赤い太陽にキッス! 

旅日記、旬の花をパチリ!
ランチあちこち、スウィーツ大好きも書きます。
そうそう、 朝一番の太陽にキッスも・・・

17.中国東方航空また遅延

2012年06月30日 17時07分51秒 | デジカメ旅日記
17.中国東方航空また遅延




空港へ行くまでに、時間的な余裕が出来たからどこかへ寄ろうということになった。
雨も本格的に降りだしてきた。
万博の中国館が良いなあ~!との声がでた。
バスの運転手さんが言うには今はもう閉まっているようだとのこと、
では新天地へ行こう!
雨の中、傘をさして散策した。


新天地とは
中国共産党の設立会議である中共一大会議の会址とその記念館を外から見ただけの散策だった。




空港ではタップリの時間があったが、出発便が来る時と同じように、





到着便の遅れで、出発もまたまた遅れて、セントレアに到着したのは22:00を過ぎていた。
世界最新の繊維機械展と発展する上海を垣間見た3日間は
此処で幕を閉じた。













コメント

16.100元ショップ 上海仙楽禮品

2012年06月30日 12時05分23秒 | デジカメ旅日記
16.100元ショップ 上海仙楽禮品

日本の100円ショップからからヒントを得て、

もともとは、石の工芸を専門天から模様替えしたそうだ。



Tシャツ、装飾品、工芸品、お茶、お茶菓子、置物、何でも100元で販売しているが、
100元は、だいたい1400円ぐらい、これでは結構高いですね。
50元ショップはほかにあるそうだが、






中国でこそ100円ショップを開店したら良さそうに思えますよね。
キチンとしたお土産を持っていくにはここの包装では気に入りません。
余りお客さんは入っていなかったですね。
コメント

早朝 茅の輪くぐりをしてきました

2012年06月30日 10時03分29秒 | おもしろ瓦版
● 早朝 茅の輪くぐりをしてきました




早朝亀崎県社にて、

茅草で作られた大きな輪をくぐると疫病や罪が祓われるとされる茅の輪くぐりで、

お詣りをしてきました。



コメント

15.耕月人会館で中国の茶のプレゼンを受ける

2012年06月30日 08時01分42秒 | デジカメ旅日記
15.耕月人会館で中国の茶のプレゼンを受ける


茶葉文化展覧館
赤い制服の小娘からお茶の入れ方、飲み方を教わりながら





ウーロン茶、ジャスミン茶、一葉茶、8年物ロンジン茶を飲ませてもらう。
これも販売のためのプレゼンテーションなんですね。
ランジン茶の年代物がディスプレイされていた。



ツアー旅行でも無いのに、お土産屋を2か所も指定してくるのは
御上の指示なんでしょうね?

コメント

14.鼎泰豊の飲茶でランチ

2012年06月29日 16時58分27秒 | デジカメ旅日記
14.鼎泰豊の飲茶でランチ


昼食は鼎泰豊の小龍包を食べる。


豫園で小籠包と言えば、南翔饅頭店が有名ですがここは長蛇の列で、
簡単には食べれそうにもありませんね。
鼎泰豊の小龍包は台湾でも食べたことがあるが大好きです。







店に入ると壁には台湾スターのサインと似顔絵が壁いっぱいに描かれていた。
総べてカメラに納めてきた。



金魚のケースが置かれていたが、日本では見られないぐらいたくさんの金魚が入れられていた。
これは何か意味があるのでしょうね?


初めにチョット濃厚な中華スープが運ばれてきて、次から次へと小龍包、シュウマイ、肉まん
炒飯が出てきた。
やはり初めに出てきた小龍包が一番美味しかった。




デザートはオプションで杏仁豆腐を貰った。

チョット量的には物足りないかな?と思えるぐらいだが
満足!満足!
次は
南翔饅頭店の小龍包も食べて比較してみたいなあ~














コメント

13.上海2大観光スポット豫園を歩く

2012年06月29日 07時56分31秒 | デジカメ旅日記
13.上海2大観光スポット豫園を歩く

豫園(よえん)は何時来ても人の群れが絶えない観光地だ。
一役人が父親のために造ったと言う明代の優れた庭園で、
18年の歳月を費やし完成した時には
父親は亡くなっていたそうだ。



ガイドの説明を受け乍ら園内をめぐる。

豫園の「豫」は愉を示し、すなわち「楽しい園」という意味だそうだ。
特別大きな庭園ではないが
楽しい園には間違いない美しい庭園ですね。


豫園を取り巻く様に出来ている豫園商城は、多くの商店が軒を並べる
街で、建物や売り物を見ているだけでも楽しい。
街頭で見たこともないような果物?を売っていた。
ドリアンの親分みたいなものだね。



なんという名前か聞くことができなかった

帰国後調べたらトロピカルフルーツで
ジャックフルーツと言い、
世界最大の果実だそうです。
コメント

12.玉仏寺には2体の玉仏が安置されている

2012年06月28日 16時52分44秒 | デジカメ旅日記
2012.6.17(日)曇小雨


12.玉仏寺には2体の玉仏が安置されている





街中に、

黄色の土壁に囲まれた典型的な宋代宮殿様式の禅寺 玉仏寺があった。
線香の煙がもうもうと立ちのぼる中、

参詣者は
膝をついて、手のひらを上に両手を差し出すようにお詣りしている。


願い事を
仏様に託すのはどの国でも同じなんでしょうね。
でもこのお寺の中の仏様像は何体あるのでしょう!
すごくたくさんいらっしゃるようですね。


玉仏寺には、一つの玉で作った玉仏座像、玉仏涅槃像が安置されていたが、
撮影禁止だった。


玉仏座像は特に美しかった。

写真で見たときは小さなものかなと思ったが、195cmもある大きな坐像だった。
涅槃像の方は信者が寄進したイミテーション?の玉仏涅槃像が別に祀られていた。


これは撮影はOKだった。
コメント

美味しい美味しい友人が作ったプラム

2012年06月28日 12時48分27秒 | うまいもの情報
■ 美味しい美味しい友人が作ったプラム

友人が丹精込めて栽培したプラムを頂いた。
家の中に持ち込んだだけで、もう甘い香りが満ち満ちてくる。





洗ってかぶり付いてみると甘くて酸っぱさもあって美味しい。
お礼の電話をしたら今年は小振りで、もう少し置いておきたかったが・・・
と謙遜していたが。


掛け値なしに美味しいです。

コメント

11.上海雑技団のヌーベルバーグ

2012年06月28日 06時45分38秒 | デジカメ旅日記
11.上海雑技団のヌーベルバーグ

上海にはスリル満点の雑技劇場が複数あるが、最近登場したばかりの新しい劇場へ行った。



カナダの新サーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」を手がけるビジュアルディレクターが関わる
「鏡界(カレイド)」が演じられていた。





今までの雑技の技を取り入れながら、
衣装や舞台デザイン、証明音楽などもマルチメディアを駆使したハイパー雑技に
仕立てあげられていた。
一つ一つ息をつめて鑑賞するこれまでの雑技と違い、
一つの舞台ストリーとして楽しむことができますね。

最初の内、失敗を幾つか繰り返していたが、人間性を感じて苦にはならなかった。

しかしこの舞台は、まだ馴染みが薄いのか空席が目立っていた。


僕としては在来の雑技か、ヌーベル雑技か、どちらを取るか迷うところです。

撮影禁止だった

VIP席580元だったが、半額で入場させてもらった



コメント

10.今宵は船で会いましょう!

2012年06月27日 16時52分21秒 | デジカメ旅日記
10.今宵は船で会いましょう!
海龙海鲜舫(海龍海鮮船)

まるで港に浮かぶホテルかと思えるような巨大な屋形船,

レストラン海龍海鮮船で上海料理を食べる。







浦東観光の新しいシンボルになろうとしていて、結婚披露宴が行われているのか、花嫁さんがいた。



上海料理を食べながら談笑していたら、レストランの従業員がテレビスイッチをオンにした。
何かな?と見ていたら・・・・
中国有人宇宙船ロケットの発射時間が迫っていたのだ。
女性が1人、男性2人が乗り込んだ宇宙船の内部や発射指令室、発射台
乗組員家族の表情などをライブで放送していた。
自信があるのだろう!
他国のことだから我々は冷やかし半分で見ていたが、従業員たちは

真剣なまなざしで見つめていた。
噴煙に包まれてロケットは発射され、数分後成功を祝っていた。





聞くところによれば、

有人飛行は世界でアメリカ、ロシアについて3番目、そして12日間宇宙に滞空するそうだ。
特に女性宇宙飛行士は貧農の出身ながら、学校の成績はすべてトップで、
空軍に入り、同僚のエリートと結婚しているそうだ。
中国では大ニュースだそうだが、日本では3日遅れの古新聞ニュースとして報道されましたね







コメント