☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

観天望気(紹介)

2016年08月23日 | 季節・自然・植物

 台風9号は関東・北海道で局所的な大雨を降らせて大きな被害を出した。最新技術をもってしても局所的な大雨は、ピンポイントで予測することは困難のようであるが、その日雨が降るかどうかくらいは、近年割と正確に知ることが出来るようになっている。

 その昔、子どものころは、前日の夕方や当日の朝の空模様や、ツバメやハエが飛ぶ様子を見て、各人が天気の予報を下してその日の行動を決めていた。このように自然現象や生物の行動の様子などから天気の変化を予測することを「観天望気(かんてんぼうき)」というが、今では自らが観察して得た情報で行動することは非常に少なくなっている。

 こと天気に関してだけは必要な情報を、テレビやラジオのニュースで聞き、毎日を難なく生きている。自らが観天望気して、その日の天気を予測したのは遥か昔のこと。遠足の前夜、「明日は晴れるだろうか」と思いながら休んだ子どものころが懐かしい。

 この観天望気、天気予報の的中率は高くはないようだが、海上においては今でも重要視されているという。世界で通用する観天望気には以下のようなものがあるが、みなさんはどんなことで観天望気していますか。 

 ・「夕焼けの翌日は晴れ」 ;天気は西から東へ移動するため
 ・「太陽や月に輪がかかると雨か曇り」 ;温暖前線の接近に伴う巻層雲のため
 ・「ハチが低く飛ぶと雷雨」 ;湿度が高いと、昆虫が低く飛ぶため
 ・「ツバメが低く飛ぶと雨」 ;湿度が高いと、えさとなる昆虫が低く飛ぶため
 ・「ネコが顔を洗うと雨」 ;湿度が高いとき、顔や髭に水滴がつきやすくなり猫が拭うため
 ・「クモが糸を張ると明日は天気が良い」
 ・「うろこ雲は天気変化の兆候」
 ・「山に笠雲がかかると雨や風」 ;低気圧や前線に伴う風により、湿度の高い空気が山の斜面を上って水蒸気が凝縮するため
 ・「上り雲(北に向かう雲)は雨、下り雲(南に向かう雲)は晴れ」 ;低気圧の前面は南寄り、後面は北寄りの風となるため
 ・「飛行機雲がすぐに消えると晴れ」 ;上空の湿度が低いため
 ・「飛行機雲が広がると悪天の前兆」
 ・「朝虹は雨、夕虹は晴れ」朝虹は東からの太陽によって西に見える。虹が見える=湿度が高い。やがて西から東へ来るので雨。
 ・「朝焼けは雨」
 ・「(鐘の)音が遠くまで響けば雨・嵐」 ;前線などで上空に暖かい空気が入り逆転層ができると、音波の伝播方向に影響を与えるため

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

油を差す(紹介)

2016年08月22日 | 生活・ニュース

 サラリーマン生涯の内、入社後20年間を機械エンジニアとして過ごしてきた。あとの17年間は雑用係であった。その機械エンジニアであったころの習性は、退職した今も脈々と受け継がれており、家の中の電気製品や菜園用の小機具などの調子が悪くなったときには、まずは分解して掃除をし、油を差してみる。

 大抵のものは、この方法で再び調子を取り戻してくれるが、最近のものは電子化されており、昔の機械のように油を差しただけでは直らないケースが増えてきた。車だって、昭和40年代のもののエンジンルームは、エンジンが載っているだけで、あとは何もなくスカスカ状態で、外部から油を差す個所がいくつもあったが、今や素人が手を出せるところは1か所もない。

 そんな先日、1年半前に買ったズームが自慢のデジカメのスイッチを入れると、「レンズエラーが出ました。電源を入れ直して下さい」という警告が画面に出てきた。何度か同じことを繰り返していると突然直るが、しばらく置いておくとまた同じことが起きる。

 買った直後にもこんなことが起きた。それはデジカメをケースの中に入れていて、誤って電源が入った時、レンズがケースで押さえつけられて伸び出ることが出来なかったからである。このたびは、ケースから出していてレンズが自由に伸縮できる状態にあってもこんな警告が表示された。

 こんなことがたびたび起きるので、買った電器店に持ち込み修理を依頼した。数日後、「修理には1万2千円かかりますがよろしいでしょうか」との電話がかかってきたが、家に望遠倍率は少し劣るもののまだ使えるデジカメがもう1台あるので、修理せずに送り返してもらうことにした。

 手元に戻って来たデジカメを手にして、何度か電源を入れてみると、時にうまくいくことはあるが殆んどは警告が表示されて使うことが出来ない。「どうせ壊れてしまっているものであれば、よし、ここはレンズの摺動部に油を差してみよう」と思い、スプレーで油を掛けて軽く布で拭いてみた。

 こわごわ電源を入れてみると何の問題もなくうまく動くではないか。何度やってみてもうまくいく。精密機械に油をさすと壊れることもあるが、うっすらと汗をかく程度の油であればうまくいった。「動かなくなったら油をさす」。単純ではあるが今でも信じている機械エンジニアの格言が、また生きた。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

性格の不一致(普遍)

2016年08月20日 | スポーツ・山登り・釣り・遊び

 リオ五輪も第14日を終え、日本の選手も連日予想以上の大健闘をしていて、毎日テレビの前で応援していると下手なブログなどを書く暇はない。そんな第14日の大ニュースは「バトミントンの女子ダブルス」で高橋・松友が組んだタカマツペアがデンマークのペアに2-1で大逆転し、この競技で男女を通じて日本勢初の金メダルを獲得したことである。 

 その勝ち方が劇的であった。第1ゲームを落とし、第2ゲームは調子を取り戻して勝ったあとの第3ゲームは、16-16から3連続失点を許した16-19の崖っぷちから、なんと5連続得点という大逆転で勝利した。外国選手に比べて身長も低く体力的にも見劣りするタカマツペアが、絶妙なコンビで金メダルに輝いた。

 優勝した後の監督の言葉が言い得ている。「松友はおとなしいコツコツ型。元気で親分肌の高橋と組ませてはと発案した。性格が正反対で学年差のある方が強い」という持論であった。 

 話は変わるが、芸能人が離婚する記事を見るとき、離婚の理由として表向きかもしれないが「性格の不一致」という表現がよく使われる。性格が完全に一致するということはなかろうが、違いが大きすぎても結婚生活というものは続かないものだと思っていた。

 ところが、スポーツでのペアというものは、性格が正反対で歳の差がある方が強いという。いやいや、スポーツといわず結婚生活でも、これは的を射ている言葉かもしれないとも思う。夫婦の2人ともが同年齢で、気が強く、きれい好きで、浪費家では家庭は持たないだろう。

 夫婦のお互いが性格を異にしているが、相手を補完するような性格であれば、何ごとも円満に解決するような気がする。奥さんに怒られるようなことがあれば、口応えなどせずに黙って引き下がる。あそこが汚れているといわれれば、黙って掃除機をかけておく。買いたいものがあっても奥さんが欲しいというものを優先させる。

 定年退職後は何ごとにつけ奥さんを補完する姿勢を保っておけば、離婚されるようなことはないということを、おぼろげながら分かってはいたが、バトミントンのタカトモペアから確信に至った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正夢(話題)

2016年08月08日 | スポーツ・山登り・釣り・遊び

 今年のプロ野球のセ・リーグペナントレースの行方を決めるような大きな試合が昨夜広島で行われた。対戦相手は目下絶好調で7連勝中の2位巨人である。迎える広島カープは、このところやや調子を崩して4連敗中で、3連戦の内すでに2敗を喫している。

 巨人と最大11ゲーム差あったものが、4.5ゲーム差にまで急追されており、昨夜の試合に負けると3.5ゲーム差となり、優勝の先行きは混とんとする場面であった。肝心なテレビ放送はオリンピックに占拠されて放映されない。仕方なく、ラジオのスイッチを入れて聞いていた。

 カープは出だしよく3点を入れたが、直ぐに同点とされた後は、更に加点され、なんとか同点に追いつくも、7回の表には2点をいれられて7対5となった。戦況はカープが押され気味で勝ち目は薄いように見える。「今日は負けだな」と判断し、昼間の疲れもあって早々にベッドに入った。

 カープが勝った日には熟睡できるが、負けた日には寝苦しい夜となることが多い。昨夜は勝負がつかない内に眠ったが、勝敗の行方が気になったのだろう、同じ夢を3回も見た。それは、9回の裏なのか延長戦なのか分からないが、カープが逆転サヨナラで勝つという夢であった。

 これが夢なのか、目覚めに近い覚醒状態だったのか分からないが、夢のストーリーはカープが逆転勝ちをしたということに違いはない。今朝、いつもより早く起きて、直ぐにネットのスポーツ記事を検索してみると、カープが私が夢で見た通り逆転サヨナラ勝ちをしているではないか。

 これには驚いた。「神ってる」とは、この私のことであった。9回の裏、菊池が2アウト後の土壇場でホームランを打って同点とし、四球で出塁した丸を、この日4番の新井がサヨナラ2塁打で8対7と決着を付けた。後日「この日の勝利でカープの優勝は決まった」と言われるような試合過程を、私は夢の中で予言していた。正夢って、本当にあるんですねぇ。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

剛よく剛を制す?(紹介)

2016年08月06日 | 旅・スポット・行事

 「柔よく剛を制す」という諺がある。暑い夏の真っ盛り、諺に逆らって暑さを乗り切ろうと思い立ち、「剛よく剛を制す」を目指してちょっとした旅をしてきた。

 今年の3月に岩国錦帯橋空港から沖縄の那覇へ飛ぶ新規路線が就航した。梅雨が明けた途端、連日の暑さである。耐えかねていた時、「そうだ、沖縄に行ってみよう。沖縄の方が暑くても湿度が低く凌ぎやすそうだし、サンゴ礁の海もきれいだというし」と、暑い夏に南の島に向かって衝動的に3泊4日の旅に出かけた。

 11時、岩国を飛び立ち、鹿児島までは一直線、そこで向きを少し左に変えて真っすぐに沖縄を目指し、2時間弱の飛行時間で13時に無事到着した。期待に反して、夏は沖縄も暑い。ツアーに申し込んだといっても、航空券とホテル代、それに4日間借りきりのレンタカー代を旅行会社に振り込んだだけで、後はすべて旅行者任せの旅が始まった。

 トヨタのアクアというハイブリッドカーを借りて、早速沖縄南部をガイドブックとナビを見ながら一周することにした。半周したところに、ガイドブックに載っている海を高台から眺められるカフェがある。そこでひと休みすることにした。

 屋外のテラスで海に向かって座った。瀬戸内海と違って小さな島もなく、ただ水平線と、沖合い数百メートル辺りに水平線と平行して白い波が一直線に立っている。あれが珊瑚礁の淵だろうか。これぞ沖縄の海。しばらく何も言わずに海を眺めた。

 どこに行き何を見ると決めて出かけた旅ではない。暑さから逃れるために出かけてきた沖縄は思った以上に暑かった。「剛よく剛を制す」を目指したが、あえなくダウン。エアコンの効いたホテルへ夕方早く駆け込んだ。2日目は、冷房を利かした車に乗って、北部にある古宇利島へ長い海の橋を渡って行ってみよう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愚直な柱時計(話題)

2016年08月02日 | 生活・ニュース

 フリーマーケットで箱の一部が欠けた、ほこりだらけの古い柱時計を見つけた。「ネジを回したら動くよ」という店主の言葉を信じて買って帰った。歯車の付いた機械を取り外して、ほこりを払い油を差した。

ねじを巻いてダイニングの壁にかけると、カチカチと心地よい規則正しい音を響かせた。
 時の数だけボーンボーンと音も出す。「やかましいわねぇ」との奥さんの一言で、2階の書斎で休ませておくことにした。
 
 ある日、柱時計を取り出して掛けてみると、数分動いたと思ったらすぐに止まってしまった。機械を取り外してはみたが、油を差す以外に何もすることができない。
 組み立てて掛けてみるが、しばらくするとやはり止まる。箱をたたいても揺すっても動かない。

左右に振れる振り子を正面から注意深くじっと眺めていると、あることに気がついた。外箱は水準器を持ち出して垂直に掛けているのに、振り子が機械のわずかに左寄りで往復している。機械が少し斜めに傾いて取り付けられていることが分かった。
 
 どうしてそのようになってしまったのか理解できないまま、振り子が機械の中央で左右均等に振れるように取り付けると、止まることなくうまく動くようになった。

 ほんの少し傾いただけで、てこでも動かない。そんな愚直で不器用な柱時計が、かっての私に似ているような気がして急にいじらしく思えた。今日も2階で時を刻んでいる。
      (2013.08.02 毎日新聞「男の気持ち」掲載)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

手遅れ医者(話題)

2016年08月01日 | 生活・ニュース

 中国新聞の天風録というコラムで、「手遅れ医者」という おもしろい落語があることを知った。患者を診るや否や「アーこれはだめだ」とつぶやく医者が江戸にいたという。もし、治療に失敗しても文句は言われないし、もしも治ったら「名医」との評判が立つと踏んでのことである。

 いまどき、こんな無責任な医者はいないと信じているが、医療の場ではないところで、この医者の気持ちが分からないでもない局面に何度か立ったことがある。

 家を大切に、きれいにしているある奥さんが、2階に上がる階段に転倒防止のための手摺を取り付けたいと言った。必要な工具一式を持っている私は直ぐに協力を申し出て、ご主人と一緒に作業に入った。まずは手摺のサポートを取り付けるところを決めなければいけない。

 洋風の建物なので、壁の表面に柱は出ていなく、壁の裏のどこに柱や中柱が隠されているかを、細い針を使って見当を付けたあと、電動ドリルを使ってサポートをネジで取り付けて行く。ところが、ネジ込んだところに肝心な柱がなく、壁に馬鹿穴が開いただけとなるところが2個所も出来た。

 ご主人も納得・了解の上
で開けた穴とはいっても、私が主導して決めた個所なので、なんだか申し訳ない気持ちになった。とはいえ、小さな馬鹿穴なので充填剤を埋め込めば目立つようなことはないが、きれい好きの奥さんとしては大変気になるところだと感じ、協力をしながらも、ちょっと気まずさが残った。

 またある時、近所の奥さんと立ち話をしている時のことである。ブロック塀に囲まれた家から車で出る時、見通しが悪いので危険を感じる。対策として、出口の塀にガレージミラーを取り付けたいが、家の主人は何もしない。「取り付けていただけませんか」と言われたが、ブロック塀も劣化が進んでいれば、きれいな穴が開かない恐れもある。やってあげたい気持ちはあるが、不要な穴が何個も開いたのでは申し訳ない。そんなことを言いながら、協力を辞退した。

 手遅れ医者のように「これは直らないかもしれないな」などと言いながらやってあげればいいかもしれないが、よそ様の家に手を付けるのは、失敗した時に申し訳ないので、私の技量では我が家のことだけの限定としている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の存在感(普遍)

2016年07月31日 | 生活・ニュース

 最近は家庭の中で、男の存在感がなくなったという指摘をよく聞くようになった。私が子供のころの父は一家の主として、家族の皆から一目置かれる存在であったと記憶している。給料日には、おかずが一品多く、食後には母が昼間買ってきた父が好きな生菓子が出されることもあった。

 午後から思いがけずに雨が降って来た日には、父の退社時間に間に合うように歩いて1時間もかかる会社の正門まで、雨傘を持って行かされたりもした。色々な場面で、母は父を大切にしていることを態度で示し続けていた。

 世代が変わって我らの時代となった。明治生まれの父母のころとは変わって、新しい教育制度のもとで学び躾けられて育った。男女同権、男女平等はことのほか強調された。そして近代では、男女間の格差是正、男女雇用機会均等、男女共同参画など、男女を性差だけで差別することが厳しく糾弾されるようになった。

 結果としては、男社会への女性の積極的な侵入、女社会への男の侵入と、男女入り乱れての世の中となっている。自衛官や警察官、ダンプの運転手にまで女性がなったり、看護婦さんだと思っていたのに男の看護師さんが出てきたり、夜のクラブではオネエが頑張っていたりで、職業でも男女の差はなくなりつつある。

 そんな影響もあって、家庭内でも徐々に男女の共同参画の考え方が浸透し始め、男は出産こそできないまでも、出来た子どもの育メン休暇、家事の分担、外出時の子供のだっこなど、男だからといっての存在感は希薄になっている。

 これが当たり前だとは頭では理解できるが、私の世代の男は、男女平等が唱え始められた端境期の人間であり、気持ちではそう思っているが身体が素直に動かない。「飯、風呂、寝る」の3語だけで威張っている訳ではないが、どちらかというとそんな気配。

 そう思っていた時、面白い川柳を読んだ。「娘来て 誰もいないの? オレいるよ」 「孫が言う じいちゃんがいる ばあちゃんち」。どうやら子や孫から見るじいちゃんは、とっくの昔に存在感は希薄になっている。そうだ、奥さんあっての私。これからは心を入れ替えて奥さんに尽くすことで、男としての存在感を強める努力をしよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっぱれカープ(意見)

2016年07月30日 | スポーツ・山登り・釣り・遊び

 昨夜(29日)、我らがカープがDeNAを相手に戦った姿は、あっぱれというほかない試合内容であった。

 今やエース格ともいえる今季12勝2敗で快調の野村が先発したが、序盤から打たれ、わずか4回で降板した。その後出てくるピッチャーはDeNAの勢いを止めるどころか、いずれも火に油を注ぐがごとく打ちこまれ、まさに火ダルマ状態。

 9回までに打たれたヒットは24本、ホームランが5本、四球が5個で、毎回平均して4人が出塁したという無様な試合内容であったことを、今朝の新聞で知った。昨夕は、楽しみにしてテレビ観戦をしていたが、4回の表が終わり8対2となったところでテレビを消したからである。

 こんな試合を見たという記憶は近年ない。カープの各ピッチャーがファイティングポーズをとることなく棒立ちになって、まさにサンドバッグ状態で打ちのめされた試合であった。これを見てプロと言うものの恐ろしさを痛感した。

 プロの勝負というものは、紙一重の力の差で勝負をしているから、どちらが勝つか分からないという面白さがあるものだろう。それが、大人と子供ほどの大きな力の差があれば、試合にはならない。この試合は、そんなことを思わせるほどの力の差を感じさせた。

 先発ピッチャーが崩れた時、出てくる中次がその役割を果たさなければ、試合にならない。それが、出てくる中次が軒並み打たれらのでは、中崩れとしかいえない状態であった。カープは、予想外の好調さでここまで来たが、それは何とか先発が試合を作ってきたからであった。

 肝心の先発が崩れた時、それを補う中次陣が、短い1イニングをしっかりと守りきれるようにならなければ、25年ぶりの優勝に分厚い暗雲が垂れ込めてきそうである。「こんなこともあるさ」との声も聞こえてきそうだが、これほどの試合は見るに忍びない。「満塁でも筒香は歩かせろ」が私の指示である。

 かつては「判官贔屓」だったカープが、強くなった今「贔屓の引き倒し」状態のブログとなったが、これもカープ愛の一つ。それにしても強い相手投手のDeNAの石田や巨人の田口が広島出身だとはおかしな因縁ではある。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

機械式腕時計(普遍)

2016年07月27日 | 生活・ニュース

 高校へ入学した時に初めて腕時計を買ってもらった。以来、買い替えながらも腕時計を手放すことなく今日まで過ごしてきた。腕時計の構造といえば、当初はリューズを手で回す機械式のものであったが、昭和45年には電池で動くクオーツ式に大変革して精度は格段に上がり、時計は精密機械から簡単な電子機器へと変わり、価格も大幅に下がっていった。

 そんなクオーツ時計は更に進化して、今では電波時計が出現し、精度は10万年に1秒までになり、駆動源も電池ではなくソーラで発電する構造となり、全く何の手間をかけることなく四六時中精度よく動く腕時計となっている。 

 5、6年前だったろうか、ソーラ式の電波時計を買った。もちろん電池もいらないし時報に合わせての時刻の修正も不要である。「なんと便利になったものか」と、技術の進歩にただ感心しながら使っていたが、何か一つ物足りない気がし始めた。

 ペットでも車でも菜園でも、適当に世話をやくことがあるから愛情や愛着が湧く。ところが何ひとつ世話をしなくても止まることもなく、狂うこともなく時を刻む時計は、実用的ではあるが、愛着心は湧いてこない。

 もう少し、人間味のある時計が欲しくなってきた。1年前、「スケルトン機械式自動巻き腕時計」というものを買ってみた。日常の腕の動きだけでネジは自動的にまかれるが、置いておくと2日くらい後には止まってしまう。リューズが付いているので手で巻くことはもちろんできる。

 人間の動きで機械的にネジがまかれるところと、スケルトンといって、外部から時計の往復する駆動部があたかも人間の心臓の鼓動を覗き見るように透けて見えるところ、時々時刻合わせをしてやらなければいけないところなど「今日も頑張っているな」と思わず声をかけたくなる人間臭いところが気に入っている。

 自動車でも家電でも、世は全て電子化やAI化していき、人間が介在しなくてもよい方向に進んでいるが、腕時計のひとつくらいは頑固に、精度を気にせず昔ながらの機械式にこだわって生きている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加