MOMOの台所 ~ドイツの食生活だより~

MOMOの台所では、ワイン片手にお料理が作られます。
どんなお料理&ワインか、ちょっと覗いてみてください。

お買い物が出来ない日曜日のシュパーゲル

2016-06-19 | ドイツ料理
日曜日はお店が閉まっていてお買い物が出来ないドイツです。
仕事で忙しくて、土曜日にもお買い物にいけなかったMOMOのところに、土曜日の夜、お友達から連絡があり、「日曜日、一緒にご飯食べよ~!」と。

日曜日は郊外のレストランはあいているのですが、街中のレストランはだいたい閉まっています。
車で郊外に遊びに行きがてら、ご飯を食べるか、MOMO宅でのお家ご飯にするか、迷いました。


お友達が、
「豚肉ならある」
もう一人のお友達が
「庭のイチゴを摘んでいける」

それを聞いたら、豚肉とイチゴを持参してもらって、集合場所はMOMOの台所です。

日曜日でも、今のシュパーゲルの季節なら農家の小屋でシュパーゲルとジャガイモとオランデーズソースのパックを買うことができます。


そこで出来上がったメニューが
豚肉のシュニッツエルとシュパーゲル、ポテト、市販のオランデーズ添え


前菜はナシでこのメインのお食事とデザートのイチゴだけの簡単なお食事ですが、大満足のお買い物が出来ない日曜日にシュパーゲルメニューとなりました。
市販のソースを使ってもいい!全部MOMOが準備しなくてもいい!
臨機応変に出来る範囲でのお食事会。気取らないMOMOの台所の風景です。



ワインも持ってきてもらいました~!!!!




     








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MOMOのお弁当考 (鮭弁を作ってみる)

2016-06-16 | 和食
最近、お弁当が気になるMOMOです。
そして、
どちらも鮭弁!




                     VS

                





MOMOはお弁当を作ったことがありません。と言うか、花見弁当とか特別の行事用のお弁当を作ったことが数回はあるのですが、毎日のお弁当を作ったことがないんですね。
ドイツ社会ではお弁当文化が根付いてもいないので、ドイツの会社にお弁当を持っていくことはないし。


でも、最近、いわゆるデパートの地下に入っているお寿司コーナーなどでは、お寿司のテイクアウトと共に、ちょっとしたお弁当が売られるようになりました。お昼時、夕方には結構、列を作って並んで買っている人が多い。

そこで、MOMOもお試しのつもりで、お弁当を買ってみました。
焼肉弁当、コロッケ弁当、唐揚げ弁当、鮭弁当などの中から、鮭弁をチョイスしました!


買ったお弁当はプラスチック容器のままでお家で食べるのはちょっと悲しいので、ちゃんと和食器によそいなおしていただきました。



鮭の切り身が二つ
黄緑の色が濃い海草サラダ
ひじき
お漬物
ご飯には枝豆とゴマがふりかけてあります。

鮭が2切れも入っていてボリュームはあるのですが、副菜がちょっと悲しい・・・・


空のプラスチックのお弁当箱を見つめて、
「もし、MOMOがこの容器にお弁当を詰めるとしたらどうする?」と考えました。

お弁当には、やっぱり、卵焼きは欲しいよね。
日本風のポテトサラダとか、何かしらもう少し、チョコッとでいいから副菜が欲しいな・・・ひじきだって真っ黒のままでなくて、ニンジンが入れば赤い色がキレイなのに・・・




翌日の夕方、ドイツで手に入る食材、MOMOの冷蔵庫から、保存和食品の棚から材料を駆使して作ったのがこちらのMOMOの鮭弁です。

MOMOが作ると鮭の切り身は一切れになります。
かんぴょうが期限切れになりそうだったので、かんぴょうとドイツのインゲンでゴマ和えが出来ました。
ひじきにはニンジンとベーコンを入れてちょっとお肉を加えました。
もちろん、玉子焼きも!
ちょうどあったお漬物。
ご飯には塩昆布とゴマ。
これだけ詰めてみても、まだ隙間ができちゃったので、トマトで埋めて出来上がり。

上の写真の二つのお弁当、
鮭二切れは市販のお弁当。
鮭一切れで卵焼きなどが入ったほうが、MOMOの手作り弁当。



MOMO,ドイツでお弁当屋さん、始めたくなっちゃいました~~~~!!!!







     









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

MOMOの本日のワインおつまみプレート

2016-06-14 | その他、洋食・創作料理
お友達からもらった上等ワイン、開けちゃおうかな~~~

ラインガウのワイナリー・シュプライツァーのリースリング・カルタワインです!!!
シュプライツァーはいいワインがあるんだけれど、毎日のようにポンポンと栓を抜くお値段ではありません。少なくとも、MOMO宅のように毎日、飲んでいる家庭にとっては・・・・

しかも、そのシュプライツァーでも上等なクラスのワイン。




市場で買ったペコリーノチーズを使ったパスタの残りと同じく、市場で買ったパンプキン入りのクリームチーズがあります。
そうそう、市場のパン屋さんで買った黒パンの上にハーブ入りのポテトのペーストを塗って焼いたものもある。
オリーブの缶も開いているものがあるし・・・・

お皿の上によそってみると、なかなか見栄えのするおつまみプレートが出来上がりました。

まずは、このおつまみプレートの出来栄えを確認してから、これなら、シュプライツァーのワインをあけてもヨシ!!!
と思いました。

本日のMOMOのワインにあわせたおつまみプレートです。








     





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペコリーノチーズサラダを混ぜたおコメ型パスタ

2016-06-13 | その他、洋食・創作料理
忙しい合間をぬってお買い物。しかも、青空市に!!!
せっかく、お買い物に来ているのだから、何かしら普段、買わないものを買って簡単なお昼ご飯を作ろうと思いました。

いろんな種類のオリーブやクリームチーズ、フェタチーズ、パプリカ、なす、アーティショーク、ドライトマトなどのオリーブオイル漬けなどを売っているお店で、ペコリーノチーズのサラダを買ってみました。

粗くすりおろしたペコリーノに、バジル、パセリなどのハーブ、ペペロンチーノ、ニンニクなどをあわせてオリーブオイルで漬けこんだもののようです。このままパンにのせて食べても美味しいのでしょうけれど、MOMOはお昼ご飯にパスタと混ぜてみることにしました。



パスタはおコメの形をしたリゾーニというものを選びました。
これなら、大目に作っておいても、残ったらパスタサラダとして食べられるから。

茹で上がった熱いパスタにペコリーノチーズのサラダを混ぜるだけ。
パスタの熱でチーズがとろりと溶けて糸をひくのも美味しそう!
しっかりとオリーブオイル、ニンニクの味がついているので、そのまま混ぜただけで余分な塩、胡椒は不要。ペコリーノにも塩気がありますしね。

結構、気に入りました~!!!
日本によくある混ぜるだけのパスタソースの感覚で、使える~!!!と思いました。
ちょっとお値段、高いけれど、市販品を使うときはいいものを使ってみると、インスタントっぽくならなくていい出来栄えになる。




白ワイン、飲みたくなっちゃいました。







     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マドレーヌはやっぱり貝の形がいい

2016-06-10 | フランス料理
ほとんどお菓子類を作らない、デザートを作らないMOMOですが、
たま~~~~に作るのが、マドレーヌ。

このマドレーヌだけは、何故か日本にいる時から作っていました。
でも、日本では丸い型で作っていた。
昔は、日本ではマドレーヌは丸い型が一般的でしたから、憧れだったんです、あの貝の型。
ドイツに来て、ひょんなことから友達にその憧れの貝の形のマドレーヌ型をもらい、それ以来、マドレーヌは絶対に貝型!!!




ところが、お引越しの際になくしてしまったのか捨ててしまたのか・・・・
MOMOの台所から、貝の型が消えた!!!
マドレーヌは、作れない!作らない!とちょっと意固地になっていたMOMOですが、
前回のフランス・ブルゴーニュ旅行の際に、カルフールで買いました、貝のマドレーヌ型。

貝型のマドレーヌが再び焼けるようになったMOMOの台所です。

ああ・・・普通、マドレーヌに粉砂糖、ふりませんね。
そして、本当は、この貝の模様があるほうが裏。
ぽっこり膨らんでいるほうがお菓子の表だそうです。











     













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い日にぴったり・きゅうりの冷たいスープ

2016-06-08 | ドイツ料理
この数日、暑い!!!
カラッとした暑さではなく、日本のように湿気を含んだ暑さ。
そういえば、思いっきり雷がなって大粒の雨がザザ~と降ったり、場所によっては雹が落ちてきたり。

そんな暑い日に美味しくいただけるスープを作りました。

緑の色が鮮やかなきゅうりのスープです。



きゅうりは夏野菜の代表選手。体を冷やしてくれるお野菜ですからね。

しかも、ドイツのきゅうりは太くて長い大型サイズのため、日本のきゅうりのようにパリパリッとした美味しさがない。
だから、火をとおしてしまっても惜しくない!

タマネギをバターで炒めた後、サイコロ状に切ったきゅうりを加えて軽く火を通し、スープを加えます。
きゅうりが柔らかくなったら、ミキサーにかけて、ざるで濃して、生クリーム、塩、胡椒で味付け。
青臭い!と思ったら、生クリームを少し大目に入れてください。
でも、あくまできゅうりのスープなので、きゅうりの香りは残したいですね。

熱いスープとしていただいてもいいのですが、夏らしいスープにするのならば、冷蔵庫で冷やして冷たいスープに仕上げてください。



今回、MOMOはたまたまあったラディッシュを飾りにしましたが、
細ネギでも、海老でも、サーモンでも、何かしらあるものを少し飾りにしてあげるといいですよ~。







     









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

食器洗い機で作った焼き豚

2016-06-07 | 和食
先日の日本酒女子会用に作った焼き豚。

炊飯器で作るつもりが、お肉の塊が大きすぎてMOMOが持っている小さな炊飯器には入りきらず、思い切って食器洗い機で作りました。

70度の設定で作った焼き豚です。

要するに、低温でじっくりと中まで火をとおすと柔らかく出来上がるということですから・・・・とかなり強引な解釈で作りました。



でも、なかなか美味しそうに出来たと思いませんか?

タレは日本酒にあうようにお醤油味にしました。
タレに長時間、漬けこんだので、後からタレをつける必要もないくらいしっかりと味がつきました。ご飯と一緒に焼き豚丼としていただくには、これくらい味がついていてもいいな・・・とは思ったのですが、
そのままおつまみにして食べるにはちょっと辛いかな・・・・

そんな出来具合のMOMOの食器洗い機豚肉です。












     


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒女子会に「至」

2016-06-05 | パーテイ料理
「やっとやっと、入手した日本酒を持参するので、美味しいお料理作って~」
と言われていたのに、なかなか実現できなかった日本酒女子会。
皆の日程があってやっと開催!

主役の日本酒は「至」


なんでも、ジャニーズのリーダー達が嵐旅館で飲んでいる光景、坂本君絶賛のお酒ということがTVで放映された直後、売れ切れ続出。それを、MOMOの友達がゲットした!!
もう一人の友達も、飲み比べように全然、違うタイプのお酒を持って行きますと言ってくれました。その一本が夢醸です。なかなか奥の深そうなネーミングのお酒ですね。
至と夢醸で酒飲み女子3人の日本酒会、MOMOがお料理の係りです。





最近、何かとMOMOの台所に登場する若ニシンのマチェスですが、これが一番、酢の物として利用しやすい。ただし、塩気が強いのでキュウリとカニカマと一緒にサラダ仕立てにしました。こういったサラダ風の酢の物(もどき)をつまみながら、お酒をいただきます。



もう一品は、里芋の煮物。イクラを乗せて、ちょっと豪華に!
ドイツでいただく、せっかくの日本酒ですからね。
お芋好きなお友達に気に入ってもらえた一品です。
里芋はアジア食材店で買いました。ドイツの普通のスーパーにはありませんので…



そして、今が旬のホワイトアスパラガス、シュパーゲルを和風に調理してみました。もともと、味が淡白なので、和風にもアレンジしやすいお野菜だと思います。
ここでも奮発して、皮をむかずにすむ細い先の部分だけを買って、歯ごたえを少し残して茹でました。そこに、胡麻味噌ソースをたっぷりとかけていただきます。
ちょっと、胡麻味噌ソースが濃かったかな。もう少しシュパーゲルの茹で汁でのばしてもよかったと少し反省。



ピンクの塩ブロックで焼いた海老。
塩ブロックは、かなり面白がってもらえました。



そして、〆ご飯は豚肉チャーシュー丼と簡単・花麩入りお吸い物。
このチャーシューは前日に作っておきました。
しかも、白状しちゃうと、本当は炊飯器を利用して作りたかったんだけれど、炊飯器にお肉がはいりきらなかったので、食器洗い機で作っちゃった!!!
MOMO宅の炊飯器は小さいのですが、ドイツのお台所に備え付けの食洗機はかなり大きい。
温度設定70度の洗浄プログラムで作りました。出来ないことはないですよね。


〆のご飯ごろになると、MOMOもいい気分に酔っ払うので、ささっと準備して出せる炭水化物がいい。お吸い物は、昆布茶とインスタントの出汁をお湯で割って花麩をうかべただけ。
最後のお汁はやはりホッとします。


以上、MOMOが用意した日本酒女子会のためのお料理です。
こんなお料理でよければ、日本酒(ワインでも!)持参で遊びに来てください。
お待ちしております。





     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サフラン入り鱈のスープとバジルオイル入りポテトのスープ

2016-06-04 | その他、洋食・創作料理
この数日、雨の多いMOMO地方です。
もっと暖かくなってくれないと、バラが綺麗に咲いてくれない!と呟くライオンです。

今日はこの数日の間に作ったスープ2種類をご紹介。


贅沢にサフランを使った鱈のスープです。
冷凍の鱈ではなく、生の切り身で作りました。ドイツのスーパーで生魚の切り身が簡単に手に入るようになったのは、ここ数年。鱈とサーモンと種類は限られていますけどね。
ジャガイモもいれて、南欧のスープのような雰囲気でいただきました。



別の日に作ったのが、バジルオイルを入れたポテトのスープ。
茹ですぎたジャガイモを冷凍してあったので、それを利用。
冷凍ジャガイモはマッシュするに限る!もしくは、茹で過ぎたらマッシュしてから冷凍庫に入れる。
そして、コロッケやこういったスープにしてジャガイモの形を崩して食べるのがオススメです。

冬のホカホカ体が暖まるスープではなく、夏仕様にしたかったので、バジルオイルをトッピングしてさっぱりとした味をアクセントにしていただきます。
エビもいれてみたら、豪華になりました。







     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若ニシン・マチェスのてこね寿司風 (展開料理)

2016-05-30 | 和食
ドイツ人用に作ったお寿司は3種類のお寿司を一切れだけ。
前菜用なので、本当に少量です。

でも、ドイツで材料を買うと一パックが大きいため残ってしまいます。

今日は残り物の若ニシン・マチェスで同じようにお寿司!!!
でも、型に入れたり巻いたりするのは面倒。

お家寿司ですので、てこね風にしてみました。



生姜をたっぷりと効かせて削ぎ切りにした若にしんときゅうりとご飯をゴマも加えて混ぜ合わせました。
酢〆に使ったお昆布もかなり柔らかくなっていて食べられる~!と思い千切りにしてくわえました。

何でもありのMOMOの台所ですね。



お庭の三つ葉もかなり大きくなってきているので、散らしてみるとなかなか上出来。
残りものの展開料理ですが、残り物には見えないところがやはり、お寿司のいいところですね。
お寿司はいつでもハレの食べ物なんだな~と思います。


では、ライオンMOMOも肉食を返上してお寿司をいただくことにします。







     



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加