日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

映画「ライトスタッフ」という、アメリカの宇宙開発時代を描いた傑作があった。

今作はその成功の陰で、人種差別に耐えつつ奮闘し、成果に寄与した3人女性たちを描く。

 

・ユダヤ人上司にほだされ、初の研究員資格権利を勝ち取ろうとする女性

・新しい技術を身につけることで、自らだけでなく周りの部下を救う女性

・そして打上げにおける最重要な精密な計算・計算式を編み出す女性

 

「ライトスタッフ」でいうと、その名場面の1つ、が全く違う形で再現される。

7人宇宙飛行士たちが延期続きの計画に対し、横一列でこちらに行進する名シーン。

ビル・コンティの勇壮な音楽が「俺たちはいつでも宇宙に行くぞ!」という意志を表現していた。

今作ではこのシーンをパロったシーンがあり、こちらはこちらで、強い意志が伝わってくる。

全く違う形で(笑)

 

 

他にもエリートな宇宙飛行士との出会い、そして決定的な信頼関係の構築が数度あって... 

ネタバレになるので、これ以上何も言えねえ!(笑)

名セリフが生まれ、それが先にいったところで切り返されていく構造も憎い。

1秒たりともカットできない、と2度目の観賞で感じた。

 

 

また面白い撮り方をした印象的なシーンも。

ずっと軋轢が生じていた、白人女性上司と 黒人部下と関係。

その2人初めて理解しあう?シーン。

このシーンの布石としてまず重要なのは、白人黒人別トイレの廃止。

それが劇中のある「気付き」から一気に白人黒人同居することになる。

そてこのシーンで超特徴的なシーンを生むのが、女子トイレの鏡。

ばったり会ったあと、会話がはじまるのだが、お互いの視線は鏡を通しての会話になる。

このカットの切り返しが印象的だった、

 

実は「ムーンライト」で助演男優賞を獲得、マハーシャラ・アリがこちらでも出演。

だけでなく、ジャネール・モネイも(こちらでは恋人関係ではない)

 

音楽の出来もすこぶる良く、ジャストなタイミングで、ベストのR & B 及びインストがいちいちツボに刺さってくる。

アカデミーで当然如く、音楽編集賞取ってるよね?(違う?)

あまりのノリの良さに、ラストクレジットを確認したら、作曲は何とファレル・ウイリアムズ!WOW! 

 

エンディングの、ゴスペルでこちらも最高ハイに!

結論:現状、今年のベスト1候補。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« 「アクセスさ... 映画:ハクソ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「ドリーム」:先人の苦労を知るべし (大江戸時夫の東京温度)
映画『ドリーム』を試写会で観ました。原題は“Hidden Figures”。数学
 
 
 
ドリーム (あーうぃ だにぇっと)
ドリーム@一ツ橋ホール
 
 
 
『ドリーム』 2017年9月15日 朝日ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ドリーム』 を試写かで鑑賞しました。 上映後にJAXA、NASAの人たちがトークをしたが、中身があまりなかった 【ストーリー】  1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っ......
 
 


 
編集 編集