前練馬区議会議員小川けいこの「ねりまなでしこ日記」

前練馬区議会議員小川けいこのホームページはこちら

さぁーお仕事!

2008年01月30日 02時54分23秒 | 練馬区議会について
アメリカンショック(まだ帰りたくない病・時差ぼけ・仲間に会いたい病等々)がまだ抜けない今日この頃ですが、とにかく始動しなければと、一般質問に取りかかりました。
もちろん、先ずは「国際交流について」からスタートです。
土曜日までに3本仕上げるぞぉ~!気合いあるのみ(^O^)
と言いながらも、あくびがノンストップ状態です。

いつもは週一で通っているカイロプラティックも、年明けから一度も行っていないので、体中ガチガチなんていうものではありません。
なので、本日合間をぬって行ってまいりました!
 『ヒロカイロプラティック』のカリスマ整体師であるヒロ院長のゴッドハンドを頼りに!かれこれ4年はお世話になっているんです。

私は、肩こりが持病のようなものですが、特に今回は渡米を挟んだせいもあり、「ひどい!」なんてものじゃあーりませんでした。で、今日はこんな会話が、
先生: 「今日は、筋肉が反抗的ですね!」

小川: 「へっ?」(一瞬自分の性格を言われているのかと錯覚。.....じゃなかったりして(^_^;)

先生: 「いつもは、もう少し言うこと聞いてくれるんですけど。石を指で押したらこんな感じなんでしょうねぇ」

小川: 「すみません。」

先生: 「いやいや、また近いうちに来て下さい!」

とまあ、とにかくつらかったんですが、院長のおかげで視界もすっきりしました。

ブログを書いている途中で、ウトウトしたら、ウトウトどころか3時間も爆睡!中途半端な時間に起きてしまい、またこれで明日も時差ぼけ決定です(-o-;)
眠れなくなったので、質問の続きでも書こうと思います。

最高のお持ち帰り

2008年01月29日 02時09分54秒 | 小川けいこのプライベート日記
雪が降りましたねぇ(#^-^#)寒いけど何だかロマンティックな雪でした。

今回の渡米では、びっちりと仕事モードだったので、ゆっくりとショッピングなんて時間はほとんどありませんでした。

そんな中で、手に入れた「宝物」をご紹介します。

私は、知っての通りジャクリーン・ケネディのファン。もちろん、JFKのファンでもありますが。 そこで、ゲットしたのは、本2冊はホテルの近所の本屋さんで、ソルト&ペーパー食器とJFKが1961年1月20日に演説した際の記念メダルはポリティカルアメリカーナ(ホワイトハウス関係のグッズショップ)で購入しました。

 この2点は、ガラスケースに入っており、アンティーク物の展示品で非売品かと思いましたが、思い切って聞いてみると、現品限りの売り物!私は即

「買います!!」

と、店員のお兄さんに、ほぼ叫んでいました。


また、ロバート・F・ケネディの絵が描かれている大学での講演会用ポスターは、インディアナポリスで民主党の事務所を訪れた際、受付のデスクに貼ってあったもので、

小川: 「このポスターは他にないんですか?」←新しいのないんですか?の意(^_^;)

スタッフ: 「ガサガサ、パタン」←探してくれた音
      「もうなくなってしまいました。」

小川: 「ケネディファンなんです。」

スタッフ: 「僕もです。(笑)」

小川: 「ないんだぁ~。」
    その後しばし見つめる.....m(..)mさらに、残念そうに微笑む

スタッフ: 考え込んでいる風のポーズ

      「OK。これ持って行って!」

小川: 「Ohリアリィ!?」v(^-^)v

スタッフ: セロテープを剥がす。

小川: 「サンキューソー マッチ!あなたはいい人!」

スタッフ: 「まあーいいです。」.....というジェスチャー

言ってみるものねん!だって、この事務所に来るのは最初で最後だろうし、スタッフの彼だって大学生の時に政治に関わりたくて入ったから、いずれはステップアップしているだろうから、図々しい日本の区議会議員がいたことなんて忘れちゃうだろし.....(^o^;)
ちなみに、彼は私を25、6歳と見ていたのも事実フフフ

以上の様な状況で集めて来た大切な戦利品なのです。


ところで今日のニュースで、キャロライン・ケネディが、「父と考えが似ているから」ということで、オバマ支持を表明したと流れました。

「これはきっと、無党派層にも影響は大きいはず。オバマ有利ですよね。アメリカでもJFKの影響力は未だ健在ですから!」

などと、最もらしく今日参加した新年会で周囲の人と話しをした私でした。

アメリカでも、「オバマがなれば今が変わる!礼儀正しいが信念と意志が強い!」という声を結構耳にしたので、選挙権ないけど頑張って!という気合いで、毎日ニュースを意識しています。
日本との外交もかかっていることですし。私のアメリカかぶれは暫く続きそうです。

追伸:実は、帰りの空港でオバマボールペンとオバママグネットも買いました。さすがに、オバマTシャツは辞めましたが;

帰国しました!

2008年01月27日 09時40分27秒 | 小川けいこのプライベート日記
昨日の夕方、無事に成田に到着しました。(*^_^*)
しかし、昨日は完全な時差ぼけと緊張感もあり悪化しなかった風邪が悪化し、家にたどり着いた瞬間
 
 「バタッ!ZZzz....」

と、睡眠の世界へ引き込まれました。

今、日本は日曜日の朝7時15分ですが、ワシントンD.C.では土曜日の夕方5時15分ということで、体調不良にも関わらず目が冴えております。

テレビのニュースからは、福田総理のダボス会議での、地球温暖化についての発言に対し、サミット議長国としての責任が問われるというニュースとアメリカ大統領選の模様が流れています。
今回、訪米したことにより日本の外交の弱さを感じたり、大統領選については関係者の方々とお話する機会があったので、興味深く注目してまいりたいと思います。

今回は、これまでの数々の視察の時間の取り方が、天国に思える程のハードスケジュール!

 例えば、ワシントンD.C.では、 朝8時半からのブレックファーストミーティング(と言っても、ケータリングの簡単な朝食を10分かそこらでお腹にいれ、同時通訳のイヤホンに耳を傾けるという慌ただしいもの)に始まり、その後は1時間半おきに18時までいろいろな方からのブリーフィング。
 この時は当然、有意義な質問をしなくてはいけないので、決して数が多くないアメリカについての私の頭の引き出しは、開けっ放しという状態でした。まるで、議会で常任委員会をぶっ続けで、5委員会こなしているような感じ!

 そして、18時間半からディナーと言っても、これまたケータリングの2時間くらいの食事を仕事の話をしながら、立食で行いやっとホテルに着き、翌朝はまた割と早めに集合。
これも、慣れない環境と全て英語(当然ですが(^_^;)というシチュエーションに始めの方は、

「大丈夫かぁ~小川!?」

という感じてしたが、素晴らしい仲間と慣れも出て来て、充実の毎日に変わりました。

 また、ワシントンD.C.でホワイトハウスやスミソニアン博物館はもちろん、私的には、アーリントン墓地で、憧れの存在であるジャクリーン・ケネディのお墓を訪れることが出来たのは感慨深いものでありました。

 でも正直、ワシントンD.C.を離れ、インディアナ州の地方都市に着いた時は心からホッとしました。

と、書きたいことはエベレスト並みなので、「研修日記」はデータが整い次第、ホームページにアップしたいと思いますので、ご期待を!


それにしても、今回のキーワードも「人」でした。

 アメリカでも素晴らしい友人が出来ました。
何よりも、今回の日本から出席した日本の仲間たちが素晴らしかったです。
自民党・公明党・民主党という党の持ち味、議員・秘書・政策スタッフ・党職員・記者・システムという職種の持ち味がうまく相まって、それがアメリカでは良いスクラムとなり、これから日本での新しい末永い仲間としてのご縁になりました。

Mr.青山、Mr.岩松、Mr.久保谷、Mr.増島、Mr.宮原、Ms.清野、Ms.北川そして、Mr.今井、Ms.藤田ありがとうございました!(^_-)☆

Mr.クェンティン、Mr.ジョージ、Mr.ビル、Ms.秀英、Ms.ディーディー、Mr.アンドリュー、Thank you very much!


明日から、一般質問書かなきゃ(^_^;) 英語も勉強しなきゃ.....

行って参ります

2008年01月12日 10時20分02秒 | 小川けいこのプライベート日記
無事に成田まで到着しました。睡眠時間2時間なのでつらいです。飛行機で寝ます(-.-)zzZ


日程を確認したところ、かなりのハードスケジュール。
ワシントンではホワイトハウス関係者の方にお会いしますが、インディアナとフロリダでは州知事にもお会い出来るそうでワクワクです。 報告は帰国後に! ご期待を('-^*)

行って参ります!
See you soon(^_-)☆


犯人...ん!?

2008年01月11日 21時28分22秒 | 小川けいこのプライベート日記
残すミッションは、明日からの荷物のパッキングのみとなりました。

さっき、消防団の愛子先輩から着信が

小川「はい、お世話になってます。」

先輩「けーこちゃん!どーしたの顔!?大丈夫なの!アメリカ行けるの!!!」

小川「はっはい、もう大丈夫です。なんとかハハハ(^_^;)」

先輩「びっくりしたわよ。息子がブログで見たら、犬に咬まれたらしいよって言うから」←息子さんは私の中学の先輩でバレーボール部のHOPE

相変わらず優しいなぁーと思いながら、電話に感謝しましたが、8割の反応は

「よっぽど怖かったんだね犬も」←M議員


「行くんだアメリカ、その顔で!」←S議員


「本当に犬なの!?」←会派議員の半分


昨日の新年会なんて、みんな私の顔みて笑いだしちゃって挨拶なんて聞いてもらえませんでした。

あまりに反響があったので、犯人を公開した方が、皆さん納得するのではと思い、傷害犯の「エンジェル」を紹介します。
この写真を見る限り犬好きな方は

 「わぁーかわいい」

 犬嫌いな方でも

「ぎゃー寄らないで!」

とまでは言われない程度の容姿でしょう。

まあ、本人も「ヤバいらしい」という空気を感じているらしく、犬なりに謙虚に振る舞っているらしい.....のですが

全く誰に似たんだか!チワワなのに目が小さいし、チワワなのにメタボリック気味だし、大食いだし、気が強いし.....(・_・;)これってもしかして、まさかワ・タ・シ.....か


さあー準備だ準備!明日は早いぞぉ~
今日は、研修のオリエンテーションで参加者全員とお会いしましたが、共通の知り合いが判明したり、本当に皆さん良い方ばかりで、明日からが楽しみです。 でも、聞いた限りでは皆さん準備は終了!のようで(^o^;)

ではでは、私もそろそろ

多忙な一日

2008年01月11日 13時14分29秒 | 練馬区議会について
いよいよ明日からアメリカです。明日の今頃は飛行機の中だと思います。
 
 ですから、今日は「頭の中」が多忙です。出発前にやっておくこと、帰って来てからやるべきことの準備等で時間が足りずにパニック状態です。

 そんな一日の中で、ホッとしたひと時は、会派総会の合間の昼食タイムです。
写真のように、会議のある日の昼食は会派メンバー全員で控え室の一室で食べます。
 ちなみに、今日のメニューは「坂下さんの鶏そぼろ弁当」←昨日リクエストしました。

 今日のスケジュールは、

・会派総会・勉強会
・発送事務
・後援会役員会準備
・一般質問打ち合わせ
・病院(例の顔の傷)
・アメリカ研修のオリエンテーション(虎ノ門)
・2週間分の荷物のパッキング(これが頭痛い)

 です。まだ、このブログの時点で終了しているのは2つだけ!
時間をくれ~って感じです。

 嬉しかったことが2つ。一つは、支援者のYさんが

 「けいこちゃん、明日からアメリカ行くんでしょ!沢庵漬かったから持って行くよ~

 もう一つは、慌てくふためいている私を見て

 「荷物パッキング用の圧縮袋を買って来てあげますよ!」

 と、外出のついでに買って来てくれた自民党事務担当の坂田さん。ありがたいなぁ~人のちょとした親切

 何とか今日という日を乗り切って、明日から頑張って来ます!
 でもきっと、荷物が詰め終わるのは日付変更線を越えてしまうのだろうなぁ今から、時差ボケみたい.....


 

贅沢な時間

2008年01月10日 00時55分06秒 | 小川けいこのプライベート日記
皆様にとって「贅沢な時間」とはどのような時でしょうか?

私は本日、パステル画の清水先生のアトリエで開催された、サロンコンサートにお邪魔いたしました。
ある時、先生が気にいったピアノがあったからということで、絵のアトリエにピアノが仲間入りしました。
そして、今日は先生の絵に囲まれて30人ほどの参加者に囲まれてのピアノ&歌の素敵なサロンコンサートが開かれたのです。

最近読んだ、アメリカの南部のティーショップを舞台にしたミステリー小説には、地域で開催されるティーパーティーやオープンガーデン、チャリティーコンサートなどが年間通して行われている場面が書かれていました。
でも日本では、こういったちょっとした洒落た催しは、そうしょっちゅうあるものではありません。私は仕事の都合で30分ほどしか参加出来ませんでしたが、バッハの「G線上のアリア」のピアノ演奏に始まり、日本の唱歌、ロシア民謡と素晴らしい演奏にハーブティーと手作りのお菓子が振る舞われ、何とも言えない幸せな時間と空間を味わうことが出来ました。

私にとって贅沢とは、今日のような一時や夜中に読書や映画を観たり、作った料理がちょっと成功したり、大好きな人たちと美味しいお酒を飲んだりする日常の中に「わぁー幸せ」(*^_^*)と感じることが出来る瞬間であります。


しかしながら、顔の絆創膏の説明にも飽きてきた今日この頃です(^_^;)

小川アメリカ大使館へ行く

2008年01月09日 01時39分05秒 | 小川けいこのプライベート日記
改めてご報告します。
私は、今月12~26日まで、『日米青年訪米プロジェクト』でアメリカ(ワシントンD.C.・インディアナポリス・タラハシー) に研修に行って参ります。
自民党だけではなく、公明党と民主党の方々とご一緒します。
研修費用は、自費です。(@_@)党負担の党もありますが、自民党の議員は自己負担ということ。でも、またとない機会なので、参加することにしました。
参加条件は、41歳まで。地方議員、議員秘書、党職員です。

ホワイトハウス関係者や共和党・民主党の議員の方々との懇談もあるとのことで、期待が高まります。
コーディネーターである、日本国際交流センターサイドから、向こうで「是非、これだけは聞きたい!」というリクエストは何ですか?と聞かれたので、

・ワーキングマザーに対する子育て支援策(行政が担っている部分)
・女性の乳ガンゆ子宮ガン予防対策
・医療制度の充実

 先ずは、以上の件を希望しましたが、他にも環境に対する考え方も聞きたいです。

と、思いは膨らむ一方ですが、あくまで勉強で行くので、帰って来たら一般質問も控えていることですし、学んで来たことをしっかり生かします。

長時間のフライトには、読む暇がなくてたまっていた本で過ごすつもりでおります。


という事情で、本日、アメリカ大使館にブリーフィングとビザ申請に行って参りました。
やはり、かなりの厳重セキュリティーでした。門を入る前に、携帯電話等の電子機器を預けて、空港での身体チェックと同様の検査を受けてから敷地内へ。
建物に入ってすぐに、免許証などの本人証明と引き換えに通行証を受け取り、部屋へ通されました。議員会館のセキュリティーチェックより厳重でした。

そこで、政治・経済・広報担当の方からアメリカの現状や日米関係の話を聞き、その後質問を受けてもらいました。

私は、医療制度と若い人の政治参画について質問しました。

・ 医療制度は、国民の保険制度については日本は確立されているが、緊急医療についてはアメリカの方が充実している。(夜中にたらい回しになるようなことはまずない)日本に、ホスピタルマネジメントをしたいと考えているとのこと。
・若い人の政治参画については、実際は政治には興味が薄いとのこと。メディアを通して見る限り、国民全体が大統領選挙で盛り上がっているように思っていたので、意外でした。 また、若くして政治家になりたい人は、教育委員会などに立候補してから、政治家になるケースが多いそう。日本とは違います。

別の参加者が、共和党から民主党に政権が変わったら、日米関に変化があるかどうか質問したところ、
「すでに基盤が出来ているので、誰がホワイトハウスに入ろうとも変わらないでしょう。」

というお答え。アメリカらしい言いまわしだなぁと思いました。

参加者の方々とも、本日初対面でしたが、皆さん良い方ばかりで楽しみです!
(#^-^#)


しかしながら、情けなかったのは、私の顔!(わからない方は、昨日のブログをご参考に!)
開き直って、笑いを取ってしまいました(^_^;)

参加者の方の中に、私のホームページを見て下さっていた方がいて

「絵が上手ですね。あの犬の絵!」

 思わず私は、

「それです。その犬です。この顔の犯人は!」

とお答えしました。顔の絆創膏面積は随分と小さくなりました。






痛いよぉ~(>_<)

2008年01月07日 23時25分00秒 | 小川けいこのプライベート日記
  新年早々お見苦しい写真ですみません
 今日は、自民党練馬総支部と区の賀詞交換会があったので、そのおめでたい話を書くつもりがそれどころではなくなりました!


先ほど、気がたっていた家の犬のそばで、顔を近づけて話しかけていたところ、いきなり

「ガァーッ!!」

痛っ!と思った瞬間、「ちっ血が、たら~っと(;_;)」少量でしたが...動物虐待したことないのに...同僚虐待はしてるかもしれないけど(^_^;)

 先ずは、自分で消毒して、絆創膏を貼りましたが、やはり不安になり21時を過ぎていましたが、子どもの頃からお世話になっている地元の舟波医院のインターホンを押したら、時間外にも関わらず、先生が処置して下さいました。本当に感謝、感謝でした(#^-^#)

傷は4ヶ所。2つはニキビ程度、1ヶ所はとっても小さいけど、1ミリの深さでもう1ヶ所は浅いけど、ちょぴり面積広め。最も、縫うような傷ではないので、薬を付けて目立たない色のテープで止め抗生薬を飲んで様子見です。ひどく腫れた人は即点滴だとか!

 先生が、

「このテープは250円もするけど、日本人の肌の色に近くて付けているのが目立たないし、優秀なんだけど」

私は、即刻

「いいです、いいです250円でも2500円でも!」

だって、私は明日、12日からのアメリカ研修に向けて、アメリカ大使館で面接なのに、このままでは某「バンソウコウ大臣」と同じだぁ~!?自民党ってみんなこんな?と思われてしまうかもしれない...じゃないですか

と、先生にも訴えたら笑われました。
 
 犬・ネコによる咬傷やひっかき傷や餌の口移しによって感染する病気で多いのは、「パスツレラ症」だそうで、毎年25~35%ずつ増加しているそう、一緒に寝たり、同じ食器から食べたりしている人に多いそうです。
健康な人なら抗生物質で治るそうですが、幼児や高齢者は重症化しやすく、死亡例も少なくないとのこと。
ペットブームの背景にはこんな危険もはらんでいます。
ペットはファミリーですが、可愛いからこそ人間が気をつけなければなりませんね。ペットを飼っている皆様、お互いに気をつけましょう!


ところで、メールで送った私の絆創膏写真で笑った、支援者のFさんとKさんとYさん。よーくわかりました。(-.-;)あなた達は確実にKYです!