観光政策@岡山県

2019年10月23日 23時58分08秒 | 視察


本日は、岡山県庁に、観光政策について勉強しにまいりました。

担当の方から現状を伺い、驚いたのは、倉敷歴史美観地区、大原美術館、フルーツ、備前焼等が有名な岡山県が、観光産業的に苦戦しているということでありました。


今後の課題としては

・海外での認知度向上
・岡山桃太郎空港の国際路線の拡充
・滞在型観光の促進
・体験型旅行商品の開発
・二次交通の充実
・多言語コールセンター
・公衆無線LAN環境の整備
・フィルムコミッションの拡大

などとのこと。

練馬区における観光施策とは、内容は異なりますが、多言語対応については、我が区としても課題でありますので、多言語コールセンターの設置については、参考にさせていただきます。


ところで、実家に暮らす17歳のシーズーのサンタが、食事をしなくなったと母から連絡が!
心配です。
明日、練馬に戻ったら様子を見に行きたいと思います。
頑張れ✊‼️サンタ



コメント

議会のICT化について@久留米市

2019年07月30日 23時04分53秒 | 視察


昨日は、福岡県久留米市に、自民党会派として視察に伺いました。

視察目的は、練馬区議会においても、様々な場面で議論されている「議会のタブレット端末の導入について」であります。

議会事務局のご担当の方に、実際の画面も合わせて、ご説明いただきました。




久留米市の経過としては、議会から、コスト削減、利便性の向上、労務改善などの対応ツールとして導入してはどうかという提案を受け、導入に向けてタブレット端末の研修業者に議員向けの研修を依頼し、議場において全議員を対象に研修を実施。

その後、何度も委員会や代表者会で協議の結果、導入に至ったとのことであります。


私たち会派内の議論の中では、議会サイドだけがタブレット端末の導入をしても理事者が同様のタブレット端末を使用しなければ意味がないのではないか、一部の書類だけをペーパーレス化しても意味がないのではないか、スキルに差が出るのではなど、まだ検討段階ですので、さらに議論を深めたいと思います。


ところで昨晩は、嬉しい再会が!

視察が終了し、会派の懇親会終了後、ものすごく久しぶりに福岡在住の学生時代の友人に会うことができました。
東京で大手IT企業を経て、現在は、九州のテレビ局の部長さん。
仲間が活躍しているのは、嬉しいことです\(^o^)/



今のお互いの仕事の話から、学生時代のスキーの話(私は、大学のスキーサークル所属)、仲間と私の家で母が作ったカツを食べた話、彼の結婚式の二次会の話、そして若くして亡くなってしまった友人の話など、夜中まで語り合い、またの再会を約束し宿に戻り爆睡😪

私も、昔が懐かしい年代になったな~
コメント

キラむこ@墨田区視察

2019年01月25日 16時50分39秒 | 視察

(柴田さちこ議員、上野ひろみ議員、佐藤篤議員、私、髙橋しんご議員)

会議と新年会の合間をぬって、墨田区立東向島児童館分館「キラむこ」に視察に伺いました。
この施設は、開設前から注目していた、高架下を活用した児童施設です。

当日は、お忙しいところ、佐藤篤墨田区議会議員も顔を出してくれました。



場所は、京成曳舟駅の高架下です。

中に入ると、小学生対象の「わくわくルーム」と、乳幼児対象の「すくすくルーム」に分かれており、人気施設ということと、衛生を保つため1時間の交代制となっています。

利用料は無料ですが、定員制のため発券機で発券するシステムとなっています。


先ずは廊下。

隅田川をイメージしており、川に架かる橋がデザインされています。


そして、すくすくルーム


ボールプールが可愛いですね!


そして、そして私が最も見たかったのは、「わくわくルーム」でした!


陽光が差し込む中での、ボルダリング



デザインすべり台



ネット遊具



ツリーハウスを上ると、下が見えるネットの上を歩ける



なんと、木製のブランコチェア


ご覧になった皆様、練馬区にも欲しいですよね

墨田区と全く同じということではないですが、子どもたちから喜ばれる施設を増やしたと思います。


私としては、先ずは「こども森」を拡大し、ツリーハウスとツリークライミングができる、「冒険の森」の実現に向けて動きます。

コメント

豊洲市場等へ会派視察

2018年11月29日 13時40分59秒 | 視察


昨日は、会派で豊洲市場を中心に視察に行ってまいりました。

豊洲市場は、「東京都民の台所」でありますが、練馬区民にとっても同じでありますので、一度見ておく必要があるだろうということで視察を行いました。


東京都の担当職員の方から、いろいろとご説明をいただきました。

築地市場では、535軒あった仲卸が、現在は492軒と少し減っていること、また、メデイア等で報道された、オープン当日の道路渋滞については、次の日からは解消され今は全く問題がないことや、全ての作業が室内で行われ、温度管理がされているので、衛生面や関係者の労働環境において大きな改善点となったことなど、現状を伺うことができました。



豊洲市場の緑化された屋上からの展望


豊洲市場のゆるキャラ「イッチーノ」と記念に



そして、豊洲市場の後は、山崎孝明江東区長を表敬訪問をさせていただき、豊洲市場のことはもちろん、オリンピック・パラリンピック関係の話まで伺うことができました。



山崎区長、本会議当日のお忙しいところ、誠にありがとうございました。



その後昼食には、「深川めし」を




昼食後は、東京都の視察船「新東京丸」に乗船しました。

現在、新たな視察船は、イタリアで製造されているとのことで、「新東京丸」の活躍もあとわずかのようです。




8時に区役所を出発し、16時に練馬に帰港しましたが、有意義な視察となりました。

視察日程を組むにあたり、大変にお世話になりました山崎一輝都議会議員、誠にありがとうございました


さあ、明日からは第4回定例会が始まりますので、しっかりと頑張ります。
コメント

交通対策等特別委員会視察

2018年11月16日 16時03分01秒 | 視察
私は、交通対策等特別委員会の視察のため、11月14日、15日という日程で、熊本と福岡に行きました。


熊本は、熊本駅における「JR鹿児島本線等熊本駅付近連続立体交差事業について」の視察を行いました。







この事業の目的は、分断されたまちの一体化と交通渋滞の解消、さらに高架下を利用しての新しいコミュニティゾーンの形成です。

そして印象的だったのは、まだ建設途中でありましたが、熊本駅の顔となるその外壁であります。
設計は、日本を代表する建築家の安藤忠雄氏で、熊本城の石垣にみられる「武者返し」の反りを取り込み、強く美しい威風を表現しています。


その熊本城ですが、今回は近くまでは行くことできませんでしたが、遠目からも復興途中であることは理解できました。




熊本の営業部長、「くまモン」もいたるところで、パワーを送ってくれました。





2日目の福岡については、約20分間隔で運行している、県民と観光客の足である「都心循環BRT(連節バス)」の視察を行いました。





バスは、全長18m、130人乗りという規模で、天神・博多・WFの都心3拠点間を効率よく繋ぐ、新たな交通プロジェクト。
産業の拠点、観光都市、政令指定都市の福岡ならではのシステムであり、練馬での導入は難しいかとは思いますが、勉強になりました。

お世話になりました関係者の皆様、ありがとうございました。


おまけ画像です!

時期的にイルミネーションが美しかったのでアップします。



コメント

徳島市視察報告

2018年11月01日 16時49分58秒 | 視察

徳島阿波踊り空港にて



映画の舞台ともなった、徳島のシンボル「眉山」


企画総務委員会の視察で、徳島市にお伺いいたしました。




視察目的は2点。


1.徳島市のシティプロモーションについて

 

 【「心おどる水都・とくしま」発信プラン】

 「ここにしかない"モノ"と"まち"の物語」をテーマに、プロモーションを展開している。
 キーワードは、「水都」「歴史」「阿波踊り」「特産品」と、徳島カラーを4つに分け、ブランドの確立をしている。
 
 プロモーションビデオや印刷物などセンスを感じることができた。
 事業委託は、有名プロモーターや名の通った事業者を活用しながらも、徳島市が、プロの方々と地域市民とを結ぶ役割をしっかり果たされており、そこが成功の大きなポイントであると考える。


2.徳島県の国際交流事業について

 【とくしま国際フレンドシップ憲章について】

 「知りあおう」、「ふれあおう」、「認めあおう」を3つの合言葉に国際交流事業を進めている。
  
 友好都市は、ブラジル・サンパウロ州、ドイツ・ニーダザクセン州、中国・湖南省。

 特にドイツとは、板東俘虜収容所が鳴門にあり、「ドイツ兵の慰霊碑」の清掃・供養を地元住民が続けていたことが縁で、鳴門市にドイツ館が設立されるなど、交流が盛んである。
 また、現在は環境分野においても、提携している。


 今後は、オリンピック・パラリンピックに向けても事前キャンプの誘致活動に力を入れていくとのこと。


 
 県議会本会議場の天井の照明が、鳴門の渦潮をモチーフにしてるのが印象的でした。


 徳島県、徳島市の関係者の皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。
 いろいろと参考にさせていただきます。


 余談

 集合時間より早めに到着したので、視察前の羽田空港のカフェにて、朝食を!

 

 羽田空港で人気のベンツとのコラボカフェ。パンケーキにシンボルマークが
コメント

歌舞伎町Flower&Art2018

2018年09月24日 15時59分23秒 | 視察






昨日23日は、新宿クリエイターズ・フェスタの一つで、「練馬区こどもアートアドベンチャー」のプロデューサー、蟹江杏さんが手掛けたイベント、

「歌舞伎町 Flower&Art2018」

に視察で伺いました。


内容は、歌舞伎町の中心地、歌舞伎町シネシティ広場を会場に

「歌舞伎町にお花畑が出現」

をキャッチフレーズに、花をテーマにアートと食がコラボしたイベントです。


ホテルグレイスリー新宿のテラス会場では、杏さんが子どもたちと、名物のゴジラの下で、花畑を描いていらっしゃいました(*´∀`)♪






そして、そして、Nerima若手シェフズクラブの代表を務める高橋さんが、歌舞伎町にもご自身の店を出店されているご縁で、フードコートに参加されていました。

可憐に花をまとった料理たち...





私は、遠慮なく食しました!


楽しみながらも、新宿区の職員の方に、いろいろと質問もさせていただきましたが、たまには、他自治体の事業を見せていただくことは、勉強になります。

新宿区の関係者の皆様、ありがとうございました。


コメント

仙台におります

2018年07月03日 06時15分26秒 | 視察


昨日から、自民党の会派視察で仙台に来ています。

「仙台子ども体験プラザ」「中山とびのこ保育園」と、子育て支援関係の視察です。

かなり良い勉強になっております。
詳細は、後日させていただきます!

ところで、仙台も暑い...
コメント (1)

弘前式ICT活用教育推進事業@弘前市

2016年11月02日 15時46分32秒 | 視察




 私が副委員長を務める文教児童青少年委員会において、「弘前式ICT活用教育推進事業」についての視察に弘前市に伺いました。

 
 弘前式というのは、弘前式ICT3点セット(教員用タブレット型端末、電子黒板機能付きプロジェクタ、実物投影機)を全ての学級(特別支援学級含む)に整備。
 そして、ICT支援員が週一回の割合で巡回を行い、授業や教材作成を支援し、教員によりそう研修を行うというもので、平成27年度ベースで4校のモデル校で実践研究を行っているとのことであります。


 当日は、プロジェクターを使用し、実例なども見させていただき、大変に参考になりました。


 特徴的なのは、ICT支援員の方の存在です。
 支援員の方々は、一方的に教員に指導するというありがちパターンではなく、信頼された中でパートナーとしての役割を果たされています。


 今回も思ったことは、ICTのように機械が相手であっても、やはり人に始まり、人が繋ぎ、人に終わるということであります。
 練馬区も今後、ICTにさらに力を入れていくわけですが、同時に優秀な人材の確保が必要とされます。

 あわせて、充実に向けて取り組んでまいります。

 
 余談ですが.....

 帰り際に、市役所に隣接した施設のねぷたを見せていただきました。

 

 やはり迫力でした!


 また、弘前市はリンゴの里でもあります。
 駅の電灯もリンゴ!!

 
コメント (1)

羽田空港沖で潮干狩り体験

2016年06月05日 22時11分27秒 | 視察




4日の土曜日は、鈴木隆之大田区議会議員と羽田ビーチクラブの櫻井事務局長にご同行いただき、去年に続いて視察を兼ねて、羽田空港沖にて潮干狩り体験をいたしました。

練馬からのメンバーは、田中ひでかつ議員、上野ひろみ議員、村松かずき議員と私です。
子どもたちの感想も聞きたい!ということで、田中議員のお子さんたちも参加!





なかなかないですよね、飛行機の飛ぶ下での潮干狩り体験なんて(^-^)v

羽田ビーチクラブでは、今回のような潮干狩り体験を始め、今流行りのサップ、ビーチバレーなど様々な浜辺遊びや水遊びを提供しています。

是非、練馬の子どもたちにも体験させてあげたいし、大田区の子どもたちには、農体験をしてもらいたいと思います。


ところでこの日の成果は、



どうですか!
皆様も行きたくなられたのでは?
レッツゴー羽田beach!!


追伸:とれたてのシジミは、シジミこ飯でいただきました。





コメント (1)