Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

連休に片づける細々

2019-05-30 | 
連休に入った。所謂長い週末というやつで、木曜日祝日と週末を付けてしまって、季節がら多くの人が出かける。どこも渋滞である。個人的にはその次の週末がワイン祭りになって避難しなければいけないので、じっとして済ませることを片づける。

それでも週末には二件のワイン試飲会が入っていて、それだけは見逃せない。その準備もある。傾向と対策である。

同時にフランクフルトの歌劇場で二つものオペラを観るので、ざっと予習が必要になる。楽譜は「ロデリンダ」の方はDLしたが、音源はどうしようかと思ったがハーノンクール指揮の映像があるので観ておこうかと思う。片方のロジェル王の方は楽譜が無い分、パパーノ指揮の全曲がある。これは助かるが、問題はコヴェントガーデンのを比較すると到底カンブルラン指揮の上演では見劣りしてしまうことだ。そこに時間を費やすぐらいなら、次のアイヴスの交響曲四番に集中した方が価値がある。兎に角、準備である。

来年のワイン祭りの避難計画のもう一日が見つかった。上手く行けばミュンヘン滞在から翌朝ゆっくりと出てきて、途上でバイエルン内でコンサート、そこからゆっくりと夜中に帰宅するか一泊して翌朝午前中に帰宅すればよい。ティケットの前売りもまだ先のようなので計画変更は可能だ。そこで先ずはミュンヘンの宿泊を予約しておこうと思う。ミュンヘンに二泊で、美術館に何か特別展示があると有効に使える。

鬼が笑うではないが、そんなに先のことを決めていてもどうなるか分からないのだが、毎年のように直前におろおろするよりはましであろう。時期としてはアルプス行きも可能なのだが、今年の今後の予定を見ると来年の完全復帰は難しいかなと思う。



参照:
トーンハレの代替ホール 2018-09-22 | 文化一般
店仕舞い商法もどき 2019-05-23 | 雑感
コメント