ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

一足早く「新大明神口碑記」顕彰碑←京都新聞

2007-03-29 12:10:47 | 徐福伝説
31日明後日に京都府伊根町の新井崎神社にて「新大明神口碑記」の顕彰碑の除幕式があることは既にお知らせしました(ほるほる2007年2月20日の記事)が、今日の京都新聞電子版に既に写真付きの記事が登場しました。→http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007032900027&genre=J1&area=K60
記事によれば明後日の除幕式に「全国の徐福伝説の研究者らを招き、次代への継承を誓い合う」とある。
各地で郷土史家として活躍されてきた方々はどの方も高齢となり、今回主催する石倉さんは80歳。招かれる方の中には徐福研究に集まる日中韓の方々の中での最長老である和歌山県新宮市の奥野さんは96歳だ。…不老不死の妙薬を求めた徐福に魅せられた人々は自身が妙薬を求めたのではないかと思えるほどで、おかげでいつも私は「若い」と言ってもらえる。

さて今回のその顕彰碑、写真で見るにとても大きくて立派だ。こうして私財を投じて顕彰していこうとする方の思い、そこに集まる方々の思いをしっかり見てきたいと思う。
コメント (2)   トラックバック (1)

ワタル復活!

2007-03-28 00:09:22 | シホのホ(雑記帳)
マイコプラズマ肺炎で療養中だったワタルですが、本日、市民病院の診察で日常生活に戻っていいと診断されました。

じゃあ今日はゆっくりして明日から頑張るか、と声をかけようと思ったら、ワタルは車の中で中学のジャージに着替え、「まだ間に合うから部活に送って!」と嬉しそうな声。…いやいやいつものワタルに戻りました。

晩には体がなまってしまってどうしようもないからとバッティングセンターに付きあわされました。
まだ顔がほっそりしてしまっているのですが、夕食をしっかり食べた後、晩のサトル(注:連れ合い)の遅い食事に付き合って、夕食と同じだけ食べていました。また1日4食が始まります。

ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。
コメント (8)

桜の次は端午の節句

2007-03-27 23:53:53 | シホのホ(雑記帳)
携帯電話についているカメラ機能で気楽にブログ更新をしていたら、パケット通信にしていなかったために、先月大変な出費をしてしまいました。
以来、デジカメをバッグに入れて動くようにしています。なにより節約になりますが、そうだ!この場面撮っておこう!という気持ちになります。

今日はサホと近くのスーパーに出かけた時に、こんな写真を撮りました。
しばらく冬の再来で桜の蕾も固かったのですが、ようやく例年通りに春らしい日差しがやってきました。スーパーは先手先手でやってきます。桜のあとは5月5日の端午の節句、既に兜(かぶと)が並んでいます。
コメント

サホの消しゴムはんこ2

2007-03-26 19:25:12 | シホのホ(雑記帳)
凝り性のサホは2つ目を作りました。
大好きなTweetyの顔と名前、なかなかいいセンス!ってちょっと親バカです。
コメント (4)

サホの消しゴムはんこ

2007-03-26 16:27:08 | シホのホ(雑記帳)
みづさんのはんこを見たサホは「私も買って!」と言った後、「やっぱり私も作る」と言いました。

蟹の形のあまり消えなさそうな消しゴムがあったので、早速挑戦。細かな作業が大好きなサホは3センチほどの小さな消しゴムはんこを完成させました。

でもこうしてみると、やっぱりみづさんのはんこはステキですね。サホの修行は続きます?

コメント (5)