「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今週のイザヤさん(デュラララ!!4話感想)

2010-01-31 23:40:30 | デュラララ!!
今回は首なしライダーこと、セルティ・ストゥルルソンのお話でした。あと、OPとかEDで気になってた岸谷新羅くん、二人のお話。白衣でメガネとかツボ過ぎる見た目の彼でしたが…うん、結構変わった人でした。

ええと、そういうわけで今回はイザヤさんの出番、超少なかったです。
まあ、3話みたいなのが連続されると、感想を書く方としては大変なので…これくらいでちょうどいいかな!あれが続いたりしたら…ええと、遊戯王文庫版で例えると…17巻とは言わないまでも、13巻が連続されるようなもんだから!(うちにしかわからない例え)

でも出番少ないからってウザくないかと言われれば、ちゃんとウザいのがすごい。さすがイザヤさん。
序盤で、セルティに対して「デュラハンを見たという似顔絵描き」の情報を提供するのがイザヤさんなので、重要っちゃ重要です。これ言わなかったら、この話まるごとなかったかもだし。
運び屋の仕事をセルティが請け負い、その代金をイザヤさんが支払っている…そんなシーンから始まっているんですが……これは、時系列的には、2話よりも後の話なんだろうか??あの女の子が自殺しようとしたことで、セルティはかなり怒っていたような印象を受けたんだけど……。それはそれとして、大事な取引相手であることは変わりないから、ビジネスライクな付き合いは続けることにしたんだろうか。ううむ。
「ホントに運び屋様様だねぇ。アンタあっての俺。俺あってのアンタ。」
「後の方は認めたくないな。」
「そう言わないで。これからもよろしく頼むよ。アンタとは仲良くやっていきたいんだからさぁ…。この先もずっっと。」

あぁあ~~~!!文字ってなんて表現範囲がせまいんだ!!「そう言わないで」がね、語尾が付加疑問文的な上がり方をしてるんですよね!でも「そう言わないで?」って書くとちょっと、いやかなりカワイイ感じになっちゃうなと思ってやめたんですけどね、そのままやとフッツーに言ったみたいじゃん!!全体的に不穏な言い方なんですよ!最後の「ずっと」もこう…わざと溜めて言ったみたいな!でも「ずーっと」って書くとちょっと、いやかなりカワイイ感じに(以下略)。
セルティにも「不気味さを感じるのは気のせいか?」とか言われてるし!
「おおっと、間違いなく気のせいだよ!」ウザいアクションきた!この後左足を持ち上げる体勢になって「ところでさあ、アンタデュラハンって知ってる?」。この切り替わり!いつもながら素敵。
似顔絵描きの話をすると、セルティの様子が変わる。「まだそこにいるのか?」と聞かれて「さあ?ちょっとわかんないけど。」って答えるんだけど…この言い方もかわいいいいい!!「ちょっとわかんない」って…情報屋にあるまじき発言ですよね!?まだ左足を両手で支えるお茶目な座り方してるし、表情もかわいい!なんだこいつ!!
でも、急いで行ってしまうセルティを見送って一言。
「…やっぱり気になるんだ。」
不敵に笑ってコレ!やっぱ怖ェ!!
しかし笑う一瞬前の、ちょっと驚いたような呆けた顔はかわいい。よくわからんなあ、この人…。

てか、セルティに「声」があることにびっくりした!!
…いや、首がないんだからもちろん口もなくてしゃべれるわけなくて…実際は全部筆談(…画面に入力してる場合も「筆談」なのかな?)なんだけど…。アニメでの表現として、「声」があてられている…。すごいなあ。これ、誰が決めたんだろう??普通しゃべらせない…よね?だってキャラはしゃべってないのに!!字幕にするとかいくらでも手段はあるんだし。いやあすごい。
しかも、声優さんが沢城さん!!
2話のナレーション、すごい印象的で、「なんでこんなゴージャスなナレーションなんだ…」とか思ってたんだけど、…他の話も、登場人物の誰かの語りで進んでいってる…。もっと早く気づけたはずなのに!うちのマヌケ!!…いやしかし、あの2話の語りが全てセルティのものだってわかった今では、また印象が変わりそうな気がする…。また見ないと!(何回見てるんだよ2話)

…今回、新羅くんの語りと、セルティの「今日の出来事」の話、そしてセルティと新羅くんの出会いの回想…と、3つの話が重なって進んでいってて、初見ではかなり混乱した。でも嫌な感じはしない。「どうしても取り戻したかった。一日も早く。」(←首を、ね。)っていう言葉を、過去と今で重ねてるのとか、すごい。うまい。
…セルティかわいいよなあ。首がなくてもチャーミングって言う新羅くんの気持ち、ちょっとわかるような気がする。大体、最初は思いっきり男だと思ってたし。足のラインとかで女だって気づいたけど…ちょっと見じゃわからんように描いてあったような……?(でも弟に聞くと、女って確信してたみたいだからこれはうちだけかも)
てか、なんで男だって思い込んでたかって言うと…何度も見てて気づいたけど、…1話のチャットのシーンで「甘楽」が思いっきり首なしライダーの事、「男」って言ってたからなんだよなー…。

甘楽と言えば。今回の甘楽さんはえっらいテンション高かったなあ。「わんばんこ~~」とか入力してたみたいだし。
…1・2話の時点では、甘楽さんは思いっきしイザヤボイス(というか神谷ボイス)だったんですが、3話で主人公含むチャット参加者全員に声の加工がされてて…今回もまた、3話とは違う感じに加工されてて…ていうか、もはやイザヤには聞こえなくて…あれれ?って感じです。イザヤさんじゃないのか…?最初のはミスリード?うちが勢いよくひっかかってるだけ??…まあ、私声の聞き分けあんま得意じゃなくて、有名声優さんでもすーぐ間違えたりするので、自分の耳は一切信用してないんですが…(えー)。大体、セットンさんも誰なのか予想全然ついてないし。キャストに名前なかったし、メインキャラの誰かではあるはずなんだけどなぁ…。
…そっか。セルティと同じで…チャットだって声をあてる必要はなかったはずなのに…。どうして制作側はあてることにしたんだろうか。ヒントをあたえるため?それともミスリードのため?…単に臨場感を出すため?(臨場感ったって、チャットはリアルでも声は出ないはず…え、出ないよね!?)(←ついったーを理解できないくらい時代に遅れているので不安…)
あれ?…今1話見返したら、思ったほど神谷ボイスじゃない…かも…。なんか嫌らしい感じが「イザヤだ!」って気がしただけ?「奈倉さん」に意識がひっぱられてるのかも…。しかも2話、チャットのシーンないし!うーん…あんま考えないでおこう。

今回、おもしろかったんだけど物足りない気分でもありました。
なんでだろ、と考えて…次回予告で気づいた。「紀田くんが出てないから」だよ!!(イザヤさんの立場って…)
次回の語りはきっと紀田くんやね!!今までも次回予告した人が語り部だったもんね!…いつかこの先、イザヤさんが語りの回とかもあるんだろうか?いやん、想像しただけでウザい♪(おい…)


【今回のサムネ】
本当は「ちょっとわかんないけど」のとこのポーズと表情がよかったんですが、とても小さくてサムネでは見えないので、「これからも、ずっと」のとこの顔にしました。ウザい顔が並んでゆく…。
そうそう、1話のサムネだけはイザヤさんにしてないんですよね(出番一瞬だし、画面暗くてよく見えないし、なによりウザくない)(最後の理由ちょっと…)。なんと紀田くんなのです。「2番、紀田正臣!」の時の、ピースにした手をちょこちょこ動かしてるとこ!!かわいい!!録画番組のまとめ表示にしてるときは、1話のサムネだけが表示されているんですが非常に和みます。いやだから、紀田くん大好きなんですってば。…ある程度の展開は覚悟しますが、実はラスボスとかはやめていただきたい。マジ頼みます。
Comments (2)

アリスさんが好きな理由

2010-01-30 14:33:19 | ニコニコ動画紹介
アリスさん大好きです。東方プロジェクトのアリス・マーガトロイドさん。
そもそもなんで好きになったか考えてみると……まあ知ったきっかけはあのどんつーどんつー動画なんですけども(お約束通り最初は「魔理沙」だと思ってた)。
最初は曲がおもしろくて聴いてたんだけど、あのフラッシュの、結構シンプルな絵の、スカートを端をつまんで踊る姿が、ある日ふとかわいく感じたんですよね。
あ、かわいいなあこの子、と思って。
んで「東方」というものを調べてみた。
…最近はそんな目立ってないかもだけど、この頃ニコニコではマリアリ作品であふれてて、なんとなしに見たそれでどハマリして…まあそれはいいか。
そりゃあ霊夢と魔理沙にはかなわないだろうけど、アリスはかなり絵師さん方に愛されているようで(歪んだ愛され方もようされてますが・笑)、すげえ美しいアリスもかなり目にしてきました。いやZUN絵が美しくないとかそういう意味ではなく。
…そもそものデザインがめちゃかわいいんですよねえ。金髪のウェーブ(巻き毛?巻き毛って一旦書いてみて古臭いかと思って書き換えたけど…)、真っ白の肌、青いワンピースにピンクのリボンに…あの特徴的なフリル。…フリルなのかなあれも。ギザギザやけど。でもあれがめっちゃかわいい。巫女さんである霊夢に向かって「所詮、あなたは二色」とか言うし、キャッチコピー?が「七色の魔法使い」だし、服とか髪の色が全部で七色あるのかと思って必死に数えたことも…(アホか)。
いやもう、ほんとかわいいよなあ。設定とか性格とか知る前に、霊夢よりも魔理沙よりも断然かわいいと思ったもんなあアリス。
なんでそんなことを突然言い出したかというと、こういうのを見つけたからです。
アリスさんと上海さんが立体化されるそうです【東方】

めっちゃかわえええええええええええ!!
表情もすごくいいし、服の造形も…ああ、欲しいけど、高い!
あと、フィギュアって自分ではあんまり活用できない気がして、出来がいいほど所持しているのが申し訳ない気持ちに…。いや暇なときは愛でればそれでいいのかもしれませんが。500円くらいのやつでもすごいなあすごいなあってずっと見てられるので(Fateのやつすごかったなー)、こんなん目の前にあったら一日中ぼんやりしてしまいそうでそれが怖いっていうのもあります。
ああ、絶対買えないだろうから、この動画を時々眺めて我慢することにしようっと…。

もちろんアリスは見た目だけじゃなく、中身も大好きです!!
お人形さんみたいな見た目で人形使いだとか、戦うときに全力でやらない(本気出すとマジ強い)って、最高の設定だよ…!
Comments (2)

これが結束の力だ!

2010-01-27 00:08:52 | ニコニコ動画紹介
劇場版公開記念ですって!気づくの遅っ!私!!
【合作】 七色のユウギオウ動画

すごいです。遊戯王MADがどれだけ愛されてるかわかります。
社長が出ずっぱりなのはまあ置いとくとして(むしろ私は大歓迎だ!・笑)、
ホントすごいわー。こんだけネタがあるのかと感心してしまう…。

ここに貼っといてなんですが、ニコ割りも力入ってるのでアカウントお持ちの方はぜひニコニコで見て下さいね。はい、リンクはこちらですよ↓
【ニコニコ動画】【合作】 七色のユウギオウ動画
市場のKCグッズの売れっぷりもぜひ見てきてくださいね。
…タペストリーが売れてる…。どうしよう、なんかくやしい(えー)。
メタルブローチ、もっと予約されると思ってたのになあ。社長とおそろですよ皆様!(おそろって…)せめてタペストリーには負けるな!

顔芸の最高速の呪いの歌が…すごかった…!!本当に歌ってるし、本当にエコノミーユーザーに呪いかけてるし(笑)。
それにしても最後の方はいつも泣けます。劇場版…早くDVDレンタルスタートしないかしら…(えー)。
Comments (2)

先々週のイザヤさん(デュラララ!!2話感想)

2010-01-26 20:37:41 | デュラララ!!
せっかくなので、あの衝撃の2話のセリフも書き残しておこう。
もう何度も見てますが、…何度見ても息を呑む。
あのシーンだけはどうしても「ウザい!」とかで笑えない。

…私がそれほどに衝撃を受けた理由は。
たやすく想像できたから。ヒロインと同じ行動を取る自分が。
私がもし、彼女と同じ状況にあったとしたら…、最初から最後まで全く同じ行動に出て、最後にイザヤさんに笑われるのだろう。「予定通りで退屈だった」って。
そしてセルティのいない世界で、…ただのシミになるんだろう。


「…死のうと思ってたのに、拉致なんかされちゃって、ここでビビッてる自分は何なんだろうかと思って、ちょっと悔しい、とか思ったりして。でも抵抗したら、死のうとしてた自分を否定することになるから、ここは運命だと思って、素直に受け入れようかと思ったりもして。でもいざ助けられたら、ホッとしちゃったりとかしている、…そんな、君の顔が見たかったから。…一言で言うと、全て見透かされちゃって、絶句してる君の顔が見たかったから。」

「どうして?…そうだねえ、それに対する答えは、君にとってとても哲学的に聞こえると思うよ?それでもあえて説明すると…人間が好き、ってことかなぁ。人間ってものがおもしろくて、興味深くて仕方ないんだよねぇ。…あぁ、あくまで好きなのは人間であって、…君じゃないから。ここ重要。」

「君さぁ、自分だけ特別だと思ってない?…そんなことないから。みんな一緒だから。清廉潔白なだけで、生きていける奴なんて、どこにもいないんだからさ。…君だって、秘密の一つや二つ、あるでしょ?自分は良くて、なーんで親がダメなのか、考えたことある?」

「結論を言わせてもらうとねぇ、浮気しても浮気知ってても、誰だってつまんない冗談に笑って、甘すぎる煮物を食べて生きてるんだと思うんだよねぇ。」

「ごらん?どんな悩みがあろうが、今やみんなただのシミだよ、シミ。例外なく、誰でも。神の下に平等に。」

「…ま、今日一日、君の気持ちが無様に揺れ動いたのが見られただけで良かったよ。俺がホントに興味あるのは、君のお悩みとかじゃないから、さ。悩んでる君の生態だから。ついでに言うと君の生態は予定通りで退屈だったよ!最初から死ぬ気ないのはわかってたからね。それじゃーね!楽しかったよ、マゼンダさん!」


うーん…改めて、すごいセリフ達だなあ。
でもこうして字にしてみると、なんか違うというか、やっぱりあの恐怖は、声優さんの演技によるところも大きいので……、まあ、私はもうこの字面だけで、あのボイスが脳内再生されるようになったので問題ないんですが(……)。

この回、ヒロインの少女が救われなかったら、ただのトラウマで終わってたと思うけど…
ラストの少女の表情、その時のナレーション、どちらも最高なのです。

”彼にも、そして彼女にも。見えているものが現実とは限らない。
少女は思う。自分もいつか、誰かに伝えることが出来るだろうか。
世界は、あなたが考えているほど、ひどいものではないのだと。”



【今回のサムネ】
最初に心臓を射抜かれた「自分は良くて、なんで親がダメなのか」って言われるとこ。イザヤさんが右手上げてるシーン。
Comments (2)

先週のイザヤさん(デュラララ!!3話感想)

2010-01-25 22:38:39 | デュラララ!!
えー……と。
見てましたとも!引きましたとも!!
でもより大好きになっちゃいましたよイザヤさん!
折原臨也さん!

3話で、女の子のケータイを笑いながら踏み潰してました。
……大好き!(お前病院行け)

いや、なんかこのシーンだけ、番宣でチラッとは見てたんですが、
まさか、あんなに延々とやられるとは思いませんでした!!
しかも高笑い!途切れない高笑い!!
これは試練なの!?直視できるかどうかの試練なのー!?
…負け気味です。
ていうか普通にドン引きですよねこれ。私ですら引いたもん!
…でも、2話も最初は、引いたもんな…。あまりの怖さに。
そうなんです。引くほど怖かったり、うざかったりするのに、
気がついたら夢中…、それが彼の魔力なのです!(病院早く来て!)


現在の時点で、1話・2話・3話をそれぞれ10回以上見てます!!見すぎだ!
何度も見るうちに気づいたこともあるし、逆により謎が深まったりして…楽しい!
こんなにハマるアニメは久しぶりなので、せっかくだし感想でも書こうと思うのですが、…このアニメの謎めいた部分とかを書くのはかなり難しそうなので(登場人物も結構多いしなー)、イザヤさんの言動をメモするということに集中しようかと思います!だからあんなタイトル。

というわけで、3話のイザヤさん。
Aパート終了直前、「街は危険で溢れている。ここにも。…そこにも。」というナレーションに合わせて登場。街でナンパを頑張る主人公達を後ろから見てて、ニヤリとあの、特徴的な笑い方をして、すぐにブラックアウトしてCM。…そのおかげで、一瞬なのに印象的すぎます。

Bパート。いじめられているクラスメイトを目撃した主人公達。助けに行くべく、勇気を出して一歩踏み出そうとしたその瞬間、後ろから声をかけるイザヤさん。
「いじめ?…やめさせに行くつもりなんだ?」
振り向く主人公。こっちも、よっしゃキタ!と思って注目してたら、
すごいイヤな顔のアップ…(笑)。いや、作画崩壊とかじゃなく、とにかくイヤな顔なんです!眉とか!!静止ボタンでも押そうもんならずっこけるレベル。別に静止せんでも結構長い間この顔だし!!
そしてさらにこっからニヤリと笑うんだもの!!主人公が屈んでいるためカメラが見上げる姿勢になっているから余計に破壊力がすごい。
そんでわけもわからず(※初対面だから)混乱したままの主人公を無理矢理その現場に連れて行って、どんって背中押して割り込ませて…
自分は悠々と近づきつつ、「いじめ、かっこ悪い。実に良くない。」って…。
ギャルにおっさんには関係ないとか言われて、
「あぁ…。君達がここで殴られようがのたれ死のうが、関係ない。俺が君達を殴っても、君達がまだ23歳の俺をおっさんと呼ぼうが、…君達と俺の無関係は永遠だ。」「ハァ!?」「…人間て希薄だよね…。」うわぁやな顔!ほんまにハァ!?やで!あと、23歳なんだー♪(←おい)
自分に女の子を傷つける趣味はない、と言って…イザヤさんが「何か」して…、ギャルの一人のカバンの紐が切れ、道路に落ちてケータイやらなんやらが散らばる。
ゆっくり近づき、ケータイを拾い上げ、
「…だから、女の子のケータイを踏み潰すことを趣味に……するよ。」顔がー!言い方がー!
ケータイを再び自分の足元に落とし、間髪入れずそれを踏み潰す。
笑いながら、何度も、何度も、踏む……!カメラがぐらぐらしてるのもたまんなく怖い!
あまりの展開に主人公もギャル達も呆然。止めることもできずただ見るだけ…。
唐突に、足が止まる。「…飽きちゃった。」
顔を上げ、目をおもっきり細めて笑って「ケータイを踏み潰す趣味は、もうやめよう。」
こえええええええ!!
ギャルのボディーガード?的な人が前に飛び出すが、全然ひるまずに、「暴力?お~、怖い怖い!」とか「こうさーーーーん!」(←降参、ね)とか、ウザさ大爆発です!またこの時に「何か」してて、男の髪の毛を綺麗に剃っちゃってたんだけど…
自分でも「妖怪・かまいたち参上。」とか言ってるし、…少し前に、別のギャルが噂してた「切り裂き魔」もイザヤさんのことなんだろうか。ていうかこのセリフの前、おぼえてろーとか言いながら逃げる男を見て、心底おかしそうに笑ってる顔もまた…ウザい(えー)。この切り替わりがすごいよね…。

で、シーン変わって…イザヤさんと、主人公三人組(でいいんだろうか…)が向かい合って話をしている。
ここはもう、紀田くんの緊張が伝わってくるようで、恐ろしくてたまらなかった…!
私達姉弟、紀田くんのことが大好きなんですよ…!皆どっかしら覚えにくいのに、最初に名前覚えたの紀田くんだし(まあそれは1話の影響もあるけど)。紀田くんマジいい奴!ここには書いてませんが、この話でも、もちろん1・2話でも、「いい奴」がにじみ出てるような子で…「ギャグが寒い少年」だけで説明を終わらすのはひどいと思うの!!(公式サイトだっけ?)いい奴すぎて、この子が今後ひどい目や痛い目にあったりするかもと思うと怖くてたまらないのです…。いや、最近ですね、弟とガンダムWの話をしていてですね、デュオいい奴だったよなあ、いい奴なのにかわいそうな目に結構遭ってたよなあ、というね……、これは予感なのです!でもやめてええええ!いい奴なのに貧乏くじとかかわいそうすぎるからやめてええええ!…でも、まあ、今のところ、信じてる仲間に利用されたり裏切られたりっていうのは、なさそう、と信じたい、んですけど……。
主人公(いい加減名前で呼んでやれよ)は、まだ気づいていませんが、…紀田くんはあの路地裏で出会った瞬間から、「折原臨也」だとわかっていたのです。1話で主人公に「相当ヤバイから絶対に近づくな」と説明していた本人だと。振り返って気づいた瞬間、…あの紀田くんが、声も出せずにいた。主人公を連れて行かれるのを、止められもしなかった。その恐ろしさを、本当に知っているからこそ、…動けなかったんだと思います。
そして今も、いつもの紀田くんじゃ到底考えられないような緊張した声で、会話を続ける。主人公の事をかばうように(多分、目をつけられないように、とかそんなで)「こいつは俺のただの友達です」とか言うところは、もうけなげ過ぎて涙が出そう。
……でも。明らかに。イザヤさんは「主人公に」会いに来た模様。なんなんだろうね。あとエアコンみたいって失礼な!(そこかい)

で、次ですね。
……初見で悲鳴上げました。私ってイザヤさん好きなんだなあと実感しました(えー)。
まあ、好きじゃないとしても…驚きますよね。いきなりゴミ箱が飛んでくるとか思わないよ!!めっちゃクリーンヒットしてふっとばされてるし!痛い痛い痛い!!あと、ここの紀田くんの「やべ~~…」の言い方が大好きです。
「イ~ザ~ヤ~く~~ん~……。」
来ましたバーテンさん。うちがイザヤさんの名前を覚えたきっかけの人!(だからそれはどうなのか)
「しずちゃん…。」 しずちゃん!?
なんで、なんでしずちゃんなのか…。幼なじみとかなのか!?大人になってから出会ってたらわざわざそんな呼び方しないよね!?…でもしずちゃんの方は嫌みたいやし、嫌がらせで呼んでるってのはあるかも(えー)。
「やだなあしずちゃん。君に罪をなすりつけたこと、…まだ怒ってるのかな?」うわぁ…。
「怒ってないぞ。ただ、ブン殴りたいだけさ…。」怖ぁ…。
イザヤ、一瞬険しい表情をして、その後やれやれってアクションと共に表情も声色も穏やかなものに戻して、明るく次のセリフを放つ。…いいわぁ、この変化が…!
「しずちゃんの暴力ってさ、理屈も言葉も通じないんだから、苦手だよ。困ったなぁ~…。」
軽く上げた右手。…次の瞬間見事な動作でナイフを取り出し、顔の前にまっすぐ構えて
「……見逃してよ。」
ひいいいいいいいいいいい!!めっちゃ怖いいいいいいい!!(声が)
しかも、このセリフのときは、自身の右手に阻まれて見えないんだけど、次に主人公側からのカメラに映ったときにわかる事実。
また、笑ってるんです!!あの、口の端を上げる笑い方で!!
どうしよう、もう、…大好き!!(おかしいよ私!)

こっからはしずちゃんのターンです。怖いです。
さっきイザヤにやられた男が仲間を呼んで報復に…来たはずが、しずちゃんとの大乱闘に。ご愁傷様です…。
そんな中、さわやかに「じゃっ!お疲れー!!」って言って背中向けて逃げ出すイザヤさんが大好き。愛しい。(……)
…もしかしてめちゃ逃げ足速い?しずちゃんが自販機投げた瞬間は恐らく直線上にいたんでしょうけど(でなきゃ投げないよね?さすがに)、サイモンさんが飛び降りてきて受け止めるシーン、後ろにはもう誰もいなかったしなー。だがそれがいい!
主人公はいつもつっこみどころがずれてるんですね(紀田くんには的確なつっこみをしてるように思うけど…)。てか、心の声が回りにだだもれなのか?サトラレ??それともサイモンさんに読心術の心得があるのか??口動いてなかったけどしゃべってたのか?

ラスト、おかしなスキップで楽しそうに進むイザヤさん。最高(ええー)。


【今回のサムネ】
録画一覧に表示されるサムネイル、自分で自由に設定することができるんですよね。通常はランダムのままほっとくんですが、長く残すとか、DVDに移すとかする分はいつも変えます。
やっぱりその話の印象的なシーンとかを選ぶんですけども…
3話は候補が多すぎて迷った!あの路地裏登場シーンの嫌な顔か、ゴミ箱ぶつけられて吹っ飛ぶ瞬間か、「お疲れ!」のとこか…
でもやっぱり、笑いながらケータイ踏んでるとこの顔にしました☆
Comments (2)

クリスマスクッキー

2010-01-24 23:43:47 | パティシエごっこしましょ。
半額につられて(えー)。

あと、雪の結晶のクッキー型って持ってなかったので、欲しいなって(……)。

というわけで、クリスマスから1ヶ月くらい経ってますが、クリスマス気分でサクっと作りました。これすごいね。卵用意しなくていいんだぁ。水分は牛乳でオッケーでした。

でも二度とやりたくない(何だどうした)。

もー、こんなトッピングとか、めんどくさすぎ!!(えー)
パッケージのマネして飾ろうかと思ってたけど…ちっちゃいアラザンとか順番につまんで選ぶのも大変なのに、それを並べるとかありえないです。マジで(……)。
あ、しまった。光の加減でアイシング塗ってるか塗ってないかわかりにくいですね。
あと、雪の結晶とかも、抜いた型から外すのも大変だし…!(文句ばっかりだな!)

ツリーとかばっかりも飽きるので、手持ちの型でもやってみた。

手はドイツの材料屋さんで買ったやつ。我ながらトッピングがキモイ。
ちょうちょはお気に入りです。あひるも。
下はハイジです。秋葉原のハイジショップで買いました。…何年前だっけ?

本当にトッピングがめんどうになって、広げたとこにアイシングコーティングしたクッキーをくっつけるという暴挙に出ました。

…意外とかわいいじゃないか。どういうことなの…。

しかしまあ、さすがにこれはやりすぎた。

…きもちわるっ!!
でも、ボリボリした食感が私好みではありました。

ああ、ああいうパッケージみたいな、かわいいトッピングのクッキーを出来る人って、
かなりセンスも根性もあるんだろうなあ…。すごいなあ…(ええー)。
Comments (2)

HAPPY BABY!

2010-01-23 22:28:40 | パティシエごっこしましょ。
親友の赤ちゃんが無事、生まれました。
おめでとう!!

生まれたのが昨日の夜で、でも今日お見舞いとして顔を見に行ってきました。
翌日に行くとかどんだけ!って感じですが…いいって言われたから。お言葉に甘えて。

手土産に、これを持って行きました。

シュガークラフトの、ベビーシューズです。
出産お祝いの定番なので(←細工菓子の中では、ね)、前々から作ろうとは思ってて…型とか材料も頼んでて…、
でも、作り始めたのは昨日、連絡を受けてからだったという…
私って本当計画性のないヤツですね…。ていうかむしろ徹夜でなにかを作るのが趣味なのか!?ほとんどそうじゃん!!

人生初のシュガークラフト。
本を見ながらおっかなびっくり作りました。…なのであんまり細かいところは見ないで下さい(えー)。
いや、でも初めてにしては…ちゃんとベビーシューズには、見えるし、…見えますよね??
シュガーペーストをこねたり伸ばして型で抜いたりするのは、まあ問題なかった(青の着色料とか使い慣れてるし☆)…んですが、組み立てが!!繊細な作業過ぎて!!写真では大きさわかりづらいですよね、ええと…このベビーシューズの底の部分の長さが、4cmです。たったの4cm!!何度自分の指先でつぶしかけたことか…!(ありえない不器用さ)
あとアイシングで飾りを絞るのが本当に大変でした…!直径1mmだか2mmだかのシュガークラフト用口金(これは数年前に買ってた)で、夜中にフラフラしながら絞ってました…!
周りの飾り絞りは、ベビーシューズのふちのとこの絞りがあんまうまくいかなかったのでごまかしたんですすみません…。
次はがんばる。うむ。

あ、リボンの部分は本物のリボンです。
もっと、薄い…チュール?みたいなリボンがあったらそっちのがよかったかもなんですが、これはこれですごくかわいいので、自分では満足です。
でも、こんなちっちゃいちょうちょ結びなんてできなくて…てか、靴ひも結ぶみたいに2本の紐をちょうちょにするのはできるけど、1本のリボンでちょうちょ飾りだけってどうやって結ぶのか全然想像もつかなくて……
弟にやってもらいました!!ダメな姉ですみません。
でも親友は幼なじみであるので、弟も昔からお世話になっている…ということで、そこにお祝いの気持ちを込めてもらうということに…。ええ、後付けですが…。
…私はその時、必死でドット飾りを絞っていたので、結局結ぶ工程は見れてないんですが…どうやってやるんだろ?なんか、細い棒?を使って結んでいたような、気もする…(アンタ次どうすんだ)。

道具は前から用意してたんですが、ラッピングの箱…このまま飾ってもらえる、透明な箱を見つけ、買って帰ってきたのはたまたま昨日でした。うちGJと言わざるを得ない。
…いや、普通は事前に作っておくとかさあ…。

リボンを結んでラッピング。
…私がちょうちょ結びすると、こうなります(ホントに不器用だ…)。


かなりがんばったので…喜んでもらえて本当によかった!
赤ちゃん、ちっちゃかったです。当たり前!?いやだって、私、親戚も割と年が近い子とか多くて、近所もあんまり小さい子いなくて、こんな「赤ちゃん」って今までほとんど見たことないんです!生後一日とか人生初だよ!(…って言ったら、うちの母に「○○(←弟の名前)は?」って…。いやそんなん覚えてないってば!3歳だもん!!)
親友はやっぱり、大仕事の後という事で相当疲れていたようですが(そりゃそうだ)、我が子を見るまなざしは完全に「母」で…なんだか感動しました。旦那さんもすでにおもいっきりパパでした!パパは、お姉さんに小さいお子さんがいる関係で、誰よりも赤ちゃんを抱くのに慣れてました…。
あ、私はちなみに抱けませんでした!!だって怖い…!く、首がすわったらぜひ、抱かせていただこうと思っております!抱いた状態で緊張してひきつけ起こさんようにイメトレしとかなあかんな!(えー)


親友のお姉さんが赤ちゃんを抱きながら、指を出すと握るよって教えてくれました。
私はもう、ほっぺがぷにぷにだよといわれても、あんまりたくさんは触ることができずに…ひたすらその、どこまでも小さい、小さくて壊れそうなのにちゃんと生きてる「人」を見つめるばかりだったんですが、そこで、勇気を出して指を出してみました。ちょっと強引に、手の中に指を入れると…握ってくれました。ただの反射の行動だとしても嬉しいものです。予想よりもぎゅっと握ってくれることにも驚いていたのです、が。
私は、腕に抱かれた赤ちゃんの頭の方になる所に座っていたのですが…赤ちゃんが、…本人からしたら後ろからニュッと出てきた指の方向を見るべく、頭を動かして、こっちを見たのです。目はもう両目とも開いていて…その、すごく黒目がちな瞳でじっと見るのです。
まだまわりの風景は全然見えていないはずなのに。自分もそれを十分理解しているのに。
決して短くない間、指をぎゅっと握られながら、じっと見つめられて…とても不思議な気持ちになりました。
見透かされているような……というとあんまり良くない感じかな?
表面じゃなく、本質としての私を見つめられているような…そんな感じでした。
一瞬、それが怖く感じました。
でもこの人は、見透かそうとしてそうしているのではない…。ただただ、純粋にしているのを私がそう受け取ってしまうだけだ、と自分に言い聞かせ…私も、その真っ黒な瞳を見続けました。もう、怖くはありませんでした。

少し後、私の指を離すと同時に赤ちゃんは私から目線を外し…(というかそれ以降はいるってことも意識されてなかったような…)その不思議な一時は終わりました。
帰り道、綺麗な夕暮れの空を見上げて歩きながら、今日の事はかなり長いこと忘れないだろうな、となんとなく思いました。
なんでもないのにニコニコしてしまう自分にちょっと笑っちゃいそうになったりしながら。
Comments (3)

でゅらららららら

2010-01-20 23:45:43 | デュラララ!!
「最近のアニメにはついていけない」と言ったその舌の根も乾かぬうちにあれなんですが、

「デュラララ!!」が、おもしろい!!
まだ2話までしか放送されてませんが、その録画分をすでに5回ずつ見てます!(見すぎ)
そして次の放送が楽しみで楽しみでしゃーない!!
あー、何曜日の夜中なんだっけ!?

なんかうれしい。イマドキのでまだ自分が楽しめるアニメがあるってことが…!
…いつも、好きで文句つけてるわけじゃないんですよ。見るんなら楽しく見たいし…昔のアニメが至上!って本気で思ってるわけじゃなくて、好きっていえるアニメが増えるのは本当にうれしいことだし……。
最近ようやく自覚できたけど、私は特に「萌えアニメ」が嫌、みたい。
何を萌えとするかは人によってもバラバラなので、これも曖昧な基準でしかないのですが…あと、萌えアニメはそもそも男性向けに作られていると思うから、私が「なんか嫌」と思っても…それは思いっきり個人的嗜好だから、制作サイドの方もファンの方も聞き流して欲しいくらいなんですが…。
…今、書きながら気づいた。そうか。アニメだって男性ファンが主体だから、萌えアニメも増えるし、狙ったようなサービスシーンだって増えるのか。そうしたらうけるし、ネットでも盛り上がる…から?その土俵に女の私が無理矢理上がってるから、違和感を感じるのかもしれない。
そうだよなあ、だからやっぱり、我慢して見るか、すっぱり見るのをやめるかしかないんだよね。これまでもめいっぱい見るのやめてるから、平気…。
「バカテス」も…津田さんの出番が減るのは予想してたとはいえ、次回予告だけとは!(←2話)…次回予告のために30分間我慢するのはキツイのですっぱりやめるべきか、それでもあのボイスにとろけるために見るべきか…。見るのが楽しけりゃいいんですが、感想が「…で?」だけになるんだもん!キャラがかわいい、以外に何かあるのか?みたいな。ボロクソ言ってすみません。でもあれは…原作も楽しんで読んでいたらしくて、アニメにも相当期待してたうちの弟も、ガッカリしてました……いやガッカリってレベルじゃなかった。かなりショック受けてました!…ま、あくまでこれは2話まで見て、の感想なので、これから大化けする可能性は十分ありますよね!!ファンの方はこれからも温かく見守ってあげてくださいね!そして万が一津田さんの出番が増えたら教えて下さい(えー)。


…ちゃうわ、デュラララ!!の事を書くんだった。

これも弟が録画してて、最初、タイトルだけ見てドン引きしてました。「変なの!」って。
で、オープニングが結構オシャレな感じで…ああこれなんか、新作アニメの紹介でチラって見たかも?バッカーノと同じスタッフだとかなんとか…あれも全然見たことないけど、おもしろいって話は目にしたことあるよなあ…とか思ってて…。
1話かと思ったんですよね。入学式の風景とかあったから。
でも弟に聞いたら、2話だって。
それでやっぱり、変なのって思ってて…まあ、引いた姿勢で見てたんです。

一人の登場人物の、長い、いくつかのセリフに……
そのお話のヒロインと同じくらいに、心を折られました。いや折られたってレベルじゃない。粉々に砕かれました。本気で、呆然とした。
振り返って、弟に「何、このアニメ……。」って言うくらい。

結果的に、お話としては救いのある感じに収まり…結構、感動したんですよね。
後には、そのセリフを放った人物への嫌悪感だけが残った。
何だ?何であんなセリフを言わせる必要があった?このアニメは何だ??
…録画してあった1話を見てみた。1話と2話が合わさって、話がわかる作りになっているらしかった。もう一度2話を見てみた。あのシーンを繰り返して見てみた。

…オープニングもエンディングも、必死に「彼」を探している自分に気づいた。
ほら、憎悪が愛情に変わる瞬間って…ありますよね?(えー)

名前がなかなか覚えられなかったんだけど、番宣の、乱暴者みたいな人(ひでえ)が彼の名前を絶叫するバージョンを何回か目にしたら、覚えることが出来ました。
イザヤ。折原臨也。

…あれは、あのシーンは…声優さんの演技がものすごかった…。
実は、出た瞬間は、「あ、神谷先生」としか思ってなかったんですよね。正直、またか、と。
嫌いな声ではないのですが、私がたまたま見た範囲で…「ものすごく『その人』な声優さん」っていう認識だったんです。キャラである前に、その人を感じさせてしまう…。俳優さんで言うとキムタクみたいな。これはどっかで読んだ受け売りまんまなんですが、キムタクはいっぱいドラマに出てますが、どれでもとりあえず「キムタク」なんですよね。肯定的に見れば、役を自分に近づけることで入っていくタイプの役者さん、ということなんでしょうけど、嫌な言い方をすると、いつでも同じ、という。まあ壊してはいけないイメージっていうのはあるでしょうし、ドラマがどれもヒットしてキムタクの人気だってめっちゃ維持されてるとこを見ると、それは視聴者が求めた事でもあるんでしょうけど。
私が神谷さんの声をちゃんと意識したのは絶望先生でした。その時はすっごいはまり役!と思ってたんですが…化物語を見た時に「一緒じゃん…」って…。すみませんファンの方。ていうかうちもむしろファンなんですがおっかしいなあ…。
だからうちの脳内の呼び名は神谷「先生」なのです。誰にも通じないだろうけど!

それで、ああもう…なんで今日に限って話題があっちゃこっちゃ行くんだろうか…ずっと書きたかったことではあるけど…。
最初は声だけで(メールのやりとりのシーンだったから)。声だけなのに思いっきり神谷先生で。でも顔が出た瞬間も、やっぱこういう、線が細くて飄々とした感じの男性を演じるとキャラのイメージまで似てきちゃうよなあ~とか、思ってて。
なめてましたごめんなさい。本当、すごかったです。
飄々としたイメージのまま、女の子を追い詰める。怖かった。本当に。
そもそものセリフの逸脱さ(こういうキャラを産み出したということ)もすごい…すごいけど、この方以上にこの「怖さ」を、演技によって表現できた人は果たしているだろうか?と思った。
これは今までに何度も思ったけど…声優さんってすごい。
もちろん声優さんだけじゃない。たくさんの人の手で…最初は原作者さんの脳内だけにいたキャラクターを、こうやってアニメにして動かしてテレビで見せてくれた。
そして、私の心をいっぺん粉々に砕いたんだもの。
そこに至るストーリーの流れも、見せ方もお見事だった。でもとどめは間違いなく、あの演技だった。…偏見があったからよけいに衝撃だったのかもしれない。それだとしても、…すごかった。

…少し離れたところから言うセリフの怖いことといったらなかった!最後のあたりとか。
考えてみると、「ささやくように言う怖いセリフ」っていうのは、…結構聞くというか…こっちも聞きなれてるってのもあるかも。



うーん…これからも楽しみだなあ!!
うれしいなあ、久々じゃん!!本放送を楽しみにするなんて!
…自分でも呆れてしまいます。アニメに対する許容範囲の狭さに。
別にあからさまな萌えアニメじゃないのに毛嫌いしてるアニメいっぱいあるもんなー。しかも世間的には相当評価されてるアニメでも!あと、ストーリーがしっかりしてても「暗い」「女性キャラが気に食わない(←私は基本女の子キャラ好きで、まずそこからハマることが多いので…。実はマクロスFはヒロイン二人がどうしても好きになれなかったり)」とかで見るのすぐやめたり。
…あ、でもコードギアスを見なかったのは、完全にトラウマのせいです!SEED以来、「美男美女がたくさん出るアニメはやめておこう。展開そのものに傷つくから」っていう自分内の取り決めがあるんです!(えー)
当時、アスラク派をどんだけ泣かせたか監督さんはわかっているのか…!(未だに根に持つ)
Comments (2)

手羽先唐揚げ

2010-01-19 00:57:03 | きょうのできごと
カレー用のお肉を買いにスーパーへ行ったのに、安かったからって思わず手羽先を買ってる私マーメイ♪(……)

カレーは後日にまわすとして……
手羽先のから揚げ、一度やってみたかったんですよね!
でも手持ちの本を見比べても、レシピがあんま載ってない。
載ってても、煮込みとかで…
そうじゃなくて、こう…パリっとしたやつ!と思って
検索をかけてレシピを探しました。便利ですね、ネットは!なかったら生きていけません!(それはあなたくらいでは)

イメージはあったんです。でも、名前までは覚えてなかった。
でも検索したらすぐに目にした名前。
「風来坊」。
…めちゃ有名なお店なんですね。
手羽先から揚げのお店。私が、岐阜の親友のお家に初めて遊びに行った時に、おいしいお店があるからって連れて行ってくれたお店です。
懐かしい。もう何年前だっけ?

レシピをいくつか見比べてみて…それのどこにも「油はね注意」みたいに書いてあったので相当ビビりつつ…フタを盾のように構えながら揚げました(えー)。
揚げたてをタレにからめて、ごまをふって完成!

おいしかった!タレがいい感じでした。
あのお店で食べたパリパリ感とかには到底かなわないけど…それでもおいしかった。弟も喜んで食べてくれました。

普段、骨付きのお肉は買わないし、食べないのですが…(うまく食べれないし、骨に残る部分がすごくもったいなく感じるから)(アホか…)、
これならたまに作るのも、いいかな!
Comment

めぐりあいララァ

2010-01-17 23:45:24 | きょうのできごと
なんというタイトル。めぐりあったのは私です(えー)。

さて、アニマックスでやってたガンダム劇場版三部作の感想。
…前もちょっと書きましたが、アニマックスは結構、特番としてこれの放送をやってくれます。単純に人気がめちゃあるんだろうし。年末とか、…夏休みもやってたっけ?
私もオタクの端くれとして、この劇場版くらいはおさえておかなきゃ…と思って、何度か見ようと思ってたんですが…そもそもロボットに興味がない(ガンダム以外見分けがつかない)(……)のであんまり積極的に見れなくて…、結構前にがんばって1作目は見たんですけど、それもイマイチよく、良さがわかんなかったんですよね。
でも、偶然目にしたララァのかわいさと、シャア大佐のかわいさ(えええ)に、2と3を録画して見る決意をしたのでした。

ララァは3に出る(というか3しか出ない)というのを知っていたので、2はやっぱり見るのが大変でした。ストーリーもほとんど頭から抜けてるし、…主要キャラは知っているんですが、敵さんなんて全然誰が誰だかわからず、静止ボタン押しまくり、弟に解説求めまくりで見てました(弟はおそらくこの劇場版なんて何度も見てるので退屈して半分以上寝てましたが…起こして聞いてました)(迷惑すぎる…)。


…てか、感想書くとか、不可能ですよね(ここまで書いてそれ!?)。
大体この劇場版を一回見ただけでガンダムを語ろうなんて、エネコンMADだけ見て社長を語ろうとするくらい愚かな事なのではないでしょうか!
でもせっかく見たので、個性豊かなキャラのみなさんへの印象だけでも書き残しておこう。主にララァね!


・アムロ
昔は何コイツと思っていたけど…今は少し彼の心情もわかる、ような気がする。まあ「殴ったね!?」とか「僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ」とかしか知らなかったっていうのもあるけど…。
とにかく、しょっちゅう怒られて独房みたいなとこに入れられてる印象が。でもさあ、彼からすれば周りの大人はそりゃあもう勝手に見えるだろう。まだ子供なのに、結局その能力のためにさんざ使われるわけだもの。そりゃ泣くわ。そりゃキレるわ。

・カイ
「軟弱者って言われて殴られる人」という印象しかなかった(さっきから私ひでええ)けど…声優さんがメフィスト2世と同じ人で、しかも同じ皮肉屋さんということで、めちゃ愛情を持って見れた気がします。恐るべし2世マジック!
まあ、皮肉屋のレベルが違いすぎるんですが。ミハルさんのエピソードって全く知らなかったのでかなり驚いた…。すごくカイさんらしいところがたくさん見れたし、よかったね二人共って思ってた……から……最後にはびっくりして泣いた…。

・セイラさん
思わずさん付け(げんしけん斑目の影響)。
思ってたよりハチャメチャな人でびっくりした(勝手にガンダム動かしてたり)。ハチャメチャっていうよりエキセントリック?
兄の事を想い、泣くところは胸が締め付けられます。でも金塊分けるって…換金してくれないと使いようが…(台無しだ!)

・ミライ
「え、なんでこの人こんなモテモテなの?」←印象総括(えー)
やっぱり相手を包み込む母性というのは最強ということなんでしょうか…。
ていうかモテるせいで、なんとなく定まらない人にも見えてしま……いえなんでもありません。婚約者の人の話は、…等身大の人間を見た気がして、結構泣けました。

・ブライト
いつも怒ってる人、って感じだったんだけど…
ミライとのやりとりに、思わず「は、恥ずかしいヤツ!!」って絶叫してしまいました!
でもかわいいので全然許します。か~わ~い~い~!
それにしても大人キャラ…遠まわしな会話多いですよね。普通に言葉だけ聞いてたら「…は?」って思うような。知らなかったけど、これがいわゆるトミノ節?

・シャア
巷で大人気のシャアですが、理由がよくわかりました。かっこええ!ていうか本当にはええ!(動きが)
名セリフが飛び出すたびに大喜び。でも彼自身の目的とかはよくわからんままだったんですけど…
もう、ララァとのやりとりで…死んだ!!
お前も相当恥ずかしいヤツなん、じゃ!!かわいいぞ!!許す!!(えー)

・ララァ
普通の兵士を見て「地球軍?の人かジオン軍の人か区別つかない」とか言い放つ私(最低だ)に劇場版三部作を見せる気にさせた偉大なる人。
実質、「そういう言い方嫌いです。大人っぽくて。」のセリフ一つで一気に私を虜にしたんだからすごい!ていうかこのセリフ、本当、感動。字面だけ見ると…つまりまだ子供、ってことなのに、言い方が全っ然子供じゃない!!しかも「ララァは賢いな。」って言われてこれだよ!?出てこない、普通出てこないよこんなセリフ!ていうか何歳なのララァ!(落ち着け)

わくわくしながら3作目、「めぐりあい宇宙」を見始めて…登場シーンびっくりした!
白鳥を見て「かわいそうに…。」という声がする。え、と思ってたらララァがいて…。
アムロが近くに行って、「あの鳥の事、…好きだったんですか?」と聞くと、
「美しいものが嫌いな人がいるのかしら。それが年老いて死んでいくのを見るのは、悲しいことではなくって?あなたは何も感じなかったの?」
すごく悲しそうに言う…んだけど、こう言われたアムロの返事が「僕の聞きたいのは…そういうことじゃなくって…」なのでなんとなく笑ってしまう。
でもそのアムロの返事をろくに聞かずに外を見て立ち上がるララァ。うれしそうに「やんだわ。」(←雨が)って。アムロが視線を外へ向けて、戻すと…ララァがすごくこっち見てる。「ふふ…。綺麗な目をしているのね。」って笑う。すげーエメラルドグリーンの瞳のお前が言うなって感じなんですが、そういう意味じゃないんでしょうねきっと。
で、次の瞬間光溢れる外に飛び出す!
走って…あれぇえ!?走ってどっか行っちゃった!?戻ってこねええええ!!
全てにおいてフリーダム過ぎる!!不思議ちゃんと言われても仕方ない!!でもそこが素敵!!

そんで次の出番が、車の故障?かなんかでシャアとアムロが出会うとこ。
車から降りてきたシャアがさわやかに言う。「すまんな君。何分にも、運転者が未熟なものでね。」運転者=ララァです。
ていうかここ、まずこういう展開にめちゃ驚いた。
うち「なんで!?ガンダムのパイロットってのは知らんとしても、敵ってことは制服でわかるんやろ!?なんで助けてあげるの!?シャアってすごくいい人なん!?それともここが戦争をしたらあかん場所やから!?」
弟「そーちゃう…」←度重なるうちの質問に答えるのが面倒になっている模様
このシーンで、シャアめっちゃ好きになりました。かわいいよ!
「ララァ、車はゆっくり発進させるんだ。」「はい大佐。」…助手席にいる間、シートに頭をぶつけまくりだったんでしょうか。
アクセルを踏むたびに、うーんって感じで首をのばすララァ超かわいい。
…これを書くために今、7回見直してたんですが…(見すぎ)、本当になごむシーンだなや。ララァがあんましゃべらず(一回アムロと会ってるのに!)、シャアとアムロが話すのを見守っている風なのがかわいい。アムロの方は赤い彗星って気づいてめちゃ緊張してるけど、シャアは全然普通に接してるのがまたかわいい。ていうかそんなサラッと名乗っていいんですかシャア大佐!「汚れるのは私だけでよかったのに。」とか超ジェントル!アムロを見送って「どうしたんだ?あの少年。」とか心底不思議そうに言うのもこれまた超かわいいよ!

次があの、モニターでガンダムが戦うのを見るシーンですね。頬杖をついているかのようなポーズがかわいいですララァ。肘は浮いてるんですが。真剣に見てるのね。
「…フラナガン機関の連中は、優しくしてくれたか?」
「はい。私、優等生ですからね。」

ブハッ…!!…ごほん、ごほん…!なんじゃあこの子!なんでこんな色っぽいのか!体の動きも目の動きも、セリフも!!字では全く伝わらないけど、ほんとこれだけのセリフなのにすごく…イイんですよ!!あああもおララァかわいいいいい!!!!
「白いモビルスーツが勝つわ。」
「ん?ガンダムは映っていないはずだがな…。」
「わかるわ…。そのために大佐は、私のような女を拾ってくださったんでしょう?…ふふっ。」
「ララァは賢いな。」
「(楽しそうに笑って)そういう言い方、嫌いです。…大人っぽくって。」
「そうだな、気をつけよう。」

もーマジ死にます助けてください。何ですかこの二人の会話は!!どんだけ浮世離れしてるんですか!!とろけそう…(←なんでアンタが)。
大人っぽくって、っていうのをゆっくり言うのがたまんない…。このあたりのセリフ、シャアの姿は全然見えず、ララァの表情をずっと映してるのもいいわぁ…。
で、ガンダム勝ちました。
「ね?大佐?」
「だから言ったろう?ララァは賢いと。」

もうやめてー!私のライフはとっくに0よ!!
もう勘弁してくれという思いと、いいぞもっとやれという思いが私の中でせめぎあう…(えー)。

次が馬車のシーン。てかこんな調子で書いてたらいつまで経っても終わらねえ!もう3日くらいかけて書いてるし、この記事(えー)。
「…大佐が、私の心に触った感じなんです。」
アムロが接近していることを感じ取ったララァが、それとは知らずに比喩表現した言葉がこれ!!これにはさすがの大佐も絶句。
「…そういう冗談はやめにしてくれないか。」ちょっと小声で、ちょっと急いで言う大佐が…かっわえええええ~~~!!二人っきりで言うならともかく、ってことですよねわかります!人がいるから恥ずかしいんですね!!
でももっといたたまれない気持ちになってるのは後ろに乗ってる人たちだ!絶対。

で、どっかに到着(ちゃんと見ろよ…)。エレベーターの中での会話。
「ララァがさっき感じたのは、敵が近づいていたからだな?」
「シャア大佐が、私に触ったような優しい感じでしたから、…そうは思えませんでした。」
大事なことなので二回(ry
しかもこのセリフを受けて、「ということは…」とか普通に会話を続ける大佐。やっぱりさっきは人前だから恥ずかしかったんだ!!
で、こっから、初見でうちが絶句してしまった会話。
「私には、大佐を守っていきたいという情熱があります。」かっこええ!
「しかし、私はお前の才能を愛しているだけだ。」は…えええ!?
「それは構いません。大佐は男性でいらっしゃるから…ですから私は、女としての節を通させてもらうのです。これを、迷惑とは思わないで下さい。」なん…だと…
「ふ……強いな、ララァは。そういうララァは、好きだ。」
「ありがとうございます。」
「いや…。」

それでいいのララァ!?と叫びそうになりました。いや叫んだかも。
強いって…強いけどさあ……!いいの!?いいの!?それで!!
かっこいいなあ、ララァ。こんなセリフ、うちには一生言えないわ…(そりゃそうだ)。
男性でいらっしゃるから~のあたりの真意ってイマイチつかめないんですが、あの…ラムちゃんの歌みたいな感じ?(♪ああ~男の人って~いくつも~愛を持っているのね~)(絶対違うな…)


…どうしよう全然終わらない。まだララァの出番、めっちゃあるし。
さすがに弟に「また見てんの…」って言われたし。
続きはまた今度!でも転がるようなセリフは全部書けたし、やらないかも(最悪…)。
Comment