ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

年越し前夜の夜更かし

2004-12-31 04:12:55 | シホのホ(雑記帳)
もうこんな時間になってしまった。
年内には納めようと思っていた仕事が終らずにいる。ある村の記録の原稿の修正という単純な作業なのだけれど、ものすごく時間がかかるのだ。春までにと自分で言っておいて、それが夏までにになり、そして11月までにになって、今に至る。催促されないだけにただただ申し訳なく思っている。
でもこの仕事、ある村の歴史がどんどん見えてきて、とても面白い。

今日、その村の記録の昭和20年前後をチェックしていた。
1つの村が、どのように兵隊を送り出し、村のレベルで情報を得ているかが明らかになってきて、いたたまれない気持ちで手と目を働かせた。
そんな夜中に、テレビで「フォークが聴こえる街」という名古屋で今年で5年目になった屋外のフォークコンサートの番組を放送していて、BGMにした。
だんだんとその歌の中のメッセージが、目の前の活字の中で展開している戦争末期と重なって来た。
そしてそれはそのまま今に重なってきた。目の前で展開する村の中の戦争。耳から入る「戦争を知らない子どもたち」の想い。そして現在。繰り返すまじとの思いは、どこに届くのだろうか。
いつのまにかしんみりしながらの作業になってしまった。

このコンサート、ちらちらとテレビ画面を覗いていると、夏のある日、昼から夜まで、懐かしいフォーク歌手が次々に登場してくる。以前にもこの番組見たなあと思いながら、その時もテレビ放送する時の展開が上手くないとは思ったけれど、そのとき思ったことと同じように、いつか行きたいなあと強く思った。
…昔、さだまさしのファンクラブに入っていたことも想い出しました。
コメント

餅を背負って、サホの冒険

2004-12-31 01:02:09 | シホのホ(雑記帳)
myonさん宅の年末を思い浮かべて、掃除や餅が家族をひととき同じところに集めてくれるのって、
なんだか今まで思ってもいなかったけれど、だんだんこうして子どもたちが自分たちのペースで動き始めると、とても貴重な時間のような気がしてきました。

今年の我が家はいつになく大掃除モードです。
先ずはワタルが自分のスペースを確保したいと目論んでいるのです。サホと並べている机を離したいらしい。
それには動かせる状態まで片付けなくてはなりません。子どもたちの机の周辺はジャングルなのです。
そして私は3月に大学院を満期で出るために、院生室等にある本棚3棹分ほどが家に戻ってくることを考えると、
今からもう徹底的絶対的に物を減らさねばなりません。私のエンジンは無理やり全開!

そんな慌しい時だから、去年はワタルに実家がある駅まで「のし餅」を届けてもらいました。
駅でおじいちゃんにハーゲンダッツのアイスを食べさせてもらったと自慢するワタルに、
「今年はサホが行く」と言って聞きません。
急行で20分程のことなので心配はないのですが、初めてのことなのでホームまで行って、車掌さんに降車駅を言って頼むことに。
サホを見ると席を空けてもらってニッコリとこっちを見て笑っている。
20分後、父からの電話で「大物だぞ!駅についてもまだ本を広げてた」とのこと。しかも席を空けてくれた方たち周辺はみな東南アジアの方たちだったようで、「ガンバッテ!」と言われたと喜んでいました。

あっという間に戻って来たサホ。降りてくるなり、「ハーゲンダッツ食べたよ」と思いっきり得意のVサインをしました。
昨年末に引き続き、これで兄妹はひとりで電車に乗れるようになりました。パチパチ!!




コメント

餅つき成功

2004-12-29 12:39:23 | シホのホ(雑記帳)
掃除の合間に餅つき機をスタートさせた。
これもまた蒸しボタンを押したら30分、蒸し終えてピーピー鳴ったら、こねるボタンを押す。
あっという間に出来上がりという優れものだ。

以前はよく餅をついたのだけれど(餅が好き)、
最近はつく(=ボタンを押すだけだけれど)ことがなく、操作をすっかり忘れていた。
だから、ピーピー鳴ってる時には家中の家電製品を見廻してしまった。
考えたら、洗濯機にしてもレンジにしてもヒーターにしても、ピーピーだけでむやみに人を呼ぶなあ。
久々にしてはかなりできがよく、沢山食べてしまった。

「美味しいよ」と父に電話する。搗き立てを食べる機会に恵まれない父が恨めしそうにしている。
今度、餅つき機ごと実家に行くことにしよう。

コメント

大掃除開始です

2004-12-29 10:21:42 | シホのホ(雑記帳)
相棒サトルの部活動指導も昨日でおわり、今日は大掃除と考えておりました。
さて、ワタルは友人宅で餅つきをするからと朝早くから出かけて行きました。
サトルは中国向けの賀状を、これまであて先を手書きで作っていたので、入力してくれています。

もっとも大掃除をしなくてはならないサホは、さっきから子ども部屋に閉じこもってはいるのですが、
ハーモニカの音が聞こえており、止んだと思ったら、今はものすごい勢いでケンダマをやっているらしく、
あれは絶対にまったくやっていないでしょう。
これはもう、自分を見ている思いです。
パソコンから離れて、働こうと思います。
コメント

年賀状完成

2004-12-27 16:27:45 | シホのホ(雑記帳)
だいたい毎年クリスマスイブあたりから焦ってくる。
ひどい年は郵便局の賀状はがきが入手できず、奔走する時もあった。なんで予約して買わないんだろう。

我が家は家族それぞれのコメントを(一応)練るので、結構ああでもないこうでもないと時間ばかりがたつ。
そして原稿ができても、昔はその後にプリントゴッコの大印刷大会があったものだ。二人で協力して床中に広げた。インクの置き方が難しく、失敗作も多かった。ある年、電話帳に挟めば朝には乾いていることを知り、感動した。
ところが今は原稿ができれば当たり前のようにプリンターがひとりで頑張ってくれる。買い換えたプリンターはかなりいい色を出している。しかもよく働く。

我が家にしては、例年より1日2日早く年賀状が完成した。
期限より早くできるっていうのはなんて清々しいものだろう。
コメント