家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。アンテナ工事 エアコン工事 電気工事                     

横浜市瀬谷区 UBSアンテナ工事

2022-06-06 21:12:36 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

横浜市のリフォーム会社様のお仕事で、瀬谷区にアンテナ工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

先月に下見にお邪魔していましたので、ごあいさつの後早速屋根上の作業にかからせていただきました。

 

 

もともとはBSアンテナの追加取り付けというお話でしたが、このアンテナマストに追加取り付けするのは
ちょっと厳しい感じでした。

 

BSアンテナを付けて数年で立て替えることになってしまったらもったいないですし。。

不要なアンテナが付いたままなのも気にされておいででしたので、この際立て替えしてしまった方が
メリットが大きいと思います。

 

ということでサクサク進めていきまして、UHアンテナのみで立ちました。

 

これで完成です。

BSアンテナと地デジは混合せずに、それぞれ別系統で宅内に入っています。

ベランダにBS用の同軸が出ていたのではそこに繋ぎ、地デジの方は「そのままで良い」
ということでしたので交換しませんが…

 

このつなぎの部分だけは直させていただきました。

同軸の内部に水が浸入していましたが、(ブースター用の)電源が通るわけでもないので、

電蝕で断線したりすることはないでしょう。

 

宅内のテレビ端子も地デジ用とBS用に分かれていたので、情報ボックス内で分波器を付けて
完了となりました。 

(UBSブースターは情報ボックス内に設置されていたものを再使用です。)

 

ご依頼ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市旭区 地デジアンテナ工事

2022-01-21 00:34:04 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

賃貸物件へのアンテナ工事をご依頼いただき、横浜市旭区にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

屋根の上に立てるのは避けてデザインアンテナか屋根裏への設置をご依頼いただいてたのですが・・・

 

屋根裏への点検口はリフォームの際に塞がれているのと、デザインアンテナでは設置する高さが稼げないので、
魚の骨型のアンテナを壁面金具で取り付けさせていただきます。

 

 

スカイツリー波受信なんですが、直接波を受けようとすると屋根上に立てるしかありません。

屋根上はどうしても避けたいとのご希望なので、ローバンド用のアンテナで利得を少しでも稼いでの
反射波受信です。

築浅のマンションからの反射波みたいなので、余程のことが無ければ途切れることはないと思うのですが
リスク的な部分はお客様にご説明させていただきました。

 

 

壁面金具を留めるビスには、いつものようにコーキング材を絡ませて防水しておきます。

 

高さの微調整が必要なので、上段の金具を先に付けて向きと高さを合わせておき・・・

 

 

こんな感じに完成しました。

あとは建物の反対側までひたすら配線していきます。

 

分配器が天井裏にあったとしたら見つけられないな…と思っていたんですが、
点検できるところに設置されていて一安心です。

 

 

賃貸物件なので入居者さんにわかるように、たまたま車に積んであったテプラでラベルを貼ってみました。

 

MXが一応映っていますが、いつ映らなくなってもおかしくない数値なので・・・

 

これで入居者さんをお迎えする準備ができました。^^

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市旭区 デザインアンテナとBS4k 配線引き直しで

2020-12-20 23:42:52 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

ホームページからご依頼いただきアンテナ工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

以前は共同アンテナや光のテレビサービスでご覧になっていたそうです。

今回アンテナに切り替えますが、もともとの配線は残しておいて2部屋に新規配線することになりました。

外壁に沿っての露出配線ですが、できるだけ目立ちにくいように取り回します。

地デジのアンテナは屋根上だと不安ということでベランダにデザインアンテナを。

BSはもともとついていた金具(以前BSアンテナがついていた名残)を再利用します。

 

デザインアンテナはベランダ内の低い位置になってしまいますが、なるべく動線の邪魔にならないように。。。

 

こんな感じになりました。

 

BSアンテナは金具をそのまま使うと屋根に干渉して調整しきれないので…

 

金具を逆さまに付け直しました。

前についていたBSアンテナは35センチタイプだったのかもしれないですね。

もうちょっと小さければ金具を触らなくても調整しきれたんですが。。。

 

BSと地デジはここで混合します。

BSは2分配なのでブースターは不要ですが、地デジがちょっと心配なので小型のブースターを地デジのみに。

 

軒下で分配して2部屋に引き込みテレビ端子も取り付けました。

 

 

以下備忘録

時々紛れ込む千葉テレビ。。。

ここは横浜市旭区ですが、相模原とかでも映ることあるんですよね。。。

 

たまたま映るレベルの千葉とMXは置いといて、在京キー局とTVKとBS110CSは4k含めて良好受信となりました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地デジ・BS4k8kアンテナ工事

2020-10-05 22:39:16 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

 

ご新居のアンテナ工事をご依頼頂きお伺いしてきました。

ご依頼ありがとうございます。

地デジのMXの視聴をご希望なので、魚の骨型が必須だと予想していました。

屋根上で、ある程度の高さを稼げばMXも受信できそうです。

 

破風に壁面金具を使って取り付けます。

屋根の傾斜が結構きついので、支線を使って立てるのは大変そうです。

屋根上に立っていると足首が痛くなってくるので、6寸勾配かもうちょっとありそうな感じです。

 

下穴を空けたところに変性シリコンを入れておきます。

ビスを打ったところからの水の浸入はこれで回避できるでしょう。

 

 

まずは金具だけが付きまして・・・

 

地デジのアンテナから取り付けていきます。

 

BSアンテナを付けて同軸周りを整えておき・・・

 

これで完成です。

 

同軸が擦れてしまわないように、変性シリコンで軽くくっ付けてみました。

ブースターの電源部を付けてテレビ端子でチェックします。

 

ご希望いただいていたMXも綺麗に入り・・・

 

在京キー局も・・・

 

従来のBSも・・・

 

BS左旋の4kもOKです。

これで今日からご新居でのテレビライフをお楽しみいただけるようになりました。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月6日 他社さまで施工されたばかりのアンテナを 

2019-12-31 18:54:12 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

ホームページからご依頼頂きお伺いしてきました。

ご依頼ありがとうございます。

 

他県の業者さまが施工したばかりですが・・・

取り付け直しをご希望いただきました。

 

詳細は省きますが、説明無く目立つところに取り付けされたそうです。

確かにここに付けるのが一番手っ取り早いんでしょうけど・・・という位置です。

他に選択肢がないなら仕方ないんですけど。。。

 

ここではデザインアンテナでは受信できないといわれたそうです。

「壁面に付けたら」そういうこともありますが、屋根の上でも受信できないそうです。

そんなことあるかな?と、試しに検証してみました。

 

まあそうでしょうね、普通に受信できますよね。

 

反射波があるとか、別の中継局の電波を拾って混信してしまうこともあります。

そういうケースでは指向性が緩いデザインアンテナは不向きです。

 

でも少なくとも「この現場でデザインアンテナでは受信できない」というのは嘘ですね。

 

デザインアンテナを壁面に付けて増える手間を嫌ったか、部材を持ってくるのを忘れたかですかね。

 

ご主人様と念入りに打ち合わせをさせていただいてから作業を始めました。

既存のUHFアンテナ、BSアンテナ、UBSブースターは再使用することとして、取付け位置を変更します。

 

マストも太くします。

屋根から出る高さは低くします。

 

金具は破風ではなく壁面に取り付けます。

サイディングを割らないように下穴をあけてから・・・

 

ビスにコーキング材を乗せながら締め込みます。

 

金具だけだとこんな感じに。

 

 

この金具は取り外してBS用に使います。

 

破風と似た色の変性シリコンでビス穴を埋めておきました。

 

BSアンテナは目立ちにくいように下のほうにつけます。

 

先ほどと同じようにコーキング材を乗せながら。。。

シリコンシーリング材が薄く残ってしまいましたが問題ないでしょう。

 

BSアンテナ移設完了

 

ケーブルを留めるビスにもコーキング材を乗せながら。。。

 

 これでアンテナ回りは完成です。

建物の奥のほうに移動したので、正面からは目立ちにくいと思います。

 

見え難いんですけど、アンテナの上部に鳥よけのテグスも張ってあります。

 

 

引き込みとのつなぎも、もうちょっとなんとかなりませんでしたか・・・という印象があり、
お客様も気にされておいででした。

 

 

 

ジョイント部分はいつものようにエフコの1号と2号で防水します。

 

取り回しも少し変えながら繋ぎました。

ブースターの電源部の接続もやり直しして完了です。

接触不良などが起きるのを避けたいので、同軸ケーブルと接続接栓は全て交換しました。

 

テレビが映るかどうかについては何も変化はありませんが、見栄えと強度は改善させられたと思います。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市瀬谷区 BSは映るけれど地デジが時々映らなくなる

2019-10-25 21:29:15 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

台風のあと、BSは映るけれど地デジの映りが悪いということでお伺いしました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

地デジが映るけれどBSが・・・ということであれば、マストが傾いてしまったのだろうと予想できるのですが、

逆の症状なので何が原因なんでしょうか。。。

 

訪問時には問題なく映っているので、原因を予想しながら探す必要があるという・・・

難易度がちょっと高めなケースです。

 

 近くで見てもマストが傾いた様子が無く、しっかり立っています。

同軸が垂れていますが、一番上はビニテが効いて固定されているので、アンテナの付け根は大丈夫でしょう。

 

UHFブースターとBSブースターの組み合わせですね。

接栓が抜けているケースもありますが、今回はしっかり締まっていました。。。

 

ただちょっと気になったのが、接栓の作り方。

UHF側と出力の接栓は作り直したほうが良さそうです。

 

 

これじゃ駄目というほどではないような気もしますが、不調の原因はここぐらいしか思いつきません。。。

 

時々接触不良になるわけなので、もしこれで駄目ならUHFブースターの交換も視野に入れるようでしょう。

 

もしこれでも改善しなければご連絡を頂くようお話して、作業完了とさせて頂きました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

お伺いしたのは台風19号の後の10月17日で、その後再発のご連絡が無いので無事直ってくれたようです。^^

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市瀬谷区 アンテナ立替工事

2019-10-25 19:27:45 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

横浜市瀬谷区にアンテナ工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

9月の台風15号でBSが映らなくなり一度お伺いしています。

その際、多少の手直しをしても長持ちしないだろうという旨をご説明し、ご検討頂く事にしていました。

 

屋根馬が簡単に動いてしまいます。。

支線を追加すれば「屋根馬の動き」は抑えられるのですが・・・

 

支線がこのような状態ですので、支線を追加するだけではなく交換も必要でしょう。

数年前に手直ししてもらったそうですが、カラー番線が切れたところをステンの支線で継いでいたりします。

 

 

支線の付け根はこんな感じ。

いつ外れてもおかしくないと思いますが、現実的に台風15号と19号の強風に耐えているのが凄いなと。

 

既存アンテナは撤去しました。

BSアンテナと混合器は再使用し、それ以外を交換させていただくという内容です。

 

まずは地デジのみで立てていきます。

上下2段の8本支線仕様です。

 

BSアンテナの同軸も交換して・・・

 

錆びていた混合器の金具も取り替えておきます。

ブースターの性能には関係ありません。

新しいマストに錆が移るのがいやだっただけです。

 

手持ちの金具の中に適合するものが無ければそのまま使用します。。。

 

 ブースターは屋内のどこかについているようですが、触る必要がなかったので探しませんでした。

 

これで完成です。

 

引き込みの同軸も軒下まで交換します。

まだ劣化が酷いところまで進んでいるわけではありませんでしたが、数年以内に被覆が割れたりするかなと。

 

日が当たるところにはビニテを巻いて保護しておきます。

 

これで作業完了です。

ご依頼ありがとうございました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

瀬谷区にて地デジアンテナ工事 受信不調で立て替え

2019-08-04 21:06:59 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

 受信不調のご相談を頂きお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます

 

現在は全く映らない状態です。

 

同軸ケーブルがかなり劣化していますが、映らない原因はこれではないようです。。

 

どうやらアンテナが駄目になっているみたい。

アンテナの給電部から出ている同軸が、マストに固定されずに風で揺れている状態なので、
どこかで断線しているのかもしれません。

 

UHFアンテナを追加してみると・・・

 

問題なく受信できています。

受信不調を直すだけならこれで良いのですが、全体的に古くなっているということもあるので
立て替えをご希望いただきました。

 

 

下から梯子をかけてステーを4箇所から新たに取ります。

 

 

屋根上で劣化していた同軸も軒下まで張り替えておきます。

 

準備が整いました。

ガルバリウムで葺いてある屋根なので、気を抜くと滑るので緊張します。。。

 

屋根上作業用の腰道具を忘れてきてしまった。。。><

なのでバッグに予備の道具を入れて凌いでいます。。。

 

MXテレビの視聴もご希望なので、ブースターは必須とさせて頂きました。

 

 なぜかチバテレビも引っ掛かります。。。

一応映る程度に受信していました。

 

ブースターの蓋をしっかり閉じて・・・

 

 これで完成です。

浴室の天井裏にブースター電源部を取り付けて、最後にテレビ端子で確認しておきます。

 

 チバテレビはオマケ程度のたまたま受信ですが、MX,TVK.在京キー局は安定受信にて完了となりました。

 

テレビが映らない状態で暫くお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

これで今日からは快適なテレビライフをお過ごしいただけますね。

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

屋根の上のアンテナが

2019-07-09 22:49:27 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

台風の時に屋根の上のアンテナが飛んでしまいそうで怖いので、CATVにするので撤去だけして欲しい。

そんなご相談を頂いていました。

 

ご連絡頂いたのは娘様で、ご実家のお母様が上記のようなご心配をされておいででした。

 

屋根の上のアンテナを撤去するのは決定事項なものの、CATVではなくデザインアンテナや屋根裏設置なら
台風で飛ばされる心配がないということで、事前に確認するためにお伺いさせていただきました。

 

当ブログをご覧頂き、ホームページからのご連絡ありがとうございます。

 

こちらが屋根上のアンテナです。

特に傷んでいるわけではないですが、このクラスのアンテナが長いマストで立っていると
支線がしっかり張られていても揺れるのは避けられないですね。

 

屋根裏で受信できるかどうか調べましたが、屋根材が「スレート瓦に似せたガルバリウム材」であるためか、
残念ながら受信できず。

 

デザインアンテナも「屋根上の高さ」に持って行けば受信できるものの、風をもろに受けることになるので
正直お勧めできず。。。

 

壁面金具を使って魚の骨型のアンテナを付ければ、ちょっとやそっとの風では倒れないアンテナになりますが、
お客様(ご実家のお母様)の好みなどもあるでしょうから、見ていただきながらご説明を。

 

そして「お任せします」とのお言葉もあり、このままアンテナ工事に取り掛からせていただけることになりました。

 

壁面金具の裏にコーキング材を乗せておきました。

 

こんな感じに。

この高さでデザインアンテナを付ければそれでも映りますが、八木式のほうが軽くて風にも強いでしょ。

 

作業中に雨が降ってきて中止になった場合、先に撤去してしまったらテレビが映らない状態で帰る事になってしまうので、
新しいアンテナで映るようにしてから撤去に取り掛かりました。

 

この屋根なら雨が降っても滑ることは無さそうですが、そこは念の為ということです。。。

 

 

ブースターは屋根裏部屋についていたものを再利用です。

けっこう古いモデルですが、壊れたりしたらその時交換すれば良いかと思います。

 

かなり頑丈に取り付けましたので、お母様の不安も取り除けてたらよいなと思います。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市旭区 デザインアンテナと4k8kアンテナ工事

2019-03-11 22:57:58 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

先月現地見積りをさせて頂いたお客様のところに、アンテナ工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

地デジはデザインアンテナを北東の面に取り付け、BSアンテナは南西の壁面に取り付けます。

まずは同軸ケーブルを長く配線するBSアンテナから取り付けていきます。

 

このあたりにつけるのが一番邪魔にならないようです。

 

4k8k対応アンテナを取り付けました。

 

同軸ケーブルは縦樋に沿って屋根上に立ち上げて・・・

 

雨樋の落ち葉避けネットの隙間に同軸ケーブルを押し込んでいきます。

屋根の傾斜も案外急ということと距離も長いので、この作業が一番大変だったかもです。。。

 

 

続いてデザインアンテナのベース金具を付け始めます。

上から下りているのが、さっき引っ張ってきたBSの同軸ケーブルです。

 

ブースターはアンテナの背面に付けてあります。

 

 

引き込みの同軸に壁と同じ色味のビニテを巻いてあります。

離れて見ると結構目立たないと思います。

 

これでアンテナの取り付け作業が終わりました。

 

最後にブースターの電源部を取り付けて、視聴チェックを済ませて完了です。

BSアンテナは道路からは反対面になるので、全体的に目立たないように出来たと思います。

 

こちらのお客様のところには、エアコンを移設する工事もご依頼いただきました。

 

来週お伺いさせて頂く予定です。

 

またよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市旭区 倒れそうなアンテナを撤去して立て替え

2019-03-06 20:01:18 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

 

先日下見にお伺いしたお客様のところに、アンテナ立て替え工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

屋根馬に張ってある支線が、倒壊してしまうのを防いでいました。

折れた屋根馬が雪止めに引っ掛かっているのも確認済みです。

 

屋根の傾斜がきつめで、且つ滑りやすいガルバリウム材なので、このアンテナを撤去するほうが大変でした。。。

 

電波状況は良好なので、破風に壁面金具で取り付けることにします。

気を緩めると滑り落ちそうになるので、屋根上での写真は殆ど撮れませんでした。。。

 

新しいアンテナはこのように。

これなら雨風で倒壊してしまう恐れは殆どないと思います。

 

新設の作業よりも撤去作業のほうが緊張したアンテナ工事でした。

 

 

 

ご依頼ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市瀬谷区 デザインアンテナで地デジアンテナ工事

2019-02-04 23:55:01 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

ご自宅のアンテナ工事をご依頼頂き、横浜市瀬谷区にお伺いしてきました。

 


ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

現在はフレッツのテレビサービスをご利用になっておいでです。

 

配線系統がフレッツ用に組みかえられているので、元通りに直す必要があります。

 

アンテナはデザインアンテナで進めさせて頂く事になりました。

 

 

 

ベランダから梯子をかけての作業ですが、足場が少なくて結構怖かったりします。。。

 

アンテナを付けるのは差し掛け屋根の壁面部分で、通りから見て隠れる側に付けていきます。

 

壁面金具をつけるためのビスにコーキング材を乗せておきます。

 

 

屋根の出っ張りを避けるために少し前に出しました。

 

こんな風になります。

よほど意識して探さなければ、ここにアンテナが有ることには気が付かないと思います。

 

 

電波はあまり強くはないのですが、品質が良好なのでブースターで補えばOKです。

 

白い壁に沿わせる部分に白色のビニテを巻いておきます。

 

そうすると結構目立たなくなってくれます。^^

 

アンテナはこれで完成です。

残念ながら正面からは見ることが出来ません。。。

 

建物の対角のところにある引き込みの同軸と繋ぎます。

フレッツにする前はケーブルテレビだったようで、保安器用のボックスが残っていたのでその中で繋ぎました。

 

これなら雨風に晒されないので安心です。

 

フレッツ用の配線ですが、1階のONUから壁中の配管を通って2階の1室のこんなところから出てきていて・・・

 

反対端のテレビ端子の下に。

端子を外してみると・・・

 

この端子経由で分配器の入力に繋がっているんですね。

この同軸はもう要らないので・・・

 

外して蓋をする処理をしました。

 

 ブースターの電源部を取り付け、お客様のテレビで受信確認を済ませて完了です。

残念ながらMXは映らなくなりましたが、TVKはなんとか映るようになりました。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市旭区にて地デジ・BS110CSアンテナ工事 本年もよろしくお願い致します。

2019-01-05 23:32:33 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

ホームページからご依頼頂き、横浜市旭区にお伺いしてきました。

ブログをご覧頂いてのご依頼、誠にありがとうございます。

 

現在はフレッツ光のテレビサービスをご利用ですが、キャリアを変更されるということでのアンテナ工事です。

 

地デジはデザインアンテナ、BS110CSは4k8k対応のご希望です。

 

拝見したところ屋根裏がない構造の建物で、地デジアンテナの屋根裏設置は不可能でした。

地デジのアンテナがどう付けられるかということよりも、南側につけるBS110CSアンテナの配線をどうするかが
一番難易度が高い印象です。

分配器を探したところ、2階の仕切り壁の内側に分配器が仕込まれていました。

そして2階に屋根裏のスペースが無いことで、そこまでどうやって配線するかに悩みます。。。

 

屋外の引き込みは玄関の上にあり、そこまで外壁に沿って露出配線すると同軸ケーブルの存在感が
凄いことになりそうです・・・

 

どうやって配線するかを考えつつ、デザインアンテナで地デジが受信できることを確認し、
BS110CSアンテナの配線方法を探りました。

 

ベストだと思ったのは、玄関の反対側の裏手の露出配線で、浴室の天井裏に入線。

そして浴室の天井裏の真上にある分配器に持って行く作戦です。

 

うまくいくかどうかを先に検証しました。

梁の陰に隠れていますが、通線ロッドが無事に通り、これに結んだ5Cの同軸ケーブルも通せました。

これで工事内容が確定できたので、ご説明後に作業に取り掛からせていただきました。

 

デザインアンテナのベース金具から決めていきます。

ビスにコーキング材を乗せてから打ち込みました。

 

引き込み口のところなので、出ていた同軸でちょうど収まってくれました。

 

これでまず地デジのアンテナが決まりました。

 

続いてBSアンテナ用の金具をつけていきます。

これも同じようにビスにコーキング材を乗せながら打ちました。

 

アンテナの向きを合わせて・・・

 

これで4k8k対応のBS110CSアンテナも決まりました。

後はひたすら配線です。

縦樋に沿って降ろし、基礎の上側の隙間に押し込んで横引きし、もう一度縦樋に沿って立ち上げて・・・

 

迂闊に空けると、ドリルのキリが断熱材に絡まってしまいそうだったので、天井裏側から空けました。

この真下にはソーラーパネル用の機器が有ります。

 

こんな感じに収めました。

 

この壁の中に、分配器とブースターを収めます。

 

分配器も交換し、ここで電波の状態を控えておきました。

MXとTVKはやや厳しいものの、在京キー局については良好受信です。

 

設備の確認、配線経路の検討などで大変時間がかかってしまいましたが、無事に自前のアンテナへの
切り替えが完了できました。

 

2019年、幸先良いスタートを切らせていただきました。^^

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市旭区白根にて U・BS/110CSアンテナ工事

2018-10-25 22:04:31 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

お世話になっているリフォーム店さんからのご依頼で、旭区白根にアンテナ工事にお伺いしてきました。

 

いつもありがとうございます。

 

実はこちらのお宅には、8年ほど前にアンテナを新設した事があります。

 

そのときの記事

 

その後またケーブルテレビに戻り、今回再度アンテナで・・・ということになったそうです。

前回立てたアンテナは撤去されているので、もう一度立てさせていただきます。

 

8年前と違うのは・・・

ランドマークタワーから地デジが送信されていることですね。^^

ここは窪地になっているところなのですが、ランドマークタワーが目視出来てほっとしました。

 

スカイツリー波は残念ながら受信出来そうにありませんが・・・

 

 

ランドマークタワー波なら大丈夫です。

残念ながらMXテレビが映らなくなりますが、ご理解いただいて作業開始です。

 

支線とアンテナの準備が出来て・・・

 

上下2段、8本支線仕様で立てていきます。

 

ロケが良いことも有り14素子のアンテナを選択しました。

強風でアンテナが倒れたりしないだろうかとご心配されておいででしたので、小さく見えたほうが良いかなという
思いもあります。

 

続いてBS/110CSアンテナも付けて向きを合わせておきます。

 

あとは接続していくのみ。。。

 

ブースターで混合させて・・・

 

同軸ケーブルをまとめて・・・

 

これで完成です。

 

8年前に天井裏に潜って分配器を交換したり、メインのお部屋までの同軸を交換したりしましたが・・・

 

今日はこの分配器に繋いで完了となりました。

 

テレビのチャンネル設定も済ませて、無事にケーブルテレビから自前のアンテナへの切り替えが完了しました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台風で傾いてしまったアンテナを

2018-10-09 22:27:27 | アンテナ工事:瀬谷区・旭区

台風でアンテナが傾いてしまったとご連絡をいただきお伺いしてきました。

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

早速状況を調べてみます。 

確かに傾いています。

マストも曲がってしまっていますね。

 

BSアンテナも付いていますが凄い付け方です。。

このタイプの金具は、細いマストに付けるのには向いていないんですが、金具を裏向きにしているので
垂直も出ていないです。

 

 

再取り付けの方法も考えつつ周りを良く見ると・・・

 

BSアンテナから混合器に繋がる線が外れていました。

お客様にお聞きすると、もうBSは視聴されないそうです。

なので使えるところだけ使って、地デジのアンテナだけで立て直しさせて頂く事になりました。

 

 今度は壁面金具を使って破風板に取り付けます。

マストの長さは半分以下で切って再使用です。

 

 仮固定してからビスを打つ位置に下穴を空けているところです。

 

 アンテナを付けて向きを合わせておきます。

アンテナを低くしたことで感度が少し落ちていますが、これ位の入力があればブースター無しで大丈夫でしょう。

 

 

 このように完成しました。

アンテナ本体の金属的な部分の寿命が来るまではお使いいただけると思います。

強風も災害クラスが来なければ大丈夫でしょう。

 

テレビ端子で確認したところ、MXがかなりきわどいレベルになっていましたが、ご覧にならないということですので
キー局の安定受信を確認して完了とさせて頂きました。

 

割と高台のエリアでしたので、アンテナを低めに設置しても受信できて良かったです。^^

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする