「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅を見に行きました。・2

2015-02-28 23:38:57 | 旅行とお出かけのこと
続き。

お菓子とお茶で元気も出たので、梅苑を見て回ります!
入口に表記があり、この時は「5分咲き」でした。…まあそりゃ、梅花祭の時にちょうど満開とか奇跡すぎるもんね。見頃ではあったので残念な感じは全くしませんでした!

最初に思ったこと。
梅って……すごく、いい香り!!
なんていうんだろう?桜の香りとはまた全然違うし、桜よりもこう、濃い?感じの、甘い香りな気がした…。でも梅干しの香りとは全然違くて、ってそりゃ当たり前か…。とりあえずめっちゃ好き!!って思った!!

全然まだ咲いてない枝で、一人だけ満開な子がいました。
目立ってる!

桜みたいだな~。

帰ってきてから梅と桜の見分け方を調べました。
花びらの先端が、梅は丸くて、桜は先が割れてるらしい。…あー、ほんとだ丸い(※品種により例外もあるらしい)。
あと梅は、枝から直接花が咲いてるらしい。確かに桜は、サクランボの枝になるとこがあるよね!

わー!!わーーー!!

可愛い!!バラみたい……!!(バラ大好きなので、これはうちの最上級の褒め言葉です…)
梅にもいろんな品種があるんですねえ…。特に名前とかは書いてなかったので、わかんないんだけど…。

咲きかけ。

見えにくいけど、真ん中の子、咲きかけです。ふくらんだつぼみってかわいいよねえ…。

結構広い梅苑。人も結構いる。

見通しが良いから迷いはしないんだけど、「この道さっき通ったっけ??」って何度もなりました…。梅苑じゃなくてこれが森だったら確実にうち、外に出れません(……)。

わわ!?

バラってか、もうブーケみたいやん!!
桜ではこういうの見かけたことある気もするけど…!

花びらがひらひらしてる。

めしべってだんだん伸びる…んだっけ?上の子すごくない?

花びらが丸い。

この子は「丸い」ってわかりやすいなー。
そうそう、色はこういうピンクが一番多かった…と、思う(咲く順の違いもあるのかも?)。
次に多いのが白で、「紅梅」って言葉からうちが一番最初に浮かべるイメージな真っ赤なやつは、あんまりなかった。一応写真撮ったんだけど、あんまり上手に撮れなくてここにはないのですが。

でも白の中にも色々あるんですよね。

この緑っぽい白のと…。
そういやこの種類のつぼみが「芽キャベツ」みたいだって話してるお客さんを複数組見かけました。うまいこと言う(えー)。

ピンクっぽい白のと。

ほんとにこれは桜みたいだねえ。あーでも丸いわ、花びら。

しっかり時計を見てたわけじゃなかったんだけど…梅苑見てたのは40分くらいですかねー。
じっくり梅を見て満足したので、いざ本堂にお参りに行くことにしました。
続く!
Comment

火事

2015-02-27 23:51:52 | きょうのできごと
玄関のチャイムが鳴った。あんまり間をおかず、今度はドアを叩く音がした。
何事かと母が出て行った。私はこたつで寝ていて、最初はそれが夢だか何だかわからなかったんだけど、
「火事です!」という言葉で目が覚めた。
母が叫んで部屋にいる父を呼んで、私には「タオル出して!タオル!」と言った。
言われるままに洗面所からタオルを出して渡すと、父と、母と、その教えてくれた近所の人は外へ出て行った。

こたつから出る時にルームソックスが脱げてしまっていたので、履いた。左だけ。
右がない。

火事場泥棒、という言葉が思い浮かんで、私まで出てっちゃだめだと思ったんだけど、
まあ玄関先までなら泥棒も入ってこないだろうと思って、靴下は片側だけのまま、靴を履いて外へ出てみた。

燃えてるにおいがした。
サイレンも鳴ってる。
近所の人が心配そうに次々に出てくる。

現場は、我が家とはいくつか筋が違うので、直接火は見えない……
と、思ってたのに、上を見上げたら炎が見えて呆然とした。
…地面から見上げて、ですよ。うちの二階から見たとかじゃない。
二階建てのお家が普通にずらりと立ってるのに、その向こうに炎が見えた。真っ暗な空に、真っ赤な炎。

煙が出てきた。今頃、母がタオルを渡せって言った意味が分かった。
時々、ばん、と音が聴こえる。
消防隊の人が何か叫んでるのが聴こえる。
辺りは騒然としていた。


しばらくしたら火は消し止められた。どうやら大怪我をした人とかはいないらしい。
よかった。
でも本当に火事は怖いな、と思った。

昔、火事を見たことがある。ホテルで食事をしていたら、隣のビルが燃えてた。(ブログも書いてた。これ。)
あの時、すぐに窓際の席から移動した方が、きっと店員さんたちは色々やりやすかっただろうな…って、後で思った。
でもあの時は思考が停止してた。ガラスに映る炎を見たから。

今日もそうだった。現実感がなかった。
あの炎がこっちに広がってきたら、
何かに引火して大きな爆発をしたら、
そういうことが何も想像できなくて、ただ見上げるばかりだった。

燃えてるとこに住んでた人は、
…うちよりもっと近い場所に家がある人は、どんなに怖くて、どんなに不安かって、想像すらできなかった。
憔悴しきって我が家に飛び込んできたあの人にも、もっと何か、気の利いた言葉をかけてあげれたらよかったんだ。
何もできなかった、何も。

右のルームソックスはこたつの中だった。
そういえば子供の頃、靴下をはいて寝ると火事になるって言われてたことを思い出した。
そう言われても、大人になったうちは手足が冷えるので、靴下なしには眠れない。
どこか、申し訳ない気持ちになりながら、右のルームソックスも履いた。
Comment

梅を見に行きました。・1

2015-02-25 23:55:22 | 旅行とお出かけのこと
今年は梅を見に行こう!って決めてました。

2月はバレンタインでバタバタしてるし気持ちも浮ついてるからか、いつも気がついたら梅の時期は終わっちゃってました。そんで気がついたら桜が咲いてる。いつかちゃんと梅を見に行きたいって思ってました。
行ったことないので「名所」もあんまり知らなくて……やっぱり北野天満宮?それとも大阪城?とか考えながら検索してたら、どうやら2月25日は北野天満宮でちょうど梅のお祭り、その名も「梅花祭」があるっぽい。カレンダーを見たら自分の休みの日だったので、ラッキー!と思って行くことにしました。

そんでまあ、私なので、梅だけ見て京都から帰ってくるわけにはいきません。なにか甘味を食べたい!
でも北野天満宮…かあ…。んー、北野天満宮の正面の粟餅のお店はもう一度行きたいってずーっと思ってるけど、梅花祭の日なんて人多すぎて絶対めっちゃ並ぶよな…。さすがにやめとこう…。
ハッ、そういやちょい前に雑誌が置いてるカフェでSAVVYの京都特集読んでて……上七軒に焼き菓子屋さんがオープンしたって書いてあってすごい気になってたんだよね!すぐ近くやから行ける!よっしゃ!! …ああでも近いからヤバイかもだけど…売り切れてるかも…
あとは、…そうやねえ、……あっ、今出川通りのとこまで上ってるんやから、ついにあの「みつばち」に行けるんやん!?ずっと行きたかったあんみつ屋さん!
ついでに、こないだアイカツ!がきっかけで「ぜんざい」と「おしるこ」の違いが気になりだしたんだけど、東京のおしること京都のぜんざいと東京のぜんざいと……アレ?混乱してきた。とりあえずそういう系4種類出してるお店があるって、やっぱり雑誌で知ったんだよね。そこに行きたい。場所全然違う…二年坂やけど……(清水寺とかあの辺です) まあ、そこは行けたらで。「かさぎ屋」さん。
各店舗、定休日が水曜日じゃないことを確認!よかった~!


(私にしてはめずらしく)今日はよく晴れてた。昨日ほどじゃないにしてもあったかいし。
JR京都駅からバスに乗ったんだけど、一瞬でお客さんでいっぱいに(うちは運良く座れた…というか、座るためにJRで京都来たんだけど)。ああ、そりゃそうだよねえ。絶対北野天満宮もめちゃ混んでる…。まあでも…梅、見たいしね…。時間的にもう神事?とか終わってるやろけど。
てか、うちは混んでるとこは基本的に好きじゃないから今までできるだけ避けてきたんだけど……前の紅葉の時の平安神宮といい、混んでるとわかってて飛び込む割合も増えてきたねえ…。「混んでてもいいか、見れるなら」って思うようになったらしい。人混みがイヤだ!!とか思わなくなったのかも。イライラしない…いや、別に元々イライラはしてなかったか。「無」になってる感じ?
…多分今年はね、桜は醍醐寺に見に行きます。あの激混みの。混んでるけど、一通り見て一番好きな場所だとわかったので。

あ!そう!バス!!
今日も大好きな一日乗車券を買って乗り込んだんですけど……いつから!?いつから市バスだけじゃなくて京都バスまで乗り放題になってたのーーー!?全く知らなかった…しかもお値段据え置き500円。お得ですね!!もっと大好きになりました!ありがとう!!

途中でうとうとしてたのでそんなに長くは感じなかったんですが、時計見ると約40分かかって、北野天満宮着。座れたからよかったものの、立ったままやったらしんどかったやろなー…。
焼き菓子屋さんの場所を確認するために一つ前のバス停のとこから外を凝視してたんですけど、……向こう側のバス停にもう、人があふれてるんですよね。北野天満宮帰りの人達で!うわあ、帰り大変だ…!ていうかこっからも大変だ… とか、思ってたら。
うちの席のそばに立っていた、おそらく大学生?の若いお姉さん二人がその様子を見て、「わー!こんな時期なのに、こんなに人がいるんだねー!」ってびっくりされていて、うちもびっくりでした。…いやいやいやいや、お姉さん達!北野天満宮に来たんですよね!?こんな時期って……今日は恐らく、じゃないや、確っ実に、北野天満宮が一番人であふれかえる日ですよ!?なんたって毎月の「天神さん」に加えて(25日には毎月骨董市があります。これ京都検定のテキストにも載ってます)(……)、梅の時期ってことで道真公のための神事が執り行われる日です!梅を見ながら、舞妓さんの点てたお茶を飲んだりできる最高のお祭りの日のはずなんだけどな……。
いや、うちだって「天神さん」すら初めて来るから偉そうなことは言えないんだけどさ、…どうなんでしょうか。お姉さん方的には「偶然」今日が梅花祭だったのか(たまたま休みだったから来た?うちと同じで…)、それともそんなすごい集客力のあるお祭りだなんて夢にも思わなかった、とか…?

バス停「北野天満宮」では、乗ってたほとんどのお客さんは降りるんですが(もちろんそのお姉さん方も)、それより多い人数がやはりバス停に並んでて、本気で帰り大丈夫かな…って心配してしまいました…。
普通のお祭りの屋台もいっぱい、骨董市ということでお皿とか、着物とかもざっくり並んでる、そんで人もいっぱいで…もう入口から「無」な感じで人の流れに乗って進んでました。大阪駅や京都駅の中歩いてる感じでいけばこんなのなんでもない…なんでもない…(自己暗示)
私が前に北野天満宮に来た時は、それこそ何にもない時期でした。冬だったと思うけど……とにかく梅苑は開いてなくて、境内にもほとんど人がいなくて、がらーんとしてて……その印象しかないので「(本当にここがあの北野天満宮か!?)」とか思っちゃうくらいでしたね…。その時は梅苑がどこにあるのかもわかってなかったんですけど、本殿より手前にあったんですね…。先にお参りするべきかなってちょっと迷ったんですが、まあ先に梅見よう、ってことで入園料を払って梅苑へ。

その入園料にはお茶菓子付きってあって…入って割とすぐ見えるとこで皆が座ってお茶を飲んでいるようでした。
お兄さんにチケットを渡すとこれがもらえまして。

お菓子と、小さい方がお湯に溶かすタイプのお茶です。梅風味!
で、そこにある椅子に座って食べる感じ。湯呑みとお湯のポットは各椅子に置いてあって、うまいシステムだなと思いました。この人数にお茶ついで渡すとかお菓子運ぶとかしようと思ったら大変やもんね…。

お菓子はすんごい軽やかなおせんべいみたいなのでした。

開けた時は気づかなかったんですが、おせんべいは2枚入ってまして、上がピンクで下のが白いアイシング的なものがかかってました(アイシングじゃねーだろとは思うんですが名前がわかんない…。あの雪の宿の白いとこみたいなやつ…)
しかしこの写真、色とかわかんないですね。日差しも結構きつくて影も濃い…。
あっ、今気づいたけど、ここの椅子、緋毛氈ならぬ青毛氈敷いてあったんだなー。いいよなあこれ!緋毛氈も結構好きだけど、青いのあるって知ってから青いのも好き…。

ちなみになんでいきなりお茶菓子を楽しんでるかと言うと、単にチケットなくしそうだったからです(……)。カバンに、カメラに(あとレンズのフタ)、スマホに…、色んなもん持ち替えまくってる間に落としそうだった… それだけです。特にお腹が減ってたからとかじゃないです。
でも食べ終わったらもう後は梅撮るのに集中できたから、結果的によかった!

続く!……まただよ!梅まで行ってねえ!!
Comment

元気の源

2015-02-22 23:50:20 | きょうのできごと
「○○さん(←うち)の元気の源って何ですか?」って聞かれた。

同じ職場つながりの、うちよりもずっと若い方で、なんかものすごく色々アクティブな、「元気な」方。
でもなんだか最近はお仕事で疲れることが多くて、心が元気になれないらしい。それでグチるとかじゃなくて、自分でなんとかしようと思ったらしい。職場の皆に「元気の源」を聞いて、それをヒントにしようと思ったみたい。

うちは聞かれた時にとっさに答えられなくて、「ええっと…アレ?なんだろう…」ってなっちゃったんですよね。
とっさに思い浮かんだのは「(元気が出る動画を見たり?)」だったんだけど、まさかそんなん言えないし…

これとか。

これとか…。
いやもう超笑っちゃって元気になれるよね!!何度見ても!!

その後ちょっと忙しくなっちゃってしゃべってる場合じゃなくなって…
でも、その間頭の隅で考えることができた。
うちの好きなこと…、一番、元気が出ること…。
お菓子とか、ゲームとか以外で…。

…いや、別にそういう制限はなかったんだけど、お菓子作りはなんか…そういうのじゃないんだよね!そりゃ難しいのがおいしくできた時とか、達成感とかはあるけど、やっぱり半分仕事にしてるからかな?好きですけどね!趣味ですけどね!(趣味て…)
ゲームは…その、あの、私、オタクであることは一応伏せているので…。隠してるとかじゃなくてただ言ってないだけなんですが!

ほんでしばらく考えて、思いついた。
次に手が空いてしゃべれるようになった時に、言った。

「『お出かけ』です。お出かけして、自分の好きなものの写真を撮ること、ですね。」

言いながら、ああ、そうだよなあ、それがうちの一番の元気の源だよなあ、って自分でしみじみ思った。
あんまりちゃんと言葉にして考えたことなかった。
でも京都行ったり水族館行ったりお花見に行ったり…、大好きな場所に写真撮りに「お出かけ」するのは、きっと、自分が元気になるためだ。


そして一番大事なことはやっぱり伏せた。
「(そしてそれをブログに書くことです。楽しかった思い出を反芻して、ずっと忘れないようにすることです。)」
Comment

アイカツ!116話「大空JUMP!!」感想・後編

2015-02-21 20:59:00 | アイカツ!
前編からの続き。

・食堂にて
服も制服に着替え、紅茶?を飲んで体を温めるあかりちゃん、と皆。
「ちょっと、ノリノリでやりすぎちゃったかな…」
「ううん、みんな協力してくれてありがとう!」
スミレちゃんが申し訳なさそうなんだけど、表情はどっちかと言うとてへぺろに近いかも…(スクショ撮ればよかった)。ていうかやっぱりノリノリだったのね…。
そこへ、霧矢先輩が。あかりちゃんのアイドルックを見て、お天気キャスターのオーディションを受けると知った先輩は、自分の知り合いのお天気キャスターさんを紹介してくれるのでした。おおお、本物にお話聞けるのはすごいよね!
…っていうかあおいちゃんは後輩のスケジュールまで逐一チェックしてるのね…。すごいな…。

・お天気お姉さんと会う
あかりちゃんは素直に、職場のイメージと違って驚いたことを伝える。テレビ局内の気象センターは静かで、難しい本もたくさんあって…お天気キャスターさんのお仕事はキラキラしてるように見えたけど、当然それだけじゃないんだ、勉強しなきゃいけないこともたくさんあるんだって…それがあかりちゃんの一つ目の「気づき」。
お天気キャスターになれたら、晴れます!って笑顔で伝えて見てる人に元気になってもらいたい、とあかりちゃんが言うと…、お姉さんは優しく笑って、こう返す。
「だけど天気予報は難しいところもあるんです。…普通は、晴れたら嬉しい、雨だと憂鬱って思う人が多いかも。でも、世の中にはいろんな立場の人がいるでしょう?」
例えば農家の人。晴れてもほしいけど、雨も降らないと困る……。この辺はすごく「うんうん!」って思いながら…私までこのお姉さんのお話を真剣に聞く状態になってました(……)。私も天気予報には少し興味があって、前にロザンの二人が「ウェザーニュース」の会社に行ってどんな風にお仕事してるのか取材に行く番組があったので、それ録画して何度か見返したりしてたんですよね。そこで宇治原くんが披露してたうんちくの一つが「お天気キャスターの人は絶対『いい天気』って言わない」ってものでした。その時例に出されてたのは傘屋さん。傘屋さんにしてみれば「いい天気」は雨だから。いろんな立場の人が見る天気予報で、一方的に晴れを「いい天気」って表現しちゃうのは問題があるから。…それまでなんとも思わずに見てた天気予報も、ちゃんとそんなとこまで考えられてるんだなあって感心したので、それはすごく覚えてます。
…まあその番組的には、それこそアイドルみたいな若いかわいい女性キャスターが「『いい天気』って言います。」って言い放って宇治原くんがズッコケて、いいオチがついてましたが…w(決してその方が不勉強とかではなく)

・知らなかったことに、たくさん気づいて、そして
「アイドルもきっとそうだと思うけど、テレビを通して何かを伝えるからには、色んな人が見てることを意識しないといけない。天気予報には、そういう面もあるの。」
そう言って振り返ったお姉さんの表情はこんな感じ。

見た目よりずっと難しい仕事なんだ、舐めんな、みたいな顔じゃない(当たり前ですが…)。そういう大変な面もあるけど、だからこそ、頑張りがいがある、楽しい仕事なんですよってことが…言葉じゃなく、すごく伝わってきます。
あかりちゃんももう何も言えず、その顔を見上げるばかり。でも瞳はすごく、キラキラ…。

・お礼を言って、寮に帰ってきて…
「私、考えが甘かったな…」
部屋で、スミレちゃんとひなきちゃんに向かってそう言うあかりちゃん。
「今までテレビ出てた時も、見てる人には色んな立場の人がいるってことを、あんまりわかってなかったかも…」
気づいたのはお天気キャスターに関することだけじゃなかったのね…。
オーディションはどうするの?と尋ねるスミレちゃん。今の自分には難しいお仕事だと思った、と正直に言うあかりちゃん。そうだよね… ジャンルは違うけど、気象予報士さんとかって資格取るのかなり難しいとか言うじゃん?お天気キャスターさんだって、かなり勉強しなきゃいけないし、あかりちゃんまだ中学生だし、そもそもアイドルで、ポンポンクレープのお仕事とかもあるし……
「でも…!受ける!!受けてみる!!」
うぇえええええ!?完全に諦める流れかと思ってたから(スミレちゃんひなきちゃんの表情とかもそんな感じだし)初見でここビッックリしたーーーー!!
そんでこれで泣いたーーー!!
「これがいいって思った自分の気持ちを信じて、進んでみようと思う!!」
いちごちゃんの助言ですよ!!もうさあ、きっといちごちゃんがくれた言葉ってさあ、あかりちゃんの心の中に大切に、額に入れられて飾ってあるんだと思うんよねえ…!ずっと大切にしたまま忘れないで、それに沿ってがんばれるって、本当に本当に尊敬しちゃうよ…!あかりちゃん、大好きだ…!!

・そしてオーディション
最初の質問、どうしてお天気キャスターをやってみたいと思ったのか。
難しいお仕事だと思ってる、「でも、すごくやってみたいと思ったんです!それは、直感みたいなものなんですけど…」
最初はただの、直感。明確な理由はなくても「これがいい」って思ったから。
でも今はそれだけじゃなくて…、お天気キャスターの仕事に、自分がアイドルとしてやりたいことと重なる部分を見つけた。
「大空さんがアイドルとしてやりたいこととはどんなことですか?」
「…楽しい時はもっと楽しく、悲しかったり、さみしかったりする時には、その気持ちを少しでも和らげたり、ちょっとでも前向きになれるきっかけになったり…そんな風にいられたらいいなあって思います。…だからその気持ちで、毎朝お天気を伝えて、見てくれる人に少しでも元気になってもらえたらなって思います!」
最後のおじぎの時まで笑顔のあかりちゃん。

・合格発表の日
あかりちゃんはもちろん、スミレちゃんもひなきちゃんも気になってます。
ていうかランチ、最初あかりちゃんのオムレツ?オムライス?(しかもソースにはきのこっぽいの入ってる)のアップが映って、その後三人のテーブルが映るんだけど…

見事に皆違うメニュー!おしゃれなのが色々あるっぽくていいなあ。
ひなきちゃんは多分パスタで、スミレちゃんが何か、丼物だよね。山盛り具合が気になるところですが、あの星宮先輩の食事量に比べたら…。
そこに、メール!あかりちゃん、見事合格!!すげええええええええ!!

・新キャスターの誕生
「朝の情報番組、おはよウォッチの新コーナー、『大空お天気』を担当する、大空あかりキャスター。まずはステージをご覧ください!」
まずはステージ、でちょっと笑ってしまったけど、そんなわけでステージです!ドリーミークラウンの新しい衣装で…

最初にぺこり、とおじぎするのがめちゃカワイイ!
あと、あ、曲はOPの♪どぅっどぅわっどぅ~い~~っなんだけど、歌い出しであかりちゃんが足を大きく上げるとこ、水滴がはねてカメラにつき、しばらく残ったままとかいう新しい演出がおもしろかったです!!

・新サイン!
紹介が終わった後、番組の巨大ポスターにステージ上でサインをするあかりちゃん。

新しいサイン、できてた!!

・新合言葉?
「♪きょっうのおっ空はどんな空~? 大空お天気の時間です!」
振りつきで披露するあかりちゃんに、めっちゃ歓声が上がる…!

それを見て笑顔のあかりちゃん。いい笑顔だ…!
よかったね…!がんばって…!!
Comment

アイカツ!116話「大空JUMP!!」感想・前編

2015-02-20 20:58:48 | アイカツ!
※この色はあかりちゃんのセリフ
※この色はスミレちゃんのセリフ
※この色はひなきちゃんのセリフ

・今日から新学期!
しかし外は雨。アイカツフォンで天気予報を見てみるあかりちゃん。
予報では、午後には晴れてくるらしい。それを嬉しそうに伝えるあかりちゃんと、嬉しそうにうなづくスミレちゃん。

・初ジョニー いつもより多く回っております~~~
「ハニー達あけましておめでとうー!!イェー!!」

「冬休みの間言わなかった分もイエエエエエエエエエエエエエエエ~~~~!!」
声裏返ってるしwwwwwwwwwww
「スターライトに戻ってきたって感じ!」
「うん、うん!」
ユウちゃんwww 皆いい生徒やな…

・あと3ヶ月で1年生も終わり
新年の目標をきちんと立ててアイカツをしていくように、とのジョニー先生のお言葉に、考えるあかりちゃん…。
でも、いつもの三人で食堂に集まってランチの時にはもう、1つ決めたって…。
「サインを新しくすること!」
ちなみに現在のサイン。

署名ですね…。いや、正しくサインではあるんだけど。
書くときのSEがおもしろいです。カッ!カッ!ドドン!みたいな。和風!!(わかんねーだろその書き方じゃ…)
この後、サインを新しくするならこの今のはレアになるよね!って言って、「そのサイン、ちょうだい♪」って笑顔で両手を出すひなきちゃんがかわいすぎます…。こんなん言われたら普通にめっちゃ嬉しいよなあ。さすがやなあひなきちゃん…。

・まだ止まない雨
天気予報によればもうすぐ止むはず、ってことでそれまでレッスン室でストレッチをする三人。
話題は再び「今年の目標」に。ソレイユの先輩たちはそれぞれ得意なことで輝いていた。まずはそれを見つけることかな、って言うあかりちゃん。
そのうちに空が晴れてきた。笑顔で「天気予報、当たり!」って言って、三人は外へ。アイカツラン!
その後の休憩で「自分の得意なこと」について話す。
ひなきちゃんはバラエティの出演(まったり坂だっけか…)か、ファッションか…。スミレちゃんはやっぱり歌?
あかりちゃんはその場では出てこない。夜も一人、遅くまで考えてる。
「(私の得意なことと言えば……歌?んー、歌うのは好きだけど、得意、ってわけじゃないかー…)」
すっごい聴いたことあるセリフな気がするよ…ねえ春香…。


・考えてるあかりちゃん

これ、OPの「重大モンダイあれこれ」の辺りを思い出すなあw
…ほんとに、ほんとに今更ですけど、私、三期が始まってもしばらくは「あの『大空あかりちゃん』が主人公」って事実が上手く飲みこめてなくて……。OPは出だしからメインの三人で始まって、この歌詞のとこで初めてあかりちゃんが一人で映るんですよね。だからここを見る度に「ああ、ほんとに、ほんとに主人公なんだ…」ってハラハラドキドキしてて…、未だにその感覚だけは覚えてるので、このしぐさを見た途端にギクッとなってしまった。いやあ、この「主人公なのが信じられない」って話、今まで書くタイミング逃しまくりで、…だからってこんなとこで書くことになるとはね!
そんな私の勝手な思い出話はともかく、あかりちゃん、悩んでます。得意なことが、見つからない…。

サインもいいのが思いつかないらしい。

・外へ
悩んだまま外へ出るあかりちゃん。…そこに星宮先輩が!
1期(2期も?)ではよくいちごちゃんが夜中に美月さんと遭遇してて、この人こんな夜中にいつも何してるんだろう…と思ったものでしたが(すみません)、今やすっかりいちごちゃんがその立場なんですね。
でも何してたんだホント、こんな夜中に。

・そしてやはりあの場所で、話を聞いてもらうらしい

なんでも聞くよ、なんでも!…を思い出して、泣ける。
「私、星宮先輩にあこがれてアイドルになって…、今は自分らしいアイドルにならなきゃって思ってます。」
「うん。」
「でも今、得意なことを作りたいっていう時に、何をすればいいか、何をやりたいのか、よくわからなくて…」
「そっかー…、私、そういう悩みはあんまりなかったけど、あかりちゃんと一緒なのはね、毎日アイカツを頑張ってれば、前には必ず進んでるって事かな。」
「あ…」
「そのうちに得意なことはきっと見つかるよ!『これおもしろそう』って思ったら、その自分の気持ちを信じればいいと思うよ?」
いちごちゃんって……ほんと、素直でいいよなあ。最初にはっきり「そういう悩みは自分にはなかったからわからない」って言った上で、でも自分とあかりちゃんとで同じとこ(アイカツがんばってる)はあるから、この悩みはその延長戦できっと解決できることだよって、言ってあげるんだもんな…。すごいよね。本当にすごい。

・そりゃこんな顔にもなる
あかりちゃん大感激。

「すごいな~~。星宮先輩にそう言ってもらえると、勇気も元気もわいてきます!!」
…うちはこっちのあかりちゃんの気持ちのがすごいわかるんだよね。あこがれの人は、その発する言葉の全ても素晴らしい!!みたいな。まあ本人を前にこうやってキラキラした表情で対応できる自信はないのでそこはすごいと思うけど。
でも、もっとすごいと思うのが(さっきから「すごい」って書きすぎだなうち!)、このまっすぐなあこがれ・尊敬の気持ちを正面から受け止めて「ありがとう!」って笑えるいちごちゃんだよね…。まあアイドルだからそういう機会は少なくないのかもだけど、「私なんてそんな…」みたいな反応があっても当然と言うか、普通の人間はそうなっちゃうんじゃないかと思うんだけど… いや、いちごちゃんが人間らしくないとかそういう話じゃなく!肉体的には人間離れしてると思うど!(えー)
なんていうか…… いちごちゃんがこんなだから、あかりちゃんは安心して、(こんなに近くで話せる今でも)全力でいちごちゃんに憧れていられるんだなあって思うんですよね。そりゃ、いちごちゃんの弱い面というか、謙遜?みたいのをもし目の当たりにしたところで、あかりちゃんの情熱が消えるとは思わないけど…。
ファンに夢を、そして勇気も元気も与え続ける…「理想の『アイドル』」ですよね。ほんとに。
いやあ、人間じゃないみたいだ…!(結局それか!)

・翌朝
アイドルックでオーディション情報を見てたあかりちゃんが、「お天気キャスターオーディション」を発見!
「これ……いいかも!」
自分でそう言ってから、微笑むあかりちゃん。いいって思うもの、もう見つかったね!

・三日後のオーディションに向けて
スミレちゃんとひなきちゃんの協力を得て、練習。
小型のビデオカメラを設置して、あかりちゃんが自分でメモってきたテレビの天気予報を読んでみる。
後ろには、これまた自分で描いたのであろう日本地図が。おきなわがひらがなでかわいい。

「こちら東北では、この後晴れ間がのぞきそうです。」
「あかりちゃーん!指してる場所が違ってる!」
地図を見るために後ろ向いちゃうとカメラにお尻を向けちゃうことになるし、カメラだけ見ると地図の位置がわかんなくなるし…なかなか難しい。
でも意識した上でのもう一度のトライで、うまいことできた!
他にやらないといけないことは…
「アレじゃない?」
「え?」

・え……

「スミレちゃん、結構スゴイこと思いつくねー。」
「ふふっ。……ジュリちゃーん、扇風機、見つけてくれてありがとねー!」
「あかりちゃんを応援しようってアツい気持ち、伝わったから!スターライト学園の大道具倉庫から、この子を探し出したわ!かつて、ユリカ様をも吹き飛ばしたという、伝説の扇風機よ…!」
いやな伝説だな…(ユリカ様的に)

・スタンバイしてるあかりちゃん
カッパ着て、傘さして……ええええ、まさか……
「じゃあ行くよー!」
消防車についてそうなゴツいホースを構え、スイッチオンするスミレちゃん!その水が巨大扇風機を通ることで、強風が、まるで暴風雨に…!!

「こちら!!千葉県犬吠崎で、う、うぇえわぁぁぁ…!」
傘が裏返っちゃって後ろに飛ばされるあかりちゃん!
「いいね!ちょっと大げさなリアクションは、台風中継のお約束!」
ひなきちゃん何言ってんの!!
「ああーっ!カメラのフレームから外れちゃったわーっ!」
ジュリちゃんまで… いやこれは練習なんだもんね。皆真剣なんだわ…。
「たたきつけるような雨が……!降り続いています~~~っ!!」
強風に立ち向かい、カメラのフレーム内に入るとこまで戻ってくるあかりちゃん…!ナイスガッツ!!
「さすがあかりちゃん…!」
そう言いながら手元でキュッと水量を上げるスミレちゃん… やめてえええええええええええ

↑なんか楽しそう
「結構容赦ないタイプ……」
ほんまやで…。
さすがに飛ばされちゃうあかりちゃん。伝説に名を残せる…んだろうか…。

後編に続く。
Comment

ハッピーバレンタイン!

2015-02-14 23:55:16 | パティシエごっこしましょ。
ああ疲れた……(おい)。

今年も頑張りました…!

まあラインナップはいつもと変わらない感じなんですけど…。いや、だってこれより難しいの作れないんだもの…。これらも安定さすのめっちゃ大変やのに…。

ただ、完全に初めて作ったものが一品!

生チョコの奥側の白いの、ホワイトチョコと…中の赤いのはフリーズドライのいちごです。
毎年、この抹茶の生チョコと一緒に本に載ってる写真見ながら「おいしそうだなあ」って思いつつも、フリーズドライのいちごをわざわざ買うのが面倒でやったことありませんでした!今年はたまたま、他の材料を買いに行ったお店で発見したので、買って、とうとう挑戦!
…っつっても、混ぜるだけだから何も難しいことないんだけど…。
ただ、溶かしたチョコに刻んだフリーズドライいちごを入れてそこから混ぜると(多分)細かく砕けちゃうから…?チョコ全体が赤く染まっちゃうから、型にチョコを流し込んだ後にいちごを埋め込むんですけど…ただ埋めるだけじゃいちごの上の部分ってチョコつかないんですよね。
だから、箸かなんかで一つずつひっくり返して全面にチョコがかかるようにしてます。
…めんどかった…!!本にあるとおりに5mm角で刻んでるからめちゃ細かいし!
でもがんばった甲斐あっておいしかったです。色も可愛いし!

毎年恒例アマンドショコラ。

あっまたでこぼこになってる…。
でもこれ完全にチョコのせいです。テンパリングが甘かった…。焦りすぎました。
あとでテスト用のスプーン見たら(テンパリングができてるかどうか少量をスプーンかへらにとって固まるか見るやつ)めっちゃブルーム出てやんの。あーあ。

去年くらいからようやく安定してきたトリュフ。

まだ、思い切り網の跡残ってるやつもありますけどね…。最初に置いておき過ぎなんだよな。
トリュフ専用網、今年も買いそびれてたんで、またケーキクーラーで無理矢理転がして作りました。

ココアがけのはキャラメルトリュフ。

去年キャラメル感があんまなかったから、すんごい丁寧にリベンジしたのに、今年もキャラメル感があんまりなくてすごいくやしい…。

これらは百均の箱に入れて、お世話になった方に配ります。
まだ残ってるのは……とりあえず二階の神棚に置いとこうかな。一晩くらい。(※神棚=社長フィギュアのあるタンスの上)


んで、これらとは別に、どうしてもやりたかった「フォンダンショコラ」……!
今まで失敗しかしてない強敵ですが、今年も挑戦しました!

一回目。

……………。
またか。

フッ…、今年のうちは一味違うで!
なんたって一回目作る時に使った材料とか、作業中も焼成中もそのまま置いてたからね!!二回目に備えて!!(どうなのそれ…)
なので失敗がわかった後も、サクッと作業に入ることができました!
んでさっきよりも気をつけて気をつけてオーブンを見張る…。
表面から中身が出てくるくらいまで行っちゃったらもうアウトだ… それまでに出す…!
何度もオーブン開け閉めするのはよくないのですが、今年はどうしても成功させたかったので…!

どうだっ…!
上、完全に焼けたわけじゃないけど、これ以上やるとさっきの二の舞だ…!

セルクルを外して、紙を外して、パレットナイフでお皿に移動、う、うわ、やらかい…
ナイフ!切って……!あ、キタ!トロってキタ!!
金箔を、ふって…
アイス!!
カメラ!!…っていうかスマホ!

\パシャッ/

おおおおおおおおお……!!
何年越しでしょう……!目標達成……!フォンダンショコラ、初成功……!
見えないと思いますが上の金箔はハート型のやつです!うちも見えません!(……)

上も陥没してるのは焼き不足?でもこれ以上やると固まるんだものー!
やっぱり新しいオーブンは上火がちょっと弱いよなー…。

味は、おいしかったです!(そりゃそうだ!超いいチョコ使ってんだよ!!)
あったかいフォンダンショコラと、冷たいバニラアイスのハーモニーが、ベタながら素敵でした…!デザートプレートって感じ!こんなのが自分でできたなんて感激です!ふふふ。

来年は本格バージョンのやつ、やってみよう。
これは焼き時間を短くして中をトロっとさせるタイプだけど(だからまあ「生焼け状態」そのものなんだよね)、正式には冷たいガナッシュを中に入れて焼くものらしい。そんなんめんどくさいわ~、って思ってたけど、トリュフのめんどくささに比べたらガナッシュ作って固めるくらい冗談みたいなもんよな…。

でもトリュフも何度も作ってると、さすがにだいぶ落ち着いて作業できますね…。
成長!成長している!!やったね!!
Comment

ガトーショコラ

2015-02-11 23:23:14 | パティシエごっこしましょ。
…きっかけは、よく思い出してみれば、割と失礼な話なんですが。

先日、ご近所の方のお家で手作りのガトーショコラを頂く機会がありました。
お菓子作りにはかなり慣れた方で、そのガトーショコラももちろんおいしかったのですが、ふと気になったのが「色」でした。
茶色い。黒くない。
(もちろんその場では何も言わなかったんですが)

その色の感じは私が昔よく作っていたガトーショコラととても似てました。
焼く前は真っ黒なのに、焼き上がるとなんだか茶色い感じになって「…あれ、こんなんやったかな」って思ったことがあるんですよね。
…そうだ、うち、真っ黒いガトーショコラが作りたい、って思ってたんだった。

数年ぶりにそんなことを思い出して、自分の持ってるお菓子の本からなるべくリッチそうなレシピを探して、焼いてみました。
それがこちら。「クラシックショコラ」!

上の飾りも久々にがんばっちゃいました!バレンタインがやってくるから、テンパリングの練習にもなると思って…!
ほとんど一年ぶりだから(やれよ…他の季節も…)また忘れてるよな、きっと…って思ってたのに、一発で成功して嬉しかった!
くるくるの飾りは、いい感じになるまでしばらくかかりましたが!(……)

うーん、黒い!めっちゃ黒い!
満足です!…おいしかったし(ついでみたいやね…)。
昔私が作っていたレシピとの一番の違いは……あ、ココアの量、かな?まあ、確かに一番黒いのココアかも。

ちなみに今回参考にしたのはこちらの本です。
とっておきのチョコレートのお菓子 (Sweet sweets series)
クリエーター情報なし
成美堂出版

なんと、ガトーショコラが12種類掲載!!
まあ「ガトーショコラ」って「チョコレートケーキ」って意味だから、様々なタイプがあるのはそうだよね…。
私も、買った時には確かそこに一番惹かれて買ったはずなんですが、今まであんまり作ってませんでした!!(……)
今回、せっかくなのでもう一種類作って比較してみようと思ったんですよね。

というわけで二つ目。「グランマルニエショコラ」!

焼きっぱなしだけじゃあんまりおいしそうに見えなかったので、切って、本に書いてある通りに生クリームものせてみた。
これはスフレタイプのガトーショコラで、湯せん焼きにしてます(※オーブンの天板に熱湯を入れて焼くこと。プリンとかと同じ)。
じゃあ、すーごいしっとり!上のクラシックショコラと材料は同じで、配合のバランスも大きく違うわけじゃないのに、こんなに違うのかって、今更ながらに感動してしまいました…… って、本当に今更だよ!!お前パティシエになったの何年前だよ!!(えーっと……)
ただちょっと、焼き上がりの時点でお湯がなくなりかけていたのと…最後に少々混ぜすぎちゃったかもなので…(おい…)、ちゃんとやるとまた…少し違うかも…。表面、割れなかったしな…。(ガトーショコラは割れるのが正しい。粉の割合が少ないので冷めると沈む)

ガトーショコラも、混ぜるだけのかなり初心者向けのケーキ!って思ってたけど…きちんとやるとなると結構大変なんだなって思った。やっぱりポイントは「チョコ」なんだよね。温度の管理がなあ…。冬だとちょっと置いてるだけで生地が冷えてしまってきて、次の材料と混ぜる時にダマになったり、混ざりにくくなることでたくさんの回数混ぜなきゃいけなくなって混ぜすぎ…とかなっちゃう。それを避けるためには、チョコとバターも溶かして40度くらいで置いておく、生クリームも40度くらいにしとく、卵白を泡立ててる間はチョコの生地が冷えてしまわないように湯せんにあてとく……ってね。字で書くと大げさっぽいけどさー…。


うーん、でも苦手なスフレタイプのケーキが焼けたから、スフレのチーズケーキもできるかもって気持ちになってきた…!
でもまずはバレンタインなので、チョコ達と、…そして、今年はあれだ!これもガトーショコラの仲間っぽい、「フォンダンショコラ」を、どうしても上手に作り上げたい!!あの、切ったらとろっとなるやつ!!できたことない!!(こんな元パティシエですいません)
Comment

いつかわかる心

2015-02-09 23:55:58 | きょうのできごと
あ、これってあれかも、って思うことが、最近よくある。
今読んだらあれ、すごいわかるかもって。

私が自分の本棚に置いてる「小説」はとても数が少ないけれど、どれも大好きで、何度も読み返してるものばかりだ。
だけどその全部の意味とかわかってるわけじゃ全然ない。わかってるわけじゃなくても好きだから、そこはあんまり悩んだりしたことないんだけど…。

昔から読み返してる本が多いからだろうか(まあ、うちがただ買い足してないだけなんだけど)。
大人になって、ああ、これ、あの本のあのシーンの感じとちょっと似てるかも……って思うことがよくあることに気づいた。気づくと読み返したくなる。本棚から出して、パラパラと該当箇所を探して。
読んでみると、「違う」時もある。うちの今感じてる感情とは、だいぶちゃうなーって思う時もある。でも、「違う」ってこともそれはそれで発見で…今までそんなに何も思わずにするっと読んでた部分が、印象的な部分になったりする。
せっかく出したんだからと、好きな部分を読んでみたり、うっかり全部読み返したりしてると、また全然違う部分にハッとすることもある。


「マンガ」でもたまにそういうことはあるかもしれない。時々「天ない」読み返したくなるし。
だけど、うちが普段見てる「アニメ」ではあんまりそういうことはないなーって、気づいた。
単純に、うちのが今、大人だからだろう。今見てるアイマスやアイカツやデレマスに出てくる子達は皆年下で、「そういう気持ち、ちょっとわかるかも」って思うことはあるけど、今わかんなくて、後になってわかりそうだって思うようなことは…あんまりない。

……いやでも小説だって「人生経験積めばわかりそう」って思いながら読み飛ばしてたわけじゃないから、後で「そうか!!」ってなることも、あるのかもな…アニメであっても…。
てか、本と違ってすぐ見返すことができないから、そうやって気づくまで覚えてられるかが問題なのかも。

春香やあかりちゃんや法子が経験する出来事とか感情とかに、うち自身がこれからの人生でぶつかる自信はあんまりない(いやまあ法子アニメ出てないんだけど、一応希望を込めて……)。
でも「キッチン」の主人公みかげとか、「スプートニクの恋人」のすみれとかミュウとかの気持ちが、自分の経験をもって少しわかるようになるなんて思ってもみなかったんだから、……やっぱり大事なのは「覚えておくこと」なのかも。

かけらだけでもいい、忘れないでいれば、思い出せる。
あったってことだけでも覚えていれば、探せばきっと見つけられる。
Comment

アイカツ!115話「ほっこり☆和正月」感想

2015-02-08 23:48:29 | アイカツ!
※この色はあかりちゃんのセリフ
※この色はスミレちゃんのセリフ
※この色はひなきちゃんのセリフ

・実は今回、
前回の予告の時点でめっちゃ楽しみにしてました。
大空家が出る…!つまり、あのあかりママのエピソードが語られる!?って…。
あかりちゃんが初めて本編に登場した、あの伝説のオーディションの回!あの回想で出てからずっと気になってるあかりママ…!
でも気になってた割には声が氷上恭子さんだって全然気づかなかったんだけど…「うさだ」だー!!(多分大川透さんに気づいた時に気づいた。親世代しかうちの知ってる声優さんがいないんだなということにも…)

・着物!

フフッヒお正月バージョン!かわいい!!かわいい!!

・そんでまあ、結論を先に言うと
あかりママの回じゃなくてあかりパパの回でした。

想像よりずっと強烈な方でした…w
土をめっちゃ愛する、地質学者さんで、なにかというと土の話をしたがるという。その語りがアツくなりすぎで、あかりちゃんが割って入って止める…というパターンの繰り返しです。

・あかりちゃんの表情が!
序盤からすごいわかるんだけど、あかりちゃんがいつもは絶対しないような表情連発します!!
やっぱり実家だから気を抜いてるっていうか、リラックスして素が出てるってことなんかな??





かわいいわーwwwwwwww(ちなみにこれでも厳選しました。もっとあるよ!)
特に最後のドン引きぶりが好きです。パパがジュリちゃんに「アレやってもらえないかな。『私を、見て!』っていうアレ。」って頼んだ後。無言で超引いてるのがおもしろすぎるwww
ちなみにジュリちゃんはあかりパパのことをおもしろい!って言ってて、喜んでリクエストにも応えてあげてます…。スリッパでカカッ!ってステップ踏んで。

・あかりママ情報
学生時代から陶芸をやっていて、家のお皿とかも作っている。パパとの出会いもどうやらその、陶芸と土の切っても切れない関係から、らしい。
パパがメインなのでママの情報はものすごい少ないです…w
うちは正直、もしや元アイドル!?とかそういうの期待してたんですけどね。でもこれは先代主人公のいちごママが元アイドルだったからとかそういうのじゃなく、ただただあの髪型・あの服装からの想像だったんですけども。

・皆であかりちゃんの小さい頃のアルバムを見る流れに。

かっかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!
3歳の頃だそうです…。
「コツコツ集中するのは、このころからなんだね!」
「…あんまり覚えてないけど…。」
そうそう、パパのパワーが強烈すぎて前半丸ごとスルーするところでしたが、ジュリちゃんは大空家に訪れたこの機会に、あかりちゃんの持ってる「秘めたるアツい部分」のことを知りたいって言ってるんだよね。もしかしたら自分よりアツい情熱を持ってるのかもしれない、って。
勢いでつっぱしるジュリちゃん(本人談)に対して、コツコツひたむきにがんばるあかりちゃん…。

・アルバム、次の写真

すげええええええええええ!!砂のお城を作るのが好きだったって…パパもお手伝いしてるとはいえ、これは海馬兄弟の夢の遊園地並みにすげえ!!(唐突に遊戯王…)
このお城は、完成直前に一度崩れてしまって、ほとんど一からやり直したらしい。コツコツと、めげずにがんばってた…。
「あかりは、あきらめ悪いものね。」
別のアルバムをぱらぱらしながらそう言うママ。 ……あっ……
「褒めてるの!?」
「褒めてるわよ?……スターライトの受験に失敗した時も、とっても落ち込んでたけど、頑張ってもう一度、立ち上がったんだもの♪」

初見時、ここで号泣しましたよ…。「ひぃっ…」みたいな変な声出して(一応身構えてはいたのにね…)。
あかんねや…、この写真は… 泣いちゃうのよ…!!
でもこの写真が、全ての始まりだったね…!あの時から、ずっと、大好きだよあかりちゃん…!(詳しくはアイカツ!カテゴリ最初のこちらの記事をどうぞです!)

・ジュリちゃんはそういや伝説の入学オーディションの話は知らない…んだっけ…?
「これ、入学試験に落ちた時の写真なんだ。」
「かわいそうだけど、おもしろい写真だね。」
wwwwwwwwwwww おもしろい写真wwwwwwwwww
まあうちも最初の最初は笑っちゃったもんな…。んで後から事情を聴いて、一気にこの女の子に夢中になったんだよね……。
「ママ、いっつもこういう写真撮るんだもん!」 いっつもなのか…
「だって、これもいい思い出だもの!」
「そうだね。失敗というものは、大切な経験だから。」

「まあ、そうかもしれないけど…。あの時は辛かったぁ~!」
両手を胸に当てて、でも明るく言うあかりちゃんに… また、泣きました。
…そうだよ、あの時は本当につらい思いをして……、でも諦めずにもう一度チャレンジして…あかりちゃんはアイドルになった。今、その時の事をこんなに明るく笑っちゃえるあかりちゃんは強いよね…。
ジュリちゃんがそんなあかりちゃんを見ながら考える。
「(あかりちゃんの頑張り屋のところって、こういうお父さんとお母さんがいるからなのかも。)」

・初詣へ!

カワイイ!!ジュリちゃんの着物めちゃ似合ってる!!
着付け担当はママなんだけど… このジュリちゃんの着物、ジュリちゃんが持って来たわけないし…家にあったのか!?これが!?めちゃ洋風ってかアンダルシアの風を感じるっていうか…!
まあそんなツッコミは無粋ですよねー(今更…)。ああ、ブーツも可愛い。そしてあかりちゃんの足元それ、ぽっくり?

・初詣中も相変わらずのパパ(とあかりちゃん)
あかりちゃんが危うく土を極めたアイドルにならされるところだった…あぶないあぶない
いやそういうアイドルはすでにいた気もするな…

・甘味処へ
ママが毎年初詣の後に必ず食べるおしるこ。新年から幸せな気持ちになれるらしい。なんか、わかる。

わかるんだけど…… おしるこって、ぜんざいとどう違うんだっけ?
気になってめっちゃ調べてしまいました。とりあえず粒あん=ぜんざい、こしあん=おしるこ、なんだって…関西では。じゃあ関東では逆なのかと思ったらそうじゃないらしい。どっちもおしるこで、「ぜんざい」ってまた全然別のものになるらしい…!へえ…へええ?混乱してきた。まあ、このカットではこしあんかつぶあんかわかんないんですけどね!何か光ってるのお豆かな?って程度で。ていうかさ、そもそも、「おしるこ」って売ってなくない…?ほとんど「ぜんざい」じゃない…?うちが知らんだけ?
いやこれアイカツ感想だった。また別のとこで考えよう…。
甘味処での会話は、あかりちゃんの「(パパと自分は)全然似てない」の「全然」の部分に結構傷ついてるパパがかわいかったです!(今回の感想、なんかザツって?そんなことないよ!)

・その夜、大空家

わーお!!髪下ろしたジュリちゃん、色っぽい~!

これはきっと持ってきたんだろうパジャマもめっちゃ似合ってる。

・秘めたるアツさ
あかりちゃんの、失敗してもめげないでがんばるところに刺激を受けたジュリちゃん。自分もそうありたい、って。
それを聞いて嬉しそうなあかりちゃん!かわいい!
あとどっちで寝る?って話になったから、魔女宅みたいに床かベッドか、って選択肢なのかと思ったら、壁際かそうじゃない方かの話でちょっと…びっくりしました…。いや変な意味じゃなくてね!さ、さすがに、せまくない…のかな。いやわかんないけど…。

・翌日
ジュリちゃんの初仕事、ファッションショー。大空一家も見に来てます。
ステージシーンはプレミアムお披露目回と全く同じでしたが(3期では初めてだよね?)、改めて、いいな~!

・仲良し家族
ラストまで、土の話をしようとするパパにちょっとふくれるあかりちゃんが見れます。

百面相でしたね…!こういうあかりちゃんもすごくいいね!
Comment