宮元皮膚科クリニックのブログ

毎日の診療の中で気づいたことや気になることを書いています。
皮膚病や肌のトラブルのさまざまなアドバイスをいたします。

手汗のトラブル

2019年07月15日 11時37分31秒 | 診断と治療
蒸し暑いうっとおしい梅雨が、ずっと続いていますね
遊びに行くにもためらう天気だし、仕事だってパワーが出にくい感じです。

こうしたおかしな気候のせいでしょうか。
帯状疱疹の患者さんがとても多いです
このところ、若い患者さんが目立っています。
以前は高齢者に多いとされていた疾患ですが、クリニックにはむしろ若い患者さんが多い印象です。
特にこのところ、20代の帯状疱疹が何人も受診されました。
おかしな気候の影響かもしれません。

さて。

おかしな気候の影響として、手汗のトラブルの患者さんが連日たくさんおみえになります。
お子様から大人まで、性別は関係なく受診されます。
手がかゆい。
手のひらの皮がむける。
指のまたに湿疹ができる。
指や手に水疱ができる。
こうした症状は、すべて、手汗のトラブルです。
梅雨が長引いているせいか、今年は特に多い印象ですね。

塗り薬やのみ薬を処方する場合があります。
かゆみが強い方には、紫外線の照射の治療もできます。

梅雨明けはいつになるんでしょう・・・

お気軽にご相談ください
この記事についてブログを書く
« 足のにおい | トップ | 夏の皮膚病 »

診断と治療」カテゴリの最新記事