「としまえん」は、これからも避難場所です!

2020年10月07日 18時12分24秒 | 練馬区議会について

区民の皆様、としまえんロスですね

 

ところで、ご存知の通り、「としまえん」は閉園いたしました。

「ハリーポッター」の施設の整備に向けて、一部解体工事も始まっております。

 

それを受けて、一部の区議会議員がレポートやSNSを通して、

「避難場所がなくなる」

「練馬区が、避難場所を確保していない」

と、いうようなレポートやSNSを発信しています。

 

「そんなことがあってはならない、あるわけがない

実際に不安を感じた地域の方から連絡がありました。

そこで私は、決算委員会の場において質問の中で確認をいたしました。

しっかりと結果を報告します。

 

東京都が西武鉄道に対し、としまえんはこれまでと変わらず、引き続き、震災大規模な火災が起きた場合は、避難場所として使用できる旨を確認。

 

工事期間中などを含めた公園等整備の各段階においても、避難場所としての位置づけは変わらない。避難場所を含めた広域防災拠点としての機能実現のため、都、区、西武鉄道、ワーナーブラザースジャパン等など関係者が相互に連携、協力することを覚書にて確認。

 

としまえんの入口は当然のことながら施錠されているが、必要な際は、としまえんの職員が滞在する間は、職員の方が開錠する。そして、できるだけ早い段階で区も鍵を預かり必要に応じ開錠するようにする。

 

以上、区に確認を取りました。

従って、としまえんが開園してる時よりは、区民の皆様にご迷惑をおかけしますが、避難場所であることには変わりはありません。

また、避難場所とは、東京都震災対策条例に基づき、広域的な避難を確保することを目的としたオープンスペースを一時的に避難場所として指定したもの。

つまり、区立体育館を避難所(寝泊りする)とする避難拠点とは異なる性質のものであります。

 

私たちは立場上、賛成、反対、様々な意見があって当然ですが、事実とは異なるまた、不安だけを煽るような情報を区民の方に流すべきではないと考えます。

さらに、発言の一部だけ切り取って、いいように解釈しての発信も問題あります。

疑問に感じた際は、ぜひ、議事録で全文をご確認下さい。

そしてSNSは便利なツールでありますが、時には武器にもなってしまいます。自分も含めてではありますが発信には気をつけたいと思います。

そして、問題がある場合は、幹事長そして議会運営委員会での議論も必要でありましょう。(他自治体では、コロナに関して情報が錯綜し、議員のSNSによる発信を休止した自治体の例もあります)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一般質問、終了しました ~後編~

2020年09月16日 11時20分07秒 | 練馬区議会について

昨日に続き、小川の一般質問に要旨を報告させていただきます。

 

【緑化について】

・我が会派が、「四季の香ローズガーデン」を提案した実現したことを評価する。また、来年度はさらに広範囲に整備するなかで、私が提案した「ローズガーデンをバラのプロにプロデュース」「ハーブ園についてはピエト・オードルフ氏がデザインする季節的なライフサイクルを優先した自然主義的なデザインとする」「庭に溶け込むアートを設置する」という要望も取り入れたことも評価する。

・以前(志村区長時代)、私が提案した「こどもの森」については、非常に人気のある施設に成長し、大きく評価する。今後は、更なる土地の取得と、早い段階でのツリーハウスのの設置をあらためて要望する。

・区立施設や取得した土地を活用し、「コミュニティガーデン」を整備を要望する。そして、運営は「つながるカレッジ」のコミュニティガーデナーコースの卒業生を中心に地域の方と協働で作り、育てる仕組みを構築されたい。

 

【環境について】

・「つながるカレッジ」の環境コースに、「断捨離」「ミニマリスト」「終活」などのコースを設置されたい。

・コロナ禍において、通販や宅配事業を利用する需要は増えている。そこで、環境の社会実験として、高層住宅が集中している光が丘地区において、民間事業者と連携し区有地を活用し、車を一定時間駐車できるスペースを確保し自転車等で集配する事業を実施されたい。(区民の利便性向上、排ガス削減の観点)

 

【公園について】

・私の地元の「豊玉中1丁目公園」の大規模リニューアルを評価する。この公園は、日大芸術学部にメイン遊具のデザインを依頼、ねり丸遊具と動物アートオブジェを設置、クローバー広場などこれまでにない公園となった。そして、管理は町会を中心とした地域の皆様で作った運営委員会に委託している。今後はこの公園のように、地域の特性にあわせた個性のある公園を積極的に整備されたい。

・最近は、公園が観光や地域おこしのキーワードとなっている。例えば、渋谷区の「ミヤシタパーク」、横浜ベイサイドの「ユニクロパーク」などが人気があるが、今後は、民間企業との連携も視野に入れ、新たな大規模な公園を整備されたい。

・また、バーベキューができる、ボール遊びができる、スケートボードができる、ペットと楽しめる、メリーゴーランドがあるなど、特徴を持った公園の整備も検討されたい。

 

【成人式について】

・今年からは、大変残念ながら「としまえん」がなくなってしまったので、練馬文化センター、ここねりホール、つつじ広場などを活用されたい。また、「としまえん」からオブジェ等を借り受け、写真スポットを設置されたい。

さらに、「としまえん」のようにアトラクションがないので、コロナ対策を始めとしてイベント事業者などに企画を依頼し、新成人のために会を盛り上げていただきたい。

 

【女性活躍社会について】

・コロナ禍においての経済悪化は確実である。そういった中で、女性が社会復帰したり、社会参画するケースが増えることが予想される。そこで、仕事につながる本格的な講習システムの構築、企業とのマッチングに力を入れていただきたい。また、女性が活躍する区内企業の紹介、女性職員を積極的に採用する企業へのインセンティブも検討されたい。

 

以上です。

一息ついてすぐに決算委員会が始まるので、準備にかかります。

 

余談ですが、おもしろいオモチャカボチャを見つけました!

鳥の親子みたいだと思われませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一般質問、終了しました ~前編~

2020年09月15日 17時45分27秒 | 練馬区議会について

昨日、私の一般質問が終了しました。

本会議場の議席は通常とは違い、ソーシャルディスタンスを保ちながらであるため、傍聴席も使用しながら全員出席という形を取り、いつもとは違う光景の中での質問でした。

 

私の質問の要旨は以下の通りです。

【保育園について】

・待機児童は、「待機児ゼロ作戦」「1歳児・3歳児1年保育」などの取組みを通じて、過去最少の11名となり、それについては評価する。(参考:平成25の待機児は578人)

・これからは、発想の転換で多少遠くても通いたい、通わせたいと思われる特徴のある魅力的な保育園の整備をするべき。(例えば、新宿区「オルト保育園」のように園舎内にアトリエがある」など)

・経験やスキルのある保育士などの従事者の確保の観点から、住居費の家賃補助の継続をすべき。(東京都の事業であったが、今年度末を持って終了予定。これは東京とはあまりに無責任であると考える)

・キャリアアップ研修を練馬区独自で開催すべき

 

【介護について】

・現在、練馬区の特別養護老人ホームは、31施設で2,215床が整備されているが、待機者は約1,400人という状況である。これは解消する必要があり、引き続き公有地を活用し特養の整備をするべき。

・高齢者施設におけるコロナ対策(PCR検査の費用助成、各施設の点検、感染症の評価、不足する感染症予防物資の確保、大規模クラスター発生時の職員不足に対する支援体制など)を充実するべき

・働き盛りのの中途障がい者の方が社会復帰するためのリハビリテーションの充実をするべき。(理学療法士などと連携しリハビリの充実を)

 

文化・芸術について】

・コロナ禍における芸術活動の支援および動画配信についてはしっかりとプロデュースをすべき

・我が会派提案で、区民の方からアンケートを行った、「シネマミュージック~NeRima’s Choice~の動画配信と上映会の開催を評価する。今後も、小規模でも質の高いイベントを行うべき。

・今年のアートアドベンチャーの中止は仕方ない。そして、その代わりに家で楽しめるアートキットの配布、家で楽しめるアート動画の配信は評判もよく評価する。今後も、中止など軌道変更する場合は早めの判断と代案を出すべき。

・練馬区立美術館においては、我が会派の提案で民間から館長を招へいしてからは、これまでの「練馬ゆかりの作家」「日本の近代芸術」という2つの引き出ししかなかったその流れが変わり、印象派展、ポスター展、海外の作家展などその幅は広がり、区民に愛される美術館へと変貌を遂げた。今後もこの流れは止めないでいただきい。

・新光が丘病院建設現場の囲いに、「医療従事者応援アート」を展示されたい。(地元の区立秋の陽小学校、日大芸術学部協力のもと)

・練馬区の象徴とも言える「としまえん」の歴史を重ねたな遊具を、歴史と思い出の保存の観点から「ふるさと文化館」に展示するために取得されたい。

 

以上、文章が長くなりますので、残りの質問は後編に書かせていただきます。

 

ところで昨晩は、自分へのお疲れさん!で「ねぎま鍋」を作って一杯やりました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人事が決定

2020年06月05日 16時30分02秒 | 練馬区議会について

本日、練馬区議会の新人事が決定しました。

 

(議 長)自民党 小泉 純二議員

(副議長)公明党 うすい 民男議員

 

練馬区議会自民党幹事長  藤井 たかし議員

  〃     政調会長 柴田 さちこ議員

 

私は下記の通り、監査委員の任務を終了し、今年度は、常任委員会「都市整備委員会」の副委員長になりました。

また特別委員会は、昨年に続き「都市農業・みどり環境特別委員会」に所属しました。

 

気を引き締めて頑張ります!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

令和2年度練馬区議会第2回定例会

2020年06月01日 15時41分51秒 | 練馬区議会について

本日6月1日から12日までの日程で練馬区議会第2回定例会が開会されます。

 

今回は、コロナ感染防止対策を行いながらですので、本会議場および委員会の議席等を通常とは変更しながらの運びとなっています。

 

初日の今日は、本会議において会期の決定を始め、各委員会の委員長報告、陳情についての採決などでした。

終了後は、議会人事の決め方等についての議会運営委員会を開き、会派総会後本日は解散となりました。

 

今後は、次回の議会人事を決定後、新体制で各会派の一般質問、コロナ対策のための補正予算のための予算委員会などが開催されます。

 

通常なら、議会人事がメインの定例会でありますが、今回はやはりコロナ対策のための予算委員会が何より重要ですので、スピード感を持って審議にあたりたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練馬区議会臨時会により補正予算可決(特別定額給付金含む)

2020年05月06日 16時38分26秒 | 練馬区議会について
本日の練馬区議会臨時会の日程は以下の通りでした。
実際の終了時間は、各会派の協力により予定より早く閉会いたしました。

11:00 議会運営委員会

13:00 本会議(会期の決定、議席の変更、区長発言、提案理由説明等)

13:20 予算特別委員会

16:05 予算委員会採決

16:35 議会運営委員会(審査結果、討論の発言順位、本会議の進行)

17:00 本会議(委員長報告、討論、採決、区長発言)

17:30 閉会

この他、公式の会議の合間に、幹事長会、会派総会などの会議も行いながら慎重かつスピード感をもって進めました。

本日の目的は、特別定額給付金752.2億円を始め、計777億1,095万円の補正予算(新型コロナウィルス感染症対策)を可決し執行するためであります。
この補正により、本会計の予算規模は、3,603億8,197万円となりました。

そして、練馬区における特別定額給付金(10万円支給)の流れは以下の通りです。

5月7日・・・コールセンター開設、オンライン申請、申請書ダウンロード5月中旬から口座振込、現金給付

5月中旬・・・郵送申請(区から世帯主に申請書を送付)、窓口申請(特設窓口を開設)5月下旬から口座振込、現金給付


5月15日・・・15日号区報において、1、2面にてさらに周知

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨時会に向けての議会運営委員会

2020年05月01日 13時38分32秒 | 練馬区議会について
本日は、5月6日(水)に開催される、練馬区議会臨時会のための議会運営委員会に出席しました。

臨時会の目的は当然のことながら、新型コロナウィルス感染症防止対策に関係する補正予算についての予算特別委員会および本会議です。

本日議会運営委員会に提出された補正予算の主な項目は以下の通りです。


1.国の緊急経済対策への対応 【759億6,556万円】

(1)特別定額給付金・・・752億2,087万円
(2)子育て世帯臨時特別給付金・・・7億4,469万円


2.区の緊急対策 【17億4,539万円】

(1)医療機関・・・8,532万円
(2)産業関連・・・5億850万円
(3)生活困窮者関連・・・5億5,695万円
(4)マスク、消毒液の一括購入・・・4,000万円
(5)学校関連・・・4億8,753万円
(6)子育て関連・・・6,709万円

計 777億1,095万円



以上、6日の予算特別委員会においてソーシャルディスタンスに配慮し、時間短縮等に協力もしながらしっかりと審議、可決してまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

区議会レポート臨時号 【新型コロナウィルス感染症対策】

2020年04月28日 15時29分57秒 | 練馬区議会について




現在、小川けいこ区議会レポート臨時号を地元にて配布させていただいております。

今回は、新型コロナウィルス感染症対策号ということで、必要な関連窓口、連絡先等をメインに記載させていただいておりますので、ご活用いただければ幸いです。


ところで、今日も区役所アトリウムにおいて、飲食店支援事業の弁当販売が行われました。


上野議長、高橋議員と一緒に買いました。もちろん、距離は保ちながら
今日は、としまえんにある「多喜」さんと、練馬の「酒晴」さんでした。写真は、多喜のオーナーの上野さん。

私は麻婆豆腐弁当を美味しくいただきました。
家用に、鰯蒲焼丼もゲット!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議会閉会中における委員会の開催等について

2020年04月13日 15時09分41秒 | 練馬区議会について
本日は、議会運営員会に出席しました。

委員会室は、いつもの委員会室よりも広い全員協議会室にて開催されました。
出席者全員マスク着用、席は隣を1席空けるなど、「密」に対する策を講じながらの委員会でした。
また、委員が欠席の場合は、委員外議員制度を活用し、代理出席もある中での委員会運営でした。


本日の案件は、

「議会閉会中における委員会の開催等について」

をはかり、出席委員全員異議なしと言うことで、今後これに基づいて運営してまいります。


1.委員会の開催・中止等の判断

 閉会中に開催を予定している委員会について、それぞれの正副委員長が提出予定案件等を踏まえ協議のうえ、改めて開催・中止等を決定する。


2.委員会開催時の対応


(1)委員会開催場所
 所定の委員会室にかかわらず、スペースの広い全員協議会室、第一委員会室が活用できる場合できる場合には、場所を変更して委員会を開催する。

(2)委員の座席
 可能な限り隣の委員との間隔を広げるよう机・座席の配置を工夫する。

(3)出席理事者および座席
 委員会開催日の案件に係わりない理事者の出席は求めない。可能な限り隣の理事者との間隔を広げるよう机・座席の配置を工夫する。

(4)マスクの着用
 出席委員、理事者とも委員会中は、発言時を含めてマスクを着用する。

(5)会議中の換気
 他委員会の妨げにならない程度に窓、扉を開放する。

(6)傍聴
 自粛をお願いする。全員協議会、第1委員会室での委員会については、別室にて音声による傍聴が可能な旨案内する。(第二・第三委員会室、4-1会議室が未使用な場合)委員会室での傍聴を希望する場合は、マスクの着用、入室時の消毒(手洗い)を依頼する。


以上ですが、私は「その他」のところで挙手をして発言しました。

その内容としては、議員のSNSへの発信についてであります。
他の自治体では、新型コロナウィルス感染症に関する、議員のSNSへの発信が禁止された自治体がありますが、その理由としては

1.ミスリードして、間違った情報を流す
2.自治体の最終決定の前に、フライングをして、行政より先に情報を発信する


以上2点が主な原因かと思います。
実際に、練馬区議会においても、そういったことが起きており、区民の方を惑わす原因ともなっております。
今回のコロナウィルスについては、議員個人の「私がやりました」という個人的存在感よりは、正確な情報を発信することの方が重要であります。

従って、幹事長会においてこの件を取り上げていただき、全議員にしっかりと共通認識を持ってもらうよう要望しました。

もちろん、私自身も気をつけてまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新コロナウィルス感染症に関する議会閉会中の対応について

2020年03月13日 16時59分31秒 | 練馬区議会について
 議会閉会中に、新型コロナウィルス感染症に関しての対応が必要となった場合等は、下記のとおり臨時に議会運営員会等を開催するとともに、決定事項等について各議員へ連絡する。

1 区議会としての対応の協議・決定


  必要に応じて、議会運営委員会および幹事長会を開催し、協議・決定する。
  なお、議会運営委員会では、定例会の日程など議会運営に関する事項のほか、議会における新型コロナウィルス対応として議長が必要と認める  事項について審議する。


2 各議員への連絡

  議会運営委員会の決定事項や、区の対応等で全議員への連絡が必要な場合は、議長の指示のもと、メール、ファックス、電話等のいずれかの
  方法により、原則として議会事務局から各議員へ連絡する。

 
 閉会中も、気を緩めることなく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加