MOMOの台所 ~ドイツの食生活だより~

MOMOの台所では、ワイン片手にお料理が作られます。
どんなお料理&ワインか、ちょっと覗いてみてください。

ロシアのお野菜漬物・塩漬け三昧の日々

2016-08-26 | その他、洋食・創作料理
この数日、ロシアのお漬物、キュウリや青トマトを食べまくっているMOMOです。

というのも、先日、スーパーでなく市場のお漬物・塩漬け売り場で青いトマトとキュウリとお茄子の塩漬けを買ったから・・・
量り売りなんだから少量買えるはず・・・の予定だったんだけれど、大量買いになってしまったんです!



キュウリを5本ぐらいと青いトマトを3個ちょうだい!とMOMOは言ったんだけど、
売り場のお姉さんが、最初はキュウリを5~6本袋に入れて,
これは今日食べる分。そして、これは明日の分。明日もまた食べなさいねと言ってさらに4~5本、勝手に袋に詰め込んだ!!!!
青いトマトだって、3個じゃない!もっと袋にいれてある!

まあ・・・いっか・・・キュウリぐらい・・・トマトぐらい・・・

お金をいったん、払って(モチロン、かなりのドンブリ勘定)その場で、なんでこんなに買い込んだ?と思いながらも、ゴソゴソと買い物袋を整理していると、MOMOの後から来たロシア人のお兄さんがお茄子を2本買っているではありませんか!
なかなか格好いいし、身なりもキチンとしているお兄さん。MOMOがそれ、美味しいの?と聞いてみると、「これは美味しいよ」と言うではありませんか!そう言われると買わないわけにはいかない。お兄さんがお茄子を2本買ったので、MOMOもお茄子を2本買い足しました。
お値段は、お茄子の大きさ、グラム数にかかわらず、MOMOもお兄さんも同じ100ルーブル。本当、どんぶり勘定。でも、お兄さんとおんなじ値段だから、別にMOMOが外人だからと言って特別にぼられたわけでもないよね・・・


そして、別の日には、キャベツのお漬物を買いました。
まだ冷蔵庫にあるのに、またまた市場に行っちゃったんだよね。



キュウリのお漬物、塩気の強いものから弱いもの。ビネガーをきかせたドイツによくあるキュウリのピクルスなどなど、色んなものを試食させてくれたオバさんのところで、このキャベツのお漬物がちょっと甘いながらも唐辛子が利いていて美味しかったので、購入。

手のひらをみせてこのぐらいちょうだいと言ったのに、やはり、たっぷりと大盛りにして袋に詰めてくれた。

これもしっかりと食べなきゃ!!!!



そんなわけで、MOMOは毎日、ロシア版お漬物、お野菜の塩漬けとビールの日々を送っております。


塩分の採りすぎかも・・・・とちょっと心配になってきたペテルブルク生活です。





     


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MOMOのロシア惣菜いろいろ

2016-08-22 | その他、洋食・創作料理
       


大きいスーパーがMOMOのペテルブルクのお家のそばにあります。
ここはかなり使えるスーパーです。

お惣菜屋さんも中に入っていて、サラダのテイクアウトやお肉料理やお魚料理のテイクアウトもできます。
さらに、ロシアは加工したお魚が豊富にあって、酢漬けのお魚や燻製のお魚が色々と買えます。


そんなお惣菜をテイクアウトしながら、お部屋でビールの夕食!!!



左から、MOMOが大好きなきゅうりの塩漬け、毛皮のコートをまとったニシンサラダ、本日の特売のサラダ(卵やチキンが入っていました)


この塩漬けのきゅうりは、日本のお漬物の感覚でバリバリと食べちゃいますね~。
いわゆるきゅうりのピクルスとは違って、酸っぱくない。
お醤油を少したらして食べてもいいんじゃないかと思うのですが、ディルの香りがするので、やっぱり西洋風。



毛皮のコートをまとったニシンという名前のサラダは、ロシアの代表的なサラダです。
ビーツ、ニシン、ポテト、ニンジン、卵をマヨネーズで味付けしたサラダです。
ビーツの甘みとニシンの塩気が美味しいサラダです。





ニシンの塩漬け。
ドイツでもよく買いますが、ロシアでは、こんなに綺麗に切って並べられているニシンを見つけました。
これだけ綺麗だと、食欲そそる~~~!!!!





これは、コルシカと呼ばれるお魚。
ロシア人のセルゲイさんのブログで見て、絶対に食べたい!と思っていたお魚!
スーパーで見つけたので、早速、買ってみました。
セルゲイさんは、シシャモに似ていると書いてありますが、卵は入っていない。でも、たしかに、淡白な味と大きさはシシャモのイメージです。
MOMOのコルシカは、一度揚げたものを酢漬けにしてありました。骨も食べちゃいます!!!
これ、焼いたままを食べたい!と思いました。
セルゲイさんは、揚げた熱々のコルシカを食べたのかな~~~~????

ちなみに、セルゲイさんがコルシカと日本語表記しているので、MOMOもコルシカと書いておきますが、コリュシカと発音するのかな~と思います。セルゲイさん、発音してみて~~~!!!!


こんなお惣菜と黒パンとビールでお夕食の日々を過ごしました。
ビールはペテルブルクのネフスコエかバルチカです!!!

ロシアのビールは美味しいです~~~~!!!!





     

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

MOMOのペテルブルク小さい台所 de ペリメニ

2016-08-17 | その他、洋食・創作料理
暮らすように滞在する4週間のペテルブルク。

お部屋の窓からはグリボドエフ運河が見えます。
この小さなお部屋の一角にMOMOの台所があります。

ガスコンロがふたつ。
電子レンジはありますが、オーブンはなし。
お皿やコップやお鍋やフライパンも必要最小限。

このお台所で暮らしてみます!
こんな小さなお部屋のお台所でも、MOMO一人が自由に使えるスペースですから、楽しんでます!
少々、不便なことがあっても、かまわない!だって、MOMOは今、大好きなペテルブルクで暮らしているんですから!!!




暮らすんだから、お花も一輪飾りました~。
ロシア人ってお花大好きなんですよ。街のあちらこちらにお花屋さんがあって、お花を買う人がかなり多い!
普通のデートの時にでも普通に彼女にお花を渡すみたいですね。
だから、お花を手にしている女性も多いけれど、これから女性に渡すつもりでいるのか、花束を手にした男性の姿も多くみかけるんです。




ロシアらしいお食事を作りました。
と言っても、冷凍のものがあったので、これならゆでるだけ~と思い、まだこれからどの程度お料理をここでするか考慮中ということもあり、手軽な冷凍食品から着手してみました。



綺麗な丸い形のペリメニです。
色んな会社から販売されていて、中身も色々と種類があります。
MOMOはお肉入りがいいな~、ジャガイモ入りは嫌だな~と思いながら、なにやら、お肉入りらしいものを選びました。
この単語、どこかで聞いたことがある!でもナンだっけ?お肉の一種だったけどな・・・という程度の理解力でチョイス。




お部屋でお湯をわかし、お塩を入れるのかな~、ブイヨンでゆでたほうがいいのかな~、それとも何もいれないお湯だけで茹でていいのかな~と思ったのですが、お塩だけを入れて茹でてみました。
ドイツのマウルタッシェやイタリアのラビオリみたいに、塩入れたお湯で茹でて、上に浮かびあがってきたら出来上がりでしょ!そうそう間違いはないはずだよね~

茹で上がりをロシアのサワークリーム・スメタナをたっぷりとのせていただきました。

パセリやディルなどの緑を添えると綺麗ですが、まだMOMOの台所にはそこまで材料が揃っておりませんので・・・

しっかりとした歯ごたえのある小ぶりのペリメニ。
スメタナの酸味がアクセントでそれなりに美味しくいただけました。

辞書で調べたところ、羊肉が入ったペリメニでした。





     



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

MOMOの夏休み 飛行機に乗って・・・

2016-08-14 | 小話
MOMOにもやっと夏休みがやってきました。
4週間の夏休みです。

飛行機に乗って、機内食を食べて、窓の外の雲を眺めてたりしながらドイツを発って3時間ほどで到着!
日本に行く11時間のフライトとは違って3時間のフライトは楽ですね~。




3時間でMOMOが愛してやまない街に到着です。
MOMOのブログの愛読者は、MOMOが今どこに到着したかすぐにわかると思います。







またまた
ロシア!サンクト・ペテルブルクに来ちゃいました~~~!!!!


今年の1月にも一週間ほど来ていましたが、今回は4週間「暮らして」みようと思っています。
だから、街の中心の中心には宿をとらず、
チョコッとはずれたところにアパートホテルを借りてみました。

小さいながらもキッチンがついているので簡単なお料理もできるし、洗濯機もアイロンも掃除機もあります。

ちょうど、MOMOがいる地域は文豪ドストエフスキーゆかりの地で、罪と罰の舞台が通りのあちこちにあるところです。
MOMOの「暮らすように滞在する4週間のペテルブルク」報告、お楽しみに~~~~!!!!








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タマネギたっぷり!しゃきしゃきヒンヤリの夏トマトサラダとアボカドの白和え

2016-08-11 | その他、洋食・創作料理
MOMOが一番、好きな夏のトマトの食べ方です。



と~~~~っても簡単!
た~~~~っぷりのタマネギをみじん切りにして水にさらし、
くし型か薄切りにしたトマトにたっぷりとかけて、冷蔵庫で冷やして、ヴィネグレットをかけて食べるというとてもシンプルな食べ方。

なんと言っても、美味しいトマトを選ぶことがポイントではあるのですが、
たっぷりタマネギのみじん切りのしゃきしゃきとした食感がクセになるんです。

だから、涙を流しながらもたっぷり、しっかり、タマネギのみじん切りに精を出すMOMOです。


そして、もう一品は、アボカドの白和え。
ドイツの固いお豆腐を利用して作ってみました。
水切りしなくてもいいくらいスカスカなお豆腐ですけど、一応、水切りをして、フープロでが~~~っとやってみたら、ボッテリとしたお豆腐のピュレーが出来上がりました。
ベーコンをカリカリに焼いて、一口大に切ったアボカドと一緒にお豆腐と混ぜ、ベーコンの塩味の様子を見ながら少々お醤油を加えて味の調整をして出来上がり!
カリカリのベーコンの味が決め手ですので、じっくりと油をだしてカリカリに焼き上げるのがコツですね。










     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷やしても美味しい!巨大きゅうりの海老そぼろ煮

2016-08-09 | 和食
大きく育ったきゅうりの収穫に追われ、2,3日に一回はきゅうりのピクルス、きゅうりの塩漬けを作っては保存。
そろそろ保存瓶がなくなってきたくらい採れました。

そんなお庭のきゅうりがそろそろ最終収穫となります。

今日はそのきゅうりでも、葉っぱの陰で収穫を見落としてしまい、特に大きく育っていた巨大きゅうりを使って一品作りました。



日本だったら、冬瓜で作るお料理を巨大きゅうりで作ってみました。
同じウリ科だし、ドイツではきゅうりを煮て食べるSchmorgurke(シュモアーグルケ)というお料理もあるし・・・
そうそう、間違いはないはず。

冷凍の海老を解凍して、包丁でとんとんたたき、下味をつけた後、片栗粉を少し混ぜておきます。
お出汁を煮立てて、きゅうりを入れて柔らかくなるまで煮たら、海老を加えて出来上がり。

しっかりとした餡仕立てではなく、夏らしいさっぱりとした煮物にしてみました。



美味しくいただきました。
一日目は温かいおかずとして、二日目は冷蔵庫に入れて冷え冷えにしていただきました。

冬瓜がなくても、きゅうりで代用できますね。
日本の食材が手に入らなくても、ドイツの食材で工夫して日本食を作るのも海外生活では大切なことですね・・・







     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏だ!ガツンとスペアリブとキョフテ・パーティ

2016-08-07 | パーテイ料理
8月に入り、夏本番!
あと、もうひと仕事すれば、MOMOにも夏休みがやってきます。遊ぶ計画は着々とすすんでおります。

夏休みに入ると恒例(?)のお料理会やワイン会もお休みになってしまうので、今日はガツンとお肉でパーティです。


MOMO特製のタレで作る甘い味のスペアリブとピリリと辛いトルコのキョフテをメインにメニューを組んでみました。

このキョフテは近所のトルコ食材店ですでに味付けされたお肉を買ってきて、自分で丸めて竹串に刺して焼いたものです。
香辛料がピリリと利いていてとても人気で、皆が美味しい美味しいと言って食べてくれました。
こういう出来合いの美味しい一品があると、パーティ料理もどこかで気をぬけるので、楽だすね~。



サラダはドイツ風にマヨネーズを使わずにブイヨンで仕上げたさっぱり味のポテトサラダと、今、MOMOが気に入っているクスクスサラダです。
エスニック料理は女性には人気があるので、数品作っておくと、喜んでもらえます。

今日のメンバーは飲み食いが激しい美魔女ばかりだったので、がっつりお肉とポテトやピザなどお腹にたまるものを用意しないとMOMOの台所が破産しちゃう!と思い、お金はかけずに美味しく満足できるものを用意したつもりです。

ワインと一緒につまめる南仏のタマネギとアンチョビーとオリーブのピザ、ピサラディエールも好評でした。



MOMO宅では、お金をかけず、気も使わず、気取らないお食事&ワイン会を頻繁に催しております。

夏休みが終わったら、また食欲の秋がやってくるわけですから、皆で楽しくワイワイお食事しよう!!!!
また、遊びにきてね~~~!!!!






     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ウスターソースが調味料のたっぷり玉ねぎと牛肉の炒め物

2016-08-06 | その他、洋食・創作料理


実はこのお料理、MOMO爺のレシピ。
レシピと言うほどの物ではないけれど、MOMOが子供の頃、MOMO兄と一緒にMOMO爺のところに一日あずけられた時にMOMO爺が作ってくれたお料理。
その日、MOMOママはMOMOとMOMO兄をMOMO爺のところにあずけてどこかへ行ってしまった。
お昼の間は、楽しくMOMO爺と過ごしていたのだけれど、夜になるとMOMOママが帰ってこない。MOMOはとてつもなく寂しくなって、もしかしてMOMOママはこのまま帰ってこないのかも・・・MOMOとMOMO兄は捨てられたのかも・・・などという妄想が沸き起こり、どんどん悲しくなっていった。そんな時、MOMO爺がた~~~~~っぷりのタマネギと牛肉の薄切りをフライパンで炒めて、ウスターソースをじゅ~~~っとまわしかけて作って食べさせてくれたお料理。
MOMOママだったら、こんな簡単すぎるお料理、作らない。
普段食べないMOMOママとは違った、簡単すぎるこの一品がやけに美味しかったのを覚えています。

これを食べて一晩寝て、朝、起きたらMOMOママが帰っていた!!!!
よかった・・・捨て子にならなくて!
いったいいつの話だろう?小学校にも行っていない頃だと思うな。

今となっては笑える思い出のあるお料理です。
それを、2世代経たMOMOが作りました。

彩りにたまたまあったインゲンも加えてみましたけど。



白いご飯にあうMOMO爺の思い出の一品です。





     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

義山でいただく美しい夏の贅沢お素麺

2016-08-03 | 和食
MOMOは教養のあるライオンを目指してお茶のお稽古をしております。
夏になると、お稽古の際に硝子、義山(ギヤマン)のお茶碗をつかうことがあります。
実はMOMO、先生のお宅で使わせていただくお茶碗を見ながら、この綺麗なお茶碗でお素麺、食べたら美味しいだろうな〜という思いばかりが脳裏に走り、お稽古に集中できない!


何にしても、茶道具となれば、お値段が高い。お稽古用の物でもそれなりのお値段。
MOMOは大奮発!自分で義山のお茶碗を一つだけ、購入!


義山、青楓によそったMOMOの念願のお素麺。

お素麺は極々シンプル。
お庭の紫蘇と三つ葉を散らしただけです。

義山でいただくお茶碗が美しい夏の贅沢お素麺。





あ…一応、本来の目的のためにもお茶碗を使いました。
洗い茶巾のお点前をおさらいしながら、お抹茶をいただきました。
ムムム…平茶碗って、お茶を点てるのムズカシイ…

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

週末旅行・フランケンワインをもとめて Vol.2

2016-08-02 | 小話
お泊りしたホテルでたっぷりと朝食をとってから、
ゆっくりと近所の小さい町を見ながら、お家に向かってまたまたドライブ。


その途中・・・・・



ワイン畑の中を続く坂道をゆっくりと登ってたどり着いた教会。その名も「ワイン庭のマリア教会」
ぽつんと一つだけワイン畑の中にある教会ですが、ドイツの彫刻家リーメンシュナイダーの彫ったマリアがあるということで、ちょっと名が知れているようです。
朝のお散歩にちょうどいい感じなので、訪れてみました。


そして、これまた近くの小さな町です。
街の中心が、ぐるりと城壁に囲まれたままです。
何のあてもなく、ただなんとなくプラプラとお散歩です。



ドイツの田舎の雰囲気がタップリ。
夏になったら、どこかドイツらしいところに行って、その雰囲気を味わうとホッとするんですよね。



そして、もう一つ、面白いワイナリーに行ってみました。



建築家フンデルトヴァッサーの建物がワイナリーです。
最初は冗談かと思ったけれど、本当にフンデルトヴァッサーに基づいて建てられたようです。

ところで、フランケンワインというと、普通の長細い瓶ではなく、ボックスボイテルと呼ばれる丸く太った瓶で知られていますよね。
でも、最近は、包装や輸送に不適だとか、古臭くてダサイということで、多くのワイナリーが一般的な瓶に移りつつあるという話を聞いていました。今回、そのボックスボイテルに新型が登場しているのがわかりました。

旧式のボックスボイテルの角を角ばって作り、シャープな感じを与えたモダンなボックスボイテルです。
今のところ、2000本だけお試しに作られておりますが、この秋からは、この新型ボックスボイテルで各ワイナリーのラベルを貼って一般に出回る予定だそうです。
日本にもこの新しいボトルでフランケンワインが出回るのかな。

ちょっと楽しみですね。






     



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加