日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

 

当ブログにとり今、マックの何に関心があるかと即答で、オリンピック・スポンサー。

つい2ヶ月前、41年という長期にわたったスポンサードを中止。

ひとつの時代が終わった、を実感した。

 

とはいえ、41年間も世界最高のコンテンツを抑え君臨し続けた体力は凄い。

「食」というカテゴリーをある意味、支配してきたのだ!

 

 

この巨大チェーンの、まずはアメリカ制覇、を描くのがこの映画。

(そして世界制覇に至る)

 

場所は、カリフォルニア州南部、ハンバーガー店のオーナー、マクドナルド兄弟。

彼らは映画館、ホットドッグ店経営で苦労した末に、独自のノウハウを開発。

それは例えばこんなことだった。

・注文から30秒でお客に手渡す=バーガーもフライもフレッシュで美味しい!

・直ぐに割れちゃう皿を省き、バーガーを紙に包んでサーブし、簡略化。

・注文は自分でカウンターに並ぶ。手に入れてから何処で食べるかは自分の自由。

 

こうしてシステム化することで、店を少しずつ増やしていた。

 

 

そこに登場するのが主人公、レイ・クロック(マイケル・キートン:写真中央)

セールスマンとして、ミルクシェイクの製造機を売り回っていたところ、大型発注に出くわす。

カリフォルニア州南部の田舎からの大量発注がホントか確認するため、車でアメリカ横断。

そしてこの画期的なシステムを目撃。

いったんマクドナルド兄弟に断られるものの、しつこく食い下がり、フランチャイズ権を得る。

 

ここからレイ・クロックの猛烈営業が始まる………

 

 

しばらくはマクドナルド兄弟の判断に従っていたものの、転機が訪れる。

・原点だった?!はずのミルクシェイクのコスト削減策で味よりも効率を優先(!)

・フランチャイズ料だけでなく「土地」を抑えることで「そのシェア」が大きな力に(!)

アメリカ各地での成功を積み重ねるうちに、変わっていく主人公...

そして観客は、彼の「勤勉さ」が「強欲」化する瞬間を目撃する(!!!)

 

 

いつの間にか、第一号店はマクドナルド兄弟たちの店でなく、自分の店(笑)

「野心こそ人生の醍醐味」を標榜し、マクドナルド兄弟の追い落としにかかる。

正に「恩を仇で返す」状態。

 

 

ここで悟る。

ファウンダー The Founder ってタイトル、凄い皮肉!

 

 

結論:きれいごとだけでは済まない、急成長 McDonald’s の影にあった確執、はビリビリひりつくビジネスの闘い。

        今までマイケル・キートンのベストは「バードマン」かと思っていたが、これも相当いけてる!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 18 )



« いきなり大波... 読後評:THINK... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (エンターテイメント日誌 )
評価:A 原題はThe Founder、創立者のことである。ファストフード「マク
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (ネタバレ映画館)
関東のマックか?関西のマクドか?金にモノ言わせるなら“アクド”だな・・・
 
 
 
[映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・作品としては面白かった。 角川シネマは満席で、私、最前列に滑り込み、帰りには、次回上映の「SOLD OUT」が告知されているほどだった。 マクドナルドの誕生にまつわる「......
 
 
 
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 マクドナルドのセールスポイント (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『ウォルト・ディズニーの約束』などのジョン・リー・ハンコック。  マクドナルドのファウンダー(創業者)についての実話をもとにした物語。  『バードマン』『スポ......
 
 
 
ファウンダー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実に基づ......
 
 
 
ショートレビュー「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ彼は、1個15セントのハンバーガーで帝国を築くことが出来たのか? 異色のアメリカンドリームの展開に、目が離せない。 「マクドナルド」という店名が創業者兄弟の名前なのは......
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  監督/ジョン・リー・ハンコック (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  ニック・オファーマン  ジョン・キャロル・リンチ  ローラ・ダーン 【ストーリー】 1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52......
 
 
 
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE FOUNDERS)とても面白かったが、果たしてこういう映画を作って良いのかという疑問が渦巻く。少なくとも日本では絶対に映画会社から製作許可が下りず、企画段階どころ......
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ / The Founder (勝手に映画評)
実話に基づく作品。世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を、レイ・クロックがどの様にして作り上げていったのかを描いている。 事前にある程度知ってはいたけど、レ......
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (映画と本の『たんぽぽ館』)
本家VS元祖??? * * * * * * * * * * マクドナルド創業者レイ・クロックの実話を元にしたストーリー。 1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・......
 
 
 
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/フィルムネーション=ワインスタイン・カンパニー、他 配給:KADOKAWA 原題:The Founder監督:ジョン・リー・ハンコック脚本:ロバート・シーゲル製作:ドン・ハンドフ
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (セレンディピティ ダイアリー)
アメリカで生まれた世界最大のハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業物語を、マイケル・キートン主演で描きます。監督は「幸せの隠れ場所」(The Blind Side・2009)のジョン・リー・......
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎の......
 
 
 
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(The Founder)』ジョン・リー・ハンコック監督、マ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』The Founder監督 : ジョン・リー・ハンコック脚本 : ロバート・シーゲル出演 : マイケル・キートンローラ・ダーンニック・オファーマンジョン......
 
 
 
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER (銅版画制作の日々)
 英雄か。怪物か。 MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックと......
 
 
 
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:ゲスの極み男 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドを真の意味で創業し
 
 
 
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE FOUNDERS)とても面白かったが、果たしてこういう映画を作って良いのかという疑問が渦巻く。少なくとも日本では絶対に映画会社から製作許可が下りず、企画段階どころ......
 
 
 
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」The Founder (2016 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
もう30年以上も前の話。 マクドナルド千歳船橋店のバイトに採用されたわたしは、あれはどこだったかなあ、小田急線沿いのどこかで(ひょっとしたら西新宿だったかもしれない)、......
 
 


 
編集 編集