NEXT DREAM 記憶と記録
Ken Funahashi Blog





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




滅多に、完全氷結して上部の岩壁帯から『スタンディング・ビラ-』として、氷柱状のラインとして

形成されない。『シャフト』と名称を決定してから、もう30年ほどの年数が経過してしまったが、近年

クライミング対象として形成される機会は、殆どなく、数度のクライミング機会が得られたのは、随分と

前のことだ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現場での同行ガイド時にも、氷瀑帯の直下から使用して『最上部』の氷瀑を撮影。

数日後の晴天を利用して、担当ディレクタ-は再度・現地の車道からドロ-ンを飛ばして

全体範囲の写真を撮影された。周辺・山域は比較的、知られているエリアだが、空撮映像は

貴重。担当者からの使用・許可を得られたので公開します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前日に担当ディレクタ-と、現地で合流後に下見を行って。

翌日に撮影班をガイドして『氷瀑帯』へ上っての現場・撮影。

今回は依頼時に要望されていた『氷瀑の連続帯・最上部』でのドロ-ンを使用した

空撮も行った。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




当初、放送・予定日を2月22日と聞いていましたが、番組・担当者から連絡を戴き『放送日』が早まって

今月・2月20日(月)  読売TV 『すまたん&ZIP』 午前6:25~6:35の時間帯で映像・使用される予定です。

情報の追加が、間に合わず。取り急ぎ、ガイド依頼時の、番組・担当者からの正式な情報・公開に関しての

許可・承諾を得ましたので・御報告致します。

使用『写真』は、現場・撮影時に氷瀑帯からドロ-ンを飛ばしての『空撮・写真』これも、担当者からの許可

を得て、使用しています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ