☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

マツダ・コスモ

2017年02月19日 | 車・ペット

 春一番が吹いた翌日の日曜日、久しぶりに錦町までドライブに出かけた。奥さんのたっての要望で、広瀬という小さな盆地にある堀江酒場に向かった。江戸中期、長州毛利氏の藩政時、この地でその家臣であった堀江太朗兵衛が宝暦から明和にかけ造り酒屋を興したのが始まりだという。

 現在は12代目が酒造業を受け継いでいる。銘柄は「金雀」といい、最近評判となっている酒を買いに訪ねて行ったが、日曜日とあって開いている店は1軒もない。町を挙げて全休であった。人影もない。猫が1匹道路を横断していくのを見ただけの静かな町であった。

 広瀬の街でUターンして、少し錦川をさかのぼったところにある「ピュアライン錦」という道の駅に行ってみた。多くの客が来ているのだろう、駐車場はほぼ満車に近い。その中に本当に懐かしい車を見つけた。個性的な独特の形をしたマツダ・コスモである。

 この車は、1967年(昭和42年)クーペモデルとして発売された世界初の量産ロータリーエンジンを搭載した車である。1972年には後期型が発表され、合計して約1500台が販売された。110馬力、全高は1165mmと低く、まさに未来的なイメージを彷彿とさせる外観に、就職して間もない若い男にとっては憧れの車であった。

 価格は148万円で、当時のダットサン・フェアレディの88万円、日産プリンス・スカイライン2000GT-Bの94万円と比べるとはるかに高価であり、月給が5、6万円であったことを考えると、まさに手の届かない高根の花であった。

 半世紀近くも経っているだろうに錆びたところは全くなく、手入れの行き届いた管理をしている。あいにく持ち主と出会えなかったが、エンジンの音を聞いてみたいと思いながらその場を離れた。古いものを大事にしている。半世紀ぶりに学生時代の旧友に出会えたような温かい気持ちになった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若返り策

2017年02月19日 | 生活・ニュース

 体重が気になる奥さんの健康管理のために、「体組成計」を買って風呂場の入り口に置いている。この体組成計は優れもので、性別、年齢、身長、体重を初期入力しておけば、あとはこの体組成計に乗りさえすれば、体重はもちろんのこと、体脂肪率、皮下脂肪率、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、BMI、筋肉レベル、骨レベル、そして最後に体年齢という9項目に至る数値が表示される。

 いつ測定しても、ほとんど体重の変化がないので、しばらく測定していなかったが、先日久しぶりに乗ってみるも、相変わらず体重の変化はない。そのまましばらく乗っていると、前述した9項目の数値が表示されるようになっている。

 BMIが20くらいとやや瘦せ型である私は、脂肪率も標準の下限値、代謝量も1200kcal/日くらいで、筋肉レベルも骨レベルも低い。見た目も細身でお世辞にも体格が良いとは言えないことは自分でよく分かっている。

 ところがこの体組成計、表示の最後に「体年齢」というわけの分からない数字をはじき出してくれる。取扱説明書をめくって読んでみた。「体組成の状態をチェックすることでより効率的な健康管理ができます。体年齢とは体組成の数値から算出した数値で、目安として参照してください」と書いてある。

 1週間前この体年齢とやらの数値を久しぶりに測ってみると、なんと「67歳」と出るではないか。嬉しくなってこのところ毎日測っているが、68歳という日もある。いずれにしても実年齢よりは7、8歳も若い数値が出てくるのが嬉しい。

 若返り策としては、飲み屋に出かけて美人のママとお話をして「ま~、お若いこと」などと言われることもよかろうが、体組成計に乗るだけで若返ることができるとは、いいものを見つけたものである。しかしこれは、ひょっとすると体組成計メーカーが、売らんがための策略かもしれないぞ。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日遅れの春一番

2017年02月18日 | 季節・自然・植物

 昨日(17日)の午後、所用があって出かけたとき、時折強い風が吹いていた。そんな夕方のニュースを見ていると、「気象庁は17日午前10時30分、関東地方に春一番が吹いたと発表しました」と伝えている。昨年は2月14日に観測されたというから、春は確実に近づいてきている。

 この日「春一番」が観測されたのは、関東・北陸・九州南部で、同じように強い風は吹いたものの、中国・東海・近畿には「春一番」が吹いたことになっていないという。はてさて「春一番」とは一体どんな定義があるのだろうと思い調べてみた。

 「春一番とは、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄りの強い風のことを言い、春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日などは寒さが戻ることが多い。これを寒の戻りと言う」と書いてある。さらに発表条件として「日本海を進む低気圧に向かって風速は8m/s以上の風が吹き込み、前日に比べて気温が上昇すること」とある。

 昨日はわが中国地方でも、8m/s以上の強い風は観測されたが、もう一つの条件である「前日に比べて気温が上昇する」という現象がなく、前日よりも寒かったことで春一番が発表されなかった。

 この季節、強い風が吹けば春一番だと思っていたが、南寄りの暖かい風が吹いてこそ春がやってきたということのようである。少しややこしい定義ではあるが、中国地方の春はまだかいな?と思いながら昼前に庭に出てみると、昨日にもまして風は強く、日差しも強くて気温は上がっている。気象庁に代わり「2月18日に中国地方に春一番が吹きました」と、このブログで発表いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真の友

2017年02月14日 | 生活・ニュース

 世界が注目する中、日米首脳会談が無事に終わった。日本側から見れば大成功であったとの評価が広がっている中、14日の日経新聞の1面のコラムに「日米首脳会談の宿題」と題して、厳しい注文がついていた。

 共通の利益については認識を一にしたが、自由や人権といった民主主義の価値を語り合うことはなかったようにみえる。トランプ氏の外国人入国制限策などに関しては、安倍首相は「ノーコメント」で通した。

 このままでは本当に丈夫な同盟は育たない。「人間でいえば、同じ信条で結ばれた友情は強く、苦境に耐えられる。だが、利益だけでつながった友人関係はもろく、ほかに役立つ人間が現れれば、そちらに流れやすい。安倍首相は、訪米で得た資産を使い、トランプ氏と民主主義の価値についても語れる関係を目指すべきである」と注文を付けている。

 このコラムを読んで、わたし個人のことに置き換えて考えてみた。現役時代、社内外で顔を知っていて会話を交わすくらいの知人は沢山いた。しかし、同じ価値観を共有し、信頼関係を築き、心を開いて付き合った友人は非常に少ない。

 「利益だけでつながった友人関係」で「共通な人生観でつながっていた真の友人ではなかった」ということであろう。ひとえに私の不徳の致すところということだろう。なんだか大臣の辞任のあいさつのようになってしまったが、「真の友」「親友」とは「信友」「心友」と書くのが正しいようだ。
 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

訪問販売

2017年02月14日 | 生活・ニュース

 日曜日、昼食を終えた直後の午後1時。ピンポーンとインターホンが鳴った。鳴ると同時に玄関ドアを開けようとするガタガタという音がする。鍵をかけているので開けることはできない。

 奥さんがインターホンのスイッチを入れて対応に出た。「はい、どちら様でしょうか」「は~い、こんにちは。この辺りを、白髪染めのクリームのご紹介をして歩いているものですが……」という明るい女性の声がした。その声が途切れる前に奥さんはすかさず「私は毛染めをしないで白髪で通していますから結構です」というと、挨拶もなくインターホンの画面から姿が消えた。

 意に反する訪問販売が来た時には、買わないという意思をきっぱりと表現しないといけない。中途半端な言い方で、買わない理由などを言うと、相手に付け入られかねない。特に玄関のドアを開けないことが重要である。

 今回のうちの奥さんの対応は「完璧」で、一言だけで訪問販売を拒絶した。「今、間に合っています」とか「今はいりません」などではなく、未来永劫白髪染めはしないことを宣言したのだから付け入られるスキはない。

 この応対が終わった後、訪問販売という仕事について思いを馳せてみた。訪問したちょうどそのときに、その商品がほしくて買おうと思っていたという人はまずいないだろう。積極的に買いたいと思っていない人に対して買ってもらうためには、誇大宣伝をしたり、若干の嘘も紛れ込み、正確に商品を説明しないまま、半ば強引に売りつけることもあって、問題になるケースも報じられている。

 訪問販売には厳しい言葉になるが「買いたいものは自分から出かけて買う」、これが我が家の買い物の基本としているが、訪問販売に対しては、丁重に、しかしきっぱりと断ることを鉄則にしている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生命力

2017年02月13日 | 季節・自然・植物

 玄関の外壁に、カズラのつるを何重か丸めて作ったリースを年から年中飾っている。毎年12月に入ると、クリスマスを意識して、赤や緑のリボンを巻いたりして少し華やかに彩るが、その他のシーズンは松ぼっくりが主体の地味なものとなっている。

 昨年のクリスマスには新しい試みをしてみた。緑色のリボンの代わりに、庭に植えているヒイラギの小枝を切り取って、つるの隙間にいいバランスとなるように刺し込んでみた。それから2か月半の間、毎日このリースを見ているが、ヒイラギの葉は一滴の水さえ与えていないのに、枯れるような様子もなく十分に元気な緑色をしている。

 ヒイラギとは「柊・疼木・柊木」とも書き、葉の縁のトゲに触るとヒリヒリと痛むことから、「ヒリヒリと痛む」旨を表す「疼(ひいら)ぐ」から由来した名前だというが、ヒイラギ、恐るべしである。

 庭木の中では病虫害に強い植物であるが、テントウムシには食害されることがあり、ここ数年、我が家のヒイラギには、春に新葉を幼虫が、初夏には成虫に食われて葉は枯れて白い斑点がたくさんついていた。ところが昨年、バラに消毒薬を散布するついでに、このヒイラギにも散布しておいた結果、食害に遭うこともなく元気な葉をつけていた。

 冬にも緑の葉と赤い実をつける植物なので、不死の象徴とも考えられている。我が家のリースのように、切り取った小枝でさえ、まさに不死鳥のように今もって新鮮な緑色をしていることに驚いている。不死はフシでも、こちとらは寒さでふしぶしの動きが鈍くなっている。いつまでも青春然としたヒイラギの生命力にあやかりたいものである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時には主夫を

2017年02月11日 | 食事・食べ物・飲み物

 この冬最大級の寒波がやってくるという朝、書き上げておいた確定申告書をもって、いそいそと税務署に出かけた。窓口で書類を提出すると、係官が必要書類がすべてそろっているかを確認して「はい、確かに受け付けました」と言って、無事確定申告の作業は完了。あとは納めすぎていた税金が還付されるのを待つばかりとなった。

 出かける前、奥さんから「きょうのお昼はお任せします。私は1時半に帰ってきますので、何か作ってもらえると嬉しいわ」と、こんなに丁寧な言い方ではなかったが、まあ、言っていることはこんなことであった。

 よし、それなら何とかしてみようと予めネットで「焼きそば」のレシピを見てメモし、税務署からの帰り道、必要な食材を調達して帰ってきた。作るものはそんじょそこらの焼きそばではなく「オイスターソース焼きそば」に決めていた。と言ってもなんていうことはない。「キューピー3分クッキングレシピ」に載っているものである。

 豚肉と玉ねぎ、もやしは冷蔵庫にあるという。そば麺と赤ピーマン、ニラと肝心のオイスターソースを買って帰った。レシピを見ながら大さじを片手に持って調理を始める。まずはそば麺をうっすらと焦げ目がつくまで炒める。別のフライパンでは肉と野菜を炒めるが、油に塩、しょうゆに酒、砂糖に塩を適当なタイミングで大さじ1杯ずつ投げいれる。最後には決め手のオイスターソースを入れ、炒めておいたそばと混ぜればれば完成である。

 赤ピーマンと緑のニラで彩は美しくおいしそうに見える。口に入れると、オイスターソースが利いていて食べたことのない上品な味がする。帰ってきた奥さんにも好評の一品となったが「今度また何か違うものでお願いします」と、次回を期待された主夫稼業を久しぶりにやってみた。苦心して自分が作ったものは、どういうわけか、ことのほかおいしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有言実行

2017年02月09日 | 生活・ニュース

 9時半に予約していた歯医者に出かけた。帰ってきてコーヒーを飲みながら一息ついている時、インターホンが鳴った。部屋の中から応答すると「○○ですが」と男の声がするが、はっきりと聞き取れないまま玄関に出た。

 現役時代、同じ職場で仕事をしたことはついぞなかったが、よく顔を知っているKさんが笑顔で立っていいる。「やあ、お久しぶり。どうぞどうぞ」と言いながら部屋に通した。片手に下げているポリ袋に手土産を入れて持ってきてくれた。「今、大野浦まで行ってカキを買って来たので、ほんの少しですが」と言い、新鮮な殻付きのカキをおみやげにもらう。

 退職後、数年前に広島のデパートでばったりと出会ったことがあった。「こんど我が家でゆっくりお話ししましょう」と言いながら別れたままになっていた。こうして座って話をするのは、考えてみると20年ぶりくらいである。

 最近の体調のこと、現役時代にお世話になった頃の話、当時の仲間の消息、最近の暇つぶしの話などを、コーヒーを飲みながら話し合う。5歳若いK さんは地域のボランティア活動や、いろいろな仲間のグループを作っていて、そのお付き合いに忙しそうな話であった。

 遠方に住んでいる人や、同じ市内に住んでいても余り親しくしていない人に出す年賀状に「いつかお茶でも飲みながらお話ししたいものですね」というようなことを書いているが、訪ねてきてくれる人はまずいない。ところがこのKさんは、本当に来てくれた。

 帰って行った後、今年のKさんの年賀状を取り出して読んで見ると、「今年はお会いしたいですね」と書いてある。昔から有言実行の人らしく、年初の言葉通り早々に実行してくれた。お蔭で、現役時代の活力を少し取り戻したような快い気持ちになって、お土産を焼きガキにして「ホッ、ホッ」と息を吐きながらおいしくいただいた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春賦

2017年02月08日 | 季節・自然・植物

 この季節、散歩をしているときに、つい口ずさむ「早春賦」(そうしゅんふ)という唱歌がある。吉丸一昌が作詞、中田章が作曲し、1913年(大正2年)に発表されたもので、「日本の歌百選」に選ばれている。

  春は名のみの風の寒さや 谷の鶯 歌は思えど 
  時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず
 
 この歌は題名も歌詞も古文調で難しい。「早春賦」の「賦」は「詩や歌」や「感じたことをありのままによむ詩の叙述法」の意味がある。すなわち、「早春の感じたことをよんだ歌」ということになる。長野県の安曇野あたりの早春の情景をうたった歌とされている。

 最近仕入れたそんな知識を携えて夕方の散歩に出かけた。立春も過ぎると日足もずいぶんと伸びてきて、5時といってもまだ十分に明るい。山沿いのいつものコースをデジカメを片手に、早春を見つけながら歩いてみた。

 家を出て5分くらいの所にある古い家の庭に大きな蝋梅の木があり、枝は道にはみ出している。つい先日、蝋梅に関してネットで知識を得ている。丁寧に花を観察してみると普通の素心蝋梅であった。先に進んでいくと小さな庭の隅に早くも黄色い水仙数十株が満開であった。

 さらに進むと、畑の向こうの大きな木に濃いピンクの花がこぼれんばかりに咲いている。桃の花だろうか。この時期にこんなに咲き誇っているのか。中学校の裏を通って、細い道に入ったところで、再び蝋梅の花に出会った。先ほどのものと少し様子が違う。下向きの花をのぞき込んでみると、中心に紫褐色の輪斑が入っている。これが初めて見る満月蝋梅であった。

 先日我が家の庭に植えたばかりの同種の幼木に、こんなにきれいな花が咲いてくれるだろうかと思いながら写真を撮って帰った。立春が過ぎたばかりで「春は名のみ」と歌っていたが、名のみだけでなく、春は着実にやってきている。谷の鶯が鳴き始める日は遠くない。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい声

2017年02月07日 | 生活・ニュース

 毎年2月に入ると奥さんと向かい合って、年に一度の定例作業が始まる。確定申告の書類を作成する仕事である。2017年の申告期間は2月16日から3月15日までとなっている。夫婦二人とも持病を抱えており、何かと病院のお世話になる機会の多い我が家の医療費はバカにならない。

 1年間溜めていた領収証を整理して、年間の医療費の一覧表を奥さんが数日かけて黙々と作る。私はというと、送られてきた申告書に、医療費のほか国民年金と、企業年金の額を、この時期に送られてくる「源泉徴収票」を睨みながら、間違いのないように記載していき、納めるべき税額を算出する。

 この税額と源泉徴収された税額との差が、私のちょっとした小遣いに相当するほどの額として還付されてくるのが毎年の常である。ところが今年、肝心の企業年金の源泉徴収票が送られてこない。例年であれば1月の後半には送ってくるものがである。

 ここ1週間、気にしながら届くのを待っていたが何ら音沙汰はない。思い余って、勤めていた会社の東京本社にある年金担当部署に電話を入れてみた。はきはきとした若い男が対応してくれる。「わかりました。1月16日に送付しているはずですが、もう一度送るように伝えておきます。お名前と生年月日をお願いします」という。

 それに答えると「あっ、茅野さんですか。私は梅野といいます。岩国では人事課にいました」「私のことを覚えていますか。ありがとうございます。あなたのことも覚えていますよ。お元気そうで。頑張っていますね」とエールの交換をする。

 この男は、新入社員のころから仕事では縁がなかったが顔はよく知っていた。「何歳になりましたか?」と余計なことを聞いてみると、55歳だという。「私は75歳になりました」と言って、おかしくもないのに笑い合った。「働き盛りですね。お元気で頑張ってください」と言って電話を切った。年金が減っていく寒々しい中にあって後輩の懐かしい声を聴き、気持ちが温かく少し元気になってきた。

 
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加