MOMOの台所 ~ドイツの食生活だより~

MOMOの台所では、ワイン片手にお料理が作られます。
どんなお料理&ワインか、ちょっと覗いてみてください。

酉年を迎えるには

2017-01-01 | 和食
ドイツも8時間遅れて2017年、酉年を迎えました。

皆さん、年越しそば、食べましたか〜?
ドイツでも日本人のご家庭では、やっぱり、年越しそばを食べているのかなと、よそのお宅のお台所に思いをはせながらも、MOMOの台所では、鶏肉と卵をつかい、親子丼の献立となりました。



よく考えたら、
親子丼、酉年を迎えるにはピッタリ!!!と気づきました。

そう思ったら、ちょっと丁寧につくりたくなり、卵を二回にわけて入れる工夫をしました。
そうすることによって、半熟のトロリとした柔らかい卵が鳥肉にからむようにあるんです。



年越しそばならぬ、酉年にむけての親子丼です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツのクリスマス期には欠かせない!ガチョウ料理

2016-12-30 | ドイツ料理
ドイツのクリスマス休暇の25、26日を過ぎてからMOMOが叫んだ~~~~!
この時期、MOMOはまだドイツのクリスマスには欠かせないGansを食べていな~~~い!!!!

クリスマスというよりは、11月の聖マーティンの日からクリスマスまでがGans、ガチョウのローストが季節のご馳走として食卓にのぼるドイツ。
これだけ長くドイツにいるMOMOですので、好き嫌いにかかわらず、やはりこの時期に一度は、食べておかなきゃ~と思っているのですが、
今年は、まだ食べていないことに気づきました。




丸々のガチョウをオーブンでローストするのは、大勢集まってのおもてなし料理となり大変ですが、腿肉だけとか胸肉だけの一部なら、一人分、二人分のお料理もOKですので、腿肉だけをオーブンで焼いて、何とか今年中にガチョウにありつけたMOMOです。




つけあわせは、紫キャベツとジャガイモのクネーデルが一般的ですが、なんと言っても今年ギリギリセーフでありつけた簡単ガチョウですので、市販パック入りの紫キャベツを温め、パンを一切れ添えただけの簡単ガチョウ料理です。

これで、安心して新年を迎えられるとホッとしているドイツ・ライオンMOMOです。





    






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスフォンデユとサーモンのパイ

2016-12-29 | パーテイ料理
皆さん、2016年のクリスマス、いかがお過ごしになりましたか~?

MOMOは24日までしっかりとお仕事をして、25日からお休みに入りました。
もっとも、ドイツは24日のクリスマスイブはお祝いはせず、25日、26日の二日間のクリスマス休日のためのお買い物や準備に費やします。

なんとかお買い物を済ませ、25日のお呼ばれのために一品作りました。




白身魚とホウレン草のピュレーでサーモンを包み込み、パイ仕立てにした一品です。
温めなおして食べられるので、お家で作って持って行って、パーティのお宅で温めなおしてもらいます。
星型の飾りをつけたりして、クリスマス気分も!!!

スライスして前菜としていただきました。





そして、その後は、お肉のフォンデュです。
お肉は、牛肉と豚肉のフィレ、ラム肉、七面鳥のお肉の四種類。
銘々で串に刺し、脂の中にいれて揚げるフォンデュ。

たくさんのソースが用意されておりました。
ニンニク入り、カレー味、ケチャップベースのピリ辛ソースなどなど。
好きなお肉を好きなソースでいただきます。

そのほか、日本の箸休めのようなサラダやオリーブ、お野菜のピクルスなどがテーブルの上いっぱいに並びました。



7人でのクリスマスフォンデュパーティです。





     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉好きが喜ぶカルパッチョ

2016-12-21 | イタリア料理
クリスマスまで数日を残すところ!
あれやこれやとやること、お仕事がつまっているMOMOです。
今年は何となく、クリスマス気分にならないうちにクリスマス当日がやってきそう。

今日は、スーパーで以前から気になっていながらも、なかなか試す機会がなかった市販品を買ってみました。

お値段が高いのと、こういったものはやっぱりパック詰めでなく、ちゃんとしたものでないと美味しくないだろうし、下手をしたらお腹を壊すかも~という思いがあったので、なかなか買う勇気がありませんでした。

市販品のカルパッチョです。



ルッコラのサラダと一緒にいただきました。
美味しいオリーブオイルとパルミジャーノをたっぷりとかけていただきました。

うん!!!
懸念したほど悪いものじゃない!
これからも手軽に済ませたいときには買ってもいいかもと思った市販品です。

なんと言っても、肉食ライオンとしては、カルパッチョは大好物の一つですから。





     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほんのり塩味が美味しい・抹茶塩クッキー

2016-12-20 | その他、洋食・創作料理
早いもので、クリスマスまで後数日!!!

クッキーを焼いたりケーキを作ったりすることはめったにないMOMOですが、
クリスマスの頃には、クリスマスクッキーを焼いてみたくなったりするんですね、不思議な事に。

今回は、開封してそろそろ使い切ってしまったほうがいいと思われるお抹茶を惜しげもなく使ってみました。
しかも、お濃茶用の高級抹茶!!!




甘いクッキーではなく、塩クッキーにしてみました。

甘い中にも何となく塩の味がして、大人の味です。
緑色が綺麗なクッキーですので、丸い型でなくツリーの型に抜いてもよかったかな~
なんて、出来上がってから思っちゃいました。




     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メインはジビエで定例お料理ワイン会

2016-12-17 | パーテイ料理
年に数回行っているドイツ人仲間と一緒のお料理ワイン会

今回は、MOMOは第一の前菜係り
有名シェフのお料理本から選んだ一品「燻製ウナギとサーモンのムース、鶉タマゴとイクラ添え」を作ってメイン料理を作る人のお家へと向かいました。
そして、持参したワインはキエフで買った白ワインです。

お料理の写真は撮るの忘れました~!
キエフのワイン、ソーヴィニヨン種の白ワイン。
ウクライナ産ワインは、味はあまり期待せずに珍しいお土産感覚で持って行きました。
集まった人数は、MOMOも含めて6人。
皆、グラスにほんの少しはウクライナ産ワインをお試しに飲んでくれたものの、もう1本持参したフランケンワインのほうに手を伸ばしていた。
その中で、MOMOともう一人だけ、「いつもと違う味を楽しむ」気持ちで2杯目のウクライナワインをグラスに注ぎ、瓶は空になりました。




第二の前菜はぺトラが作ったブーツのジャガイモパンケーキ巻き・3種類キノコのマリネ添え


ポテトのパンケーキが薄くて軽くてとても美味しい!
パンケーキ巻きだけでも十分な前菜なのに、マリネつきとは豪華~~~~!!!!
しかもポルチーニ茸も入ったキノコのマリネ。
ビーツの金属を思わせる味にあわせるワインはなかなか難しいのですが、酸味をおさえたブルグンダーをあわせて正解!



そして、メインはジビエです。
冬はジビエの煮込み料理がドイツらしくていいですね~~~~



鹿肉の煮込み・ブドウ、ベーコン、クルトン添え
ゼンメルクネーデルと根菜

ブドウの酸味が鹿肉にあう!ベリー類のソースを添えて酸味を加えると美味しいジビエ料理ですが、ブドウを足すアイデアはなかなか思い浮かばなかったです。脂肪分の少ない鹿肉にベーコンのコクと脂肪を少し加えながらもブドウの酸味でサッパリと。そして、クルトンの食感。
一皿で色んな味が楽しめる工夫がされておりました。
そして、王道のゼンメルクネーデル。
お肉は柔らかかったし。文句なしのメイン料理でした。

ワインはもちろん、赤!バローロをはじめとしたイタリアの赤をばんばん開けちゃいましたよ。



散々、赤ワインを飲み、本当はもうお腹いっぱい!と思っていたところに、デザート係りのエリックが、そろそろ準備するよと言ってキッチンに消えた。そして、出てきたのは、ボリュームたっぷりのデザート。



クワルクと作っているからさっぱりとしているので、最初はこんなにいっぱい食べられないと思ったボリュームのこのデザート、ペロリと食べてしまったMOMOです。
そして、フランツ・ケラー醸造所のワインとソーテルヌを惜しみもなく提供してくれました。





会がお開きになる頃にはテーブルの上がワイングラスだらけ!!!!
そして、今晩、空になったワインボトルの一部。






そして、皆で2017年の手帳をにらめっこしながら、来年の会の日程も決めました。
誰かが何を作るかも決定済みです。
来年もまた、皆で腕によりをかけてお料理しあうことになりました~。

胃袋だけなく、肝臓も鍛えられるドイツ人と一緒のお食事ワイン会です。





     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パプリカ入りグーッラシュ

2016-12-14 | ドイツ料理
久々にグーラッシュを作りました!


あまりにも久々に作ったので、感覚が狂っちゃって美味しくできたかな〜と少し心配になっちゃったほど。

お肉がホロリと柔らかくなるまでじっくりと煮込み、その後は味を染み込ませるのみも時間をかけてと、時間がある時にしか出来ないお料理ですが、ずっとついている必要はないので、その間、別なことをできますので、お家でのお仕事の合間に、やっぱり、もっと頻繁に作ろう!とあらためて思いました。

だって、グーッラシュはMOMOの得意ドイツ料理の一つですから。

ジャガイモにあわせるか、シュペッツレにするか、と色々と悩んだのですが、簡単にパスタにしました。

あり合わせのものをのせただけだけれど、前菜プレートも用意したので、付け合わせはパスタでちょっと手抜きです。



前菜プレートは、先日からの
豚肉のリエット、白身魚のツミレ揚げ、クスクスサラダ。

クスクスサラダは新しく作りましたけど、下地はアエバーですので、同じに見えますね。

前菜時には白ワイン
メインのグーッラシュと一緒にイタリアの赤をいただきました。

クリスマスも近いのでちょっと豪華な夕食となり、大満足のMOMOです。





     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フープロ使って白身魚のツミレ揚げ

2016-12-13 | その他、洋食・創作料理
冷凍の魚でもいいのですが、白身のタラの一種、生のお魚を買ってきました。
最近、ドイツもスーパーでも簡単に手に入るようになった生のお魚です。
そう、ドイツの普通のスーパーでは、生魚のパックが買えるようになったのは、ここ何年かから。
でも、まだタラとサーモンと言ったお魚数種類だけですけどね。



普段なら、それをそのまま焼いたり、お鍋のようにスープ仕立てにするのですが、それも飽きちゃった!
何と言っても、毎回同じ、タラとサーモンとのお魚だけですから。

そこで、
お魚のツミレ揚げを作ってみました。
ツミレというのか、さつま揚げというのか…

フープロで荒く切ったお魚をガ〜〜〜とやります。
しょうがをたっぷり、その時々、冷蔵庫の中にある人参、ネギ、椎茸など好きな野菜をみじん切りにして加える。塩、醤油で味付け。
卵の白身と片栗粉を混ぜて、形を作って油であげるだけ。

塩昆布やごま、ごま油、醤油、ナンプラー、唐辛子、カレー粉などで、和風にもエスニックにも味付けのバリエーションがききます。



冷凍も可能なので多めに作っておくといいですね。

もっとも、ビール飲みながらつまんで、冷凍することなく食べてしまうことの方が多いですけどね。



     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚バラ肉で作るリエットとクスクスサラダの日

2016-12-10 | フランス料理
久々に時間をかけて作りました!
豚バラ肉のリエット。





豚バラ肉の分厚い脂身だけをフライパンでじっくりじっくりと焼いて、脂分、ラードを取り出します。
別の厚いお鍋でぶつ切りにして塩をした豚バラ肉をタマネギ、ニンニクのみじん切りとローリエの葉と共に、ひたひたの白ワインで煮ます。
ホロッと身が崩れるまで煮たら、水分をよく飛ばしてバットに取りだし、フォークで細かく身をほぐしてリエットを作ります。
MOMOは、ちょっと手抜きして、粗くほぐした後、ハンドミキサーにかけてしまいましたけどね・・・
取り出しておいたラードを加えて、味を見ながら、塩、胡椒を加え、滑らかなリエットに仕上げます。



冷蔵庫で一週間ぐらいは保存がきくリエットですので、作っておくと便利です。
パンにたっぷりとのせて、ワインのお供にすぐに食べ切っちゃうのがMOMOの台所ですけれど・・・



もう一品は、クスクスサラダです。
クスクスサラダは夏のものというイメージがあるのですが、美味しいサラダだし、翌日に食べても美味しいし、中身のアレンジができるので、季節に関係なく作りたいです。



黄色のパプリカ、トマト、ツナの入ったクスクスサラダです。
赤いのは、バルカン半島のアエヴァーというパプリカ、ナスをベースにしたペーストを混ぜて作ったからです。





     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パパッとイクラ丼 忙しい時の特急料理 その2

2016-12-08 | 和食
今日も特急料理です。
そして、贅沢品を使いました。

イクラ丼です!!!


デパ地下で瓶詰めになっている鮭のタマゴ、つまりはイクラを買ってきました。
こちらも、お値段が少々はりますが、簡単料理でも贅沢料理に変身させてくれる食材です。

ご飯を炊いて、酢飯にして、錦糸玉子を作ってイクラと一緒に丼によそってイクラ丼の出来上がり!!!!!

ああ・・・簡単!

とは言っても、このイクラ、実は前日に煮切り酒に漬けておきました。
そうすると、煮きり酒を吸ってイクラがふっくらとして、量増し効果もあるんです。




今日の忙しい時の特急料理は和食です。ホッと一息ついたMOMOです。






     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加