MOMOの台所 〜ドイツの食生活だより〜

MOMOの台所では、ワイン片手にお料理が作られます。
どんなお料理&ワインか、ちょっと覗いてみてください。

ルクエで作る鱈の味噌漬け蒸し焼きとオニオン・パルミジャーノサラダ

2016-05-26 | 和食
今日はお買い物に行きました。

そして、マイルドな味の白いタマネギとオクラとお茄子を買ってきました。
これらのお野菜は、近所のトルコ人経営のお店で買いました。普通のスーパーではオクラは買えません。
トルコ系やアジア系のお店で買います。
これらは全て副菜に使います。

メインのお魚は、味噌漬けにして冷凍してあった鱈。
いつまでも冷凍庫の中に放っておくわけにはいきません。

どのくらいお味噌味がしっかりと染み込んでいるんだろう、辛すぎるかな〜という懸念にもかかわらず、かすかにお味噌味という漬かり具合でした。



和食ってアレコレ作るので、お鍋をたくさん使って面倒だな〜と思うことが多々、ありますよね。
MOMOは今日は、手抜きで、ルクエで簡単調理です。

買ったお野菜、お茄子とオクラも洗って切って、ルクエに並べ、お野菜に炒り酒を少々かけました。そして、半解凍の鱈をのせて電子レンジで調理しただけ。




そして、タマネギを生でモリモリと食べたかったMOMOは刺激があまり強くない白いタマネギと紫タマネギを薄くスライスして、水にさらし、お醤油、オリーブオイル、鰹節、パルメザンチーズであえた和風のような洋風のようなタマネギサラダをたっぷりと作りました。

今夜は、MOMOにしては珍しくアルコール抜き、休肝日。
このタマネギサラダは、白ワインにあうな〜と思ってしまった。
ワインに手が伸びそうになるのを抑えて、今度、また白ワインの時に作ろう!と固く決心。



小さな器に入っているのは、クスクスサラダ。
ほんの一口だけ残っていたので、ガラスの酒器によそってみました。一口クスクスサラダです。
さすがに、数日たつと水っぽくなってクスクスもふにゃふにゃで美味しいとは思わなかったけどね。





     






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残りものの日・クスクスサラダとチキン

2016-05-24 | その他、洋食・創作料理
         

今日は、簡単ご飯です。
クスクスサラダとヨーグルトとカレー+αのマリネチキン。

両方ともすでにこの数日のブログで紹介しているお料理。
MOMO宅だって、残りものの日があっていいよね。食べ切ってしまわないと・・・




このお皿、ブルゴーニュに行ったときに小さな町のブロカント、骨董店で買いました。
骨董店と言っても、お高いアンティークのお店ではなく、蚤の市みたいなところ。
ちょこっと欠けていたり、金が擦り切れていたりと新しい綺麗さはないけれど、可愛かったし、安かったし、ということで買ってしまいました。
MOMOは旅先で見つけた18cmぐらいの中皿を色々と集めてみようと思っています。

柄やテイストや色や新品、中古と全然、揃っていなくても、色々と集まった中皿に色々とお料理を盛り付けて、旅の思い出話も味付けのひとつで楽しむのもいいのでは?と思っております。
もっとも、ドイツ人は全部揃った食器を好みますけど。






     






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

味付けツナ缶で作るクスクス

2016-05-23 | エスニック料理
仕事の合間にアルザス出身の同僚とお料理話に花が咲きました。

やっぱり、フォアグラは美味しいよね〜
キッシュロレーヌにタマネギ入れる?
フランス人は蛙食いって嫌がられるけれど、鶏肉のようで美味しいよね〜ニンニクたっぷりだけど・・・

などなど、それはそれはお話が止まらなかった!


そんな同僚が夏になったら、絶対にクスクスを作る!
大好物なんだ〜と言っていた。

そんな彼(同僚は男性です)に感化されて、MOMOもどうしようもなくクスクスサラダが食べたくなった!


はい、作りました。クスクスサラダ。


と言っても、思いつきで作ったので、お家にある材料を駆使しての即席クスクスです。

クスクスはあったので、シュパーゲルをゆでた後にとっておいたゆで汁でクスクスをふやかしました。
そして、とにかく冷蔵庫のなかにあるもの、きゅうりを入れました。
でも、きゅうりだけじゃね〜〜〜〜と、保存食の引き出しをゴソゴソ。
味付けされたツナ缶を発見!
スペインのタパス風にパプリカとツナがピリリとした味付けになっている缶詰。
ソースもトマト、パプリカ味なので、これを利用しない手はない!

全てをクスクスに混ぜ、レモン汁を加えて出来上がったクスクスサラダです。




美味しい!!!
簡単にできるし、中にいれるものはその時にあるもので工夫がきく。
なかなかいいですね〜、クスクスサラダ。

お勧めの具があれば、是非とも教えてくださいね。

この夏は、クスクスをサラダ仕立てにしてたくさん食べようと思うMOMOですので。






     












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燻製マグロときゅうり、ラディッシュのサラダ&カレーヨーグルトマリネのチキン

2016-05-22 | その他、洋食・創作料理
た〜〜〜っぷり作ったフランクフルターグリューネゾーゼ。
余っております。
さらに、昨日はサワークリームだけでなく、ヨーグルトも少々、加えて作ったグリューネゾーゼですので、ヨーグルトもまだ少し余っております。

ということで、今日のメニューが出来上がりました。




グリューネゾーゼは、サラダのドレッシングとして使えます。
ちょっとグリューネゾーゼにマヨネーズを加えてきゅうりとラディッシュ、そして、お魚コーナーで珍しく燻製マグロを見つけたので即買いしたマグロをあわせたサラダ。
スモークドサーモンと違って、燻製マグロはいつもあるわけではないし、ちょっと高いのですけれど、たまのことだし〜と思って買っちゃいました。
そのまま白ワインと一緒につまんでも、今日のようにサラダに加えても美味しい!
グリューネゾーゼはお肉にもお魚にもあう万能なハーブソースです!!!







ヨーグルトにカレー粉、カルダモン、ニンニク、コリアンダーパウダー、カイエンヌペッパー、クーミンなど色々な香辛料を加えて漬け汁を作り、チキンを漬け込んでオーブンで焼き上げました。




お献立になってはいないのですが、ワインのおつまみとしていただくぶんには、あれこれ違う味があってOK!

ドイツ人にはなかなか理解できないあれこれつまむ日本の感覚のお料理の日です。
ドイツ人ってどうして、メニューとしてきちんと構成されていないと嫌がるんだろうね〜〜〜。






     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり美味しいシュパーゲル&グリューネゾーゼ

2016-05-21 | ドイツ料理
毎年、お値段が上がっているドイツのシュパーゲル。
でも、食べないわけにはいかない!!!!

ここのところ、お客様をお呼びしたり、呼ばれたりという機会が多いMOMOですが、やはり、今が季節のシュパーゲルのメニューが多いです。

前回のようにオランデーズソースで食べたり、特別にソースは作らず、上等のヒレ肉の焼いたものとあわせるシンプルな食べ方だったりと色々と食べております。


どう食べても美味しいシュパーゲルだけれど、やっぱりこの食べ方で食べないと、シュパーゲルの季節を終わらせることが出来ないと思うほどMOMOが好きな食べ方がこれ!




簡単だし、美味しいし・・・
季節の間に何度も繰り返し食べても飽きない。

フランクフルトのハーブソース、フランクフルターグリューネゾーゼをたっぷりとかけて、ハムとスモークドサーモンで食べる食べ方です。



フランクフルターグリューネゾーゼは、すでに出来たものが市販されておりますが、MOMOは手作りします。
手作りと言っても、ハーブの包みを買って、刻んで刻んで・・・面倒な時は、フープロにかけちゃったりします。
みじん切りの7種類のハーブをサワークリーム、みじん切りのゆで卵、マスタード、レモン汁、塩、胡椒で味付けて終わり。







     






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュパーゲルと魚のオランデーズソースのメニュー

2016-05-16 | ドイツ料理
あんなに暖かったのに、気温が下がってしまった連休の昨日、今日。
ランチに集まって、お庭でシュパーゲルメニューを楽しみたかったけれど、お家の中でのシュパーゲルランチ会となりました。

シュパーゲルと数種類のお魚を焼いて、オランデーズソースを添えての一品をメインにしました。





シュパーゲルとオランデーズソースは、前もって作っておくことができない。
茹で上がりをサーブしなければならない。
オランデーズソースも、分離しないうちにサーブしなければならない。

最近では市販のオランデーズソースを使う人が多いと思うし、MOMOだって、オランデーズ作りは面倒だな〜と思う。
湯銭にかけてずっと泡だて器でシャカシャカ!バターをとろりとろりと加えながら、さらにシャカシャカ!
今日は、成功しました〜!!!!
いい具合の濃さのオランデーズソースが出来上がりました。

お魚、シュパーゲル、ソース、ポテトをグッドタイミングで仕上げなくてはいけない。
なかなか気の抜けないメニューです。







そのかわり、前菜としてつまめるものは、前日に作っておきました。


手作りのグリシーニ
日本の黒ゴマ味、カレー味、七味味の3種類を作りました。

そして、これまた前日から作っておいて、焼きなおして出来上がりのミニ・ピザ

トマトソースとチョリソと赤パプリカ
クレームフレッシュとベーコンのタルトフランベ風
クレームフレッシュと血のソーセージのドイツらしいピザ


デザートは午前中に簡単に作りました。
クワルククリームのベリーソースかけ


マスカルポーネで作ってもいいのですが、ドイツのクワルクのほうが、カロリーが断然低い!
残念ながら、本格的なベリーの季節はまだです。そろそろハウス栽培のイチゴが出始めたくらいで、ブルーベリーやラズベリーやスグリなどは、まだまだです。ですから、冷凍のベリーを使いましたが、ソースにしてしまうので、冷凍で十分!

デザート作りに凝るMOMOではありませんので、簡単に作れるサッパリ系のデザートとなりました。
それでも、みんなが美味しいと言ってくれました。ヨカッタ!!!












     













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々の手打ちパスタ 後、筋肉痛

2016-05-14 | イタリア料理
今年の5月ってなんだか祝日が多い!
ドイツの祝日はキリスト教関係が多く、イースターから数えて何日目がなんとかの日で祝日。移動する祝日が多いんです。
まあ、御天気がいいので、みんなウキウキ気分でお休みなので、それはそれでいいことだ!

MOMOもいいお天気とお仕事なしの日。のんびり気分に誘われて久々に手打ちパスタを作りました。




MOMOの手打ちパスタはパスタマシンを使いません!
最初から最後まで手です!
ネコの手ではなく、ライオンの手で捏ねます、延ばします。

このMOMOの手打ちパスタはイタリアのシェフ・セルッジョ師の肝入りです!


せっかく、ここまで手をかけるのだからもうひと頑張りして、トルテローニなどの詰め物パスタにするのがいいのでしょうけれど、なかなかそこまでの根性はないMOMOです。
ですから、普通の幅広パスタ、フェットチーネくらいに仕上げることが多いですね。

しかも、パスタソースにもそうそう凝っていられない。
でも、普遍に美味しくて、手打ちパスタにたっぷりとからまってくれるソース、ボロネーゼをあわせるのがMOMO流。

でも、毎回、食べた人は感激してくれるんです。
やっぱり、手打ちは美味しい!!!と。
確かに、乾燥パスタとは全然、違いますから〜〜〜。



パルミジャーノをかけていただくこともありますが、
今日は前菜に生ハムとチーズをつまんでいたので、パルミジャーノなしで手打ちパスタのボロネーズをいただきました。

今日も美味しい〜〜〜〜と感激の言葉をいただきました。

これで、明日の腕の筋肉痛も報われます。

手打ちパスタを作るときは、翌日の筋肉痛を覚悟の上です。




     



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手づかみで食べる肉味噌巻きサラダ

2016-05-12 | 和食
ドイツ人は手で食べることを嫌う。
手づかみで食べるなんて!
だから、お寿司だって慣れないお箸やフォークで食べる。しかも、お醤油をどぼどぼとつけるから、ご飯がボロボロに崩れる。
それでも、美味しい〜SUSHI〜〜〜〜と言って食べる。
ピザだってナイフとフォークで食べる。
手で食べるドイツ人はいない。

そんなドイツ人に嫌がれながらも、MOMOは豪快にサラダを食べたい!しかも、お肉もお野菜も一度に食べられるありがたい一品


挽肉で作った肉味噌におネギとクレスをたっぷりのせて、サラダ菜で巻いていただきました。


<肉味噌の作り方>

あいびき肉・・・・100g
ニンニク・・・・・1〜2片
ネギ・・・・・・・みじん切り少々
生姜・・・・・・・みじん切り少々
酒、赤味噌・・・・各大匙3
ゴマ油

1.フライパンにゴマ油を入れて挽肉、ニンニク、生姜をいれて炒める。
  挽肉に色がつき始めたらネギを入れてさらに炒める。
2・肉に完全に火がとおったら、一旦火を止めて酒、赤味噌をあわせて加える。
3・再び火にかけてとろみがでるまでかき回せて出来上がり。





レタス、サラダ菜などに乗せて豪快に手で食べる!!!

さらに白髪ネギや細切りの胡瓜、ラディッシュの薄切りなども一緒に添えてお皿に盛れば、豪華なサラダ。
パーティ料理としても見栄えがしますが、
手で食べるのを厭わない人がゲストというのが条件になります。




     





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海老の塩ブロック焼き

2016-05-10 | その他、洋食・創作料理
先日のパーティ料理で使ったピンクの塩のブロックを使って海老を焼きました。



とてもシンプル!!!


最近、業者専門スーパーで見つけて買ってしまった!
ペルシア産の塩ブロック

グリル、ローストと言った熱い料理にも、
お料理を冷やしてサーブしたい冷たいお料理にも使えるという塩ブロック。
470度まで熱することができ、−20度まで冷やすことができるということです。

MOMOは、先日のチキン、そして、今日の海老を味付けもなにもせずに、塩ブロックの上に乗せてオーブンに入れて焼き上げました。
塩ブロックはかなり熱くなりますので、ミトンは専門料理用のぶ厚いものがいいようです。

塩を全然、していなくても、出来上がりはちゃんと塩味がついております。
そして、ジューシーに仕上がります。
塩石釜焼きにすると、しっとりと焼きあがるというあの効果と同じものが期待できるのかな〜と思ったりして。

オーブンに入れても、直火のコンロでも、グリル器でも使える塩ブロックです。



そのままお皿としてテーブルにも出せて、ちょっとした話題にもなるので楽しい塩ブロック。

使用後は、軽く拭いてまた使います。

これから夏になったら冷やして冷たいものをサーブしてみようと思っております。


そうそう・・・
舐めてみたら、塩っ辛かった。当たり前か、塩だもんね。




     



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あれこれつまんでアペロパーティ

2016-05-09 | パーテイ料理
ドイツも暖かいお天気が続くようになりました。
リラの花が満開、バラのつぼみも大きく育ち、初夏の気分タップリ!!!

ちょっと時間が早くてもきりっと冷やしたリースリングを飲みたくなる季節です。
(もっとも、MOMOはお仕事さえなければお昼からでもアルコール摂取しておりすけど・・・)

そこで、早い時間にお友達に集合をかけました!
アペロに来て!!!!と。



アペロ=アペリティフ。食前に軽く飲む一杯のことですが、MOMO宅のことですので、アペロパーティとは言え、趣向が少々、変りまして、
メインのご飯を作らないから、おつまみをたくさん用意してアペロのように少々早い時間から飲み食いするパーティとなりました。

ラインガウのリースリングを飲みながらあれこれつまみました。


卵の黄身に細かく刻んだ海老を混ぜ、マヨネーズとカレー粉を隠し味にして、白身のカップに詰めました。
前もって作っておけるので、便利です。
卵という食材も手ごろ。基本はゆで卵。でも、ちょっとお洒落なゆで卵料理です。



最近、MOMO宅では冷凍のタコを常備するようになりました。
今日は、洋食ですので、ニンニクたっぷり、そしてバジリコのペストを混ぜてワインにあうようにお料理しました。



日本のシシトウとはちょっと違うのですが、焼きミニ・パプリカ。オリーブと一緒に炒めました。
粗塩をパラパラとかけて食べると美味しい!



チキンの塩ブロック焼き
ピンクの岩塩の上にお肉を置いて焼くだけ。仕上げに黒胡椒をふりかけて、檸檬をしぼっていただきました。
この岩塩については、また後日、お話します。




リースリングもたっぷり堪能したので、ロゼをあけました。
このロゼは、ブルゴーニュで買ったシュヴロかおりさんのSakuraロゼ。
ブルゴーニュつながりで、同じくブルゴーニュで買ったパンデピスにマスカルポーネと青カビチーズのまざった超美味しいチーズをはさんで、ちょっとしたデザート感覚でいただきました。


小皿とはいえ、これだけあれこれつまめば、軽く一杯ではなく、しっかり飲み食いになりますね。
そして、さらにはデザート。


お土産に持ってきていただいたものです。
ドイツにもこんなミニサイズの可愛いケーキってあるんだ〜〜〜!!!!
これもちょこっとつまめるアペロサイズ!!!

今日のMOMOのアペロ趣向にあわせて持ってきてくれたのかな。ありがとう!


食前のアペロとはいえ、集まったのが早い時間とはいえ、
皆さん、お帰りは夜遅くでした。
MOMOの台所でのパーティらしいでしょ!!!





     






コメント
この記事をはてなブックマークに追加