「ほほえみの御仏ー二つの半跏思惟像」 東京国立博物館

東京国立博物館・本館 特別5室
「ほほえみの御仏ー二つの半跏思惟像」 
6/21〜7/10



東京国立博物館・本館 特別5室で開催中の「ほほえみの御仏ー二つの半跏思惟像」を見てきました。
 
奈良の斑鳩、中宮寺門跡の本尊として名高い国宝の半跏思惟像。うっすらと笑みを浮かべた表情は実に流麗です。私もかつて中宮寺を訪ねた際、池に囲まれた本堂で、どこか涼しげに佇む姿に見惚れたものでした。

その半跏思惟像のルーツはインド、中国、そして朝鮮半島にあります。

うち一つが来日した韓国の半跏思惟像です。所蔵は同国の国立中央博物館。国宝78号の指定を受けています。

制作年は三国時代の6世紀。中宮寺の半跏思惟像に遡ること半世紀から1世紀前です。この日韓2体の半跏思惟像が両国の博物館として初めて同時に公開されました。先行した韓国展では約20日の会期に4万6千名もの人が集まったそうです。



会場は本館の特別5室。平成館ではありません。がらんとした一室のみでの展示です。作品は2体。ほかはキャプションがあるのみです。写真パネルも一切ありません。数メートルの間隔をあけ、2体の半跏思惟像が向き合っています。360度から観覧可能です。背中も見ることが出来ます。なお露出ではありません。ともに重厚なガラスケースに収められていました。

まず一目で明らかなのは仏像の大きさが異なることです。チラシでは同じように見えるかもしれますが、実際は全く違いました。中宮寺が像高126センチあるのに対し、韓国は83センチ。よって40センチ超ほど中宮寺の半跏思惟像の方が大きいのです。


国宝「半跏思惟像」 飛鳥時代・7世紀 奈良・中宮寺門跡

まずは親しみのある中宮寺の半跏思惟像を見てみました。素材はクスノキ。木造です。左足を下げ、右足を膝に組んでは座る仏像。背はやや直立しています。

左足首のあたりに左手をすっと落とし、右手、とりわけ中指で頬をなぞっています。お馴染みの思案のポーズです。指先は柔らかく、左手同様に力を抜いているように見えます。

黒光りする半身は滑らかで美しい。顔は面長です。頭には2つの球、すなわち結った髪が丸まっています。さらに両肩から肘のあたりに垂れているのも髪です。一部で円を描きながら、まるで肩を飾るように連なっています。

何よりも見入るのは穏やかな笑みでした。目を付し、微かに口を引いては笑う様は何とも上品です。顔立ちは中性的です。一見、あどけなくも映りますが、何か全てを達観したかのような落ち着きも感じられます。

一方で韓国国宝78号の半跏思惟像はどうでしょうか。


韓国国宝78号「半跏思惟像」 三国時代・6世紀 韓国国立中央博物館

先にも触れたように中宮寺に比べると小ぶり。素材は銅。つまり鋳造仏です。基本的なポーズは同じでした。右足を組み、右手を頬にやっては思案しています。ただしかなりの前傾姿勢です。それゆえか例えばロダンの考える人を思わせるようにどっしりと構えているように見えます。

胴や腕はかなり細く、大きな顔や腰と比べると、造形的にメリハリがあります。台座は羽のように広がり、一部に天衣が翻るなど、どことない動きも感じられました。

線刻が極めて緻密です。中宮寺の仏像はどちらかと言えば起伏を抑えていますが、韓国の仏像は随所の線の彫りが深く、また細い。全体的に陰影があります。

右手の小指と薬指をかなり屈曲させているからでしょうか。指先には力が入っているようにも見えました。笑みはより明らかです。微かではありません。丸いお顔です。頬はやや垂れています。目は横に鋭く切れていました。

頭頂部にも注目です。華麗な宝冠を冠っています。一部は前へ塔のように突き出ていました。何でも太陽と三日月をあわせた日月冠と呼ばれ、遠くペルシャに起源があるそうです。

ここで甲乙をつけるのは意味をなしませんが、思いの外に韓国の仏像に惹かれました。もちろん中宮寺の像も素晴らしい。時間の余す限り、自由に行き来しては、互いに異なる魅力を味わうことができました。

最後に場内の状況です。会期が短いことを考慮してか、初日を除き、開館時間を連日20時まで延長。通常の金曜だけでなく、土日を含む全ての曜日も夜間開館しています。しかも休館日もありません。

私は先日の第1週の木曜日、18時過ぎに入りましたが、中におられる方はおおよそ20〜30人ほど。思った以上に空いていました。特段に最前列確保の列もなく、好きなペースでゆっくり鑑賞出来ました。



セキュリティーが厳重でした。と言うのも、御仏展会期中は、正門で手荷物、金属探知機の検査を実施しているのです。ゲートは2箇所です。まず係の方がカバンを開けて中を調べます。スマホなどポケットの中身も出さなくてはいけません。金属探知機をパスすればOKです。空港並みのチェックでした。



私が出向いた際は空いていたため、列は皆無でしたが、ひょっとすると土日は入場まで多少時間がかかるやもしれません。

また会期中は東博本館の総合文化展も20時まで開館しています。私も御仏展の後、常設へと廻りましたが、ほぼ貸し切りと呼んで良いほど空いていました。ちなみに総合文化展のみのチケットでは夜間開館時に入場出来ません。ご注意下さい。(ほほえみの御仏展のチケットが必要です。)



300円のリーフレットがなかなか良く出来ていました。海を渡って初めて実現した日韓の半跏思惟像の邂逅。やはり貴重な機会だと言えるのではないでしょうか。



会期は僅か20日間です。7月10日まで開催されています。

「ほほえみの御仏ー二つの半跏思惟像」 東京国立博物館・本館 特別5室(@TNM_PR
会期:6月21日(火)~7月10日(日)
時間:9:30〜20:00。
 *但し6月21日(火)は17時まで。
 *入館は閉館の30分前まで。
休館:会期中無休。
料金:一般1000(900)円、大学生700(600)円、高校生400(300)円。中学生以下無料
 *( )は20名以上の団体料金。
住所:台東区上野公園13-9
交通:JR上野駅公園口より徒歩10分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、京成電鉄上野駅より徒歩15分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )

「日本のグラフィックデザイン2016」  東京ミッドタウン・デザインハブ

東京ミッドタウン・デザインハブ
「日本のグラフィックデザイン2016」  
6/17~8/8



東京ミッドタウン・デザインハブで開催中の「日本のグラフィックデザイン2016」 を見てきました。

日本はおろか、アジアでも最大級のデザイン団体である日本グラフィックデザイナー協会。同協会が1981年より刊行しているのが年鑑「Graphic Design in Japan」です。


工藤青石「化粧品」

本年版に掲載されたのは全600点の作品です。図版は1500点にも及びます。うち受賞作を含めた300点をピックアップ。ポスターほか雑貨、商品パッケージなどの実物を展示しています。


中條正義「資生堂パーラー2015」 JAGDA賞2016

資生堂パーラーのパッケージがありました。デザインしたのは中條正義です。定番のチーズケーキやガナシュなどが並びます。色遣いは大胆。とても目立ちます。銀座界隈などで目をする機会も多いかもしれません。


宮田裕美詠「千代鶴」シンボルロゴ JAGDA賞2016

宮田裕美詠が手掛けたのは酒造メーカーのシンボルロゴです。名は千代鶴。富山県滑川市の酒蔵です。純米大吟醸の発売を機に制作されました。力強い千の一文字。それでいて凛とした佇まいです。作り手による酒への真摯な取り組みが伝わってくるのではないでしょうか。


上西祐理「世界卓球2015」ポスター JAGDA賞2016

一見、何のデザインか分からないかもしれません。「世界卓球2015」の告知ポスターです。デザインは上西祐利。青い卓球台の上を跳ねるボール。スタイリッシュです。右はラケットにボールを組み合わせています。まるでボールが満月のように見えました。


服部一成「美術館の企画展」

美術展のポスターも目を引きます。昨年、東京都現代美術館で開催されたガブリエル・オロスコ展です。作品の2点の図版に加え、英語のタイトルと会期の表記がクロスします。服部一成のデザインとは知りませんでした。


柳圭一郎「日本酒」

パッケージでは化粧品の工藤青石も美しいのではないでしょうか。また広告制作プロダクションのサン・アド創立40周年を記念した日本酒のパッケージも可愛らしい。卵型に広がる青はコーポレートカラーを引用しているそうです。


色部義昭「個展の展示用書籍」

かつてGGGで新たな提案をした色部義昭の「街区表示板」も展示。板そのものかと思いきや、展示用の書籍でした。縦は従来のデザイン、横置きになっているのが色部の表示板です。かの個展の記憶も蘇りました。

「色部義昭:WALL」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(はろるど)

お気に入りのポスターや好きなパッケージを探して歩くのも良いかもしれません。気軽に楽しめました。


三木健「APPLE+」ポスター 第18回亀倉雄策賞

8月8日まで開催されています。

「日本のグラフィックデザイン2016」  東京ミッドタウン・デザインハブ@DesignHub_Tokyo
会期:6月17日(金)~8月8日(月)
休館:会期中無休
時間:11:00~19:00
料金:無料。
場所:港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階
交通:都営地下鉄大江戸線六本木駅出口8より直結。東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路にて直結。東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩3分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )

「Seed 山種美術館 日本画アワード 2016」 山種美術館

山種美術館
「Seed 山種美術館 日本画アワード 2016」 
5/31~6/26



山種美術館で開催中の「Seed 山種美術館 日本画アワード 2016」を見てきました。

かつて「日本画の奨励、普及活動の一環として」(展覧会サイトより)活動していた山種美術館賞。1971年から1997年の間、隔年で14回ほど行われていたそうです。


長谷川雅也「唯」 2016年 優秀賞

その賞が約20年の時を経て新たに衣替えしました。名は「Seed 山種美術館 日本画アワード」。公募展です。対象は45歳以下の画家。日本画の画材を用いた作品に限られます。259点もの応募がありました。その後、一次、本審査を経て、40名の入選者を選定。大賞以下、優秀賞、特別賞、審査員奨励賞の4点が決まりました。

今岡一穂の「虚と実」に魅せられました。3名の若い女性、同じモデルでしょうか。ポーズを変えて立っています。皆同じ黒いドレス。地の黒も滲んでいます。細い輪郭線はまるで仏画を象るかのようです。均一でかつ滑らかでした。一番右の女性は右手を左手首に添えて正面を見据えます。中央はやや右を向きます。最も動きがあるのは左の女性です。両手で腰のあたりの服を引っ張っています。黒田清輝の「智・感・情」を思い出しました。人の何らかの意思、ないし感情を表現しているのかもしれません。

やや異色なのが漆原夏樹の「彼女の風景」です。彼女とあるようにモチーフは確かに女性。しかし背には山が連なり、両腕を岩が支えています。人物と山水画が融合したかのようでした。

冬の野原を表したのが江川直也の「冬三日月」です。ねずみ色の空に白い三日月が浮かんでいます。雪原には一本の小道が林の方へと向かっていました。人の足跡によって出来た轍です。雪は多く水分を含んでいるのかもしれません。シャーベットと化しているように見えました。踏み込めばじゃりじゃりと音が聞こえてくるかのようです。

同じく自然の光景を示した加藤丈史の「畔」も美しいのではないでしょうか。湖畔の葦、まるで影絵のようなシルエットです。よく見ると氷のような白い粒がまとわりついています。凍りついているのかもしれません。静けさに包まれた真冬の光景を巧みに描いていました。

北川安季子の「対自ーハシビロコウ」が充実しています。獰猛な姿をした鳥。鷲のようにも見えます。両側の羽を振り上げてはさも威嚇するように立っていました。足元は澱んだ水。湯気がたっているのでしょうか。ただならぬ気配です。この世のものとは思えません。


京都絵美「ゆめうつつ」 2016年 大賞

受賞作の4点は会場の最奥部に展示されています。栄えある大賞は京都絵美の「ゆめうつつ」。文句なしの力作です。横たわっては身をくねらせる女性。目は開いています。腕を枕にしていました。顔から手足はうっすら白い光を放っています。驚くのはドレスの細かな模様でした。やや紫を帯びた白の線は実に緻密、それ自体が際立って見えます。背後は霧に包まれているなのか、それとも花畑なのか判然としません。今にも微睡もうとしているのでしょうか。妖艶でした。


狩俣公介「勢焔」 2016年 特別賞

特別賞は狩俣公介です。作品は「勢焔」。潜水艦でしょうか。白い水しぶきをあげながら黒い大きな物体が浮上しています。西洋美術館にあるブラングィンの「しけの日」を連想しました。水を掻き分け、凄まじい勢いで現る潜水艦。ただならぬ迫力が感じられます。


外山諒「Living Pillar」 2016年 審査員奨励賞

審査員奨励賞を受賞したのは外山諒。入選者で最も若い21歳の画家です。現在も愛知県立芸術大学で日本画を学んでいます。「Living Pillar」で描いたのは木の幹にとまる蝶、ないし蛾でしょうか。木目が広がり、そこに蛾が羽を休めています。中央部分のみ僅かに明るい。速水御舟の「炎舞」を思わせる面があるやもしれません。

彦川侑姫の「太陽円」が強烈です。一面のサークル。金泥です。驚くほど線は細い。まるで仏画の曼荼羅の如くに模様が広がります。宇宙をテーマとしているそうです。太陽は無限の彼方にまで光り輝いています。

山本真澄の「後ろの正面だぁれ」も面白いのではないでしょうか。いずれも白い服を着た子どもたち。空き地なのか、広場で遊ぶ様子が描かれています。中央は尾長鶏でしょうか。実にカラフルです。やや俯瞰した構図が個性的でもあります。

損保ジャパンの「FACE展2016」でも優秀賞を受賞した三鑰彩音も入選しています。タイトルは「依存」です。モデルはFACE展作同様に若い女性。同じく顔のアップです。やや横を向いています。長くボリュームのある髪の毛は時に金色を交えては装飾的に広がっています。肌の質感も美しい。すました表情も魅惑的でした。


丹羽尚子(貴子)「ひとりごと」 1977年 第4回山種美術館賞展優秀賞

出品は入選作全点の40点。さらにあわせて過去の山種美術館賞の受賞作も展示しています。昭和46年から52年にかけて行われた第1回から第4回展の作品です。そちらは計12点でした。

審査風景を捉えた写真パネルや日本画の画材について紹介するコーナーもありました。ほか受賞作家のクロッキーや小下図も参照しています。

独特な瑞々しい質感表現に長けた作品が目立ちました。繊細で豊かな画肌のニュアンス。図版では分からない魅力は確かに存在します。

間もなく会期末です。6月26日まで開催されています。

「Seed 山種美術館 日本画アワード 2016」 山種美術館@yamatanemuseum
会期:5月31日(火)~6月26日(日)
休館:月曜日。
時間:10:00~17:00 *入館は16時半まで。
料金:一般700(500)円、大・高生500(300)円、中学生以下無料。
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *きもの割引:きもので来館すると団体割引料金を適用。
住所:渋谷区広尾3-12-36
交通:JR恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線恵比寿駅2番出口より徒歩約10分。恵比寿駅前より都バス学06番「日赤医療センター前」行きに乗車、「広尾高校前」下車。
コメント( 1 )|Trackback( 0 )

「観音の里の祈りとくらし展2」にてSNSユーザー向けの内覧会が開催されます

東京藝術大学大学美術館にて7月5日よりはじまる「観音の里の祈りとくらし展2ーびわ湖・長浜のホトケたち」。一昨年の第1回展よりスケールアップ。いわゆる観音の里こと滋賀県の長浜より40躯以上の仏像がやって来ます。


観音の里・長浜
http://kitabiwako.jp/kannon/

その「観音の里の祈りとくらし展2」にてSNSユーザー向けに内覧会が開催されます。

[東京藝術大学大学美術館 「観音の里の祈りとくらし展2」ブロガー内覧会 開催概要]
・日時:2014年7月4日(月) 18:00~19:00
・会場:東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12-8)
・スケジュール
 17:45 受付開始
 18:00 内覧会開始 展示解説:長浜城歴史博物館 太田館長
 19:00 終了
・定員:30名
・参加費:無料(会場までの交通費はご負担下さい。)
・参加資格:仏像、歴史、美術、旅行などに関心をお持ちで、ブログやSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム等)を通じて積極的に情報発信をされている方で、「観音の里の祈りとくらし展2」について記事を執筆・公開いただける方。非公開アカウントは対象外となります。

日時は展覧会開始前日の7月4日(月)の18時です。参加資格は仏像や美術などに関心を持ち、ブログ、Faceboook、Twitter、InstagramなどのSNSの公開アカウントで情報発信をしている方です。

[申込方法]
専用フォームもしくは電子メール(kannon2016@tm-office.co.jp)にて受け付けます。
電子メールの場合、件名に「観音の里の祈りとくらし展2」内覧会参加希望と記載いただき、本文に以下の項目を記載下さい。
1. お名前(ハンドルネームおよび本名)
2. 連絡の取れる電子メールアドレス *PCからの受信ができる状態のもの
3. 電話番号
4. お持ちのブログ・SNSタイトルと、そのアドレス

申込方法は上記の通りです。専用フォーム、ないし専用メールにて受付中です。応募の締切は6月27日(月)の23:59まで。定員は30名です。当選者のみ6月29日(水)までにメールで連絡があります。

[参加特典]
1. 開幕日前日の特別な内覧会です。写真もぜひ撮影ください。
2. 一般入場者がいない中、ゆっくり観覧いただけます。
3. 長浜城歴史博物館 太田浩司館長による展示解説を行います。

当日は参加者のみの貸切での観覧です。撮影も出来ます。また長浜歴史博物館の太田浩司館長による展示解説も行われます。

開催前日、7月4日(月)の18時スタートのSNSユーザー向け内覧会。興味のある方は応募してみては如何でしょうか。

申込専用フォーム:http://www.tm-office.co.jp/exhibition_press/kannon2016/
専用電子メール:kannon2016@tm-office.co.jp


「観音の里の祈りとくらし展2ーびわ湖・長浜のホトケたち」(@nagahama_kannon)  東京藝術大学大学美術館
会期:7月5日(火)~8月7日(日)
休館:月曜日。但し7月18日は開館。7月19日は休館。
時間:10:00~17:00 
 *毎週金曜日は20時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1200(1000)円、高校・大学生700(600)円、中学生以下無料。
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *本展のチケットで当日に限り、同時開催「平櫛田中コレクション展(仮称)」を観覧可。
住所:台東区上野公園12-8
交通:JR線上野駅公園口より徒歩10分。東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分。京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より徒歩15分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )

ところざわのゆり園の百合が見事でした

所沢の花の名所、ゆり園。敷地面積は広大です。3万平方メートルを誇ります。早咲きのすかしゆりがほぼ見頃を迎えていました。



場所は西武プリンスドームから道路を挟んでの反対側。西武球場前駅より歩道橋を渡って5分ほどです。園内は狭山丘陵の地形をそのまま活かしています。よってかなりの高低差があります。ウォーキングシューズが重宝しました。



今年は開花が例年より早かったそうです。それゆえか遅咲きのハイブリットも思いの外に咲いていました。ゆりは香りも楽しめます。園内には甘酸っぱい香りが広がっていました。



ゆり園には二つの鑑賞コースがあります。自然散策コースとらくらく鑑賞コースです。



前者は1キロ。ほぼ園内を一周します。森の中に立ち入っては坂を上り、また下ります。アップダウンはきつい。ハイキング感覚です。



らくらくコースは150メートルです。こちらはほぼ高低差はありません。ちょうど一番高いところから園内を見下ろすように進むことが出来ます。身体の不自由な方や高齢の方に配慮したコースだそうです。車椅子でも通行可能です。



園内には休憩スポットやベンチもあり、ゆりを愛でながら、のんびりと腰掛けている方も多く見受けられました。なお一定のルールに則ると、ペットの入園も出来るそうです。



色とりどりのゆり。花びらには透明感があります。私はどちらかといえば白や淡いピンクの花が好きですが、如何でしょうか。



全50種、45万株。ところざわのゆり園、実は初めて行きましたが、想像以上のスケールでした。



西武線の「ゆり散策きっぷ」がお得でした。西武線発駅からの往復乗車券とゆり園の入園券がセットになったきっぷです。池袋を起点にすると1500円。通常は入園券1100円と往復運賃740円を合わせて1840円ほどかかります。ほぼ片道分、340円が安くなりました。



このところの雨天でハイブリッドも開花を増やしているそうです。今週末頃が満開となるのではないでしょうか。

「ところざわのゆり園」
営業期間:2016年6月4日(土)~7月上旬(予定)
営業時間:9:00~17:00 *最終入園は16時半まで。
入園料:大人(中学生以上)1100円、子ども(4才~小学生)350円。
敷地面積:約3万平方メートル。
駐車場:西武プリンスドームB駐車場(700台)とD駐車場(100台)の二ヶ所あり。普通車1200円。
問合せ:04-2922-1370
住所:埼玉県所沢市上山口2227
交通:西武池袋線・西武山口線(レオライナー)西武球場前駅徒歩5分。
コメント( 0 )|Trackback( 0 )
« 前ページ   
?
?