赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

13.花の浮島 礼文を巡る

2019年05月22日 11時55分10秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
13.花の浮島 礼文を巡る


フェリーを下船するや否や宗谷バスに乗り込み礼文島の観光です。

車窓から見内神社、日食記念碑、


礼文高等学校、




標高490mの礼文岳登山口などを
見ながら、西上泊漁港でバスを降り澄海岬へと坂道を登ります。

集落の中にはホッケの干ものを吊るしている民家もあります。



小路の脇にある岩ばかりの斜面に白い花、黄色い花が固まって必死に花を咲かせています。


強風と厳寒の季節の間のほんの短い夏の間に、
花を咲かせ実を結び、次の代へ命を引き継ぐ姿が愛おしいですね。
コメント

12.船上から利尻富士を望む

2019年05月22日 06時43分21秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
12.船上から利尻富士を望む

稚内港を出港したサイブリア宗谷は、波穏やかな日本海を滑るように航行していきます。

霞の中に礼文島が見えまじめたころ、利尻島の利尻富士が凛とした姿で見えてきました。

まさに海に浮かんでいるような美しい山姿です。


カメラの望遠を使用すると雪を抱いた利尻富士を大きく大きく捉えることができました。

カメラとスマホを替えながら何回も何回もシャッター音を響かせました。

2時間弱の船旅でしたが、
フェリーはやがて礼文島 香深港(かふかこう)へゆっくりと入港接岸しました。


港裏手の山肌に、

「歓 ようこそ 礼文島へ 迎」とかかれた看板が、 我々を出迎えてくれました。
コメント

11.1番フェリーで礼文島へ

2019年05月21日 08時40分00秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
11.1番フェリーで礼文島へ

午前5時からホテルでバイキングの朝食を済ませて、
稚内港のハートランドフェリー乗り場へ急ぎます。
フェリーターミナルには


美しい利尻富士のパネルや



礼文アツモリソウのパネルが掲げられており

否応なく旅情をかき立てられます。

階段の壁には小学生たちが描いた令和の書が一杯掲げられています。

礼文島への一番フェリーには10団体ほどの予約が入っているようですが我々は先頭集団です。

我々の乗る サイブリア宗谷は
船名にはアツモリソウの学名を、船体は北海道最北端の鮮やかな朝焼け夕焼けを茜色で表現しているそうです。
3555トン、定員550名

定刻6:30分 稚内港を離れて礼文島へ向かいました
コメント

稚内市のマンホール

2019年05月21日 06時19分51秒 | マンホール
10.稚内のマンホール


利尻富士を背景に、樺太犬の「タロ・ジロ」の兄弟犬と、
稚内港のシンボル北海道遺産「北防波堤ドーム」が描かれている。



稚内 道の駅スタンプ
コメント

8.夕陽を眺めに 北防波堤ドームへ急ぐ

2019年05月20日 09時48分48秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
8.夕陽を眺めに 北防波堤ドームへ急ぐ



天北の湯ドーミーイン稚内へチェックインするや否や,
急いで夕日を眺めるために、



北海道遺産 稚内港北防波堤ドームへ急ぎましたが、
残念! 
日没の時間には間に合ったんですがロケーションが悪く、茜色の空を見ただけでした。

北海道遺産 稚内港北防波堤ドームは、
北海道と樺太を結ぶ鉄道連絡船の桟橋を利用する乗客の便宜のために作られたもので、
古代ギリシア建築を彷彿とさせる70本のエンタシス状の柱列群は港施設にはそぐわないぐらい立派な
美しさを感じさせます。


終着駅稚内駅もすぐ近くにありました。
コメント

7.380㎞走って、ようやく稚内へ

2019年05月20日 06時42分28秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
7.380㎞走って、ようやく稚内へ


ツアーバスは、道の駅にしん街道を出て
日本海オロロンラインを走りながら左に天売島・焼尻島を望み、



右手に風力発電の風車群を眺めながら



道の駅てしお でもう一度休憩をはさみ、日本のてっぺん稚内市へやって来ました。


夕陽に霞むように利尻島が大きくなってきました。
コメント

6.日本海オロロンラインを北上

2019年05月19日 09時30分13秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
6.日本海オロロンラインを北上

留萌から日本海沿いを走るルート231号線を北上します。
日本海オロロンラインと呼ばれている国道です。
国道沿いにはペンギンによく似たオロロン鳥の
巨大像が建てられています。
かっては天売島に多く棲んでいたオロロン鳥(ウミガラスの別名)に因んで名付けられたものですが、
今は数羽しか生息していないようです。


オロロンラインをしばらく走って、にしん街道(道の駅)でトイレ休憩です。
かってこの地方はにしん漁で栄えて地区で、


「ニシン街道」には、国の重要文化財指定を受けている「旧花田家番屋」が遺され有料で公開されています。

道の駅の方にも、


最盛期には500人以上の雇い人がいたといわれる番屋の親方の部屋などが再現され
往時の活気を今に伝えています。


海岸沿いには、
三船遭難慰霊の碑が建てられていました。
太平洋戦争末期日本の緊急疎開船3隻(小笠原丸、第二号新興丸、泰東丸)がソ連軍からの攻撃を受け、
小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった慰霊の碑です



北海道の名付け親
松浦武四郎像
コメント

5.道央自動車道を稚内目指して!

2019年05月19日 06時30分59秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
5.道央自動車道を稚内目指して!

ツアーバスは福岡からの5名を加えて、新千歳空港から道央自動車道を北上します。

宗谷地方を基盤とする宗谷バス会社の、ベテランガイドのユーモアたっぷりの説明に、
聞きほれながら車窓を楽しみます。

この時期だけ楽しむことができる春紅葉の風景を
何度も何度も繰り返し説明してくれました。
「春の短い新緑時期にだけ起きる自然現象で、山々の新緑の中に赤や黄色に色づいた木々が
混じり合った情景を「春紅葉」[はるこうよう]と呼んでいるそうです」

バスは江別、岩見沢・夕張を見やりながら砂川ハイウエーオアシスでトイレ休憩です。
お城のような建物です。

北海道に数ある
スイーツ店の一つ北菓楼が本店を置くところです。

北菓楼といえば、バームクーヘン、開拓おかきが有名ですが、ガイドさんのおすすめとして
シュークリームを上げていました。
みなさん競って特大シュークリームを賞味していました。


北海道では西洋たんぽぽが至る所で繁殖しています
コメント

4.天丼てんや 新千歳空港店でランチ

2019年05月18日 10時25分03秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
4.天丼てんや 新千歳空港店でランチ

福岡からの参加者を迎え入れるため再び新千歳空港へやって来ました。
昼食には少し早い時間でしたが、
目の前にあった全国展開している 天丼てんや に入りました。


天ぷら 天丼、うどん蕎麦など多彩なメニューがありましたが、
天丼をオーダーしてみました。
素早く出てきましたが、ホカホカパリパリの天ぷらが盛沢山に載っています。
記憶では えび・イカ・かぼちゃ・白身さかな・マイタケ・オクラなどが載っていました。

味噌汁とお替り自由のご飯が付いて720円です、
ご飯も天ぷらも美味しいです。
天ぷら専門店に引けを取らないぐらいですね

これで720円とは申し訳ないような気持にもなりましたが、
食べ終えてから、
店内を見渡すと サクサク 540円 と大きく書かれたメニューが掲げられています。
え~まだ安い天丼があったんですね。

ファーストフード店の天丼に満足してバスに乗り込み稚内へ向かいます。
コメント

3.えこりん村で時間調整

2019年05月18日 06時22分21秒 | 春の利尻島・礼文島スペシャル
3.えこりん村で時間調整

阪急トラピックス企画の 春の利尻島・礼文島スペシャル4日間は、
福岡支店との共催の様でして、時間待ちの為 恵庭市のテーマパークえこりん村へ向かいました。



ここはびっくりドンキーが経営する牧場テーマパークですがまだ肌寒りこの季節
アルパカや羊達もまだ国内で過ごしているようです。

あ、 遠くに一群れだけ見ることができます。

このテーマパークの売り物、世界一のトマトの森へ行ってみました。
毎年一粒の種から1地満数千個の実を結ぶということで、
世界一大きなトマトの樹として認定されているそうです。

温室で水耕栽培されいますね。

売店には可愛らしいアルパカや羊のぬいぐるみが売られていました。
アルパカと羊の毛の触り心地が比較できるように置いてありました


アルパカの毛の方が断然柔らかく、暖かいですね。

コメント