Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

2016年を振り返る~極私的映画ランキング~

2017-01-07 18:04:51 | パリ再訪記
2016年を振り返る~極私的映画ランキング~

毎度言うことですが、ワタシの映画鑑賞スタイルは劇場に足繁く通うというよりは、旧作中心にDVDでというものなので、年間公開作のランキングはできません。
なので、新旧作とりまぜてのすた☆脳内限定ランキングをやって喜ぼうという私的企画です。

という文章自体、昨年のランキングページからコピペしてるくらい毎年言ってますw

という例年の枕詞ではじめますが、
あまり人の参考にもならないし話題に同調することもできない企画なのでやめちゃおうかと思ってたんですが、
とらねこさんが楽しみにしてくれているということでしたので、
ひとりでも読んでくれるのなら続行するかと。


・・・と、ここまでが昨年からのコピペです(笑)

・・・と、ここまでが昨年からのコピペ(笑)

・・・とここまでが昨年からのほぼコピペです。

****

さてと、昨年もほとんど映画を観ませんでした(ええっw)
ので、観たものを多分簡単に列挙できますね。

『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』セドリック・クラピッシュ
『ジプシーのとき』エミール・クストリッツァ
『アリゾナ・ドリーム』エミール・クストリッツァ
『毛皮のヴィーナス』ロマン・ポランスキー
『蜂の旅人』テオ・アンゲロプロス
『コレクションする女』エリック・ロメール
『シン・ゴジラ』庵野秀明
『神々のたそがれ』アレクセイ・ゲルマン
『デスペア』ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
『イレブン・ミニッツ』イエジー・スコリモフスキ
『出発』イエジー・スコリモフスキ
『バリエラ』イエジー・スコリモフスキ
『オケ老人!』細川徹
『ダーク・シャドウ』ティム・バートン

ほらっ簡単だった。
こうしてみると実に時流と関係なく観たいものに頑なに執着している感があるな。。
日和ったのは『シン・ゴジラ』くらいではなかろうか。


で、いきなり
第1位『イレブン・ミニッツ』イエジー・スコリモフスキ
やはり新作に投票するのが良いですね。
絶妙なエピソード繋ぎが素晴らしいし、それぞれがほとんど明示的には語られないけど
なんか伝わるという匙加減が巧妙すぎる。
ついでに過去作への連続性も盛り込まれていたりして、かっこよすぎ。
スコリモフスキは常に現在が最高なのかも。

第2位『出発』イエジー・スコリモフスキ
で2位もスコリモフスキ。
これはJ.P.レオー主演の古い作品ですが、実に愛すべき映画。
荒削りでありつつも繊細かつ大胆。これを今まで見ていないというのはまずかろう的な。
ゲリラ的撮影や即興風なシーンもあり、巧妙な脚本技もあり。
何度でも観たい。
クシシュトフ・コメダの過剰とも言える音楽がもう最高なのだ。

第3位『アリゾナ・ドリーム』エミール・クストリッツァ
いやこれいい映画なんですよ。
クストリッツァにしてはキレイすぎるとも、お祭りが足りないとも言えるかもしれないけれど、
何もそう毎度同じものを期待しなくても良いわけで、
むしろユーゴの情勢もアメリカンドリームの終焉も歩み寄れない人と人の間の愛情も
全部重層的に詰め込んでくるクストリッツァらしさはちゃんと備わっている。
リリ・テイラーも良いし。
スコリモフスキがいなければ1位。


あとは・・・順位をつけるのは難しいかも。

『ジプシーのとき』エミール・クストリッツァは、やっと観れたのと、ローカルなテイストとともにのちに大きく開花する祝祭と混沌の要素が芽生えているのが面白いのだが、次点感あり。

『毛皮のヴィーナス』ロマン・ポランスキーは、ポランスキー最高なんだけど、彼の作品ではもっと好きなものがあるので、ここではランク外。

同様にアンゲロプロスも今回はランク外。アンゲロプロスにしては仕掛けが地味なのよね。

ロメールも面白い映画だったのだが、彼の場合、一連の作品群が一つの作品みたいな気がしてしまう。

『神々のたそがれ』ゲルマンはこれまたすごいパワーだし、汚い映画なので私好みなんだけど、
手法が『フルスタリョフ〜』と同じな気がして、それも別にいいんだけど、まあなんとなくランク外。

ファスビンダー『デスペア』もファスビンダーにしてはスマートな印象。不器用なファスビンダー好きとしては、もうちょっとかも。
でもまあ十分不器用な要素はあるが。。

クラピッシュも好きよ〜



てなことで、昨年のランキングでした〜
完全に世間からは取り残されておりました〜〜w

本年も宜しくお願い申しあげます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「テナント/恐怖を借りた男」ロマン・ポランスキー

2017-01-02 01:06:28 | cinema
テナント/恐怖を借りた男 [DVD]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


すげー遂にDVD出た~と感動して買ったが1年以上積んであったこいつを観ました。
心のふるさとポランスキーにはずれ無しというわけですが、
やはり面白かったですねー

周りが俺を陥れようとしている!みんなグルだ!
という、それが真実なのか妄想なのかよくわからんというような設定は、
ベタといえばベタなんだけど、やはり好きなんだよね。体質的に。

でもまてよ?このトレルコフスキ君のケースは、むしろ
それ絶対妄想だよっていう内容だな。。
本当に周囲が彼を陥れようとしているのではないか?と
観客に思わせるような要素はなにもない・・・

ということで、虚実の閾が揺らぐことで盛り上げるサスペンスではないのだな。
妄想が出来上がっていく様子を内面から描いている、その怖さだと思う。


完全に想像だけど、ローラン・トポルもポランスキーも
気難しい隣人に恵まれるということは、これだけヤバいことなんだよな、
という実感をベースに不条理サスペンスを仕立てたのではないかしら。
パリの住宅事情的にはこういうトラブル?は多そうだし、
その身近なわずらわしさをネタにひとつ書いてやったという感じ。

確かに隣人たちは気難しい性格を普通に振りまいているだけで、
そしてそれがこの映画では一番怖い(苦笑)
村八分にするための嘆願書に署名を求められるとか
自分もいつのまにか告発されてるとか
怖い~

だから、具体的な陰謀的行動は特に出てこないんだけど、
とにかくどんどん追い詰められちゃうというところが面白いと思うのよね。

***

細部が豊かでとてもよい。

くりかえし出てくる、誰かがドアをノックする、という状況。
それぞれはそんなに変な用事ではないんだけど、これが執拗に繰り返されることで、
どんどんストレスが溜まっていくのがよくわかる。
(ステラの家でもそれが反復されて、またすこし頭のねじがいかれる・・)

テーブルを動かそうとしてボトルを割ってしまうとか
朝起きてベッドから降りようとすると、散乱した食べ残しが足の裏に付くとか、
いわくつきの水道の蛇口をひねると、水道管が振動して壁に掛けられた鍋がカタカタ鳴るとか
警察で出した身分証明書がボロボロだとか
村八分にあう家族の娘がすごい無表情だとか
警察の人がめちゃめちゃ高圧的だとか
そういうあらゆる細部に不安なものを忍ばせていく技はとてもよい。

ストーリー的な不安だけでなくてそういう細部が生理に訴えるような不安でどんどん観客も追い込んでいくのですね。


あと、後半にいくにつれて、どんどん変なエピソードがさしはさまれていくのもよい。
アパートの玄関はいって明かりをつけたらいきなり誰かがいて仰天するとか、
熱が出て夜中にトイレ(問題のトイレ!)にいくと壁に象形文字が書いてあるとか、
公園の池で子供をひっぱたくとか
どんどんヤバくなってくる。

そうやって重層的にヤバさを織り込んでいく丹念なところが好きですね~

****

最後に、大きな円環がつながって、恐怖が輪廻するんじゃん??という終わり方は
実に好みです。
あそこでなぜ叫んだかが一気に理解されて幕となる、素晴らしい終わり方。

もうベタ褒め。


あの病床での恐怖を象徴する姿は、即座にシュヴァンクマイエル的な怖さ
=東欧的な恐怖の図像なんだろうと思わせる。
最後にアソコにむけてアップになるのもシュヴァンクマイエル的。
おそらくポランスキーは初期のシュヴァンクマイエルの短編を観ているのではないか?
と勝手な想像をしてみる。

シモーヌがほぼ全く生前の姿を見せないのも周到。


*****

イザベル・アジャーニはおいしいポジションでありつつも、あまり本筋には貢献してない印象。
「アデルの恋の物語」の翌年の作品ながら、イザベルの印象は全く違うね。

撮影はスヴェン・ニクヴィストなんだけど、
このDVDではかなり鮮明な映像。ビデオ作品風な質感もあり、あまりニクヴィスト的でない、
DVD化するときの問題なのかどうか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「狂気の巡礼」ステファン・グラビンスキ 後半読みました

2016-12-29 02:33:17 | book
狂気の巡礼
クリエーター情報なし
国書刊行会


ちょっと前ですが、やっとこさ後半を読み終えました。

本書『狂気の巡礼』は、グラビンスキ生前に発表された二つの短編集(『薔薇の丘にて』『狂気の巡礼』)からの訳出ということですが、後半は『狂気の巡礼』からの8編。

一つ目の『灰色の部屋』は、本書に通底している、場所が孕む魔という主題を根幹にもつ代表作。
前に住んでいたところがどうにもいたたまれなくなった主人公が転居したのだが、どうも新居もなんともやばい感じがしてきた。。と思ったらなんとその新居は・・・・!?
というお話(要約しすぎ)なんですが、話の展開もさることながら、
テーマに関する著者の見解がさりげなく書かれているのではないかしらというような箇所があって、
本文と注釈がごっちゃになっているような印象があるのが面白いです。

長期に住んだ家などに、人間の精神の残滓のようなものが残るということは
比喩としてのみ受け取るべきではない、とか急に書いてある。

場所、というのはつまり家や家具などの無生物なわけで、
無生物に精神エネルギーが浸透して、家主が去った後も残り、
周囲に影響を及ぼす、といのがこの短編集の基調となる薄気味悪さですね。

日本だと地縛霊というニュアンスになりそうですが、
ここではあくまで物に染みこんだ精神なので、
物を撤去してしまうと、精神エネルギーにも居場所がなくなるようです。


2つ目「夜の宿り」もまた、精神の残滓が人の夢に影響を与えるという主題ですが、
この短編の面白さは、全編ほぼ暗闇の描写であることですね。
闇の描写とはすなわち主観のみの世界というか、自分の感覚が生起するイメージだけの世界で、
その描写から夢の描写へのつながりが地続きなところが上手いと思う。

3つ目「兆し」は趣の違う作品。
どうやら恐ろしい事件が起きたのだが、誰もその現場を見ておらず、
読者にもその内容が伝えられないという面白いホラー。
傍観者というか(観ていないから違うか・・)第三者の抱く恐怖心もまた
主題になりうるという、手法的なかっこよさ。

4つ目「チェラヴァの問題」はジキルとハイド風の対照的な人格の話だけど
二重人格ものではない。いや、そうとも言えるけどちょっと違う。
面白いのは、この人格の対照性をネタにしてチェラヴァ氏が稼いでいること。
記憶や思考が両社で共有されていること。
劇的な終焉ののちもそれをネタにするチェラヴァ氏はちょっとしたたか。
精神分析医という存在が神秘と最先端の感覚を人々に与えた時代のもの。

5つ目「サトゥルニン・セクトル」
主に時間をめぐる哲学的な考察、それに精神の交流もしくは分身というテーマが絡んでいる。
繰り返し読みたい小編。やはりどこか埴谷雄高風。ウェルズへのちょっとしたアンサー。

6つ目「大鴉」これも人間の強い思い(というか妄執というか怨念というか)が
事物にとりついているお話。
グラビンスキの好きな、植物が繁茂する負の力場のような裏庭的空間の描写が冴えている。
そういう場所に心惹かれる主人公も定番。

7つ目「煙の集落」は、毛色の違う辺境探検モノ。舞台も北米。
着想がとても奇妙。異文化との出会いがお互い不幸なパターン。
謎の集落の描写が細部にこだわった病的な感じがする。
ドイツの冒険作家カール・マイの影響下にあるという話ですが、
カール・マイといえばあれですよ、シーバーベルクの1976年の映画「カール・マイ」。

そして8つ目「領域」。タイトルは「領域」なのか。う~む???
ワタシはこれが一番怖かった。映画にしたい。トラウマ映画になるだろう。
夜になると敵意を持ってこちらを見つめる人影が・・しかもだんだん増えてくるって。。
そんでもってラストに生まれ出るあれはいったいなに??


後半戦はわりと理知的な怖さを書いているという印象ですが、
最後の「領域」でまた理屈を超えた異様を表現しています。

また、ストーリーの奇想もさることながら、人物の性格設定であるとか、
ちょっとしたシーンの描写が細かく具体的に織り込まれており、
一話ごとの世界を立体的に立ち上らせる感じです。
「チェラヴァ氏の問題」はテレビドラマ化されてるということですが、
確かに映画のカットを想起させる描写にあふれています。


というわけで、グラビンスキ邦訳2冊目でした。
他のものも読みたいので、興味がわいた方はぜひこの「奇跡の巡礼」を購入して、
次の作品への機運を盛り上げてくださるとよいかと思います。

装丁と装画もすばらしいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「オケ老人!」細川徹

2016-11-28 02:53:23 | cinema



監督・脚本:細川徹
撮影:芦澤明子


オケやってるし
ほぼ実際オケ老人だし
知っている人も出てるということだし
杏ちゃん初主演映画ということだし
軽いノリの映画を見たい気分だし

ということで、オケの練習の帰りに
楽器持ちで映画館に突撃しました。

が、
結果的には大号泣(^^;)
そんなに泣くかこの映画で、というほどの大号泣。

映画としては割と他愛ない演出の他愛ないドラマなんだよね
テレビドラマのノリに近い。
音楽的にはダメダメな老人たちがあの程度の練習で
あんなに上達するとは思えないとか
それに対してフランスのマエストロがああも簡単に感動するもんかしら
とかリアルなところでは実に突っ込みどころが多い。

しかし号泣。

考えたら、そもそも音楽だけで十分感動的なわけですよ。
そこに老人たちの滑稽ながらも努力する姿とか
若者の熱意とか純真とか
そういう演出を上乗せされているんで、
ワタシなんぞはイチコロに泣くんですな。

何しろもう冒頭、杏ちゃんがオケ演奏を聴いて感動する姿を見ただけで
滂沱。
そこから老人たちが、初めてここまで通った!とか感動するところとか
野々村さんが音楽を始めるに至った経緯とか
ラジオを直すエピソードとか
気の強い孫娘の純真とか
いたるところで涙腺決壊

あの老人たちが指揮をガン見してる!と言っては泣き


ということで、嗚咽が漏れないように我慢するので大変疲れました。
終映後ヘトヘト。
今年の大泣き大賞をあげたいくらいです。


***

次第に冷静になってみると、
脚本でなかなか面白いところがあったなと。

伏線と思わないようなエピソードが、後々回収されて
おお、あれと繋がっていたのか〜という面白さがいっぱい。

それと、言葉によらないコミュニケーションを演出するところが何箇所かあって、
それを杏ちゃんとか、孫娘黒島結菜ちゃんとかが見事に演じているのが素晴らしい。

絵的にはそれほど印象深いところはないかも。
オケの演奏会でのステージの上はあんなに暗くはないよと思ったが、
考えてみると梅フィルの演奏会とリハーサルの舞台をわざと暗く演出していたのかもしれない。

撮影は意外なところで黒沢清作品を多く取っている人。(芦澤明子)
時間の経過を風景の色づきの移り変わりで表現するところとか(まあありがちだけど)
大胆で面白かった。
あと超狭い寿司屋の客席での宴会でも切り返しカットがあって
あれはどうやって撮ってるんだろうと素人的に感心する。

***

楽器の演奏フォームについては、
楽器をやる人はもちろんアラが気になるのは仕方ないにしても、
ワタシはそういうのは映画の質を大きく左右しないだろうと思う。

むしろあそこまでそれらしく楽器を弾く姿を演じられる役者たちは素晴らしいと思う。
その大変さは楽器をやる人が一番よくわかっているだろう。

その点で一番驚いたのは
光石研がバイオリニストを演じて、全然違和感ないということだったかも・・・

老人のみなさんはそうそうたるお歴々で、
みごとですねえ。


@TOHOシネマズ日本橋



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「狂気の巡礼」ステファン・グラビンスキ

2016-11-12 18:47:58 | book
狂気の巡礼
クリエーター情報なし
国書刊行会


すみませんまだ前半読んだだけですが。。。

実はポーとかラヴクラフトとかあまり読んだことがないので、比較文化的にどういう水準にいるのかはっきりとはわからないのですが、ポーランドのポーと称されるグラビンスキの、日本での本格的なリリース第二弾は、まさにタイトル通り、これは相当狂ってます。
ポーやラヴクラフトもこの水準なんですよということであれば、やはりそちらもちゃんと読んでおくべきでしょう

狂気とはこういうもののことだと深く納得させる短編が次から次へと。
いやーすごい。

特にビビったのは3つ目の「接線に沿って」。
自分の行動や思考の動きと、外部からの影響について、楕円と接線で説明するところが、とにかく狂っている。
主人公の奇矯な行動や死の暗いイメージよりも、その背景にある認知の仕方が、もうイかれているのが恐ろしい。

こういう発想を記述できるグラビンスキ自身も相当恐ろしい。考えて捻って出てくるものなのだろうか。だとしたら作家というのは底知れぬ能力を持っている。

ということで、一編は割と短めなのに読むのにすごく時間をかけてます。頭クラクラするので。


全体を貫くテーマの一つが、場所の持つ狂気の力。催狂気性(と勝手に名付ける)。
「狂気の農園」はそのテーマど真ん中の作品。
心霊スポット的なヤバい場所は、確かにここにいたらマズイという第六感を刺激する。こういう感情は世界共通に持っているんだな我々は。

こういうテーマで世界のアンソロジー作ったら面白いと思う。すでにありそうだけど。

あとワタシの読書体験的に連想するのは、埴谷雄高の「死霊」でしたね。手触りは違うけど、狂い方に通じるものがあると思う。


後半も楽しみです。

芝田さん色々な作品を世に届けてくれてありがとう。


あーあと、装丁が良いですね。
こういう雰囲気の装丁は80年代にも流行った感じです。


こちらも!
動きの悪魔
クリエーター情報なし
国書刊行会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺未央「MIO*」「CRAZY LOVE」

2016-11-07 00:45:49 | music
いろいろな目論見から、ウチのCD棚を漁っているのだが、
懐かしいアルバムが出てきたので。

友人A氏に昔むかし教えてもらった渡辺未央という人のアルバム。
教えてもらった時点ですでに中古での入手だったかもしれん。



ここに2枚のCDの写真がありますが、
右が「MIO*」で多分デビューアルバム
左が「CRAZY LOVE」で2枚目

この2枚の間のアーティストイメージの違いすぎる違いというのは
かなり有名です(渡辺未央ファンの間ではね。。。)

1枚目はちょっと清純な感じのイメージで
収録曲も素朴な印象の歌モノがメイン

2枚目は見た感じは蓮っ葉な感じだけど
音作りはよりとんがり系オシャレなものを目指しつつも
清純な感じは隠しきれないぜってとこですね。


楽曲とアレンジが素晴らしいので、
ボーカルが多少怪しくてもむしろそれが味わいとなって
独特の作品になったりする
その見本のような佳作です。

楽曲は佐藤奈々子、日向敏文、JUN KAGAMIが手がけているのです。
と言ってもこの3名がどういう人なのかワタシは知りません。
音楽的には素晴らしい人たちであることは間違いないです。

「MIO*」から「風の中の友達(きみ)」を
このすごい線の細いボーカルが素敵です。

渡辺未央 風の中の友達(きみ)


由緒正しくアルファレコードからのリリースですが、
残念ながらこの先はなかったようです。
今どうしているんだろう未央さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「23000」ウラジーミル・ソローキン

2016-10-27 01:40:00 | book
23000: 氷三部作3 (氷三部作 3)
クリエーター情報なし
河出書房新社



「氷三部作」の最後「23000」を読みました。

氷による目覚め、選民思想、世界を巻き込む救済を求めた集団の88年に及ぶ活動の終焉が、意外な顛末で描かれる驚きの最終巻でありました。

ある意味無垢な原理と救済が、外面的にも内面的にもカルト的で全体主義的な集団を形成するという、人類史的な洞察を軸に、その外部、誤った世界としての現実の20世紀(と21世紀)の歴史が俯瞰され総括される。そういう総合小説をソローキンは書いたのだと思いました。

当初は現代の即物主義、主知主義への幻滅とそれに対しての魂の回復が色濃く描かれていた三部作ですが、終盤に至り、それまで「光」の兄弟姉妹たちが肉機械と称して唾棄していた「人間」の側のストーリーがやおら立ち上がり、最終的には「光」と「肉機械」の間にいる「死に損ない」が残るという、ある種の和解が示されます。

魂の側にありしかし全体主義的な「光」の兄弟団を勝利させなかったことは、歴史の必然としてそうしなければならなかったとみることが出来ましょう。

一方で、退廃と滅びの「肉機械」の勝利としても描きえない。生き延びるのは、肉でありながら心臓(こころ)の声を感じ取り神と話したいと願う存在であるというところは、調和、和解、第3項にこそ希望は託されるというメッセージを読み取らざるをえません。

「肉機械」の世界で、彼らの世界の中での「和解」を論じる集会が終盤に描かれています。それは希望に彩られてはいるものの前途多難な様相を呈しているわけですが(レーニンの遺体(禿げた肉機械の皮)の処遇ですらまず合意できません)、とにかく20世紀の歴史の後で全肉機械の和解を話すに至った彼らへの、細い細い希望をここに植えつけているのだと思います。

第3項である二人オリガとビョルンは、最後に、神と語る方法を人間界に戻って訊こう、と言います。人間界にまだ残るであろう知恵を、和解の人である彼らが汲み取り、この先を牽引する、そんな希望を感じました。

あろうことかソローキンに、そんなメッセージを読んでいいのかと思わなくもないですが、ワタシはまあこう思いました。

******

三部作を通して多くの人物がそれぞれ一人称で長く物語る場面が多いのだけれど、
そこでの文体の変わり具合がよく訳しわけられていたと思います。
というかロシア語でもそういう文体の違いというのがあるわけで、
その違いを理解できるというところは翻訳者というのはすごいなあと思っちゃうわけです。

特に本作では強烈な文体(モグラ人間とか飛び少女とか)が出てきてすごいです。

あとちょろっとデヴィッド・リンチが登場するところがうれしいのと、
結構日本の風俗をよく知ってるな~と感心する個所もあり。



氷三部作1「ブロの道」の記事はこちら
氷三部作2「氷」の記事はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マリー・アントワネット」惣領冬実

2016-10-25 03:11:26 | book
マリー・アントワネット (KCデラックス モーニング)
クリエーター情報なし
講談社


マリー・アントワネットの物語というとやはり
反射的に革命に至る激動の物語を期待するわけだが、
こちらの、ヴェルサイユ宮殿慣習による『マリー・アントワネット』は
マリーのお輿入れから宮殿での生活を、
最新の研究成果などを織り込んで描いたもの。

ルイ16世が長身のイケメンで、不器用ながら聡明なところを見せるところや、
マリーが、豪奢に明け暮れ民衆の困窮に無頓着な貴婦人ではなく、
自身の立場に戸惑いながらも状況について考える少女であるところなど、
従来のイメージを覆す要素が満載である。

人物像だけでなく、服飾や宮殿の意匠、宮殿での作法やふるまい、
あるいは輿入れのときの街道の風景などにいたるまで、
徹底した考証が反映されている。

物語としてのインパクトは弱いかもしれないが、
そういう細部に至るまでの史実がぎっしり詰め込まれており、
従来の定説をひっくり返すという点では、
帯に書かれた惹起である「歴史に革命を起こす」という売り文句も
そんなに大げさではないということがじわじわと分かってくる。

ということで、ベルばら世代とか歴女の方とか真実を知りたい人(?)にはおすすめ。

****

日本側の企画かなと思ったんだが、どうも
フランス側からのオファーで出来た作品のようです。
フランスでの「マンガ」受容は、受容第1世代が大人になって、
ざっくりいうと一層の深みを持ち得る段階にあるので、
フランスの出版社などではそこに文化的なチャンスを見出しているということですね。

そういう点では、総領冬実さんの資質はばっちり適任て感じです。
ここまでフランスの文化を具体的に絵として表してくるのは
日本のマンガ文化ならではという感じがします。

巻末の30ページくらいが解説に費やされていて、これも本編理解のためには必読。
あと、関連本で『マリー・アントワネットの嘘』も必読。
こちらには『マリー・アントワネット』制作の経緯や、
最新研究における新事実や、
総領冬実さんと萩尾望都さんの対談などもあり。

マリー・アントワネットの嘘
クリエーター情報なし
講談社



あと、個人的には、冒頭のプチ・トリアノンの建物や風景の描写にムネアツ。
昨年行った時の空気感がよみがえった。

そんでもって、とても大変そうだけど、この路線で続編続々編があるといいなあ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バリエラ」イエジー・スコリモフスキ

2016-10-22 00:41:05 | cinema
バリエラ [DVD]
クリエーター情報なし
紀伊國屋書店



そうだったこの人ポーランドの人だったと
思い出させてくれる、暗喩や寓意に満ち満ちた
作品でした。

それらの暗喩を、当時のポーランド情勢に即して
全て理解することはもちろんできないので、
ワタシにとっては多くがシュールレアリズム的な
仕掛けに見える。
東欧の想像力に魅せられるワタシであるが、
多くはそうした理解の及ばぬところを幻想的と解して喜んでいるに過ぎないのだろう。


冒頭、人が後ろ手に縛られて次々と落ちて行く繰り返しは、大変不吉な印象を与える。
絞首刑のような。

それが次第にカメラが引きになっていき、他愛のないゲームであることがわかるが、
この不吉な印象が最後まで拭われることはない。

主人公が訪れる老人ホーム(と思われる)のどこか非人間的な空間、
信号が変わるとどっと走り出す群衆を捉えた長いシーンの不安、
背景のドームの上を這う人影からほとばしる大量の黒い液体、
怪しげな給仕にいじられ突如ショウの司会者が現れ掃除婦が朗々と歌い出すレストランの悪夢的不安、

などなど

あるいは、主人公が出会う女性との関係も不安定。運命的な出会いにもかかわらず、
不確かな約束の元に二人はお互いを見失い、再び会うことができるのかわからないという不安。

あるいは、全編アフレコであるために、極端に音の少ない聴覚的な閉塞感。

随所に刻まれる不安の形象はこの映画の撮られた1966年前後のポーランドの空気なのか。

一方でその不安をかいくぐり走り抜ける若い二人の愛の始まりを捉えた、純粋な高揚の映画でもある。

出会いの場面の、焚火の揺れる光に浮かぶ二人の顔。
二人で燻らす煙草の煙。

あるいは、二人で駆け上るシーズンオフのスキージャンプ台の白い階段。遥かな高さ。

思わず頰が緩む幸福感がそこにある。

不安と幸福。
終盤二人が互いに見失い、互いを探し求める流れは、なかなかに焦燥感がある。
不安な世界にメルヘンな出会いをした二人は、もしかしたらもう二度と出会えないのではないか、
という心配をしてしまう。
不安と幸福の入り混じる世界だから。

ああ人の世は。。とため息をつかずにはいられない。
こういう世界を切り出してみせるスコリモフスキの、見事な初期長編でした。


******

音楽は例によってクシシュトフ・コメダ。ジャズ以外のスコアも彼なのだろうか。
控えめながらこの映画の不安と幸福を印象付ける。

隠喩の解釈などの難しい話は、
DVD付属の冊子及びこちらの本↓に全て書いてあるので
考えないことにします。。

あとラスト、あれちゃんと路面電車は停止したのかしらという
一抹の不安が・・・・(笑)
(あのモチーフは堂々「出発」でも再現されていましたね)


イエジー・スコリモフスキ 紀伊國屋映画叢書・1
クリエーター情報なし
紀伊國屋書店


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「出発」イエジー・スコリモフスキ

2016-10-06 00:22:30 | cinema
出発 [DVD]
クリエーター情報なし
紀伊國屋書店


もう観る前から気に入ることが明らかな映画というのはあるよなあ。
この『出発』もそれ。

だからというわけではないけどずっと積読(じゃない積視聴)していたのを、
先日の『イレブン・ミニッツ』観た勢いでようやく鑑賞。

**

ゴダール初期のような雰囲気はありつつも、それほどスタイリッシュなところはなく、
粗削りな印象なんだが、いや、よく考えると相当に様式美的なアプローチにあふれている。

美容院のシャンプー台のシンメトリックなところとか
路上で喧嘩するバックに能天気な車の広告があってときおり広告のアップが挟まれるとか
車で疾走するときのカメラの設置場所が妙に凝ってたり、
ガソリンタンクを坂道においていくところの上下の構図とか

魅力的な細部と動的な繋がりが映画の面白さだよなあと
改めて思わせる。

**

そういうワクワクする作りの中を所狭しと動き回るのが、
われらがジャン・ピエール・レオーなんだからつまらないはずがない。

レオーはここでもこの上なくレオー的。
サイレント期喜劇を思わせる彼の過剰な動きについては、
スコリモフスキがインタビューの中で、
レオーとはまったく言葉によるコミュニケーションができなかったので、スコリモフスキが演技をやって見せて、レオーがそれを模倣するというやり方となり、それが過剰な動作という結果になったのでは?というようなことを言っているが、
いや、レオーっていつもあんな調子じゃないかしら(笑)
デビュー作は子供だったしそうでもないけど、
あるいは『恋のエチュード』みたいな例外はあるかもしれないけど、
トリュフォーのドワネルもののひとつ『家庭』で、あからさまにジャック・タチの所作を真似ているレオーこそが
ワタシの知っているレオーなのだ。
そのレオーがまぎれもなくというか期待通りにいる『出発』がつまらないはずはない。

レオーらしさといえば、もちろんそういう喜劇的なふるまいの一方で
色恋に関しては積極的なくせに最後は臆病で不器用で情けないところも
しっかり「らしさ」を発揮しているところもすばらしいじゃないですか。

ガールフレンドと車のトランクに二人きりになっても彼からは触れようともしないし、
お金と車目当てに美容院マダムとうまくいきかけても、寸前で恐れをなして逃げてくるし(笑)
終盤でミシェルと泊まるホテルでのおどおどっぷりときた日にはもう(大笑)

そこんところは映画の主題の根幹でもあると思うので、
レオー実に適役ですよ。


****


あんまりネタバレするのもなんだけど、
ラスト近くの二つの「燃える」演出はさすがスコリモフスキという感じ。
ミシェルの少女時代の終わりを暗示する最初のフィルムの炎上と
それからマルクに訪れた転機を示す炎上と
二回出てくるところがすばらしいよね。


ミシェルをやったカトリーヌ=イザベル・デュポールは、ゴダール『男性・女性』でレオーと共演している。
DVD付属の冊子によると、彼女は『出発』出演後に映画の活動はやめて、現在は消息不明とのこと。
寂しいな。

あとそうそう、音楽はクシシュトフ・コメダ。音楽はすごく前面に出ている。
コメダ節炸裂の感あり。
冒頭と中盤に出てきて心をわしづかみにする挿入歌は、ものの本によるとスコリモフスキ作詞。
ポーランド語で書いてフランス語に翻訳してもらったそうな。
コメダが作曲したかどうかはわからないが、コメダ以外にすることもあまり考えられない。

コメダも若くして他界したので、そういう裏話を今聞けないのが残念よね。
DVDの冊子にはコメダの来歴がとても詳しく書かれているのが素晴らしい。



@自宅DVD



コメント
この記事をはてなブックマークに追加