーん!(死んで来い)

 

電車から、たくさんの屋台が見えた。

人ごみは大嫌いだけど、屋台はちょっと好き。

…でもうちが一番好きなのって「アメリカンドッグ」なんだよね!あの、衣ついてる方ね!!

これが、お祭りとかでさあ…全然ないの!!どういうことー!?昔はフランクフルト:アメリカンドッグ=5:1くらいの割合で存在してた気がするのに、最近じゃ25:1くらいやで!?ありえへん…。

 

去年、祇園祭に行ったときもアメリカンドッグ屋さんは見つけられなくて、がっかりしてたら一緒にいてた子が「コンビニにあるやん。」って…!!ちがうのー!それはなんかちがうのーーー!!

みんな、甘いからあんまり…とか言うよね。あのカリカリしたとこがおいしいのに!!特に棒とくっついてるとこ。

 

今まで、一番印象的な屋台のアメリカンドッグは…大阪・造幣局の「桜の通り抜け」で出会った、超巨大アメリカンドッグ!!めっちゃ太い(もうちっちゃいハムみたいな…)ソーセージで…値段は普通の大きさのやつの、確か3倍?600円やった。でもその屋台のとなりのおばちゃんが、その屋台のお兄ちゃんに「アンタ!500円にまけてあげ!」とか言ってくれて500円になった…(笑)。うち、なんも言わなかったのに!!おお、これが大阪のおばちゃんの人情なんだな、と感動した…。(えー)

それで、桜の通り抜けをしながら、そんなでっっかいアメリカンドッグにかぶりつく姿は相当異様だったようで、なんとなく注目を浴びていたような…。まあ、間違えてしばらく逆行してたせいかもしれんけど(ソレダ)。

 

あ~、アメリカンドッグ、食べた~い…。

あとは「はし巻き」かな!お好み焼きの薄い版をくるっとおはしに巻いてあるの!食べやすくておいしくて大好き!

 

ええのう。やっぱり。お祭り。

でも天神とかはやっぱ多すぎやからなー…。地元の、ああ、茨木の弁天さん行きたいな~。けっこうすごいんだよね、花火が!…あー、でも、めっちゃ長続きしてる地元のカップルとかに会ったら嫌やな…(またひがみかよ)。

 

 

 

 

 

そんなことを書きながら、またニコニコでアリスの動画探しまくりの聴きまくり!

途中、マジで萌え死ぬかと思いました。アリス、すごいよ!!2007年アリスの旅!(←?)

”心さえも あなたから奪うの ここで

扉の向こうの 世界へ誘ってあげるわ”

……いざなわれまくりです!!(落ち着け)

Comment   Trackback (1)

ショコラティエ パレ・ド・オール

2007-07-24 23:54:11 | パティシエごっこしましょ。

岐阜のお友達からメールが来た。こっちらへんに来ているとのこと。

こういう、めっちゃ当日に来るメールでも、不思議とうちはその日が休みだったりするのです。

これも縁だろうか(偶然だ)(あと、フリーターなのにもっと働けよお前は…)。

 

まあ、残念な点といえば。今日私は夜に英語教室の授業があったので、ご飯が食べれなかったということですね。メール来たときは休んじゃおうかと思ったけど、それは友達に止められた(笑)。

というわけでお茶をすることにしました。待ち合わせは梅田。

じゃあ、「パレ・ド・オール」に行きたい!と提案。

 

ハービスエントの4階にある、高級感あふれるショコラティエ。

何度も前まで行ったけど、なかなか一人で入る勇気がなく…。

やっと行ける!(ブライダルカフェに一人で入れるんだから、行けそうな気もしないでもない…)

でも、もうお店の前のメニュー見るだけで…やっぱ一人では逃げ出してたわ!

…価格が!さすがショコラティエだよ!こんなん普通の友達絶対気絶する。ケーキホリックしか連れてこれへんわ…。(ちなみにこのお友達は製菓学校時代の親友で、現在もパティシエさんです)

 

まずお店に入ると、目に入るのはボンボンショコラがずらりと並ぶショーケース。チョコのダークブラウンと、ブラックを基調とした売り場を通り抜け、案内されるのは…一転、真っ白な床、テーブル、いす…、そして一面ガラス張りで、さんさんと光が差し込むイートインスペース。そのコントラストにうきうきしてしまいます!!夜はさぞ夜景がきれいなんでしょう…。

メニューの詳しい説明を受け、散々悩んで…友達は季節限定のグラスデザートを。私は定番のショコラデセールの中から「クープ・シャンパーニュ」を選び、ドリンクには「ショコラ・ショー」を!やっぱここに来たらこれでしょ!と思って♪でも、クープは冷たいパフェみたいなものだから合わせて頼むのは相当、変だったかも(笑)。店員さん、困惑させてすみません…。

 

ショコラデセールやし、茶色っぽいものを想像してたら、全然違ってびっくりした!!

透き通るアメも美しい、シャンパーニュのクープ。

シャンパン、とくればイチゴなんですね…!なんだっけ、プリティ・ウーマンだっけ?

シャンパンのゼリーと、イチゴと、白いのはアイスで、サイドにあるのは…なんか、豆?のムース??

どこがショコラなのかというと、アイスの直下にちゃんとチョコが隠れてます。ジヴァラのん。

で、そのまた下は…意外にもたくさん、赤い実の…ソルベ?がつまってて、なんというか…おいしい!!大満足!!の一品でした。またこれ、入れ物もカワイイよ!!

 

友達の頼んだ、季節限定グラスデザートはこちら。

なんだっけ、ココナッツと、桃と…バニラ?

とにかくね、すごいんだ!!隣の席のうちが失神しそうなくらい、ココナッツの香りがするんだ!(←ココナツ苦手)

…すごいよ?だって、デセールなのに!冷たいのに、香り立つなんて!!

一番上のぐるぐるしてるのはメレンゲで、凍るギリギリくらいのムース?がサンドされてて…そこはココナツじゃなかったから少しうちもいただいたんだけど…めっちゃおいしかった!!

 

 

で、ほったらかしにされてる(笑)こちらが、ショコラ・ショー。

おかわり分が来たのは驚いた!!ほぼ2杯じゃん!!

お味は、すっきりとしておいしかった。…チョコなのにすっきりは変かもやが、とにかく、やな感じが全然しないのね。感動。次は、ちゃんと熱々のところをいただこう(笑)

 

普段はボンボンショコラをお持ち帰りはほとんどしないんだけど、お友達が選んでるの見てたら欲しくなって買っちゃった!4粒やけど…。

箱、めっちゃかわいい。

 

 

左上から時計回りに。スペシャリテ「パレ ド オール」、カリカリしたのが入ってる「クラクラン」、私的定番「グラン マニエ」、くるみの「ノワ」。

どれも…月並みな表現だけど…すごく、すごくおいしかった!!

やっぱりいつも食べてるチョコとは全然ちゃう!(←コンビニお菓子…そりゃそうだよ)

ほんまにおいしかった。印象的だったのは「パレ ド オール」。なんか見た目の印象とは異なる、繊細な味でした…。ちまちま食べちゃったよ!あと「クラクラン」かな。ラム酒がまた、いいかんじで…。

あと、こちらですごく有名なのは、砂糖を使わずに、はちみつだけで甘みをつけているボンボンショコラです。う、うちは…はちみつ苦手なので…(えー)。でも試食で一ついただいた!!なんか、すごく複雑な味わいっていうのはすごく感じた!!…でも、は、はちみつ、苦手なんです……。はちみつが苦手でさえなければ、すごくおいしいんだろうし、すごくおもしろいショコラなんだろうなって思う。だから、自分がはちみつ苦手なことが、すごくくやしい。めっちゃ種類あるし!

 

まあ、そういうわけで、大満足でした。大好きなお店です!

…ほんまに、なかなか来れなさそうだけどね!!だって結局…いくら?3500円くらいいったよな…。うちは平気です。おいしいものにお金払うのは全然苦じゃない。だけど…普通の人の感覚では…ぶっとびやんな…。しゃーない。一人で来るか…。夜景でも見に…(えー)

 

 

ハービスエント、本当に好きです。あの、劇場っぽい内装とか、最高!

ブランドショップがめちゃくちゃ入っているので、中に入りにくいのですが…。

でも…3階かな?勇気を振り絞って奥に進むと、ものすっごい好きな本屋さん&雑貨屋さんがあるんですよね~!

友達に教えてあげたら、えらく気に入っていただけたようで、それもまたうれしい…そんな一日でした。ああ、楽しかった。

Comment

パンの香り

2007-07-23 23:58:20 | きょうのできごと

…これ、今日全然ちゃうこと書こうとしてたんだけど、やめた。

 

いや、私、ネットは2階の自分の部屋でやってるんです。最近は暑いから、母もこの部屋に布団しいて寝るもんで、音楽が流せない。…で、パソコンのイヤホンで音楽聴きながら、黙々と書いてるわけですよ。母の小言も聞こえないくらい、黙々と。(そういや、今日の母はえらくうちの心を傷つけることを言ってくれたなあ…。なんかいやなことあったんやろか。…あ、うちがだらだらしてたのがむかついたんか。でもさ、ああいうのはやめようとうちは思う。イライラしてるからって他人にキツイこと言っていいわけない。まあ、うちも反省せなあかんことばかりやけどもさ。…言い返すことができないのは全て自分に非があることやけど、それでつっかかっていったりとか物とかに当たったりとかしないのはうちの少ないいい所やと自分で思うね!持ってたクレジットの封筒、バリバリってやぶってガーンってゴミ箱に捨てようかと思ったけど、3秒前に思いとどまった。そんなことしても、あほらしいって。…まあこの態度が、余計に相手をイラつかせるんかもしれんけど。少なくとも、ゴミ箱は傷まない。)

 

で、…あ、これ書いてたら、また。

なんかそういう、自己閉鎖空間にいるはずなのに、なんだかさわやかな…香りがするような、気がして。気がする、っていうか、ちょっとまとわりつくっていうか…とにかく主張してきた。自分の部屋で、ゲームの音楽聞きながら、一人パソコンに向かっている(しかもパジャマ)人にはあまりにも不似合いなそのさわやかさ。イメージは「朝」。(って夜中なのに!)

たまらずイヤホンをはずした。少し感覚が戻ってくる。これは…パンの香りだ。

でも、なんで??なんで今頃?しかもこんな強烈にパンの香り…?

 

しばし悩んで、はっと気づく。あわてて階下へ。台所へ!

…そこには、果たして。

「残り時間37分」を示して稼働中の、パン焼き機が!!

 

なーる!母は寝る前に、これをセットして、スイッチを入れてたわけね…。

つーか、普通は朝に焼きあがるようにタイマーをあわせるんですがね…。まあそんなムズイことはできないんですね…きっと…。

 

夜中にひっそりと、でもいい香りを漂わせまくりながら焼けていく食パン。

なかなかステキです。書かずにはいられなかった!

…ていうかそろそろ焼きあがったはず…すっごいまた、香りしてる…。

 

パン焼き機は、こないだ電気屋さんで2千円で投げ売り(ほんまに投げ売りや)されてたのを、おもしろがって買ったんだけど…母は気に入ってくれた模様!よかったよかった…。

うちもさー…、調理電化製品、もっと使っていかなきゃな~。バーミックスとか…フードプロセッサーとか…。でも、ああ、何故?何故なの?買う前は、いっぱい作りたいもの(というかそれでしか作れないもの)があるというのに、買うと、それを使わないものばかり作っちゃうのは何故なのー!?

まあ、いいか…。とにかく明日の朝、あのパンを食べられるのが楽しみです。

今度本屋さんに行ったら、パン焼き機をもっと使えるように、本でも探してこよーっと!

 

 

…そっか!パン焼き機、ってなんか響きが変だと思った!

正しくは「ホームベーカリー」ですね!…うちではパン焼き機なの。餅つき機とか、たこ焼き機とか、焼き芋焼き機(ちょっと待て)とか、そういうかんじで。

Comment

超今更「パティシエール!」2巻感想

2007-07-22 23:53:50 | 感想文

1巻の発売が2007年1月…

そして2巻の発売はなんと2007年5月!

…早くね?ジャンプじゃあるまいし…。完全に油断してた。本屋のお姉さんに教えてもらい、気づいて買ったのがこの間でした。

 

さて、1巻の感想では手放しでほめてたこの4コマですが。

2巻では…それぞれのキャラクターによりスポットをあててる感じですかね?

1巻ではとにかく「製菓学校」の中での「ありがちなこと」をおもしろおかしく描いておられたんですが、今回は世界がもう少し広がってます。マンガとしてはおもしろくなっていくための重要なステップなんでしょうが、とにかく「卒業生」であり、「製菓学校大好き!ラブ!!」な私にはちょっとさみしい、が本音です(笑)。

いや、もちろん舞台はあくまで学校なんですけどね?なんというか…全体的に見ると、やっぱり減ってるんだよね。まあ、そりゃ、ネタも限りがあるだろうしなあ(えらそうですみません)。

でもこのマンガ、まだまだ終わりそうにないので、まだまだ今後に期待です。…つーかあのペースだと、まさか次は9月に出たりするのか?早くね?うちが死ぬほど待ってる「だめっこどうぶつ」の3巻はいつ出るのか全然わかんないのに…

 

まあ、テンション低めの感想ですが…、製菓学校を舞台とする、パティシエの卵たちの日常が描かれたマンガってそんな多くない中、これは貴重な1冊であることには変わりはありません。キャラたちもどんどん生活感が出てきてステキです。失敗したプリンをなんとか食べて(=処分して)もらおうとするまさこねーさんの姿には、ある意味感動しました…。

あと、ページ開いたとたん、悶え死ぬかと思った…!!

カラーページのキャラ紹介…!愛しの宮本先生の好きなお菓子は、なんと「オペラ」!!

ああっ…うち、オペラ好きでよかった…!!(えー)

クール美人・宮本先生は今巻でも時々暴走してて、そのギャップがたまらないです。ネコのことを語るとこなんて、最高。

Comment

ときかけ…

2007-07-21 23:55:18 | きょうのできごと

…最後の30分くらいだけ見れた。

全然話知らないので…あたりまえですがわけわからなかった…

でもきれいね、絵。空とか…。動きも。人気があるのわかる。ちゃんとDVD借りてきて見るかなー。

なんか一瞬出てきた女の人の部屋がすごく気になった!本がいっぱい、そこかしこに山積みになってて…。あれ!ああいうのが理想なのー!本だらけなのに「汚い部屋」ではないってとこが!!無印みたいなパキーンとした部屋はうち、絶対生活できないもん!…ていうかあれ、誰?(えー)

 

とりあえず、主題歌が耳に残ったので、さっそく着うたフルでダウンロードしてみました。良いね~。次のカラオケでは歌うぞ!

「♪あなたと過ごした日々をこの胸に焼き付けよう

思い出さなくても大丈夫なように」

 

 

…いや、若すぎるかな。ちょいと。

うちもいい年やしな…自覚せなあかんかな…はあああ。

 

 

もしタイムリープができるようになったらどうしますか?

 

…うちは、とりあえず今日の21時に戻って「時をかける少女」を最初から見たい。

Comment

ハリポタ旋風

2007-07-20 23:31:46 | きょうのできごと

盛り上がってますねー…。

いいなー。お祭り嫌い(……)な私も、好きなもんなら乗っかりたい気分になりますー。

 

「不死鳥の騎士団」映画公開&最終巻発売…。

映画はそのうち絶対見に行きますけどね!水曜日夜とか狙って!

本当は今日行ってもよかったんだけどな…。ちょっと風邪引いてるので、咳とかしちゃうと迷惑だろうし…つーか興奮して熱出そうだし、やめときました。かわりに公式サイトで、予告編3回くらい見たり、ざっとストーリーの予習したりしておきました…。つーかあかん、絶対泣く!一人で行く(もちろんね)のに泣かせるとかやめてくれ!

前の映画…「炎のゴブレット」でも最後らへんは泣いたもんなあ…。でも「え?え?」って混乱してたから…理解ができなくてさ。だからDVDで見た時のが泣いた。…むずかしいよねえ、ハリポタ。うちが頭悪いだけかもしれんが…。「秘密の部屋」も理解できなかったし…本読んでやっとわかった。

でも映画は大好き!!だって、あの本の容量をすべて映画でやるわけにはいかんのやし、そう思って見ればすごくよく収めてると思う。映像効果もすばらしいし。まあ、なにより役者さんやね!!ダン!ダニエル・ラドクリフ!!

 

そういや本は…たしか、3巻までは読んだ…と思います(うろ覚え)。…いや2巻だっけ?やば。ほんとわかんなくなってきた。あれ?でもいわゆる「親世代」の話は見たことないんだし…じゃあ2巻までか??アレ?

そんな状態なのですが…とうとう明日発売される「原書」ハリーポッター最終巻が気になって仕方ありません。…いや、いつかは絶対ハリーの原書、読もうと思ってるんだよ!?おもしろいらしいしさあ…。だからっていきなり最終巻買うなよ!…って話ですよね…。わかってます。でもさあ!気になるんだよ!ずっと前からこの最終巻で主要人物が死んじゃうとか言われてるとさあ…ネタバレで目にするよか、自分で読んだ方がいいに決まってるじゃん!?

あー。しょうもないってわかってるけど…葛藤。

おかしいな、うち、本屋にいた時原書発売も日本語版発売も経験してて、その時は見向きもしなかったんだけどな…。祭りにのせられてるのか…?おちつけ、おちつけ!

あー、そうだ、忘れたか!?「映画が最初」にしようと誓ったことを!原書だろうが日本語版だろうが、映画で話を見るまでは読まないと誓ったことを!…よし、よし。落ち着いてきた。

じゃあ、とりあえず、5巻まではそろえてみようかな…、って、アーーーッ!!こないだまでアマゾンのマーケットプレイス、4巻くらいまで1円で売ってたのに!今、ブームだから売れちゃったのかな!!くそーー!ブームよ、去れ!!(えー)

 

そういやハリー…じゃないや、ダニエル・ラドクリフ君にファンレターを書こうかと思ってます。日本からのファンレターは丁寧で心がこもってて感動するものが多いってインタビューで言ってたから!!うちも書く!!!(えー)

Comment