日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

去年のリオ・オリンピックの直後、当ブログで紹介した作品。

 

<ひたすら素晴らしく、涙が止まらない(笑)

と、かなり絶賛した作品で、日本公開を楽しみにしていた。

そしたら何と… DVDスルー!

 

1/18(水)先行デジタル配信 ←最近こういうの、多くね?

2/  3(金)ブルーレイ&DVDリリース

 

 

プロットは基本 あの映画、「クール・ランニング」に近い。

ジャマイカ初のボブスレーチーム(実話= カルガリー1988)という、奇跡の感動物語だった。

 

さてこっちもしっかり実話。

同様に「不可能な夢」なはずの「オリンピック選手になること」を叶えたのは?!

 

イングランド人(何?!?!)

 

じゃどんな競技で?

 

スキージャンプ(何々何?!?!)

 

 

そんな人物が実在したのだ。

名前を マイケル・エドワーズ、別名「エディー・ザ・イーグル Eddie the Eagle」!

イギリス史上初のスキージャンプ オリンピック代表選手。

 

彼は実は、幼少期に足を悪くして、通常のスポーツさえままならなかった。

だが「いつか俺はオリンピアンに成る」と心に誓う。

じゃどんなスポーツで?! で発見したのがスキージャンプ!

バカにされつつ、競技団体、親の抵抗など あらゆる苦難を乗り越え何年もかけ、根性で遂に代表を座を勝ち取る。

そして、カルガリーオリンピック1988 でイギリス初、を実現した!

 

 

このエディの奮闘ぶりに 先に述べたとおり、当ブログは めっちゃ笑い、めっちゃ泣き、大感動した。 

 

主演のタロン・エガートン(キングスマン 写真:右)が 超ドジのおっちょこちょい男を好演。

後で知ったのだが、彼だけでなくキングスマン組は、製作にマシュー・ボーンが入っていた。

 だから面白かったのか!

 

そしてこのドジに救いの手を差し伸べるオリンピアンに、ヒュー・ジャックマン(写真:左)

「クール・ランニング」のコーチ、ジョン・キャンディ同様、業界からは嫌われ者で酒飲み。

彼をどう説得し、コーチしてもらうか?

頑張れエディ!

 

 

最後に、ちょっと一言。

こんなタイミングじゃなく、平昌オリンピック2018直前にプロモーションをきっちり行って公開した方が良かったのでは?!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« 映画:コンサ... 今晩放送! ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画評「イーグル・ジャンプ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年イギリス=ドイツ=アメリカ映画 監督デクスター・フレッチャー ネタバレあり
 
 


 
編集 編集