赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

14.早朝ゴンドラで大パノラマを眺める

2012年08月21日 06時50分10秒 | 海外旅日記

2012.8.5(日)

14.早朝ゴンドラで大パノラマを眺める
御前様になってからも続々と、

このリゾートホテルに到着 宿泊したバスは55台だったそうだ。
この宿泊者へのサービスだろうか、

前森山へのゴンドラ

普段は9:00から営業のようだが、今朝は7:00から
始動すると言うのでロビーで割引券を貰って外に出てみる。



我々が泊まっているは
前森山の麓に周囲の緑にマッチするような素敵な
レモンイエローのホテルだ。
周囲にはスキー場、ゴルフ場など大規模な娯楽施設が並んでいる。
天候は霧が出て山の上の方はかすんで見えない位だ。
これでは1100円支払って登っても無駄かな?と思ったが・・・・
ゴンドラに乗った。

乗車時間15分の半分ほど過ぎたころ、雲を突き抜け快晴になった。
パーカーを着て、傘を持ったのに
帽子を忘れてきたのが悔やまれるぐらいになった。



1305mの頂上から見る大パノラマは素晴らしかった。


岩手山が見事な雄姿をすべて見せてくれた。



生憎雲で下界は全く見えないが、雲海に浮かぶ山々を見晴るかすパノラマは
もっと高い山に登ったような光景に見えた。



コメント

12.上海料理を食べて午後は、首都博物館へ

2011年11月30日 14時10分41秒 | 海外旅日記





今回のツアーで一緒に旅した面々は、旅マニアの方たちで疲れも知らず、食欲も旺盛、
僕が写真を撮る前に食べられてしまう。


いつもはこんなことはないのですがね~
今回の料理は美味しかったと言うこともあるかもしれません。
ホテルの料理はもちろん、レストランの中華料理も大変おいしかった。
殆どで完食したほどだ。


今日の
昼食の上海料理も美味しくいただいた。
遠慮しているとなくなってしまうぐらいだ。


午後は首都博物館へ、
2006年に開館した大規模な博物館です。


円錐形の建物と長方体の建物をつなげた5階建ての大きな博物館で、北京の風俗や歴史をジオラマを使って展

示しており、




胡同を再現した実物大のセットなどもあり、北京についての歴史的知識を簡単に得ることができた。





この博物館予約が必要のようだが、入場料は無料だ。
このツアーではガイドさんのコーヒーブレークタイムみたいなもので、我々だけで2時間ほど見てきてくださ

いと言うものだ。
縛られるのが嫌な人は良いかもしれないが、僕は説明してもらわないとよくわからない。
こんな膨大な空間、分からないだけで歩いていると疲れてしまう。
ポイントだけでも説明してほしいね
コメント

20.インチョン空港で韓国伝統芸

2010年11月22日 05時22分06秒 | 海外旅日記
20.インチョン空港で韓国伝統芸

搭乗手続きを済ませて、免税店やお土産店をブラブラしていたら、
韓国伝統芸能を紹介しているブースで伝統楽器の演奏があるというので椅子に座って待った。

チマチョゴリの3名のアガシが代わる代わる伝統的な音色を奏でてくれた。
画像


聞いている人は5名ほど気の毒になってくるほどだ。
インチョウ空港の旅客ターミナルが広くてキレイで店舗も多く見ごたえがする。

一昨年から国内2航空以外の海外航空会社はもう1本のターミナルから入出国だが、
こちらの方が充実しているからもう少し見学してから移動しようと歩いていたら、王朝時代の衣装の一団がターミナルを歩いてきた。
旅行者への観光サービスだろう、早速カメラを向けながら着いて回った。

画像


あるところまで来たら旅行者とのカメラ撮影に応じていた。
やはり一番人気は王様とお妃のお二人だったね。
搭乗の時間が近付いてきたので、階下に降りて専用のシャトルレーンに乗って
118番搭乗口へ急いだ。


 NH942便は定刻18:35分に 仁川国際空港を離陸、帰国の途へ着いた。

アンニョンイ ケセヨ!
サヨナラ ソウル また来ますね
コメント

19.景福宮キョンボックン

2010年11月21日 06時19分54秒 | 海外旅日記
19.景福宮キョンボックン

最後の見学地 キョンボックンに近づくにつれ車が増え、
中でも圧倒的なバスの群れに驚くばかりだ。
地方から小中学生や幼稚園児が見学に来ている様だ。

画像

並みの運転では何時間も待たなくてはいけないだろうと思っていたら、
わがバスの運転手さんあっと言う間に割り込んでしまった。

勿論日本ではありえない技だが、私たちは大拍手を贈ったほどだ。

宮殿の正門にあった、朝鮮総督府の建物も取り払われ、光化門の移動復元も完成して、
古の朝鮮王朝の姿に戻った。
画像


幼稚園児から小中学生たちも自国の歴史を学んでいたのでしょね。
私たちもガイドから説明を受けながら宮殿内を見学して廻った。

今回の旅行はこれでスケジュールを終える。
ANA 18.35分発、中部国際空港行き、に間に合わせるようにインチョン空港へ向かう。

コメント

1.世界遺産 朝鮮王朝古墳群

2010年11月20日 06時43分22秒 | 海外旅日記
1.世界遺産 朝鮮王朝古墳群

世界遺産朝鮮王陵のひとつ宣陵・靖陵を見る。
ここは昨年も1人で入った公園だから勝手を知った場所だ。
画像


宣陵は朝鮮王朝9代目の王(成宗)の墓で、
靖陵は、韓国ドラマ「チャングムの誓い」で知られた朝鮮王朝11代目の王(中宗)の墓、
そして成宗の3番目の側室であり中宗の母の3つの墓がある。

都心の喧騒の中に、こんなに静かで緑の多い場所が保たれていたんですね。ゆっくりと説明を受けながら散策する

シーラ免税店に立ち寄った後、


画像

韓国最後の昼食を食べる。
画像

最初はスンドウフチゲが予定されていたようだが、チゲはもう何回も食べたから、飽きた!
と言って全員がビビンバに変えてもらった。
今度は都会のビビンバを食べてソウル最後の食事を堪能した

隣りの席には、兵庫県農業大学校の生徒たちが農業研修に来たといって食事をしていた、
先生に、韓国の農業は進んでいるのですか? と聞いてみたら・・
日本と韓国は、抜いたり抜かれたりの競争状態だそうですね。
知らないうちにどの分野も韓国とはサッカーのようになっているのですね。

コメント

17.キャピタルホテルの日の出

2010年11月19日 06時56分43秒 | 海外旅日記
17.キャピタルホテルの日の出

2010.10.28(木)

昨夜はNANTAを観劇しての帰途、タクシーでホテルへ帰った。
明洞に行く時に乗ったタクシー料金の3倍も請求された。

ピッサヨ! 
ノム ピッサヨ!
と頑張ったが、怖そうなアジョシに、請求されただけ支払った。
金額にすれば大した額ではないが、韓国に対するイメージが少し崩れていくような感じだ。

太陽が昇りだした。
画像

丁度このホテルからも朝陽を見ることが出来た。
ここでも、赤い太陽にキッスだ!
マンセイーと声をあげた。

朝食は外へ出ようと思っていたが、ロビーに下りて気がかわり、
ホテルのバイキングで朝食を取る。

画像

17000ウオンにサービス料が付け加わったが、
美味しいバイキング料理だったね

満足!
画像
コメント

16.世界のNANTAを観劇

2010年11月18日 06時10分28秒 | 海外旅日記
16.世界のNANTAを観劇

荷物はガイドさんにお願いして、イデオンのキャピタルホテルへ入れておいて貰う。
一人タクシーで明洞のNANTA劇場へ向かう。
画像


明洞の入り口でタクシーを下ろされたが、劇場が分らずウロウロする。
明洞の人の流れは並外れて多い、劇場は3階だと聞いていたから上を見上げているから、
何回も何回も人にぶつかる始末だ。
ようやく見つけて劇場にたどり着くとたくさんの人たちが待っている。
聞いてみると、千葉だ、町田だ、新潟だと殆んど日本人みたいだ。


VIP席を購入してあるから安心していたが、案内された席は舞台から8列目、なんだ!
こんなところまでVIP席なんだ!
画像


NANTAはせりふが殆んどないパフォーマンスだけの舞台です。
料理人4人とマスター1人のてんやわんや劇、
セリフが無い劇だから世界の誰でも楽しめる。

ナンタとはどう言う意味か知らないが何でも叩いてしまう。
確かに、太鼓技術? 叩く技は抜群だし、観客を巻き込んで
ユウモアで笑いを誘う技術はすごいと思うが・・・・
画像


僕としては再び見たいとは思わない。
舞台は野菜の切り屑で一杯、観客に投げ込んだボール、劇場はかなり沸いていたが・・・・
1人盛り上がらなかった日本人は僕だけだろうか?
コメント

15.チョンゲチョンを散策後 夕食は海鮮鍋

2010年11月17日 05時42分57秒 | 海外旅日記
15.チョンゲチョンを散策後 夕食は海鮮鍋

現在の李明博大統領が、
ソウル市長時代に古くなった高速道路を取り払って、昔流れていた小川のせせらぎを復活させた。
画像


そのチョンゲチョンを歩いてみた。
夕方が近く通り過ぎる風が寒々しいが、散策に、観光に多くの人々が歩いている。
中には、時代物の衣装を着て観光客に説明をして居る方に出会った。

サジヌル チゴド ケンチャナヨ? 

ケンチャナヨ!と言ってポーズをとってくれた。

画像


そして、一緒に観光をどうですか?と誘ってくれた。

一緒に観光したかったが、時間が限られていたし、チョンゲチョンの河畔にリンゴの木が植えてあり

、実っているかもしれないと先を急いだ。

リンゴの樹はあったが手入れが悪いのか、実をつけるほどの立派な樹には育っていないようだ。
時間が気になったので、急いで路上に昇ると、2頭の馬車が客待ちをしていた。

画像


夕食を急いでとることにする。NANTAの夜の公演を見る予定だ。
夕食は海老・蟹・魚などの入った海鮮鍋だ。

コメント

14.南山公園の紅葉を見る

2010年11月16日 05時33分33秒 | 海外旅日記
14.南山公園の紅葉を見る

ソウルの紅葉のメッカ南山公園を散策する。
古に初めて韓国へ来て見た所がこの南山公園だったが、
ここから市内を見晴るかしたのを今でも憶えている。
Nソウルタワーが美しく聳えている。

画像

伊藤博文に爆弾を投げつけて死刑にされた安重根の大きな像が新たに建てられていた。
背後には安重根記念会館も新築されている。
黄金の銅像は
韓国では特別な英雄なんだろうね。
画像


南山の麓に、昔の貴族の屋敷や一般の伝統的家屋を集めて作られている
南山コル韓屋マウルを見学する。
女性が声をかけてきた。
日本語を勉強していて話がしたかったそうだ。
ほんの少しだけお話をして写真を撮ってあげた。
メールを下さればお送りしますよといって名刺を渡した。

コメント

13.冬ソナのチユンチョンへ向かう

2010年11月15日 06時05分24秒 | 海外旅日記
13.冬ソナのチユンチョンへ向かう

ソクチョから冬ソナで有名になった春川まで3時間ほどバスで走る。
休憩所で栗を買ってみた。
剥き栗だったがあまり美味しくなかった。
画像


春川 ナミソム 遊園地駐車場入り口のレストランで春川名物 マッククスを食べる。
そば粉で作った冷麺で非常に美味しい買ったが、徐々に身体が冷えてきて震えだしてきた。


隣りのテーブルで、これも春川名物のタッカルビーを食べているカップルが羨ましくなってきた。
春川では冬にもこのつめいたい冷麺を好んで食べるらしいが、
部屋をあたたかして食べないと美味しくないですね。
画像


食べた後、あまりの寒さに自販機でホット珈琲を買って飲み、一息ついた。
紙コップ 1杯 100ウオンなんですよ。
 安い!安い!
甘くて僕のは持って来いの珈琲だ。
画像

再び1時間ほど走ってソウルへ入ってきた。
コメント