赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

知床ウトロのマンホール

2018年05月21日 06時46分46秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
知床ウトロ



町の木ミズナラ。
町の花ハマナス、町の鳥オジロワシ、知床半島に熊
コメント

阿寒湖のマンホール 3

2018年05月20日 06時45分10秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
5.スズランと丹頂



コメント

阿寒湖のマンホール 2

2018年05月19日 06時43分02秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
3.旧・阿寒町の「町の花」に指定されていたスズランがデザインされています。



4.「マリモ」と「丹頂鶴」が描かれた

コメント

阿寒湖のマンホール

2018年05月18日 06時37分33秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
阿寒湖マンホール

1.現在は釧路市ですが、
旧・阿寒町の「町の木」エゾヤマザクラと阿寒湖遊覧船が描かれた





2.雄阿寒岳と阿寒湖遊覧船、そして「MY TOWN AKAN」の文字


コメント

36.回転すしで夕食

2018年05月17日 06時33分32秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
36.回転すしで夕食

すべての観光を終え新千歳空港へ帰ってきました。
4日間のバス走行距離は925kmです。
北海道は広いですね。
観光している時間よりもバスに乗っている時間の方が圧倒的に長いです。
旅の最後はいつもお寿司で締めくくりますが今日も、



函館グルメ寿司 函たろうで夕食をとりました。
函たろうのお寿司は、
空港にしては手頃で美味しかったです。



食べたのは5時すぎごろでしたが
時間によっては混雑しそうですね。


JAL3118便は
新千歳空港 を19:15分離陸
中部国際空港へは定刻21:00より少し遅れて到着しました。
中部空港の天候は晴れ北海道、
道東地方を巡った旅も幕を閉じました。
おわり
コメント

35.トマトの森では

2018年05月16日 06時31分40秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
35.トマトの森では

水耕栽培で
1株から13,000個以上を実らせることができるそうです。


サクランボかりんごのようにトマトが実っていました。
まるでトマトの木ですね。

上からも見ることができました。
まさにトマトの森です。
コメント

34.えこりん村

2018年05月15日 06時29分12秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
34.えこりん村

再び道東自動車道に乗り、



星野リゾートトマムの高層ホテルを眺めながら雨の中をバスは
走り続けます。

由仁PAで我々がトイレ休憩をしている間にバスも食事(燃料)補給に行ってきたようです。
休憩後バスは千歳恵庭JCTから恵庭ICで自動車道を降りて最後の観光地えこりん村へやってきました。


びっくりドンキーが運営するテーマパークで広大な敷地にアルパカや600頭の羊、
リャマなどが放牧されている
緑の牧場や30のテーマガーデンがある「銀河庭園」、とまとの森などがあります。
入園するやいなや羊への餌やりを体験しました。


ニュジーランド生まれの牧羊犬
コメント

33.十勝亭で豚丼を

2018年05月14日 06時27分29秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
33.十勝亭で豚丼を

足寄から道東自動車道に入り、新千歳方面へ走ります。
雨脚は衰えず本格的な雨となってしまいました。
十勝清水ICで道東自動車道を一旦降りて
日勝峠にある十勝亭で昼食です。

十勝といえば豚丼!です。
豚丼を食べました。
豚丼に、山わさび、香の物、特製そば付きです。




デザートにシホンケーキと牡丹餅もついています。
薄めの豚肉でしたが甘辛いタレが美味でした。

お土産特産品売り場に木彫り製品1350000や


熊の敷物680000が売られていました。
コメント

32.松山千春の出身地 足寄で

2018年05月13日 09時25分16秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
32.松山千春の出身地 足寄で

10:00というツアー旅行では珍しく遅くホテルをチェックアウト、阿寒湖を後にしました。
国道143号線をしばらく走って ドライブイン ワイン&チーズ あしょろ庵でトイレ休憩を取りました。


足寄には あしょろ銀河ホール21という立派な道の駅を通り過ごしてのあしょろ庵です。
あしょろ出身の松山千春さんの親族が経営するドライブインのようです。



ワインやチーズの試飲試食ができ、ちーまんという松山千春に因んだ蕗粉で作った饅頭が売られていました。
ドライブインの隣接して松山千春コーナーがあり、若き日の千春さんの写真や
オートバイなどが展示されていました。

十勝毎日新聞のことを略して「かちまい」と呼んでいるようですね。
十勝の記念にかちまい 120円 販売していました。

3日間天候には恵まれましたが、旅の最後が近づきついに雨が降り出してきました。

コメント

31.幸せを呼ぶ小人コロポックル

2018年05月13日 06時23分15秒 | 新春旅の福袋5つ星の宿デラックスミステリーツアー
31.幸せを呼ぶ小人コロポックル

アイヌコタンへの街角に幸運のベンチが置かれていました。
アイヌの人たちの小さな神様、コロボックルが置かれたベンチです。

白湯川に架かる橋の欄干にもコロボックルが飾られています。
仙人のような老人の姿です。


コロボックルとは、
北海道アイヌの伝説に出てくる
幸福を運ぶ蕗の下に住む小さな神様で、年齢は286歳ぐらい、
人間の10倍ぐらいの力があり、動きがすばやく、漁に巧みであった
コメント