日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008

今年はそうとうの豊作で、ラララ..が軽く圏外に吹っ飛んだ!(笑)

 

1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。

あくまでも「極私的」ですので、旧作DVDが入り込んでますがご了承下さい。

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~とあらためて感心しつつ、以下10本。

 

 

第1位

ドリーム Hidden Figures 「ライトスタッフ」な時代の、影の功労者たち 現状、今年のベスト1候補!

で結局1位。ポジティブに構えていれば、苦境も乗り越えられる。音楽もピカ1。 

 

第2位

メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は映画初体験?!の斬新さ

言語相対性仮説、は当ブログの個人的体験とシンクロするため、高い評価となる。

 

第3位

ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層構造」も入れ、最後には感動させる名人芸。

今作のテーマは「撤退」はもちろんだが、「反撃への意思」

  

第4位

DVD:トランボハリウッドに最も嫌われた男 Trumbo 実力で暗黒時代を乗り切る男。公開時スルーを大後悔。

職業人、プロとして実力と根性を発揮する生き様が美しすぎる!

 

第5位

女神の見えざる手 Miss Sloane ビジネスの究極のせめぎ合いの闘い、を強力なメンツで料理した、今年有数に楽しめる一本。

当ブログの個人的な闘いに勇気を与えてもらった、という点で忘れられない。

 

第6位

そうして私たちはプールに金魚を、And So We Put Goldfish in the Pool. 虚無感溢れる15才4人組の夏。何とサンダンスでグランプリ!

短編にもかかわらずランクイン。女子中学生4人の退屈な日常は、痺れるフレーズ連発!

 

第7位

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder きれいごとだけでは済まない、急成長 McDonald’s の影にあった確執

ビリビリひりつくビジネスの闘い。「勤勉さ」が「強欲」化する瞬間、に痺れる

 

第8位

パターソン Paterson 平凡な日常に潜む、ちょっとした幸せや変化、をじんわりと味わう(笑)

映画が終わり劇場を出ても、映画の日常感の延長上にいるようにしか感じない映画は珍しい。


第9位

ゲット・アウト Get Out   2017年を代表する「快・怪作」!

インディペンデント発らしい、切れ味の良さ

 

第10位

The Big Sick 予想外のヒットにもうなずける、実話ならではの味がある一作。

来年公開予定。不思議にココロが暖かくなってくる、実話ならではの味がある一作。

 

 

 

補欠①

DVDスルー:イーグル・ジャンプ Eddie the Eagle ひたすら素晴らしく、涙が止まらない(笑)

「不可能」なはずの「オリンピック選手になること」を叶えた英国青年の根性話。

平昌オリンピックも迫っているのでお薦めします!

 

補欠②

希望のかなた The Other Side of Hope 年末の寒さを吹き飛ばす、カウリスマキ「人情」パワー(笑)

 「難民3部作」の第2作。シリア難民、という実に2017年現在な内容。


補欠③

最後の追跡 Hell or High Water 現実のリアルが染み込んでいる現代版西部劇、は見応えあり!

ジェフ・ブリッジスが主人公を好演。だが日本では劇場未公開… 

 

 

~来年早々に鑑賞しなくちゃリスト以下~

「猿の惑星 聖戦記」「婚約者の友人」「オン・ザ・ミルキー・ロード」「誰のせいでもない」「パーソナル・ショッパー」

ノクターナル・アニマルズ」「否定と肯定」「トトとふたりの姉「立ち去った女」「オン・ザ・ミルキー・ロード」

「ウィスキーと2人の花嫁」「オレはどこへ行く?」「エゴン・シーレ」

 

 



コメント ( 35 ) | Trackback ( 0 )



« 映画:ウィン... 極私的 201... »
 
コメント
 
 
 
tbできないので^^; (ミッドナイト・蘭)
2017-12-29 15:00:11
[ナカデミー賞 ’17 あたいの映画作品ベスト10]

http://blog.goo.ne.jp/midnight-run_2007/e/28c630980906607d55b5118f32a00f10

よろしくです!^^
 
 
 
そうなんですよー (onscreen)
2017-12-30 08:50:34

gooブログ、tb廃止しちゃったんです...

ナカデミー賞、拝見しますね!(洗)
 
 
 
Unknown ()
2017-12-31 14:43:03
「ゲットアウト」、面白かったですね。

不老不死のような、マッドサイエンティストが出て来ながら、その思想の中核には、宗教がある、というのは、アメリカのキリスト教が、都会にもあるのと異なり、田舎の邪教であるが為に、成り立つのでしょう。

科学もまた、市場に試されるのであって、一般的な需要によって、悪事への利用は避けられるのでしょう。マッドサイエンティストは、前時代的な作品でしたね。原作は古いとか、事情があるのでしょうか。
 
 
 
Unknown (onscreen)
2017-12-31 17:40:28

そうですね〜

マッドサイエンティストに彼が変わった瞬間に全時代的に。
そこまでのミスディレクションが効いてるのがうまいですね!
 
 
 
明けましておめでとうございます (メビウス)
2018-01-01 18:57:24
onscreenさんこんばんわ♪コメント有難うございました。そして明けましておめでとうございます。

そういえば『メッセージ』は公開前に凄い不思議な予告編で意味が分からなかったり、ツイッターなどのSNS上でもお菓子の『ばかうけ』みたいだなんて言われたりと殆ど世界観が見えなかった作品だったんですけども、観たら観たで自分もドはまりしてしまい、原作・サントラ・BDとその後関連商品を買い漁っていたので、順位こそつけませんでしたが去年一番印象に残った作品はやはり自分もメッセージだったかなと思いました。

見れば見る程面白い設定だったので、今年もそんなスルメみたいにリピートする良作品が多いと嬉しいですね^^
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2018-01-01 19:05:26
ですねー
今年もスルメみたいに何度も楽しめる作品に出会いたいですね!(笑)
 
 
 
Unknown (風情☭)
2018-01-02 10:54:55
明けましておめでとうです。

「女神の見えざる手」は間際までベスト10に入れるか否かで散々悩んだんすけど、17年は
思いのほか良作に恵まれたこともあってやむなく次点扱いとしちゃいました。
「希望のかなた」はまぁ公開している劇場数が少ないこともあるんすけど、アキ・カウリ
スマキ監督の知名度のワリにはレビューをあげてる人が多くなくなんで、補欠ランクイン
にいち監督ファンとしてはうれしく思います♪ (゚▽゚)v
 
 
 
コメントありがとうございます! (onscreen)
2018-01-02 11:22:39
サッカーにしても何にしても補欠、大事ですよねえ!(笑)

旧作「トランボ」を補欠にしても良かったんですが、カウリスマキの
力は次にもっと発揮されるはずだと確信していますので、その位置に
とりあえず置いた次第です。

「また観たい」も選ぶ大事な要素だと思っているので「女神」はあの
位置に置きました。
DVD、楽しみです!
 
 
 
明けましておめでとうございます! (margot2005)
2018-01-02 15:36:48
onscreenさん、早々に見にきてくださってありがとうございます!
さてさて「ドリーム」「ダンケルク」「女神〜」良かったですね。
今年もよろしくお付合いくだされば嬉しいです。
 
 
 
こちらこそ! (onscreen)
2018-01-02 15:55:44
今年はそんな映画にトキメクんでしょうねー

楽しみです!
 
 
 
ドリーム (まっつぁんこ)
2018-01-02 21:22:03
ドリームは私もランクインしました😄
 
 
 
ですね! (onscreen)
2018-01-03 01:24:52
DVD で再見するのが楽しみです!

因みに私の場合、音楽ベストにも入ってます(笑)
 
 
 
ベスト! (ここなつ)
2018-01-06 15:00:34
遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
弊ブログにご訪問下さってありがとうございました。
gooさんがTBを廃止なさったので、なかなか痕跡を残せなくなってしまいましたが、ちょくちょく寄らせていただいておりますので、今後ともよろしくお願いします。

ベスト興味深いです。私、「ドリーム」は未見なのですが、すごく良い作品のようですね。公開の頃、プロ野球にポジティブ精神全部注ぎ込んでおりましたので(笑)鑑賞する元気がとても残っておりませんでした。春あたりに名画座でかかってくれないかな。
それと「メッセージ」!こちら素晴らしかったですね!私もランクインさせました。ドゥニ監督は天才なのではないかと思います。
 
 
 
tb廃止で苦労しますね... (onscreen)
2018-01-06 17:25:00
<ちょくちょく寄らせていただいております

ありがとうございます!
 
 
 
Unknown (クマネズミ)
2018-01-06 21:03:49
今晩は。
「onscreen」さんの「映画ベスト10」に掲げられている10作品(及び補欠の3作品)と、クマネズミの「マイベスト10(洋画)」とで共通するのは、わずか1作品ですが、それが『パターソン』なので、驚くとともに、逆に良かったなと思ったところです。なにしろ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で悪役として活躍するアダム・ドライバーのもう一つの味わい深い側面を、『パターソン』で見ることができるのですから。

今年もよろしくお願いいたします。

 
 
 
Unknown (パピのママ)
2018-01-06 21:49:54
遅くなりました。明けましておめでとうございます。
コメント頂きありがとう。
17年のベスト10は、アクションが大好きなもので、どうしてもそちら志向になってしまいます。ですが、昨年は、東宝でIMAXが入りとても良かったので、1位に上げました。
今年も宜しくお願いいたします。
 
 
 
ですね! (onscreen)
2018-01-06 23:10:28
クマネズミさん、コメントありがとうございます!

アダム・ドライバーは「ローガン・ラッキー」でも活躍してましたね。
期待の俳優です!
 
 
 
あっ (onscreen)
2018-01-06 23:13:58
「メッセージ」もかぶってますよ!

また「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」も
残っていた作品で、最後の最後で補欠からポロっと...(笑)
あの娘の存在感が妙に残っていたのです!
 
 
 
Unknown (onscreen)
2018-01-06 23:29:09
パピのママさん、コメントありがとうございます。

今年もよろしくお願いします!
 
 
 
Unknown (sabunori)
2018-01-07 21:45:16
onscreenさん、コメントありがとうございました。
当方アジア映画中心に鑑賞をしておりますのでなかなか他の方のベスト10とは重なることが少ないのですが
「ドリーム」は本当に良作でしたね。
私のベスト10の中で胸を張って他の方にオススメできる数少ない作品です。(笑)
その他onscreenさんと重なっている「女神の見えざる手」と「ゲット・アウト」の2作品も面白かったです。
 
 
 
あけましておめでとうございます。 (ボー)
2018-01-07 22:28:23
ベストテンは、ひとつもかぶらず、です。
やっぱり「ドリーム」「女神」は観ておきたかったです!
(「ラ・ラ・ランド」をふっ飛ばさないでください…)
 
 
 
こんにちは ()
2018-01-07 22:40:19
あけましておめでとうございます。
重なっているのは「パターソン」ですね。ジャームッシュらしいスタイルとテイストの、いい映画でした。
「エル」、こういう映画、実は大好きです。ごく普通の人間なので、普通でない人間や映画に惹かれるんでしょう。
「最後の追跡」、面白そうですね。ジェフ・ブリッジスは同世代の共感もあって好きな役者です。ぜひ見たいものです。
今年もよろしくお願いします。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2018-01-08 07:54:02
ベスト10って、それぞれの個性が出て面白いですね。

「星空」、トライしてみたいと思います!
 
 
 
吹っ飛ばしちゃってごめんなさい(笑) (onscreen)
2018-01-08 07:57:23
ポーさん

ロスに行きたくはなりましたし、観た時の瞬間風速はかなり高かったです!


なんですが、私はあまりミュージカルが好きじゃないので...
 
 
 
コメントありがとうございます! (onscreen)
2018-01-08 08:00:31
雄さん

「パターソン」はジャームッシュらしく、なごめました。
劇場を出ても、その感覚が続くのが面白かったです。

「エル」未見なので、リストに加え、DVD化を待ちます!
 
 
 
Unknown (mig)
2018-01-08 23:36:18
こんばんは〜
どなたからのコメントだったのかなぁっと思って飛んできたら、いつもありがとうございます!こちらのサイトでしたか☆

ララランド吹っ飛んでっちゃいましたか〜笑
私は一番好きな作品です。
良し悪しよりもう好きで決まります。
ドリームは私はあまりピンときませんでしたがいい映画でしたよね。
ホラー好きなので、ゲットアウトが今年は随所でクローズアップされ評価されてて嬉しい限りです。
今年もよろしくお願いします♪
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2018-01-08 23:49:16
『ゲット・アウト』の評価が高いですね~。
この作品を2017年の10本に選んでおられる方が結構いらっしゃることに、改めて見逃した悔しさが込み上げてきますよ。
 
 
 
こんばんは (ノラネコ)
2018-01-09 21:46:37
「ドリーム」過去から現在を映し出す素晴らしい作品でした。
数年前からのハリウッドのフェミニズムムーブメントは、昨年遂に全米興行トップ3が全て女性主役という快挙に結びついた訳ですが、一方で#MeTooの衝撃があったり、今年もジェンダーを扱った映画は熱そうですね。
今年もよろしくお願いします。
 
 
 
おっしゃる通りです (onscreen)
2018-01-10 00:43:47
ゴールデングローブでの黒衣装が話題になったり、この件は、話題に事欠かないですね。

こちらこそよろしくです!
 
 
 
お邪魔します☆ (kira)
2018-01-10 19:15:33
コチラのラインナップを観ると、如何にも拙ブログが幼くみえますデス(笑)

歳をとる程に、映画には楽しさを求めてしまい、
「ダンケルク」「メッセージ」は圏外になっちゃいましたから~
そんなブログですが、今年も宜しくお願いします♪
 
 
 
わかります! (onscreen)
2018-01-11 08:00:39
映画は楽しくなくちゃ、 ですよね!

私もそこは迷い迷い悩みに悩んで(笑)選んでいます。

今年もよろしくお願いします!
 
 
 
コメントありがとうございました。 (真紅)
2018-01-12 07:32:57
onscreenさん、こんにちは。
6位と10位は知らない映画です。
10位はこれから公開されるのですね。楽しみにしておきます。
GG賞やキネ旬ベストも発表され、オスカーまで楽しみが尽きませんね。
今後ともよろしくお願いします。
 
 
 
ベスト2017へのコメントありがとうございます (ALIQOUI filmしん)
2018-01-21 09:32:06
コメントありがとうございました
「ドリーム」見逃して一番悔しい映画でした
「ダンケルク」も「パターソン」も見逃してます

また今年もブログでよろしくお願いします

2017年映画マイベスト10 - 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ
http://blog.goo.ne.jp/studioyunfat/e/420ffbf671f5057920d291f3aed0a2d4
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2018-03-01 19:02:39
6位は短編ですが面白いですよ〜 DVDでどうぞ!

10位は公開中、ですかね?
 
 
 
Unknown (onscreen)
2018-03-01 19:03:59
しんさん、コメントありがとうございました!

DVDリリースもされたので、ぜひ3連発で楽しんでくださいませ(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集