「竹岡雄二 台座から空間へ」 埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館
「竹岡雄二 台座から空間へ」
7/9~9/4



埼玉県立近代美術館で開催中の「竹岡雄二 台座から空間へ」を見てきました。

京都に生まれ、現在はドイツに在住する美術家、竹岡雄二(1946~)。とりわけ「台座そのものをモチーフ」(解説より)とする彫刻作品で知られています。

いわゆる立体の展示です。とは言え、面白いのは立体それ自体だけではありません。作品は空間へ半ば拡張しています。美術館そのものを変容させていました。

展示室の造作からして異なりました。間仕切りはほぼ全て開放。ぶち抜きで奥行きのある空間が広がっています。

「クリーン・ルーム・ジャパン」に目が留まりました。大きさは約3メートル弱四方。高さも2メートル以上ある箱型の作品です。素材は透明のガラスです。黒いフレームに収まっています。床には白い大理石が敷かれています。ほぼ4畳半。茶室のようにも見えなくもありませんが、入口はなく、中に入ることは叶いません。


竹岡雄二「無題」 1996年 マンツ・コレクション, シュトゥットガルト

ガラス面には僅かに周囲の風景が映りこんでいます。ちょうど奥の彫刻がボックスの向こうに重なって見える位置に立ってみました。するとさもその作品がボックスの中へ入ったような錯覚に陥ります。作品の配置関係は絶妙です。意識は確かに「台座から空間へ」と働きました。

竹岡の台座に対する関心はドローイングからも知ることが出来ます。一例が「オーギュスト・ロダン 青銅時代」です。水彩の一枚、まさしく台座だけが描かれていますが、これは本来ある彫刻から人体の部分を消して表したものです。「マルセル・デュシャン 自転車の車輪へのオマージュ」では車輪の部分だけが省かれています。車輪なしです。つまり台座しかありません。


竹岡雄二「七つの台座」 2011年

ずばり台座と名付けられた作品がありました。「七つの台座」です。素材は真鍮。金のメッキが施されています。いずれも大きさは50センチ四方です。反面に厚さは20センチ弱。やや薄い。形も真四角であったり、台形であったり、また角を削っていたりと変化があります。床面へ直に間隔をあけて置かれていました。何やら庭石のようにも見えます。


竹岡雄二「無題」 1996年 個人蔵

家具を連想させる彫刻があるのも興味深いところです。「無題」はどうでしょうか。4つの細い脚に支えられた立体、中がくり貫かれています。キャビネットと呼んでも良いかもしれません。中に物を収納しようと思えば可能です。

素材が多彩なのには驚きました。ガラスに真鍮、そして人工大理石。テラコッタや木材に銅板も使用しています。またブロンズに緑青を吹き付けるなど色や質感の表現も細かい。作品の仕上げに抜かりはありません。

物理的に美術館の施設へ手を加えた作品がありました。「サイト・ケース1」です。分厚い透明のアクリルボックスです。壁に打ち付けられています。中は空洞です。よく見ると奥の面には何やら石膏を塗り固めたような層が広がっていました。はじめはそれもてっきり竹岡が手を加えたものかと思ってしまいました。

実はこの面、美術館の壁なのです。つまり手前のボードを切り取り、ぴたりと作品をはめ込んでいます。ゆえに切り取った奥の壁の部分が露出して見えているわけです。



「竹岡雄二 台座から空間へ」@遠山記念館(7/9〜9/4)
https://www.e-kinenkan.com/exhibit/index2.html

なお本展は遠山記念館と同時開催です。同記念館のコレクションもやって来ています。とは言え、一工夫がありました。とするのも竹岡自身が台座に因んだ古美術品を選定しているのです。江戸時代の蒔絵を施した文台や盤、それに琉球の螺鈿の杯などが並んでいました。


竹岡雄二「インターナショナル・アート・マガジン・ラック」 1997年 個人蔵

作品を介在しては変化する景色が面白い。思わず会場内をうろうろと彷徨ってしまいます。いつもとは異なる埼玉県立近代美術館の空間を楽しむことが出来ました。



9月4日まで開催されています。

「竹岡雄二 台座から空間へ」 埼玉県立近代美術館@momas_kouhou
会期:7月9日 (土) ~9月4日 (日)
休館:月曜日。但し7月18日は開館。
時間:10:00~17:30 入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1000(800)円 、大高生800(640)円、中学生以下は無料。
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *MOMASコレクションも観覧可。
住所:さいたま市浦和区常盤9-30-1
交通:JR線北浦和駅西口より徒歩5分。北浦和公園内。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )

「第5回新鋭作家展 型にハマってるワタシたち」 川口市立アートギャラリー・アトリア

川口市立アートギャラリー・アトリア
「第5回新鋭作家展 型にハマってるワタシたち」 
7/16~8/31



川口市立アートギャラリー・アトリアで開催中の「第5回新鋭作家展 型にハマってるワタシたち」を見てきました。

2011年から比較的若い世代の美術家を公募展形式で紹介している「新鋭作家展」シリーズ。今年で5回目を迎えました。

ポートフォリオ、及び専門家の審査を経て選出されたのは大石麻央と野原万里絵。ともに1980年代後半生まれの女性の作家です。

会場内の撮影が出来ました。

さて今回の新鋭作家展、タイトルにもあるように、ある1つのテーマが設定されています。それは「型」でした。

野原万里絵は型紙を使って作品を制作しています。目立つのは人型でしょうか。様々なかたちを切り抜いた紙を用い、木炭に塗りつけては壁面へ写しています。


野原万里絵「Pattern」 

個々の型紙はノートサイズほどに過ぎませんが、作品は巨大でした。壁画と呼んでも差し支えありません。一体、高さは何メートルあるのでしょうか。床から天井まで壁いっぱいに広がっています。


野原万里絵「Pattern」

壁画の一部はワークショップで作られたそうです。また型紙は下記の日程に限り、実際に切り抜いて作ることも出来ます。つまり観覧者の型も作品に取り込まれるわけです。

「かたち発掘場」
日にち:7月16日(土)、17日(日)、18日(月祝)、23日(土)、24日(日)
時間:13:00~16:00


野原万里絵「Pattern」

蝶や鳥が舞い、花や草木が生い茂っているかと思うと、人や動物のシルエットが浮かんでいるように見えます。まるで生命の楽園です。また同じパターンが繰り返し続く場面も少なくありません。その意味では装飾的でもありました。


大石麻央「私の辞書」

大石麻央の型は動物のかぶり物でした。タイトルは「私の辞書」。鳩のかぶり物をした人物の写真がたくさん並んでいます。実際にかぶり物をした人形もいました。椅子に座り、空中でロープに腰掛ける姿はどこかコミカル。視線を合わせては見入ってしまいます。


大石麻央「私の辞書」

一連の写真のモデルは一般の参加者です。会期に先立ち「着るアート体験&撮影大会」にて撮影されました。確かによく見ると体型が様々です。同じようで同じではありません。そもそもかぶり方にも若干の違いが見られます。

会場の構成に一工夫ありました。というのも順路がAとBの2パターンあるのです。最初から作品を見るコースと、展示物を後回しにして、コンセプトなどを先に見るコースがあります。もちろん結果的に同じ展示を廻るわけですが、少し見え方も変わってくるかもしれません。

入場料は300円のパスポート制です。会期中、何度でも入場出来ます。



8月31日まで開催されています。

「第5回新鋭作家展 型にハマってるワタシたち 大石麻央・野原万里絵」 川口市立アートギャラリー・アトリア
会期:7月16日(土)~8月31日(水)
休館:月曜日。但し7月18日は開館。翌19日は休館。
時間:10:00~18:00。土曜日は20時まで開館。*入館は閉館の30分前まで
料金:300円。(パスポート制。会期中何度でも再入場可。)高校生以下無料。
住所:埼玉県川口市並木元町1-76
交通:JR線川口駅東口から徒歩約8分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )

「観音の里の祈りとくらし展2」 東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館
「観音の里の祈りとくらし展2ーびわ湖・長浜のホトケたち」
7/5~8/7



東京藝術大学大学美術館で開催中の「観音の里の祈りとくらし展2ーびわ湖・長浜のホトケたち」のブロガー内覧会に参加してきました。

滋賀県北東部、琵琶湖の北岸に面する長浜市。古くは奈良、平安時代の仏像が点在することから、「観音の里」として呼ばれることも知られています。

その長浜の仏像がかつて一度、東京へまとめてやって来たことがありました。場所は同じく芸大美術館。2014年の春です。「観音の里の祈りとくらし展1」でのことでした。

当時は全18躯。いずれも東京初出展でした。1ヶ月弱の会期の間に約2万名もの人が来場。その大いなる反響は長浜でも話題となったそうです。

スケールアップしての第2弾です。仏像の数は前回の2倍以上の約40躯。しかも観音像に限りません。ほか同じく長浜に由来する薬師如来像、阿弥陀如来像、大日如来像をはじめ、書跡や古文書なども展示されています。


「聖観音立像」 重要文化財 平安時代(9世紀) 長浜市弓削町 来現寺

会場中央、一際目立つ仏像がありました。来現寺の「聖観音立像」です。作は平安時代。堂々たる姿です。やや左足で重心をとり、長い右手を前に垂らしています。表情は幾分険しく、威厳に満ちているようにも見えます。腰回りの肉付きは良い。かつては村の西方の寺院に安置されていたものの、火災でお堂が焼失。しかしながら村人が本像だけを池に沈めて難を逃れたとも伝えられています。


「観音菩薩立像」 重要文化財 鎌倉時代(建保4年・1216年) 長浜市余呉町菅並 洞寿院

東京初出展はもとより、そもそも寺外初公開の仏像も少なくありません。洞寿院の「観音菩薩立像」です。ヒノキの一木造り。素地仕上げゆえのことでしょうか。どこか木に独特な温もりも感じられます。表面はやや滑らか。衣紋も簡素です。そもそも本像はいわゆる秘仏。33年に一度しか公開されません。それが今年です。よって展覧会に出陳されることにもなりました。


「阿弥陀如来立像」 長浜市指定文化財 平安時代(12世紀) 長浜市加田町 阿弥陀寺

長浜の仏像は地元の人々の手によって守られています。というのも幾つかの寺院を除けば、専務住職のいないいわゆる兼務寺ばかり。よって日頃の管理や参拝の対応は村や自治会が行っているのです。時に収蔵庫の鍵は当番で持ち回りされます。中には観音堂の維持が困難になったため、自治会館に直接収蔵されている南郷町の「聖観音立像」の例もあるそうです。

今回の展覧会を行うのに際しては、まず像を管理する自治会から個々に同意を得ることから始まりました。そもそも仏像は市内の各地に点在。一度に拝観できる機会は地元ですらありません。


「千手千足観音立像」 江戸時代(17〜18世紀) 長浜市高月町西野 正妙寺

やや変わった姿をした観音様もお出ましです。正妙寺の「千手千足観音立像」はどうでしょうか。作は江戸時代。千手観音こそ例は少なくありませんが、千足とは極めて珍しい。両脚は直立です。脇足が左右に19本、扇状に突き出しています。顔は憤怒。ただどこか高らかに笑っているようにも思えました。まさしく異様な出で立ちではありますが、古くは鎌倉時代の天台宗の図像集にも例が見られるそうです。


「馬頭観音立像」 滋賀県指定有形文化財 鎌倉時代(13世紀) 長浜市西浅井町庄 徳円寺

徳円寺の「馬頭観音立像」も個性的です。顔は憤怒、三面に向く仏像です。髪は逆立っていて、頭部には馬がのっています。腕は四方に伸びて、正面では手を合わせています。興味深いのは足です。足裏を正面に見せています。踵で立っているのでしょうか。


「伝千手観音立像」 重要文化財 平安時代(9世紀) 長浜市木之本町黒田 観音寺

ハイライトは観音寺の「伝千手観音立像」でした。像高は2メートル。出展中最大の仏像です。作は平安時代初期。腕は太くて力強い。逞しい上半身の反面、下半身はやや細身です。丸く垂れた衣文線が広がっています。観音寺のある黒田は軍師官兵衛で知られる黒田家所縁の地。やはり無住寺のため、世話方と呼ばれる地元の人が維持管理を行っています。世話方には定員、そして任期まであるそうです。展覧会初出展の仏像でもあります。

かつて観音を守り続けた中世の村落共同体に関する資料も展示されています。解説パネルの記載も細かい。仏像と長浜の歴史や人々の関わりを知ることが出来ました。


「阿弥陀如来立像」 長浜市指定文化財 鎌倉時代(13世紀) 長浜市野瀬町 大吉寺

展示は一部を除いて露出でした。360度の方向から鑑賞可能な仏像も少なくありません。


黒田観音寺(写真パネル)

1ヶ月間の限定展示です。巡回はありません。

「びわ湖・長浜のホトケたち2/長浜市・東京藝術大学大学美術館」

8月7日まで開催されています。おすすめします。

「観音の里の祈りとくらし展2ーびわ湖・長浜のホトケたち」(@nagahama_kannon)  東京藝術大学大学美術館
会期:7月5日(火)~8月7日(日)
休館:月曜日。但し7月18日は開館。7月19日は休館。
時間:10:00~17:00 
 *毎週金曜日は20時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1200(1000)円、高校・大学生700(600)円、中学生以下無料。
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *本展のチケットで当日に限り、同時開催「平櫛田中コレクション展」を観覧可。
住所:台東区上野公園12-8
交通:JR線上野駅公園口より徒歩10分。東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分。京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より徒歩15分。

注)写真はブロガー内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。
コメント( 0 )|Trackback( 1 )

「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 三菱一号館美術館

三菱一号館美術館
「From Lifeー写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展」
7/2~9/19
 


三菱一号館美術館で開催中の「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」を見てきました。

19世紀後半、ラファエル前派とほぼ同時代、ヴィクトリア朝のイギリスにおいて、写真表現で新たな「地平」(解説より)を切り開いた一人の芸術家がいました。

それがジュリア・マーガレット・キャメロン。1815年にカルカッタで生まれ、イギリスの上層中流階級で育った女性です。

まさに遅咲きの芸術家です。キャメロンが写真に取り組み始めたのは48歳の時。娘夫婦からカメラをプレゼントされたのが切っ掛けでした。

当初は家族や文化サロンの友人など、身近な人物を写します。ほぼポートレートです。「ウィリアム・マイケル・ロセッティ」はかの芸術家の弟をモデルにした一枚。右上に傘が写り込んでいますが、あえて光量を調節するために持ち込んだそうです。光に対する鋭敏な感覚を知ることが出来ます。

コスプレとも呼んで良いのでしょうか。モデルに様々な衣装を着せているのも興味深いところです。「クーマイの巫女になったエルコ卿夫人」はまさしく巫女の姿。古代風の衣服を身にまとっています。

カメラを手にしてから僅か1年半。ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の前身であるサウス・ケンジントン博物館に作品が買い上げられるという栄誉を得ます。鮮烈なデビューと言ったところでしょうか。当時の館長とキャメロンがやり取りした書簡も展示されていました。

会場内、一部展示室のみ撮影が出来ました。

キャメロンの写真の主題は肖像、聖母、ないし幻想です。そして物語や神話を引用した絵画的な作品を多数制作していきます。


左:ジュリア・マーガレット・キャメロン 「休息の聖母ー希望に安らいで」 1864年

「休息の聖母ー希望に安らいで」はどうでしょうか。ベールを被る母の胸には幼子が眠っています。もちろん聖母子です。とは言え、目を瞑った子はどこか死を暗示させることから、マリアが死んだキリストを抱くピエタの図像を意識したとも考えられているそうです。


ジュリア・マーガレット・キャメロン 連作「聖霊の実」 1864年

ルネサンス絵画を引用し、キリスト教の9つの美徳を表現した「聖霊の実」にも目が留まりました。愛、喜び、忍耐、優しさ、そして信仰などと名付けられた9枚の連作です。後に1つの額に収められ、大英博物館へと寄贈されました。


上:ジュリア・マーガレット・キャメロン 「聖セシリアーラファエロ風に」 1864-65年
下:ジュリア・マーガレット・キャメロン 「巫女ーミケランジェロ風に」 1864年


ラファエロやミケランジェロに倣った作品もあります。その名も「聖セシリアーラファエロ風に」と「巫女ーミケランジェロ風に」です。前者は画家の「聖セシリアの法悦」を、後者はシスティーナ礼拝堂のフレスコ画を手本としています。


ジュリア・マーガレット・キャメロン 「イエスかノーか?」 1865年

変わったタイトルです。「イエスかノーか?」。2人の人物が身を寄せては、互いの手を取り合っています。プロポーズが主題です。思案し、また熟慮する様子を捉えています。


ジュリア・マーガレット・キャメロン 「五月祭」 1866年 ほか

大型のガラスネガに対応するカメラを手にしたキャメロンは、表現の幅をより広げることに成功しました。一例が群像表現です。「五月祭」と「夏の日」では4名以上の群像を巧みな構図で切り取っています。「五月祭」はキャメロンと親しかったテニスンの詩作のための挿入写真です。登場するのはキャメロン家の小間使いたち。冠を付けて着飾っています。


ジュリア・マーガレット・キャメロン 「修道士ロレンスとジュリエット」 1865年

シェイクスピアも素材の1つです。「修道士ロレンスとジュリエット」は同劇の場面を表現した一枚。互いに視線を交わしてはポーズをとっています。キャメロンの写真、総じてモデルは演じています。その意味でも演劇的とも呼べるかもしれません。

なお作品には多くのモデルが登場しますが、主要な人物についてはパネルで紹介されています。鑑賞の参考になりました。


ジュリア・マーガレット・キャメロン 「クリスタベル」 1866年

時にモデルの内面を見据えたキャメロン。「クリスタベル」に惹かれました。題材はコールリッジです。魔女に束縛された有徳の少女を表現しています。正面を向きながらも目は虚ろです。長い髪を垂らしています。焦点はややぼやけてもいます。

このぼやけ、言い換えればソフトフォーカスもキャメロン写真の特徴の1つです。彼女はそれまで「技術的欠陥とみらされかねない不規則な出来栄え」(解説より)を進んで取り入れました。

ソフトフォーカスのほかにも、引っかき傷の付いたネガを用いたり、合成の技術を取り込むなど、当時としては異例の試みも行っています。制作に関してキャメロンは大変に野心的です。批判も少なくなかったそうですが、結果的に自己の道を貫き通しました。

「守護の聖母ー永遠の見守り」ではガラスネガの上の感光剤をあえて剥がしています。さらに「夢」では指紋をそのまま写真に残しました。こうした技巧は後の写真家にも影響を与えたそうです。

ラストは同時代、ないし次世代の写真家らの作品が並んでいました。スティーグリッツのオキーフを捉えた肖像が、キャメロンの構図に似てるように見えなくもありません。影響関係について議論あるやもしれませんが、写真表現の史的変遷なども一部で追うことが出来ました。


ジュリア・マーガレット・キャメロン 「ベアトリーチェ」 1866年

チラシ表紙に掲載されたのは「ベアトリーチェ」。レーニの絵画に基づく作品です。モデルはメイ・プリンセプ。キャメロンの義理の姪で、後にテニスンの息子と結婚した人物でもあります。先の「クリスタベル」でもモデルを務めています。


「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」会場風景

何かを懇願するような視線を投げかけています。心が射抜かれるようです。視線に囲まれては、視線を追う。実は全く初めて見知った写真家でしたが、いつしかその視線の虜になっている自分に気がつきました。

9月19日まで開催されています。

「From Lifeー写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 三菱一号館美術館@ichigokan_PR
会期:7月2日(土)~9月19日(月)
休館:月曜日。但し祝日と9月12日は開館。
時間:10:00~18:00。
 *金曜日と第2水曜日、会期最終週の平日は20時まで。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:大人1600円、高校・大学生1000円、小・中学生500円。
 *ペアチケットあり:チケットぴあのみで販売。一般ペア2800円。
 *アフター5女子割:第2水曜日の17時以降は一般(女性のみ)1000円。
住所:千代田区丸の内2-6-2
交通:東京メトロ千代田線二重橋前駅1番出口から徒歩3分。JR東京駅丸の内南口・JR有楽町駅国際フォーラム口から徒歩5分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )

「Retrace Our Stepsーある日人々が消えた町」 シャネル・ネクサス・ホール

シャネル・ネクサス・ホール
「Retrace Our Stepsーある日人々が消えた町 カルロス・アイエスタ+ギヨーム・ブレッション写真展」 
6/24~7/24



2011年の東日本大震災に伴う原発事故により、今もなお立ち入りの出来ない地域が残る福島県。そうした避難区域を度々訪ねては写真に記録するアーティストがいます。

パリを拠点に制作を続けるカルロス・アイエスタと、震災の2か月前に東京へ移住してきたパリ生まれのギョーム・ブレッションです。

2人は2009年よりユニットとして活動。震災後は福島県に入り、ともに被災地域を撮り続けました。

会場の入口は鉄条網です。まるで規制されたエリアに立ち入るかのようでした。中も迷路のようで順路はありません。シリーズは全部で「光影」、「悪夢」、「不穏な自然」、「パックショット」、そして「回顧」の5つ。各々のテーマに分けて展示されています。


「不穏な自然」

「不穏な自然」、それは全てが草に覆われた異様な光景でした。人が立ち去り、誰も手入れすることが出来なくなったため、至る所で伸び放題となった草むら。車や建物はおろか、道や電柱までを飲み尽くさんとばかりに茂っています。もはや人の居場所はありません。原発事故は街を一変させました。

「パックショット」は避難区域で採取したものを写した作品です。かつて商品であった食品のパッケージや鳥の亡骸などがあります。青い「やさい」のラベルの貼られた野菜は干からびて原型を留めていません。2人はそれらをポンペイの遺物になぞらえて撮影しました。

単なる記録写真ばかりではありません。チラシ表紙に掲載された「悪夢」はどうでしょうか。小さな畳店の前の道路です。右奥の赤いトタン屋根の建物が地震によって倒れ、そのまま放置されています。手前を透明なセロハンの帯が横たわっています。境界線です。もちろん2人の手によるもの。放射線による脅威を視覚化して表現しました。


「回顧」

ただ一つ、人が登場するシリーズがありました。「回顧」です。暗がりの店内でカートを押す一人の女性。とは言え、商品は散乱し、床にはカビが生えています。酷い悪臭が立ち込めていることでしょう。避難区域のスーパーです。5年前のまま。おそらくはかつてこのスーパーの利用客でした。つまり買い物客を演じているわけです。

ほかにも事務所や理髪店、それにCD店などで被災者が震災前の日常を振舞っています。このシリーズの制作には賛否もあったそうです。中には「思い出したくない。」として協力を断る方がいたとするのも致し方ありません。


「光影」

それでも2人は福島の現状と被災者の置かれた複雑な状況を見るべく取材を重ねました。解説に「ジャーナリズムとアートの境目」との言葉がありました。事故により時が止まり、さらに変容した避難区域の現状。しかしながら災害は未だ続いています。その今の有り様を知ることが出来ました。

会期中は無休です。7月24日まで開催されています。

「Retrace Our Stepsーある日人々が消えた町 カルロス・アイエスタ+ギヨーム・ブレッション写真展」 シャネル・ネクサス・ホール
会期:6月24日(金)~7月24日(日)
休廊:会期中無休。
料金:無料。
時間:12:00~20:00。
住所:中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
交通:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅A13出口より徒歩1分。東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅5番出口より徒歩1分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )
« 前ページ   
?
?